希「5月27日は」ことり「小松菜の日!」

シェアする

ことのぞ-アイキャッチ1
1: 名無しで叶える物語 2017/05/27(土) 00:01:52.88 ID:9XU7KP18.net
【三百年前・神田明神】

ことり「ふーんふーんふふんふーふーん♪」サッサッ

ことり(我ながら上手くできたよね。どこから見ても巫女さんだよ♪)

チャリン カランカラン

ことり「ありがとうございます」ペコ

パン パン

ヒデコ「…今の巫女さん、どこかで見たような…?」

ミカ「前にもここで見たんじゃないの?」

ヒデコ「そうだよね…巫女さんだし」

ことり(バレてない、バレてない…えへへ♪)

「ことり。おみくじをくれるかしら?」

ことり「はい。ただい…ま」

理事長「…やっぱり、ここにいたのね」

ことり「お、お母さん…どうして」

理事長「ここは江戸総鎮守。江戸をあずかる将軍家の者が参詣に来るのは当然の事よ」

ことり「そ、そうだよね…じゃあ私はお仕事」ギュ

理事長「待ちなさい。…ことりに似た巫女さんがいるって噂になってるのよ。まさかと思って来てみたら、案の定…」ハァ

ことり「ほ、ほら。社会勉強っていうか、日頃の感謝をこめて明神様のためにご奉仕っていうか…」

理事長「巫女のかっこうをしても、そのトサカでわかる人にはわかるのよ。おとなしくお城へ戻りなさい」

ことり(私はいろんな衣装を自分で作って着たり誰かに着せたりするのが好きなの。そして身分を隠していろんなところでお仕事するのが楽しいのに…)

ことり(町は人が多すぎるからダメだね。今度はもっと静かなところへ行ってみようかな)

【南葛飾郡・小松村】※現在の江戸川区小松川町

ザッ ガシャ

希「ふーっ。これくらいでいいかな…」

ほの母「希ちゃん」

希「あ、きぃちゃん…こんにちは」

ほの母「こんにちは。いつもご苦労さま…これ、差し入れのおだんご」

希「わ、ありがと♪ちょうど休憩にしようと思ってたん」

ほの母「また何かの種を蒔くの?」

希「そのつもり。青菜が一年中できればいいんだけど…今度はうまくいくかなぁ」

元スレ: 希「5月27日は」ことり「小松菜の日!」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語 2017/05/27(土) 00:03:14.26 ID:9XU7KP18.net
ほの母「桑畑にしてみたら?生糸が作れたら、お野菜よりずっと高く売れると思うけど…」

希「んー。養蚕は儲かるかもしれないけど、それより誰でも買えて美味しい青菜をみんなに食べてもらいたいんよ」

ほの母「そう…希ちゃんらしいわね」

希「きぃちゃんも一緒やろ?」

ほの母「そうね…もっといろいろなお菓子を作って、何百年も続くようなお店にしたいわ」

希「きぃちゃんなら、きっとできるよ♪ウチはお野菜で頑張る」

希(けど…周りにも桑畑が増えたなぁ。舶来の生糸は高いから、自分たちで作れば儲かりそうって思う人も多いんかな?)

ことり「あのー。ちょっとお話、いいですか?」

希「はあ。…立ち話も何ですから、上がってください」

希(地元の人じゃないよね…女の子の一人旅って、いったいどういう…)

ことり「お邪魔します。…あの、この辺りで生糸を作ってるって聞いたんですけど…」

希「あ、うん。近所にも何軒かあるみたいやね。ウチのところは野菜ばっかりで桑畑はないけど…」

ことり「そうなんですか。お野菜…」

希「ウチの野菜はどれも美味しいよ。よかったら食べてって♪」

ことり(糸を買いに来たんだけど…せっかくだから、寄り道しちゃおうかな♪)

