千歌「聞いてよ梨子ちゃーん」梨子「なーに?」鞠莉「……」ムスー

シェアする

鞠莉-アイキャッチ6
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/18(木) 18:56:16.13 ID:7xZ7G+YNO

鞠莉「……………………」ジーッ



千歌「そしたらね、曜ちゃんたら私のお弁当のハンバーグ食べちゃってー」

曜「千歌ちゃんだってそのあと私のみかん食べたくせに」

千歌「ハンバーグとみかんじゃレ、レ、レ……レーション?」

梨子「レートね」

千歌「レートが吊り合ってないよ!」

曜「あれ冷凍みかんだったもん!」

千歌「だからなに!?」

梨子「ふ、二人とも落ち着いて……」アワアワ

ギャーギャー!

元スレ: 千歌「聞いてよ梨子ちゃーん」梨子「なーに?」鞠莉「……」ムスー

スポンサーリンク
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/18(木) 18:56:48.36 ID:7xZ7G+YNO

鞠莉「……………………」プクー

果南「鞠莉?元気ないじゃん、どうしたの?そんなふくれっ面して」

鞠莉「べつに……」

ダイヤ「スクールアイドルらしからぬ顔になっていますわよ」

鞠莉「なんでもないったら……」



梨子「そうだ、二人とも。私今日クッキー焼いてきたんだ♪よかったら食べない?」

千歌「おおっ!梨子ちゃんのクッキー♪」

曜「食べたい食べたい♪」

梨子「仲直りしたらね♪」クスッ

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/18(木) 18:57:20.92 ID:7xZ7G+YNO

鞠莉「いいなー……」ボソッ

果南「?」

ダイヤ「もしかして、クッキーですか?」

鞠莉「んー……」

果南「お腹すいたの?」

ダイヤ「抹茶プリンでよければ差し上げますが?」

鞠莉「そうじゃなくてー……」

ダイヤ「なんですのまったく……」

鞠莉「……………………」チラッ

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/18(木) 18:58:11.71 ID:7xZ7G+YNO

千歌「梨子ちゃん梨子ちゃんっ♪あーんして、あーん♪」

梨子「はい、あーん」

千歌「あむっ♪」

曜「あっ、いいないいな!私もー♪」

梨子「はいはい♪あーん♪」

曜「あーんっ♪」



鞠莉「むー……………………」モヤモヤ

ダイヤ「?」

果南「なに唸ってるの?」

鞠莉「……いいなー……って」

ダイヤ「クッキーではなく?」

鞠莉「……梨子に、あーん……ってされるの。いいなー……って」

果南「……………………」

ダイヤ「……………………」

鞠莉「……What?」

ダイヤ「あー、いや……」

果南「……プッ」

鞠莉「……なによ」

ダイヤ「珍しいなと思いまして……」

鞠莉「はぁ?」

果南「鞠莉超可愛い♪」

鞠莉「え、なにが?」

ダイヤ「梨子さんのことを思う鞠莉さんが、ですわ」

果南「好きなんだね~、鞠莉♪梨子ちゃんのこと♪」ニヤニヤ

鞠莉「!!?///」ガタッ

ダイヤ「好きなんですわね」クスッ

鞠莉「はぁっ!?///なにそれ!?///マジPardonなんですけど!?///」



梨子「……………………」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/18(木) 18:59:02.09 ID:7xZ7G+YNO

ダイヤ「梨子さんが楽しげに千歌さんたちとお話ししていたのを見て、ふてくされていたのではないのですか?」

鞠莉「……っ///~っ///そう、だけど……///」

果南「お、意外と素直」

鞠莉「なんか最近、気付けば梨子のこと見てるのよね……///こうやって練習の合間とかに……///」

果南「いつから?」

鞠莉「わかんない……///ほら、私と梨子って案外共通点ないじゃない?好きな音楽のジャンルも違うし」

ダイヤ「まあ、たしかにそうですわね」

鞠莉「けど、ギルキスで一緒になったり……トリオを組んだりして……なんだか梨子といる時間が増えたなぁって思うようになって……」

ダイヤ(その考えですと善子さんや花丸さんが除外されてしまうのですが……)

鞠莉「それにこの間のあれ……」

果南「あれ?」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/18(木) 19:00:31.09 ID:7xZ7G+YNO

鞠莉「スクフェスの……///」

ダイヤ「もしかして、天使編の?」

鞠莉「そう、それ!私と梨子がUR枠だったあれ!天使の衣装を着た梨子がその…Very cuteで……///」カアァ

果南「完全に心を奪われたと♪」

鞠莉「……………………//////」コクン

ダイヤ「……///」ナデナデ

鞠莉「なんで撫でるの!?///」

果南「可愛いからだって♪」



果南「ていうか、そんなに好きならもっとグイグイいっちゃいなよ」

鞠莉「それが出来たら苦労しないわ……」

ダイヤ「いつものように軽いノリで話しかければいいのでは?」

鞠莉「そんなに軽い女じゃないんだけど」

果南「言い方」

ダイヤ「でしたら、果南さんのようにハグするとか……」

鞠莉「梨子とハグしたら心臓がシャイニーする自信があるけどそれでも?」

果南「心臓がシャイニーってなに。ハグくらい普通に出来るじゃん。ちょっと見てて。おーい、梨子ちゃーん」ノシ

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/18(木) 19:01:00.70 ID:7xZ7G+YNO

