曜「鞠莉ちゃんのおっぱいが揉みたい!!」

シェアする

曜-アイキャッチ3
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/11(木) 22:26:58.93 ID:rpGTJq4m0
千歌「曜ちゃん急にどうしたの?」

曜「あのね、私以前鞠莉ちゃんに胸を揉まれたことあるんだけど」

千歌「その時つい背負い投げしちゃったんだっけ」

曜「そうそう、その時の仕返しに今度は私から揉んでやろうかと!!」

曜「ほら、鞠莉ちゃんってAqoursの中でも胸おっきいじゃん!!」

曜「これは触ってヨーソロー!!だよ!!」

千歌「曜ちゃんエロいねぇ」

曜「てなわけで今から鞠莉ちゃんの所に行ってくるよ!!全速全身ヨーソロー!!」ダッ

千歌「行っちゃった…」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1494509218

元スレ: 曜「鞠莉ちゃんのおっぱいが揉みたい!!」

スポンサーリンク
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/11(木) 22:33:10.66 ID:rpGTJq4m0
曜(お、鞠莉ちゃん発見!)

曜(でも後ろから触ると今度は私が投げられるよね…)

曜(ここは直球ヨーソロー!!)

曜「まーりちゃん♪」

鞠莉「オーウ、曜じゃない!シャイニー☆」

曜「今日は鞠莉ちゃんにお願いがあって来たんだ!!」

鞠莉「What!?曜が私に頼みなんてめずらしいデースね」

曜「鞠莉ちゃん!胸を揉ませてくださいっ!」オジギ

鞠莉「えっ…」

曜「…」

鞠莉「…」

曜「…えっと鞠莉ちゃん?」

曜(これはもしかして怒られる!?)
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/11(木) 22:43:59.18 ID:rpGTJq4m0
鞠莉「よ…曜…それって…その…」

曜「え?」

鞠莉「そういうことよね?」

曜(ん?よく聞こえなかったのかな?)

曜「うん!揉ませて鞠莉ちゃん!」

鞠莉「~~~…!!」

曜(あれ、顔が真っ赤に…やっぱり怒られる!!)

鞠莉「よ、曜…私は順序ってものが…あると思うわ」

曜「順序?」

鞠莉「だからまだ胸を揉むのは早いと思うの…」

曜「えー!!」

鞠莉「だから、その、いずれ揉ませてあげるから…」

曜「本当!?」

鞠莉「うっ、うん」

曜「わぁい!ありがとう鞠莉ちゃん!だーいすき!」ギュッ

鞠莉「曜…!」

鞠莉「わ、わたしも好きよ」ギュッ
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/11(木) 22:49:40.52 ID:rpGTJq4m0
千歌「あ、帰ってきた」

千歌「曜ちゃん、胸は揉めた?」

曜「揉めなかったけどいずれ揉ませてくれるって!」

千歌「へぇ~良かったじゃん!」

曜「うん!楽しみだなー!おっぱい揉むの!」

曜「あ、でも鞠莉ちゃんが順序があるとか言ってたから何か条件があるのかも」

千歌「あー…鞠莉ちゃんのことだから厳しい条件とか出してきて結局揉ませてくれなさそうだね」

曜「いやいや!私は諦めないよ!絶対鞠莉ちゃんの胸を揉むんだ!!」

千歌「その意気だよ!曜ちゃん!」

曜「うん!ヨーソロー!」

梨子「二人とも授業始まるわよ…」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/11(木) 22:54:50.69 ID:rpGTJq4m0
果南「今日の練習はここまでかなん?」

花丸「疲れたずら」

鞠莉「よ、曜…一緒に寄り道しない?」

曜「え?寄り道」

曜(もしかして!おっぱいを揉むための試練でもするのかも!)

曜「当然!渡辺曜、鞠莉ちゃんのためならどこでも全速全身ヨーソロー!!」

鞠莉「!…んもうっ…馬鹿」

果南「ん?鞠莉、顔赤いけど熱でもある?」

ダイヤ「大丈夫ですか?寄り道せずまっすぐ帰った方が…」

鞠莉「こ、これくらい平気デース!」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/11(木) 22:59:50.28 ID:rpGTJq4m0
曜「鞠莉ちゃん、何するの?」

鞠莉「まずは…手を繋いで歩きましょう」

曜「手を繋いで?何で?」

鞠莉「そ、そういうものデース」

曜(へぇ~アメリカでは胸を揉むためにはまず手を繋がなきゃいけないのか…)

曜「そういうことなら」ギュッ

鞠莉「っ!!」

曜「ん?鞠莉ちゃん顔赤いよ!やっぱり熱があるんじゃ…」

鞠莉「だ、だからないわよ!!」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/11(木) 23:07:00.16 ID:rpGTJq4m0
曜「鞠莉ちゃーん、そろそろ胸揉ませてよー」

鞠莉「だ、だから!まだ早いわよ!」

曜「えー」

鞠莉「それより曜、明日は休みだから、一緒に出掛けましょう」

曜「一緒に?」

曜(なるほど、次は一緒にお出かけすることが条件なのか…)

曜「そういうことなら、ヨーソロー!」

鞠莉「じゃ、じゃあ明日10時に沼津駅で…」

曜「うん、わかった!」

鞠莉(曜と初デート…緊張するわね)

