真姫「六月一日は」絵里「写真の日?」

シェアする

えりまき-アイキャッチ1
1: 名無しで叶える物語 2017/06/01(木) 00:03:32.65 ID:Y1bUrvOc.net
【四月】

理事長「廃校」

穂乃果「」

海未「穂乃果!?」
ことり「穂乃果ちゃん!」

パシャシャ

穂乃果(まぶしい…何の音…?)

真姫「ふーん。いまどきこんなの使ってるのね」パシャ

穂乃果「だ、誰!?」

真姫「私?…西木野真姫です」

穂乃果「はあ。ニシキノさん…何してるの?」

真姫「写真を撮ってたんです。そこの棚の薬品とか」

穂乃果「えぇ…そんなの撮ってどうするの?」

真姫「どういうの使ってるか少し気になって。当たり前だけど病院と学校の保健室じゃ全然違うでしょ」

穂乃果「よくわかんないけど…」

真姫「あと、面白いものも撮れたし♪」パシャ

穂乃果「わ。…ま、まさか寝顔とか撮ってないよね?」

真姫「さあ?…たぶん撮ってないんじゃないですか?」

穂乃果「あっ、撮ったでしょ!?」

真姫「別にいいじゃない。結構可愛かったし…」

穂乃果「やめてよー!絶対誰にも見せちゃダメだからね!」プンプン

真姫(かわいい)クス

パシャ

穂乃果「撮らないで!」

【二年教室】

穂乃果「どーしよー!?全然勉強してないよー!」

ことり「え?」

真姫「これは確かに深刻ね…数学、赤点だし」パシャ

穂乃果「ああっ!?何撮ってるの!?」

海未「穂乃果の一年の時のテスト結果ですね」

元スレ: 真姫「六月一日は」絵里「写真の日?」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語 2017/06/01(木) 00:07:05.45 ID:Y1bUrvOc.net
真姫「高坂先輩って病弱なんですか?…保健室で寝てたし」

穂乃果「そんなことないよ。滅多に学校休んだりしないもん」

ことり「遅刻は時々あるけど…」

真姫「まともに授業受けてて、これはちょっと…」

穂乃果「返してよー!もう、どこから引っ張り出してきたの!?」

【中庭】

穂乃果「今日もパンがうまいっ♪」パク

パシャ

穂乃果「わ。西木野さん…まだいたの?」モグモグ

真姫「すごく美味しそうに食べるんですね」

穂乃果「おいしいよ。西木野さんも食べる?」

真姫「いや、私は別に…」

絵里「ねえ。ちょっといい?」

パシャシャ

絵里「ちょっ…どうして写真を撮ってるの!?」

真姫「気にしないでください」

絵里「気になるわよ。いきなりカメラを向けられたら…」

真姫「そうですか?…じゃあ、撮らせてください」

絵里「お断りします」

真姫「あ、そう。…残念。美人だし格好の被写体なのに」

絵里「…やめてよ///」

真姫(いい!)パシャ

ことり「あ、あのー。私たちに何か用があるんじゃ…?」

希「あ、うん。少し南さんに訊きたいことがあって」

真姫(入学希望者が定員を上回れば廃校にならない…というわけで、音ノ木坂のいいところを探すことになった)

真姫「これって誰の像なんですか?」パシャ

穂乃果「さあ?たぶん昔の人だと思うけど…」

ことり「変わったポーズだよね。ちょっと面白いかも♪」

穂乃果「じゃあ、みんな同じポーズで記念撮影しよっか!?」

海未「わ、私はやりませんよ!」
3: 名無しで叶える物語 2017/06/01(木) 00:09:12.54 ID:Y1bUrvOc.net
【室内プール】

真姫「ここって一年中泳げるんですよね?」

穂乃果「うん。西木野さんも興味あるの?」

真姫「高坂先輩。着替えてきてくれませんか?」

穂乃果「え。…な、なんで?」

真姫「誰も入ってないプールを撮っても味気ないじゃないですか」

穂乃果「…西木野さんって女の子ばっかり撮ってるの?」

真姫「そんなことないですよ。風景や生き物、花、食べ物とか…何でも撮ります」

【図書館】

真姫「いい雰囲気ね」パシャ

海未「静かで蔵書も充実していますし、読書や勉強には理想的な環境ですね」

ことり「はい、穂乃果ちゃん」

穂乃果「アンパンマンの絵本?」

真姫「なるほど。高坂先輩なら勉強より似合いますね」パシャ

穂乃果「確かに好きだけど、なんかバカにされた気分…」

真姫「そんなことないですよ。じゃあ、高坂先輩が見つけて嬉しそうに持ってくるところから」

穂乃果「やらないよ!」

【アルパカ小屋】

アルパカ「メ゙ェ?」

真姫「これは…珍獣ね」パシャシャ

花陽「あ、あのー。あんまり近づきすぎると…」

真姫「あなたは?」パシャ

花陽「わ、私?…小泉、花陽…」

真姫「ふーん。じゃあ小泉さんが真ん中で、南先輩と高坂先輩…三人くっついて」

ことり「はーい♪」

穂乃果「…こう?」ギュ

花陽「ちょっ…な、何の撮影ですか!?」ドキドキ

真姫「はい、プランタン」

ことほのぱな「プラ」パシャ
4: 名無しで叶える物語 2017/06/01(木) 00:11:06.28 ID:Y1bUrvOc.net
真姫「ところで園田先輩は?」

穂乃果「海未ちゃんは部活に行ったよ。弓道場」

真姫「弓道…いいわね。私たちも行くわよ!」ギュ

凛「にゃ!?…え、なんで凛!?」

ズルズル ニャー!

