穂乃果「夏休み暇だなぁ」

シェアする

穂乃果-アイキャッチ20
1: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 22:21:58.76 ID:rEjjAe+/.net
穂乃果「せっかくのお休みだし、家でゴロゴロしてないで何かしなきゃ!」

穂乃果「よし、>>3するよっ!」

元スレ: 穂乃果「夏休み暇だなぁ」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(おいしい水)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 22:23:09.13 ID:HqNBI/0X.net
痴漢
4: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 22:28:15.47 ID:rEjjAe+/.net
穂乃果「そうそう。夏だし痴漢の季節だよねっ」

穂乃果「こんな所でくすぶってる場合じゃないよ!」

穂乃果「いざ外へ!」ドアバーン!

ミーンミンミン

穂乃果「……」パタン

穂乃果「さて、2度寝でもしようかなぁ」

穂乃果「いやいや、ちゃんと決めたし。やりきるしかないよね……」

穂乃果「どうしよう……穂乃果、暑さでおかしくなっちゃってる気がする」

穂乃果「まぁ、いいや。歩いてたら知り合い一人くらいいそうだし」

穂乃果「あっ、>>5ちゃん!」
5: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 22:28:43.47 ID:rKXrt1fT.net
エリチカ
6: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 22:32:36.10 ID:rEjjAe+/.net
穂乃果「エリチカなんて痴漢されるような名前しちゃってるもんね」

穂乃果「……ごめん、絵里ちゃん。今のはウソね」

穂乃果「でも痴漢はするよ!」


穂乃果「うぅう絵里ちゃん!!」

絵里「穂乃果!? びっくりするじゃないの」

穂乃果「ごめんね、絵里ちゃんがいたから嬉しくって」

絵里「そうなの? それは嬉しいわね」

穂乃果「えへへ」
7: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 22:37:29.44 ID:rEjjAe+/.net
穂乃果「絵里ちゃんはこんな暑い日に何してるの?」

絵里「私? 私は暇だから散歩よ」

穂乃果「こんなに暑いのに散歩って、絵里ちゃん家にいたくないの?」

絵里「何でそうなるのよ……亜里沙も雪穂ちゃんと一緒に出かけてるみたいだし」

絵里「私だって散歩くらい良いでしょ?」

穂乃果「目的あるか無いかで、えらい違いだとは思うけど……」

穂乃果「まぁ、穂乃果にあーだこーだ言う権利は無いもんね」

絵里「そうねっ」
9: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 22:43:45.74 ID:rEjjAe+/.net
穂乃果「絵里ちゃん、一人で家にいるのが寂しかったんでしょ?」

絵里「……」

絵里「黙秘します」

穂乃果「ふふっ、賢いね」

絵里「ふふっ、穂乃果は暇なの?」

穂乃果「穂乃果は痴漢しないといけないから忙しいかなぁ」

絵里「……えっ!?」

穂乃果「でも、痴漢するには電車が無いと……そこで取り出すのはこのなわとび!」

絵里「まさか」

穂乃果「穂乃果電車パート2だよ!」

絵里「またなの……」
14: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 22:51:50.65 ID:rEjjAe+/.net
穂乃果「どうぞ、絵里ちゃん。お乗りください」

絵里「正直もう乗りたくないんだけど……恥ずかしいし」

穂乃果「そんなことないよ?」

穂乃果「この前電車ごっこやった次の日なんか、知らないご近所さんから人気者扱いだったもん」

絵里「それはそれで恥ずかしいわね」

穂乃果「じゃあ、乗客役よろしくねっ」

絵里「うーん、暑いから少しだけよ?」
15: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 22:58:03.66 ID:rEjjAe+/.net
穂乃果「穂乃果電車の行き先はどうしよっか?」

