海未「ことりのお尻をペンペンしたくてたまりません……」

シェアする

海未-アイキャッチ6
1: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 16:06:59.33 ID:rEjjAe+/.net
海未「はぁ」

海未「幼馴染のことりに、こんな劣情を抱いてしまうなんて……私は最低です」

海未「自分が恥ずかしくてたまりません」

海未「ことりはあんなに純粋で、私の事を大切に思ってくれているのに」

海未「それを私の手で汚してしまうなんて」

海未「しかし、この気持ちを一生捨てることはできないでしょう……」

海未「もう、ことりの側にいることはできないのかもしれませんね」

ことり「海未ちゃん?」

元スレ: 海未「ことりのお尻をペンペンしたくてたまりません……」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 16:10:38.32 ID:rEjjAe+/.net
海未「ことり!? 何故ここに」

ことり「だって海未ちゃん、お昼休みになった途端に教室から出て行っちゃうんだもん」

ことり「海未ちゃん、お弁当食べないのかなぁって思って」

ことり「気付いたら、心配でついてきちゃいましたっ♪」

海未「ふふっ、そうですか」

海未「私の大好きなことりです……」

ことり「うん? ありがとうっ♪」
3: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 16:11:12.07 ID:rEjjAe+/.net
海未「そういえば……私の独り言、聞こえていましたか?」

ことり「独り言? ううん、何も聞いてないよ」

海未「そうですか」

ことり「でも、海未ちゃんが思いつめてるみたいで気になったから、声をかけちゃいました」

ことり「何かあったの?」

海未「そうですね……」

ことり「ことりには言い辛い事?」

海未「はい……もしかしたら一生言えない事かもしれません」

ことり「そっかぁ。ちょっと寂しいなぁ」
4: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 16:11:53.57 ID:rEjjAe+/.net
海未「ごめんなさい、ことり。幼馴染だとしても」

海未「いえ、大切な幼馴染だからこそ言えない事があるのです」

海未「分かってください」

ことり「そんなの無いよ……ことりは海未ちゃんに何でも言って欲しい」

ことり「海未ちゃんの辛そうな顔、見たくないの」

海未「ことり……ごめんなさい」
5: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 16:12:30.05 ID:rEjjAe+/.net
ことり「ごめんねっ、グスッ……ことりが頼りないから」

ことり「海未ちゃんの幼馴染なのに……ヒグッ……海未ちゃんを助けてあげられなくて」

海未「ことりは何も悪くありません」

海未「こんな私のせいで傷付かないでください」

ことり「そんなに自分を悪く言わないでよぉ」
7: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 16:13:17.01 ID:rEjjAe+/.net
海未「私は……ことりの前から消えようと思います」

ことり「そんなっ……ぜったいだめ!!」

海未「ですが、私はことりが思うほど素晴らしい人間ではないのです」

海未「可愛い幼馴染を泣かせてしまうような……そんな人間です」

ことり「泣いてないもん……」

海未「ことり……」

ことり「ことりは弱くないもん!」

ことり「海未ちゃんに何があっても、ことりは味方だから!」

ことり「海未ちゃんの可愛さもっ! 優しさもっ! 強さもっ! 醜さもっ!」

ことり「受け入れる……海未ちゃんを愛してるから!」

ことり「ことりは、海未ちゃんと一緒に傷付いて生きていくのっ!」
8: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 16:13:37.87 ID:rEjjAe+/.net
海未「ことり……私のせいで泣かないでください」

ことり「泣いてないって……うぅっ……言ってるのに」

海未「ごめんなさい」

海未「いえ、ありがとうございます。ことりのおかげで決心がつきました」

海未「相談、してもいいでしょうか?」

ことり「海未ちゃん」

ことり「えへへ……はい、なんなりとっ♪」
10: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 16:14:35.90 ID:rEjjAe+/.net
海未「ことりのお尻をペンペンしたくてたまりません……」


ことり「……」


ことり「///」カァァ
12: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 16:15:46.31 ID:rEjjAe+/.net
ことり「えっ、えっ?」

ことり「あわわわっ///」キョロキョロ

海未「ことりのお尻をペンペンしたくてたまらないんです!」

ことり「う、海未ちゃん。声が大きいよぉっ。しぃ~」

海未「ごっ、ごめんなさい///」

海未「ことりのお尻をペンペンしたいのです……」

ことり「わ、分かったってばっ。何回も言わないでよぉ///」
13: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 16:17:00.57 ID:rEjjAe+/.net
海未「だめ、でしょうか」

ことり「えぇっとぉ……あのぉ」

海未「ことりぃ」ウルウル

ことり「うっ、うん///」

海未「本当ですか!? ことり、大好きです!」

ことり「(海未ちゃん、見た事無いくらいかわいい笑顔……複雑だなぁ)」

海未「では……壁に手をついてください」

ことり「えぇっ!? 今やるのっ!?」

海未「あっ、そうですよね……」

ことり「(海未ちゃん、すごく残念そう)」
14: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 16:17:36.42 ID:rEjjAe+/.net
ことり「あのぉ、少しだけなら……いいよ///」

海未「ことり、無理しなくても良いんですよ?」

ことり「ううん、やるって言ったのはことりだし」

ことり「きっといつやっても恥ずかしいから大丈夫」

海未「ありがとうございます。ことり、大好きです」

ことり「あはは……じゃ、じゃあ……おねがい///」

海未「では……スカートをあげても良いでしょうか」

ことり「あっ/// やっぱりそうだよね/// うんっ、大丈夫」

海未「あげます」ススッ
15: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 16:18:52.52 ID:rEjjAe+/.net
ことり「海未ちゃん……あんまり見ないで///」

