穂乃果「はっぴばーすでーとぅみー」

シェアする

穂乃果-アイキャッチ7
1: ◆GT//r.xHsg (湖北省)@\(^o^)/ 2015/08/03(月) 17:38:09.09 ID:4ViYjAGa.net
穂乃果「~~~♪」

穂乃果「今日はっほっのっかっのー おったっんっじょうびー」フリフリ

穂乃果「素敵な一日がー 待ってーいるー♪」

穂乃果「ついに来ました私高坂穂乃果の誕生日!」

穂乃果「今までは海未ちゃんことりちゃんだけのパーティーだったけど」

穂乃果「今はμ'sのみんなが祝ってくれる・・・!そう考えると、幸せな気分になります♪」

穂乃果「皆、今日はどんなサプライズしてくれるのかなー!楽しみだなー!」

穂乃果「今日は夏休み、学校はないんだけど、ミーティングがあるから来い、という絵里ちゃんからのメール!」

穂乃果「これ、絶対サプライズパターンでしょ!ひゅー!」ピョンピョン

穂乃果「逆に皆が驚くぐらい、テンションあげていこー!」ルンルン

元スレ: 穂乃果「はっぴばーすでーとぅみー」

スポンサーリンク
4: ◆GT//r.xHsg (湖北省)@\(^o^)/ 2015/08/03(月) 17:44:47.24 ID:4ViYjAGa.net
-部室前-

穂乃果「にこちゃんの時は、にこちゃんだけわざと皆より遅い時間に呼んで、入った瞬間にクラッカーで驚かせたっけ。」

穂乃果「読める、読めるよー!でも、あえてすごく驚くふりしてやろ♪」

穂乃果「では・・・」

バタン!

穂乃果「みんなーーーー!おっは

5人「穂乃果ちゃん、誕生日おめでとーーーーーーーー!!!!」パンパンパン

ドオオオオオオオオオオオオオオン!!!!!
5: ◆GT//r.xHsg (湖北省)@\(^o^)/ 2015/08/03(月) 17:48:55.75 ID:4ViYjAGa.net
穂乃果「!?!?今爆発音したけど!?」ビクッ

絵里「私が鳴らしたのよ♪驚いた?」

穂乃果「そりゃ、驚くよ!サプライズの度が過ぎてるよ!!!!」心臓バクバク

真姫「エリーったら、止めても聞かなくて・・・」

にこ「許してあげなさい」

穂乃果「そ、そうだよね・・・!皆、ありがとーーーーーー!!!!」

穂乃果「あれ?なんか足りなくない?」
7: ◆GT//r.xHsg (湖北省)@\(^o^)/ 2015/08/03(月) 17:53:28.69 ID:4ViYjAGa.net
花陽「ごめんね、凛ちゃんと希ちゃんと海未ちゃんは用事があるらしくて」

ことり「許してあげて☆」

穂乃果「そ、そうなんだ・・・」

穂乃果(凛ちゃん、希ちゃん、たくさん祝ってくれると思ってたんだけどな・・・)

穂乃果(海未ちゃん、毎年祝ってくれたのにな・・・)

穂乃果(いやいや!何か大事なことがあったんだよね!ここでテンション落ちたら、3人にも、今いるみんなにも失礼だ)

穂乃果「・・・あのさ」

穂乃果「さっきから気になってたんだけど・・・なんで机の上にはサラダしかないの!?」

花陽「穂乃果ちゃん、ぜひ食べてみてください!私が作った特製ドレッシングを使っています!」グイグイ

穂乃果「わわっ、わかったから、押さないでー!」
8: ◆GT//r.xHsg (湖北省)@\(^o^)/ 2015/08/03(月) 17:58:45.29 ID:4ViYjAGa.net
穂乃果「では・・・いただきます」

花陽「ゴクリ」

穂乃果「ん、んま~~~~い!!今まで食べたことのないような味!酸味の中にほんのり甘さが!」

花陽「よかった、気に入ってくれて何よりです・・・!」

ことり「これはかよちゃんが小学生のときの米料理の自由研究のときに偶然開発したんだよね~♪」

穂乃果「そうなの!?どういう過程で米料理からドレッシングできたの!?」

花陽「え、それは・・・///」モジモジ

穂乃果「え、そんな恥ずかしいことなの!?お米の研究に恥じらいを持つ場面があったの!?」

にこ「まあまあ穂乃果ちゃん、スマブラXでもやりましょ」

穂乃果「にこちゃんどうしたの!?いつもツッコミ役なのに!!」
9: ◆GT//r.xHsg (湖北省)@\(^o^)/ 2015/08/03(月) 18:02:35.69 ID:4ViYjAGa.net
絵里「この部室テレビなんてあったかしら」

