にこ「矢澤議長と」花陽「私らしい会議」

シェアする

にこぱな-アイキャッチ3
1: 名無しで叶える物語 2017/04/29(土) 16:09:29.27 ID:DDflDcLo.net
にこ「……」カタカタ

にこ「……」


にこ「インフルエンザが大流行、ねぇ……」カチャ


にこ「……ふぁ」カタ…



にこ「くしゅん!」


にこ「……うー……私もやばいかしら……」ズルズル

元スレ: にこ「矢澤議長と」花陽「私らしい会議」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語 2017/04/29(土) 16:11:00.32 ID:DDflDcLo.net
トコトコ…


にこ「ん?」


ガチャ…


にこ「遅かったわね、花陽」

花陽「ふぇ!?」


花陽「……あ、えと……う、うん」パタン


にこ「……?」
3: 名無しで叶える物語 2017/04/29(土) 16:11:36.80 ID:DDflDcLo.net
にこ「どうしたのよ?」

花陽「えっと、その……」


花陽「よく、私だって分かったねにこちゃん……」

にこ「あー……」


にこ「消去法よ、消去法」

花陽「しょ、消去法……?」

にこ「話聞いてるかしら?インフルエンザ」

花陽「え……インフルエンザって……」

花陽「もしかして、凛ちゃん以外もインフルエンザにかかっちゃってるの……?」

にこ「そうよ、大流行よ」
4: 名無しで叶える物語 2017/04/29(土) 16:12:33.07 ID:DDflDcLo.net
花陽「それって……」

にこ「三年組はあたし以外全滅。二年は穂乃果がやられて、一年は凛が、ね」

花陽「そんなに流行ってたんだ……」

にこ「見事にうちのポンコツ組がやられた感じよ」

花陽「ぽんこつは酷いよぉ……」

にこ「……まぁ、μ'sメンバーに限った話ってだけで、三年全体で見ると相当なもんよ」

花陽「へぇ……」

にこ「いっそ、学級閉鎖にでもしてほしいもんだけど」

花陽「ふふ、そうだね」

にこ「まぁそんなだからね」

にこ「ほとんどの面子は揃って無くて、尚且つ、ことりと海未は穂乃果の見舞いに行っちゃったし」

花陽「そっかぁ」

にこ「考えられる可能性を消去していったら、花陽になるってだけのことよ」

花陽「そう……なの?」

にこ「そうなの」

花陽「う、うん……」
5: 名無しで叶える物語 2017/04/29(土) 16:13:21.19 ID:DDflDcLo.net
花陽「……えっと」

花陽「真姫ちゃんは、来てない……?」

にこ「真姫?あー、あいつだったら曲作りするって言って音楽室に向かったわよ」

花陽「そうなんだ……」スト

にこ「全く熱心なことよね……」

花陽「真姫ちゃんだしね」フフ


にこ「……」

花陽「……ん……しょ……」ドサ


にこ「……何してるの?」

花陽「へ?」
6: 名無しで叶える物語 2017/04/29(土) 16:14:06.09 ID:DDflDcLo.net
花陽「何って……?」

にこ「椅子に座ってるけど……」

花陽「え、あ、にこちゃん、こっち座る?」

にこ「そうじゃなくって」

花陽「?」


にこ「こんな状況だからね、練習は休みよ」

花陽「あ、そっか……」


にこ「……帰らないの?」

花陽「う、うーん……」
8: 名無しで叶える物語 2017/04/29(土) 16:14:51.18 ID:DDflDcLo.net
にこ「もしくは凛のお見舞いに行くとか」