花陽「行っちゃった…」

穂乃果「私たちは帰ろっか…」

ことり「そうだね…」

【弓道場】

ヒュッ ターン

凛「わあー、なんかカッコいいにゃ♪」

真姫「そうね。ここだけ雰囲気が違うわ」パシャシャ

凛「弓道って誰でもできるのかにゃ?」

真姫「初心者には難しいんじゃない?…弓矢って武器みたいなものだし」

海未「西木野さん…見学ですか?」

真姫「撮りに来たんです」パシャ

海未「あ、あまり撮らないでください…」

真姫「でも園田先輩が一番似合いますよ」

凛「うん!美人だし、すっごくカッコいいにゃ♪」

海未「そ、そんなことは…見られていると集中できません」

真姫「矢が的の真ん中に当たる瞬間も撮りたいわ」

海未「危ないですから、前に出ないでくださいね…」

凛「的のほうだけ撮るんだったら、槍投げみたいに矢をエイッて投げればいいんじゃないかにゃ?」

海未「無理だと思いますよ。ダーツではないのですから…」

【穂むら】

真姫「いい感じのお店ね」パシャシャ

ほの母「あら、穂乃果のお友達?」

真姫「ただの後輩です」
5: 名無しで叶える物語 2017/06/01(木) 00:12:58.64 ID:Y1bUrvOc.net
穂乃果「雪穂!あんた音ノ木坂受けないの!?」

真姫「…何事?」

ほの母「アハハ…気にしないで」

雪穂「どう考えても、お姉ちゃんがどうにかできる問題じゃないよ」

穂乃果「…」

パシャ

穂乃果「西木野さん!?…な、なんでいるの?」

真姫「すれ違う姉妹から家庭崩壊へ…」

穂乃果「しないよ!」プンプン

【穂乃果の部屋】

『むしろ明るいくらいで。どこに旅行いこうかなーとか言ってて…』

穂乃果「そんなもんなのかなぁ…」

パシャシャ

真姫「結構可愛い部屋ね。女の子って感じ」

穂乃果「ちょ、ちょっと…部屋の中は撮影禁止!」

『え?…どうしたの?穂乃果ちゃん』

【再び一階】

ほの母「…」

真姫「これ、誰が撮ったんです?」

ほの母「当時の写真部…って、あ、あなた…」

真姫「西木野真姫です」

穂乃果「わあー、全然変わってない…お母さんが歳とっただk」ギューッ

穂乃果「いひゃい、いひゃい><」

真姫「でも、やっぱり昔は今よりずっと生徒が多かったんですよね?」

ほの母「そうね。部活動も今より多くて活発に活動してる部がたくさんあったし…」

真姫「当時の写真部がうらやましい。もっといろんなシャッターチャンスがあったでしょうね」

穂乃果「でもアルパカさんはいなかったでしょ?」

ほの母「今の音ノ木坂だって、いいところはたくさんあるはずよ。あなたたちが増やしていくことだって…」

ほのまき「…」
7: 名無しで叶える物語 2017/06/01(木) 00:20:01.22 ID:Y1bUrvOc.net
チュン(・8・)チュン

真姫「…」ドキドキ

雪穂「…何してるんですか?」

真姫「しーっ。起こしたら寝顔が撮れない」ガラッ

穂乃果「おはよー!…何してるの?」

真姫「なんだ、もう起きてたの…」ガクッ

穂乃果「それより早く朝ごはん食べて、早く行こっ」

【秋葉原・UTX前】

穂乃果「わあ…」

真姫「ビルなんか見て面白い?」パシャ

穂乃果「だって、ここ学校だよ?こんな学校見たことないよ」

真姫「ふーん…私は音ノ木坂のほうが好みだけど」

穂乃果「す、すごい…」ベター

真姫(高坂先輩を見てるほうが面白いわ)クス

にこ「…」

真姫(…不審者発見)パシャ

にこ「ちょっ…なに勝手に撮ってんの!」

真姫「あなた何者?」

にこ「通りすがりのアイd」

真姫「あい?」

にこ「あ、合気道の達人よ!」

真姫「そうは見えないけど…じゃあ、何かやってみせてよ」

にこ「今忙しいの。後にしてくれる」

『UTX高校にようこそ!』

真姫(映像を撮ってもしょうがないし…本人はどこにいるのかしら?)

凛「かよちん!遅刻しちゃうよー?」

真姫「よし、行くわよ」ガシッ

凛「ちょっ、えぇ!?また凛なのー?><」

にこ「あっ、あんたたち…どこへ行く気!?」

花陽「り、凛ちゃん…待って!」
8: 名無しで叶える物語 2017/06/01(木) 00:22:33.57 ID:Y1bUrvOc.net
穂乃果「あれっ、みんなどこ行くの?」

ドタバタ

にこ「勝手に入っていいの?…っていうか、生徒じゃないと奥へは行けないわよ?」

真姫「さっきの映像、編集された物でしょ?たぶん本人は今どこか別のところにいるわ」

穂乃果「あの人たちに興味があるの?」

にこ「A-RISEよ。A-RISE」

花陽「あ、会えるのかな…?」ドキドキ

凛「凛は別に興味ないから早く学校行きたいにゃ><」

「なあに?修学旅行?」ファー

にこぱな「!」

真姫「写真を撮りたいんですけど…いいですか?」

「あら、もしかして取材?」

にこ「優木あんじゅ…」

あんじゅ「うふふ。ごきげんよう♪」

花陽「ぜ、是非…私と一緒に!」

にこ「あっ、ずるいわよ!私も撮りたいのに」

穂乃果「せっかくだからみんなで撮ろうよ♪」

真姫「じゃあ五人並んで。ユーキさん?を真ん中に」

凛(凛は別にどうでもいいんだけどにゃ…)

あんじゅ「ほら、もっとくっついて♪」

穂乃果「わ」ムギュ

パシャ

あんじゅ「あなたはいいの?」

真姫「え?…あ、私は撮る専門だし…」

「では、そのカメラを借りてもいいかな?」

にこぱな「!?」

真姫「はあ。どうぞ…」

花陽「え、英玲奈…さん」

英玲奈「おはよう。音ノ木坂は休みか?」
9: 名無しで叶える物語 2017/06/01(木) 00:24:13.30 ID:Y1bUrvOc.net
あんじゅ「早く撮っちゃいましょ♪」ギュ

