善子「毀れた私達」

シェアする

善子-アイキャッチ28
1: 名無しで叶える物語 2017/05/07(日) 21:23:58.82 ID:z6/+AaHV.net
休みの日は二人で裸になってベッドに転がって、だらだらと時間を無意味に過ごす。そんな生活を続けてもうどのくらい続くのだろうか。

曜さんの綺麗に澄んだ水色の瞳は、だんだんとくすんだ色になり、今ではもう灰を溜めこんだ湖のような色になっていた。

それでも私の指が曜さんの肌に触れると、曜さんの虚ろな瞳に微かに光が灯った気がして、私は時たま水色の瞳を夢見て触れる。

「……あったかい」

いつも暖かかった曜さんの身体は、いつの日かには冷え切っていて、私が曜さんに触れると割れたガラスみたいに微笑んでくれた。

「ヨハネちゃん、好き」

私を幸せにする魔法の言葉は、いつしか私を縛る呪いの言葉へと移り変わっている。

「だから、私の『特別』でいてね」

「当たり前よ。ヨハネはずっと曜さんと一緒にいるから」

本当に、曜さんの瞳には私が映っているのだろうか。曜さんの瞳に映っているのは、津島善子なんだろうか。それともヨハネなんだろうか。それとも……。

私の名前を曜さんが呼ばなくなって、もうずいぶんと経つ――。

元スレ: 善子「毀れた私達」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語 2017/05/07(日) 21:24:39.58 ID:z6/+AaHV.net
曜さんが怪我をして、飛び込みが出来ない体になったのは一年ほど前だろうか。

飛び込みが出来なくなった初めの数か月は、飛び込みコーチとして強化選手の指導に力を入れていた。

それでも曜さんは徐々に、自分が今まで打ち込み続けてきた『人生』を奪われて、少しずつ調子を崩し始めていた。
3: 名無しで叶える物語 2017/05/07(日) 21:25:25.55 ID:z6/+AaHV.net
「善子ちゃん、私のこと好き?」

「どしたのよ、急に」

その日、初めて曜さんから私が曜さんの事を好きかどうか聞いてきた。初めての質問で、私は曜さんが何か冗談でも言っているのかな、なんて思ってた。

曜さんもちょっとへらへらした笑い顔だったから、私は尚更まともに取り合おうとは思わなかった。

「……いや、ちょっと聞いてみようかなって」

「……変な曜さん」

今思えば曜さんが私の気持ちを確かめるなんて、一度たりともなかった。そう、曜さんはいつだって私の気持ちを疑う事なんてしなかった。

私も曜さんがただ好きだったし、それにとても大好きだったし、そんな疑問を曜さんが抱くなんて思いもよらなかった。
4: 名無しで叶える物語 2017/05/07(日) 21:25:59.55 ID:z6/+AaHV.net
その質問があった日、台所で私が晩御飯の用意をしている時だった。

「善子ちゃん、好きだよ」

急に耳元で囁かれた後、耳を甘噛みされた。

「え? 曜さ――ひゃっ!?」

その日、珍しく――というか曜さんは初めてベッドで寝転んでいる以外の私を求めてきた。しかも結構激しかった。
6: 名無しで叶える物語 2017/05/07(日) 21:27:35.16 ID:z6/+AaHV.net
私がお風呂に入っている曜さんを襲ったり、ソファの上で曜さんが欲しくなってちょっといやらしく触って結局最後までする、というのはあったし今もたまにやる。

でも曜さんが私のカラダを求めるときは、決まって夜になってからベッドの上で、ちょっと子供っぽい期待の色を瞳に浮かべて私を抱き寄せる。

そしてさっぱりとした笑顔で私の唇を奪って曜さんの優しい時間が始まる。

「よ、曜さんっ ご飯が――ぅんっ あっ まっ――」

何でもこなす曜さんはこういう事も上手い。

私にその気がなくても、曜さんがそういう気持ちを持って私に触れると、私の身体は燃えるように熱くなり、とろとろと愛液を溢れさせ、曜さんの手つきに全てを奪われる。

「は んっ ぁ――はっ」

私は曜さんの事と体に流れる電撃の様な快感で頭がいっぱいなのに、曜さんは余裕そうに私の身体に熱を持たせる。

限界手前で焦らされて、私が理性なんて一握もなくなって、曜さんに自分からおねだりしてそこで初めて迎える――。いつもはそんな感じだった。

けれど今の曜さんには余裕があまり見えなくて。

「善子ちゃんっ」
7: 名無しで叶える物語 2017/05/07(日) 21:28:30.57 ID:z6/+AaHV.net
ぎらぎらした目。いつもより力の入った指。それでも私は曜さんの甘く強い力にされるがままで、悦びに打ち震えて涙をこぼし体を朱に染めていた。

