【SS】ルビィ「ピギャアアアア!助けてお姉ちゃん!」

シェアする

ルビィ-アイキャッチ5
1: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/07/05(火) 00:00:31.58 ID:QV+vtm5n.net
~ある日の帰り道~

ルビィ「ねぇねぇ、マルちゃん。今日もお勉強大変だったよ~」

花丸「だよねルビィちゃん…。おらも理解するのに精一杯で…あっ、そうだルビィちゃん!」

ルビィ「どうしたの?」

花丸「実はな、今日の授業で分からないところがあったから後でダイヤちゃんに教えてもらいたいんだ」

ルビィ「え〝え〝ぇ、お姉ちゃんに!?そそそそれじゃお家に帰ったらつ、伝えておかないと…」

???「がおおおおおお!!!」ズシーン

元スレ: 【SS】ルビィ「ピギャアアアア!助けてお姉ちゃん!」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/07/05(火) 00:01:42.36 ID:QV+vtm5n.net
ルビィ「ピギャアアアア!なななななななにあれ、なんか巨大な怪物が街を滅茶苦茶にしようとしてるよおぉぉ…」

???「がおー!びーしゅしゅしゅー!どーん!ははは!」ズシーンズシーン

花丸「あれは普通怪獣ちかっちー…。もともとは普通の女の子だったが毎日普通の生活を送っているうちにそんなマンネリした人生に対する鬱憤が溜まり怪獣化してしまった、とこの前読んだ本に書いてあったずら…」

普通怪獣ちかっちー「ぎゃおおおおおおおん!」

花丸「でもそれが何故いきなりこの街に!?


普通怪獣ちかっちー「ぐぎゃあああああああ!!!!」

花丸「そうこうしている内にどんどんおらたちの街が壊されていくずら…。でもおらの力じゃあどうする事も出来ない…」

普通怪獣力ちかっちー「うがあああああああああ!!!」

花丸「一体どうしたら…」

ルビィ「ゔぇぇぇ~ん。オネエチャンダズゲデ~!」
3: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/07/05(火) 00:03:00.27 ID:QV+vtm5n.net
~浦の星女学院生徒会室~

ダイヤ「むっ、我が妹が殺気に包まれていますわ。」

ダイヤ「妹の命は私自身の命と同じ…。今すぐ様子を見に行かないと行きませんわね」

ダイヤ「モブA子さん!私は急用ができましたので家に帰りますわ。申し訳ないのですが今日残っている生徒会の雑務は貴女にお任せしても良いかしら?」

モブA子「OK!OK!後は私が片付けておくから。それじゃ、さようなら!」

ダイヤ「ええ、ごきげんよう」
4: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/07/05(火) 00:05:03.93 ID:QV+vtm5n.net
~街中~

ルビィ「ゔぇぇぇぇぇん!お〝お〝〝ね〝えぢゃあああああん、ゔっ…ぐす…」

ダイヤ「ルビィ大丈夫なの!?それに花丸さんも!」

ルビィ「お〝ね〝え〝ちゃああんん!!ごわ〝がっだよ〝お〝お〝お〝お〝お〝!」

花丸「ダイヤちゃん!来てくれてよかったずら!!」

ダイヤ「貴女達が生きていて私も良かったです。ですがこのままここにいたら間違いなくあいつに巻き込まれますわ。2人共、ここから離れてどこか安全なところへ隠れなさい!」

ルビィ「うん!」グス…

花丸「ずら!」
5: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/07/05(火) 00:07:21.68 ID:QV+vtm5n.net
ダイヤ「さて、あの2人の無事が分かったところで…」

普通怪獣ちかっちー「ぐわああああああああ!!!!」

ダイヤ「”アレ”をどうにかしないといけませんわね…」ピカーン

???「デュワッ!」

普通怪獣ちかっちー「ぎゃあおおお…!?」
6: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/07/05(火) 00:09:44.37 ID:QV+vtm5n.net
ルビまる「あ、あれは…ウルトラマンダイヤ!」