真姫(…撮られる側はどうも慣れないわね)

パシャ

にこ「英玲奈とも撮りたい」ガシッ
花陽「私も」グイッ

穂乃果「遅刻しちゃうよ。もう行かなくちゃ!」

凛「ほら、かよちんも行くよ!」

にこ「ああっ、滅多にないチャンスなのに…」

花陽「もう学校休みたい…」シクシク

真姫「失礼しました」ペコ

英玲奈「ああ。急ぐのはいいが、気をつけて」

あんじゅ「またね♪」フリフリ

ズルズル

【音ノ木坂】

真姫「もうちょっと粘れば三人目にも会えたかしら?」

穂乃果「確実に遅刻したと思うけどね…間に合ってよかったじゃん」

にこ「写真!あとでくれるわよね?」

花陽「わ、私も欲しい…」

真姫「もちろんあげるわよ。せっかく撮ったんだから…」

凛(まあ、いい思い出にはなるかにゃ?)

絵里「生徒会としても学校存続に向けて活動をしていこうと思います」

希「入学希望者が定員をうま」パシャ

絵里「うま?」

理事長「あなたは…?」

真姫「西木野真姫です」

理事長「何か良い方法があるんですか?」

真姫「UTXに行ってきたけど、面白い被写体が少ないわ。音ノ木坂のほうが、いい写真がたくさん撮れそう」

希「写真で廃校を阻止できるん?」

真姫「わからないけど…何もしないよりマシでしょ?」
10: 名無しで叶える物語 2017/06/01(木) 00:26:14.67 ID:Y1bUrvOc.net
理事長「思いつきで行動しても、簡単に状況は変わりません。生徒会は今いるs」
真姫「行きましょ。ここで撮るべきものはもう無いわ」

絵里「え、ええ」

パタン

理事長「…」ポツーン

【グラウンド】

ザッザッ\ファイッ↓トォー↑/

希「…何でもない走り込みを撮りに来たん?」

真姫「これもUTXには無い風景だと思いません?」パシャシャ

絵里「それはわかるけど…」

真姫「…あ」

のぞえり「?」

真姫「屋上…あれって、高坂先輩?」

【屋上】

穂乃果「いい考えだと思うんだけどな…」

真姫「…」ジーッ

絵里「ちょ、ちょっと…隠し撮りしてどうするの?こんな隙間から…」ヒソヒソ

真姫「なんか哀愁があっていいじゃないですか。目の前に人がいたら撮れない表情ってあると思いません?」ヒソヒソ

希「撮ったらバレそうやし、一発勝負やな」ヒソヒソ

真姫「いえ、気づいた瞬間もまたシャッターチャンスです」パシャシャ

穂乃果「…西木野さん、いるの?」

スタスタ ギィ…

絵里「きゃ!?」

ドサドサッ

真姫(カメラは死守…)

穂乃果「生徒会長さんに副会長さんも…何してるんですか?」

希「あ、アハハ…」
11: 名無しで叶える物語 2017/06/01(木) 00:31:53.51 ID:Y1bUrvOc.net
【音楽室】

穂乃果「ピアノなんて弾けないよ」

希「ウチも…」

真姫「生徒会長は?」

絵里「小さい頃に少し…でも、長い間触ってないわ」

真姫「じゃあ気持ちだけ、一流のピアニストになったつもりで座ってて。どうせ音までは写真じゃ伝わらないし」

絵里「…」ドキドキ

真姫「表情が固いわ」

穂乃果「ねこふんじゃったー♪」バンバン

絵里「ちょっ…高坂さん」

真姫「ひどい音ね」クス

穂乃果「どうぞ!」サッ

パシャ

絵里「スクールアイドル?」

穂乃果「はい。…ダメですか?」

希「この雑誌に載ってるような衣装を着るん?」パラ

真姫「ふーん…私はもっと自然体っていうか、服装とかは普通でいいから何気ない日常の表情を撮りたいけど」

にこ「でも特殊な状況だからこそ撮れる表情だってあるでしょ?プロのアイドルでは見られない姿が…」

花陽「わかります!」

真姫「…って言ってるけど」

絵里「そうね…選択肢の一つとしては、悪くないかも」

にこ「そうと決まれば…やるわよ。スクールアイドル!」

真姫(まあ、気が向いたら撮るかも…)

穂乃果「ぼくらの、道があるー♪」

パシャシャシャ

凛「思いっきり撮ってるにゃ」

真姫「ま、まあ…うまくいくとは限らないし。すぐやめちゃうかもしれないでしょ」

絵里「ふふふ。西木野さんには期待してるわ」

希「そやね。いろいろ、いい写真が撮れるといいなあ…」
13: 名無しで叶える物語 2017/06/01(木) 00:36:09.08 ID:Y1bUrvOc.net
【翌日】

パシャ

絵里「…朝から何?」

真姫「生徒会って、普段何してるんですか?」

希「いろいろだけど…写真撮るほど面白い事はあんまりないよ?」

真姫「じゃあ…」スタスタ

のぞえり「?」

ガチャ バタン

絵里「窓を開けてどうするの?」

希「換気?」

ビュォォォ…バサバサッ

絵里「Ой!?」
希「わっ(急に強風が…)」

真姫「カメラが私にそう告げるのよ!」パシャシャシャ

絵里「な、何の話!?」

希「あーあ…書類とか散らかっちゃったやん?」

真姫「じゃあ私はこれで」ガシッ

絵里「待ちなさい。これ片付けるの、手伝ってくれるわよね?」

【中庭】

穂乃果「西木野さん?」パシャ

真姫「今日もランチパック?…撮り甲斐がないわね」

穂乃果「そんなこと言われても…」

海未「お弁当の写真ならお昼に撮ればいいじゃないですか」

真姫「早めに撮らないと食べ始めちゃうでしょ」

穂乃果「そっか。減ってないお弁当を撮るなら少し早くないとダメかもね」

真姫「園田先輩はお弁当ですか?」

海未「ええ。作ったのは母ですけど…」

穂乃果「ことりちゃんのお弁当もいつも美味しそうだよ♪」

真姫「じゃあ南先輩と園田先輩は決定として…あとは誰のお弁当を撮ろうかしら?」
14: 名無しで叶える物語 2017/06/01(木) 00:39:21.28 ID:Y1bUrvOc.net
【三年教室】

