海未「ちくわを尿道にあてて立ち小便しているところをことりに見られました」

シェアする

海未-アイキャッチ22
1: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2017/04/18(火) 22:23:25.52 ID:R2XFiAtU.net
ことり「海未ちゃ~ん、練習再開するよ~」

ことり「海未ちゃ…」

海未「なっ…ことりっ!?」

ジョボジョボ…

ことり「……」

海未「……」

元スレ: 海未「ちくわを尿道にあてて立ち小便しているところをことりに見られました」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2017/04/18(火) 22:26:01.90 ID:R2XFiAtU.net
チョロロロ…

ことり「邪魔してごめんね」

ことり「ことり、先に戻ってるね」

海未「あのっ!」

ことり「……」

海未「その…このことは…」

ことり「大丈夫だよ海未ちゃん」

ことり「ことり、なんもに見てないから」

海未「しかし……」

ことり「なんもに見てないよ」

ことり「みんな待ってるから早く戻ってきてね」

海未「はい…」
6: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2017/04/18(火) 22:33:57.40 ID:R2XFiAtU.net
フリフリ

海未「ふぅ……」

海未「やはり立ち小便は開放的で癖になります」

海未「ちくわには申し訳ありませんがね」

海未「ですが、まさか見られてしまうとは…」

海未「先ほどのことりの引きつった笑顔」

海未「正直なところ好きです」

海未「って、今はそんなこと言ってる場合ではありません」

海未「練習に戻らないと怪しまれてしまいます」
10: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2017/04/18(火) 22:52:35.75 ID:R2XFiAtU.net
海未(ことりは練習中、一度も言葉を交わしてくれませんでした)

海未(ことりに合わせる顔もないのですがね)

穂乃果「みんなおつかれ!今日は雪穂と約束あるから先に帰るね!」

海未「え?」

ことり「穂乃果ちゃん?」

穂乃果「ばいばーい!また明日ね!」

海未「……」

ことり「……」
12: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2017/04/18(火) 22:57:29.67 ID:R2XFiAtU.net
テクテク

海未(気まずいです…)

海未(なんにも見てないとは言ってくれたものの…)

チラ

ことり「……」

テクテク

ことり「……」ニコッ

海未(どういう意味の笑顔でしょうか)

海未(ことりの笑顔を見て可愛い以外の感情を抱いたのは初めてです)

海未(いったいどうしたものか…)
15: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2017/04/18(火) 23:02:27.74 ID:R2XFiAtU.net
海未「こ…ことり?」

ことり「……」ニコッ

海未(ことりの笑顔が怖いです)

海未「すみません、なんでもありません」

ことり「……」

海未「……」

テクテク

ことり「……」

海未「……」

ことり「じゃあことりこっちだから」

海未「はい、お気をつけて」

ことり「またね」ニコッ

海未「ではまた明日…」
18: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2017/04/18(火) 23:10:41.07 ID:R2XFiAtU.net
海未(結局、ことりと何も話せませんでした)

海未(帰ってから連絡した方がいいんだしょうか…)

テクテク

海未「……」ブルブルッ

海未(どうしましょう、立ち小便したくなってきました)

海未(早く家に帰って立ち小便しなければ)

海未(本当は茂みや路地裏でするのが一番スリリングではあるのですが)
19: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2017/04/18(火) 23:22:50.98 ID:R2XFiAtU.net
海未「ただいま帰りました」

さて、厠に直行です

弧を描いて流れ出る小便

飛び跳ねるしぶき

そしてなんとも言えぬ開放感

素晴らしいとしか言えません

男性が羨ましいです

ちくわを使わずとも立ち小便が出来るなんて
22: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2017/04/18(火) 23:29:05.01 ID:R2XFiAtU.net
ちくわをそのまま使用すると

ちくわと尿道の隙間から漏れる小便が手に付いてしまいます

それがちくわ流立ち小便の難点です

密着を考えればちくわぶの方がいいのですが

ちくわぶを用いると尿の軌道が直線的になってしまいます

ちくわの適度にだらしない角度が美しい弧を描くにはかかせません

そこで私は密着を上げる為に

ちくわの片側を尿道にフィットするように切ってストックしています

やはり海未特製のちくわは手放せません
25: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2017/04/18(火) 23:33:42.24 ID:R2XFiAtU.net
ジョロロロロロ

