にこ「いい加減に帰りなさい!」のぞえり「やだ!」

シェアする

にこのぞえり-アイキャッチ4
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 23:26:55.06 ID:u2EevUWDO
・1

にこ「いつまで居座るつもりよ!早く帰って!」

希「そんな事言わんといてよ、にこっち」

絵里「そうよ、連れないわねぇ」

にこ「いや、3日間も居座っといて何抜かしてんのよ!」

希「まぁまぁ、とりあえず飲も?」

絵里「ほら、にこ」プシュッ

にこ「飲まない!私明日1限なの!もう寝たいのよ!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1487341615

元スレ: にこ「いい加減に帰りなさい!」のぞえり「やだ!」

スポンサーリンク
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 23:27:37.50 ID:u2EevUWDO
希「寝らんで行けばいいやん」

にこ「やかましい!早く片付けて!」

絵里「もう私酔っ払って動けないわ...」クテー

希「ウチもー」

にこ「ザルのくせに何言ってんのよ!っていうか家隣でしょうが!」

絵里「隣ってどこー?」

希「最近物忘れが酷くてな......どこやったっけ」

にこ「うちの左隣が絵里!右隣が希!分かった!?分かったら帰れ!」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 23:28:07.56 ID:u2EevUWDO
絵里「ということは」

希「間に挟まれたセンターは...」

にこ「矢澤にこにこ~?」

のぞえり「いえーーーい!」パチパチ

にこ「って何やらせんのよ!」

希「相変わらずにこっちは寒いなぁー!」

絵里「熱燗持ってきてー」

にこ「」プチッ




にこ「出てけーーーー!!」ドカーーーン!!

のぞえり「きゃーーーーー!!」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 23:28:38.85 ID:u2EevUWDO
にこ「はぁ...やっと帰った」

にこ「あーあー、こんなに散らかして...ったくもう...」

にこ「...あ、あいつらの服洗濯カゴに入ったままだった」

にこ「......洗濯して明日返そ」

にこ「明日遅刻しないようにしないと...」カチャカチャ
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 23:29:15.31 ID:u2EevUWDO
希「とうとう追い出されたな...」

絵里「ちょっと調子に乗りすぎたかしら」

希「にこっちカンカンやったなぁ。明日謝らんと」

絵里「そうね...希、明日は?」

希「昼から授業やね。えりちは?」

絵里「1限ね」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 23:29:47.30 ID:u2EevUWDO
希「...1限なのに朝まで飲むつもりやったん?人のこと言えんけど」

絵里「1時間寝れば余裕よ」

希「はえー、相変わらずバケモノみたい酒強いなぁ」

絵里「希も相当だと思うわよ」

希「いやいや、えりちには敵わんよ」

絵里「じゃ、また明日ね」

希「うん、じゃあね」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 23:30:21.40 ID:u2EevUWDO
ーー

にこ「やっと講義終わった...」ノビー

にこ「今日はどこでお昼食べようかしら」

ブーブー

にこ「電話......絵里か」

ピッ

にこ「もしもし?」

絵里『にこにこ?』

にこ「切るわよ」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 23:31:37.01 ID:u2EevUWDO
絵里『ごめんごめん。お昼一緒に食べない?』

にこ「いいけど」

絵里『良かった。ぼっち飯になるところだったわ』

にこ「希は?」

絵里『海未達とお昼食べるんだって』

にこ「そう。何食べる?」

絵里『焼き鳥』

にこ「昼から飲む気か」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 23:32:24.60 ID:u2EevUWDO
絵里「牛丼の並で」

にこ「同じのもう一つ」

カシコマリマシター

絵里「午後は講義あるの?」

にこ「3限だけね」

絵里「私もう終わりだから、希も誘ってカラオケ行かない?」

にこ「いいわよ」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 23:33:25.18 ID:u2EevUWDO
絵里「せっかくだし他に誰か誘いましょう」スマホスッスッ


絵里:今日エリチカとにこにーと歌いたい人ー!


にこ「またノータリンみたいな文書いて...」

絵里「一周まわって賢く見えない?」

にこ「どこがよ」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 23:34:28.59 ID:u2EevUWDO
ピロン

穂乃果:はーい (・ω・)ノ*。.・°*

凛:>ω</



にこ「おバカが引っかかったわね」

絵里「にこも返事してよ」

にこ「何で?」
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 23:35:00.13 ID:u2EevUWDO
穂乃果:絵里ちゃんの奢り?

凛:やったー!


絵里「...」スッスッ


絵里:にこが奢ってくれるって


絵里「これでよし」

にこ「待ちなさい、こら」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/17(金) 23:36:15.17 ID:u2EevUWDO
絵里「牛丼奢るから」

にこ「牛丼と釣り合うと思ってるの?」

絵里「つゆだくにしていいから」

にこ「タダでしょうが」

絵里「じゃあ紅しょうが...」

にこ「タダでしょうが」

絵里「......今月ピンチなんです」

にこ「よくカラオケ誘ったわね」

・1 終わり
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 10:46:34.72 ID:Rdhj2Gmn0
・2

絵里「うぉーおおー!いのちあーるかぎーりはーこいせよおとめぇーー!」

凛「うぉーおおー!ちまつりーだーわ!」

穂乃果「かかってこいや!」

えりほのりん「喧嘩上等!」

えりほのりん「いぇあ!!」

希「ふぅーーー!!」

にこ「何歌おう......」
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 10:47:55.99 ID:Rdhj2Gmn0
穂乃果「はぁー、喉乾いた。飲み物飲み物......」

凛「凛、カルピスサワー飲みたい!」

にこ「こらこら、あんたまだ未成年でしょうが」

凛「いいじゃん、別に」

にこ「ダメよ。普通のカルピスにしなさい」

凛「にこちゃんのケチ!」
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 10:49:45.85 ID:Rdhj2Gmn0
絵里「凛、ワガママ言っちゃダメよ。お酒は20歳になってから。穂乃果、私ビール」

にこ「待ちなさい金髪」グイーッ

絵里「痛い痛い!」

にこ「奢られる分際で何酒飲もうとしてんの?」

絵里「ポニテ引っ張らないで!」

穂乃果「結局何飲むの?」

希「メロンソーダでいいんやない?」
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 10:50:51.30 ID:Rdhj2Gmn0
にこ「んー......」ピッピッ

穂乃果「にこちゃんまだー?」

凛「遅いよー」

にこ「ちょっと待って......」ピッピッ

希「決めるの遅いなー。そんなんやからお胸が小さいんよ」

にこ「...」グイーッ

希「痛い痛い!おさげ引っ張らんで!」

凛「...」グイーッ

希「何で凛ちゃんまで!?痛いってば!!」
24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 10:51:23.45 ID:Rdhj2Gmn0
にこ「......よし、これでいいか」

穂乃果「おー恋ダンス!」

凛「凛踊るー!」

にこ「グラス倒さないようにね」



希「禿げるかと思った......」

絵里「痛い......」
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 10:52:08.07 ID:Rdhj2Gmn0
絵里「~♪」

希「」コソコソ

穂乃果「何してるの希ちゃん?」

希「これをえりちの飲み物に入れようかと」スッ

穂乃果「......タバスコ?」

希「うん」
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 10:53:57.03 ID:Rdhj2Gmn0
穂乃果「やめときなよ......絵里ちゃん泣いちゃうよ?」

希「大丈夫。この前梅酒に入れた時は鼻から吹き出したくらいで済んだから」

穂乃果「それは大丈夫なの?」

希「よし、ジャンケンしよう」

穂乃果「え、何で?」

希「負けた方がこれを入れるの」

穂乃果「希ちゃんが入れるんじゃないの?」

希「そんなことしたらウチが怒られるやん」

穂乃果「言ってることめちゃくちゃだね」
27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 10:55:16.65 ID:Rdhj2Gmn0
希「ってことでジャンケンしよ」

穂乃果「嫌だよ......」

希「ええっ!?」

穂乃果「何でそんなに驚くの?」

希「ノリ悪いなぁ......」ドポドポ

穂乃果「あーー!何で私のに入れたの!?」

希「あ、ついつい」
28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 10:56:38.01 ID:Rdhj2Gmn0
穂乃果「ちょっとぉ!飲めなくなったじゃん!」

希「大丈夫。これをえりちのと交換すれば......」ヒョイ

穂乃果「いやカルピスとコーラじゃバレバレだよ」

希「心配ないよ。えりちはポンコツやから」

穂乃果「そんなこと......あるか」

希「むふふふふ」

穂乃果「悪い顔してるなぁ」

希「じゃあ怒られる係と撮影係を決めるジャンケンを」

穂乃果「しない」
29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 10:57:23.55 ID:Rdhj2Gmn0
凛「ね、ね、希ちゃんと穂乃果ちゃんが面白そうなことしてるよ」

にこ「どうせ絵里にイタズラしてるんでしょ。ほっときなさい」

凛「凛たちも何かする?」

にこ「やめときなさい。絵里が本気で泣くわよ」

凛「んー、じゃあやめとこ」
30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 10:57:49.34 ID:Rdhj2Gmn0
にこ「次は何歌おかしら......」

凛「にこちゃん、次は凛と歌お?」

にこ「いいわよ。何歌う?」

凛「んー......これ!」

にこ「......『さそり座の女』?」

凛「最近顔真似にハマって」

にこ「やらんでいい。デュエット曲じゃないし」
34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 19:48:38.00 ID:Rdhj2Gmn0
凛「似てる?」グニョン

にこ「やめなさい。大変な顔になってるわよ」



絵里「ぶーーーーー!!」



凛「あ、絵里ちゃんがカルピス吹き出した」

にこ「希の仕業ね。またタバスコでも仕込んだわね」



絵里「正座しなさい!!」

希「くふふっ、うふふっ」

穂乃果「なんで私まで......」



凛「絵里ちゃんすっごい怒ってる」

にこ「当たり前よ。全く......」ゴクゴク
35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/18(土) 19:49:27.28 ID:Rdhj2Gmn0
にこ「ぶーーーーーーー!!」

凛「おおっ、にこちゃんもオレンジジュース吹き出した」

にこ「.....希ぃぃぃいいいい!!」

希「あっはっはっは!!」ダッ

絵里「あ、こら待ちなさい!!」

にこ「追うわよ!」

穂乃果「何で私までーーーー!!」



凛「......仲いいなぁ」ポツン

・2終わり
41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/19(日) 16:42:16.97 ID:StM6U2b7O

・3

にこ「ただいまっと......」ガチャ

絵里「ビクトリーーー!!」

にこ「」ビクッ

絵里「はぁー、やりきったわ!」
42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/19(日) 16:42:46.23 ID:StM6U2b7O
にこ「何を?」

絵里「あ、にこ。おかえり」

にこ「何してんのあんた」

絵里「ビリーズブートキャンプよ。ついにビクトリー出来たの!」

にこ「へぇ......何でうちでやってるの?」

絵里「にこもやる?」

にこ「話を聞きなさい」
43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/19(日) 16:43:25.03 ID:StM6U2b7O
絵里「あ、汗かいたからシャワー借りるわね」トテトテ

にこ「待ちなさいこら」グイーッ

絵里「痛い!」

にこ「何でうちでビリーやってんのか聞いてるのよ。自分家でやりなさいよ。あとナチュラルにシャワー使おうとしてんじゃないわの。帰りなさいよ。家隣でしょうが」グイグイ

絵里「痛い痛い!は、禿げちゃうぅぅぅ!!」

にこ「あんた最近調子乗りすぎじゃない?合鍵返してもらうわよ」グイグイ

絵里「ごめんなさぃぃぃいいいい!!」
44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/19(日) 16:44:07.93 ID:StM6U2b7O
にこ「はぁ...もう、全く」パッ

絵里「こ、怖かった......」

にこ「......」ジロッ

絵里「......」ビクビク

にこ「......」

絵里「......か、帰るわね」ビクビク
45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/19(日) 16:44:39.97 ID:StM6U2b7O
にこ「......はい、タオル」

絵里「え?」

にこ「シャワー使っていいわよ」

絵里「で、でも......」

にこ「いいから汗流していきなさい.........ちょっと言い過ぎたわ」

絵里「......!」パァァ

にこ「ほら、早く」
46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/19(日) 16:45:18.09 ID:StM6U2b7O
絵里「にこーーーーー!」ダキッ

にこ「わっ!ちょ、あんた汗!」

絵里「にこも一緒に入りましょ?」

にこ「いや別に私は......離れなさいって!というか何でいい匂いすんのよ!」

絵里「レッツゴー♪」

にこ「離しなさいって!」
47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/19(日) 16:45:56.27 ID:StM6U2b7O
ーー

希「で、シャワーではしゃぎ過ぎてまたにこっちを怒らせたと」

絵里「ええ......3発くらいゲンコツされた」

希「ほんで、ウチの家に逃げ込んできたと」

絵里「ええ」

希「......何で自分の家に帰らないん?」

絵里「だって1人で家にいても寂しいじゃない」

希「家賃無駄やん」
48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/19(日) 16:46:27.40 ID:StM6U2b7O
絵里「お金より大事なものが世の中にはあるのよ」キリッ

希「そんなキリッとした顔で言われてもなぁ......まぁ、ウチもえりちのこと言えんけど」

絵里「だってにこの家って何だか居心地がいいじゃない?」

希「あ、分かる分かる。何なんやろうな、あの心地よさ」

絵里「妙に落ち着くのよねぇ」

希「えりちは思っくそ運動してたけどな」
49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/19(日) 16:47:02.69 ID:StM6U2b7O
絵里「あーにこの家に行きたいわー」ゴロゴロ

希「今行ってもいれてくれんやろうねぇ」

絵里「......そうだ」
50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/19(日) 16:47:28.06 ID:StM6U2b7O


ガチャ

希「グッドイブニング、にこっち」

にこ「何。何しに来たの?」

希「遊びに来た~」

にこ「何でうちに来るかな......絵里は来てないわよね」

希「うん。今日は家に帰ったよ」
51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/19(日) 16:48:11.90 ID:StM6U2b7O
にこ「全くアイツは......ん?」

希「なに?」

にこ「......」ジーッ

希「そんなにウチの足見て......にこっち、いやらしいなぁ」

にこ「......あんた足4本もあったっけ?」

希「へ?何言っとるんにこっち~4本も足があるわけ......」
52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/19(日) 16:48:39.45 ID:StM6U2b7O
にこ「......じゃあコート脱ぎなさい」

希「にこっちの家寒いよなぁ~トイレ借りていい?」

にこ「......」バッ

希「あーーーれーーーー!」クルクル

絵里「わっ!」ドテン

にこ「......何してんの?」

絵里「......にこっ☆」
53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/19(日) 16:49:23.58 ID:StM6U2b7O