絵里「そうね……とりあえず本を買おうと思ってたし、本屋に行きましょうか」

穂乃果「はいっ、ではしゅっぱ~つ」

絵里「この、私なにやってるんだろう感、久しぶりね」

穂乃果「そう言いながらも、最後は楽しくなるよ」

絵里「ふふっ、期待してるからね」

穂乃果「そういえば、私がここで運転してたら絵里ちゃんを痴漢出来ない気がするんだけど」

絵里「もういいでしょ痴漢は……冗談じゃなかったの?」

穂乃果「何かやらなきゃ誰かに怒られそうな気がして」

穂乃果「次に会った知り合いの人に運転してもらおうかなぁ」

絵里「いきなり穂乃果電車じゃなくなるのね……」

穂乃果「あっ、>>17ちゃん!」
17: 名なしで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 22:59:51.89 ID:VQk8qfuq.net
(・8・)
18: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 23:04:09.04 ID:rEjjAe+/.net
穂乃果「ことりちゃ~ん!」

ことり「穂乃果ちゃん♪」

ことり「あっ、後ろに絵里ちゃん……電車ごっこ?」

穂乃果「うんっ、穂乃果電車だよ! そうなんだけど……今日はことり電車にしよう!」

絵里「ことり電車って可愛いわね」

ことり「確かにかわいいかも……って、ことりが運転していいの?」

穂乃果「うんっ、2代目はことりちゃん電車に決定だよっ!」

ことり「わぁ~い、やる~っ」
21: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 23:08:29.28 ID:rEjjAe+/.net
穂乃果「では、引き継ぎを行います。これはとても厳かな伝統ある行事なのです」

絵里「まだ2代目じゃないの?」

穂乃果「まぁまぁ、細かいことは言いっこなしだよ。ぱぱぱぱ~ん、ぱぱぱぱ~ん」

ことり「わぁ~い、何か結婚式みたいになってるけどまぁいっか♪」

穂乃果「このなわとびを捨てずに……病める時も……病める時も……立派に成し遂げてください」

ことり「はぁ~い♪ まかせて穂乃果ちゃんっ!」

絵里「……」パチパチパチ
22: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 23:14:06.73 ID:rEjjAe+/.net
ことり「よぉ~し、初めて運転しちゃうぞぉ~」

ことり「上手く運転できるかなぁ……」

絵里「がんばって、ことり。ペースはゆっくりめでお願いね」

ことり「ありがとう、絵里ちゃん♪ 任されましたっ」ビシッ

ことり「では、しゅっぱ~つ!」

穂乃果「よしっ、これで絵里ちゃんの後ろから痴漢できる……」

穂乃果「あっ、ことりちゃん。本屋に行って! 行き先は本屋だよっ!」

ことり「えっ、穂乃果ちゃん何て言ったの?」

穂乃果「絵里ちゃんが本屋に行きたいそうだから、最初に本屋に……」

穂乃果「って、ことりちゃん前見て前!!」

ことり「うん? まえ? きゃああ、電柱ぅっ!」
23: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 23:19:30.74 ID:rEjjAe+/.net
絵里「危なかったわね」

ことり「絵里ちゃん……止めてくれてありがとう」

絵里「いいのよ、ことり。抱きしめちゃってごめんなさいね」

ことり「えっ、あっ/// 私もごめんねっ///」

穂乃果「何か、穂乃果がおじゃま虫みたい?」

ことり「ちがうよ、穂乃果ちゃん/// ことりは、あの……」

絵里「ことり、少しおでこに当たったんじゃない? ちょっと見せて」

ことり「はっ、はいっ///」

絵里「良かった……ちょっと赤くなってるだけみたいね」

ことり「そっ、そうだね。ありがとう絵里ちゃん……守ってくれて」
25: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 23:25:17.42 ID:rEjjAe+/.net
絵里「初めての運転だもの、今からしっかり後ろからサポートしてあげるから」

ことり「そうっ? えへへ、嬉しいなぁ///」

絵里「じゃぁ、安全運転で本屋に行きましょうか」

ことり「うんっ♪」

絵里「ことり電車、しゅっぱつよ」

穂乃果「……」

穂乃果「してやられた!」

穂乃果「痴漢って言ってる間に、隙間が埋まってしまった!」

穂乃果「あのらぶらぶ空間に入る事なんて出来ないよ……」

穂乃果「どうしよう……痴漢しなきゃいけないのに……誰かこないかなぁ」

穂乃果「あっ、>>」
26: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 23:25:58.86 ID:rEjjAe+/.net
27ちゃん」
27: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 23:26:16.17 ID:LdsL/h+f.net
海未ちゃん
29: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 23:31:01.70 ID:rEjjAe+/.net
穂乃果「これは……痴漢できるかも」