曜(あー早くおっぱい揉みたいなぁ)
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/11(木) 23:13:15.59 ID:rpGTJq4m0
【次の日:喫茶店】

曜「いやー!いろんな服が見れて楽しかったー」

鞠莉「そ、そうね」ドキドキ

曜「鞠莉ちゃーん、まだ胸を揉ませてくれないのー?」

鞠莉「ま、まだ順序が…」

曜「私はもう我慢できないよ!」バッ

鞠莉「よ、曜…」

鞠莉「…まったく困った子ね」

曜「えへへ」

鞠莉「…私のホテルに行きましょ」

鞠莉「だから、そこで…」

曜(へぇ~鞠莉ちゃんはホテルで胸を揉まれたいのかぁ)

曜「待ってました!ヨーソロー!」

鞠莉「もう…馬鹿」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/11(木) 23:16:31.30 ID:rpGTJq4m0
【ホテル】

曜(そういえば鞠莉ちゃんの泊まってるホテル初めて来るなぁ)

鞠莉「じゃあここで…」

曜「うん!じゃあ…」ドキドキ

鞠莉「あ、でも…まずは…」

曜「えー…まだ何かあるの」

鞠莉「ええ」

鞠莉「まずは…kissから…ん…」

曜「は?」

鞠莉「え?」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/12(金) 00:01:17.07 ID:wUFNUAvd0
曜「いやいやいや、キスって」

鞠莉「え、だって」

曜「そんなの出来るわけないじゃん」

曜「私達女の子同士だし」

鞠莉「えっ…」

曜「いやー鞠莉ちゃん冗談きっついなぁ」

鞠莉「だって…私の胸を揉みたいって…」

曜「うん!そうだよ」

鞠莉「私を抱きたいって…」

曜「いや、抱きたいとは言ってないよ」

鞠莉「私と寝たいって…」

曜「だから言ってないって」

曜「あーもう!いいから早く胸揉ませてってばぁー」グイッ

鞠莉「…っ!!」

バチン

曜「いったぁ…」

曜「何すんのさ!!」

鞠莉「帰って!!」

曜「え、でもまだおっぱい揉んでないし」

鞠莉「帰って!!あなたの顔なんてもう見たくない!!」

曜「…」

曜「鞠莉ちゃん…」

曜「わかった…今日はもう帰るね」

バタン

鞠莉「…」

鞠莉「私の馬鹿…」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/12(金) 00:07:18.58 ID:wUFNUAvd0
【月曜日】

千歌「曜ちゃんおはよーそろー!」

曜「おはよう…」トボトボ

千歌「あれ?曜ちゃん元気ないぞー?」

千歌「もしかしてまだ鞠莉ちゃんのおっぱい揉めてないの?」

曜「うん…そうなんだー」

曜「しかも鞠莉ちゃんやっぱり怒ってたみたいでビンタされちゃったよ」

千歌「うわーやっちゃねー」

曜「うん…さすがにもう揉ませてくれないかも」シュン

千歌「曜ちゃん…」

千歌「…やめる?」

曜「…!!」

曜「やめないヨーソロー!!」

千歌「そう!その意気だよ!曜ちゃん!」

曜「うん!ありがとう、千歌ちゃん!!」

曜(渡辺曜、鞠莉ちゃんのおっぱいを揉むためならキスだってなんだってやる!やるったらやる!)

曜「全速全身!ヨーソロー!!」

梨子「今日1時間目体育だし先に行ってるねー」スタスタ
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/12(金) 00:14:10.50 ID:wUFNUAvd0
【理事長室】

曜「失礼します」

鞠莉「何しに来たの、曜」

鞠莉「もう顔も見たくないって言ったはずよ」

曜「いや、Aqoursにいたら嫌でも顔は合わせるでしょ」

鞠莉「い、いいから出ていきなさーい!!」

曜「キスしよう鞠莉ちゃん!!」

鞠莉「…えっ」

曜「やっぱり、鞠莉ちゃんの胸を揉むためならキスだってなんだってする!」

曜「たとえ女の子同士でも、する!!」

鞠莉「よ、曜…」キュン

曜「だから鞠莉ちゃん…いい?」

鞠莉「…うん」ンッ

曜「ん…」チュッ

鞠莉「ん…」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/12(金) 00:30:11.35 ID:wUFNUAvd0
【数日後】

果南「今日の練習はここまでかなん?」

花丸「疲れたずら」

曜「よし!終わったぁー!!」

曜「鞠莉ちゃんキスしよう!キス!」

鞠莉「ば、馬鹿!ここじゃ駄目よ!後でホテルで…」

曜「えー我慢できない」

鞠莉「あーとーで!」

千歌(あれから曜ちゃんは鞠莉ちゃんとのキスにハマり、女の子同士にも目覚めました)

千歌「いやーめでたしめでたし!」

鞠莉「ホテルならその、胸も触ってもいいから…」

曜「本当!?やったー!!」

曜「鞠莉ちゃんだーいすき♪」

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/12(金) 00:36:24.81 ID:wUFNUAvd0
疲れててつい意味不明なSSを書いてしまいました
申し訳ありませんでした

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
曜「鞠莉ちゃんのおっぱいが揉みたい!!」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『曜「鞠莉ちゃんのおっぱいが揉みたい!!」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

現在実験的にゲストでのコメント投稿が可能となっています(実験につきノーフォローです)。