絵里「ダメだったわね」

希「ウチまで追い出されたやん」

絵里「どうしましょう....」

希「明日謝ろうか。今日はもうダメやん」

絵里「そうね。ってことで希の家に」

希「帰りなさい」

絵里「....はぁい」
54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/19(日) 16:50:12.88 ID:StM6U2b7O
希「じゃ、またね」

絵里「ええ......あれ」ゴソゴソ

希「どしたん?」

絵里「あれ?あれ?」

希「......まさか」

絵里「鍵なくした......」
55: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/19(日) 16:50:38.55 ID:StM6U2b7O
希「はぁー......もう、おいで」

絵里「ごめんなさい」

希「全くえりちは.........あれ」ゴソゴソ

絵里「希?」

希「うそ、そんなはずは......え、うそ」ゴソゴソ

絵里「......」

希「......」
56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/19(日) 16:51:12.29 ID:StM6U2b7O
のぞえり「矢澤様」

にこ「.........」グイグイーッ

のぞえり「痛い痛い!」

・3 終わり
61: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/20(月) 02:46:36.65 ID:4pvjPgP20
・4

希「ね、今日飲まん?」

絵里「いいわねー」

希「にこっちは?」

にこ「構わないわよ」

希「よし、決定。どこで飲む?」
62: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/20(月) 02:47:38.24 ID:4pvjPgP20
絵里「たまにはうちに来る?」

希「おっ」

にこ「珍しいわね」

絵里「いつもにこに迷惑かけてるから、ね?」

にこ「そう思うならうちに入り浸るのやめてよ」

絵里「そうはいかないわ。にこの家は私の心のオアシスだから」

希「そうそう。大久保佳代子やん」

にこ「それはオアシズ」
63: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/20(月) 02:48:09.51 ID:4pvjPgP20
絵里「せっかくだし誰か誘わない?」

にこ「いいけど、誰誘う?」

希「うーん、じゃあとりあえず真姫ちゃん」

にこ「とりあえずって何?」

希「何となく浮かんだから。あ、それと海未ちゃん」

にこ「なんでその二人なのよ」

希「面白そうやん」ニヤァ

にこ「まーた悪い顔してるわね......」

絵里「じゃあ呼ぶわよ」
64: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/20(月) 02:48:50.29 ID:4pvjPgP20
ーー

海未「こんばんは、お邪魔します」

真姫「来たわよ」

絵里「入って入って」

希「や、お二人さん」
65: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/20(月) 02:49:20.87 ID:4pvjPgP20
にこ「もうすぐおつまみできるから座ってて」ジュー

海未「手伝いますよ、にこ」

にこ「そう?悪いわね」

真姫「ワイン持ってきたわ」

絵里「やった、さすがマッキーね!」

真姫「マッキーって呼ばないで」
66: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/20(月) 02:49:50.12 ID:4pvjPgP20
希「そっか、2人共もう飲めるんか」

真姫「まあね」

絵里「ふふ、楽しい夜になりそうね」

にこ「飲みすぎるんじゃないわよー」

希「そうやで、えりち」

にこ「あんたもよ」
67: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/20(月) 02:50:22.75 ID:4pvjPgP20
5人「かんぱーーーい!」カシャン

絵里「んぐんぐんぐ......」ゴクゴク

希「んっんっんっ......」ゴクゴク

のぞえり「ぷはーーーっ!」

海未「もう飲んだのですか?」

にこ「コイツらはもう......」

真姫「一気飲みは体に悪いわよ」
68: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/20(月) 02:51:07.70 ID:4pvjPgP20
絵里「だって、希」

希「医者の卵に言われたらな~」

絵里「ね、ね、手術とかするの?」

真姫「まだよ」

希「じゃあさ、合コンとか行くの?イケメンの医者とかの」

真姫「行かないわよ」

絵里「え~つまんないわね~」

希「何か面白い話ないん~?」

真姫「鬱陶しいわねもう!」
69: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/20(月) 02:51:55.14 ID:4pvjPgP20
海未「テンション高いですね。もう酔っているのですか?」

にこ「いや、コイツら滅茶苦茶強いわよ」

海未「じゃああれは......」

にこ「ええ、素のテンションよ」

海未「何だか面倒くさくなってますね......特に絵里」

にこ「全くよ」

海未「にこもお酒強いのですか?」

にこ「まぁ、多少はね。強いってほどじゃないけど、普段からコイツらに付き合ってるし」
70: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/20(月) 02:52:28.24 ID:4pvjPgP20
海未「へぇ、そんなに小さいくせに意外です」

にこ「何、急に喧嘩吹っかけてきて。やる気?」

海未「ところで今日のにこのパンツは何色ですか?」

にこ「はぁ?あんた何言って......って、まさか」

海未「ぴんくですかぁ?ごーるどですかぁ?」トローン

にこ「もう酔ってるの?まだ1杯目なのに......」
71: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/20(月) 02:52:58.16 ID:4pvjPgP20
希「真姫ちゃんの勝負パンツは何色なん?」

真姫「教えるわけないでしょうが」

絵里「私は黒のスケスケパンティーよ」

真姫「聞いてないわよ」

海未「あ、あっちでぱんつの話してますぅ」トテトテ

にこ「あ、待ちなさい!」
72: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/20(月) 02:53:33.55 ID:4pvjPgP20
海未「ぱんつーーーー!!」

真姫「海未!?」

希「お、何や何や。海未ちゃん面白いことになってるやん」

絵里「あら、もう酔ったの?」

海未「一番園田海未!ぬぎまーーーしゅ!!」

のぞえり「いえーーーーーい!!」

真姫「海未!!馬鹿な真似はやめなさい!!」
73: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/20(月) 02:54:07.90 ID:4pvjPgP20
希「真姫ちゃんも脱ごう!」

真姫「脱がないわよ!」

絵里「ほらほら、早く」

真姫「やめなさいってば!!」

海未「まきぃ、いっしょにぬぎましょ~」

真姫「ちょ、やめっ...きゃあーーーー!!」

キャーキャーワー!



にこ「あーあー......」
74: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/20(月) 02:54:47.39 ID:4pvjPgP20
ーー

海未「すー...すー...」

真姫「...んむ...やめてぇ...」

希「はー面白かった」

絵里「楽しかったわ~」

にこ「あーあー風邪引くわよ、こんな格好で寝たら。絵里、毛布どこ?」

絵里「あ、待って。持ってくるわ」トテトテ
75: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/20(月) 02:55:29.20 ID:4pvjPgP20
希「まさか海未ちゃんがこんなに酒癖悪いとは......楽しみが増えたなぁ」

にこ「もう、真姫がかわいそうじゃない。せっかく来てくれたのに」

希「あはは、そうやね。今度お詫びしとくよ」
76: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/20(月) 02:55:59.47 ID:4pvjPgP20
絵里「毛布持ってきたわ。あと......」

ドン

にこ「焼酎......」

絵里「まだいけるでしょ?2人とも」

希「全然大丈夫。にこっちも、な?」

にこ「......まぁ」

絵里「ふふ、飲み直しましょ」
77: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/20(月) 02:56:28.24 ID:4pvjPgP20
希「実はにこっちも相当強いよなぁ」

にこ「そんなことないわよ。もうベロベロ」

絵里「嘘はいけないわよー。何で飲む?」

希「ロックで」

にこ「私もロック」

絵里「ふふっ、じゃあ私もロックで。氷持ってくるわね」トテトテ
78: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/20(月) 02:57:05.71 ID:4pvjPgP20
にこ「......楽しそうね、絵里のやつ」

希「そうやね~。にこっちもそう見えるけど?」

にこ「気のせいよ。あんた酔ってるんじゃない?」

希「素直やないな~」

にこ「ふん、あんたも」

希「ん?」
79: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/20(月) 02:57:34.15 ID:4pvjPgP20
にこ「あんたも随分楽しそうに見えるけど?」

希「ウチはいつものことやん。どうしたん、酔ってるん?」

にこ「酔ってないわよ」

希「さっきベロベロって言ってたくせに」

にこ「うっさい」
80: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/20(月) 02:58:06.32 ID:4pvjPgP20
絵里「はい、お待たせ」

希「んふふ♪」

にこ「......」ムスッ

絵里「ん?何の話してたの?」

希「えりちはスタイルいいな~って」

絵里「あら、ビリーズブートキャンプの成果かしら」

にこ「バカ言ってないで早く飲むわよ。ほら、グラス持って」

のぞえり「はぁい」
81: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/20(月) 02:58:47.19 ID:4pvjPgP20
希「ほんじゃ」

絵里「ささやかに二次会ってことで」

にこ「二人ほど脱落したけど」

にこのぞえり「かんぱーーい!」

・4 終わり
86: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/21(火) 15:33:22.54 ID:gh0PqZiS0
・5

~スーパー~

にこ「今日はハンバーグにしよっと」

希「いいね~」

にこ「希はなににするの?」

希「ハンバーグ」

にこ「絵里は?」

絵里「私もハンバーグ」

にこ「食べに来る気満々ね」
87: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/21(火) 15:33:51.59 ID:gh0PqZiS0
希「ええやん。3人で食べようよ」

にこ「まぁいいけど。割り勘よ」

絵里「やった。にこの手料理よ」

にこ「しょっちゅう食べてるでしょうが」

希「ご飯はみんなで食べた方が美味しいんよ」

絵里「そうよ」
88: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/21(火) 15:34:39.91 ID:gh0PqZiS0
にこ「はいはい。じゃあ手分けして買うわよ。絵里は野菜コーナー、希は調味料コーナーね」

絵里「はーい」タタッ

にこ「そっちは酒コーナよ」ガシッ

希「りょーかい」タタッ

にこ「そっちは珍味コーナー」ガシッ
89: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/21(火) 15:35:12.43 ID:gh0PqZiS0
絵里「はい、持ってきたわ」

希「これでいい?」

にこ「うん。じゃあレジ行くわよ」

ズラーー

にこ「げっ、並んでるわね......」

希「夕飯時やしね」
90: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/21(火) 15:35:38.37 ID:gh0PqZiS0
絵里「あら」

にこ「なに?」

絵里「あそこに並んでるのは......」



花陽「お腹すいたよぉ......」

ことり「もう少しの辛抱だよ」



希「お、脳トロコンビやん」

にこ「変な呼び方しないの。あの2人も買い物来てたのね」
91: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/21(火) 15:36:19.48 ID:gh0PqZiS0
絵里「ことりー!花陽ー!」

にこ「ちょ、大声出さないでよ」

ことり「ふぇ?」

花陽「あ、絵里ちゃん達だ」

絵里「久し振りねー!」ブンブン

にこ「静かにしなさいって!」

希「周りの人見てるよ、えりち!」
97: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/22(水) 23:03:57.55 ID:OlKX2k8TO
ことり「久し振りだね~3人とも」

花陽「こんばんは」

希「相変わらずポワポワしてるなぁ」

絵里「2人も夕飯の買い物?」

ことり「うん。今日は花陽ちゃんと一緒に食べるの」
98: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/22(水) 23:04:32.26 ID:OlKX2k8TO
花陽「にこちゃんたちは3人で?」

希「そうよん」

絵里「あ、どうせなら2人も一緒に食べる?」

ことぱな「いいの?」

絵里「いいわよね?にこ、希」

希「いいよー」

にこ「構わないわよ」
99: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/22(水) 23:05:05.38 ID:OlKX2k8TO
ことり「やったぁ♪」

花陽「ありがとう♪」

希「うふふっ、フワッとした夕食になりそうやねぇ」

絵里「そうね」

にこ「確かに」
100: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/22(水) 23:05:32.36 ID:OlKX2k8TO
ー矢澤家ー

にこ「ことり、塩コショウ取ってくれる?」

ことり「はぁい」

にこ「さんきゅ」

花陽「にこちゃん、お茶碗はこれでいい?」

にこ「ええ。希、テーブル拭いてー」

希「はいよー」

にこ「絵里、お皿とって」

絵里「分かったわ」

ことり「2人とも慣れてるね」

絵里「ここは第二の我が家だから」

にこ「入り浸ってるだけでしょうが」

花陽「あはは、仲良いんだね」
101: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/22(水) 23:06:17.07 ID:OlKX2k8TO
5人「いただきまーす」

ことり「んー美味しい!」

花陽「にこちゃん、またお料理の腕上げたね」

にこ「ふふん、まあね」

希「ウチらのおかげやんね」

絵里「感謝してね、にこ」

にこ「やかましい」ビシッビシッ

のぞえり「いったーい!」

にこ「ったく......」
102: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/22(水) 23:06:46.10 ID:OlKX2k8TO
ことり「うふふ、相変わらずだねぇ3人とも」

花陽「はむはむはむ」

にこ「あんた達もね」

希「特に花陽ちゃん」

絵里「花陽、ご飯粒ついてるわよ」

花陽「ふぁい?」
103: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/22(水) 23:07:13.49 ID:OlKX2k8TO
にこ「ことりは穂乃果と海未とはどうなの?」

ことり「定期的にあってるよ~。たまに飲んだりしてるかなぁ」

希「あ、海未ちゃんとはこの前飲んだよ。面白かったなぁ」

ことり「うふっ、海未ちゃんお酒弱いもんねぇ」

にこ「大変だったわよ。あの子を人前で飲ませたらダメよ」
104: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/22(水) 23:08:12.91 ID:OlKX2k8TO
ことり「うん、もちろん。海未ちゃんの貞操は任せといて」

にこ「貞操って......まぁ、そうね」

絵里「ことりが言うとなんだか凄いわね」

ことり「どういうことかなぁ?」ニコッ

絵里「何でもないです」
105: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/22(水) 23:08:45.91 ID:OlKX2k8TO
希「花陽ちゃんは、凛ちゃん達とはどうなん?」

花陽「ごくっ......んーとね、この前ご飯食べに行ったよ」

希「へぇ、何食べたん?」

花陽「叙々苑」

にこ「は?」

絵里「岸辺露伴?」

ことり「それはジョジョだよ」
106: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/22(水) 23:09:12.50 ID:OlKX2k8TO
希「じょ、叙々苑?嘘やろ?」

花陽「ううん、ホントだよ。真姫ちゃんが奢ってくれたんだぁ。美味しかったなぁ」

にこ「そりゃ美味しいでしょうね」

絵里「大学生が食べるものじゃないわね......」

希「相変わらずブルジョワやなぁ」

ことり「『そう?これくらい普通デショ』」カミノケクルクル

にこ「それ真姫の真似?」

絵里「意外と似てるわね」
107: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/22(水) 23:09:40.90 ID:OlKX2k8TO
ー1時間後ー

ことり「次、海未ちゃんの真似しまーす!『は、ハレンチです!』」

絵里「あはははは!!」

希「似てる似てる!!」

ことり「じゃあ次はー」



にこ「ことりの酒癖も大概ね......穂乃果に言っとかなくちゃ」

花陽「......」

にこ「あら、花陽。やけに静かね、眠いの?」
108: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/22(水) 23:10:12.47 ID:OlKX2k8TO
花陽「......」スッ

ドン!!