希「青菜の味噌汁に、おひたし、漬物、あとこれは菜種油で炒めた青菜」

ことり「へー。これ、全部同じお野菜なんですか?」

希「うん。ホンマは冬から春にかけてが旬なんやけど、何とか夏も秋も美味しい青菜ができるように頑張ってるん」

ことり「そうなんだ…いただきます」

シャキシャキ

希(この娘、どこかで見たような…誰かに似てる気がするんやけど)ジーッ

ことり「とっても美味しい♪」モグモグ

希「それはよかった。何ならおみやげに持って帰ってよ。今から採り…に」

ことり「いいんですか?」

希「…とり」

ことり「えっ」

希「そのトサカ…あ、あなたは…もしかして、ひm」
ことり「しーっ。お母さんには内緒で来てるの…誰にも言っちゃダメ」

希「や、やっぱり…でもどうして、お姫さまが…」

ことり「私、自分でいろんな衣装を作るのが趣味なの。でも幕府で管理してる舶来の生糸を使うとお母さんにバレちゃうから、地元で作ってる国産の生糸をこっそり買いに来たんだ♪」

希「それで生糸が必要やったんですね…」
3: 名無しで叶える物語 2017/05/27(土) 00:06:26.91 ID:9XU7KP18.net
ことり「でも、このお野菜もとっても美味しくて気に入っちゃった♪これ、なんていうお野菜なの?」

希「えーと…名前は特にないです。どこにでもあるごく普通の青菜やし…」

ことり「こんなに美味しいんだから、名前があればもっといろんな人が買いに来るんじゃないかなぁ?」

希「んー。でもどんな名前をつけたらいいんでしょう…」

ことり「たとえば…ここって、なんていう村なの?」

希「ここは小松村です。小さい松って書いて…」

ことり「じゃあ…小松菜!」

希「小松…菜?」

ことり「うん。今から、この青菜は小松菜。どうかなぁ?」

希「小松菜かぁ…いいと思います」

ことり「っと、いけない。お野菜もいいけど、あなたの名前を聞いてなかったよね」

希「ウチは希っていいます。布の上にメって書いて…」

ことり「お希ちゃん?」

希「はい」

ことり「糸を買いに来たはずなのに、布より素敵な人にメをつけちゃった♪」

希「え!?」

ことり「希ちゃんは、家族はいないの?」

希「えーと…とある事情で親元を離れてウチだけ江戸で暮らしてるんです」

ことり「そうなんだ…そういえば江戸ではちょっと聞かないお国言葉だよね」

希「いや、それはあんまり関係ないんですけど…」

ことり「え?」

希「な、なんでもないです。アハハ…」

ことり「ねえ、希ちゃん。畑仕事って一人じゃ大変でしょ?私も希ちゃんのお手伝いがしたいな♪」

希「えぇ!?…いやいや、姫さまにそんなことさせるわけには…」

ことり「私ね、いろんな衣装を作って…それを着たら、いつもとは違う自分になれるって気がするの」

希「はあ」

ことり「だから…ここにいる間は、徳川の娘じゃなくて…」

希「ちょっ…何してるんですか!?」

ことり「希ちゃんの服、ちょっと貸してくれる?」ヌギヌギ

希「まさか、着るんですか…?」
5: 名無しで叶える物語 2017/05/27(土) 00:11:09.92 ID:9XU7KP18.net
希(ウチの服を着て…姫さま、ホンマに畑仕事する気なんかなぁ?)