梨子「果南ちゃん?なに……」

ギューッ

梨子「ふえっ!?///」

果南「へへー♪」

鞠莉「」

梨子「かっ、果南ちゃんっ?///な、なに……?///」

果南「ん?なんとなくハグしたくなったの♪」

千歌「ズルいズルい!私も梨子ちゃんとハグするー♪」ギュー

曜「わったしもー♪」ギュー

鞠莉「」

梨子「ちょっ、ちょっとみんな!///汗、汗かいてるからぁ!///」

鞠莉「」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/18(木) 19:01:39.45 ID:7xZ7G+YNO

果南「ふぅ、まあこんな感じにさ」

鞠莉「……県に」ボソッ

果南「?」

ダイヤ「?」

鞠莉「内陸県に果南のダイビングショップ移転させるわよ……!!」ゴゴゴゴゴ……!

果南「顔こわっ!」

鞠莉「なに軽々しく梨子とハグしてくれてるの!?やわらかかった!?やわらかかったわよね!?しかも汗の匂いまで堪能して!どうせいい匂いだったんでしょ!?発情したんでしょ!?果南のド変態!GUILTY HUG!ギルハグ!」

ダイヤ「ギルハグって……」

鞠莉「Guiltyよ!果南のスマホの着信音を私のあえぎ声に変えて全校生徒の前で恥をかかせる刑に処すわ!」

果南「刑が重すぎるよ」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/18(木) 19:02:11.82 ID:7xZ7G+YNO

ダイヤ「じゃあどうするんですの?なにもしないなら、どうせモヤモヤを募らせるだけですわよ?」

鞠莉「うぅ……」

ダイヤ「都合よく向こうから話しかけてくれるわけでもあるまいし……」

梨子「あ、ダイヤさん」

ダイヤ「はい?」クルッ

鞠莉「」

梨子「これ、この間借りた参考書。忘れないうちに返しておこうと思って」

ダイヤ「いつでもよかったのに、わざわざありがとうございます」ニコッ

梨子「こちらこそ♪スゴくわかりやすかったです」

ダイヤ「他にもオススメの参考書がありますから、よろしければ今度一緒に書店まで見に行きませんか?」

梨子「はい、ぜひ♪」タタタタ……

鞠莉「」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/18(木) 19:02:44.93 ID:7xZ7G+YNO

ダイヤ「……で、どこまで話しましたっけ?」

鞠莉「……わよ」

ダイヤ「はい?」

鞠莉「理事長権限で生徒会長辞めさせるわよ……!!」ゴゴゴゴゴ……!

ダイヤ「なんですのその職権濫用……」

鞠莉「それだけの罪を犯したでしょ!?なんで梨子と参考書のGive & Takeしてるの!?どうせページの端っこに"好き"、"私も"……とか書いて交換日記してるんでしょいやらしい!」

ダイヤ「してませんわよ」

鞠莉「しかもしれっとデートの約束までして!なによオススメの参考書って!お下劣なやつ!?お下劣なやつなの!?梨子になに教えようとしてるのこのジュエルリング!」

ダイヤ「しばき倒しますわよ」

鞠莉「まさかお泊まりまで計画してるんじゃないわよね!?そのときはどうぞ淡島ホテルをご贔屓に!」

果南「しれっと宣伝したね」

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/18(木) 19:03:34.59 ID:7xZ7G+YNO

鞠莉「もうなんなの二人とも!?二人して梨子のことRock onしてるの!?AZALEAって私の敵なの!?とんだ虜梨子PLEASEじゃない!」

ダイヤ「花丸さんへの風評被害が……」

果南「どうすればいいのさ……」

ダイヤ「もういっそ、それだけ好きならストレートに伝えてしまえば……」

鞠莉「そんな勇気無いデース」

果南「ヘタレ」

鞠莉「そんな勇気あったら二人との友情を二年間も棒に振ったりしないでしょ」

ダイヤ「いや言い切られても……」

鞠莉「告白して結ばれたら、すぐに新婚旅行も行くし梨子が望むことならなんでもしちゃうけど……//////もしフラれたりしたら私Aqours辞めるわよ?友だちのままでいましょう、なんて言われたらハートがシャイニーしちゃうわよ?」

果南「ピーキーすぎるよ。0か100かしか無いじゃん」

ダイヤ「どれだけヘタレているのですかこの人は……」

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/18(木) 19:10:30.50 ID:7xZ7G+YNO

果南「じゃあ、ベタにラブレターとか?」

ダイヤ「いいじゃないですか。古風な感じが好感触ですわ」

鞠莉「……………………」ゴソゴソ バラッ

ダイヤ「……なんですの?この紙くずは」

鞠莉「ラブレターにジョブチェンジ出来なかった勇者たち(便箋)よ」

果南「どれもこれも梨子へ……ってだけしか書けてない……」

鞠莉「緊張で手が震えて……」

ダイヤ「繊細すぎるでしょう……」

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/18(木) 19:11:02.37 ID:7xZ7G+YNO