にこ「」ビクッ

花陽「......」トクトク

にこ「は、花陽?あんたー」

花陽「......んで」

にこ「へ?」

花陽「花陽のお酒を飲んでください!!」

にこ「へ、ちょ、あんた」

花陽「飲んでください!!お願いします!!」ドケザーー

にこ「花陽!?あんた酔ってるの?」
109: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/22(水) 23:10:46.92 ID:OlKX2k8TO
花陽「おねがいしまぁす......(泣)にこちゃぁぁああん(泣)」ポロポロ

にこ「ちょ、泣き上戸!?誰よ、花陽に飲ませたのは!?」

花陽「飲んでくれないと......はなよ......はなよ......脱ぎます!!」

にこ「ちょっと待ちなさい!!飲むから飲むから!!」

花陽「にこちゃんが......飲んでくれない......(泣)」ヌギヌギ

にこ「だぁぁぁあああ!脱ぐなぁ!!」
110: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/22(水) 23:11:17.95 ID:OlKX2k8TO
ことり「『ちょっと寒くないかにゃー?』

のぞえり「あっはっはっは!!」

花陽「はなよのおさけぇぇ......」ヌギヌギ

にこ「だーーもーー!!何でこんな面倒臭い奴ばっかなのよぉぉぉおお!!」
111: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/22(水) 23:11:46.67 ID:OlKX2k8TO
・5 終わり
120: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/25(土) 12:24:26.32 ID:aonVmbab0
・6

ナンデヤネーン! オマエアホチャウカ!

希「あはははは!!」

モウエエワ! ナンヤト!!

希「あっはっはっは!」

ドーモーアリガトウゴザイマシター!

希「はー、面白かった。そろそろ寝よ」

サイキョウ! ゼッキョウ! ナリヒビクヒメイ!

希「ん?」

ーーユウエンチ ハイビョウトウ

希「へぇ......」

希「......うふふ」
121: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/25(土) 12:25:14.86 ID:aonVmbab0
ー翌朝ー

にこ「」スヤスヤ

ガチャ

希「呼ばれて飛び出てパイパイーン!!」ドサッ

にこ「にごぉお!!」

希「ウチの胸♪90だーからー♪」ムギュゥウ

にこ「......!?!」ジタバタ
122: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/25(土) 12:25:47.64 ID:aonVmbab0
希「にこっちおはよう!!」ムギュゥウ

にこ「!!!」バンバン

希「ああん、そんなにおっぱい叩かんといて~」

にこ「」ピクッピクッ

希「あれ、どうしたんにこっち?急に元気なくなって」

にこ「」チーン

希「あれ?にこっち?にこっちぃぃいいい!!」

にこ「」チーン
123: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/25(土) 12:26:17.74 ID:aonVmbab0
希「そんな......にこっちぃ......死んだらあかんよ......」ポロッ

にこ「」チーン

希「まだボインボインになる夢叶ってないやん......世界一のおっぱい魔神になるんやかったん......?」ポロポロ

にこ「...」

希「にこっちぃぃぃいいいいい!!!」

にこ「やかましぃぃいいいいいいい!!!」ドゴォオオ!!

希「ぶべらっ!?」
124: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/25(土) 12:26:45.03 ID:aonVmbab0


希「いったぁー...」サスサス

にこ「朝っぱらから何すんのよ、この焼肉ホルスタイン。窒息させる気か」

希「おっぱいで窒息なんて幸せやろ?」

にこ「...」ギリギリ

希「ぐるじぃぐるじぃ!!」

にこ「要件を言いなさい」ギリギリ

希「わ、わがった!!わがったがら!!
125: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/25(土) 12:27:17.19 ID:aonVmbab0
にこ「ったく......」パッ

希「はー、死ぬかと思った」

にこ「で、何しに来たのよ」

希「にこっち、今日暇?」

にこ「特に予定はないわね」

希「じゃあさ、遊園地行こ!」

にこ「遊園地?」

希「うん。えりちも誘って3人で」
126: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/25(土) 12:27:51.07 ID:aonVmbab0
にこ「なんで急に......」

希「これ見てー」スマホスッスッ

にこ「......なるほど」

希「面白そうやろ~?」ニタァァ

にこ「鏡みてきなさい。酷い顔してるわよ」

希「にこっちには敵わんよ」

にこ「その減らない口は塞ぐ必要があるわね」

希「ごめんごめん。裁縫セット取り出さんで」
127: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/25(土) 12:28:22.45 ID:aonVmbab0
にこ「ま、いいけど。絵里起こしてくる?」

希「あ、ウチが起こすよ」スッ

にこ「それは?」

希「水鉄砲お湯入り」

にこ「......あんたはどこまでも......」
131: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/27(月) 22:49:43.69 ID:9TZ0hxH4O
ー絢瀬家ー

絵里「」スースー

ガチャ

希「ふふ......よく寝てる」

にこ「泣いても知らないわよ」

希「大丈夫やって。じゃあ早速......」

絵里「...むにゃ...」

希「およ?」
132: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/27(月) 22:50:16.63 ID:9TZ0hxH4O
絵里「にこ......だめよ......」

希「ありゃ、にこっちの夢見てるみたいよ」

にこ「ふん......」

絵里「にこ......そんなことしても......ダメよ」

にこ「ん?」

絵里「全裸でM字開脚しても......胸は大きくならないわ......」ムニャムニャ

にこ「...」バッ

希「あっ」
133: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/27(月) 22:50:52.43 ID:9TZ0hxH4O
にこ「...」ピュー

絵里「あっつ!!」

にこ「へ?」

絵里「あっつい!何!?」

にこ「熱い?って湯気出てるじゃない!」

希「そりゃそうよ。だって熱湯やもん」

にこ「なんで熱湯入れてるのよ!」

希「その方が面白いかなぁって」

にこ「いやぬるま湯にしときなさいよ!」
134: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/27(月) 22:51:27.34 ID:9TZ0hxH4O
絵里「...にこ?」

にこ「へ?あ、いやこれは」

絵里「あなた......何してるの?」

にこ「違うのよ。これは希が」

希「にこっち、寝起きに熱湯ドッキリなんて酷いことするなぁ」

にこ「はぁ!?ちょっと希!!」
135: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/27(月) 22:52:00.78 ID:9TZ0hxH4O
絵里「正座しなさい!!」

にこ「だからこれは希が!」

絵里「希がこんなことするわけないでしょう!!」

にこ「いや滅茶苦茶するじゃない!」

希「ひどいなぁにこっちぃ」

にこ「この......!!」

希「やーでも実際にこっちがしたしぃ」

にこ「ぐっ.....」

絵里「早く正座しなさい!!お説教よ!!」

にこ「くっ、納得いかないぃいい!!」
136: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/27(月) 22:52:46.22 ID:9TZ0hxH4O
ーー

ガタンコトン

絵里「ごめんなさい、にこ......ついカッとなっちゃって」

にこ「いやいいわよ。実際私が悪いんだし」

希「そうやそうや。反省しぃな?」

にこ「こいつは......!!」

絵里「それにしても遊園地なんて久し振りね。楽しみだわ」ワクワク

にこ「そうね。高校以来かしら」

希「そうやねぇ、楽しみやねぇ」ニタニタ
137: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/27(月) 22:53:25.33 ID:9TZ0hxH4O
にこ「どれくらいかかるの?」

希「30分くらいかな」

絵里「カップ麺10個作れるわね」

希「ハリガネやったら30個作れるよ」

絵里「あ、でも蓋開けて粉末スープ入れる手間とか考えないと」

希「お湯を入れる時間も考慮せな」

絵里「じゃあそれらの手間を合わせて2分前後として......」

にこ「口を閉じなさいおバカ共」
142: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/05(日) 13:47:14.02 ID:Sr+Bs/P8O
絵里「着いたわ!」

希「着いたね」

にこ「そうね」

にこのぞえり「......」

希「......何乗りたい?」

にこ「何でもいいわ」

希「えりちは?」
143: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/05(日) 13:47:42.50 ID:Sr+Bs/P8O
絵里「んーと...あれかしら」

ゴォォォォ キャーー

にこ「えぇ...」

希「最初からとばすなー」

絵里「大丈夫よ。さ、行きましょ!」

にこ「......フラグよね、これ」

希「まぁまぁ、いいやん」
144: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/05(日) 13:48:11.03 ID:Sr+Bs/P8O
ー30分後ー

絵里「うぷ......」

希「大丈夫?えりち」サスサス

にこ「言わんこっちゃない。5回も連続で乗るからよ」

絵里「うっ......私のことは気にせず......先に」

希「おっけー、行こかにこっち」スタスタ

にこ「そうね」スタスタ

絵里「ホントに置いていかないでよ!」
145: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/05(日) 13:48:41.54 ID:Sr+Bs/P8O
希「次は?」

絵里「えーっと......あれ」

ブォンブォン

にこ「ゴーカート?」

絵里「レースしない?」

希「おー、面白そうやん」

にこ「やめなさいよ、子供じゃあるまいし」

希「子供やん、体が」

にこ「絵里、手伝って。こいつをコース上に縛り付けるわよ」

希「うそうそゴメン」

絵里「結び方は?亀甲縛り?」

希「やめて」
147: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/06(月) 00:15:43.87 ID:SVejVscA0
絵里「負けたら昼ごはん奢りね」

にこ「上等よ」

希「よっし、やったる」

ーー

絵里「......」

希「ウチ、テリヤキバーガー」

にこ「私ダブルチーズバーガー」

絵里「......はい」
148: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/06(月) 00:16:12.58 ID:SVejVscA0
希「いやーことごとくお約束をやっていくなぁ」モグモグ

にこ「ここまでくると尊敬するわ」モグモグ

絵里「うるさいわね......」

希「さ、次はいよいよ......」

にこ「ほんとに行くの?」

希「うん、それが目的やし」
149: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/06(月) 00:16:51.53 ID:SVejVscA0
絵里「どこに行くの?」

希「楽しいところ」

絵里「?遊園地は楽しいところだらけじゃない」

希「その中でも特に楽しいところ」

絵里「へぇ......」

にこ「楽しいのはあんたでしょうが」

絵里「なんだかよく分からないけど早く行きましょうよ」

希「うんうん、行こう」
150: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/06(月) 00:17:56.52 ID:SVejVscA0
ーお化け屋敷前ー

絵里「帰る」

希「まぁまぁ」ガシッ

絵里「帰る!」

希「まぁまぁ」ググググ

絵里「放しなさい!!」

希「まぁまぁ」グイグイ

絵里「くっ、ちょ、放し......力強い!!」

希「ほらほら早く」ズルズル

絵里「嫌ぁぁぁぁあ!!!にこぉおおお!!」

にこ「叫ばないでよ恥ずかしい」
151: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/06(月) 00:18:39.98 ID:SVejVscA0
絵里「入りたくない!!入りたくない!!」

希「大丈夫。ちゃんと付き添っててあげるから」

絵里「そういう問題じゃないわよ!」

海未「そういう問題じゃありません!!」

絵里「え?」

海未「ん?」
152: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/06(月) 00:19:15.45 ID:SVejVscA0
希「およ、海未ちゃん」

穂乃果「あれー?」

ことり「あー!」

にこ「あら」

希「......なるほど、ことりちゃん」

ことり「......うっふっふ、希ちゃん」

ガシッ

のぞこと「レッツゴー!」ズルズル

えりうみ「助けてぇえええええ!!」




穂乃果「......お互い大変だね」

にこ「......そうね」

・6 終わり
158: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/14(火) 02:16:35.43 ID:0riw8oTM0
・7

オバケ「ばぁぁあああああ!!」

絵里「いぎゃああああああ!!」ダダダ

希「えりち!そっちは関係者口!!」

オバケ「うがああああああ!!」

海未「悪霊退散!!悪霊退散!!」ドゴオ!!

ことり「海未ちゃん!オバケさん殴っちゃダメ!」

オバケ「きぃいいいいいい!!!」

えりうみ「いいいいやああああああ!!」ドタバタゴチーン!!