絵里「穂乃果、聞こえてるわよ? だめだからね?」

ことり「えへへぇ~、絵里ちゃん♪ このまま花火を見に行くってのはどうかなぁ?」

絵里「ふふっ、ことり電車は行き先がコロコロ変わるのね」

穂乃果「……」

穂乃果「海未ちゃ~ん、たすけて~」

海未「穂乃果の声……いやな予感がしますね」

海未「あっ……」
30: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 23:35:37.56 ID:rEjjAe+/.net
穂乃果「海未ちゃん、ことりちゃん電車に」

海未「お断りします」

穂乃果「まだ何も言ってないよ!?」

海未「穂乃果のことです、電車ごっこに付き合ってということでしょう?」

穂乃果「うぅっ……そうだけど」

穂乃果「だってことりちゃんと絵里ちゃんが、ずっとイチャイチャしてて大変なんだもん」

絵里「してないわよっ!? ことりは何故か楽しそうだけど」

海未「とにかくお断りです」

海未「この前穂乃果の電車ごっこに付き合わされて恥をかきましたし」
31: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 23:41:56.37 ID:rEjjAe+/.net
穂乃果「うぅ……ことりちゃん、海未ちゃんにおねがぁいってやってくれない?」

ことり「絵里ちゃん、ことりの事をお姫様って呼んでくれないかなぁ」

絵里「はい、なんなりと。ことり姫」

ことり「きゃ~っ///」

穂乃果「聞いてない……」

海未「諦めてください、穂乃果」

海未「私には、あんなに熱い二人を見ながらの電車ごっこは厳しいです」

穂乃果「それは穂乃果も一緒なんだけど……」

穂乃果「でも、海未ちゃん……このままだと一人だよ?」

穂乃果「皆とこれから会いに行くかもしれないのに……海未ちゃんだけ遊べないよ?」

海未「それは……」
33: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 23:48:00.98 ID:rEjjAe+/.net
穂乃果「仲間はずれにしたくないんだけどなぁ」

海未「うぅ……分かりましたよ」

海未「ですが、私は穂乃果の後ろにいます。あの二人は破廉恥過ぎて見ていられません」

穂乃果「ますます暑くなっちゃうもんね……じゃあ、出発しよっかことりちゃん」

ことり「うんっ、ではことり電車しゅっぱ~つ♪」

絵里「姫、前方に電柱が」

ことり「ありがとねっ」

海未「何か絵里も楽しんでませんか?」

穂乃果「結局海未ちゃん見てるんだ……」
35: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 23:52:42.86 ID:rEjjAe+/.net
海未「穂乃果の後ろにくっついていては、前が見えませんし」

海未」「歩くのが怖いので、少しだけ見ています」

穂乃果「そっかぁ……って、これじゃ海未ちゃんを痴漢できない!」

海未「……穂乃果?」

穂乃果「あっ、海未ちゃん……顔が怖いよ?」

海未「あなたは私に痴漢しようと思って誘ったのですか?」

穂乃果「……ちがうよぉ~」

海未「はぁ……暑さでおかしくなってるという事にしてあげます」

穂乃果「うぅ……」

穂乃果「ますます痴漢し辛い環境に……あっ、>>36
36: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 23:54:35.68 ID:rhvXZIG+.net
真姫
37: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 00:00:21.75 ID:R4KWJKg4.net
穂乃果「あっ、真姫」

真姫「何でいきなり呼び捨てなのよっ、イミワカンナイ!」

穂乃果「ごめんごめん。真姫ちゃんも一緒に、ことり電車に乗ろう?」

ことり「す~っごく楽しいよ?」

真姫「電車ごっこって……子供じゃないんだからいい加減飽きなさいよ」

絵里「ほんとにね」

真姫「って、海未もさり気なく参加してるし……」

海未「ばれてしまいました……私の威厳が」

真姫「そんな事気にしてたのね」

海未「真姫にはしっかりとした所を見せていたかったのです」
38: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 00:08:01.95 ID:R4KWJKg4.net
真姫「別に海未の事をバカにしたりしないわよ」