花陽「あ、それは朝、家に寄って来たから大丈夫なんだ……元気そうだったよ」

にこ「仮病じゃないの」

花陽「あ、あ、そういうことじゃなくてね?」

花陽「病気は病気だけど、凛ちゃんらしい元気さはあったよってことで……」アセアセ

にこ「……分かってるわよ」

花陽「う、うん……」

にこ「それじゃあ、穂乃果のお見舞いでも行く?」

花陽「それも……あんまり大勢で行っても迷惑になっちゃうし……」

にこ「まぁ……そうね」

花陽「うん……」
9: 名無しで叶える物語 2017/04/29(土) 16:16:05.62 ID:DDflDcLo.net
にこ「……あんたは?」

花陽「え?」

にこ「花陽は大丈夫なの?インフルエンザ」

花陽「あ、うん……私は平気。予防接種してたから……」

にこ「用意がいーこと」

花陽「お母さんがしなさいって、うるさく言うから仕方なくね」

にこ「ふぅん」

花陽「にこちゃんは?」

にこ「あたし?見ての通りよ」

花陽「……ちょっと風邪っぽい?」

にこ「は?」

花陽「へ?」
11: 名無しで叶える物語 2017/04/29(土) 16:17:06.72 ID:DDflDcLo.net
にこ「……何言ってるのよ、見ての通りこうやって学校に来てるんだから、元気よ元気よ」ブンブン

花陽「え、う、うん……」

にこ「バカだから大丈夫なのよきっと」

花陽「え!?そ、そんなことない、と思うけど……」アセアセ

にこ「あーでもインフルエンザだと関係ないのかしら……」

花陽「ど、どうかなぁ……?」


花陽(……は、鼻水が垂れてるけど、言わない方がいいのかなぁ……)
13: 名無しで叶える物語 2017/04/29(土) 16:18:21.59 ID:DDflDcLo.net
にこ「で、帰らないの?」

花陽「あ、えと……」

にこ「ここにいてもやることないでしょー?」

花陽「うんと……」



花陽「……」ガタ

にこ「花陽?」


花陽「にこちゃん……」
14: 名無しで叶える物語 2017/04/29(土) 16:19:17.13 ID:DDflDcLo.net
花陽「その……」






花陽「わ、私と……」

にこ「?」




花陽「会議、してほしいな……///」

にこ「へ?」
15: 名無しで叶える物語 2017/04/29(土) 16:20:09.82 ID:DDflDcLo.net
花陽「あの、その、ね?」

花陽「……いつもみんなとやってる、会議?」


花陽「あれを……花陽もにこちゃんとしたいなぁって……」

にこ「えぇ……」


花陽「だ、ダメかなぁ……?」

にこ「……い、いや、ダメじゃないけど……」

にこ「なんでまた……」

花陽「……」


にこ「っていうか、何かあったの……?」
16: 名無しで叶える物語 2017/04/29(土) 16:21:12.98 ID:DDflDcLo.net
花陽「んと……」


花陽「……あのね、本当は今日、部室ににこちゃんしかいないこと、分かってたんだ」

にこ「……」

花陽「穂乃果ちゃんからはインフルエンザかかったーって、直接LINEもらったし」

花陽「絵里ちゃんと希ちゃんは二人とも休んだって噂になってたし」

にこ「へ、へぇ……」

花陽「海未ちゃんとことりちゃんも態々一年生の教室にまで来て、お見舞いに行ってくるって断ってたしね」

にこ「……あいつららしいわね」

花陽「真姫ちゃんも、すぐに教室からいなくなったから……そういう時は曲が思いついたときだって知ってるから、多分音楽室だろうなって……」

にこ「だったらなんで聞いたのよ」

花陽「あ、い、一応……かな?」

にこ「ふぅん……」
17: 名無しで叶える物語 2017/04/29(土) 16:22:02.70 ID:DDflDcLo.net
花陽「……みんな、μ'sのメンバーはお互いがお互いを思いやることのできる人たちなんだよね」

にこ「そう……かしら」

花陽「にこちゃんも」

にこ「あたし?」

花陽「私の体調のことも心配してくれて、早く帰るようにも促してくれた」

にこ「あ……えっと……」

花陽「それに、私がここに来るときも」

にこ「ん……」

花陽「にこちゃん、消去法なんて行ってたけど……多分、そうじゃなくても分かってよね、私だって」

にこ「そ、そんなこと……」

花陽「空気、なのかな……?私はドアをそっと開けるみたいな……」

にこ(当たってる……)
19: 名無しで叶える物語 2017/04/29(土) 16:26:04.30 ID:DDflDcLo.net
花陽「……にこちゃんはそういうところ、凄いよね。相手のことをしっかり見てる」