「善子ちゃん、善子ちゃんっ――」

「ま"――よぅ、さ――あああぁっ!」

頭の中で一度閃光が貫き、体が意思とは関係なくがくがくと痙攣して、体が仰け反る。

そして無意識でぎゅっと曜さんの腕を握りしめる。いつになく余裕のない曜さんだったけれど、曜さんにこういう事をしてもらえるのは、とてもうれしかった。

「あ  ぅ   よ、うさ――」

くて、とフローリングに落ちた私の腕を再度持ち上げて、曜さんの頬を撫でる。
キスがしたかった。激しいキスじゃなくて、蕩けるように甘い口づけが。

「よう、さん……ふ ぁ」

「善子ちゃん――ん……」

思いをくみ取ってくれた曜さんは、私の唇で自分の唇を柔らかく撫でてくれた。

曜さんの灰色の髪の様に柔らかいキス。

激しいキスも、いやらしいキスも、曜さんがしてくれるなら、なんでも嬉しい。そして、こんな優しいキスも――。
8: 名無しで叶える物語 2017/05/07(日) 21:29:15.50 ID:z6/+AaHV.net
「ようさ――んっ!?」

ぬるり、と熱いものが私の口の中にねじ込まれる。驚いたけれどそれは一瞬。

痺れるような甘い唾液、曜さんの舌が生き物の様に私の口の中を撫でて、落ち着きだした熱い気持ちが、また激しく燃え上がるのを感じる。

それでも、体が追い付かない。燃えるような曜さんへの気持ちに対し、私の身体は愛液をとろとろと流すだけで、潤んだ瞳をただ曜さんに向けるだけだった。

「いっかい――きゅうけい……」

ご飯の用意なんてもう関係ない。今だけは、震える体を休ませてほしいと思う。一息ついたなら、また曜さんを受け入れたい。

はぁ、はぁ、と荒い息をつく曜さん。
はぁ、はぁ、と湿った息で呼吸を整える私。

今も体はぴくんぴくんと小刻みに震え、熱い私の花弁は曜さんを欲している。

それでも今触られたら、たぶん私は――どうなるのだろう。

「曜さん……いっかい、きゅうけ――!!!」
9: 名無しで叶える物語 2017/05/07(日) 21:30:05.70 ID:z6/+AaHV.net
快感、というより衝撃が私の身体を駆け巡った。

身体が仰け反る。声が出ない。

なに、これ、こんなの、しらない。

何時もなら休憩と言う言葉で止まる曜さんが、私の胸を強く揉んだ。

その瞬間、私の意識が一瞬飛びそうになった。

「善子ちゃんっ」

「あ"――ま"――う"あ"っ」

私の口からだらしなく流れる唾液。曜さんはそれを舐めとって、尚も私の身体を責め続ける。

絶頂の快楽に身を任せて、カラダの部分が痛いほど敏感になっているのに、曜さんの指は私の弱いところを的確に、いつもとは違う力のある触り方で責め立てる。

「あ"  う" ――あ"っ」

曜さんの指が触れる度、私は快感を体に受け止める。

体がびくんと震え、朱に染まり上がり、曜さんの汗とか私の汗とか、そういう私たち二人から流れる液体が混ざり合って床を湿らせる。

気持ちいいのか、痛いのか、嬉しいのか、つらいのか、なんなのかもうわからなくて、それでも曜さんが好きだって言う気持ちだけは心の底から湧き上がり続ける。
10: 名無しで叶える物語 2017/05/07(日) 21:30:44.68 ID:z6/+AaHV.net
「善子ちゃんっ――善子ちゃんっ――!」

理性とは違う何かの線が一本ちぎれた。それと同時に、むずむずとした感覚が、快感とは別に背中を駆け上がってくる。

曜さんと快感で埋め尽くされていた私は、それがなんなのか考える前に、絶頂と共に何の我慢もせずにそれを垂れ流した。

「あ―― あ"あぁ……は ふ ――ぁ」

びりびりと駆け巡る快感と共に、温かいものが私の股からこぼれ出る。

「善子ちゃ――……へ?」

ちょろちょろ、という凡そこの場に似つかわしくない水音と、我に返って間の抜けた曜さんの声。

ざっくり言ってしまうと、私はお漏らしした。

「あ"――ぅ"……ようさ――す、き……」

「わぁああああああ! 善子ちゃんごめん! わーストップストップ!!」

お漏らししながら愛の告白をする私と、雑巾を持ち出しパニックになる曜さん。その時の私たちは、はっきり言って異様な光景だったと今でも思う。

ご飯はとてもじゃないけど、食べられたものではなかった。
11: 名無しで叶える物語 2017/05/07(日) 21:31:13.25 ID:z6/+AaHV.net
その日から夜は曜さん主導になった。ちょっと強引なことが多かったけど、心根の優しさは相変わらずだったし、私は曜さんに求められることがうれしかった。