真姫「海未は色々尊敬してる所も多いんだから」

穂乃果「そうなの?」

ことり「どんな所?」

真姫「何で二人が気になってんのよ。そうね……挙げたらキリがないけど」

真姫「作詞も、練習メニューも率先して考えてくれてるし、皆のことを大切に思っているのは海未が一番かもね」

真姫「まぁ、暴走してることも多いけど……何か気になっちゃうというか」

絵里「そうなのね……」ニヤニヤ

真姫「何笑ってんのよ!」

穂乃果「海未ちゃんの事が大好きなんだね」

真姫「……みんなも大好きだから……別に」
39: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 00:19:38.50 ID:R4KWJKg4.net
海未「ありがとうございます、真姫。素直に嬉しいです」

真姫「褒めたくて言ったわけじゃないから。ちょっと思ったことよ、忘れて」

海未「私も真姫の尊敬している所、たくさんあるんです」

海未「聞いて……くれますか?」

真姫「分かったわよ……聞くから手を離して」


穂乃果「真姫ちゃんがなんだかんだで入ってくれた……」

穂乃果「さて……次会う人に痴漢しよう」

穂乃果「真姫ちゃんが海未ちゃんと話してるうちに痴漢できるはず」

穂乃果「あそこにいる>>40ちゃんに痴漢しようっと」
40: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 00:22:08.05 ID:xtccIIld.net
ぶちギレにこにー
41: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 00:28:33.54 ID:R4KWJKg4.net
穂乃果「何かすごく怒ってる……何で?」

穂乃果「ことりちゃ~ん、にこちゃんが前方に見えるんだけど……どうする?」

穂乃果「あの……すごく怒っていらっしゃるみたいなんだけど」

ことり「う~ん、ちょっと気になるし行ってみようっ♪」

穂乃果「怖いものなしだなぁ、ことりちゃん」

ことり「あのぉ、にこちゃん……ちょっとお話いいですかぁ?」

にこ「あぁ……ことり」

穂乃果「どうしてそんなにブチギレられておられるのですか?」

にこ「日本語ガッタガタだけど……怒ってるっていうか、その」

にこ「>>42だからよ」
42: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 00:31:33.08 ID:+YUTuWxd.net
痴漢されそうになった
44: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 00:36:39.97 ID:R4KWJKg4.net
にこ「さっき、どさくさに紛れて痴漢されそうになったのよ」

にこ「ほんと許せない……」

ことり「そっかぁ、それは怒ってもしょうがないよね」

真姫「そんなの犯罪じゃない……最低」

絵里「……チラッ」

海未「……チラッ」

穂乃果「……いやっ、穂乃果じゃないからねっ?」
45: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 00:41:06.90 ID:R4KWJKg4.net
穂乃果「それはそうと……ことり電車に乗らない?」

ことり「お安くしております」

絵里「お金とるシステムだったの?」

ことり「うんっ、結婚資金にあてなきゃ♪」

絵里「ことりはしっかりもののお嫁さんになれるわね」

ことり「あとは貰ってくれる人だけだなぁ」チラッ

海未「何ですかあの破廉恥は」

真姫「結婚かぁ……」

にこ「何かよく分かんないけど乗る……乗客やらないと発散できないわ」

穂乃果「どういう感覚なのそれ……」
46: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 00:50:36.38 ID:R4KWJKg4.net
ことり「しゅっぱ~つ!」

穂乃果「にこちゃん、ちなみに……どんな風に触られたの?」

にこ「そうね、思い出したくもないけど。ソイツ、人混みを利用して後ろからお尻を触ろうとしてたのよ」

穂乃果「なるほど……こういう感じで?」ムニッ

にこ「……そうよ。あぁ、でも違うわね。もっとさり気なくやってきそうな感じ」

にこ「こうね」ススッ

穂乃果「ひゃぁっ///」

にこ「穂乃果、声だしすぎでしょ///」

穂乃果「だって! にこちゃんがエッチな感じで触るから!
47: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 00:54:16.68 ID:R4KWJKg4.net
にこ「それは、ごめん……もうこの話は終わりね」