真姫「これ、昨日の写真です」

にこ「ありが」サッ

にこ「とっ…なによ。くれないの?」

真姫「ちょっと撮影に協力してほしいんですけど」

にこ「いいわよ。それくらい…あんたがいなかったら、その写真も撮れなかったし」

キーンコーンカーン…

【再び中庭】

パシャ

にこ「お弁当なんか撮ってどーすんの?」

真姫「お弁当と食べる人をセットで撮るんです。誰がどういうお弁当をどこでどんな風に食べてるか…学校の雰囲気も伝わりやすいと思いません?」

にこ「ふーん…もう食べていいでしょ?」

真姫「先輩のお弁当はお母さんが?」

にこ「いや、自分で作ったわよ」パク

真姫「意外と家庭的…」パシャ

にこ「な、なによ」モグモグ

真姫「いや、私はどうでもいいけど…こういうのってアイドルとしてはいいアピールポイントになるのかなって」

にこ「別にそこをアピールするつもりは無いけど…まずは歌とダンスでしょ」

真姫「練習も撮っていいですか?」

にこ「いいけど…あんたも物好きね」

【廊下】

真姫「順調に進んでるみたいですね」パシャ

にこ「ちょっ…こんなの私聞いてないわよ!?」

真姫「迫真の演技」パシャ

にこ「いや、ホントに聞いてないっての。あいつら勝手に何してくれんのよ!」プンプン

真姫「私に言われても…」パシャ

【穂むら】

真姫「おだんごとお茶。おいしそう」パシャ

にこ「まったく…暢気におだんご食べてる場合じゃないでしょ!」モグモグ
15: 名無しで叶える物語 2017/06/01(木) 00:45:00.84 ID:Y1bUrvOc.net
真姫「この上品な香りが写真で伝わらないのがとても残念。ちなみに産地は」

穂乃果「これは鹿児島の新茶だよ♪」

ことり「それより曲はどうするの?」

にこ「仕方ないわねー。多彩な才能をもつ私が直々に」
穂乃果「西木野さん」

ことまき「えっ」

真姫「…私?」

穂乃果「うん。西木野さんピアノ上手でしょ。作曲もできるんじゃない?」

真姫「まあ…できなくはないけど」

穂乃果「じゃあ早速」
真姫「待って。…条件があります」

ことり「条件?」

にこ「嫌な予感しかしない…」

【翌日】

穂乃果「ほい」ドン

にこ「どわぁ!?」

パシャシャシャ ドボン

にこ「ぶはっ!…こらぁー!何すんのよ高坂!」プンプン

穂乃果「ご、ごめんなさい…だって西木野さんが、こういう画も欲しいって」

真姫「いいリアクションだったわよ」グッ

にこ「あんたね…私を何だと思ってんの!こうなったらあんたもプールに…」

真姫「カメラが壊れるといけないから遠慮しときます」ダッ

にこ「あっ、逃げた!?こらぁー!待ちなさーい!」

穂乃果「っていうか、にこ先輩…学校のプールなのにどうしてそんな水着…」

にこ「なに言ってんの。私たちはアイドルなのよ!スクール水着じゃ私の美しさが伝わらないでしょ?」ドヤァ

穂乃果「ペッタンコじゃん」

ことり「穂乃果ちゃん」

にこ「誰が…ん?…ああっ!?…い、いつの間に///」カァァ

穂乃果「はい」バッ

にこ「あんたのせいよ!あほのか!」バシッ

穂乃果「いたっ><」
16: 名無しで叶える物語 2017/06/01(木) 00:47:24.21 ID:Y1bUrvOc.net
にこ「西木野のカメラ没収しなくちゃ…アイドル生命の危機よ!」

ことり「大丈夫だと思うけど…(たぶん変な使い方はしないし)」

【生徒会室】

絵里(まったく…希はどこへ行ったのかしら)ハァ

パシャ

絵里「ちょっ…西木野さん?」パシャ

真姫「どうも」

絵里「もう!いるならいるって言ってよ…どうして隠れてるの」

真姫「この間も言ったけど、独りのときならではの表情ってあるじゃないですか。油断してる顔っていうか…」

絵里「そういうの撮られたくないんだけど…」

真姫「すみません。…でも生徒会長、可愛いし」

絵里「そんなこと言ってもダメ」

真姫「私、音ノ木坂に入って良かったです」

絵里「…どういう理由で?」

真姫「それは…いろいろです♪」

【一年教室】

穂乃果「スクールアイドルの高坂穂乃果です!」

にこ「西木野は…いないわね」

凛「西木野さんがどうかしたんですかー?」

ことり「ちょっと大事な話があって来たの」

真姫「…あ」

海未「西木野さん」

真姫(…まずい)ダッ

にこ「あ。こらっ、なんで逃げるのよ!?」

ドタバタ

【屋上】

にこ「もう逃げられないわよ。西木野!」

穂乃果「曲、作ってくれるって約束でしょ?」

真姫「わかってますって。ちゃんとやりますよ」
17: 名無しで叶える物語 2017/06/01(木) 00:50:09.49 ID:Y1bUrvOc.net
にこ「あと、さっきの写真は消しなさい!」