にこ「……」

花陽「みんなと会議してるにこちゃんを見て、凄いなぁって思ってたんだ」

花陽「会議した後、みんなみんな笑顔」

花陽「ことりちゃんなんかね、ユニット別練習の時にお話しするときも、しばらくにこちゃんの話題ばっかりだったんだよ」

にこ「う、うーん……」

にこ(そんなに影響与えたつもりないんだけど……)


===========================================

にこっちパイセンと面倒なことりと会議する前作はコチラ↓

にこ「矢澤議長と」ことり「面倒な南」
http://karma.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1489740850/

※例のごとく見ても見なくても大丈夫です。

\ニッコニッコニー!!/

=========================================== 
20: 名無しで叶える物語 2017/04/29(土) 16:27:45.60 ID:DDflDcLo.net
花陽「みんな、それぞれに悩みがあって、不満もあって」

花陽「それで想いが募って……にこちゃんに」

花陽「矢澤議長と会議して、笑顔をもらってる」

にこ「……」


花陽「そして、それぞれに応じた答えを見つける」


花陽「……なんか、それって凄い、いいなって」


にこ「いや……その……多分花陽が思っているような凄いなんてことは……」

にこ「大体はやらなくちゃならない状況に迫られているからでね……?」

花陽「だからにこちゃんは凄いんだよ」

にこ「へ?」
21: 名無しで叶える物語 2017/04/29(土) 16:28:40.38 ID:DDflDcLo.net
花陽「にこちゃんがこうだと思ってやらなくても、自然とみんな笑顔」

花陽「さすが、笑顔にさせるアイドルだよね、本当、尊敬しちゃう」

にこ「……そ、そこまでストレートに言われると……///」


花陽「だからね?その……私も、会議……」

花陽「してもらいたくて、きちゃった……///」


にこ「……ええっと」

花陽「……」ドキドキ


にこ「うーん……」

花陽「……」ワクワク
22: 名無しで叶える物語 2017/04/29(土) 16:29:19.22 ID:DDflDcLo.net
にこ「ま、まぁ……別に会議やるのはいいんだけどさ、議題は……?」

花陽「あっ……」




にこ「……」

花陽「……」



カチコチ…カチコチ…










花陽「……な、何がいいかなぁ?」

にこ「ないんかい」
23: 名無しで叶える物語 2017/04/29(土) 16:30:12.41 ID:DDflDcLo.net
花陽「あ、だ、だって、その……ね、急だったから……!」

にこ「急な気分で会議しにこないでよね……」

花陽「あぅ……///」

にこ「全く……」


花陽「……議題、ないとダメかなぁ?」

にこ「ダメに決まってんでしょ。何のための会議だと思ってんのよ」

花陽「そう、だよね……」
24: 名無しで叶える物語 2017/04/29(土) 16:30:58.64 ID:DDflDcLo.net
にこ「……」

花陽「……」ムムム



カチコチ…カチコチ…





にこ「……はぁ」



にこ「仕方ないわねー」スク

花陽「え……?」
25: 名無しで叶える物語 2017/04/29(土) 16:32:03.11 ID:DDflDcLo.net
にこ「ことりもそうだったけど、こんなあたしの何がいいんだか……」

花陽「にこちゃん……」


にこ「……求められたら、返すしか無いでしょうよ」コツコツ…


にこ「アイドルなんだから……」



にこ「いいえ」





にこ「矢澤議長なんですから!」バーン
26: 名無しで叶える物語 2017/04/29(土) 16:33:05.12 ID:DDflDcLo.net
花陽「にこちゃん……」

