穂乃果「真姫ちゃん真姫ちゃん!」

シェアする

ほのまき-アイキャッチ1
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/13(日) 22:39:49.41 ID:3Ldw34bk0.net
穂乃果「この雑誌に書いてある共依存ってなあに?」

真姫「・・・」

穂乃果「わたしバカだからよく分からなくて・・・」

真姫「・・・」

穂乃果「って真姫ちゃん?聞いてる?」

真姫(やるしか・・・ない・・・)

元スレ: 穂乃果「真姫ちゃん真姫ちゃん!」

スポンサーリンク
14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/13(日) 22:58:59.15 ID:1pCPEDHI0.net
真姫「わかったわ。教えてあげるから、今日から毎日私の家にきなさい」

穂乃果「え?うん、わかった」





こういう感じでお願いします
15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/13(日) 23:03:29.05 ID:1pCPEDHI0.net
穂乃果「おじゃましまーす!」

真姫ママ「いらっしゃい」

穂乃果「あ、お世話になります!」

真姫ママ「ふふ、元気があっていいわね」

真姫「ちょっと、ママ!そんなのいいから!穂乃果、こっちよ!」

穂乃果「あ、うん!」
19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/13(日) 23:07:41.95 ID:1pCPEDHI0.net
穂乃果「それで?共依存ってどういうことなの?」

真姫「・・・その前に、紅茶をいれたから先に飲んで?」

穂乃果「え?わあ!真姫ちゃんありがとう。飲ませてもらうね」ゴクゴク

穂乃果「ぷはぁー!うん、美味しい!」

真姫「あのね、もうちょっと香りを楽しんだり・・・まあ、いいわ。そっちの方が都合がいいし」

穂乃果「?」
25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/13(日) 23:16:20.61 ID:1pCPEDHI0.net
穂乃果「それで?共依存ってどういうことなの?」

真姫「・・・そうね。じゃあ、説明してあげる」

真姫「じゃあ、まずは希と絵里の関係を確認していきましょう」

真姫「あの二人はお互い独立してるように見えて・・・」クドクド

穂乃果「うんうん」



真姫「それで、希がいなかったら絵里は成り立たないし、絵里がいなかったら・・・」

穂乃果「」ウツラウツラ

真姫「・・・どうしたの?穂乃果、眠い?」

穂乃果「え?あ、うん、ちょっと・・・」ウツラウツラ
28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/13(日) 23:23:35.17 ID:1pCPEDHI0.net
真姫「」ニヤリ

真姫「ショウガナイワネー」




穂乃果「う、ん?」

真姫「あら、おはよう。穂乃果」

穂乃果「おはよう。真姫ちゃん。あれ?ここは?」

真姫「・・・それより、朝食を作ってみたの。食べてくれる?」

穂乃果「え?もう朝?いけない!お母さんに連絡してない!」

真姫「・・・穂乃果。朝食、作ったの。食べてくれる?」

穂乃果「う、うん。食べるけど、それより、穂乃果の携帯知らない?」

真姫「・・・」
30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/13(日) 23:28:34.35 ID:1pCPEDHI0.net
ーーーーー
ーーー


穂乃果「う、ん?」

真姫「おはよう、穂乃果」

穂乃果「・・・あれ?」

真姫「どうしたの?」

穂乃果「いや、さっきも」

真姫「穂乃果。朝ごはん、作ったの。食べてくれる?」

穂乃果「う、うん。それで、真姫ちゃん。穂乃果の携帯知ら・・・いたっ!」ズキッ

真姫「・・・」

穂乃果「なに、今の。なんか、急に頭が・・・」

真姫「穂乃果、朝ごはん、食べて?」

穂乃果「え?うん。じゃあ、もらうね!」
32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/13(日) 23:35:00.24 ID:1pCPEDHI0.net
真姫「じゃあ、どうぞ」