希「ああっ!」

ことり「まってーー!!2人ともーー!!」

ギャーギャー!
159: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/14(火) 02:17:11.66 ID:0riw8oTM0
にこ「やかましいわねぇ」

穂乃果「そ、そうだね......」ビクビク

にこ「絵里と海未パニックになってるし。バカ2人も一緒になってテンパってるし」

穂乃果「うん......ひぃ!!」ビクビクッ

にこ「おっと」

オバケ「だびゃああああああ」

穂乃果「きゃああああああ!!!」ギュッ

にこ「わっ、びっくりした」
160: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/14(火) 02:18:08.86 ID:0riw8oTM0
穂乃果「に、にこちゃん平気なの!?」

にこ「まあね。私達でホラー苦手なの絵里だけよ」

穂乃果「そ、そうなの......」

にこ「あんたもダメなの?」

穂乃果「うん......海未ちゃんほどじゃないけど、苦手かな」

にこ「あら、あんたも女の子らしいところあるじゃない」

穂乃果「どういう意味?」

にこ「べっつにー?あ、そこ出るわよ」

穂乃果「へ?」

オバケ「ぐおおおおおおおお!!」

穂乃果「きゃああああああ!!!」ギュッ

にこ「ぐえっ!締まってる締まってる!」
161: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/14(火) 02:18:42.52 ID:0riw8oTM0
絵里「ぐすっ......うぇえ......」メソメソ

希「ほらほら、えりち。もうすぐ出口やから」

海未「南無阿弥陀仏......南無阿弥陀仏......」ブツブツ

ことり「海未ちゃーん、大丈夫だからー。ね?」

海未「一体何が大丈夫なのか五十文字以内で簡潔に述べなさい」

ことり「いやあのほら......もうすぐ出口だよ?」
162: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/14(火) 02:19:08.69 ID:0riw8oTM0
希「いやーそれにしても予想以上のビビリ具合やったね」

ことり「そうだねぇ。ビックリしちゃったねぇ......あ、穂乃果ちゃん置いてきちゃった」

希「にこっちがおるから大丈夫。それより......」

絵里「希ーー!早く出るわよーー!」

海未「ことり!急ぎなさい!」

希「はいはーい」

ことり「今行くー!」
163: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/14(火) 02:19:39.42 ID:0riw8oTM0
絵里「ふう......やっと出口ね」

海未「これで......現世に帰れます!」

希「現世って......じゃ、出ようか」

ことり「おー!」

ギィィィ

希「......あれ?」

絵里「え?なんで真っ暗なの?」

海未「もう日が沈んだのですか?」

ことり「いやまだお昼過ぎだよ?」

希「まさか......」
164: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/14(火) 02:20:05.90 ID:0riw8oTM0
ガタッ

のぞことうみえり「!!!」

オバケ「ばぁぁあああああ!!」

えりうみ「いぎゃああああああ!!」

のぞこと「きゃああああああ!!!」





にこ「ここのお化け屋敷ってね、怖さもなんだけど長いことでも有名なのよ」

穂乃果「ええ!?そうなの!?」

にこ「ええ、出口かと思って出たらまだ中だったっていうことがあるの」

穂乃果「ええー......出口までもつかなぁ......」

にこ「私がついてるから大丈夫。ほら、いくわよ」
174: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/28(金) 11:20:13.16 ID:v1NnX08pO
ー出口ー

のぞえりことうみ「「......」」ピクピクッ

にこ「なーによ、あんた達。情けないわねぇ」

希「だってあんなに長いとは思わんやん......」

ことり「ふぇぇ......怖かったよぉ......」

絵里「ねぇ、今日は三人で寝ましょう?ね?ね?」

海未「悪霊退散......悪霊退散......」ブツブツ
175: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/28(金) 11:21:57.40 ID:v1NnX08pO
にこ「しばらく動けそうにないわね」

穂乃果「にこちゃん凄いね......何だか私も怖くなかったよ......」

にこ「同じ人間がやってるんだから怖がる必要なんてないのよ」

穂乃果「うーん、それよりどうしようかこの4人」

にこ「しばらく休憩させときましょ」

穂乃果「じゃあ2人で回ろう!せっかく遊園地来てるんだし」

にこ「そうね、お金ももったいないし」

穂乃果「それじゃレッツゴー!」



希「......ぐぬぬ」
176: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/28(金) 11:22:40.31 ID:v1NnX08pO
ーー

ゴォォォオオオ!!

穂乃果「いやっほぅうううう!!」

にこ「きゃーー?こーわーいー?」

穂乃果「気持ち悪いよ......」

にこ「ぬわぁんですってぇ!!」

ーー

クールクルクル

穂乃果「にこちゃんメリーゴーランド似合うよね」

にこ「どういう意味よ!」
177: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/28(金) 11:23:27.44 ID:v1NnX08pO
ーー

ブウウウウウウン

穂乃果「やっほーー!穂乃果カート飛ばせ飛ばせーー!」

にこ「ちょ、あぶ、ぶつかる!」

ーー

穂乃果「怒られた......」

にこ「あんたのせいて私まで怒られたじゃない!」

穂乃果「あはは、ごめんね~」

にこ「ったくもう、子供じゃないんだから......」
178: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/28(金) 11:24:09.63 ID:v1NnX08pO
穂乃果「あ、海未ちゃん達はどうしてるかな」

にこ「すっかり忘れてたわね......」

穂乃果「戻ってみようか」

ーー

穂乃果「あれ?」

にこ「いないわね。どこか行ったのかしら」

穂乃果「うーん...電話してみるね」

にこ「よろしく......?」

穂乃果「ん?」
179: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/28(金) 11:24:46.81 ID:v1NnX08pO
海未「もうやべでぐだざいいいいい......どうぢでごんなごどずるんでずがあぁあぁああ」グズグズ

絵里「」

ことり「絵里ちゃん!絵里ちゃんしっかり!!」

希「まだや!まだ後10回は行くよ!このままじゃウチのプライドは傷ついたままや!」

ことり「ふえええぇぇ......もう勘弁してよぉ希ちゃぁん」

希「よし行くよ!」ガシッ

海未「いやぁぁぁああああ!!!」


穂乃果「...何してるの」

にこ「置いて帰りましょうか」
180: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/28(金) 11:25:55.36 ID:v1NnX08pO
ーーー

穂乃果「じゃあねー!」

ことり「ほら海未ちゃん。バイバーイって」

海未「ばいばい......」フリフリ

にこ「気をつけて帰るのよー」フリフリ


にこ「...よし、帰るわよバカ」

希「はぁーい......」
181: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/28(金) 11:26:25.57 ID:v1NnX08pO
にこ「今度海未にちゃんと謝るのよ?恐怖がキャパオーバーして幼児退行してたじゃない」

希「はぁーい......」

にこ「反省してんの?」

希「してますっ」

にこ「じゃあ今日の夕飯はあんたの奢りね」

希「えぇー!」

にこ「当たり前でしょうが!誰が係員の人に頭下げたと思ってんのよ!騒ぎすぎで怒られてたところを!」

希「はぁーい......」
182: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/28(金) 11:27:03.97 ID:v1NnX08pO
絵里「お化け怖い......お化け怖い......」

にこ「ほら、あんたもしっかりする!飲みに行くわよ!」

絵里「...焼き鳥がいい」

にこ「だってよ」

希「あーもー分かった!今日は好きなだけ飲んで食べ!大盤振る舞いや!」

にこ「ふっふん、そう来なくっちゃ」

希「よっしゃ、レッツゴー!」

・7 終わり
186: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/29(土) 00:37:13.69 ID:aBCwAiZE0
・8

ピンポーン

穂乃果「はーい」トテトテ

ガチャ

希「こーんばんは」

穂乃果「いらっしゃい、希ちゃん!上がって上がってー」

希「お邪魔しまーす」
187: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/29(土) 00:38:27.75 ID:aBCwAiZE0
ドサドサッ

希「ほいっ。お酒たくさん買ってきたよー」

穂乃果「わぁ......二人分の量じゃないね」

希「これくらい余裕よ、余裕」

穂乃果「私そんなに強くないよ」

希「うふ、穂乃果ちゃんはどんな酔っ払い方するんかな~?」ニヤニヤ

穂乃果「少なくともことりちゃんと海未ちゃんほど酷くないかな」

希「面白かったなぁ2人とも。また今度皆で飲もうか」

穂乃果「ふふ、そうだね」
188: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/29(土) 00:40:05.75 ID:aBCwAiZE0
のぞほの「「かんぱーい!」」カチン

穂乃果「んぐんぐ......」ゴクゴク

希「んっんっ......」ゴクゴク

のぞほの「「ぷはーーっ!」」

穂乃果「んー美味しい!」

希「いい飲みっぷりやねー穂乃果ちゃん。見てて気持ちいいよ」
189: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/29(土) 00:40:39.78 ID:aBCwAiZE0
穂乃果「それでそれで?何で急に声かけて来たの?」

希「にこっちもえりちも大学の友達と飲みに行くんやって。酷いよなぁ、ウチ1人だけ残して」

穂乃果「希ちゃんも友達とのみにいけばよかったのに」

希「行く相手がいるなら行ってるよ......」

穂乃果「あ......ごめん」

希「あはは、じょーだんよ。ソコソコ友達おるって」

穂乃果「もう......」
191: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/29(土) 00:41:12.32 ID:aBCwAiZE0
希「ただあんまり大勢で飲むのが得意じゃないだけ。いっつも介抱係になってしまうからね」

穂乃果「希ちゃんめちゃくちゃ強いからね。でも絵里ちゃんやにこちゃん強いんじゃないの?」

希「あの2人は世話焼き上手やからね。にこっちなんか特に」

穂乃果「希ちゃんもお世話上手のイメージあるけどなぁ」

希「んふふ、そう?そう見えるならまだまだやね、穂乃果ちゃん」
192: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/29(土) 00:41:44.91 ID:aBCwAiZE0
穂乃果「む......どういうこと?」

希「言葉のまんまよ」

穂乃果「...よく分かんない」

希「ふふ......ま、簡単に言うとウチは自分勝手なんよ」

穂乃果「ふーん......」ゴクッ
196: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/29(土) 17:25:11.14 ID:XhregOOuO
希「...穂乃果ちゃん、何だか落ち着いたね」

穂乃果「そうかな?」

希「うん。昔は考える前にとにかく行動!って感じやったけど」

穂乃果「あはは......ごめんね、色々迷惑かけて」

希「ううん。そこが穂乃果ちゃんの短所であり最大の長所やと思うよ」
197: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/29(土) 17:25:48.89 ID:XhregOOuO
希「でも今は......何ていうか、ちゃんと考えてるっていうか」

穂乃果「まぁ......もう子供じゃないしね。ちゃんと考えて動かないといけないから」

希「......」グビッ

穂乃果「成長......じゃないけど。皆にたくさん迷惑かけたし、いつまでも海未ちゃんに怒られるわけにはいかないしね」

希「ウチは昔の穂乃果ちゃん好きだよ?ウチら9人を引っ張ってくれたのは紛れもない穂乃果ちゃんのその行動力やし」

穂乃果「ふふ......ありがとう」
198: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/29(土) 17:29:26.15 ID:XhregOOuO
希「......皆大人になってるんやねぇ」

穂乃果「そうだね......」

希「嬉しいことなんだけど......でも、なんだか寂しいなぁ」

穂乃果「ありゃ、希ちゃんがそんなこと言うなんて珍しい」

希「...お酒の勢いってことにしといて」

穂乃果「...ふふ、分かった」

希「......」グビッ

穂乃果「......」グビッ
199: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/29(土) 17:29:53.79 ID:XhregOOuO
希「...いつまでも、今みたいにえりちやにこっちと、皆と、バカやってたいなぁ」

穂乃果「......」

希「ダメやね、こんなこと。ホントウチは自分勝手や......んっ」グビッ
200: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/29(土) 17:30:52.34 ID:XhregOOuO
穂乃果「......希ちゃん」

希「ん?」

穂乃果「大丈夫だよ、絶対」

希「......!」

穂乃果「ね?」

希「うん......ありがとう」

穂乃果「うん!」
201: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/29(土) 17:31:30.40 ID:XhregOOuO
希「あははっ、ごめんなぁしんみりさせて」

穂乃果「いーよ、許してあげる......これ飲んだら」ドン!

希「おぉ......」

穂乃果「焼酎一升くらないなら余裕だよね?」

希「ほっほう、穂乃果ちゃん意外と鬼やねぇ......よし、乗った!」

穂乃果「そうこなくっちゃ!」
202: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/29(土) 17:32:01.40 ID:XhregOOuO
希「ただし」ドポドポ

穂乃果「!」

希「人に飲ませるなら自分も飲む覚悟があるってことやね?」

穂乃果「...上等だよ」

希「ふふ、実はお酒相当強いんやろ?ウチの目は誤魔化せんよ」

穂乃果「どーかなー?」

希「よし、乾杯!」

穂乃果「乾杯!」
203: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/29(土) 17:33:57.00 ID:XhregOOuO
ーーー

にこ「希は?」

絵里「昨日穂乃果の家で飲んでるって連絡入ってたけど......」

にこ「...なんか嫌な予感するんだけど」

絵里「希に限ってそんなことは......」

にこ「とにかく穂乃果の家行ってみましょ」
204: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/29(土) 17:34:59.28 ID:XhregOOuO
ピンポーン

にこえり「......」

絵里「......出てこないわね」

にこ「何してんのよ一体」スッ

ガチャ

にこ「って鍵開いてるし」

絵里「不用心ね。後で注意しなきゃ」
205: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/29(土) 17:35:44.65 ID:XhregOOuO
にこ「穂乃果ー?入るわよー」

にこ「穂乃果ー希ー?ってうわ!」

絵里「何この空き瓶の量......!」


穂乃果「も、もう.....むり......」

希「みず......みず......を......」


にこ「ちょ、これ2人で飲んだの?」

絵里「一升瓶が1、2、3......」
206: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/29(土) 17:36:56.49 ID:XhregOOuO
穂乃果「あれ......にこちゃうげえぇぇ!」

にこ「わっちょ、穂乃果!トイレ!吐くならトイレ!」

絵里「希!希しっかしりして!」ポンポン

希「......ゲロチュアルやね......うげぇ」

穂乃果「...ぎもぢわるい......」

にこ「どんだけ飲んだのよ!馬鹿じゃないの!」

絵里「希、立てる?」

希「...立ったら耳から出そう......」

にこ「どんな体してんのよ!絵里は希お願い。穂乃果は私が介抱するから」

穂乃果「......げっろげっろげぇぇえええ」

希「...あはははばろろろろ」

絵里「吐くんなら笑うんじゃないの!」

にこ「もおおおおお!何してんのよこのバカ共は!」
207: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/29(土) 17:40:47.77 ID:XhregOOuO
・8終わり
出来ればまた明日
217: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/12(金) 11:27:10.97 ID:KJNtvgnqO
・9

凛「......」ポケー

絵里「はい、凛。ココアでよかった?」

凛「ありがとー!」

絵里「それで?私に頼み事って何かしら?」

凛「えっと、その......」
218: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/12(金) 11:27:58.82 ID:KJNtvgnqO
ドサッ

凛「レポートを手伝ってください......」

絵里「......」

ーー

絵里「課題は計画的にやりなさいって昔から言ってるでしょう?」

凛「ごめんなさい......」

絵里「全く......締切はいつ?」

凛「日付変わるまで......」

絵里「あと三時間しかないじゃない!何してたのよ」

凛「いやぁそのぉ......いろいろあってぇ......忘れてたというか......何というか」
219: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/12(金) 11:28:47.62 ID:KJNtvgnqO
絵里「全く......何でわざわざ私のところに?真姫や花陽は?」

凛「...この前手伝ってもらってばっかで......真姫ちゃんが『いい加減にしなさい!』って怒っちゃって......かよちんにも手伝わないようにって」

絵里「大学生なっても勉強に関しては相変わらずね......」

凛「うっ......お願いします絵里ちゃん!助けてください!」
220: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/12(金) 11:29:15.01 ID:KJNtvgnqO
絵里「ダメよ」

凛「そんなぁ......!」

絵里「私がやったら意味が無いでしょ?」

凛「そうだけどぉ......」

絵里「はい、パソコン」

凛「え?」

絵里「アドバイスしてあげるから。やれるだけやってみなさい」

凛「絵里ちゃん......!」

絵里「頑張りましょうか」

凛「うん!」
221: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/12(金) 11:29:54.06 ID:KJNtvgnqO
ー締切10分前ー