ウルトラマンダイヤ「デュワ!(この街を壊してくれたあなたの狼藉、許す訳には参りません!)」

普通怪獣ちかっちー「ぐるるるる…」

ウルトラマンダイヤ「デュオ!(この私があなたを倒してあげますわ!」)」

ウルトラマンダイヤ「デヤァ!デュアァ!!デェェイ!!!」

普通怪獣ちかっちー「ぐぎゃあああ…」



花丸「凄い!流石ウルトラマンダイヤずら!これならあの怪獣も倒してくれるかもしれない…!」

ルビィ「頑張って!ウルトラマン!」
7: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/07/05(火) 00:12:24.39 ID:QV+vtm5n.net
ウルトラマンダイヤ「デュア!(口程にもありませんわね、ならばこれで終わりですわ!)」

普通怪獣ちかっちー「ぎゃるるるる!びー!どかーん!どーん!」

ウルトラマンダイヤ「デュアアアア、ヘアァァッ!?(くらいなさい、必殺の…きゃあああああ!」

ウルトラマンダイヤ!「デュアア…(痛い一撃をもらってしまったようですわね…)」ガクッ
8: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/07/05(火) 00:17:33.23 ID:QV+vtm5n.net
~???~

ダイヤ「(私の名前は黒澤ダイヤ。どこにでもいる普通の女の子。今日も普通に勉強をして普通の生徒会長として普通に雑事をこなし、普通に習い事に通いそんな毎日を過ごしていく)」

ダイヤ「(そんな変わりのない毎日に少し退屈さを感じるけれど、それが当たり前の事なんだからそんな風に生きていくのが当たり前なのかもしれないわね…)」

???「お姉ちゃん、お姉ちゃん!」

ダイヤ「(この声は、ルビィ!?そう言えばルビィは今何をしているのかしら?)」

ダイヤ「(確か私が怪獣に襲われているルビィを助けに行って安全な場所に逃がした後変身してそいつをやっつけてやろうと…)」

ダイヤ「(そうでしたわね…。このまま寝ている場合ではありませんわ!早く起きてルビィ達と街の平和を守らなくては…!)」



ウルトラマンダイヤ「デュワ!(今度こそ終わりです、覚悟しなさい普通怪獣ちかちー!)」

普通怪獣ちかちー「がおおおお!?」
9: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/07/05(火) 00:19:35.95 ID:QV+vtm5n.net
ウルトラマンダイヤ「デュワアアアアアアアアア…」

ウルトラマンダイヤ「デヤアアアアアアァアアア!!!」ビビビビビー

普通怪獣ちかちー「ぎゃああああああああぐわああああ!!!」ドッカーン



ウルトラマンダイヤ「(ふう、何とかやっつけましたわね。私がいる限りルビィとこの街には指一本触れさせませんわ)」

ウルトラマンダイヤ「(敵も倒しましたしこの姿でいる必要もありませんわね。ならば姿を消すのがヒーローの鉄則ですわ)」

ウルトラマンダイヤ「デヤッ!」
10: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/07/05(火) 00:26:39.88 ID:QV+vtm5n.net
~後日~

ルビィ「いらっしゃい、マルちゃん!」

花丸「お邪魔するずら!それにしてもルビィちゃん家って広いずらね…」

ルビィ「うん。それにしてもこの前普通怪獣ちかちーがこの街を襲ってきたときはびっくりしたね…」

花丸「そうだね、ルビィちゃん。あの時は街もおらたちもどうなるかと思ったけど…」

ルビィ「無我夢中でお姉ちゃんに助けを求めてたら本当に助けに来てくれて嬉しかったよ。でもルビィ達が逃げた後何してたんだろう?」

花丸「きっと街の人達が逃げるの手伝ってたんじゃないかな?それにしてもルビィちゃんは呼べば助けに来てくれる本当に優しいお姉ちゃんを持ってるんだっておら、感動しちゃったずら!」

ルビィ「まあでも普段は怖いお姉ちゃんだけどね、ってあれマルちゃん私の後ろ見つめてどうしたの?」 チラッ

花丸「ルルルビィちゃん…」

ダイヤ「」ゴゴゴゴゴ

ルビィ「ひぇっ…」

ダイヤ「ルビィ、ちょっと。あなたまた人のアイス勝手に食べたでしょ!?全く何回言っても同じことを繰り返すなんてどういうことなの!?今日という今日は絶対許しませんからね!」

ルビィ「ごめ〝ん〝な〝ざい〝お〝姉〝ぢゃ〝ん〝ん〝ん〝!」

花丸「本当に仲の良い姉妹ずら!」


ーーーー終わりーーーー
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『【SS】ルビィ「ピギャアアアア!助けてお姉ちゃん!」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。