コト

穂乃果「うわぁ!すごい豪華だね!」

穂乃果「モグモグ」

穂乃果「おいしぃ!真姫ちゃんお料理の才能あるよ!」

真姫「ベ、ベツニソレホドデモナイワヨ」

穂乃果「真姫ちゃんは?食べないの?」

真姫「私は、さっき食べたから」

穂乃果「・・・ふうん。あ、そういえばここどこなの?」

真姫「・・・」

穂乃果「窓とかもないし、時計もない。なんか、変わった部屋だね」
36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/13(日) 23:38:31.89 ID:1pCPEDHI0.net
穂乃果「あ、真姫ちゃん今何時かわかる?」

真姫「・・・悪いわね。わからないわ」

穂乃果(あれ?真姫ちゃん、時計つけてる。もうおっちょこちょいだなぁ)

穂乃果「まーきーちゃん!」ガバッ

真姫「ちょ、ちょっと!きゅ、急にどうしたのよ」

穂乃果「時計つけてるじゃん!見せてよ!」バッ

真姫「あ・・・」

穂乃果「ん?2時?」

穂乃果「あ、あれ?学校、は?」

真姫「・・・」
43: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/13(日) 23:44:19.06 ID:1pCPEDHI0.net
ーーーーー
ーーー


穂乃果「う、ん?」

真姫「おはよう、穂乃果」

穂乃果「おはよう!真姫ちゃん!」

真姫「朝ごはんできてるけど、食べる?」

穂乃果「もちろん!」

真姫「ふふ、穂乃果は食いしんぼうなんだから」



穂乃果「真姫ちゃん。今日は一緒に食べるんだね」

真姫「・・・ええ、そうね」

穂乃果「ん?あれ?今、私、今日はって言っ・・・」

真姫「穂乃果!」

真姫「と、トマトのスープのおかわり、いる?」

穂乃果「え、いいの?ありがとう!」
46: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/13(日) 23:53:15.43 ID:1pCPEDHI0.net
穂乃果「真姫ちゃんのお料理美味しかったなぁ」

真姫「べつに、いつでも作ってあげるわよ」

穂乃果「それで、真姫ちゃん、今何時?μ'sの朝練の時間に間に合うかな」

穂乃果「なんだか、ずっとμ'sのみんなと会ってないような気がする。ちょっと早めでも行っちゃおうよ」

真姫「μ'sなら、私がいるじゃない」

穂乃果「それはそうだけど。ことりちゃんとか海未ちゃんとも全然会ってないような気がして」

真姫「・・・あの二人になら、昨日も会ったでしょ」

穂乃果「それはそうなんだけど。でも、なんだかすごい会いたくて・・・」

ダンッ!

穂乃果「ま、真姫ちゃん?急に机叩いて、どうしたの?」

真姫「・・・」
52: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/13(日) 23:58:43.10 ID:1pCPEDHI0.net
ーーーーー
ーーー


穂乃果「う、ん?」

真姫「穂乃果、おはよう」

穂乃果「おはよう、真姫ちゃん。今日の朝ごはんはなに?」

穂乃果「んー、クンクン。これは、シチューかな?」

真姫「ふふ、犬並みの嗅覚ね」

穂乃果「え?じゃあ・・・」

真姫「当たりよ」

穂乃果「わぁい!」

真姫「ほんと、喜び方も犬みたい」
56: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/14(月) 00:06:44.17 ID:kTl6NE750.net
穂乃果「早く食べよう!」

真姫「ええ、そうね」




穂乃果(なんだか、会話が続かない)

穂乃果「このシチュー、美味しいね」

真姫「満足してくれて嬉しいわ」

穂乃果「・・・」

真姫「・・・」

穂乃果(あれ?いつも、真姫ちゃんとはなんの話をしてたっけ?)