絵里「引用元のリンク貼って......うん、OKよ」

凛「保存して、ファイル提出して......よし、終わったー!」

絵里「なんとか間に合ったわね。やれば出来るじゃない」

凛「ううん、絵里ちゃんのおかけだよ!ありがとー!」

絵里「これからはちゃんと計画的にやるのよ?」

凛「はーい!」
222: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/12(金) 11:30:30.15 ID:KJNtvgnqO
ーー

絵里「今日はもう遅いから泊まっていきなさい」

凛「いいの?」

絵里「ええ。この時間に帰す方が心配だわ」

凛「じゃあお言葉に甘えて」
223: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/12(金) 11:31:09.60 ID:KJNtvgnqO
絵里「何か食べる?ちょっとしたものなら冷蔵庫にあるわよ」

凛「んーん、あんまりお腹すいてないからいいよ」

絵里「そう?じゃあお風呂沸かしてくるわね」
224: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/12(金) 11:31:40.94 ID:KJNtvgnqO
凛「......」

絵里「どうかした?」

凛「いや......」

絵里「凛?」

凛「......となりってにこちゃんの家だよね」

絵里「ええ......行ったことあるでしょう?」
225: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/12(金) 11:33:21.77 ID:KJNtvgnqO
凛「そのとなりが希ちゃん家」

絵里「そうだけど......」

凛「何でお隣同士で住もうと思ったの?」

絵里「!......」

凛「まぁ、仲がいいからって言われたらそこまでなんだけど......それだったらシェアハウスとかあるし」
226: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/12(金) 11:33:54.42 ID:KJNtvgnqO
凛「何でわざわざ並んで部屋を借りたのかなって前から気になってたんだ」

絵里「......ふふっ、昔から変なところは鋭いんだから」

凛「......」

絵里「そうねぇ......ま、私達らしいじゃない?」
227: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/12(金) 11:36:32.70 ID:KJNtvgnqO
凛「らしい?」

絵里「ええ。一緒に住むほどベッタリじゃなくて、でも一番近いところにいる......私たち三人の関係みたいでしょ?」

凛「...なんとなくわかる気がする」

絵里「でしょう?多分、私達は一緒に住むとダメなのよ。上手くいかない」

凛「でもでも、絵里ちゃんと希ちゃんはしょっちゅうにこちゃんの家にいるじゃん」

絵里「まぁそうだけど......自分の家があるかどうかっていうのは全然違うのよ。たまには距離をとらないとね」
228: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/12(金) 11:37:50.74 ID:KJNtvgnqO
凛「そういうものかな?」

絵里「そういうものよ。私たちは元々1人だったからね......踏み込みすぎると今の関係は崩れちゃうわ、きっと」

凛「......そんなことないと思うけどなー」

絵里「ふふ......そうだといいんだけどね」

凛「?......」

絵里「お風呂沸かしてくるわね」

トトト......

凛「......」
231: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/12(金) 16:10:05.06 ID:2w4OLa5mO
ピンポーン ガチャ

にこ「絵里ぃぃい!!あんたまた自分の洗濯物私のに混ぜたわね!」

絵里「わっ、にこ!」

希「えりち~飲も~」

にこ「あんたは黙ってなさい!はいこれあんたの下着!」ポーイ

絵里「そ、そんな乱暴にしないでよ!」
232: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/12(金) 16:10:35.65 ID:2w4OLa5mO
にこ「やかましい!腹立つのよ何か!」

希「にこっち、それは八つ当たりってやつじゃ痛い!!」

にこ「自分のものは自分で洗濯しなさいってなんか言わすのよ!」

絵里「だってにこの家は我が家も同然だから」ドヤァ

にこ「......!」ギリギリギリ

絵里「痛い痛い痛い!鼻がもげちゃうううう!!」
233: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/12(金) 16:13:06.53 ID:2w4OLa5mO
希「ま、ま、とにかく飲もうや」

にこ「黙ってなさいって!」

絵里「り、凛!助けてぇえええ!」

希「お、凛ちゃんおるやん。一緒に飲もー」

ワーワーギャーギャー!



凛「...やっぱ一緒に住むべきにゃ」

・9 終わり
237: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/12(金) 22:55:13.09 ID:WAlDfjZb0
・10

ー矢澤家ー

にこ「んー......」

希「どうしたん?にこっち」

にこ「今日の夕飯どうしよかなって思って」

絵里「にこの作ったものなら何でもいいわよ」

にこ「ナチュラルに食べていこうとしてんじゃないわよ」

希「ウチ、レバニラ炒め食べたい」

にこ「聞いてないわよ」
238: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/12(金) 22:55:49.18 ID:WAlDfjZb0
絵里「オムライスは?」

にこ「だから聞いてないって......はぁ、何か動きたくないわね」

希「あら珍しい。お疲れ?」

にこ「そういう訳じゃないけど......何となくダルいなって」

絵里「へぇ......まぁ、そういう日もあるわよね」

希「ウチも肩こりがヒドくてなぁ......」

にこ「......」ゲシッ

希「あたっ」
239: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/12(金) 22:57:06.17 ID:WAlDfjZb0
絵里「出前でも頼む?」

にこ「そうねぇ......たまにはそうしましょうか」

希「じゃあ何食べたい?ウチ、おうどんさん」

絵里「丼がいいわ」

にこ「ラーメン」

にこのぞえり「「......」」
240: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/12(金) 22:57:33.69 ID:WAlDfjZb0
にこ「ジャーンケーン」

にこのぞえり「「ポン!」」

にこ「後出しよ希!」

希「してない!えりちの手なんなんそれ!?」

絵里「グーチョキパーよ!これ出せば絶対勝てるって穂乃果が言ってた!」

にこ「小学生か!あんた負けよ負け!」

絵里「何でよ!後出しした希が負けじゃないの!?」

希「だからしてないって!」
242: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/12(金) 23:02:20.54 ID:WAlDfjZb0
ーー

チワージェンガピザデース

にこ「よりによってピザって......」

希「いいやんいいやん。たまには、ね?」

絵里「そうよ、早く食べましょ」

にこ「...まぁいっか」

248: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/15(月) 00:45:50.61 ID:JVLkH/Zp0
希「いただきマンチェスター」

絵里「いただきマンゴスチン」

にこ「いただき丸亀製麺」

希「10点」

にこ「やかましい」
249: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/15(月) 00:46:43.25 ID:JVLkH/Zp0
絵里「ん~美味しい♡」

にこ「久々に食べたわね」

希「にこっちピザ作れるん?」

にこ「作ったことないわね。今度挑戦してみようかしら」

絵里「味見役は任せて」

希「ピザにはちょっとうるさいよ」

にこ「何様よ。あ、ちょっとチーズ取りすぎよ」
250: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/15(月) 00:47:25.82 ID:JVLkH/Zp0
希「いいやん、そっちパプリカいっぱい乗ってるし」

にこ「比率おかしいでしょうが」

絵里「にこ、私のパプリカもあげるわ」

にこ「いらん」
251: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/15(月) 00:49:48.40 ID:JVLkH/Zp0
希「何でピザって美味しいんかなぁ」

絵里「ピザだからよ」

にこ「何言ってんの?」

希「毎日でも食べれるわぁ」

にこ「毎日は飽きるわよ」

絵里「たまにはチキンナゲット食べたいわよね」

にこ「いや胃もたれなるわ」
252: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/15(月) 00:50:28.48 ID:JVLkH/Zp0
希「アメリカ人は毎日食べるらしいよ」

にこ「さすがに毎日は食べてないんじゃない?」

絵里「ロシアでは毎日ボルシチ食べてるわよ」

希「ホント?」

絵里「嘘」

希「......」

絵里「......ぶふっ」

希「何笑ってるんや」
253: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/15(月) 00:51:12.09 ID:JVLkH/Zp0
にこ「......あ、ラスト1枚」

にこのぞえり「「......」」




にこ「じゃーんけーん」

にこのぞえり「「ポン!」」

にこ「だから後出しだってば希!」

希「してないって!えりち今度はなんの手やそれ!」

絵里「グワシよ!これ出せば勝てるって凛が言ってた!」

にこ「なんで信じるのよ!バカか!」
254: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/15(月) 00:51:38.63 ID:JVLkH/Zp0
希「いただきっ!」バクッ

にこ「あっ!コラ吐き出しなさい!」

希「むぐぐー!」

絵里「抜けがけなんてずるいわよ!」

希「むぐむぐ」タタタッ

にこ「どこ行くのよ希ぃぃぃいい!!」

絵里「待ちなさぁぁぁあい!!」

・10 終わり
256: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/15(月) 17:18:26.40 ID:gqrXaegEO
・11

ピンポーン

海未「はい......ああ、ことり」

ことり「来たよ~海未ちゃん」

海未「いらっしゃい、入ってください」

ことり「おじゃましまぁす」
257: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/15(月) 17:19:00.50 ID:gqrXaegEO
海未「お茶で良かったですか?」

ことり「うん、ありがとー」

海未「ことりがうちに来るのも久しぶりですね」

ことり「そうだねぇ......大学生になってから来る機会減ったからね。3人でご飯食べる時はだいたい外だし」

海未「また今度行きましょうか」

ことり「うんっ」
258: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/15(月) 17:19:31.21 ID:gqrXaegEO
海未「それで、今日は何の用で?このタイミングで来たということは......」

ことり「うん、正式に決まったから報告に来たんだ」

海未「そうですか......穂乃果には?」

ことり「この後行こうと思って。ちょっと用事で近くにいたから先に海未ちゃん家に来たの」

海未「あなた自身が決めたことなので口出しはしませんが、やはり寂しくなりますね」

ことり「やぁん、海未ちゃんの寂しんぼ~♡可愛い~♡」

海未「前言撤回です」

ことり「うそうそ、ごめーん」
259: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/15(月) 17:20:37.62 ID:gqrXaegEO
海未「...ちょっと待っててください。支度してきます」

ことり「何の?」

海未「私も一緒に穂乃果の家に行きます」
260: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/15(月) 17:22:05.65 ID:gqrXaegEO
ーーー

穂乃果「いらっしゃいませー!...おー海未ちゃんことりちゃん!」

ことり「こんにちは穂乃果ちゃん」

海未「店番お疲れ様です」
261: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/15(月) 17:23:17.27 ID:gqrXaegEO
穂乃果「どしたの?お買い物?」

ことり「ううん、話したいことがあってね。少し時間作れないかな?」

穂乃果「...オッケー、ちょっと待っててね。雪穂ー!」

雪穂「なぁに?まだ交代の時間じゃ......あれ、海未さんにことりさん」

ことり「久しぶり、雪穂ちゃん」

海未「お元気でしたか?」
262: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/15(月) 17:24:07.58 ID:gqrXaegEO
雪穂「ええ......お買い物ですか?」

ことり「ごめんね、違うんだ。少し穂乃果ちゃん借りてもいい?」

雪穂「構いませんけど......」

海未「すみません、なるべくすぐ終わらせますので」

雪穂「いえ、ごゆっくり」

穂乃果「ごめんね、雪穂。少しの間よろしく」

雪穂「うん、分かった」
263: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/15(月) 17:24:34.15 ID:gqrXaegEO
ーー

穂乃果「ーーそっか、決めたんだね」

ことり「うん。メールしようかと思ったけど、やっぱり直接言わなくちゃって思って」

海未「出発はいつですか?」

ことり「3ヶ月後だよ」

穂乃果「どのくらい行くの?」

ことり「一応1年間の予定。でも、大学卒業したら向こうで就職するつもりなの」
264: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/15(月) 17:25:13.26 ID:gqrXaegEO
穂乃果「行っちゃうんだね、海外に」

ことり「うん、ごめんね」

海未「何を謝ることがあるのですか。ことりの人生です、貴女がやりたいことをやるべきです」

ことり「ふふ、ありがとう。そう言ってくれると嬉しいな」
265: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/15(月) 17:25:55.04 ID:gqrXaegEO
穂乃果「......」

海未「?どうしたのです穂乃果」

穂乃果「んーと......この際だから私も言っちゃおうかな」

ことり「へ?」

海未「何をです?」
270: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/16(火) 01:35:43.47 ID:LSp7qftA0
穂乃果「実はね、修行に出ることになったんだ」

海未「修行って......和菓子のですか?」

穂乃果「うん。お父さんの知り合いの和菓子職人の人のところにね」

ことり「いつから行くの?」

穂乃果「大学卒業してからの話だからまだ先だよ」
271: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/16(火) 01:36:25.08 ID:LSp7qftA0
海未「そうですか......それはそれは」

穂乃果「お父さんが一からしっかり学んでこいって」

ことり「おじさんに教えてもらうんじゃダメなの?」

穂乃果「甘やかしちゃうから私の為にならないって」

海未「ふふ、おじ様は優しいですからね」
272: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/16(火) 01:37:19.64 ID:LSp7qftA0
ことり「海未ちゃんはこれからどうするの?」

海未「私は地元に残って家を継ぎます」

穂乃果「やっぱりそうなんだ......三人ともバラバラになっちゃうね」

海未「仲違いしたわけではないですし、喜ばしい別れですよ」

ことり「うん。二人のこと応援してるからね」
273: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/16(火) 01:39:53.42 ID:LSp7qftA0
穂乃果「私も私も!」

海未「私もです」

ことり「......ふふっ」

穂乃果「あははっ」

海未「ふふふ......」
274: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/16(火) 01:42:36.26 ID:LSp7qftA0
ーー

海未「今日はアパートに帰らないのですか?」

穂乃果「うん、今日は家に泊まっていくよ。久しぶりにお母さんのご飯食べたいし」

ことり「一人暮らしは順調?」

穂乃果「親のありがたみが身に染みてわかったよ......」

海未「実家だからって怠けてはいけませんよ?ちゃんとおば様の手伝いを......」

穂乃果「分かってるよ~お説教は勘弁してー」

海未「穂乃果?」

ことり「まぁまぁ、海未ちゃん」
275: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/16(火) 01:43:04.59 ID:LSp7qftA0
海未「全く......」

穂乃果「じゃあね、2人とも。また今度飲みに行こう!」

ことり「うん!」

海未「ええ。では、また」
276: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/16(火) 01:43:31.95 ID:LSp7qftA0
ことり「そっかぁ......穂乃果ちゃん修行にでるんだぁ」

海未「体には気をつけるんですよ?何かあったらすぐに連絡するように」

ことり「心配しすぎだよ~海未ちゃん。それに気が早いよ」

海未「ですが......」

ことり「だいじょーぶっ。言われなくても何かあったら海未ちゃんと穂乃果ちゃんには一番に報告するから」

海未「...約束ですよ?」

ことり「うん!」
277: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/16(火) 01:44:12.13 ID:LSp7qftA0
海未「ならいいのです。あなた達は一人で抱え込むことがありますから」