ことり「エヘヘ。似合う?」

希「後ろ姿やったら、姫さまとはわからないかもしれませんけど…」

ことり「姫って呼ばないで。…そうだなぁ、ここは南葛飾郡だから…南ことり♪」

希「みなみ?」

【江戸城】

理事長「ことり。…あなたが農民の娘と、その…」

ことり「身分なんて関係ないよ。私は希ちゃんが好きなの」

理事長「それは構わないけど、ことりが農村に通うのは止めなさい。服を着替えたって中身は同じ。民の目はごまかせないわ」

ことり「希ちゃんをお城へ連れて来いってこと?」

理事長「それしかないでしょう。そうすれば誰にも気兼ねなく一緒に暮らせるんだから」

ことり「でも、それじゃ希ちゃんの畑が…お野菜はどうなるの?」

理事長「小松村じゃなくてもお野菜は作れるわ。その娘には広大な農地を与えて、夏でも秋でも絶やすことなく青菜が採れるようにしましょう」

【今年】

希「それ以来“小松菜”は江戸の名産品として知られるようになったんやって」

ことり「私、そんなに昔から生きてないんですけど…」

希「きっと二人はウチらのご先祖様やないかな?…もしくは前世とか♪」

ことり「小松菜の由来が村の名前って説は実際にあるみたいだけど…」

希「三百年の時を越えて、こうしてウチは南さんと再会した…運命やと思わない?」

ことり「っていうか、私が音ノ木坂に入って一年くらい面識もなかったような…」

希「いやぁ…ほら、ついお野菜が不足がちになっちゃうやん?お肉好きやし。だからうっかり忘れてたっていうか…」

ことり「もしかして…副会長さんって、ホントに一人暮らし?」

希「おおっ!?前世の記憶が」

ことり「いや、今まで副会長さんが話してた内容そのままですから。私の記憶とかじゃなくて…」

希「あ、そう。…まあ実際ウチは一人暮らしやけど」

ことり「やっぱりそうなんだ…お弁当、毎朝自分で作ってるんですか?」

希「気が向いたら作るって感じかな。さすがに毎朝そんなに早起きっていうのも長続きしないし」

ことり「ですよね…大変そう」
7: 名無しで叶える物語 2017/05/27(土) 00:19:31.17 ID:9XU7KP18.net
希「何やったら一緒に暮らしちゃう!?」