穂乃果「・・・ねえ、真姫ちゃん。今日のお昼はどうするの?」

真姫「そうねぇ。一緒に映画でも見ましょうか」

穂乃果「映画、外に出れるの!?」

真姫「・・・この部屋でに決まってるでしょ」

穂乃果「あ、そ、そうだよね、ごめん」
60: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/14(月) 00:13:15.19 ID:kTl6NE750.net
穂乃果「じゃあ、穂乃果着替えるね」

真姫「穂乃果のパジャマ、けっこう好きなんだけど」

穂乃果「真姫ちゃんと映画見るんだよ。おめかししなきゃ」

真姫「う、は、恥ずかしいこと言わないでよ///」

穂乃果「ふふ、真姫ちゃんかわいい」

穂乃果「じゃあ、真姫ちゃん。寝室で着替えてくるね」

真姫「ええ、ちゃんと綺麗な服着るのよ」

穂乃果「わかってるよー」
64: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/14(月) 00:21:33.31 ID:kTl6NE750.net
穂乃果「ふんふふーん♪」

穂乃果「さぁて、どの服着よっかな」

穂乃果「ううん、これ、はあんまり似合ってないなぁ」

穂乃果「じゃあこっちは、ううん、映画っていう感じじゃないしなぁ」

穂乃果「ん?」

穂乃果「あれ?首に、痣?」

穂乃果「なんだろう」スッ



真姫「なんで!なんで!海未とことりの名前が出すのよ!ねぇ!穂乃果!私はこんなに!こんなに、あなたのことだけ思ってるのに!」ギューー

穂乃果「ぎっ、ま、真姫、ちゃっ・・・」ビクビク

真姫「穂乃果!私だけを見て!私はあなた以外いらない!あなたもそうなって?穂乃果!」
65: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/14(月) 00:24:30.38 ID:kTl6NE750.net
穂乃果「ひっ!」

穂乃果「な、なに?今の・・・」

穂乃果「・・・」

穂乃果「海未、ことり。なんだか、聞いたことあるような」

真姫「穂乃果、まだ?」

穂乃果「え、あ、すぐ行く!」
68: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/14(月) 00:31:01.23 ID:kTl6NE750.net
穂乃果「それで?今日はなんの映画を見るの?」

真姫「ちょっと穂乃果には、早いかもしれないけど、恋愛ものよ」

穂乃果「むっ、年下のくせに子供扱いしないでよぉ!」

真姫「なによ、穂乃果は恋愛経験ないんでしょ」

穂乃果「ま、まあ、それはそうだけど」

真姫「ふふ、まったく、穂乃果はかわいいんだから」


風呂に入ってくる
続き書いてくれててもいいよ
78: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/14(月) 00:51:01.92 ID:kTl6NE750.net
穂乃果(そういえば、前も真姫ちゃんと恋愛ものの映画を見たことがあったなぁ)

穂乃果(あれ、いつだっけ?)

映画の中の男『おお、メアリー』

映画の中の女『おお、ジョニー』

チュー

穂乃果(ふふ、もしここに海未ちゃんがいたら破廉恥ですっ!って言うんだろうな)

穂乃果(え?海未ちゃん?)

穂乃果(・・・)

穂乃果(ああ、そうか。そうか。学校、μ's、ラブライブ、海未ちゃん、ことりちゃん、花陽ちゃん、凛ちゃん、にこちゃん、希ちゃん、絵里ちゃん)
81: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/14(月) 01:00:15.57 ID:kTl6NE750.net
穂乃果(真姫ちゃんがどうしてこんなことをしてるのかわからないけど、逃げなくちゃ)





真姫「ふう、なんだか安っぽい映画だったわね」

穂乃果「そうだね。ちょっと私も眠かったかも」

真姫「・・・マッタクー、穂乃果ったら」

穂乃果「あはは」

真姫「さて、お腹減ったでしょ?お昼ご飯食べましょうか」

穂乃果「わぁい、ありがとう。真姫ちゃん」

真姫「じゃあ、ご飯作るわね」
85: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/14(月) 01:08:33.71 ID:kTl6NE750.net
穂乃果(今のうちに、少しでも情報を!)

穂乃果(なにか、どんなものでもいい!)