そして、曜さん主導ですることが増えてから、比例して曜さんの食が細くなった。

といっても元が良く食べる人だったから、減った理由は運動量が怪我する前に比べて激減したからだと、これでようやく年頃の女の子位に戻ったんだと、気楽に思っていた。
12: 名無しで叶える物語 2017/05/07(日) 21:31:59.12 ID:z6/+AaHV.net
「ごちそうさま! 美味しかった~!」

「お粗末さ……あれ? 曜さんもうごちそうさま?」

私がふと曜さんのお皿を見て首を傾げると、曜さんは照れたように笑った。

「いやぁ、運動量が減ったのに前と同じだけ食べたらマズイかなぁって」

一瞬、一瞬だけ曜さんの表情が曇った。運動量が減った事――それは飛び込みが出来なくなったから。

飛び込みだけじゃなく、他のスポーツに対してもそれは同じで、曜さんが水の中にいる事はもうなくなっていた。

私は曇った後また晴れた曜さんの表情を見た。

私は普通の人だけど、曜さんにとっては特別。だから、私は一瞬の気まずい空気なんて気にしない。

「……」

「善子ちゃん?」

私は立ち上がると椅子に座ったままの曜さんの後ろに立つ。

そのまま腕を伸ばして、曜さんに少し凭れかかる。

「ひゃ――善子ちゃん?」

「大丈夫。曜さんは変わってないわ」
13: 名無しで叶える物語 2017/05/07(日) 21:32:43.53 ID:z6/+AaHV.net
飛び込みが出来なくなっても、泳ぐことが出来なくなっても。

私は曜さんが好き。曜さんはありのままの、全部の私を好きになってくれた。

下手に背伸びしなくてもいいってことを、特別に憧れていても良いってことを、普通のままでも誰かの特別になれるってことを、曜さんは私を好きになってくれることで教えてくれた。

私も曜さんが好きになった。飛び込みが出来るとか、才能があるとかじゃなくて、渡辺曜さんが好きになった。

「何も変わってない。私が好きな曜さんのままね」

ぎゅっと曜さんのお腹の前で私は自分の指をからませた。


そして私の頬を曜さんの頬に優しく擦り付ける。

「うん……何も変わらないであります」

私の腕に手を伸ばし、曜さんは微笑んで目を閉じた。

長い睫。日に焼けなくなった肌。毀れてしまいそうな、儚い首筋。

「曜さん」

「ん?」

「愛してる」

「うん――」
14: 名無しで叶える物語 2017/05/07(日) 21:33:28.57 ID:z6/+AaHV.net
そんな風に穏やかな毎日が続くと思っていた私の考えはとてつもなく甘かったのだと叩きのめされた。

ある日、私が家に帰ってくると家は真っ暗だった。

私が先に家に帰ってきたんだな、と思い電気をつけるとリビングのソファで曜さんがぼんやりと座っていた。

「曜さん? 今日は早かったの?」

「……コーチ、辞めちゃった」

ぽつんと呟いた曜さんの言葉。その曜さんの表情は壊れそうな笑顔が浮かんでいた。

一瞬、どういうことかわからなかった。曜さんが、完全に飛び込みの世界から、水の世界から別れることを決めたんだと理解するまで、私はぽかんと口を開け続けていた。

「最近、飛び込みをしてる人見てるとね――どうしようもなく辛くなって、苦しくなって、気持ち悪くなって、食べたものもどしちゃって、今日、辞めたの」

善子ちゃんのご飯吐いちゃうのは嫌だもん、と毀れかかった笑顔を浮かべたまま言う。
15: 名無しで叶える物語 2017/05/07(日) 21:34:06.69 ID:z6/+AaHV.net
ごくん、とからからに渇いた喉で唾を飲み込んだ。からからに喉が渇いていた事に、今気づいた。

何か言わなきゃ。聞かなきゃ。名前を呼ばなきゃ。大好きな、曜さんの名前を――。

「曜、さん」

無理矢理絞り出した声は、曜さんと私の間を彷徨った。

私の認識は甘かったのだろうか?

「駄目なんだ、私。打ち込むものが見つからないの。今までの渡辺曜が居なくなったんだ」

小さなころからひたすら打ち込んで来たものを奪われた感情を、私は感じる事ができない。

「飛び込みは私の一部分だったの。水泳は私の一部分だったの。なのに、それがなくなっちゃったら、私はどうやって私になればいいのかな?」

常人では持ち得ない才能に恵まれた曜さんは、今その才能と言う羽根をもがれ、今まで飛んできた空に戻る事は一生出来ず、幼いころから飛び込みに生きてきたというアイデンティティを失い。

曜さんは曜さんであることを見失っていた。

「私は飛び込みが出来なくちゃいけないの。泳ぎが速くないといけないの。皆ずっとそういってくれたから。でも、もうその言葉に応える事ができない。じゃあ、皆の言う渡辺曜はどこにいるの? 私は誰なんだろう?」
16: 名無しで叶える物語 2017/05/07(日) 21:34:41.90 ID:z6/+AaHV.net
たまらなくなった。

鞄も上着も投げ捨てると、私は曜さんの前に飛び出して力の限り抱きしめた。

こんなに細くて、冷たい身体だったの?