ことり「どうしていきなりそんな話になるんですか…私、副会長さんとそんな関係じゃないし」

希「じゃあこれからそういう関係に」
ことり「なりません」

希「そんなぁ…南さんは年上の女の子は嫌いなん?…あ、わかったロリ」
ことり「違います。副会長さんのことはまだよく知らないし…それに私には穂乃果ちゃんがいるし♪」

希「なにー!?それやったらウチにだって、きぃちゃんがいるし♪」

ことり「どうして穂乃果ちゃんのお母さんが…どういう関係なんですか!?」

希「フフフ…気になる?」

ことり「う…聞きたいような、やめたほうがいいような…」

希「そんなにウチのことが気になるん?南さんったら」キャ

ことり「…」

希「いや、冗談や。きぃちゃんはウチの初恋の人ってだけ。ただの片想いやったん」

ことり「へー。穂乃果ちゃんのお母さんも素敵ですよね♪」

希「そやね。昔から優しくて、今より若くて可愛くて…」

ことり「そんなこと言ったら今のきぃちゃんに失礼ですよ」

希「きぃちゃんは今も可愛いし好きだよ。…でも、今はもっと気になる子がいるん」

ことり「…誰にでも言ってるんじゃないですか?」ジトー

希「そんなことないよ。ウチがμ'sに興味をもったのは、南さんがいるからや」

ことり「本当かなぁ…」

【東條家】

希「小松菜はいろんな栄養素がギュッと詰まった優秀なお野菜なんよ。特にカルシウムと鉄分はほうれん草の倍以上や」

ことり「そうなんだ…でも知名度が今ひとつっていうか、緑色の葉っぱのお野菜っていうとついほうれん草を使いたくなっちゃいますよね」

希「まあ、関東ローカルの小松菜に比べてほうれん草は世界的に有名やからね」

ことり「昔、小学校でニワトリさんのお世話してたとき…穂乃果ちゃんと一緒に小松菜を持って行ったことがあります♪」

希「うさぎや爬虫類、鳥のエサにもいいらしいね。小松菜は体にやさしいお野菜でもあるん」

ことり「へー」

希「鳥のエサ…」

ことり「私は鳥じゃないです><」

希「い、いや何も言ってないやん?」
11: 名無しで叶える物語 2017/05/27(土) 00:23:05.87 ID:9XU7KP18.net
ジャー

ことり「あ、私やりますよ」

希「南さんが作ってくれるん?」

ことり「三百年前は副会長さんが作ってくれたでしょ?」

希「それってウチの作り話…」

ことり「もしかしたら、そんなこともあったのかもしれないって…可能性を作ってくれたじゃないですか」

希「…南さん」

ことり「三百年前はともかく、今は母も南さんですけど」

希「えーと…じゃあ、ことりちゃん?」

ことり「はい♪」

トトトトン

希「上手やね。いいお嫁さんになれるよ♪」

ことり「え?…ふふふ。小松姫は井伊じゃなくて真田家に嫁いだんですよ」

希「ああ、本多平八郎忠勝の娘…って、その小松さんは小松菜とは関係ないやろ?時代が古すぎるし…」

ことり「でも小松菜の由来が小松川ってことは有名だけど、小松川の由来は“川沿いに松が植えられていた”程度しか伝わってないじゃないですか」

希「確かに…それだけじゃ、いつ誰が松を植えて、どうして“小松”なのかわからないね」

ことり「だから、実は無関係じゃない可能性もあるでしょ?」

希「じゃあ…ことりちゃんとウチが三百年前に一緒に暮らしてた可能性も?」

ことり「それはどうかなぁ…ふふふ」

ジュー ガシャシャ

ことり「はい、できました♪」

希「おぉー!なんかオシャレなパスタとスープとサラダ…」

ことり「小松菜のペペロンチーノと小松菜のスープ。サラダには小松菜の“つまみ菜”を使いました♪」

希「三百年前と違って、すっかり洋風になっちゃって…黒船来航やなぁ」

ことのぞ「いただきます♪」

ことり「そういえば…小松菜の名付け親といわれる徳川吉宗が、ベトナムから江戸へやって来たゾウを見たのが当時の暦で五月二十七日だったみたいですね」

希「へー」モグモグ

ことり「どうですか?」

希「おいしい♪お料理上手なんやね」

ことり「μ'sを始める前はお料理研究部ですから♪」
16: 名無しで叶える物語 2017/05/27(土) 00:25:35.50 ID:9XU7KP18.net
希「ロボット部やなかったん?」

ことり「そっちは書類審査で失格だったし…」クスン

希「ま、まあ…ロボットのネーミングに問題があったんやない?」

『ムリダナ(・×・)』

希「三百年前みたいな広い畑はないけど、小松菜はこういうプランターでも簡単に育てられるん」

ことり「簡単なんだ…でも暑い時期だと虫とかついたりしませんか?」

希「小松菜を食べちゃうような虫は見つけ次第えいえいってするから大丈夫や」

ことり「えいえい?」

希「でもまあ、コオロギくらいやったら風流でいいんやけど」

ことり「こんなところにコオロギが入ってくるの…?」

希「たぶん使ってる土とかに卵が混ざってるんやないかな?それが孵化して出てくるんやと思う」

ことり「へー」

希「葉ものの野菜は株を残してもしょうがないし、育ったらどんどん収穫して食べちゃうのが一番や」

ことり「小松菜って育つと菜の花が咲くんですよね」

希「うん。…でも、そこまで育つと茎とか硬くなってアクが強くなって野菜としては残念な感じになるから…」

ことり「じゃあ、種を採るのはあきらめて毎回新しく種や苗を買うんですか?」

希「そやね。どんどん増やそうと思ったら、さすがに広い畑がないと厳しいし…」

ことり「畑かぁ…じゃあ、いつか庭がある家に住んだら本格的にやってみます?」

希「え?…まあ、いつかはって思うけど…急にどうしたん?」

ことり「三百年前みたいに一緒に暮らしませんかってことです♪」

希「!?…ことりちゃん、それ本気で言ってる?」

ことり「本気ですよ。だって私、副会長さんのこと…」

希「ちょ、ちょっと待って。物事には順序ってものが…」

ことり「順序?」

希「ほら、まずは名前で呼ぶようになってからとか、そういう…」

「…希」

希(いきなり呼び捨て!?ことりちゃんも意外と…)

「希!…もう!どうして寝てるのよ!?」

希「え?…あ、あれ?ことりちゃんがエリちになってる…」

絵里「なに言ってるの。ライブは終わったのよ。南さんたちはとっくに帰ったわ」
18: 名無しで叶える物語 2017/05/27(土) 00:27:52.10 ID:9XU7KP18.net
希「ライブ?…えーと、今日って何日やったっけ?」

絵里「五月一日よ。…大丈夫?いつまでも寝ぼけてないで、私たちも帰りましょ」

希「う、うん」

希(南さんたちの大事なファーストライブの途中で寝ちゃうなんて…南さんにも嫌われちゃったかな)シュン

希(でも…どこからが夢やったんやろ?…やっぱり、まだほとんど接点がない状態なんかな)