穂乃果(ん?服の入ってるタンスのドアの内側に、なにか書いてある)

穂乃果(『学校、μ's、ラブライブ、海未ちゃん、ことりちゃん、花陽ちゃん、凛ちゃん、にこちゃん、希ちゃん、絵里ちゃん』これ、多分書いたの私だ)

穂乃果(ほかに、『冷蔵庫は三日で尽きる』さっすが私!これは使えそう!)

真姫「穂乃果、皿出すの手伝って!」

穂乃果「あ、うん!今行く!」

穂乃果(三日辛抱すれば、ここから出れるかも)
89: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/14(月) 01:14:38.77 ID:kTl6NE750.net
真姫「はい、チャーハンよ」

穂乃果「ありがとう、真姫ちゃん。真姫ちゃんは私の好物ばっかり作ってくれるね」

真姫「」ピクッ

穂乃果「ど、どうしたの?」

真姫「私、ね」

穂乃果「え?」

真姫「穂乃果には、一人称を穂乃果にして欲しいって、何度も言ったわよね?」

穂乃果「あ、え・・・」

真姫「もう、いいわ。次の穂乃果に・・・」

穂乃果「ま、真姫ちゃん大好き!」

穂乃果「わ、私、記憶は戻ったけど真姫ちゃんが一番好きだよ!」

真姫「ほ、ほんと?穂乃果、ようやくわかってくれたのね?」
92: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/14(月) 01:17:54.64 ID:kTl6NE750.net
穂乃果「う、うん!真姫ちゃんがいれば他になにもいらないよ!」

真姫「ほ、穂乃果・・・」

穂乃果「ふふ、真姫ちゃん」スリスリ

真姫「ちょ、ちょっと穂乃果、くすぐったいでしょ」

穂乃果「へへー、だって真姫ちゃんが好きなんだもん」

真姫「ふふ、マッタクー」
95: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/14(月) 01:26:56.66 ID:kTl6NE750.net
穂乃果(なんとか、三日がたった)

穂乃果(なにか酷いことをされるかとも思ったけど、私が大人しく従ってる限り真姫ちゃんは優しかった)



真姫「はい、今日の晩御飯はハンバーグよ」

穂乃果「美味しそうだね」

真姫「もちろん。私の料理の腕は知ってるでしょ?」

穂乃果「うん。今まで食べたの、全部美味しかったもんね」

真姫「口ばっかり上手くなるんだから」

穂乃果「えへへー」

真姫「食べていいわよ」

穂乃果「わぁい!」




穂乃果「おえぇ、はあはあ、全部、出さなきゃ。おえっ、おえぇ」

穂乃果(真姫ちゃんは私のことを理解してる。でも、私も真姫ちゃんのことずっと観察してたんだから)
98: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/14(月) 01:33:22.71 ID:kTl6NE750.net
穂乃果「ぐぅぐぅ」

真姫「ふふ、よく眠ってるわね。あんなにいっぱい食べてたから、六時間ぐらいは起きないわね」

真姫「さ、買い出しに行かなくちゃ」

ピッピッ

ガチャリ

タッタッタッ

穂乃果(やっぱり、睡眠薬いれたのかな)

穂乃果(もう、戻ることはないと思うけど一応書いておこう『三日目は睡眠薬に注意』と)

穂乃果「さて、準備しよう」

穂乃果「絶対に、出るんだ。海未ちゃんや、ことりちゃんや、μ'sのみんなともう一回」
111: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/14(月) 01:47:25.82 ID:kTl6NE750.net
穂乃果「さて、まずは絶対に入らせてもらえなかった冷蔵庫の中身を見てみよう」