身体を重ねている時は、あんなに――。

あんなに?

最後に曜さんの裸を見たのは、いつ?

ずっとずっと、曜さんに抱かれてきたけれど、私が最後に曜さんを抱いたのは、いつ?

曜さんの裸を見たのは、いつ?

「曜さん」

「だめなんだ、私。こんなに弱いとは思わなかった」

意外なほどに曜さんの声は落ち着いていた。と言うより、生気のない声だった。

「曜さんっ」

「善子ちゃんは、こんな私でも好き? 私が私じゃなくなっても」

好きよ、と声に出そうとして、こぼれたのは嗚咽だった。
17: 名無しで叶える物語 2017/05/07(日) 21:35:16.96 ID:z6/+AaHV.net
「善子ちゃんだけが、私の証明なの。善子ちゃんが私を好きでいてくれる限り、私は渡辺曜だったって、思えるの」

誓える。私は曜さんとなら地獄の果てだって行ける。例え曜さんが地獄に舵を切ってしまっても、私はついて行く。だって私は、堕天使だから。曜さんを愛する、堕天使だから。

「私は堕天使よ、堕天使ヨハネなの。曜さんと一緒なら、地獄の果てだって行くわ」

泣きながら、それでも私は前に言った言葉を繰り返す。

私が出来る、曜さんの証明。堕天使だってかまわないって。変なこと言ったって構わないって、そう言ってくれたのは曜さんだから。

ぎゅう、と曜さんを抱きしめる。私が曜さんを証明してみせる。曜さんが曜さんとしてのすべてを失っても、私が曜さんが曜さんであることを、証明してみせる。

それが私が出来る、愛の証明だから。





「よしこちゃんじゃ、ないんだね――」

「え――?」

曜さんは一瞬私の顔を見た後、もう一度私を抱きしめた。細くて白い腕。壊れそうな笑顔。

「そうだね――ヨハネちゃんがいてくれるだけで良いんだよね――」

その時の曜さんの表情は、まるで、母親に縋る赤子のようで、私は本当の意味でこの人と堕ちていくんだ――そう、強く感じた。
18: 名無しで叶える物語 2017/05/07(日) 21:36:42.00 ID:z6/+AaHV.net
それから曜さんは毎晩私を求めた。

昔私が曜さんを求めていたように、強く、欲望のまま、不安の心を隠すように、ただ私を求めた。

「ようっ さんっ」

ぎしぎし、とベッドのスプリングがきしむ。

「はっ――はっ――」

曜さんが私を求める。私は曜さんの求めに応じて、愛液を流す。愛の言葉をささやく。それで曜さんが曜さんであり続けてくれるのなら、それでいい。

「は――ヨハネちゃんっ」

ただ、時々思う。

「そうよ――んんっ! 曜さんとっ――はぁっ! ――じ、ごくっ だって、いっしょに――いく……イっ――あぁあああ!」

曜さんは、あれから私のことをヨハネとしか呼ばなくなった。

「だめだよ――待って――ヨハネちゃん――いかないで――!」

冗談でそういうことはあっても、一度も私の名前を呼ばないことは、なかった。

「ふっ ふぅっ え――あ"あ"っ! あ"っ う"、あ"っ ま"って まだ――い"うッ!?」

何か私は、もしかしたら間違えてしまったのかもしれない――。

「私は特別――私は渡辺曜――私は渡辺曜なの――私は渡辺曜、渡辺曜、渡辺曜渡辺曜特別渡辺曜渡辺曜渡辺曜特別渡辺曜渡辺曜渡辺曜特別渡辺曜渡辺曜渡辺曜渡辺曜渡辺曜渡辺曜渡辺曜特別渡辺曜渡辺曜渡辺曜渡辺曜渡辺曜」

けれど、曜さんが求めてくれる限り――。

「い"っ う"っ お"っ お"ぁ お" あ" ぁあ" ――づぁああ!?」

曜さんの体と、私の体が、溶け合う。

何度も訪れる絶頂を、私は何度も迎え入れた。

これは私の愛の証明。これが私の愛の証明。これこそ私の曜さんへの証明。

「あ  う   あ"  っ  はっ   う"  お"  あぁぁッ!!!」

愛こそすべて。

それだけでいいの。





善子「毀れた私たち」 了
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『善子「毀れた私達」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。