鞠莉「妄想の中でなら、梨子に壁ドンして顎クイするまで余裕なのに……」

ダイヤ「言っててむなしくなりませんの?」

鞠莉「付き合ってデートして一緒に夜を過ごすくらいのことしてるのよ。妄想の中では……」

果南「その行動力を現実に活かす努力が視られない」

鞠莉「現実で梨子が壁ドンされたい派じゃなくて、壁ドンしたい派だったらどうするのよ!」

ダイヤ「受け入れればお互い幸せになれるじゃないですか」

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/18(木) 19:13:10.44 ID:7xZ7G+YNO

鞠莉「やっぱり私だけなのよね……そんなに接点が無いのって……」

果南「鞠莉が積極的にいけばそれで解決すると思うけど」

ダイヤ「一度普通に話掛けてはいかがですか?それがきっかけで話す機会も増えると思いますが」

鞠莉「そ、そうね……!やっぱり自分からいかないとね!」フンス

果南「お、鞠莉がやる気になった」

鞠莉「見てて!私の勇姿!」



鞠莉「ね、ねえりきゃっ……」カリッ

梨子「?」クルッ

鞠莉「~っ!」

梨子「ま、鞠莉さん……?どっ、どうしたんですか?」

鞠莉「にゃっ、にゃんでもにゃい……///」ソソクサ

梨子「?」

千歌「なんだったのかな?」

曜「さぁ……?」

梨子「……………………」

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/18(木) 19:14:22.61 ID:7xZ7G+YNO

鞠莉「ひた、噛んら……」グスッ

果南「緊張しすぎ……」

ダイヤ「あと意識しすぎですわ……」

果南「ほら、もう一回。落ち着いて」

鞠莉「うん……」



鞠莉「ねっ、ねぇ梨子///」

梨子「はい……?」

鞠莉「あっ、あのね……///」

梨子「……?」

鞠莉「……………………いい天気ね///」

梨子「そうです……ね?」キョトン

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/18(木) 19:15:32.29 ID:7xZ7G+YNO

鞠莉「……………………」ズーン

ダイヤ「掛ける言葉もありませんわ」

果南「The無難な話題だったね」

ダイヤ「特に話も膨らまず終わりました」

鞠莉「Why……イタリア系アメリカ人のフランクにフランクを重ねた血を受け継いだ私が……何故普通に話し掛けることも出来ないの……?」

果南「見た?梨子ちゃんのキョトンとした顔」

鞠莉「見た……可愛かった……」

ダイヤ「じゃあいいではありませんか……」

果南「ていうか、もう……」

ダイヤ「ええ……」

鞠莉「肝心なこと忘れてたけど……梨子って、好きな人とかいるのかな?」

果南「…………さあ?」

鞠莉「やっぱり、千歌っちか曜かなぁ……」

ダイヤ「…………いつも一緒にいますものね」

果南「一年生とも仲良しだね」

鞠莉「果南は急にハグするドスケベで、ダイヤは【ピー】な参考書貸し借りしちゃう仲だもんね……」

果南「もう一生鞠莉にハグしない」

ダイヤ「一人で勝手に悩んでなさい」

鞠莉「It's joke!Jast moment pleaseだよぉ!」

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/18(木) 20:09:55.51 ID:7xZ7G+YNO

ワーワー!

梨子「……………………」チラッ

千歌「梨子ちゃん」

梨子「あ、うっ、うん!なに?」アセアセ

曜「よかったね、鞠莉ちゃんに話しかけられて♪」ニヤニヤ

梨子「うん……///」カアァ

千歌「そんなに好きなら告白しちゃえばいいのに」

梨子「……………………鞠莉さんが可愛すぎて無理//////」ボソッ

千歌「おお……」

曜「恋する乙女の顔してる……」

梨子「もう……なんで果南ちゃんやダイヤさんとばっかりお話するんだろ……」プクー

曜「自分から話せばいいのに」

梨子「意識すると恥ずかしくなっちゃうのぉ……///」

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/18(木) 20:10:25.56 ID:7xZ7G+YNO

鞠莉「……………………///」チラッ

梨子「……………………///」チラッ

りこまり「っ!///」ドキッ

りこまり「~っ//////」カアアア



果南「なんていうか……」

ダイヤ「めんどくさいというか……」

曜「お互いヘタレだと……」

千歌「進まない恋もあるんだね……」



鞠莉(梨子から……///)

梨子(鞠莉さんから……///)

りこまり(好きって言ってきてくれたりしないかなぁ……//////)

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/18(木) 20:11:51.53 ID:7xZ7G+YNO

おわり。
りこまり流行れ。

気が向いたらこっちもよろー
http://ex14.vip2ch.com/i/read/news4ssnip/1493778343/

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『千歌「聞いてよ梨子ちゃーん」梨子「なーに?」鞠莉「……」ムスー』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。