患者A「まきちゃん」ズドッ!ズドッ!ズドッ! 真姫「あっ♡あっ♡あっ♡」

シェアする

真姫-アイキャッチ20
1: ※ある作品の設定を借りてます (pc?)@\(^o^)/ 2017/04/21(金) 20:01:16.20 ID:cBrE2ORr.net
にこ「真姫ぃっ!」

希「ダメやにこっち!ヤツはもう誰にも止められない……!あいつに孕まされた人間は忌み子を産むさだめになるんや!」

患者B「まきちゃん(まきちゃんっ!!!!)」

にこ「……このまま真姫を置いて逃げろっていうの!?!?冗談じゃないわよっ!!!」

患者C「まきちゃん(クソッ、どうしたら…………!)」

患者D「まきちゃん(もうだめだ……何も出来ない)」


患者A「まきちゃん(さーて…………次はどいつから孕ませてやろうか)」

にこ「……希よりも、まず私と決着をつけてからにしなさいよ……!」



???「まきちゃん(そこまでにゃ!)」

???「まきちゃん(そこまでだよっ)」

元スレ: 患者A「まきちゃん」ズドッ!ズドッ!ズドッ! 真姫「あっ♡あっ♡あっ♡」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/04/21(金) 20:01:39.73 ID:n6X8tUuZ.net
患者A「まきちゃん(…………何者だっ!)」


患者H「まきちゃん(なんだかんだと聞かれたら)」

患者K「まきちゃん(答えてあげるが世の情け)」


にこ「その声は……」


凛「星空にゃっ!」

花陽「小泉花陽です!」
3: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/04/21(金) 20:02:11.01 ID:n6X8tUuZ.net
患者A「まきちゃん(……今更2人でなにができる?)」

凛「言葉まで失ったのかにゃ?墜ちたものだね」

花陽「まきちゃんをめちゃくちゃにして……許されると思ってるの……!?」

患者A「まきちゃん(貴様らになにがわかるというのだ!)」

凛「…………まきちゃんはっ!りんとかよちんの大切な友達だった!!!!」

花陽「私の背中を押してくれた、かけがえのない親友だった!!!!!!!」
4: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/04/21(金) 20:02:46.24 ID:n6X8tUuZ.net
~BGM 花陽の決意~


にこ「いったいなにをするつもりなの!?近づいたら危ないわ!!」

凛「……こいつを倒す方法はただ1つ!」



花陽「……凛ちゃんっ!いくよっ!えいっ!!!!!」ガシッ

凛「……歯ぁ食いしばれオラにゃぁ!!!!」パンパンパンパン

患者A「ああっ♡ あっ♡ あっ♡ ああああっ♡(まきちゃん) 」

希「そうか、ヤツを犯すという手があったのか!レイプしていいのはレイプされる覚悟のある者だけなんや!」

にこ「無茶なマネを……!」


グラグラグラグラ……


希「ヤツが犯されてる影響で建物が崩れ始めてる!!!!」

にこ「……………!!」
6: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/04/21(金) 20:03:23.87 ID:n6X8tUuZ.net
花陽「…………にこちゃん!!私たちが止めてる間にまきちゃんを連れて逃げて!!!」


凛「りんたちのことは構わないではやく!」パンパンパンパン


にこ「なにバカなこといってるのよ!!アンタたちを見捨てて……!」


凛「…………にこちゃん、今までからかったりして、ほんとうにごめんなさい」パンパンパンパン


にこ「…………こんなときまで、からかうのはやめなさいよ!」


花陽「私たちの分まで、みんなを笑顔にしてね?」


にこ「生意気なこと言うんじゃあないわよ……!ここにいる私1人笑顔にできないくせにっ……!」
7: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/04/21(金) 20:03:52.44 ID:n6X8tUuZ.net
希「早く!!!!」

にこ「っ…………!」


タッタッタッタッ


にこ「ううっ…………」


タッタッタッタッ


にこ「…………凛………花陽ぉ……!」


希「にこっち…………」

真姫「」
8: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/04/21(金) 20:04:25.56 ID:n6X8tUuZ.net
-西木野総合病院-