ことり「理事長室にあるからそこでやろう」

穂乃果「職権濫用ってこの場面の為に用意された言葉なんだね・・・」

真姫「わ、私・・・スマブラやったことないの・・・」

にこ「大丈夫ニコ♪ニコニーが真姫ちゃんに舐めまわすように教えるニコ」

ことり「ヒューヒュー」

花陽「ヒューヒュー」

真姫「カラカワナイデッ!」

絵里「早くスマブラしたいチカ」

ことり「じゃ理事長室に行こうか」

穂乃果「え、ホントにやるの!?このサラダどーすんの!?待って~!」
11: ◆GT//r.xHsg (湖北省)@\(^o^)/ 2015/08/03(月) 18:07:48.91 ID:4ViYjAGa.net
-理事長室-

穂乃果「うわ~~~、また落とされたー!」

絵里「ちょっと、花陽手加減しなさいよ!」

花陽「………」カチカチカチカチ

にこ「………」カチカチカチカチ

真姫「よくわからないうちに花陽とにこちゃんの一騎打ちが始まったわ」

ことり「毎回この光景になるねえ」

穂乃果「ずるいずるーい!花陽ちゃんのメタナイト強すぎるよー!プリンにしてよー!」

花陽「いいじゃないですか…メタナイトに少しぐらい陽の目をみせてやってください…」

にこ「いーやこいつには当然の仕打ちよ。」

穂乃果(今思い出したけど、誕生日パーティ、どうなるんだろ・・・)

ことり「今思い出したけど、私たち誕生日パーティしてる途中ピヨ」
12: ◆GT//r.xHsg (湖北省)@\(^o^)/ 2015/08/03(月) 18:13:07.28 ID:4ViYjAGa.net
絵里「忘れてた!」

にこ「じゃ、そろそろ戻りましょうか」

にこの肩「ポン」

にこ「?」

理事長「矢澤にこさん、これはどういうことかしら・・・?」

にこ「ヒッ!?こ、これは穂乃果ちゃんの誕生日サプライズで・・・って、皆いない!」

理事長「どういうことかしら・・・!?」

にこ「に、にごぉーー!」

―――矢澤にこ、再起不能
13: ◆GT//r.xHsg (湖北省)@\(^o^)/ 2015/08/03(月) 18:16:47.75 ID:4ViYjAGa.net
-部室前-

ことり「じゃ、穂乃果ちゃん先入ってて☆ とっておきを持ってくるから♪」

穂乃果「お、おおー!期待しちゃうよ!」バタン

穂乃果(とっておきってことは、ケーキだよね?それともターキー?やっとそれっぽくなってきたよ!)

穂乃果(まだかなーたのしみだなー)ソワソワ

ことり「おまたせ」

絵里「ピーマンのソテーよ」

穂乃果「ちょっちょっちょっ!!」

穂乃果「穂乃果はピーマン食べられないって皆に公言してるはずなんですけど!」

穂乃果「なんで誕生日パーティーにピーマンなのさ!おかしいよ!」
14: ◆GT//r.xHsg (湖北省)@\(^o^)/ 2015/08/03(月) 18:28:28.37 ID:4ViYjAGa.net
真姫「私たちが折角10分ぐらいかけて買ってk・・・作ったんだからしっかり食べなさいよ」

穂乃果「今買ってきたっていった!買ってきたって言おうとした!」

穂乃果「いやだよー!ピーマンはいやだよー!穂乃果はピーマンが苦手ですッ!穂乃果はピーマンが苦手ですッ!」

花陽「穂乃果ちゃんに、目隠し装着!」

絵里「両腕をつかむチカ」

穂乃果「ちょ、いやだー!食べたくないィー!死にたくないー!」ジタバタ

穂乃果「なんか穂乃果が悪いことしたなら謝るからー!ゆるしてー!」

穂乃果「んぐっ!モグモグ」

穂乃果「甘い」
15: ◆GT//r.xHsg (湖北省)@\(^o^)/ 2015/08/03(月) 18:31:48.03 ID:4ViYjAGa.net
バサバサバサ!

穂乃果「なんか空から降ってきた!」

パーンパーン

海未「穂乃果、誕生日、おめでとーーーーー!」

花陽絵里ことり凛希真姫「おめでとー!」

穂乃果「これは・・・いったい・・・」

海未「穂乃果、目隠しをとってみてください」

穂乃果「んん・・・!!すごい!お肉にケーキに、それに、、ランチパックの山だ~~!!