真姫「そう言われても…デジタルじゃないし」

にこ「じゃあフィルムを寄越しなさい!」

真姫「条件があります」

にこ「また!?今度は何よ」

真姫「もっとじっくり撮らせてくれれば…」

にこ「あ、あんた…さっきみたいなのはもうやらないわよ!」

真姫「矢澤先輩を可愛く撮りたいんです」

にこ「フフン。まあ宇宙一可愛い私を一番可愛く撮りたいって気持ちはわからなくもないわ」ドヤァ

真姫「あー。じゃあそんな感じで」

にこ「心がこもってないっ!」プンプン

【再び室内プール】

穂乃果「でも、どうして水着なの…?」

真姫「アイドルといえば水着でしょ?」

海未「偏見です!」

絵里「どうして私まで…」

真姫「撮りたいからです!」ドヤァ

希「写真だけやなくて映像も撮りたいなぁ♪」

海未「や、やめてください!」

にこ「私を一番可愛く撮りなさいよ!」

希「じゃあにこっち、脱いでみよっか♪」

にこ「これ以上脱げるか!」バシッ

【音楽室】

穂乃果「夕方になると、また独特の雰囲気だね…」

真姫「!…矢澤先輩、ちょっとここに座って」

にこ「はぁ?…いいけど何するつもりよ?」チョコン

真姫「生徒会長」ヒソヒソ

絵里「えぇ!?…どうして私なのよ?」

真姫「画的に一番映えるから」

絵里「そうかしら?…まあいいけど」
19: 名無しで叶える物語 2017/06/01(木) 00:57:55.47 ID:Y1bUrvOc.net
にこ「絢瀬?…ちょっ、何!?///」ドキ

真姫(いい♪)パシャシャシャ

絵里「今日、このあと練習でしょ?」

にこ「そうだけど…」

絵里「頑張って」ナデナデ

にこ「あ、ありがと///」ドキドキ

穂乃果「私、もう帰っていい?」

【神田明神】

真姫「いいわね。夕暮れの閑散とした境内…」パシャ

ドタバタ

真姫「…写真なら音は伝わらないし」

希「まあ、しばらく朝と夕方は賑やかになりそうやね」

真姫「急に巫女さんのコスプレなんて…撮ってほしいんですか?」

希「いや、コスプレやないよ…前からここでお手伝いしてるん」

真姫「ふーん…まあ一応撮るけど」パシャ

希「似合うやろ?」ドヤァ

真姫「自分で言わないでよ」クス

希「曲のほうは大丈夫なん?」

真姫「問題ないです。カメラより手間かからないくらいだから」

希「多芸なんやね」

真姫「最終的には本業のために全部捨てることになりそうだけど」

希「医者になるん?」

真姫「その予定です」

希「カメラを持ったシンガーソングドクター!とか」

真姫「マイクを持った盗塁王みたいに言わないでよ」

希「やろうと思えばできるんやない?」

真姫「余裕があればね。まずは今できることだけ…」

希「そやね」
20: 名無しで叶える物語 2017/06/01(木) 01:00:23.24 ID:Y1bUrvOc.net
【翌朝・高坂家】

雪穂「ん?…何だろ、これ」

パシャ

雪穂「わ。…何してるんですか?」

真姫「しーっ。私が来たことは黙ってて」

雪穂(変な人だなぁ…さすが、お姉ちゃんの友達…)

雪穂「お姉ちゃーん。これ、お姉ちゃんの?」

穂乃果「えー?…それ何?」

雪穂「さあ?…とりあえず開けてみたら?」

穂乃果「何だろう…?」ベリッ

真姫「…」ジーッ

穂乃果「…これって」パシャシャシャ

穂乃果「西木野さん…おはよ」

真姫「おはようございます。じゃあ、また後で!」ダッ

穂乃果「えー?…せっかく来てくれたなら一緒に…行っちゃった」

【音ノ木坂・屋上】

\アイセー♪/

ことり「私たちの曲…」

真姫(ふふふ…)パシャシャシャ

海未「…西木野さん」

穂乃果「ありがとー!西木野さーん!」タタタ

真姫「何ですか。私は何もしてませんよ」タタッ

穂乃果「あっ、逃げないでよー!><」

にこ「高坂。ほっときなさいよ…それより練習!」

【後日・廊下】

花陽「…」キョロキョロ

花陽(μ's…)ドキドキ

パシャ

花陽「ピャァ!?…に、西木野さん」
21: 名無しで叶える物語 2017/06/01(木) 01:02:37.63 ID:Y1bUrvOc.net
真姫「ん、何?…撮られたら何かマズかった?」

花陽「そ、そんなことない…けど」

真姫「たかがフライヤーでしょ?堂々と持っていけばいいじゃない。何なら友達全員分くらい」

花陽「私、そんなに友達いないし…」

真姫「だったら星空さんの分だけでも持っていけば?」

花陽「凛ちゃんは…アイドルとか興味、なさそうだし…」

真姫「普通のアイドルはそうでも、友達がやってるスクールアイドルでしょ?」

花陽「先輩だけど…」

花陽(友達…なのかな?)ドキドキ

【外】

ことり「お友達を連れてきてくれたら、さらにもう少し♪」

モブ三年A「ほんと!?」
モブ三年B「行く行く♪」

真姫「…」パシャ

『友達がやってるスクールアイドルでしょ?』

真姫(自分で言ったことだけど…友達じゃない人なら来る保証はないわよね)

真姫(ただでさえ生徒数は少ないし…大丈夫かしら?先輩たち…)