看護婦「あら、この赤ちゃん……」

看護婦「…………」

看護婦「……桜内さんのかしら?」

看護婦「…………きっとそうよね」

看護婦「………………」
9: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/04/21(金) 20:04:53.01 ID:n6X8tUuZ.net
----------------------------------------

-------------------------

------------------




先生「はーいみなさん!ここで転校生を紹介します」


梨子「音ノ木坂という高校から転校してきました、桜内梨子です」


千歌「うわー奇跡だよ!」



曜「…………」
10: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/04/21(金) 20:05:29.18 ID:n6X8tUuZ.net
-放課後-

曜「急にごめんね、桜内さん」

梨子「あの……確か田代さん……でしたっけ。初日に、1人で呼び出されると緊張するっていうか……」

曜「ちょっと話したいことがあってね、えへへ。あと渡辺だから」

梨子「…………それで、なんの用事ですか?」

曜「……桜内さんって、すごい綺麗な顔をしてるなって」

梨子「え///」

曜「っごめんなさい、いきなり変なこと言っちゃって……」

梨子「……正直、どきっとしちゃいました……かも」

曜「……こういうのって……一目惚れって言うのかな……」

梨子「……ちょっと顔が近い、です…………」

曜「…………私、飛び込みをやってるんだ」

梨子「……か、かっこいいですね…………」
11: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/04/21(金) 20:06:04.30 ID:n6X8tUuZ.net
曜「水と……恋って、似てると思うんだよ」

梨子「…………///」


曜「だって、両方とも……落ちるのは一瞬だし」クイッ

梨子「あ、あごはやめっ…………」アワアワ


曜「日常と……非日常の……境目のようで」ジー

梨子「~~~~~~っ///」

曜「なにより…………」




メメ´- ント 『……………………』ボウォン

曜「────死を思えるから」
12: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/04/21(金) 20:06:57.15 ID:n6X8tUuZ.net
梨子「っ!!!!!!!!」

曜「動かない方がいいよ……死にたくなければね」

梨子「あなた、何者………?」

曜「1人のレズだよ。あなたと同じ」

梨子「……私と……同じ」

曜「ただし、『ただのレズ』じゃあないよ」

梨子「…………さっき言った、動くと死ぬってどういう意味……」

曜「そのままの意味。今の私は、いつでも、あなたを死の淵へ落とすことができる」

梨子「……………………」
13: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/04/21(金) 20:07:24.15 ID:n6X8tUuZ.net
梨子「……………………」

曜「そんなことより、ホントのことを答えて。どうして内浦へ来たの?」

梨子「…………家族の仕事の都合」

曜「高校生なのに?この時期?」

梨子「…………うん」

曜「じゃあいいや」

梨子「……………………」プルプル

曜「見たところその震えも演技じゃないみたいだしね…………」
14: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/04/21(金) 20:07:55.38 ID:n6X8tUuZ.net
梨子「…………さっき言ってくれた言葉は、全部ウソだったの……?」

曜「射程距離内に入れるには口説くのが一番なんだ」ジー

梨子「……貴女もレズに生まれた人なら、女の子からの告白が、どれだけレズにとって……」ポロポロ

曜「…………人はレズに生まれるんじゃない。レズになるんだよ」

梨子「…………」





ガラッ

千歌「…………え」

曜「あっ」
15: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/04/21(金) 20:08:54.37 ID:n6X8tUuZ.net
千歌「…………あ、その……」

曜「これには深い事情が」

千歌「………………失礼しましたぁっ」


タッタッタッタッ

梨子「高海さんっ誤解しないでよ!」


曜「あぁ……ああああぁぁ……!!!!」


梨子「渡辺さん…………一応ごめんなさい」

曜「くっ…………待ってよ千歌ちゃんっ!!!!」スタタタタタッ


梨子「……………………」
16: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/04/21(金) 20:09:42.14 ID:n6X8tUuZ.net
-廊下-