希「穂乃果ちゃん言ってたやん?前にパンの山に埋もれたいって」
16: ◆GT//r.xHsg (湖北省)@\(^o^)/ 2015/08/03(月) 18:37:49.36 ID:4ViYjAGa.net
絵里「私たちは穂乃果に夢を叶えてもらったのだから、今度は私たちの番だな、って思ったのよ」

海未「近所のスーパーでランチパックを買い占めるのは苦労したんですよ?まわりから白い目で見られるし・・・」

凛「しかも希ちゃんと海未ちゃんったら、全部凛に持たせるんだよ!ひどいよね!」

希「それは凛ちゃんが荷物持ちじゃんけんしよう、とか言い出して勝手に負けただけやん」

凛「もー!許さない!やつあたりに、穂乃果ちゃんにスリスリするにゃー!!」

穂乃果「やーんくすぐったいよー!」

ことり「穂乃果ちゃんさっきはごめんね?ランチパックの山に埋めるっていうシチュエーションをどう作るか迷っちゃって」

真姫「かなり強引になっちゃったわね」

海未「穂乃果は自分の誕生日を前日から楽しみだとずっと言ってたから・・・予想を上回るサプライズがしたかったんです」

希「そこでパン山計画が実行されたわけや!ピーマンのくだりはアフレコだったんだけど、、かんにんなー」

穂乃果「ううん!そんなことよりあんなくだらない穂乃果の言葉を覚えてくれてたことに、感激だよ!」
17: ◆GT//r.xHsg (湖北省)@\(^o^)/ 2015/08/03(月) 18:49:53.50 ID:4ViYjAGa.net
海未「もちろん、食後はダイエットメニューが待ち構えてますけどね」

穂乃果「!?」ガーン

海未「なーんてね★」ウインク

絵里(なんか海未かしこくないわね)ヒソヒソ

海未「聞こえてますよ?」ギロッ

絵里「ヒッ・・・!なんでもないでちゅ」

花陽「プッ、フフフ」

ことり「クスッ、え、えりちゃん・・・かんだ・・・!」

穂乃果「あははは!やっぱ、μ'sって楽しいな!皆、今日は最高のサプライズを」
19: ◆GT//r.xHsg (湖北省)@\(^o^)/ 2015/08/03(月) 18:54:30.49 ID:4ViYjAGa.net
海未「ナニいってるんですか?真打は最後に登場するものですよ、ことり」チラッ

ことり「はーい!これプレゼント♪あけてみて!」つ箱

穂乃果「なんだかすごく大きいけど・・・あけるよ!」

パカッ

穂乃果「こ、これは・・・!」

穂乃果「すごく・・・綺麗な・・・服!」

凛「それだけじゃないよー!スカートもジャケットもついてるんだにゃー!」

穂乃果「これ、もしかしてすごく高いブランド物じゃ・・・?」

ことり「まさかー♪皆で作ったんだよ!」

花陽「お店のものに負けないようにって、皆張り切って作ったんだよ!端っこにいる、真姫ちゃんだって」チラッ

真姫「べ、別に私は・・・その・・・あーん頑張ったわよー!」
20: ◆GT//r.xHsg (湖北省)@\(^o^)/ 2015/08/03(月) 18:59:12.42 ID:4ViYjAGa.net
凛「ねね、見てみて!ここの部分凛が作ったんだよ!」

穂乃果「おおおお!ここの綺麗なライン、凛ちゃん作ったの!?衣装作りできるんじゃない!?」

凛「いやいや、ことりちゃんとかよちんのおかげだにゃー///」

花陽「いーや、私たちはアドバイスを加えただけで、全部凛ちゃんの手で作られたんだよ!」

絵里「ジャケットは私と真姫と海未で作ったわ。アクセサリー作りの感覚で作ろうとしたけど、なかなか難しかったわね」

海未「穂乃果、私からお願いしたいことがあります」

絵里「ん?どうしたの?」

穂乃果「なあに?」

海未「そ、それを・・・今着ていただけないでしょうか・・・?」
21: ◆GT//r.xHsg (湖北省)@\(^o^)/ 2015/08/03(月) 19:24:30.05 ID:4ViYjAGa.net
穂乃果「えっ私の着替えを見るの!?」カァー