海未「そうですよねっ/// ごめんなさい」

ことり「(はぁ、もっと可愛いのを履いてくればよかった……)」

海未「では下着もおろしますね?」

ことり「えっ!? 下着も!?」

海未「大丈夫です、横からなので大事な場所は見えませんから///」

ことり「あんまり大丈夫じゃない……うぅ」

海未「おろしますね」ススッ
17: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 16:19:45.69 ID:rEjjAe+/.net
海未「ことり、きれいです」

ことり「あっ、ありがとう/// あの、誰か来ちゃったら大変だし早くしよう?」

海未「そうですね、では」

ことり「あっ、ちょっと待って」

海未「はい、なんでしょうか?」

ことり「ちょっと聞きたいんだけど……」

ことり「どのくらいの強さでペンペンするのかなぁって思って///」

海未「そっ、そうですね……勢いはこのくらいです」

海未「どうでしょうか」

ことり「えぇっと……結構強めだね」

ことり「あの、最初は弱めにしてくれないかなぁ?」

ことり「ちょっと怖くて、ごめんねっ」

海未「そうですよね。私もことりの事をもっと考えるべきでした、ごめんなさい」

ことり「うん、おねがい」

海未「では、いきます」

ことり「はいっ」
18: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 16:21:01.48 ID:rEjjAe+/.net
海未「えいっ」ペンッ

ことり「ひゃっ」

海未「こっ、ことり!? 大丈夫ですか!?」

ことり「だっ、だいじょうぶ!」

ことり「撫でてるみたいだったから、変な声が出ちゃっただけなのっ///」

ことり「気にしないで続けてください///」

海未「そうですか……では、えいっ、えいっ」ペンッペンッ

ことり「はうっ、ひぃっ///」

ことり「はぁ、はぁ」
19: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 16:21:30.42 ID:rEjjAe+/.net
海未「ことり、息遣いが荒いです。大丈夫ですか?」

ことり「あっ/// ちっ、ちがうのっ!」

ことり「これは興奮してるんじゃなくて、恥ずかしいからでねっ?」

海未「興奮? あっ///」

ことり「ちっ、違うよ海未ちゃん! 勘違いしないで」

海未「だいじょうぶです、ことり。分かってますから」

ことり「ことり、グスッ……そんなエッチな子じゃないもん」

海未「ごめんなさい、ことり」

ことり「うぅ……だいじょうぶ」

ことり「よぉし、海未ちゃん。もうやりたいようにしていいよ」
20: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 16:22:34.69 ID:rEjjAe+/.net
海未「分かりました……ことり、いきますからね」

ことり「はうっ! ひぃっ、ひゃぅ、ふっ、うぅ……」ペンッペンッペンッペンッペンッ

海未「ことり……すごく可愛いです」

海未「大好きです、ことり!」

ことり「あぁっ/// ひぃっ、んっ/// いたいぃ……」ペシンッペシンッペシンッペシンッ

ことり「ひゃううぅぅ!」パシーンッ

海未「はぁ、はぁ」

ことり「はぁっ、はぁっ」

ことり「もうだめぇ~///」
21: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 16:23:56.38 ID:rEjjAe+/.net
ことり「膝が笑って……上手く立てない」

海未「ことりっ! ごめんなさい、強くし過ぎてしまいました!」

海未「こんなに赤く腫らしてしまって……」

ことり「はぁ、はぁ。ちょっと怖かったけど……だいじょうぶだよ」

ことり「海未ちゃんのためなら、ことり頑張れるから」

海未「ことり……ペロッ」

ことり「ひゃあぁんっ///」

ことり「海未ちゃん、何でお尻舐めたの!?」

海未「ごめんなさい、赤いのが治るかと思いまして」

ことり「そっ、そっかぁ。ありがとう///」

ことり「あれ? なんか頭が」

ことり「きゅぅ」

海未「ことり? ことりいいぃ!!」
23: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 16:27:18.96 ID:rEjjAe+/.net
ことり「うぅん……ここは、保健室?」

海未「ことり? 良かった……意識が戻らなかったらどうしようかと」

ことり「んっ、海未ちゃん……あぁ、あの後倒れて」

海未「はい、私のせいで本当にごめんなさい!」

ことり「だいじょうぶだよ、海未ちゃん」

ことり「ことりは海未ちゃんのためなら、何でもするから」

海未「ことり……」

ことり「海未ちゃん、そのタオルはもしかして」

海未「あぁ、これですか?」

海未「ことりの汗がすごかったので、タオルを濡らして拭いていたんです」

ことり「そうなんだぁ、ありがとう」

海未「このくらい当然ですよ。私のした事に比べれば……」

ことり「あはは、もういいってば///」
24: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 16:27:54.50 ID:rEjjAe+/.net
海未「特にお尻のあたりがベタベタしていたので入念に拭きました」

海未「糸をひくくらいでしたので、大量の汗だったのかもしれませんね」

ことり「えっ!?」チラッ

ことり「……」

ことり「きゃあぁっ///」

海未「どこを確認しているのですか? どこか汚れていましたか?」

海未「ことり?」

ことり「うっ、海未ちゃんの……海未ちゃんの……」

海未「ことり……なんですか……枕を置いてください」

ことり「海未ちゃんのばかー!」

海未「ふにゃぁっ」



ことり「海未ちゃんのばかっ! 終わりっ!」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『海未「ことりのお尻をペンペンしたくてたまりません……」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。