ことり「海未ちゃんに言われたくないなぁ」

海未「もう、茶化さないでください......」

ことり「ふふっ」

278: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/16(火) 01:46:13.65 ID:LSp7qftA0
ことり「じゃあね、海未ちゃん」

海未「ええ、また」

ことり「今度はうちにきてよ。お母さん会いたがってるよ」

海未「分かりました。近いうちに顔を出すと言っておいてください」

ことり「うんっ、またね~」
279: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/16(火) 01:46:39.27 ID:LSp7qftA0
海未「......」

海未「...ふう」

~♪

海未「電話......絵里ですか」

海未「はい、もしもし」

絵里『あ、海未?今どこにいる?』
280: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/16(火) 01:47:26.69 ID:LSp7qftA0
海未「出先から帰っているところです。もうすぐ帰りつきますが......どうしました?」

絵里『丁度今海未の家の近くにいるのよ。良かったら少し顔だそうかと思って』

海未「分かりました。すぐに帰りますので少し待っていてください」

ピッ

海未「ふむ......」

・11 終わり
284: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 23:03:14.34 ID:Npq62HOlO
・12

絵里「はぁい、海未」

海未「こんばんは、絵里。この前ぶりですね」

絵里「どこか行ってたの?」

海未「穂乃果の実家に」

絵里「あらそうなの。お買い物?」

海未「いえ、そういうわけでは......立ち話もなんですから入ってください」

絵里「ええ、お邪魔します」
285: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 23:05:09.93 ID:Npq62HOlO
絵里「海未の家ってほとんど入ったことないから新鮮だわ」

海未「......」

絵里「どうしたの?」

海未「いえ、何でも」

絵里「?......で、何で穂乃果の家に?」

海未「ええと......」
286: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 23:07:21.74 ID:Npq62HOlO
絵里「ーーことりと穂乃果が?」

海未「はい」

絵里「そう......なの」

海未「どう思います?」

絵里「どうって?」

海未「ことりと穂乃果の新たな門出について、です」
287: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 23:08:23.01 ID:Npq62HOlO
絵里「遠くに行っちゃうだなぁ......って。ことりは特に」

海未「貴女何だか年々頭のネジが緩んできてません?」

絵里「そ、そんなことないわよ!」

海未「顔も心なしか呆けてるような......」

絵里「......」キリッ

海未「そういうところを言っているのです
288: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 23:09:04.24 ID:Npq62HOlO
絵里「...まぁ、海未の言う通りの顔になってるかもしれないのも無理ないわね。だって今が楽しすぎるから」

海未「貴女たち3人は本当に仲がいいですね。大学生になってからは特に」

絵里「そうね。にこと希といるのは本当に楽しいわ」

海未「そうですか......それは結構なことです」
289: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 23:09:52.94 ID:Npq62HOlO
絵里「ねぇ、海未」

海未「何でしょう」

絵里「寂しくないの?」

海未「ことりと穂乃果が旅立ってしまうことが、ですか?」

絵里「ええ、そうよ」

海未「寂しいに決まってますよ。幼馴染みが遠くに離れてしまうんですから」
290: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 23:10:23.35 ID:Npq62HOlO
絵里「不安や心配は無いの?」

海未「あるに決まっています。できれば、ここに残ってほしい」

絵里「...だったら」

海未「止めませんよ」

絵里「!」
291: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 23:10:59.47 ID:Npq62HOlO
海未「2人は自分のやりたいことに向かって大きく羽ばたこうとしているのです。2人の親友として、私がやるべき事は全力で応援すること」

海未「それに.....離れたからと言って関係が終わる訳ではありませんから。笑って見送るつもりです」

絵里「そう......貴女は強いわね」

海未「そんなことないですよ。当たり前のことです」

絵里「当たり前......ね」
292: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 23:12:19.55 ID:Npq62HOlO
海未「...絵里」

絵里「ん?」

海未「私、貴女に一つ聞きたいことがあるんです」

絵里「私に聞きたいこと?」

海未「ええ」

絵里「何かしら」

海未「答えにくければ答えなくても構いません」
293: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 23:13:33.63 ID:Npq62HOlO
絵里「一体何よ?」

海未「.....何故」





海未「何故、3人隣同士で住もうと思ったのですか?」





絵里「......この前凛に似たような質問されたわね」

海未「ええ、その話は凛から聞きました」
294: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 23:15:33.33 ID:Npq62HOlO
絵里「だったら私がなんて答えたか知ってるんじゃないの?」

海未「ええ」

絵里「凛に答えた通りよ。私達は......」

海未「それだけですか?」

絵里「......何が言いたいの?」

海未「他に理由があるんじゃないんですか?」

絵里「......!」
295: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 23:17:44.76 ID:Npq62HOlO
海未「嘘、とは言いませんがまだ他にも理由があるような気がして」

海未「以前から気になっていたのです。貴女達3人が隣同士で住んでいる理由を」

海未「一緒に住むわけでもなく......まさに付かず離れずの距離。貴女達らしいと言えばそうなんですが」

絵里「どうして他に理由があると思うの?」

海未「貴女らしくないと思って」

絵里「?意味がわからないわ。さっき貴女達らしいって言ったじゃない」
296: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 23:18:35.51 ID:Npq62HOlO
海未「"貴女達"らしいとは思いますが、"貴女"らしくはないと思って」

絵里「......言いたいことがちょっと分からないわね」

海未「そうですか。だったら無理して答えなくてもいいです」

絵里「海未......」

海未「お茶のお代わりを持ってきますね」スクッ

パタン

絵里「......」
297: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 23:19:49.06 ID:Npq62HOlO
ーーー

ガチャ

絵里「ただいまー」

にこ「なーにがただいまよ。私の家だって何回言わすの」

絵里「お酒買ってきたわ。飲みましょ」

にこ「あんたは飲むことしか頭にないの?」

絵里「そんなことないわよ。ちゃんとにこのお胸についても考えてるわ」

にこ「歯を食いしばりなさい」

絵里「ビンタは勘弁して下さい」
298: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 23:20:45.21 ID:Npq62HOlO
にこ「希は?」

絵里「飲み会よ」

にこ「あ、そう......ちょっと待ってて、おつまみ持ってくる」

絵里「ツナ缶食べたい」

にこ「ないからシーチキンで我慢しなさい」

絵里「はーい......」

にこ「あからさまにがっかりしてんじゃないわよ」スクッ

トテトテトテ...
299: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 23:22:52.46 ID:Npq62HOlO
絵里「......」



『何故、3人隣同士で住もうと思ったのですか?』



絵里「......何故、ね」プシュッ
300: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 23:25:37.15 ID:Npq62HOlO
にこ「お待たせ......って何先に飲んでるのよ」

絵里「我慢出来なくて」

にこ「子供かあんたは」

絵里「永遠の18歳よ」

にこ「だったら酒は飲めないわね」

絵里「うそうそ、ごめんなさい飲ませて」

にこ「ったく......」
301: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 23:26:06.97 ID:Npq62HOlO
絵里「......」

にこ「?なによ」

絵里「......いや、なにも」

にこ「はぁ?何よそれ」

絵里「気にしないで。ほら」スッ

にこ「......ふん」

にこえり「かんぱーい!」カチン
302: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/19(金) 23:29:07.72 ID:Npq62HOlO
・12 終わり
307: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/21(日) 16:24:31.91 ID:VGz3xgn50
・13

希「およっ」

花陽「あれ、希ちゃん」

凛「おーーー!」

真姫「奇遇ね」

希「どうしたん、三人揃って」

花陽「ご飯食べに行ってたんだ」

凛「希ちゃんは?」

希「大学の飲み仲間と飲み会」
308: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/21(日) 16:24:59.55 ID:VGz3xgn50
真姫「相変わらずね。飲み過ぎじゃないのあなた」

希「そんなことないよ~」

真姫「どうだか」

希「この間はごめんなぁ、真姫ちゃん」

真姫「いいわよ別に......まさか海未があんなにお酒弱いなんて思わなかったわ」

希「うふふ、面白かったなぁ」
309: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/21(日) 16:25:31.81 ID:VGz3xgn50
花陽「お酒......」

希「花陽ちゃんも中々の酒癖やったねぇ」

花陽「あうぅ......あの時のことは覚えてないんです......」

希「今度また一緒に飲もうか」

花陽「勘弁してください......しばらくお酒は懲り懲りです......」

希「ありゃりゃ、残念やねぇ」

真姫「っていうか花陽はまだ未成年よ」

凛「凛も飲みたーい」

希「お、飲もうか」

真姫「あんたもでしょうが」ピシッ

凛「あてっ」
310: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/21(日) 16:26:12.50 ID:VGz3xgn50
希「もう帰るん?」

花陽「うん、そのつもりだけど......」

希「ちょっと待っててな」タタッ

凛「あれ、どこ行くのー?」
311: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/21(日) 16:26:45.74 ID:VGz3xgn50
希「ほいっ、コーヒーで良かった?」

花陽「え、いいの?」

希「うん、ウチの奢り」

凛「ありがとー希ちゃん」

希「あ、真姫ちゃんは缶コーヒー飲んだことある?開け方はね......」

真姫「頭捌かれたいの?」

希「おお、怖い怖い。冗談やん」

真姫「ふん......」プシュッ

希「真姫ちゃん何だかにこっちに似てきたんやない?」

真姫「やめてよ。あんな風になるなら裸で町を一周した方がマシだわ」

希「じゃあ裸に」

真姫「ならないわよ」
312: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/21(日) 16:27:16.03 ID:VGz3xgn50
希「どう?3人とも最近は」

真姫「別に。特に何も無いわ」

凛「ベツニ。トクニナニモナイワ」カミノケクルクル

真姫「......」ビシッ

凛「あてっ」

希「花陽ちゃんは?」

花陽「うーん......まぁ、充実してるかな。それなりに大学生活楽しんでるよ」
313: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/21(日) 16:29:16.50 ID:VGz3xgn50
希「ほうほう、なるほど」プニッ

花陽「ぴゃあ!?」

希「確かに、これは充実してますなぁ」プニプニ

花陽「やめてお腹摘まないでぇ!」

真姫「だから食べ過ぎだって言ったのに」
314: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/21(日) 16:30:03.40 ID:VGz3xgn50
凛「希ちゃんは?」

希「そろそろドラゴンボールが七つ集まるかな......」

凛「おぉ~オラワクワクすっぞ!」

希「カカロットぉぉおお!!」

花陽「ふ、2人とも静かに......」
315: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/21(日) 16:31:58.05 ID:VGz3xgn50
真姫「就活はどうなの?」

希「急に現実を突きつける真姫ちゃん嫌いじゃないよ」

真姫「茶化さないの」

希「んー......まぁボチボチかな」

凛「どこに就職するの?」

希「ナメック星」

真姫「希?」

希「そんな顔しないで真姫ちゃん」
319: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/22(月) 01:09:37.15 ID:HAPOwHbO0
凛「東京から離れるの?」

希「うーん......そうやねぇ。県外の企業も受けてるよ」

真姫「ハッキリしない言い方ね」

希「だってまだ決めてないんよ」

真姫「ホントに?」

希「どうしたん?やけに突っかかってくるね」
320: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/22(月) 01:10:09.82 ID:HAPOwHbO0
真姫「あなたは大事なことははぐらかすからね。信用ならないのよ」

希「そんなぁ。またまた人を嘘つきみたいな言い方して~」

真姫「間違ってないでしょ?」

花陽「ま、真姫ちゃん」

凛「凛も聞きたいことある!」

希「お、なになに?」
321: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/22(月) 01:12:36.87 ID:HAPOwHbO0
真姫「ちょっと、まだ私の話は......」

凛「何で3人隣同士で住もうと思ったの?」

希「!」

凛「この前絵里ちゃんにも聞いたんだけど、よく分からなくて」

希「......えりちは何て?」

凛「えっとね......」





『一緒に住むほどベッタリじゃなくて、でも一番近いところにいる......私たち三人の関係みたいでしょ?』

『多分、私達は一緒に住むとダメなのよ。上手くいかない』

『踏み込みすぎると今の関係は崩れちゃうわ、きっと』





凛「ーーって」

花陽「分かるような分からないような......」

真姫「煮え切らない答えね」
322: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/22(月) 01:13:04.03 ID:HAPOwHbO0
凛「絵里ちゃんが言った通りなの?」

希「そうやね」

凛「ホントに?」

希「ホントやって。嘘なんかついてどうするん」

凛「なんか他にも理由があるんじゃないの?」

希「うーん......別にないなぁ。3人でいると楽しいから、とかしか」

凛「ふーん......」
323: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/22(月) 01:13:49.62 ID:HAPOwHbO0
希「というかまぁ、隣同士で住もうって言い出したのえりちやし」

凛「え、そうなの?」

希「うん」

花陽「絵里ちゃんが......」

真姫「でもなんで隣同士なのよ。どうせなら一緒に住めばいいのに」
324: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/22(月) 01:16:39.25 ID:HAPOwHbO0
希「うん、そう言ったんやけどね。えりちがどうしても隣同士かいいって」

真姫「何でよ。家賃とか余計にかかるじゃない」

希「えりちが言うにはプライベートの確保も大事だって。凛ちゃんの質問の答えと同じ理由で」

花陽「それだったらシェアハウスっていう手もあったんじゃない?家賃もそっちの方が安いし」

希「それも却下されてね。隣同士で部屋借りるって頑なやったんよ」

真姫「意味がわからないわ。ホントにそれ絵里が言ったの?」

希「ホントよ。にこっちにも聞いて見ればいいやん」
325: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/22(月) 01:17:26.79 ID:HAPOwHbO0
凛「...何で絵里ちゃんはそんなことを」

希「さあねぇ...ウチにも分からんよ」

真姫「本当は知ってるんじゃない?」

希「ふふっ、言うと思った。けど本当に知らんよ」

真姫「......」

希「ま、この話はもうここで終わり。ウチは帰るね~」

凛「あ、希ちゃん」

希「バイバーイ。また今度飲もうね~」フリフリ

凛「行っちゃった......」

花陽「何だかモヤモヤするね......」

真姫「......」
326: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/22(月) 01:18:00.66 ID:HAPOwHbO0
ーー

にこ「」スースー

絵里「ふふ、寝ちゃったわ」

にこ「」スースー

絵里「......」



『何でお隣同士で住もうと思ったの?』

『何故3人隣同士で住もうと思ったのですか?』



絵里「......」
327: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/22(月) 01:18:47.66 ID:HAPOwHbO0
にこ「」スースー

絵里「......にこ」

絵里「私は......」

ガチャ

絵里「!」
328: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/22(月) 01:19:13.02 ID:HAPOwHbO0
希「ただいま~」

絵里「あら、希。おかえり」

希「おかえりって、ここにこっちの家やん」

絵里「希もただいまって言ったじゃない」

希「およ、にこっち寝ちゃってるん?」

絵里「ええ」
329: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/22(月) 01:19:46.87 ID:HAPOwHbO0
希「ふふ、寝顔は可愛いなぁ」プニプニ

絵里「起きちゃうわよ」

希「ほっぺ柔らか~」プニプニ

にこ「...ぅうん......」

希「おっとと」

絵里「ほら、ほどほどにしなさい」スクッ

希「どこ行くん?」

絵里「トイレよ」

希「いっトイレ~」

トトト......