【屋上】

海未「ひ、人前じゃなければ大丈夫だと思うんです」

真姫「水着姿で写真撮られるのは平気なのに?」パシャ

海未「それだって恥ずかしいです。でも西木野さんがどうしてもと言うから…」

穂乃果「慣れちゃったほうが早いよ♪」

【秋葉原】

海未「レアなの出たみたいです…」

真姫「へー」パシャ

穂乃果「海未ちゃん!」

【夕方・音ノ木坂】

海未「よろしくお願いしまーす!」

絵里「…大丈夫みたいね」

真姫「そうですね」パシャ
22: 名無しで叶える物語 2017/06/01(木) 01:04:29.32 ID:Y1bUrvOc.net
絵里「ところで…あなたの写真、好評ですって」

真姫(音ノ木坂のホームページと受験生向けの新しいパンフレットに私の写真が掲載された)

希「入学希望者も増えるかもね♪」

真姫「そこまでの効果があるかどうか…」

絵里「きっとあるわよ。今まで減る一方だったんだから、少しでも増えれば上出来」

希「あとは、あの子たちに期待…かな?」

【夜・神田明神】

穂乃果「夜の神社って…何か出そうだよね!?」

真姫「な、何が出るっていうのよ?」

にこ「何も出ないわよ。バカなこといってないで…」

「ちゅん♪」ピョコッ

にこ「どわぁ!?…な、な、何!?」

海未「落ち着いてください…ことりが死角から生えてきただけです」

ことり「えへへ」

穂乃果「こ、ことりちゃんか…びっくりしたぁ」ドキドキ

真姫「っていうか、離れてくれない?///」

穂乃果「あ…ごめん。近くにいたから、つい…」

にこ「まったく、人騒がせな…さっさと済ませて帰るわよ!」

パン パン

穂乃果「大成功しますように!」

真姫「…変なものが写ったりしないわよね?」

穂乃果「おばけ!?」

にこ「いないわよ。そんなもの…たぶん」

ことり「…たぶん?」

にこ「希のやつが時々…いや、ないわよ。ないない!」

真姫「ちょっと、今何を言いかけたの!?」

海未(変なものが写りませんように…)ハラハラ

にこ「せーのっ!」

ことほのうみにこ「にっこにっこにー!」パシャ
23: 名無しで叶える物語 2017/06/01(木) 01:10:40.80 ID:Y1bUrvOc.net
【五月】

\オネガイシマース!/

真姫(まだ少し時間がある…誰もいない講堂か。一応、撮っておこう)パシャ

真姫(呼び込みの声が聞こえなくなった…そろそろね)

ことほのうみ「」
にこ「…」

真姫「あ…えーと、一枚撮っていい?」

穂乃果「真姫ちゃん…」

真姫「ほ、ほら…衣装。四人そろって着てるとこ、まだ撮ってないし」

にこ「…そーね」

パシャシャ

真姫(みんな似合ってる。可愛いわよ…って。何か気のきいた言葉くらいかけて…)

真姫(かけて…何になるの?)

バタン

ことほのうみにこまき「!」

絵里「ごめんなさい!」

凛「遅れちゃったにゃ><」

希「まだ始まってないみたいやけど…」

花陽「ライブは…?」

にこ「遅いわよ!何してたのよ?」

絵里「私たちが遅れそうだったから、二人が手伝ってくれてたのよ」

希「おかげで間に合ったやん?」

にこ「遅刻よ、遅刻!まったく…じゃあ始めましょ!」

ことほのうみ「はい!」

\アイセー♪/

真姫(結局、来たのは内輪のメンバーだけって感じね。ライブスタッフの先輩たちを除けば、客席には五人。ステージ上のμ'sより辛うじて一人多いけど、私は作曲担当…言わば関係者だし)

真姫(それでも…みんなで頑張って、やっとできた手作りのライブ)

\ヘイスターダッ♪/

花陽「わぁ…!」パチパチパチ

真姫(とりあえず…お疲れさま)パシャシャシャ
25: 名無しで叶える物語 2017/06/01(木) 01:13:54.75 ID:Y1bUrvOc.net
にこ「はぁ…こんなことなら西木野の写真をもっと利用しとけばよかったわね」

穂乃果「あ、あの写真とか…?」ドキドキ

にこ「違うわよ!…ステージ衣装着た写真が先にあれば少しは違ったかもしれないでしょ?」

ことり「ごめんなさい。もっと早く衣装ができてたら…」

穂乃果「ことりちゃんのせいじゃないよ。ライブ当日まで秘密にしようって、みんなで決めたんだから…」

真姫(でも写真だけでそこまで大きく変わったかどうか…厳しいようだけど、宣伝に失敗したわね)

絵里「そうよ。写真だけでは歌やダンスは伝わらないし…あなたたちには、もっと頑張ってもらうしかないわね」

にこ「そう思うならあんたもやればいいのに」

絵里「…は?」

穂乃果「そうですよ!生徒会長さんがμ'sに入ってくれれば…」

真姫「人気も出そうね。生徒会長、可愛いし」

絵里「な、なに言ってるの。私がそんなこと…するわけないでしょう」

ほのにこ「えー!」ブー

希「いっそ、パンフレットにもエリちの水着写真を…」ムフフ

絵里「や、やめてよ。そんなこと絶対に許可しないからね!?」

【後日】

凛「楽しかったねー♪」

花陽「うん」

花陽(五月の五連休で凛ちゃんたちと一緒に東北地方へ行ってきたんだ。お米も美味しいし…)

凛「ほら、これ凛たちが食べた喜多方ラーメンだよー♪」

花陽(写真もたくさん撮ったし、いい思い出がまた増えたよ♪)

真姫「ふーん…」

花陽「西木野さんは?」

真姫「私は…これとか」

凛「星空にゃ!」

花陽「流れ星の写真…?」

真姫「そう。これはコホーテク彗星よ!」ドヤァ

凛「トーホクじゃなくて…」

花陽「コホーテク?」

真姫「1973年から翌74年にかけて、その冬に観測された彗星」
26: 名無しで叶える物語 2017/06/01(木) 01:15:46.43 ID:Y1bUrvOc.net
凛「って、昔すぎるよー!お母さんたちも生まれてないにゃ><」