海未「はぁ…」

最高に気持ちが良いです

泡立つ便器内の水もまた一興

チョロロロ…

海未「ふぅ…」

フリフリ

海未「ちくわさん、ありがとうございました」

海未「そして食してあげられずすみません」

ジャアアアアア
28: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2017/04/18(火) 23:39:54.42 ID:R2XFiAtU.net
今のちくわさんで最後でしたか

買いに行ってストックを作っておかなければ

そうと決まればスーパーに向かいましょう




この時期のスーパーは空調が微妙で居心地が悪いです

しかし、カゴいっぱいに入ったちくわさんを見るのはいつでも幸せですね

「う、海未ちゃん?」

海未「はい?」

海未「こ、ことり…」

ことり「ちくわ…たくさん買うんだね…」
34: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2017/04/18(火) 23:45:22.33 ID:R2XFiAtU.net
海未「こ、今夜はおでんにするみたいなので…」

ことり「ふぅん…そっか……」

海未(ことりの表情が明らかに軽蔑です…)

海未(もうおしまいです)

海未(万策尽きました)

ことり「ねぇ海未ちゃん」

海未「はい」

ことり「このあとことりとお話ししよ?」

海未(断る理由もありません、もうなるようにしかならないでしょう…)

海未「わかりました」
63: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2017/04/19(水) 23:18:26.12 ID:WwQiY6Wp.net
海未「おじゃまします」

ことり「……」

海未「……」

海未(ことりの家に向かう途中、ことりは一言も言葉を発しませんでした)

海未(いったい何を言われるのでしょうか…)

海未(絶交…ですかね…)

ことり「紅茶とクッキーしかないけどいい?」

海未「いえ、喜んでいただきます」

ズズッ

海未「ことりの淹れてくれる紅茶はいつもおいしいです」

ことり「ありがとう」
65: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2017/04/19(水) 23:22:02.32 ID:WwQiY6Wp.net
海未「おいしくていつもついつい飲み過ぎてしまいます」

ことり「……」

サクサク

海未「クッキーもおいしいです」

ことり「ありがとう」

海未「……」

ズズッ

海未(なにか言ってくださいことり)

海未(自分からちくわの話を切り出すほど、私は肝が座ってません…)

サクサク

ことり「……」

海未「……」
66: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2017/04/19(水) 23:28:27.59 ID:WwQiY6Wp.net
ズズッ

海未「あ……」

海未「おいしくてあっという間に紅茶がなくなってしまいました……」

ことり「ふふっ…そんなに褒めてもおかわりしか出てこないよ?」

海未「いただいてもいいのでしょうか?」

ことり「いいよ」

ことり「淹れてくるからちょっと待っててね」

海未「ありがとうございます」
68: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2017/04/19(水) 23:32:11.53 ID:WwQiY6Wp.net
海未「ふぅ」

海未(ことり…いったい何を考えているのでしょうか…)

海未(私から弁解した方が良いのでしょうか…)

海未(しかし、アルパカ小屋の裏で排泄…)

海未(しかも、ちくわを使って立ち小便だなんて…)

海未(弁解のしようがありません…)

海未(考えても仕方ないですね)

ガサ

海未(ことりが戻ってくるまでちくわの加工をしましょう)
71: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2017/04/19(水) 23:38:19.85 ID:WwQiY6Wp.net
海未(ちくわの加工と言っても)

ピリピリ

海未(片側を一口食べるだけですが)

海未(ふと思い立ってちくわをかじってから立ち小便をしたことがありました)

スッ

海未(かじってみたらいい具合に尿道に密着する形になってくれるなんて奇跡の発見でした)

海未(世紀の発明などもそうですが)

パクッ

海未(発見というものはいつだって偶然の産物です)

モグモグ

海未(やはり、ちくわはおいしいですね)
72: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2017/04/19(水) 23:42:08.06 ID:WwQiY6Wp.net
海未(加工完了です)