曜「ねえ!千歌ちゃんっ」

千歌「…………」

曜「……あれは千歌ちゃんのために、桜内さんを私が説得させようとしてただけだったんだよ!」

曜「勢いあまって押し倒しちゃっただけで……」

千歌「…………」

曜「…………千歌ちゃん!」

千歌「なんのことかわかんないよ、えへへ……」

曜「…………」

千歌「…………なにも見てないし聞いてないよ?」

曜「…………ほんとに?」

千歌「…………うん」

曜「……………………」

千歌「……………………」



曜「……………………あなた、千歌ちゃんじゃないね」

メ´- ント『……』ボウォン

曜「……何かわからんが犯せっ!」

メメ´- ント『………………!!!!』ガシッ
18: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/04/21(金) 20:12:09.76 ID:n6X8tUuZ.net
千歌「きゃっ!!!!やめてよっ!!!!」

曜「避けるのはなかなか速いみたいだね……」

曜「千歌ちゃんの姿を騙ってはいるけど…………しょせんは別人」

メメ´- ント『………』



梨子「……よくわかったわね」

曜「…………これが桜内さんのスタンド?」


メイ*σ _ σリ『……ごめんなさい、バレちゃいました』

梨子「大丈夫。気にしないでいいよ」

メイ*,> _ <,リ『いきなりランボウされそうになってびっくりしちゃった……』
19: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/04/21(金) 20:12:48.56 ID:n6X8tUuZ.net
曜「……人に化けるスタンド……違う、完全には化けられない」

梨子「……正解」

曜「……昔から、鼻がよく利くんだ。千歌ちゃんからは千歌ちゃんの匂いがするはずなのに」

梨子「………………」

梨子「…………殴り合いなら私の方が圧倒的に不利ね」

曜「……自分の欠点を自覚してるのはあなたの美徳だね」

梨子「……メイリちゃんッ!」

メイ*σ _ σリ『はい!』


スッ──


曜「なっ……消えた!?」
21: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/04/21(金) 20:13:38.08 ID:n6X8tUuZ.net
梨子(……まさか匂いで気づくとは思わなかったかも)

梨子(メイリちゃんが操作できるのは彼女の2メートル以内の色と音……)

梨子(あのまま仲直りのキスまでいってもらおうと思ったのに)

梨子(渡辺さんの能力の発動範囲は顔をすぐ近くまで持っていかないといけないみたいだから…………

梨子(1メートル、いやそれより狭い)

梨子(超近距離とはいえ……彼女の言った、『いつでも殺せる』が本当ならば……)

梨子(あまりにも危険すぎる能力)

梨子(……ほんとに危機一髪だった。生命の危険を感じた……)

梨子(メイリちゃんが来なかったら失神してたかも)

梨子(あの時の渡辺さん…………互いの息がかかりそうで)

梨子(あんなに顔を近づけられたことなんてなかった……///)

メイ*σ _ σリ『そんなに顔が熱いと熱気で気づかれちゃいます』

梨子(もうそれほど近くないから大丈夫だよ……)

メイ*σ _ σリ『もう良い女の子見つけたんですか?』

梨子(別にメイリちゃんには関係ないでしょ)
23: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/04/21(金) 20:14:46.76 ID:n6X8tUuZ.net
梨子(……1人だけにしか能力を使えないから、迂闊に昇降口へ出て声をかけられると危ない)

梨子(彼女が帰るまで別の教室で待機が得策かな……)

梨子(この時間、みんな帰ってるだろうし)

梨子(…………暗くなる前に、渡辺さん帰ってくれないかな)

梨子(扉もなるべく開かないようにして、入らないと……)ガラッ……



千歌「うわっ桜内さんっ!?」

梨子「えっ!?」
25: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/04/21(金) 20:15:58.58 ID:n6X8tUuZ.net
梨子(しまった!どうして本物の高海さんがここに……!)

梨子(今は渡辺さんに能力を使ってるから高海さんに対しては使えない……)

梨子(……一応教室の中に入ることができたから、なんとか説得して大人しくさせよう)

千歌「なんでそんな変な入り方してるの……??教室はここじゃないよ……」

梨子「こ、これにはちょっと深い事情があってね……」

千歌「…………深い事情」

梨子「そう、深ぁい事情」


千歌「……ごめんなさい…………」

梨子「え?」
26: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/04/21(金) 20:16:45.02 ID:n6X8tUuZ.net
千歌「……ごめんなさい…………」

梨子「え?」


千歌「さっき、曜ちゃんに押し倒されてたのを見ちゃったんだけど……もしかしてそれが事情…………?」

梨子(…………なんで知ってるの!?!?)