穂乃果「んー、あんまりなにも入ってないなぁ」

穂乃果「ん?なにこの袋、『海未:もも肉』って書いてある。・・・え?」

穂乃果「あ、悪趣味なイタズラだなぁ」

穂乃果「ま、まさか、そんなわけないでしょ」

穂乃果「奥に、スイカぐらいの大きさの袋がある」

穂乃果「これは、いったい・・・」

ガサ

『海未:頭』




穂乃果「うおえぇ、げぇっ!おえぇ!私、私、今日もハンバーグ、食べて、うっ、おえぇ!」
116: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/14(月) 01:53:16.98 ID:kTl6NE750.net
穂乃果「私のせいだ、私が、ほいほい真姫ちゃんについてったから」

穂乃果「たぶん、海未ちゃんは、真姫ちゃんに会いにきて、それで、それで、」

穂乃果「いや、いや、いや」

穂乃果「早く、出なくちゃ!いやだ、死にたくない!死にたくない!」

ガチャガチャ

穂乃果「開いて!開いて!」

ガチャガチャ

ガチャリ

穂乃果「え、あ、開いた?」
122: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/14(月) 02:02:00.15 ID:kTl6NE750.net
真姫「・・・どうしたの?穂乃果」

穂乃果「あ、ま、真姫、ちゃん」

真姫「なんでこんな時間まで起きてるの?」

穂乃果「あ、あは」

真姫「さっき、ドアをガチャガチャやってたの、穂乃果よね?まさか、逃げようとしたの?」

穂乃果「あ、あは、あはは」

真姫「悪い子ね。おしおきしなくちゃ」

穂乃果「ま、真姫ちゃんだーいすき」

真姫「ねぇ、穂乃果、どんなおしおきがいい?」

穂乃果「ま、真姫ちゃーん。だ、だーいすき」

真姫「ふふ、ありがと、穂乃果。でも、悪いことしたらおしおきしなきゃね?」
132: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/14(月) 02:14:38.79 ID:kTl6NE750.net
穂乃果「ふふ、真姫ちゃん、大好き」

真姫「ありがとう、穂乃果。私も穂乃果が大好きよ」

穂乃果「えへへ、ねえ、真姫ちゃん。おしっこ連れてって?」

真姫「ふふ、いいわよ。ごめんね、穂乃果。足の腱を切っちゃって。嫌いになった?」

穂乃果「ううん。穂乃果は真姫ちゃんのことが大好きだもん。嫌いになるなんてありえないよ」

真姫「私、穂乃果がいないと生きていけないわ」

穂乃果「うん。穂乃果も、真姫ちゃんがいないと生きていけない」

真姫「穂乃果、わかった?これが共依存よ」

穂乃果「?なんのこと?」

真姫「いや、穂乃果が私のことが好きで、私も穂乃果のことが好きってこと」
135: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/14(月) 02:17:44.47 ID:kTl6NE750.net
穂乃果「」ジッ

真姫「ど、どうしたの?穂乃果」

穂乃果「ねえ、真姫ちゃん、チューしよう?」

真姫「え!そ、そんなの、まだ早すぎるわよ!」

穂乃果「ねーぇー、真姫ちゃーん」チュー

真姫「うぅ///」

真姫「も、もう!は、初めてなんだからね!」

チュ





終わり
140: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/14(月) 02:22:52.40 ID:kTl6NE750.net
くぅ~疲れましたw これにて完結です!

実は、ネタレスしたら代行の話を持ちかけられたのが始まりでした 本当は話のネタなかったのですが← ご厚意を無駄にするわけには行かないので流行りのネタで挑んでみた所存ですw

以下、まどか達のみんなへのメッセジをどぞ

真姫「みんな、見てくれてありがとう ちょっと腹黒なところも見えちゃったけど・・・気にしないでよね!」

穂乃果「いやーありがと! 私のかわいさは二十分に伝わったかな?」

海未「・・・ありがとうございます」ファサ

では、 真姫、穂乃果、海未、俺「皆さんありがとうございました!」 終

真姫、穂乃果、海未、俺「って、なんで俺くんが!? 改めまして、ありがとうございました!」 本当の本当に終わり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「真姫ちゃん真姫ちゃん!」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

現在実験的にゲストでのコメント投稿が可能となっています(実験につきノーフォローです)。