穂乃果「うん……」

穂乃果「(全然やり足らない……もういいや、誰でもいい)」

穂乃果「(海未ちゃんでもことりちゃんでも痴漢しよう)」

穂乃果「(>>48ちゃんに痴漢しよう)」
48: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 00:54:36.65 ID:OHF/j1pf.net
海未
49: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 01:03:17.02 ID:R4KWJKg4.net
海未「……と、真姫の尊敬している所はこれくらいですね」

真姫「多いのよ……何なのもう///」

海未「まだあるのですが、今日はこれくらいで」

穂乃果「」サワッ

海未「ひゃっ///」

真姫「海未? 顔が赤いけど、どうかしたの?」

海未「いえ、なんでもないです。気にしないでください」

海未「穂乃果、今私のお尻を触りましたね? そもそも、何故私の後ろにいるんですか」

穂乃果「真姫ちゃんと話してたから気付かなかったんじゃないかなぁ」

海未「お尻を触らないでください……普通に話しませんか?」

穂乃果「どうしようかなぁ……」

真姫「何? クネクネしてるけど?」
50: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 01:13:44.83 ID:R4KWJKg4.net
海未「何でもないです。真姫、話を続けましょう」

穂乃果「(海未ちゃん可愛いなぁ。ミニスカートだから簡単に捲れちゃうね)」

真姫「うん……だから、私海未の事好きなのよ。あんまりこういう事言わないけど」

海未「んっ、そうなのですか? 嬉しいっ、ですっ///」

真姫「ふふっ、海未恥ずかしがってるの?」

穂乃果「(海未ちゃん敏感だなぁ……パンツの中、指いれちゃうね)」

海未「はぁっ/// やめてっ……ください」

真姫「そんなに恥ずかしいの? それとも私のキャラに合ってないからやめてって事?」

海未「あっ、いえ。そういう訳じゃなくっ……ひぁっ、んっ///」

真姫「ふぅん」

穂乃果「(すごい濡れてる)」
51: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 01:18:59.50 ID:R4KWJKg4.net
穂乃果「真姫ちゃん、暑いねっ」

真姫「そりゃそうよ、当たり前じゃない」

穂乃果「ほら、この指見て。汗すっごくかいちゃって」

海未「いやっ、何してるんですか穂乃果。やめてください///」

真姫「ただの汗じゃない……海未、どうしたの」

海未「あぁ……そっ、そうですね。ただの汗でした」

穂乃果「変な海未ちゃん、これじゃあ、恥ずかしいことしてるみたいな反応だよ?」

穂乃果「ほら、こんなに濡れちゃって」

真姫「ちゃんとタオルで拭きなさいよね」

穂乃果「そうだね、海未ちゃん?」

海未「うぅ///」
53: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 01:30:56.57 ID:R4KWJKg4.net
海未「穂乃果……後で話があります」

穂乃果「海未ちゃんの話の前に、穂乃果から皆にお話があるかもしれないよ」

海未「もしや……私の痴態を///」

穂乃果「言わないよぉ~、海未ちゃんが言わないならね」クチュッ

海未「あぁっ/// 穂乃果、そこは擦らないでください。んっ」

穂乃果「どうしたの、海未ちゃん? 大好きな真姫ちゃんがしゃべってくれてるのに」

海未「聞いてますから……んっ、ひゃっ、ふわっ……っ」

真姫「……というわけなのよ。って、海未? 聞いてる?」

海未「はいっ、私も……んっ、真姫のようにピアノが弾けたらと……くっ、思うことがありましゅ」

真姫「そうなの……今度教えてあげてもいいけどね」

海未「ひぐっ、本当でしゅか? お願いします……あっ/// ひゃぃっ」
56: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 01:38:37.75 ID:R4KWJKg4.net
真姫「本当に大丈夫? ちょっと木陰で休んで、今日は帰りましょうか」

海未「ひゃいっ、そうしましょうか……穂乃果、いいですよね?」

穂乃果「じゃあ、最後にいっぱいいじっちゃうね?」

海未「えっ、ひゃうっ/// ……待ってくだしゃい、んぅっ」

海未「やめてください、穂乃果ぁ。ひゃっ、破廉恥です……」

海未「いじわるぅ、しないでください……いやっ、だ……めっ! いやっ! あっあっ、~~~っ!」ビクビクッ

穂乃果「立ったままイっちゃったのかなぁ」

海未「はぁ、はぁ……穂乃果、ひどいです」
57: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 01:45:31.12 ID:R4KWJKg4.net
真姫「じゃあ、海未は私が送っていくから」