海未(この調子でどんどんいきましょう)

パクッ

モグモグ

海未(おいしいです)

パクッ

モグモグ

海未(おいしいですが)

パクッ

モグモグ

海未(やはり喉が渇きますね)
73: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2017/04/19(水) 23:50:06.09 ID:WwQiY6Wp.net
ことり「海未ちゃんおまたせ~」

海未「あ…」

ことり「……」

海未(つい加工に夢中になり、ことりが戻ってくることを忘れてしまっていました…)

ことり「はい、おかわり」

海未「紅茶…ありがとうございます…」

ズズッ

海未(乾いた喉に紅茶が染み渡ります)

ことり「そのちくわ…食べる用だったんだね…」

海未「も、もちろんですっ」

海未「ちくわは食料ですから…」

ことり「ふぅ~ん…」
74: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2017/04/19(水) 23:53:36.36 ID:WwQiY6Wp.net
海未「……」

ことり「……」

海未「あの…」

ことり「本当に?」

海未「ほ、本当です…」

ことり「ことりの目を見ても本当ですって」

ことり「ちゃんと言えるかな?」

ジッ

海未「それはもちろん…」

ことり「ちゃんと目を見て海未ちゃん」
80: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2017/04/19(水) 23:59:46.06 ID:WwQiY6Wp.net
海未「ほ…」

ことり「……」

ジーッ

海未「ほんっ…」

ことり「ほん?」

ジーーーッ

海未「すみません」

ことり「なにがすみませんなの?」

海未「本当は食べる用ではありません」

海未「嘘をついてすみませんでした」
82: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2017/04/20(木) 00:03:21.22 ID:pBMROG0K.net
ことり「素直でよろしい」

ことり「あれ?よろしくないのかな?」

ことり「よくわからないよ」

ことり「ねぇ、じゃあなんでちくわ食べてたの?」

海未「そうですね…」

海未「その答えはことりもちくわを一口かじってみれば分かります」

スッ

ことり「え?ことりもそのちくわ食べるの?」
83: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2017/04/20(木) 00:06:45.49 ID:pBMROG0K.net
海未「食べるというよりも一口だけかじってください」

ことり「かじるだけ??」

海未「ええ、そうすれば自ずと答えは出てきます」

スッ

ことり「変なの付いてないよね?」

ことり「このちくわは綺麗なんだよね?」

海未「当たり前じゃないですか」

海未「さっき袋から出したばかりです」

海未「クッキーと紅茶のお礼です」
87: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2017/04/20(木) 00:12:11.71 ID:pBMROG0K.net
海未「どうぞ」

スッ

ことり「ううう…」

海未「おいしいですよ?」

パクッ

ことり「はむっ!」

モグモグ

海未「おいしいでしょう?」

ことり「ちくわ…」

ことり「久しぶりに食べたけどおいしいね」

海未「それは当然、練り物の王様ですから」
88: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2017/04/20(木) 00:13:24.14 ID:pBMROG0K.net
ことり「でもちくわ食べてもなんにもわからないよ?」

海未「そうですか、ではもう一つどうぞ」

スッ

ことり「なんで新しいの出すの?」

ことり「さっきの食べかけでいいよ」

海未「いいからこちらを食べてください」

ことり「なんで?なんでまあ?」

海未「さあ!」

ことり「海未ちゃんがそこまで言うなら…」

パクッ

ことり「味が違うのかな?」

モグモグ

ことり「同じ?だよね?」
91: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2017/04/20(木) 00:20:47.07 ID:pBMROG0K.net
ことり「……」

海未「どうですか?」

海未「これで分かったでしょう?」

ことり「ううん、全然…」

海未「鍛錬が足らない証拠です」

ことり「そっか、それなら鍛錬が足りなくてもいいかな~」

ことり「……」

海未「どうかしましたか?」

ことり「なんで食べかけのちくわばっかり袋に戻してるの?」

海未「そこに目を付けるとはさすがことりです」
93: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2017/04/20(木) 00:25:37.92 ID:pBMROG0K.net
海未「ですが、これらは食べかけではありませんよ」