海未「は、破廉恥ですっ!そういう意味じゃなくてですね!」

希「海未ちゃんが作ったお洋服を、穂乃果ちゃんが着こなす姿を見たいんやね☆」

海未「うう///」

穂乃果「分かった!着替えるよ!」




――――


穂乃果「ど、どうかな///」

花陽「か、か、かわいいです~!!」

希「すっごく似合ってるで!なんか、自画自賛な気がしなくもないけど」

真姫「似合ってるなんて当然でしょ!この真姫ちゃんが作ったんだから」

凛「またまた~!口角あがってるにゃ~!」

真姫「ちょ、凛!!!」
23: ◆GT//r.xHsg (湖北省)@\(^o^)/ 2015/08/03(月) 19:28:32.05 ID:4ViYjAGa.net
ことり「……」ジーーー

穂乃果「ことりちゃん、どうかした?もしかして、微妙・・・?」

ことり「うーん、もうちょっとここの部分は広げたほうがよかったかも・・・でも、今のキュッとした感じもよい・・・」

絵里「こ、ことり・・・デザイナーモードね」クスッ

穂乃果「ことりちゃんに睨まれるなんて、はじめてかも・・・でも、なんだか楽しいっ♪」

海未「ことり、ことり!」

ことり「は、はい!忘れてました!」

穂乃果「?」
24: ◆GT//r.xHsg (湖北省)@\(^o^)/ 2015/08/03(月) 19:32:37.87 ID:4ViYjAGa.net
海未「まだプレゼントはありますよ?」

穂乃果「そうなの!?」

ことり「皆、並んで~!」

バッ

穂乃果「一体何が始まるというんだ!」

ことり「今までの誕生日パーティーは私と海未ちゃんと穂乃果ちゃんの3人だったよね」

海未「でも、今はこんなにもたくさんの、素晴らしい仲間がいるんです」

ことり「花陽ちゃん。凛ちゃん。真姫ちゃん。絵里ちゃん。希ちゃ・・・あれ?」
25: ◆GT//r.xHsg (湖北省)@\(^o^)/ 2015/08/03(月) 19:39:01.63 ID:4ViYjAGa.net
バァ~ン!!!

にこ「いっつまでこのNICOをスルーする気よーーーーーーーー!!!!!」

真姫「あらにこちゃん」

にこ「あらにこちゃんじゃないわよー!部長をスルーしといて何平然としてるのよー!」

絵里「まあまあ。真打は最後に登場するっていうでしょ?」

にこ「ま、まあそうね!やっぱにこがいなきゃ―――」

凛(ちょろ)

海未(絵里・・・それさっき私が言った台詞・・・)

真姫「って!これじゃいつまで立っても始まらないじゃない~!」

穂乃果「あははは・・・μ'sなんだから、こういうのもいーんじゃない?」
26: ◆GT//r.xHsg (湖北省)@\(^o^)/ 2015/08/03(月) 19:45:30.46 ID:4ViYjAGa.net
ことり「じゃ、花陽ちゃん、よろしく!」

花陽「え、ええ!わわわわたし!?そこはにこちゃんでしょ!」

にこ「花陽、普段私をそういう目で見てたのね!!」

絵里「これじゃ埒が明かないわ、花陽、よろしくね」

希「責任重大よ?気合入れて!」

花陽「う、うう・・・それでは、、」

花陽「コホン、これは穂乃果ちゃんの為に作った曲です。μ'sらしく、歌声で届けます!」

―――聞いてください



♪~聞いてもらいたいんだ ずっと思い続けて―――
27: ◆GT//r.xHsg (湖北省)@\(^o^)/ 2015/08/03(月) 19:52:35.26 ID:4ViYjAGa.net
穂乃果「……」

穂乃果「うわーん!皆ー、ありがとーーーーーー!!」エーンエーン

海未「穂乃果!突然なかないでください!!」

絵里「穂乃果に思いが届いたようで、よかったわ」グスン

花陽「花陽を誘ってくれた恩返し、少しはできたかな?」ニコッ

凛「凛も今が楽しくて仕方ないんだにゃ!感謝感謝にゃ!」

真姫「そ、その・・・私もよ・・・」

にこ「やっぱりアンタがいないと、皆駄目ってわけね」

希「皆皆、穂乃果ちゃんのことが大好きなんよ」ニコッ

海未「この歌詞は、皆を引っ張ってくれる穂乃果を思って綴ったんです。これからも、私たちを新たな境地へ引っ張ってください!」ニコッ

穂乃果「う、うう・・・うう~~~~~~~~!!」





穂乃果「ありがとーーーー!皆、大好きだーーーーーーーー!!!!」

―――終
28: ◆GT//r.xHsg (湖北省)@\(^o^)/ 2015/08/03(月) 19:53:16.08 ID:4ViYjAGa.net
初ss
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「はっぴばーすでーとぅみー」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。