海未「私は少し疲れただけなので、全然大丈夫ですから」

ことり「海未ちゃん……大変だったら電話かけてねっ?」

穂乃果「ほら、海未ちゃん汗が滴ってるよ? ちゃんと拭かなきゃ」

海未「あぁっ/// 穂乃果、大丈夫ですから!」

ことり「(何か色っぽい声だ///)」

穂乃果「海未ちゃん……すごくエッチだったよ。どんどん出てきちゃってたもんね?」ボソッ

海未「うぅ///」

絵里「じゃぁ、ことり電車出発ね」

穂乃果「次は誰かなぁ……>>58にしようかなぁ」
58: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 01:48:17.88 ID:xtccIIld.net
また海未
59: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 01:54:32.31 ID:R4KWJKg4.net
穂乃果「やっぱり海未ちゃんは穂乃果が送るよ」

海未「えっ、大丈夫ですよ。真姫がいますから」

絵里「穂乃果は送りたいの?」

穂乃果「うん、海未ちゃんを誘ったのは穂乃果だし。家も近いしね」

穂乃果「海未ちゃんを疲れさせちゃったのは穂乃果のせいだもん」

穂乃果「真姫ちゃんはことりちゃんたちと一緒にいて?」

真姫「そこまで言うなら……分かったわ、海未をよろしくね」

穂乃果「うん、ありがとう。みんな、また明日ね」


穂乃果「えへへっ」

海未「……」
60: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 01:59:30.00 ID:R4KWJKg4.net
海未「どういうつもりですか?」

穂乃果「穂乃果、やり過ぎちゃったかなぁって思って」

穂乃果「まさか立てなくなっちゃうくらいに感じてくれるとは思ってなかったんだ」

海未「そういう風に言わないでください///」

海未「誰かに聞かれたらどうするんですか」

穂乃果「海未ちゃん、あんまり動かないほうがいいかもよ?」

穂乃果「イっちゃって弱ってるのは本当なんだから」

海未「イくだなんて/// そんな事してません」

穂乃果「あんなにビクビク震えてたのに?」
63: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 08:18:19.83 ID:R4KWJKg4.net
穂乃果「立てる?」

海未「腰が抜けて……上手く歩けません」

穂乃果「海未ちゃん敏感過ぎだよ~」

海未「誰のせいですか、もう」

穂乃果「海未ちゃん、日陰の涼しい所に避難しよっか。肩貸すね」

海未「とりあえず、そうですね」
64: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 08:26:14.25 ID:R4KWJKg4.net
海未「ありがとうございます……穂乃果、もうあんな事はしないでください」

穂乃果「海未ちゃんにしかしてないよ」

穂乃果「本当は皆にしようと思ったんだけど、上手くできなかったんだぁ」

海未「他のメンバーにもしないでください。痴漢は犯罪ですから」

穂乃果「そうだね……もう皆にはしないよ」

海未「そうですか……良かったです」
65: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 08:31:50.47 ID:R4KWJKg4.net
穂乃果「真姫ちゃんに見られながら触られてたけど、興奮した?」

海未「何を言ってるんですか/// そんな、こっ、興奮なんて」

穂乃果「でも、すごい濡れ方だったよ? 真姫ちゃんじゃなかったら絶対気付いてたよ」

海未「それは穂乃果が執拗にいじるからです」

穂乃果「穂乃果はすごく興奮したんだ」

海未「穂乃果……あなたって人は」

穂乃果「いつもおしとやかで可愛い海未ちゃんが、穂乃果の手であそこまで欲情してたんだもん」

穂乃果「誰だってもっとやりたくなっちゃうはずだよ」

海未「穂乃果……まさか」
66: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 08:40:56.09 ID:R4KWJKg4.net
穂乃果「今から続きしてもいい?」