ことり「え?食べかけだよね?」

海未「うっ、そうとも言いますがしかし!」

海未「これは食べかけではなく加工完了品なのです!」

ことり「か、加工??」

ことり「ごめんね、ことりよくわからないの」

海未「今ことりに手伝ってもらったのは…」

海未「ちくわと共に生理的欲求を果たす為の下準備です」

ことり「……ごめんね」

ことり「ことり、海未ちゃんのこと理解できない…」
96: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2017/04/20(木) 00:31:21.24 ID:pBMROG0K.net
海未「落ち込まないでください」

海未「一つずつ、共に高みを目指しましょう 」

ことり「高み?もう訳がわからないよ…」

海未「ふぅ…少し喋りすぎて喉が渇きました」

海未「紅茶、いただきますね」

ズズッ

海未「ふぅ…」

ブルブル

海未「すみません、お手洗いをお借りします」

ことり「どうぞ」

ことり「ことりはちょっと混乱してますのでおかまいなく」
97: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2017/04/20(木) 00:36:57.59 ID:pBMROG0K.net
海未「では、お言葉に甘えまして…」

スッ

ことり「……」

ことり「ねぇ海未ちゃん」

海未「はい」

ことり「なんでお手洗いに食べかけのちくわ持ってくの?」

海未「用を足すためです」

海未「それ以上でも以下でもないです」

ことり「お手洗い行くのにちくわは要らないよね?」

海未「すみません、私にはちくわがいないとダメなんです…」

海未「すぐ、戻りますから」
101: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2017/04/20(木) 00:43:35.81 ID:pBMROG0K.net
海未(結局、ちゃんとした話が出来た気がしませんね…)

海未(それはさておき、さっそくことりに加工していただいちくわで…)

ジョロロロロロロ

海未(たくさん出ますね)

海未(やはり、たくさん飲んだあとの立ち小便は気持ち良さが段違いです)

ジョオオオオオオ

海未「ふぅ…」

フリフリ

海未(ことりに加工してもらったちくわ…)

海未(素晴らしい精度でした)

海未(ことり、そしてちくわさん)

海未(ありがとうございました!)

ジャアアアアア
102: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2017/04/20(木) 00:50:28.70 ID:pBMROG0K.net
海未「ふぅ…」

海未「おまたせしましたことり」

ことり「……」

グスン

海未「ことりっ!」

海未「どうかしましたか!?」

ことり「……」

ヒックヒック

ことり「またやっちゃったんだね…アレを」

ことり「ことりが居ながら止められなかった…」

海未「そんな、なにもしてませんよ!」

海未「強いて言うなら用を足しただけです」
103: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2017/04/20(木) 00:51:57.34 ID:pBMROG0K.net
ことり「嘘つき!」

海未「ことり…」

ことり「はしたない音も響いてまる聞こえだったよ」

ことり「ちくわだって!」

ことり「さっき持ってたのにもう持ってないし…」

ことり「こんなの女の子がすることじゃないよぉ…」
151: ツイッターはやってません(しまむら)@\(^o^)/ 2017/04/21(金) 23:51:08.52 ID:l3ChmzWk.net
海未「ことり…」

ことり「なんで海未ちゃんはこんなことしてるの?」

海未「なぜかと言われたら返答に困ります」

海未「したいからしているとしか答えられません」

ことり「全然答えになってないよ…」

ことり「ちっちゃい頃からずっと一緒にいたのに…」

ことり「海未ちゃんのこと、理解出来なくて悔しいの」
153: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2017/04/22(土) 00:00:04.43 ID:TT32kpeO.net
海未「そうですか」

海未「ですが、私は理解は求めていませんし、理解される行為とも思っていません」

海未「ことりが気に病むことではありませんよ?」

ことり「で、でもっ…」

海未「でも?」

ことり「絶対おかしいよ!普通じゃないよ!」

海未「おかしい…普通…」

海未「人間は誰しも理解出来ない物事に対してはおかしいという表現を使うものです」

海未「普通…この世に普通など存在しません」

海未「人それぞれ個性というものがあります」

海未「人は皆、違うのです」
154: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2017/04/22(土) 00:04:02.67 ID:TT32kpeO.net
海未「ことりこそ、普通ではありません」