梨子(メイリちゃん……!アレ、貴女じゃなかったの!?!?)

メイ*σ _ σリ『……私は、教室なんて見てないよ……』

梨子(…………確かに、ただ高海さんの姿で廊下で待機してて、とは言ったけど……)

メイ*> _ <リ『……本当に、申し訳ないです…………』

梨子(いいよ、過ぎたことだから)

梨子(そんなことより今を解決しないと……!)
27: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/04/21(金) 20:17:29.73 ID:n6X8tUuZ.net
千歌「その……桜内さんと曜ちゃんはそういう関係になったんだよね……」

梨子「いや勘違いだよ!?!?」

千歌「ううん、誤魔化さなくていいよ……ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい」


梨子(ああもう!いったいどうしたら……)

梨子(渡辺さんを呼んで、2人で説得しても聞かないだろうし……)

梨子(渡辺さん………………)


"曜「人がレズに生まれるんじゃない。レズになるんだよ」"


梨子(そうか!そういうことだったんだ……)

梨子(…………この状況を打開するには……!)
28: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/04/21(金) 20:19:13.39 ID:n6X8tUuZ.net
梨子「……ねえ、高海さん、ううん、千歌ちゃん」

千歌「………………」

梨子「あの時……実は」

梨子「………告白予行練習をしてたの」

千歌「え?」

梨子「つまり……私が、千歌ちゃんへ告白するの方法を」

梨子「……渡辺さんに聞いてたんだ」

千歌「!?!?!?」


梨子(私が────『オトす』しかないッ!)

梨子「……千歌ちゃんっ!」ガシッ
29: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/04/21(金) 20:19:40.42 ID:n6X8tUuZ.net
梨子「……千歌ちゃんっ!」ガシッ

千歌「か、顔が近いよ…………」

梨子「……貴女と巡り会った時から、私は一目惚れをしちゃったの」


ドンッ

千歌「………………///」
30: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/04/21(金) 20:20:11.08 ID:n6X8tUuZ.net
梨子(メイリちゃん……私の顔と声を…………オトしやすい顔に操作してっ!!!)

メイ*σ _ σリ『……それはちょっと無理があるかも………』

梨子(…………いつも私を透明にしてくれてるよね!?!?

梨子(どうして無理なの……?)

メイ*σ _ σリ『顔と声を変えるのは問題ないです』

梨子(……………)

メイ*σ _ σリ 『……オトしやすい顔は人それぞれですから』
31: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/04/21(金) 20:20:42.66 ID:n6X8tUuZ.net
梨子(それなら………)

梨子(もういいよ……私の好みの顔にしちゃって)

メイ*σ _ σリ『それは…………』

梨子(私の分身なんだから、それくらいわかるでしょ?)

メイ*σ _ σリ『おそらく御主人さまがオトされやすい顔、になりますけど……』

梨子(たぶんでもいいよ!!早くっ!!)

メイ*> _ <リ『……了解です』
32: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/04/21(金) 20:21:16.55 ID:n6X8tUuZ.net
梨子(……さて)

梨子「……こんなに可愛い子が転校先にいるなんて、思ってなかった……」

梨子「昨日、海のそばであなたに抱きつかれた時も……」

梨子「ドキドキしちゃってた」

千歌「………ぅぅ//」

梨子「こうやって、もっと顔を近づけたら、更にあなたに虜になっていく自分がいる……」

梨子「わたし……もう我慢できないっ」


クイーーーーッ


千歌「っ~~~キスはまだぁ~~////」



ガラッ


曜「千歌ちゃんの声が聞こえたけど……まだいたの?」

梨子「……………渡辺さん?」

千歌「あぁっ!!///」
33: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/04/21(金) 20:21:52.85 ID:n6X8tUuZ.net
曜「………………」

梨子「………………」

千歌「……ぁぁぁぁぁ////」


千歌「………………」ヘナヘナ

曜「…………」


曜「もう1人の……」

曜「わ、私が…………

曜「千歌ちゃんを押し倒してるぅ…………////」

曜「っ~~~~~////」


バタン


梨子「渡辺さんっ!」

梨子(ねえメイリちゃん、もしかしてだけど…………)

梨子(能力を使う相手、ちゃんと変えた!?!?)
34: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/04/21(金) 20:22:42.93 ID:n6X8tUuZ.net
メイ*σ _ σリ『……忘れてました』

梨子(まったく……言われたことしかできないの?)