にこ「違うわよ花陽」

にこ「議長よ、議・長」

花陽「あ、は、はい!議長!」サッ

にこ「敬礼は違うわよ……」

花陽「あっ///」パッ

にこ「全く……」
27: 名無しで叶える物語 2017/04/29(土) 16:34:13.20 ID:DDflDcLo.net
にこ「それじゃ、本日の議題は……」

花陽「……」ドキドキ


にこ「花陽の悩みについて議論していくわ!」

花陽「悩み……?」


にこ「そうよ、どうせ悩みの一つや二つあるでしょー?」

花陽「う……ん……」

にこ「あ、今回は特別にあたしが書記も勤めるわね」ポン

花陽「は、はい……お願いします……?」

にこ「じゃあまず……花陽の将来について聞いていきましょうか」キュッキュッ

花陽「悩みかぁ……」
28: 名無しで叶える物語 2017/04/29(土) 16:34:51.71 ID:DDflDcLo.net
にこ「……」

花陽「……」






カチコチ…カチコチ…














にこ「ないの!?」バン!

花陽「へぅ!?」ビクッ!
29: 名無しで叶える物語 2017/04/29(土) 16:36:45.50 ID:DDflDcLo.net
花陽「えっと、あの……」オロオロ

にこ「なんかこう、あるでしょ!?」

にこ「高校生だったら、進路の悩みの一つや二つ……」

花陽「え……で、でも私、まだ一年生だし……」

にこ「う……それはそうだけど……」


にこ「い、いや、でも……!」

にこ「そ、そうよ!アイドルは!?どーしたいとか、悩んでるんじゃない!?」ズイ

花陽「ス、スクールアイドル?」

にこ「そう!スクールアイドルよ!」

にこ「このままやり続けることに不安が~とか、そういうの!」

花陽「……それは、やり続けるかどうかは分からないけど、今はこのまま頑張っていきたいなって思ってるけど……」

花陽「私たちが卒業して、その後もっていう話はまだ分からないよ……?」

花陽「でもそれも、きっと高校生活の中で、スクールアイドルを続けていく中で見えてくるんじゃ無いかなって思ってるから……」
31: 名無しで叶える物語 2017/04/29(土) 16:37:28.21 ID:DDflDcLo.net
 

にこ「……」アセアセ

花陽「に、にこちゃん?」

にこ「……ま、まさかそんなに迷い無く答えられるとは思ってもみなかったわ」

花陽「え、そう……なの?」




にこ「……」ムムム…

花陽「……に、にこちゃん」




カチコチ…カチコチ…
33: 名無しで叶える物語 2017/04/29(土) 16:39:35.37 ID:DDflDcLo.net
にこ「ま、まぁいいわ」

花陽「うん……」


にこ「……それじゃあ、そうね……」



にこ「べ、勉強とかはどう……なの?」

花陽「勉強?」


花陽「……多分、問題は無い……かな」


にこ「……」アセアセ
34: 名無しで叶える物語 2017/04/29(土) 16:40:48.64 ID:DDflDcLo.net
花陽「えっとね、こないだ、真姫ちゃんと凛ちゃんの三人で勉強会したんだけどね、真姫ちゃんに褒められちゃったんだ///」