海未「『私には何もなくて普通だ』」

海未「そう言ってましたが、伝説のメイドにいとも簡単になってみたり」

海未「全員分の衣装を苦しい顔一つ見せずに毎回作ってみたり…」

海未「そして何より…」

海未「この世の者とは思えないほど可愛いです」

ことり「海未ちゃん…」
157: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2017/04/22(土) 00:11:04.66 ID:TT32kpeO.net
ことり「嬉しいこと言ってもらえてちょっと恥ずかしいな」

ことり「だけどね」

ことり「かっこつけて哲学的なこと言って誤魔化さないで」

海未「ごまかしてなどいませんよ」

ことり「わかった」

海未「なにがわかったのですか?」

ことり「もうはっきり言うね」

ことり「海未ちゃんは最低ですっ!」

海未「んなっ…」

海未「ちくわと共に立ち小便をしただけです」

海未「何が最低だと言うのですか?」

海未「誰かに迷惑をかけましたか?」
158: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2017/04/22(土) 00:18:01.32 ID:TT32kpeO.net
ことり「強いて言うならことりに迷惑がかかってます」

ことり「親友が…変な性癖の持ち主だなんて精神的につらいです」

海未「性癖では…」

ことり「じゃあもっと簡単に…」

ことり「海未ちゃんは変態です」

海未「へ、へんたっ…」

海未「いくらことりでも言っていいことと悪いことが…」

ことり「いくら海未ちゃんが大和撫子で完璧超人だとしても」

ことり「やっていいことと悪いことがあります!」

海未「そこまで言いますか…」
159: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2017/04/22(土) 00:25:00.02 ID:TT32kpeO.net
海未「ことり」

ことり「はい」

海未「ではあなたに問います」

ことり「なんでしょう?」

海未「ちくわ流立ち小便のどこがやっていけないことなのですか?」

海未「生理的欲求に従い排泄を行なったまでです」

海未「私が納得出来るように答えてください」
161: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2017/04/22(土) 00:26:47.64 ID:TT32kpeO.net
ことり「ふぅ~…」

ことり「じゃあまず1つ目」

ことり「今日ことりに見られた時、海未ちゃんはどこでた、たち…」

ことり「たち…しょ…」

海未「なんです?はっきり言ってください」

ことり「たちしょ…」

海未「ふふ…恥じらうことりほど可愛いものはありませんね」

ことり「むぅ…茶々入れないでくださいっ」

海未「怒った顔もそれはそれで可愛いですよ」

ことり「あーもうっ!」

ことり「たちしょん!」

海未「破廉恥ですよ、ことり」

ことり「破廉恥なのは海未ちゃんです」
162: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2017/04/22(土) 00:31:08.85 ID:TT32kpeO.net
ことり「海未ちゃんはどこでたちしょんしてましたか!?」

海未「聞かなくても分かるでしょう」

海未「アルパカ小屋の陰です」

ことり「はい!それです!」

ことり「アルパカ小屋の陰」

ことり「ということは屋外です」

ことり「海未ちゃんがやったことは公然猥褻です」

海未「学校の敷地内で公然猥褻?」

海未「路地裏や茂みなどでしているのを見られたわけでもないのに公然猥褻扱いですか…」

ことり「え…路地裏や茂みでもしてるの?」

海未「……」

ことり「最…低…」
164: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2017/04/22(土) 00:33:08.54 ID:TT32kpeO.net
ことり「ということでまず一つは公然猥褻です」

ことり「そして、2つ目です」

ことり「海未ちゃんが立っておしっこするのに使ってるのはなんですか?」

海未「ちくわです」

ことり「そう、ちくわです」

ことり「では、ちくわとはなんですか?」

海未「我が人生に欠かすことの出来ない相棒です」

海未「ちくわだけに相『棒』ですね」

ことり「はい、その通り」

ことり「ちくわとは本来食べ物です」

海未「無視しないでください」

海未「うまいこと言ったんですから拾ってくださいよ…」

ことり「はい、それで食べ物はどうしなさいって教わりましたか?」

海未「感謝をしましょうと教わりました」

海未「なので、私はちくわに感謝しています」
166: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2017/04/22(土) 00:36:15.52 ID:TT32kpeO.net
ことり「それは良いことなんだけど…」