花陽「そ、そんな古い写真どうしたの?おじいちゃんかおばあちゃんが持ってたとか…?」

真姫「いや、これ私が撮ったの」

凛「うそ!?」

花陽「ど、どういうこと…?本当にコホーテク彗星?」

真姫「せっかく五連休もあったから44年前の世界へ行ってきたのよ」

りんぱな「」ポカーン

真姫「でも失敗だったわ。当時冬だったってことすっかり忘れてて…夏服しか持って行かなかったから寒くて風邪ひいて、昨日まで寝込んでたの」

凛「ど、どうやって過去の世界へ行ったのー?」

花陽「しかも、お母さんたちが生まれる前なんて…」

真姫「まあ…冗談だけど」

りんぱな「えぇ…」ガクッ

凛「もーっ!妙に手の込んだ冗談やめてほしいにゃ><」

真姫「ふふふ。でも遠い星の写真には、そんな夢物語みたいなロマンが詰まってるって思わない?」

花陽「そうだね…西木野さん、星とか好きなの?」

真姫「まあね。写真のほかに天体観測も趣味だから」

凛「インチキっぽい趣味にゃ」

真姫「は!?」

花陽「凛ちゃん。それを言うならインテリじゃないかな…」

凛「そう、それ!」

真姫「知らない言葉を無理して使わないの」チョップ

凛「いたっ><」

【西木野邸】

花陽「す、すごいなぁ…」

凛「要塞みたいだにゃ。写真撮っちゃお♪」パシャ

真姫「そんな珍しい物じゃないでしょ?」

真姫ママ「いらっしゃい。…あら?もしかして真姫ちゃんのクラスメイト?」

花陽「は、はい。小泉、花陽…です」

凛「凛は星空凛っていいます♪」
27: 名無しで叶える物語 2017/06/01(木) 01:21:37.09 ID:Y1bUrvOc.net
真姫ママ「同級生のお友達もできたのね。よかったわ♪…年上の子としか話が合わないんじゃないかって」

真姫「も、もう!変なこと言わないで!」

花陽(確かに西木野さんって少し大人っぽいよね。趣味とかも…)

パタン

凛「わあーっ、いろんな写真がいっぱいにゃ♪」

花陽「お花や動物の写真もいろいろ…あ、これ可愛い♪」

真姫「ここは比較的まともな写真ばかりだからね」

凛「まとも?」

花陽「えーと…じゃあ、別の部屋には…」

真姫「臓器や細胞、ウイルス、寄生虫の拡大写真とかいろいろあるわよ。…見る?」

りんぱな「遠慮します!><」

真姫「あ、そう。結構面白いと思うけど…」

花陽(お医者さんにしかわからない世界ってあるみたい…)

花陽「あ。…この写真」

凛「生徒会長さん…と、カメ?」

真姫「そうよ。可愛いでしょ?」

花陽(ミシシッピアカミミガメ…いわゆるミドリガメだね)

凛「生徒会長さんのペット?」

真姫「違うわよ。タルトはうちの子。音ノ木坂にいたのを私が引き取ったの」

凛「タルト?」

真姫「この子の名前よ」

花陽「そっか。この写真、音ノ木坂で撮ったんだね」

真姫「そういうこと」

『いい人に貰われてよかったわね。西木野さんの言うことをよく聞くのよ?』

『いや、カメは人の言うことなんて聞かないでしょ?』

『そうかしら?…長い間、一緒に暮らしたらある程度意思の疎通もできそうじゃない?』

真姫「ホント、生徒会長って可愛いわよね」クス

凛「いつもは、ちょっと難しそうな顔してるけどにゃ…」

真姫「そう?」

花陽(この写真…カメさんを見て和んでるだけじゃないよね。私、生徒会長さんのこんな表情見たことない…)
28: 名無しで叶える物語 2017/06/01(木) 01:25:05.27 ID:Y1bUrvOc.net
花陽「もしかして…西木野さん、生徒会長さんのこと…」

真姫「なに?」

花陽「う、ううん。なんでもない…」

花陽(たぶん…少なくとも生徒会長さんは、西木野さんのこと…)

【翌日・音ノ木坂】

花陽「アイドルへの想いは誰にも負けないつもりです!」

真姫(成り行きというか…小泉さんと星空さんにつられて、私もμ'sに入った)

絵里「…本気?」

真姫「まあ…いろいろやってみてもいいんじゃないかって。作曲はしてるんだし…」

希「それを報告しに来たん?」

真姫「ええ。まだ居てくれてよかったです。生徒会長には伝えておきたかったから」

絵里「そ、そう…」

希「ふーん…西木野さんって、もしかして…エリちのこと好きなん?」

絵里「な、なに言ってるのよ希!///」カァァ

真姫「もちろん好きですよ」

のぞえり「えっ」

絵里「に、西木野さん!?」ドキドキ

真姫「生徒会長、可愛いし…四月に初めて会ったときから好きです」

希「まさかの一目惚れ!?」

真姫「え?…副会長も小泉さんのおみやげ貰ったんですか?」

希「おみやげ?」

真姫「宮城県のお米…」

希「いや、そのひとめぼれやなくて…」

絵里「…西木野さん///」

真姫「はい?」

絵里「ちょっと来て!」ギュ

真姫「え。…え?」

希(がんばれ、エリち♪)

パタン
29: 名無しで叶える物語 2017/06/01(木) 01:27:05.80 ID:Y1bUrvOc.net
絵里「希の前で、あんなこと…いや、希だけでまだよかったけど」