にこ「ま、真姫に?」

花陽「うん……花陽の学力だったら大学受験もきっと心配ないって……」

にこ「ふ、ふぅん……」

花陽「真姫ちゃんにそんな風に言われると、嬉しくなっちゃうよね……♪」

にこ「そりゃ、学年トップクラスの頭脳の持ち主に言われりゃ、ね……」

花陽「その代わり、凛ちゃんはずっと怒られっぱなしだったけど……」アハハ

にこ「あ、それよ!」バン

花陽「へ?」
35: 名無しで叶える物語 2017/04/29(土) 16:42:16.20 ID:DDflDcLo.net
花陽「そ、それ……?」

にこ「そうよ、凛よ凛」

花陽「凛ちゃん?」

にこ「そう、凛ちゃん。凛とは最近どうなのよ?」

花陽「うんと、いつも仲良くしてると思うけど……?」

にこ「そ、そう……そうよね……」

花陽「……?」


花陽「凛ちゃんとは、あんまりケンカとかもしないし、この先ずっとずっと仲良くできそう♪」

にこ「へぇー……」
36: 名無しで叶える物語 2017/04/29(土) 16:43:08.05 ID:DDflDcLo.net
にこ「……ぅー」

花陽「に、にこちゃん……?」













にこ「……どうしろってのよーーーーッ!!!」バーン

花陽「ピャァ!?」
37: 名無しで叶える物語 2017/04/29(土) 16:44:34.09 ID:DDflDcLo.net
にこ「悩みが一切無いんじゃどーしよーもないじゃなーーーいッッ!!」

花陽「ご、ごめんなさいごめんなさい!」ペコペコ

にこ「あんたねぇ……会議されたい人の気持ちになって来てるの!?」

花陽「会議されたい人の気持ち!?」

にこ「ここに!あたしに会議されたい人ってのはみんな、悩みを持ってるの!」

にこ「悩みをもってどうしようもないという気持ちが溢れて、それが止められなくて……」

にこ「それを解決するためにあたしがいるの!」

にこ「なんかよくわかんないけど、矢澤議長ってのはきっとそういうことなのよ!」

花陽「は、はぃぃ……!!」アセアセ
38: 名無しで叶える物語 2017/04/29(土) 16:46:09.34 ID:DDflDcLo.net
にこ「あんたに悩みが無かったらどうすることもできないじゃない……」

花陽「そ、そうだよね……」


花陽「あの……その……急に会議して欲しいなんて言って、ごめんね……?」

にこ「……」


にこ「……別に」

にこ「花陽は悪くないわよ……」


にこ「あたしが……花陽の気持ちに応えてあげられてないだけの話だし……」

花陽「……にこちゃん」
40: 名無しで叶える物語 2017/04/29(土) 16:49:45.55 ID:DDflDcLo.net
にこ「急に怒鳴って、ごめん……」

花陽「う、ううん……!」


にこ「……」

花陽「……」アセアセ


にこ「でも、よく考えてみると……」


にこ「別にあたし、誰かの悩みを解決しよう……なんて、考えてなかった気がするわ」

花陽「え……?」

にこ「……」
41: 名無しで叶える物語 2017/04/29(土) 16:52:44.82 ID:DDflDcLo.net
にこ「……ことりの時は、あいつが私に悩みを打ち明けて」

にこ「それを会議で、たまたま上手くまとまったのかもしれない」


にこ「……だけど、本来のあたしが行っていた会議ってそうじゃないわ」




にこ「……自分自身のためのものよ」

花陽「……」



にこ「あたしは自分が笑顔になるために、誰かを利用しながら……会議をして、その場を乗り切ってきた」
42: 名無しで叶える物語 2017/04/29(土) 16:53:48.90 ID:DDflDcLo.net
にこ「……なんで議長、だったのかしらね」



にこ「ううん」

にこ「その答えは分かってる」



にこ「……あたしが会議をしようとしていたのは……」

にこ「矢澤議長になりきろうとしていたのは……」







にこ「自分の弱い心を誤魔化すため」
43: 名無しで叶える物語 2017/04/29(土) 16:54:59.60 ID:DDflDcLo.net
花陽「そう、だったんだ……」