希「......」
330: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/22(月) 01:20:45.99 ID:HAPOwHbO0
にこ「」スースー

希「......えりち、にこっち」

希「ウチは......どうすればいいんやろ」

希「分からんよ......」

希「......」

・13 終わり
335: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/23(火) 00:18:24.19 ID:9ybMWKdU0
・14

カラコロンカラコロン♪

イラッシャイマセー

穂乃果「にこちゃーん、こっちこっちー!」

にこ「ごめん、遅くなったわ。待った?」

穂乃果「うん、待った!」

にこ「あ、そう......」
336: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/23(火) 00:20:39.04 ID:9ybMWKdU0
海未「嘘をつかないでください。今来たところです」

穂乃果「待ったよ~5分!」

にこ「アイスココア1つ」

穂乃果「無視しないでよ!」

にこ「で、どんな感じなの?」

海未「この間メールした通り、場所はうちの家にしようと思います。母も快諾してくれました」
337: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/23(火) 00:21:38.38 ID:9ybMWKdU0
穂乃果「海未ちゃん家広いからねー」

海未「そんなことありません。普通の一般家庭の家の広さです」

穂乃果「昔から思ってたけど海未ちゃんの普通ってズレてるよね」

海未「何ですって?」

にこ「言えてる」

海未「にこまでそんなこと言うのですか」
338: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/23(火) 00:22:08.26 ID:9ybMWKdU0
にこ「ま、そんなことは置いといて」

海未「置いとかないでください」

穂乃果「置いといて」

海未「...穂乃果?」

穂乃果「なんで私にだけ!」
339: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/23(火) 00:23:10.61 ID:9ybMWKdU0
にこ「うるさいわよ。それで、結局チーズケーキでいいの?」

海未「ええ、いいと思います」

穂乃果「私ショートケーキが食べたいなぁ」

にこ「ことりの送別会なのにあんたの好きなもの作ってどうするのよ」

穂乃果「ほら、私とことりちゃんって幼なじみでしょ?」

にこ「だから何よ」

穂乃果「ね、海未ちゃん」

海未「意味がわかりません」

にこ「ショートケーキはまた今度ね」

穂乃果「ええ~~」
340: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/23(火) 00:24:18.57 ID:9ybMWKdU0
にこ「やかましい。あんたの送別会の時に作ってあげるから我慢しなさい」

穂乃果「ホント?」

にこ「ええ」

穂乃果「嘘ついたら針千本刺すよ?」

にこ「無邪気な顔で怖いこと言ってんじゃないわよ。約束するから」

穂乃果「やったー!」

にこ「ふん......」

海未「良かったですね、穂乃果」

穂乃果「うん!」
341: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/23(火) 00:24:48.28 ID:9ybMWKdU0
にこ「......」

穂乃果「ん?どったのにこちゃん」

にこ「いや......」

穂乃果「変な顔になってるよ」

にこ「誰が変な顔ですって?」ツネッ

穂乃果「いたたた!」

海未「落ち着きなさい、2人とも。公衆の面前ですよ」
342: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/23(火) 00:26:32.09 ID:9ybMWKdU0
にこ「ったく」パッ

海未「それで、どうしたのです?何か言いたいことでも?」

にこ「いや別に」

穂乃果「気になるよ~にこちゃん」
343: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/23(火) 00:27:16.60 ID:9ybMWKdU0
にこ「や、まぁ......なんか拍子抜けして」

海未「もっと寂しがったり心配してると思いましたか?」

にこ「うん、まぁ」

穂乃果「そりゃ寂しいよ。心配もしてる」

海未「でも、それらの感情よりことりが新たな1歩を踏み出す方喜びの方が大きいのです」

にこ「......!」

穂乃果「ここで引き止めちゃったら、私は一生後悔する。だから笑って見送るんだ」

にこ「......そう」

海未「貴女の時もですよ、穂乃果」

穂乃果「うん、分かってる」
344: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/23(火) 00:28:22.09 ID:9ybMWKdU0
にこ「強いわね、あんた達は」

海未「いえ......2人を信用してるだけです」

穂乃果「なんたって親友だからね!」

にこ「...ふふ、いらないお世話だったみたいね」

海未「いえ、その気持ちはとても嬉しいです。ありがたく受け取っておきます」

穂乃果「ありがとにこちゃん!」

にこ「高くつくわよ?」

穂乃果「売れ残ったほむまんでいい?」

にこ「どういう意味よ!」

海未「売れ残りでもほむまんは美味しいですよ」

にこ「そういうことじゃないわよ!」
345: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/23(火) 00:29:02.72 ID:9ybMWKdU0
ーー

ガチャ

にこ「ただいまっと......疲れた」

にこ「夕飯の準備しないと......」

にこ「......今日あいつら来るのかしら」
346: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/23(火) 00:29:31.57 ID:9ybMWKdU0
にこ「......」



『2人のことを信用してるだけです』

『なんたって親友だからね!』



にこ「親友、ね......」
347: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/23(火) 00:30:26.44 ID:9ybMWKdU0
ー☆ー☆ー

『にこ、希。隣同士で部屋借りない?』

『ううん、ルームシェアじゃなくて......そう、お隣同士』

『プライベートの確保は大事でしょ?』

ー☆ー☆ー


にこ「......あんたの考えてることが未だに分からないわ」

にこ「希は分かってるのかしら」

にこ「......はぁ」

352: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/24(水) 01:58:11.32 ID:+bySLXac0
ー園田家ー

穂乃果「それでは、ことりちゃんの旅立ちを祝って」

8人「かんぱーーーい!」

希「ほいほい、ことりちゃん」トクトク

絵里「今日はたーんと飲みましょ」トクトク

ことり「わっ、わっ」

にこ「こらこら」

希「主役なんやから飲まんと、な?」

絵里「そうよ。今日はたーんと飲みなさい」

にこ「やめなさいって飲んべえ共」
353: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/24(水) 01:58:37.43 ID:+bySLXac0
ことり「ううん、いいよ~。今日はうんと飲んじゃうっ」

にこ「あんた酒癖悪いんだから程々にしなさいよ」

ことり「うん、分かった~」

にこ「分かってないわね......」

海未「今日はことりの為に私も飲みます!」

穂乃果「はーい海未ちゃんは烏龍茶飲もうね~」
354: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/24(水) 01:59:10.36 ID:+bySLXac0
真姫「あんた達は飲んだらダメよ」

凛「何でー!?いいじゃん今日くらい!」

花陽「ダメだよ凛ちゃん。我慢我慢」

真姫「花陽は特によ」

花陽「分かってます......」
355: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/24(水) 01:59:43.97 ID:+bySLXac0
ドン!

穂乃果「わおっ」

海未「おおっ」

にこ「はい、ことり」

ことり「わぁ~~!!すごぉい!!」

凛「おっきなチーズケーキ!」

花陽「これにこちゃんが?」

にこ「ふふん、まぁね」
356: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/24(水) 02:00:15.59 ID:+bySLXac0
希「ちょっと、ウチらも手伝ったやん」

絵里「そうよー、手柄を独り占めなんてダメよダメよ」

希「Cutie Panther!わ!た!し!」

凛「どっこっでもいっくよー!」

希「きーみの!」

穂乃果「キューティー!」

希「きーみの!」

ほのりん「パンサー!」

ことり「こころぬすんでみせるよー」

のぞこのほのりん「いえーーい!」

真姫「うるさいわね」
357: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/24(水) 02:01:41.29 ID:+bySLXac0
希「ほらほら海未ちゃんも!」

ことほのりん「いえーい!」

海未「い、いえーい」

花陽「無理に乗らなくても......」

絵里「乗れ損ねた......」

にこ「あんたは何に落ち込んでるのよ」
358: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/24(水) 02:02:56.94 ID:+bySLXac0
海未「9等分ってできませんね」

穂乃果「気合いで頑張って!」

海未「無茶言わないでください」

希「10等分にしてウチとことりちゃんが2個ずつ食べれば解決やね」

にこ「何であんたが2個食べるのよ」

希「だってにこっちいらないってさっき」

にこ「言ってないわよ!」
359: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/24(水) 02:03:22.05 ID:+bySLXac0
絵里「チーズケーキなら赤ワインがいいわね」

真姫「持ってきてるわよ」

絵里「さすがマッキー!」

真姫「マッキーって言わないでって」

凛「凛も飲みたいなぁ......」

花陽「ぶどうジュースで我慢しよっか」

にこ「よーし、じゃあ切り分けるわよー」

のぞほのりん「うぇーーい!」

にこ「パリピか」
360: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/24(水) 02:03:50.90 ID:+bySLXac0

・14 終わり
361: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/24(水) 02:04:28.18 ID:+bySLXac0
・15

ー園田家ー

凛「一発芸やりまーす!真姫ちゃんの真似!」

凛「ユデレバイイジャナイ」カミノケクルクル

希「あっはっはっはっは!」

絵里「いいわよーー凛ーーー!」

穂乃果「凛ちゃんさいこーーー!」

真姫「りーーーーんーーーーー!!」

凛「にゃーーー!真姫ちゃんが怒ったーーー!」

真姫「待ちなさい!あなたは毎回毎回!」

にこ「こんなに騒いで大丈夫なの?」

海未「ええ、母には少し騒がしくなると言っていますので」
362: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/24(水) 02:05:05.00 ID:+bySLXac0
ことり「ふふっ......」

花陽「ことりちゃん」

ことり「どうしたの花陽ちゃん」

花陽「良かったの?送別会こんな感じで......」

ことり「うん。しんみりするより、こうやって皆でワイワイする方が楽しいし嬉しいかな」

花陽「そっか......」
363: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/24(水) 02:07:04.41 ID:+bySLXac0
ことり「花陽ちゃん?」

花陽「...寂しくなるなぁ」

ことり「!......」

花陽「一生の別れっていうわけじゃないけど......すぐには会えなくなるんだよね」

花陽「そう思うと......」

ギュッ

花陽「わぷっ」

ことり「ふふ......ありがとう花陽ちゃん」

花陽「ことりちゃん......」
364: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/24(水) 02:07:33.01 ID:+bySLXac0
ことり「でもまだちょっと早いかな......出発は来月だよ?」

花陽「......そっか、そうだよね。涙はその時までお預けしないと」

ことり「うんっ。今日は楽しくいこう!」

花陽「うんっ」
365: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/24(水) 02:08:36.96 ID:+bySLXac0
ことり「ってことで......」トクトク

花陽「え?」

ことり「南ことり、いきます!」グビーッ

花陽「あっ」

コトッ

ことり「...ふふっ♡」
366: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/24(水) 02:09:42.91 ID:+bySLXac0
希「1ニョッキ!」

凛「2ニョッキ!」

絵里「3ニョッキ!」

ほのまき「4ニョッキ!」

希「はい穂乃果ちゃんと真姫ちゃん罰ゲームー!」

真姫「もう!なんで被せるのよ!」

穂乃果「気が合うねー」

真姫「そういうことじゃないわよ!」
367: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/24(水) 02:10:15.29 ID:+bySLXac0
希「罰ゲームはじゃあ......」

ことり「モノマネしまーす!」

希「おっ」

絵里「来たわねことり!」

ことり「海未ちゃんの真似!」

ことり『穂乃果ぁぁーーーー!』

希「あっはっはっはっは!」

凛「似てる似てるーー!」

穂乃果「ことりちゃん最高ーー!」
368: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/24(水) 02:11:27.57 ID:+bySLXac0
真姫「ちょっと海未、やられてるわよ......」

海未「ふぁい?」トローン

真姫「って、あなたまさか......」

海未「2番!園田海未おどりまーーっしゅ!!」

希「海未ちゃんきたーーーー!」

穂乃果「ありゃ、飲んじゃったの」

凛「いけいけ海未ちゃーーーん!」
369: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/24(水) 02:12:15.46 ID:+bySLXac0
にこ「あーあー......全くもう、どう収集つけんのよこれ」

花陽「ふふっ、楽しそうだねことりちゃん」

にこ「......そうね」ゴクッ

花陽「はい、にこちゃん。注ぐよ」

にこ「ありがと」

花陽「......」トクトク

にこ「...あんたもことりと飲みたかったでしょ?」

花陽「え?......うん、そうだね」

にこ「今日くらい飲んでもいいんじゃない?」
370: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/24(水) 02:13:13.00 ID:+bySLXac0
花陽「ううん、やめとくよ。私、泣き上戸だし」

にこ「ああ、そうだったわね」

花陽「泣くのは来月までお預けって約束したから」

にこ「そう......分かったわ」

花陽「それに......一番泣きたいのは海未ちゃんと穂乃果ちゃんだろうしね」

にこ「......そうね」ゴクッ
371: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/24(水) 02:14:42.82 ID:+bySLXac0
ーー

海未「くー......くー......」

真姫「んん......」スヤスヤ

凛「...むにゃ...もう食べられない......」

花陽「...」スースー

ことり「...えへへ......」スゥスゥ

にこ「ふぅ......」

穂乃果「皆寝ちゃったね」

にこ「ええ......絵里と希は?」
372: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/24(水) 02:15:34.26 ID:+bySLXac0
穂乃果「希ちゃんはおトイレ。絵里ちゃんは少し風に当たってくるって」

にこ「ふーん......」

穂乃果「お水飲むけどにこちゃんもいる?」

にこ「いや、いいわ。私も外に行ってくる」

穂乃果「おっけー」
373: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/24(水) 02:16:05.85 ID:+bySLXac0


絵里「......」

にこ「絵里」

絵里「にこ」

にこ「騒ぎすぎよ、あんたら」

絵里「ふふ、ついつい」

にこ「ったく、もう少し静かに飲めないの?」

絵里「そんなに怒らないで」

にこ「ふん......」

絵里「ふふ......」
374: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/24(水) 02:17:13.82 ID:+bySLXac0
にこ「......なに?」