海未「ダメです」

穂乃果「じゃあ、ことりちゃんに頼もうかなぁ」

海未「皆にはしないと言ったじゃないですか」

海未「そもそもことりはそんな事しな……穂乃果に頼まれたら了承しそうですね」

海未「穂乃果、お願いです。皆には」

穂乃果「海未ちゃんにしていいって事?」

海未「……分かりました」
68: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 08:54:20.47 ID:R4KWJKg4.net
穂乃果「海未ちゃん、体調は大丈夫?」

海未「もとより体調は悪くありません。ただ腰に力が入らなかっただけです」

穂乃果「そっかぁ、じゃあ元気になるおまじないしてあげる」

海未「何ですかそれ」

穂乃果「まず両手を背中の後ろに持って行って」

海未「こうですか?」

穂乃果「そうそう、それでマリア様に願うように、指同士をクロスさせて」

海未「はい、やりましたけど。穂乃果? 何をするのですか?」

穂乃果「マリア様、もとい穂乃果様が迎えに来てくれました」

穂乃果「こうやって、海未ちゃんの指を広げて、穂乃果の指を絡ませると」

穂乃果「あっという間に手錠の完成だよ」

海未「とっ、取れないです!」
69: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 09:01:25.20 ID:R4KWJKg4.net
海未「力は私の方が強いはずなのに……取れない」

穂乃果「さて、海未ちゃん。誰もこないみたいだし、上、捲っちゃうね」

海未「穂乃果……これがしたくて人気のない所に連れてきたのですね」

穂乃果「海未ちゃんのブラは白かぁ。可愛いなぁ」

穂乃果「フロントだねっ。じゃあ遠慮無く外しちゃうよ?」

海未「勝手にしてください」

穂乃果「海未ちゃんは優しくって大好きだよ」カチッ

海未「うぅ///」

穂乃果「海未ちゃん、すごく白いね。綺麗」モニュッ

海未「あっ/// そんなにいやらしく触らないでください。んっ」
70: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 09:14:00.77 ID:R4KWJKg4.net
穂乃果「大丈夫だよ、海未ちゃん。優しくするから」

穂乃果「ここ、かたくなってる。すごく敏感になってるかも?」

海未「……んんっ! 穂乃果、そんなに強くしては……ううぅぁあっ! ふわっぁぁ!」

穂乃果「海未ちゃん、声大きくなっちゃったね。誰かに聞こえちゃうかもよ?」

海未「はぁ、はぁ……穂乃果がつねるからです/// 優しくしてくださいよぉ」

穂乃果「傷つけたりはしないって意味だからねっ」

穂乃果「海未ちゃんのおっぱい、柔らかくてずっと触っていられるよぉ」

海未「ひやっ、あっんんっ! はぁっ、ううぅぁ……んんっ! ああっあっっんんっ!」

穂乃果「おっぱいだけでこんなになっちゃうんだね」

海未「はぁ……もうっ、ひぐっ。限界でしゅ……ああっんっ! ……ふわっぁんんっ!」ビクビク

穂乃果「あれ? 海未ちゃんイっちゃったの?」
71: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 09:23:36.36 ID:R4KWJKg4.net
海未「っはぁっ! はぁっ! ……もうっ、穂乃果の変態っ! ……びっくりするじゃないですかっ!」

海未「もう、いじわるっ……ふぅっ、しないでください」

穂乃果「すごくいじめたくなるんだけど……」

海未「もう終わりです。帰りましょうよ。って、スカートを捲らないでくださいっ!」

穂乃果「片手だけじゃパンツ下ろせないなぁ……途中までおろせばいっか」

海未「余計見られてはまずい恰好なのですが」

穂乃果「海未ちゃん……ココぐちゃぐちゃになってるよ?」

海未「えっ……いっやぁっ/// 見ないでください!」

穂乃果「さっきの比じゃないくらい……ほら、ちゃんと見て」

海未「うぅ……こんなの、私ではないです……こんなにっ」
73: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 09:31:38.47 ID:R4KWJKg4.net
穂乃果「指いれちゃうね? 海未ちゃん、見てて?」クチュッ