にこ「そうよ、私は議長という肩書きがなければ……自己を主張できないほどに弱かったから……」

にこ「矢澤議長になれば、私は今まで避けてきたあの二人……」

にこ「絵里や希とも、絆を育むことができた」

にこ「……そんな肩書き、きっと必要なかったんでしょうけどね」

花陽「にこちゃん……」

にこ「でも、ことりもそうだったけど……みんな、自分の意志で、自分の気持ちで、自分自身でぶつかってきてた」


にこ「……あんたも」

花陽「わ、私?」
44: 名無しで叶える物語 2017/04/29(土) 16:56:07.74 ID:DDflDcLo.net
にこ「そうよ」


にこ「特にあんたは……きっと他の子達とは違う」

にこ「弱い素振りを見せていて、頼りなくも見えるけど……」

にこ「その実、本当に強い心を秘めている人間よ」

花陽「そ、そんなこと……」

にこ「あるわよ」



にこ「だって、花陽は私の問いに、何の迷いも無く答えることができた」


にこ「自分自身の確固たる意志を曲げること無く、そしてそれを恥じること無く相手に伝えられる」

にこ「……本当にあんたは強い人間よ」

花陽「……」
45: 名無しで叶える物語 2017/04/29(土) 16:57:19.04 ID:DDflDcLo.net
にこ「私にはそれができなかった……」

にこ「いつも自分を誤魔化して誤魔化して……」

にこ「矢澤議長なんて肩書きをつけないと自分を保てなかった程に……」



にこ「だから、あんたに私の会議は不要よ」

花陽「ぇ……」


にこ「弱い立場の私が、圧倒的に強い存在である花陽に意見しようなんてのがそもそもおかしかったの」

花陽「……」
46: 名無しで叶える物語 2017/04/29(土) 16:58:28.69 ID:DDflDcLo.net
にこ「矢澤議長に会議なんてね……」

にこ「別に自惚れていたわけでもないし、そもそも、矢澤議長なんていう看板……掲げていたつもりもないんだけどさ」

にこ「何故か、あんたたちがそれを求めてきてたからぶら下げていたけど……」

にこ「今思ってみれば、こんなもの……分不相応よね」

にこ「私なんかじゃ……」


にこ「そう、本当は穂乃果がいいのよ」

にこ「μ’sを束ねることができる、穂乃果が……」


花陽「そんなことないよ!」
47: 名無しで叶える物語 2017/04/29(土) 16:59:37.53 ID:DDflDcLo.net
にこ「……花陽?」

花陽「……」



花陽「そんなこと……ない」

にこ「ぇ……」


花陽「にこちゃんじゃなきゃ……ダメだよ」



花陽「穂乃果ちゃんが悪いとか、そういうわけじゃないけど……そうじゃないよ」

花陽「他の誰でもない、にこちゃんじゃなきゃダメなんだよ」
48: 名無しで叶える物語 2017/04/29(土) 17:02:08.12 ID:DDflDcLo.net
にこ「あたしじゃなきゃ、ダメ……?」



花陽「にこちゃんは……にこちゃんだって、本当は強い人だよ」


花陽「にこちゃんはみんなとは違って、たくさん知ってるから」


花陽「一人でいろんな想いを受け止めて……」


花陽「一人で悩んで、頑張って……もしかしたら、一人で泣いちゃって」



にこ「……」
49: 名無しで叶える物語 2017/04/29(土) 17:03:22.26 ID:DDflDcLo.net
花陽「それでも、今こうやってまた立ち上がって……」


花陽「私たちと一緒に歩きながら、伝えてくれる」


花陽「言葉ではないかもしれない、不器用な伝達かもしれない……でも」


花陽「にこちゃんという存在が教えてくれるの」


花陽「にこちゃんが通ってきた道標を」


花陽「……それだって本当の強さだよ」


花陽「にこちゃんの……にこちゃんだけの強さ」
50: 名無しで叶える物語 2017/04/29(土) 17:05:38.57 ID:DDflDcLo.net
花陽「にこちゃんの言うとおり、矢澤議長という肩書きを借りているかもしれないけど……」

