花陽「にこちゃん! TSUTAYAで新しいアイドルDVD借りてきたよ!」

シェアする

花陽-アイキャッチ10
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/27(金) 23:03:34.28 ID:z4+kzboA0.net
花陽「昨日ね、行ったことのないTSUTAYA行ってきたの!」

にこ「ふぅん」

花陽「初めてのお店だから迷っちゃって…だから奥の方のコーナー行ってみたの!」

花陽「そしたら花陽も知らない2人組アイドルのDVDがあってね」

花陽「だから、にこちゃんも今日一緒に観ようよ!」

にこ「ま、たまには新しいアイドルの発掘もいいわね」

花陽「やったぁ! じゃあ早く花陽のお家行こっ行こ♪」

にこ「ちょ、ちょっとそんなに引っ張らないでも…わかったわよ!」

元スレ: 花陽「にこちゃん! TSUTAYAで新しいアイドルDVD借りてきたよ!」

スポンサーリンク
6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/27(金) 23:05:41.29 ID:z4+kzboA0.net
~花陽家~

にこ「lovely pup ねぇ――。へぇ…確かに、にこですら知らないアイドルだわ」

花陽「でしょ!? でしょぉ!?」

にこ「なになに…。 刺激的、新感覚の次世代アイドル!~可愛い仔犬ちゃん~…ねぇ」

にこ「なーんかベタっていうか…まあ観ればわかるわ」

花陽「それじゃあDVD再生するね?」

にこ「ええ…」
7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/27(金) 23:06:20.61 ID:z4+kzboA0.net
 『私達2人組アイドルグループ、lovely pupです!』

 『私、lovely pup の攻め役 ▓▓▓です。趣味は~.....』

にこ「なんかここまで…普通というか微妙ね」

にこ(なによ攻め役って)

花陽「う…うん。きょ、曲を聞けば…」


 『~~♪』

にこ「曲も微妙ね…。何が刺激的で新感覚かわからないわ」

花陽「うん…。そ、そうだね…まぁ新人さんだし…ね?」
8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/27(金) 23:06:51.26 ID:z4+kzboA0.net
―――――
―――

にこ「それで…どうするの?」

花陽「も、もうちょっと観ようよ…せっかく借りてきたんだし」

にこ「まぁ…いいわ」

  『曲も終わった所でいつもの…。"ライブシーン"みせてあげましょ?░░░ちゃん』

にこ「まだ何かあるの?」

  『うん…私達のライブ始めよう▓▓▓ちゃん…んっ♡』

花陽「えっ…? な、なにしてるの…」

  『んっ…ちゅ♡ ちゅっ…♡ ぷはぁ…░░░ちゃんのキス凄い♡』

  『貴方も凄いわ…♡ 舌でかき混ぜられてえっちになっちゃう…♡ ダメっ気持ちい♡』

にこ「―――って何よこのビデオ!!!」
10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/27(金) 23:07:22.05 ID:z4+kzboA0.net
にこ「は、ははっ花陽! 何なのよこのDVDは!?」

花陽「えっ…えええっ何でアイドルの人達が…ちゅーしはじめちゃってるのぉ!?」

にこ「ちょっとDVDのパッケージ見せなさい…や、やっぱり!」

にこ「バカっ! な、ななななななんてもん借りて来てんのよ!」

にこ「R18って書いてあるわよこれ! アイドル物のいかがわしいDVDじゃない!」

花陽「えっ…ええええええ!!?」


  『んん…れろ…♡ すご…えっちになっちゃう♡ 私の可愛い仔犬ちゃん…♡』

にこ「いいから、早く止めなさいよこれ!」
11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/27(金) 23:07:57.08 ID:z4+kzboA0.net
花陽「…はぁ」

にこ「とんでもないもの…見せられたわ…」

花陽「ご、ごめんねにこちゃん…間違って、借りてきちゃって…」

にこ「間違えたなら、いいわよ別に――」

にこ「それにしても…。キスなんてアイドルへの冒涜よ冒涜! 許せないわ」

花陽「えっ…! ア、アイドルだとキスしちゃダメ…かな?」

にこ「だっ、ダメに決まってんじゃない」

花陽「でも…り、凛ちゃんと…数回だけ」

にこ「……」
13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/27(金) 23:08:29.30 ID:z4+kzboA0.net
花陽「なんか…まだドキドキしちゃってる…えへへ」

にこ「びっくりしたわよ…変なもん見せられて」

花陽「に、にこちゃんはドキドキしない…? あんな…凄いキスシーン観て」

にこ「そりゃぁ…ちょっとは…」

花陽「舌もあんなに入れて…。凛ちゃんとは軽くやっただけだから…」

花陽「ど、どぉしよう~~! まだこんなに心臓がとくんとくん言っちゃってる」

にこ「ちょっとは落ち着きなさいよ…にこまでおかしな気分になっちゃう」

花陽「ねぇ…にこちゃん。あんなすっごいキスってやっぱり…気持ちいいのかな?」

にこ「―――!」
15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/27(金) 23:09:00.36 ID:z4+kzboA0.net
花陽「…ね。あのアイドルの人達、すごい表情してたもん…」

にこ「あんた…なに考えてんのよ…」

花陽「にっ…にこちゃん…花陽と、キスさせて…くっください!」

にこ「えっ…? ほ、本気で言って――」

花陽「だって…にこちゃんだって、すごい…顔真っ赤」

にこ「…仕方ないじゃない。ドキドキしてるんだから…」

にこ「――いいわよ…しなさいよ」

花陽「にこちゃん…どうしよう、キスしちゃう…花陽には凛ちゃんがいるのに…」

にこ「私だって…まっ…真姫…ちゃんが居る…んだから…でも」

にこ「とまんない…ドキドキして変になっちゃう…」
17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/27(金) 23:09:31.59 ID:z4+kzboA0.net


花陽「ちゅっ…♡ あっ…あん♡ にこちゃんの舌が…♡」

にこ「ちょっとぉ…花陽♡ 入れすぎ…入れすぎだって…激しい♡」

花陽「気持ちいいよぉ…♡ キスってこんなに気持ちいんだ…ちゅ♡」

にこ「だめ…♡ ごめんね真姫ちゃん…♡ やぁ…やだよぉ…♡」

花陽「ちゅ…ちゅぅぅぅ♡ とまんない…♡ 凛ちゃん…ごめんね♡」

花陽「花陽は…♡ にこちゃんとキスして…えっちな気分になっちゃった…♡」

にこ「んんん…♡ もっと…もっとしなさいよ…ばかぁ…♡」





許せないにゃー 最低ね
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『花陽「にこちゃん! TSUTAYAで新しいアイドルDVD借りてきたよ!」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。