ことり「食べ物は粗末にしない!」

ことり「そう教わらなかった?」

海未「もちろん、教わりました」

海未「しかし私はちくわを粗末にはしていませんよ」

ことり「でもさっきトイレに流して…」

海未「ちゃんと一口は味わっています」

ことり「一口だけじゃん!」
167: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2017/04/22(土) 00:37:38.99 ID:TT32kpeO.net
海未「まあまあ、落ち着いてください」

海未「すべてを流しているわけではありませんよ」

ことり「流してるのは認めるんだ…」

海未「も、申し訳ありません…」

海未「しかし、流しているのは一部だけです!」

ことり「じゃあどうしてるの?」

海未「アルパカの餌にしています」

ことり「そんなことしてたの…?」

ことり「アルパカさんがかわいそう…」
206: 名無しで叶える物語 2017/04/24(月) 23:02:58.07 ID:OSJjPFUy.net
海未「おいしそうに食べていましたよ」

ことり「海未ちゃんっ!!」

海未「は、はいっ!」

海未(ことりってこんなに大きな声出すんですね…)

海未(驚いてビクッとしてしまいました…)

ことり「そういう問題じゃないの!」

ことり「ちくわって塩分多いんだよ?」

ことり「そんな物をアルパカさんにあげたらどうなるか…」

ことり「海未ちゃん、わかるよね?」

海未「すみませんでした」
207: 名無しで叶える物語 2017/04/24(月) 23:09:49.00 ID:OSJjPFUy.net
ことり「それに…」

ことり「不潔…」

海未「すみません…」

海未(ことりの軽蔑の眼差しがつらいです…)

海未(ですが、なぜでしょうか…)

海未(不思議とぞくぞくしてしまいます)

海未(私は本当に変態なのでしょうか…)

ことり「海未ちゃん?何にやけてるの?」

海未「い、いえ、にやけてなんていませんよ」

海未(いけません、顔に出てしまっていましたか)
208: 名無しで叶える物語 2017/04/24(月) 23:25:14.96 ID:OSJjPFUy.net
ことり「ふぅん…」

海未(あ、これは私のこと疑っていますね…)

海未「とにかく、もうアルパカにはちくわを食べさせません」

海未「約束します」

ことり「アルパカさんに食べさせないのはもちろんだよ」

ことり「だけどね、もうちくわを使って…」

ことり「お…お…お、おしっこしなければいいんじゃないのかな!?」

海未「それは無理な約束です」

海未「ですが、今後は厠以外ではちくわ流立ち小便はしません」

海未「それで、今回は見逃していただけないでしょうか…」
209: 名無しで叶える物語 2017/04/24(月) 23:32:56.81 ID:OSJjPFUy.net
ことり「……」

海未「ことり?」

ことり「なんでそんなにちくわにこだわるの?」

ことり「海未ちゃんおかしいよ…」

海未「ことりこそおかしいです」

ことり「……」

海未「なぜそこまでして私にちくわ流立ち小便をやめさせようとするのですか?」

海未「私の勝手じゃありませんか」

海未「違いますか?」

ことり「……」
211: 名無しで叶える物語 2017/04/24(月) 23:44:19.68 ID:OSJjPFUy.net
ことり「最後になりますが3つ目です」

ことり「ことりが海未ちゃんのこと…好き……だから」

海未「私も好きで ことり「違うの!」

海未「違う、というと?」

ことり「ことりが海未ちゃんに抱いてる感情は恋愛感情なの…」

海未「……」

ことり「おかしいよね…女の子同士なのに…」

海未「ことり…」

ことり「海未ちゃんの言う通りおかしいの…」

ことり「でもね、好きな人がこんなことしてるのは耐えられないの」

ことり「なんでこんな変な人を好きになっちゃったんだろ…」ジワッ
213: 名無しで叶える物語 2017/04/24(月) 23:52:57.06 ID:OSJjPFUy.net
海未(この流れでまさか告白されるとは思いませんでした…)