希(それでファーストライブのとき居眠りしてた人じゃ…完敗からのスタートやな)クスン

希「…エリちはどう思う?」

絵里「どうって言われても…そもそもどうしてそんなに眠かったの?」

希「いや、明後日から五連休やろ?…もし長く家を空けたら小松菜が心配やし、ちょっとネットでいろいろ調べてつい夜更かししちゃったんよ」

絵里「小松菜ねえ…」

希「はぁ…連休で南さんに会えない間、ウチはずっとただの居眠りしてた人なんや」シクシク

絵里「そんなに南さんのことが気になるの?」

希「エリちはそういう経験ない?今まであまり接点がなかった女の子が夢に出てきて、何となく意識するようになっちゃうっていう…」

絵里「無くはないけど、私の場合はそれで恋愛感情になったりはしないわ」

希「そっかぁ…」

絵里「いつもの希らしくないわね。南さんと仲良くなりたいんだったら、ちょっと強引なくらいでいいんじゃない?」

希「強引って…」

『な、何するのよ!?』
『まだ発展途上といったところやなぁ』

絵里「いや、そんなことしたら確実にマイナスだと思うわ…」

希「アハハ…やっぱりウチはおとなしく小松菜のお世話でもしてたほうがいいんかなぁ」

絵里「小松菜…そうね。使えるかもしれない」

希「えっ」

【翌日】

ことり「小松菜の苗…ですか?」

希「うん。よかったら南さんも育ててみない?」

ことり「はあ。…でも、どうして私に?」

希「ほら。このカード…小アルカナ、杯の2や」

ことり「それってタロットカードですよね?…何を占ったんですか?」

希「そ、それは…もちろん音ノ木坂とμ'sの今後について、や。このカードには共有、協力といった意味があるん」

ことり「えーと…小松菜を副会長さんと共有したら、μ'sに協力してくれるってこと…?」
26: 名無しで叶える物語 2017/05/27(土) 00:34:03.33 ID:9XU7KP18.net
希「それだけやなくて…障害を除き、望みと状況が一致する暗示でもあるん」

ことり「!…じゃあ、小松菜を育てれば廃校を阻止できる!?」

希「もちろんキミたちが頑張ることが必要やけど、あとちょっとの運が必要なとき、きっとプラスになるはずや」

ことり「わ、わかりました…やってみます!」

希(…実は、このカードには別の意味もあるけどね///)

希「何かわからないことがあったらいつでもウチに声かけてよ」

ことり「はい。ありがとうございます♪」

ことり(…でも、どうして私なのかなぁ?…穂乃果ちゃんでも海未ちゃんでもなく)

『杯の2や』

ことり(“2”だから?…でも三人で番号言ったのはまだ一度だけだし、副会長さんは聞いてなかったよね)

【南家】

理事長「へえ。小松菜…確か三、四百年前から東京で栽培されてる伝統的な野菜ね」

ことり「うん。簡単だって聞いたから…たまにはお野菜育ててみるのもいいかなって」

理事長「収穫したら食べられるし、楽しみね♪」

チュン(・8・)チュン

ことり「お母さん!」パタパタ

理事長「おはよう。ことり…どうしたの?」

ことり「お母さんはμ'sに反対なの!?」

理事長「え!?」

ことり(何かをお母さんに反対される夢をみたけど…よく覚えてないや)

【神田明神】

海未「ファーストライブが終わったばかりですし、連休くらい休みにしても良かったのですが…」

穂乃果「ううん。廃校の期限は迫ってるんだし、休んでなんかいられないよ!」

ことり「そうだね…頑張ろう」

サッサッ

希(やっぱり、ここで練習するみたいや。来てみて正解やったかも)

希(…共有、信頼。…そして///)ドキドキ

希(って、あかーん!かりにも巫女が明神さんの前で煩悩全開やん…)ジタバタ

ことり(…あれ、副会長さんだ…何してるのかなぁ?)