花陽「紛れもなく、それもにこちゃんの言葉」


花陽「にこちゃんが受け止めてきた言葉だから、私たちは納得できるんだよ」

花陽「にこちゃんの言葉だから、嬉しいんだよ」

にこ「花陽……」


花陽「だから、あんまり卑下しちゃダメだよ……」

花陽「にこちゃん、先輩なんだし……」

花陽「私は、にこちゃんのこと本当に尊敬してるから」

花陽「矢澤議長に、会議してもらいたいと思ってるの」

花陽「本当……だよ?」
51: 名無しで叶える物語 2017/04/29(土) 17:06:28.71 ID:DDflDcLo.net
にこ「……」

花陽「……」







にこ「……ん」グス








にこ「……ぁ……りがと…」



花陽「にこちゃん……」
52: 名無しで叶える物語 2017/04/29(土) 17:07:33.66 ID:DDflDcLo.net
にこ「……」


にこ「……そこまで」


にこ「自分を肯定してもらえたのは……初めてだわ……」


にこ「そんなに純粋に、真っ直ぐに……」

にこ「あたしのことなんて……」

花陽「にこちゃん」


にこ「……そうね、ごめん」
53: 名無しで叶える物語 2017/04/29(土) 17:08:29.95 ID:DDflDcLo.net
にこ「あんたってば……本当に強いわよね」


にこ「花陽になら……」



にこ「いつかその時が来ても、安心して任せられる、かもね……」

花陽「任せる……?」


にこ「……なんでもないわ」

花陽「?」
54: 名無しで叶える物語 2017/04/29(土) 17:09:24.78 ID:DDflDcLo.net
にこ「それより花陽、やっぱり会議は中止よ」

花陽「あ……うん……」

にこ「それだけ肯定してくれるのは嬉しいけどさ」

にこ「いくら求められても、あんたの強さを超える解決策の提示なんて、あたしにはできないわよ」

花陽「そっか……」シュン

にこ「……」


にこ「……」クス


にこ「そんな悲しそうな顔しないでよ」

花陽「だって……」


にこ「あんたとはね、議長としての関係じゃなくて、普通に対等の関係がいいって言ってんのよ」

花陽「へ?」
55: 名無しで叶える物語 2017/04/29(土) 17:10:33.20 ID:DDflDcLo.net
にこ「……いつもみたいに」

にこ「先輩とか後輩とかも関係なく」

にこ「あんたとは、好きなアイドルとかのことで語り合ってる方がいいのよ」

花陽「あ……」


にこ「その方が、お互いに楽しいでしょ?」

花陽「……」


花陽「うん……」

花陽「そうだね……」

花陽「私も、にこちゃんとはその方がいいかも……♪」
56: 名無しで叶える物語 2017/04/29(土) 17:11:54.08 ID:DDflDcLo.net
にこ「まぁ、これもある種の会議ってことになるのかしらね……」

花陽「にこちゃんとアイドルのことで語り合ってると、一日があっという間だもんね」

にこ「ここまであたしの知識についてこれる奴はあんたが始めてよー」

花陽「あはは……」


にこ「……それじゃあ」スク

花陽「?」


にこ「改めて、今日の"アイドル"の議題を発表するわ」コツコツ

花陽「……」ドキドキ
57: 名無しで叶える物語 2017/04/29(土) 17:13:18.69 ID:DDflDcLo.net
にこ(……)


にこ(結局、矢澤議長になってるじゃないの……)


にこ(……何の因果なのかしらね)



にこ(まぁ、求められる限り、続けるしか無いわよね)



にこ(矢澤議長の会議を……!)クス
58: 名無しで叶える物語 2017/04/29(土) 17:14:22.56 ID:DDflDcLo.net
にこ「……」フ…



にこ「最近話題になっている、北海道のグループについて議論していきましょう!」バーン

花陽「それは……ッ!?」


花陽「まだ幼い姉妹ながら躍動感溢れるダンスとテクニックで注目を浴び、動画投稿サイトで投稿翌日には再生回数数万回を超えて、今からこれからのスクールアイドルを背負って立つとまで言われるカリスマ的存在!?
さすがにこちゃん……そんな未来にまで向けて視野を広げるなんて、普通の人にはできません!であるならば、彼女たちの異常なまでの熱量に感化されて……










終わり。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『にこ「矢澤議長と」花陽「私らしい会議」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

現在実験的にゲストでのコメント投稿が可能となっています(実験につきノーフォローです)。