メイ*> _ <リ『まぁ……結果2人オトせたんだからいいじゃないですかっ』

梨子(ていうかっ!なんで私をオトしやすい顔が渡辺さんなの///)

メイ*σ _ σリ『だって、さっきから渡辺さんのことばかり考えてるのが伝わってくるし……』

梨子(どうして、伝えたいことは伝わって、伝えたくないことは伝わるのかな……)
35: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/04/21(金) 20:23:44.73 ID:n6X8tUuZ.net
--------------------
-保健室-

先生「それにしても私がいてよかったね」

梨子「……そうですね」

先生「2人も倒れるなんてびっくりだよ」

梨子「……はい」

先生「渡辺さんはただの眩暈でベッドに寝てるだけだったから、すぐに治ると思うよ」

梨子「………………」

先生「初日なのにこんなことに巻き込まれて大変だったねー」

梨子「いえいえ」

先生「私も今年この学校に配属されたばかりだからまだ建物はよくわからないんだけどね」

梨子「そうなんですか」

先生「それにしてもで幼馴染み2人と赤髪の子、か」

梨子「……どうしたんですか?」

先生「ううん、なんでもない」



曜「…………うーん……」

先生「ほら、そんなこと言ってたら起きた」
36: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/04/21(金) 20:24:27.91 ID:n6X8tUuZ.net
梨子「……渡辺さんっ!」

曜「桜内……さん……ここは!?」

先生「保健室だよ」

曜「…………わたしは一体」

梨子「倒れて、ここで寝てた」

曜「……………………」

先生「……さて、2人起きたところだし本題に入ろうかな」

曜「…………?」

梨子「本題……?」

先生「…………あの部屋で、何をしてたの?」

曜「……………」

梨子「………………」


曜『桜内さん、聞こえる?……一時休戦といこう。スタンド同士なら会話できる』

梨子『…………ええ』

曜『あなたの能力で、私の姿を消すことはできるかな?』

梨子『…………できると思う』

曜『……姿が消えた隙に射程距離内に入れて、死なない程度に殺すから』

梨子『……どういう意味?』

曜『あんまり手の内を明かしたくはないんでね』


先生「何をコソコソ喋ってるのかな?」

曜「………!!!」

梨子「……スタンドが見えるの……!?」
37: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/04/21(金) 20:25:38.08 ID:n6X8tUuZ.net
先生「何をコソコソ喋ってるのかな?」

曜「………!!!」

梨子「……スタンドが見えるの……!?」

先生「桜内梨子……スタンドが発現していたんだね」

梨子「……!」

曜「な…何者だっ!」

先生「そうだね……ただの教師。そして私はあなたたちの味方だよ」

梨子「…………」

曜「……確か赴任式で、東大を卒業したと言われてたのはあなただった」

先生「……本名は、星空凛」

梨子「……………」

凛「桜内梨子ちゃん……貴女はその『血』と戦わなければいけない運命にある」

梨子「…………っ!」
38: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/04/21(金) 20:26:39.05 ID:n6X8tUuZ.net
凛「まず話すと……あなたの本当の親は別にいる」

梨子「……そんなこといきなり言われて信じるわけない」

凛「そこにいる君の分身が証拠だよ。発現したのはつい最近のことのはず」

梨子「…………」

曜「なにを言ってるんだ……?だいたいスタンドは生まれつきの……」

梨子「……はい。現れたのは最近です」

凛「生まれつき以外もあるんだよ」

曜「…………」

凛「あなたの本当の親、『患者A』が先月復活した」

梨子「患者……A……?」

凛「………奴は約15年前に私が倒したはずだった……」

曜「……復活とはどういう意味なんですか」

凛「患者は不老不死だった……」

梨子「不老……不死……」
39: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/04/21(金) 20:28:15.82 ID:n6X8tUuZ.net
曜「不老不死なんてありえない……!あらゆる人間は自らが死ぬことを知ってるはず……」