真姫「私、何か変なこと言いました?」

絵里「変っていうか…だって、いきなり…好きって」

真姫「はい。それは本当のことだし…私、生徒会長のこと好きだから」

絵里「…///」

真姫「生徒会長?」

絵里「できれば名前で呼んでくれる?」

真姫「あ、はい。じゃあ…絵里、先輩?」

絵里「ありがとう…私も真姫って呼んでもいいかしら?」

真姫「どうぞ」

絵里「そ、それで…真姫は、どういう意味で…その」

真姫「何の話?」

絵里「だから…私のこと、どう好きなのかって」

真姫「どう、って言われても…」

絵里「たとえば…小泉さんや星空さんや矢澤さんと同じくらい、とか」

真姫「どっちが上とかはないけど…みんなに対する好きとは、ちょっと違う気がします」

絵里「そ、そう…じゃあ、やっぱり…」ドキドキ

真姫「あの…生徒会長?」

絵里「私も…好きなの。真姫が…」

真姫「!」ドキ

真姫(え?…な、何これ?///)カァァ

絵里「さすがに初対面からってことはないけど…あのときはいきなり写真を撮られて戸惑ったし」

真姫「は、はあ。…すみません」

絵里「でもね…あなたのことが気になるまで、そんなに時間はかからなかった。希と理事長のところへ行ったとき…」

『何か良い方法があるんですか?』

絵里「真姫がいなかったら…きっと私は何も言えなかったわ。でもあなたは、音ノ木坂ならいい写真が撮れそうって、たったそれだけで…」

真姫「写真、好きだから…あのときは正直それしか考えてなくて」

絵里「そうみたいね。ふふふ…でも、すごく頼もしかった。私の知らない可能性がある世界へ連れ出してくれる気がして…」

真姫「廃校を防ぐほどのことができるかどうかは、まだわからないけど…」

絵里「そうかもしれない。でも、きっとできるって思えるようになった。やらなきゃいけない、じゃなくて…真姫と一緒なら何でもできそうって」
31: 名無しで叶える物語 2017/06/01(木) 01:33:55.13 ID:Y1bUrvOc.net
真姫「私も…絵里先輩の写真、たくさん撮りたいです」

絵里「わ、私!?」

真姫「絵里先輩と、いろんなところへ行って…たくさん写真を撮りたい」ギュ

絵里「真姫///…じゃ、じゃあ…恋人でもいい?」

真姫「えっ。…恋、人!?」

絵里「そう。…真姫の彼女にして欲しいってこと///」

真姫(カノジョ?って、恋人?…そんなのありなの?…で、でも///)ドキドキ

真姫(こんな感覚、初めて…今まで知らなかったってことは、やっぱり…)

【翌朝・神田明神】

凛「真姫ちゃん真姫ちゃーん♪」スリスリ

真姫「ヴェぇ…や、やめなさいよ!」

絵里(…むーっ)プクー

真姫「あ。…絵里先輩!」

りんぱな「!」

絵里「…おはよう」

りんぱな「おはようございます」ペコ

真姫「おはよう…練習を見に来たの?」

絵里「ええ。だって真姫、全然運動とかしてなかったみたいだから心配で…」

真姫「そんなことないわよ。私は、こう見えても…」

絵里「とにかく、真姫がやるなら放っておけないわ。ケガのリスクを減らして効率のいい練習ができるように、今日から私が指導します!」

まきりんぱな「え!?」

真姫(…そして)

凛「痛いにゃぁー!?><」

絵里「これくらい、できて当たり前!」

まきりんぱな「」グッタリ

真姫「絵里先輩…カメラ、取って…」プルプル

絵里「大丈夫?…私が撮りましょうか?」

真姫「じゃあ、お願い…」

真姫(連休も終わって…割と静かな朝の境内。ただし私たちは…ちょっと汗くさい)

パシャ
32: 名無しで叶える物語 2017/06/01(木) 01:35:37.79 ID:Y1bUrvOc.net
絵里「ふふふ。これで練習を口実に毎日一緒にいられるわね♪」

真姫(それはありがたいけど…凛と花陽には災難ね)

【六月一日】

真姫(今日から衣替え…ということは、楽しみも増える♪)

真姫「はい、じゃあミカ先輩が真ん中で…三人くっついて」

ヒデコ「…こう?」ギュ

真姫「ん。いいわね。夏服、似合ってて可愛いですよ」

フミコ「そ、そうかな?」

ミカ「ありがと♪…えへへ」

パシャ

絵里「…」イラッ

真姫「へえ。カーディガン一枚で印象が全然違いますね」

にこ「でっしょー。アイドルはこういうところで差をつけなきゃ!」ドヤァ

真姫「かわいい♪」パシャ

にこ「あっ、どぅめどぅめどぅめー!写真撮るなら笑顔でしょ?」

真姫「そうね。じゃあ…」

にこまき「にっこにっこにー♪」パシャ

絵里「…真姫」

真姫「えっ。…あ、絵里先ぱいっ!?」ガシッ

絵里「ちょっと借りる…いや、返してもらうわよ」

にこ「どうぞどうぞ」

ズルズル

真姫「…だ」ヒヤアセ

\ダレカタスケテー!/

にこりんぱな「チョットマッテテー」
33: 名無しで叶える物語 2017/06/01(木) 01:36:54.30 ID:Y1bUrvOc.net
絵里「もう!真姫ったら、誰にでも可愛い可愛いって言ってるの!?」

真姫「い、いや…ほら、ほめたほうが相手もいい表情になるじゃない?」

絵里「まったく…女の子の写真はほどほどにしてよ。…私を撮りたい、なんて言ってたくせに」

真姫「もちろん絵里先輩も撮るわよ。撮りたい」

絵里「…いいけど」

パシャシャ

真姫「ほら、もうすぐ梅雨だし…雨が続くと風景とかの写真は撮りづらくなるでしょ。そしたら二人きりで絵里先輩をじっくり撮るのもいいかなって」

絵里「…本当に写真が好きなのね」クス

真姫「ええ。…それに絵里先輩も♪」ギュ

絵里「…うん///」

パシャ



おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『真姫「六月一日は」絵里「写真の日?」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。