ドタバタ
30: 名無しで叶える物語 2017/05/27(土) 00:35:36.54 ID:9XU7KP18.net
穂乃果「疲れたぁ…」グッタリ

海未「では三分休憩です」

穂乃果「…あれ、ことりちゃんは?」

タタタ…

ことり「副会長さん」

希「わぁ!?…こ、ことりちゃん」

ことり「えっ」

希「あ。…い、いや南さん」

希(アカン。夢と現実がごっちゃになってる…)

ことり「ことりでいいですよ。…ふふふ」

希「う、うん。じゃあウチのことも名前で呼んでくれる?」

ことり「…えーと」

希「あはは…ダメやったら別にいいんよ。気にしないで」

ことり「ち、違います。そうじゃなくて…まだ名前、聞いてなかったから」

希「あ、ホンマ…ウチは東條希。希望の希っていう字や」

ことり「布の上にメが乗ってる…」

希「え。…あ、うん」

希(あのときと同じ…ウチ、ひょっとしてまだ夢の中にいるん?)

ことり「…っていう夢をみたんです」

希「え!?」

ことり「でも、目が覚めたらほとんど忘れちゃってて…希先輩、だったんですね」

希「ことりちゃんもウチの夢を…?」

ことり「も?」

希「ご、ごめんね。変な話やけど、ウチも…ことりちゃんのこと、夢の中でそう呼んでて。何だったら、その前はことりちゃんもウチのこと“希ちゃん”って」

ことり「そう呼んだほうがいいですか?」

希「えっ」

ことり「希ちゃん…って」

希「え、えーと…ウチは嬉しいっていうか、ことりちゃんが呼びやすいように呼んで」ドキドキ

ことり「ふふふ。じゃあ、学校以外では希ちゃんって呼ぼうかな♪」

希(こ、これは…明神さんのおかげ?…それとも)
33: 名無しで叶える物語 2017/05/27(土) 00:38:01.00 ID:9XU7KP18.net
希「小松菜はどんな感じ?」

ことり「ちゃんと植えましたよ。お母さんと収穫が楽しみだねって話してたの」

希「そっか。気に入ってもらえて何より…」

ことり「でも、あの夢」
穂乃果「ことりちゃーん!」

ことり「あ、いけない…もう三分過ぎちゃってる」アタフタ

希「頑張って。練習…」

ことり「はい。ありがとう、希ちゃん♪」

タタッ

希(“希ちゃん”かぁ…ちょっと前進かな?///)

希(でも…何を言いかけたんやろ?ことりちゃん…)

\1、2、3、4…/

穂乃果「やっとお昼だぁ…」ペタン

海未「午後はどうします?…平日と同じく夕方にまた集まりますか?」

ことり「うん。私はそれでいいよ」

海未「では、午前中の練習はここまでですね。お疲れさまでした」

穂乃果「はーい。また後でー」
35: 名無しで叶える物語 2017/05/27(土) 00:38:27.20 ID:9XU7KP18.net
ことり「希ちゃん。…いるの?」

希「はーい。お疲れさま、ことりちゃん」

ことり「あ、もう着替えたんだ…」

希「うん」

ことり「えーと…お腹空いてない?」

希「まあ、それなりに…」

ことり「なんと!?ここに!お弁当が!二人分!」

希「そ、それって」

ことり「ありませんでしたー♪」

希「えぇ…」ガクッ

ことり「お弁当は一つだけど、私が作ったんです。よかったら一緒に食べませんか?」

希「いいの?…ことりちゃんの分が足りなくならない?」

ことり「足りなかったら、希ちゃんが何かおごってくれる予定です♪」

希「アハハ。うん、いいよ」

ことり「えへへ。昨日ね、ちょっと調べたんだけど…」

希「何を調べたん?」

ことり「小松菜の花言葉は“小さな幸せ”なんだって♪」

希(…杯の2、正位置。“恋の始まり”…まだ、ことりちゃんとは恋人でも何でもないけど…)

ことり(廃校問題と違って、希ちゃんが卒業しちゃうまではチャンスがあるし。…ゆっくりでいいよね?)

希「もう小松菜が入ってる!?まさか、一夜でそこまで育った!?」

ことり「いや、そんなわけないし…これは普通に買ってきた小松菜です♪」

希(ご先祖様の苦労の甲斐あって?今は一年中いつでも採れる小松菜だけど)

ことり(一番おいしい、旬の季節は冬から早春)

希(ウチに春がやって来るのと、どっちが先か…ゆっくり、じっくり、甘くなれ♪)



おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『希「5月27日は」ことり「小松菜の日!」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。