凛「奴らは人間を辞めた存在なんだよ」

曜「人間をやめた……?」

凛「そしてっ!『患者A』はまた世界を患者で溢れさせようとしているんだにゃっ!」

梨子「……そんなのを止めるなんて、私に…………」

凛「…………あなたの中にある、もう1つの力でだけ患者Aを倒せることを突き止めたんだよ」

梨子「もう1つの力……?メイリちゃんの他にも力があるの?」

凛「そういうことだね」

曜「……この3人だけでバケモノと戦うのは無理だよ」

凛「…………私がかつて所属していたμ'sの5人は既に患者になってしまった」

梨子「…………じゃあどうしたら」

凛「今残りの4人をここへ呼んでいるところだ」

曜「じゃあ、その人たちを待ちましょう」

凛「そして、これがわたしと友人で患者のスパイをやっている時に集めた資料」

ドスン

梨子「…………すごい量」
40: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/04/21(金) 20:30:14.25 ID:n6X8tUuZ.net
凛「高海千歌さん?」

千歌「っ!」ビクッ

梨子「高海さん!」

曜「もう起きてたんだね…………!」

千歌「…………なにも聞いてないですよ?」

凛「…………」

千歌「ちょっとμ'sとか星空凛とか気になる言葉が出ていたから、ちょっと聞いてただけだよ……」

凛「…………聞いてたんだね」

千歌「…………!はい…………」

凛「仕方ない。スタンドは使えないみたいだけど、患者のことを知ってしまったなら、私たちと一緒にくるしかない」

千歌「えええー!?!?」

凛「…………毎日のようにくる刺客を1人で対処できるなら残ってもいいけどね」

千歌「………刺客?」

凛「患者になってしまったμ'sがすぐにでもここを襲撃してくるだろう」

梨子「…………わたしがこの部屋に連れてきたばかりに……」

凛「実は、さっき高海さんに桜内さんを探してくるように頼んだのだけどね」

千歌「あっ……それはごめんなさい」

凛「結果集められたからよかったよ」


千歌「ぅあっ、桜内さん…………///」

梨子「!?!?」

千歌「ううん、なんでもない…………」
41: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/04/21(金) 20:30:53.71 ID:n6X8tUuZ.net
曜『………………桜内さん』

梨子『いやこれにもワケがあるんです』

曜『ワケもワカメもないよ。次に千歌ちゃんをときめかせるようなことをしたら…………即殺すからね』

梨子『…………っ』ブルッ

凛「…………」

曜「患者を倒す、か……」
42: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/04/21(金) 20:32:43.10 ID:n6X8tUuZ.net
凛「…………電話だ。ちょっと待っていてね」

梨子「………」


凛「…………1人のμ'sメンバーが今ここに来る」

梨子「………はい」

曜「……その人の名前を教えて貰ってもいいですか」

凛「小泉花陽。タイムトラベラーをやってる」

千歌「……どんな人だろう」


ガチャッ


「ここが……宇宙Fですか?」
43: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/04/21(金) 20:34:16.61 ID:BG1aTsuT.net
\次回/

集まる仲間たち……

「1人で行っていい場所とダメな場所くらいあるじゃろうがッ!!!!」
「面接13連敗の後のメールがこんな滅茶苦茶な呼び出しってどういうことよっ」

迫りくる刺客たち……!

「レベル4を発動させ、奴らをほのキチにします。そうしたらこちらが勝ったようなものです」
「あなたが高海千歌ちゃん……突然だけど、スクールアイドル向いてないからやめてくれないかな?」
「わたしがみんなのかたきをとる……このクッキーで」
「唯一、わたしに弱点があるとすれば……くせっ毛なこと。」

ついにスタンドを発現させた千歌!!!
THE ニュー梨子・メノノリとは!?
千歌・梨子・曜の三角関係はいかなる結末を迎えるのか!?

そして、明かされる患者Aの正体は!?!?!?
「────フフフ♡♡♡」

44: ◆V1pkaMEA4MJn (SB-iPhone)@\(^o^)/ 2017/04/21(金) 20:35:11.09 ID:BG1aTsuT.net
流石に今回は調子に乗りすぎたので次から自重します
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『患者A「まきちゃん」ズドッ!ズドッ!ズドッ! 真姫「あっ♡あっ♡あっ♡」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。