海未「あぁっ/// 穂乃果、動かさないでくだっ、はぁっうぅ///」

穂乃果「どうしたの、海未ちゃん? 何?」

海未「っで、ですから……あまり指でかき混ぜっ、くっうっ! はぁっ、はぁ」

穂乃果「海未ちゃん、もっとかき混ぜて欲しいの? 分かった、がんばるね」

海未「穂乃果ぁ……わざとやってますねっ。ああっうっ! はぁっくっうぅ……ふっうぅっ!」

海未「声が我慢できないです。お願いします、穂乃果もっと優しく」

海未「はぁっうう、はぁっ……ああっ、んんっ! いやっです……ふわっんあぁぁんんっ!」
74: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 09:40:45.74 ID:R4KWJKg4.net
海未「……ああっあっ、くっ///」

穂乃果「すごい……おしっこしたみたいに出ちゃったね」

海未「はぁっ、はぁ……穂乃果、やり過ぎです」

海未「身動きがとれない相手にこんな事……怖いくらいです」

穂乃果「海未ちゃんが可愛くて……ついついいじめたくなっちゃった」

海未「もうっ、知りません……どうせ日頃の恨みでもあったんでしょう?」

穂乃果「そんな事ないよ? 海未ちゃんはいっつも穂乃果のことを思ってくれてるって分かってるから」

海未「どうでしょうね……分かってるなら、こんなに意地悪しないはずです」

穂乃果「海未ちゃん」チュッ

海未「んぐっ?!」
75: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 09:50:39.77 ID:R4KWJKg4.net
穂乃果「キス……したくなっちゃった」

穂乃果「よく分かんないけど、海未ちゃん大好きって伝えたかったから」

穂乃果「分かってくれるかな……」

海未「……あぁ、うぅ///」

海未「分かりました……」

穂乃果「海未ちゃん……足、モジモジしてるよ?」

海未「!? しっ、していません!」

穂乃果「もしかして、またエッチな気分になっちゃったの?」

海未「そんな事……ありえません///」

穂乃果「そっかぁ、じゃあ海未ちゃんのエッチなアソコ、拭いちゃうね?」
76: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 09:56:59.75 ID:R4KWJKg4.net
海未「それなら自分でやりますから、手を離してください……んっ、ひぃっ……あっ///」

穂乃果「あれ? 次から次に海未ちゃんのえっちなのが出てきちゃうね」

穂乃果「期待……してるの?」

海未「ちっ、違います! 敏感になってて……それと、穂乃果がいやらしく触るからですっ!」

穂乃果「普通に拭いてるだけなのになぁ。じゃあ最後に一回だけ、ねっ?」

海未「いやです! お願いです穂乃果っ、もう動けないんです」

穂乃果「そんなにイヤイヤしなくても、海未ちゃんのことは分かってるから」

穂乃果「だいすき、海未ちゃん」
78: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 10:04:29.88 ID:R4KWJKg4.net
数日後


ことり「海未ちゃんが元気になってよかったぁ~」

海未「ご迷惑をお掛けしました」

穂乃果「穂乃果がちゃんと送っていったし、ちゃんと水分とってあげたしね?」

海未「はい……そうですね。んっ///」

ことり「海未ちゃん? 顔が赤いけどどうかした?」

海未「なっ、なんでもないです///」チラッ

穂乃果「どうしたの?」サワッ

海未「ひゃいっ///」

ことり「? まぁいっか。ちょっと絵里ちゃんの所に行ってくるね♪」
79: 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 10:17:36.04 ID:R4KWJKg4.net
穂乃果「どうだった?」

海未「はい……すごく興奮してしまいました」

穂乃果「ことりちゃんの前で触られて、興奮するんだね」

海未「……はい///」

穂乃果「何でパンツ履いてないの?」

海未「それは……もっと興奮すると思って」

穂乃果「怒ってないよ? 穂乃果、えっちな海未ちゃんも大好きだから」

海未「穂乃果……」

穂乃果「だ~め、キスは放課後までお預け~」

海未「そんなぁ……」

穂乃果「キスしたら止まらなくなっちゃうし、海未ちゃんも愛液出ちゃうでしょ」

海未「そうですね……分かりました」

穂乃果「放課後に、ね? じゃあ次の時間はオナニーしよっか」

海未「……はいっ♪」



海未「終わりです」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「夏休み暇だなぁ」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。