海未(なんて答えたらよいのでしょうか…)

海未(それに、告白されてるのか怒られてるのかわかりませんね…)

海未「ことり、泣かないでください」

海未(私にはこの涙を拭うくらいしか出来ません)

ことり「海未ちゃんのそういう優しいとこ」

ことり「大好きだけど、大嫌いっ」

海未「すみません…」
217: 名無しで叶える物語 2017/04/24(月) 23:58:46.60 ID:OSJjPFUy.net
ことり「がんばって告白したのに…」

ことり「返事はしてくれないの?」

海未「その…動揺していまして…」

ことり「気持ち悪いって思ってるでしょ?」

海未「そんなことありませんよ」

ことり「嘘つき」

海未「本当です」

ことり「海未ちゃんはいつも口ばっかりだもん」
218: 名無しで叶える物語 2017/04/24(月) 23:59:36.24 ID:OSJjPFUy.net
海未「……」

海未(私も覚悟を決めないといけませんね)

海未「ふぅ…」

海未「ことり」

海未「私もあなたのことをお慕いしております」

ことり「やめて」

海未「やめません」

ことり「口先だけの慰めなんていらないの」

海未「口先だけではありません」

ギュッ

ことり「ふぇ!?」

海未「あなたのことが愛おしくてたまらないのです」
219: 名無しで叶える物語 2017/04/25(火) 00:08:37.92 ID:XKT7mQWe.net
海未「ことりなら分かると思いますが」

海未「私は自ら抱擁するなんて慣れていないのです」

ことり「そうだね…」

海未「恥ずかし過ぎて今にも心臓が破裂しそうなんです」

ことり「うん…」

ことり「海未ちゃんのドキドキがよく聞こえるよ」

ことり「海未ちゃん…」

海未「はい…なんでしょう?」
221: 名無しで叶える物語 2017/04/25(火) 00:10:22.32 ID:XKT7mQWe.net
ことり「ことりもすっごくドキドキしてる」

ことり「海未ちゃんに抱きしめられて」

ことり「好きだって言われて」

ことり「幸せ過ぎておかしくなっちゃいそう」

海未「私も今、とっても幸せですよ」

海未「ようやく想いを伝えられて」

海未「こうして結ばれたのですから…」

ことり「海未ちゃん」

ことり「不束者ですが、よろしくおねがいしますっ♪」

海未「こちらこそ不束者ですがよろしくお願いいたします」
225: 名無しで叶える物語 2017/04/25(火) 00:17:16.98 ID:XKT7mQWe.net
ことり「だからもうちくわはやめてね」

海未「え?」

ことり「え?じゃないよ」

海未「しかしそれとこれとは…」

ことり「ちくわ、やめてね」

海未「ですが…」

ことり「やめてね?」ニッコリ

海未「……善処します」

ことり「……」
226: 名無しで叶える物語 2017/04/25(火) 00:19:16.33 ID:XKT7mQWe.net
ことり「はぁ…こんなこと言いたくなかったけど…」

ことり「ちくわとことり、どっちが大事なの!?」

海未(定番の質問ですね…)

海未「どっちもです!」

海未「比較のしようがありませんよ」

ことり「むむむぅ…」

ことり「ちくわに負けない魅力的な女になってやります!」

ことり「そして絶対に海未ちゃんをちくわ離れさせてあげるんだから!」
229: 名無しで叶える物語 2017/04/25(火) 00:24:11.04 ID:XKT7mQWe.net
しかし、その後もことりに隠れてちくわ流立ち小便を続けていました

見つかったり、証拠が出るたびに怒られました

ですが、何物にも代え難いこの快感

おそらく、一生やめることは出来ないでしょう

もしことりと添い遂げることになったとしてもです

そして私は今ここに宣言します

園田海未は南ことりとちくわをこれからも愛していくことを誓います!
230: 名無しで叶える物語 2017/04/25(火) 00:25:42.20 ID:XKT7mQWe.net
おしまい
http://i.imgur.com/netk6pV.jpg
1492521805-レス230-画像
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『海未「ちくわを尿道にあてて立ち小便しているところをことりに見られました」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。