絵里「え?」

にこ「さっきから何考えてるのよ」

絵里「別に?」

にこ「知ってた?あんた嘘つくと鼻が少し動くのよ」

絵里「え、ホント?」

にこ「嘘」

絵里「何よそれ......」
375: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/24(水) 02:17:42.13 ID:+bySLXac0
にこ「話してみなさいよ」

絵里「......怒らない?」

にこ「内容によるわね」

絵里「......まぁ、どっちにしろ話さないといけないことだし」

にこ「一体何なのよ」
376: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/24(水) 02:18:53.86 ID:+bySLXac0
絵里「......私、ね」





絵里「ロシアに戻ることになったの」





にこ「......は?」

絵里「......」
377: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/24(水) 02:19:38.46 ID:+bySLXac0
にこ「は?......え、ちょ......いつ?」

絵里「卒業した後の話よ」

にこ「卒業の後?え、ってことは」

絵里「ええ、向こうで就職するのよ」

にこ「何で......」

絵里「両親の会社に就くことになったの。前から言われてて」

にこ「......初めて聞いたわよ」

絵里「初めて言ったもの」
378: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/24(水) 02:20:24.89 ID:+bySLXac0
にこ「何で言わなかったのよ!っていうかなんでわざわざロシアに!」

絵里「私の両親は貿易関係の仕事なのよ。前々から興味もあったから丁度いいと思って」

にこ「いやでも......国内でも、日本でも就職口あるでしょうが!あんただったら内定貰うのも苦労しないでしょう!」

絵里「......」
379: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/24(水) 02:21:35.44 ID:+bySLXac0
にこ「なんで黙って......」


絵里「......もう、耐えられないから」


にこ「耐えられない?何に?」



絵里「自分の最低さに」


にこ「......は?」



絵里「それに......もう、心の中に留めておくには、大きくなりすぎた.........」



にこ「......あんた何言ってんの......?」



380: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/24(水) 02:23:21.33 ID:+bySLXac0
絵里「...にこ......私、今から言ってはいけないことを言うわ......」


にこ「...待って」





絵里「ごめんね......私......」ポロッ


にこ「あんた何言おうとしてんの!」





絵里「私......ね......にこ、貴女のことが.........」ポロポロ



にこ「絵里!!」
381: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/24(水) 02:24:13.62 ID:+bySLXac0





絵里「好き......なの.........!」









・15終わり
389: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/25(木) 02:45:50.18 ID:ipprqQXv0
・16

にこ「...え……り......」

絵里「ごめんなさい…...!ごめんなさい……!」

にこ「…...あ……」

絵里「……!」ダッ

にこ「絵里!!」

タタタタタ……

にこ「待ちなさい!絵里!!」
390: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/25(木) 02:46:57.17 ID:ipprqQXv0
にこ「……」

にこ「……何で...」








希「……」
391: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/25(木) 02:47:51.11 ID:ipprqQXv0
ガチャ

穂乃果「あ、おかえりー」

にこ「絵里は!?」

穂乃果「え、一緒じゃないの?」

にこ「…あいつ……」
392: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/25(木) 02:51:31.21 ID:ipprqQXv0
穂乃果「あれ、希ちゃんに会わなかった?」

にこ「希?会わなかったけど」

穂乃果「あれれ?ウチも風に当たりに行く~って言って出てったけど」

にこ「え?………」

穂乃果「おかしーいなー」

にこ「……まさか」
393: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/25(木) 02:52:36.13 ID:ipprqQXv0
穂乃果「どうしたのにこちゃん?」

にこ「穂乃果、悪いけど先に帰るわね」

穂乃果「え、どうしたの」

にこ「ことりにごめんって言っといて」タッ

穂乃果「あ、にこちゃん!」
394: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/25(木) 02:53:48.15 ID:ipprqQXv0
ーー

タッタッタッタッ

にこ「はっ、はっ、はっ……」



にこ「はぁっ……」スッ


プルルル プルルル

にこ「……」
395: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/25(木) 02:54:16.45 ID:ipprqQXv0


ガチャ


にこ「もしもし絵里!?」


『おかけになった電話は電波の届かないところに……』


にこ「……!」ピッ


タタタタ…

396: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/25(木) 02:55:12.14 ID:ipprqQXv0
ダンダンダンダン!

にこ「はぁ……はぁ……!」

にこ「はぁ……」

ピンポーン

にこ「……」


ピンポーン ピンポーン


にこ「絵里!いるんでしょ!?」ガチャガチャ


ピンポーンピンポーン


にこ「絵里!!」
397: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/25(木) 02:56:11.92 ID:ipprqQXv0
にこ「あ、そうか鍵……!」ジャラ

ガチャガチャ


にこ「絵里!!」バン!


シン


にこ「いない……」


にこ「どこ行ったのよあいつ……!」
398: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/25(木) 02:57:56.15 ID:ipprqQXv0
ガチャガチャ


にこ「希!」バン!



にこ「……いない」


にこ「……」スッ


プルルル プルルル
399: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/25(木) 02:59:49.27 ID:ipprqQXv0
ガチャ



『おかけになった電話は現在……』



にこ「……」ピッ


にこ「やっぱり……聞いて……」



にこ「……」




にこ「どこ行ったのよ……」

400: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/25(木) 03:01:21.89 ID:ipprqQXv0
ーー

穂乃果「ぐー……ぐー……」

~♪

穂乃果「……んぁ?」

穂乃果「だぁれ……?」

ピッ

穂乃果「はいもひもひ……」

にこ『もしもし穂乃果?』
401: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/25(木) 03:03:11.91 ID:ipprqQXv0
穂乃果「ぅぁれ……にこちゃん?」

にこ『あんた今どこ?』

穂乃果「まだ海未ちゃん家だけど……っていうか朝から声大きいよ……」

にこ『他のみんなは?』

穂乃果『まだ寝てるけど』

にこ『丁度いいわ。悪いけど今から出てきてくれる?』

穂乃果「何でぇ?眠い……」

にこ『絵里と希に連絡つかなくなったわ』
402: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/25(木) 03:04:02.72 ID:ipprqQXv0


にこ「悪いわね、急に呼び出して」

穂乃果「ううん。それよりどういうこと?」

にこ「電話で言った通りよ」

穂乃果「何で……ちょっと頭が追いつかないんだけど。っていうか何で私を呼び出したの?」

にこ「亜里沙ちゃんの連絡先って知ってる?」

穂乃果「へ?」
403: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/25(木) 03:04:42.19 ID:ipprqQXv0
にこ「知ってるの?知らないの?」

穂乃果「え、あ、知ってるけど……」

にこ「教えてちょうだい」

穂乃果「な、何で?」

にこ「いいから早く!」

穂乃果「!」ビクッ

にこ「あ……ごめん」
404: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/25(木) 03:05:40.37 ID:ipprqQXv0

穂乃果「一体どうしたの?」

にこ「……」

穂乃果「にこちゃん?」

にこ「…ちょっと待って。まだ話せない」

にこ「とりあえず絵里に会わないと。何も分からないから」

穂乃果「…分かった。教えるね」

にこ「悪いわね。恩に着るわ」
410: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/26(金) 02:42:22.02 ID:NNvIClmP0
にこ「それと、これ」

穂乃果「?なにこれ」

にこ「朝顔のネックレスよ」

穂乃果「朝顔……?」

にこ「昨日、あんたたちに渡そうと思ってたのよ。私たち3人から、穂乃果たち3人へ」

穂乃果「私たちにも?ことりちゃんだけじゃなくて?」

にこ「あんたはもう少し花言葉を勉強しなさい。じゃあ、私は行くわね」

穂乃果「あ、にこちゃん!」

にこ「みんなに謝っといて」
411: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/26(金) 02:43:05.41 ID:NNvIClmP0
ーー

プルルル プルルル

ガチャ

亜里沙『はい、絢瀬亜里沙です!どちら様ですか?』

にこ「亜里沙ちゃん、もう少し電話の出方考えなさい」
412: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/26(金) 02:46:11.60 ID:NNvIClmP0
亜里沙『え?なんで私の名前を?』

にこ「どっからツッコめば……まぁいいわ。私よ、にこよ」

亜里沙『あ……にこさん。お久し振りです』

にこ「その反応は絵里が今どういう様子か知ってるわね」

亜里沙『えっと……』

にこ「単刀直入に聞くわ。今絵里がそこにいるわね?」
413: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/26(金) 02:46:44.32 ID:NNvIClmP0
亜里沙『……』

にこ「どうなの?」

亜里沙『……はい、います』

にこ「今からそこに行くから場所を教えてくれる?」

亜里沙『教えてもいいですけど……お姉ちゃんは多分、会いたくないと思います』

にこ「会いたい会いたくないの問題じゃないの。会って話さなきゃいけないのよ」

亜里沙『ダメです』
414: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/26(金) 02:47:11.71 ID:NNvIClmP0
にこ「……亜里沙ちゃん、悪いけどね」

亜里沙『なんて言おうがダメです。今のお姉ちゃんににこさんは会わせられません』

にこ「ちょっと……」

亜里沙『すみません、失礼します』

にこ「あ、ちょ」

ガチャ

ツーツー

にこ「どうすればいいのよ……」
415: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/26(金) 02:53:37.73 ID:NNvIClmP0
ーー

真姫「……」

海未「」スースー

花陽「」スヤスヤ

凛「」クークー

ことり「」クゥクゥ

真姫「……気怠さがすごい」

真姫「にこちゃん達いないわね……帰ったのかしら」

ガララッ

真姫「!」
416: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/26(金) 02:54:37.36 ID:NNvIClmP0
穂乃果「あ、真姫ちゃん」

真姫「おはよう。どこ行ってたの?」

穂乃果「あのね真姫ちゃん。よく聞いて」

真姫「何?」

穂乃果「絵里ちゃん達がね……」
417: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/26(金) 02:57:10.09 ID:NNvIClmP0
真姫「ーー何よそれ!どういう事よ!」

穂乃果「私も何も分かんないよ!」

真姫「何で……昨夜はいつも通りだったじゃない」

穂乃果「外に出てった時に……何かあったのは確実だと思う」

真姫「取り敢えず絵里と希を探さないと」

穂乃果「絵里ちゃんは……多分亜里沙ちゃんの所にいるんじゃないかな」

真姫「可能性としてはあるわね。にこちゃんもそう思ったから穂乃果に亜里沙ちゃんの番号聞いたんでしょ」

穂乃果「問題は希ちゃんだね。どこに行ったか検討もつかないよ」

真姫「取り敢えず、海未たちを起こしましょ。話はそれからよ」
424: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/27(土) 02:55:18.42 ID:86fGlPuu0
ーー

海未「なるほど、話は分かりました」

凛「……!」ガタッ

海未「待ちなさい。どこに行くつもりですか」

凛「希ちゃん探してくる!」ダダッ

海未「凛!」

真姫「もう!」ダッ

穂乃果「真姫ちゃん!」
425: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/27(土) 02:56:28.33 ID:86fGlPuu0
ことり「行っちゃった……」

海未「一体どこを探すというのですか」

花陽「でも海未ちゃん、じっとしてても仕方ないと思うよ。私たちも行こう」

海未「だからどこにです。希の居場所の見当など全くついてないのですよ」

花陽「ううん、私たちは絵里ちゃんの所に。希ちゃんは凛ちゃんと真姫ちゃんに任せて」

ことり「絵里ちゃんのところに?」

花陽「うん。穂乃果ちゃん、亜里沙ちゃんに連絡とってくれる?」

穂乃果「分かった」

海未「……分かりました。絵里のところへ行きましょう」

ことり「うん!」
426: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/27(土) 02:57:20.34 ID:86fGlPuu0
ーー

ポツポツポツ

凛「!」ピタッ

ザァァァア

凛「わっ、降ってきた」

タッタッタッ

真姫「はぁ……はぁ……!ちょっと凛、あんたねぇ」

凛「遅いよ真姫ちゃん」
427: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/27(土) 02:58:21.01 ID:86fGlPuu0
真姫「あんたが速すぎるのよ……それより降ってきたわね」

凛「急ごうか。濡れちゃう」

真姫「待ちなさい。アテはあるの?」

凛「うん、まぁ」

真姫「そこに希がいる保証は?」

凛「ないけど、自信はあるよ」
428: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/27(土) 02:59:30.53 ID:86fGlPuu0
真姫「…OK。分かったわ、信用するわよ」スッ

凛「何するの?」

真姫「車を呼ぶわ。そっちの方が早いでしょ?」
429: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/27(土) 03:00:38.74 ID:86fGlPuu0
「到着しました」

真姫「ありがと。急に呼び出して悪かったわね」

凛「行こ、真姫ちゃん」

真姫「ちょっと!勝手に入ったら」

凛「後でことりちゃんに言っとけばいいよ!」

真姫「もう!待ちなさいってば!」
430: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/27(土) 03:02:11.49 ID:86fGlPuu0
タンタンタンタン


凛「はぁっ、はぁっ、はぁっ……」


ガチャ

凛「はぁっ…………」

凛「……いた」



希「……凛ちゃん」




ガチャ


真姫「もう、速いってば……」



希「真姫ちゃん……」



真姫「……驚いた。ホントにいたわ」
432: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/27(土) 03:13:44.40 ID:86fGlPuu0
ごめんなさい、飛びました
>>430の後から


凛「凛たちは音ノ木坂の生徒じゃないから入っちゃダメなんだよ?」

希「お互い様やん?」

真姫「屋上で何してるのよ」

希「日なたぼっこ」

真姫「雨降ってるけど」
431: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/27(土) 03:10:10.84 ID:86fGlPuu0
凛「希ちゃんならここにいるかなって思って」

希「ありゃ、ウチの行動読まれてるやん」

真姫「一体何があったのよ」

希「……何も」

真姫「この期に及んで何も無いとか言ったら引っぱたくわよ」

希「おお、怖い怖い」

真姫「希!」
433: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/27(土) 03:14:34.67 ID:86fGlPuu0
希「……よくここにいるって分かったね」

凛「うん、まぁ何となく」

希「何となくって……」

凛「希ちゃんならここにいるかなって思って」

希「ありゃ、ウチの行動読まれてるやん」
434: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/27(土) 03:15:46.90 ID:86fGlPuu0
真姫「一体何があったのよ」

希「……何も」

真姫「この期に及んで何も無いとか言ったら引っぱたくわよ」

希「おお、怖い怖い」

真姫「希!」

凛「希ちゃん」

希「!」
435: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/27(土) 03:16:34.14 ID:86fGlPuu0
凛「ちゃんと話して」

希「……」



凛「引っぱたくよ?」



希「……」



真姫「……希」



436: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/27(土) 03:17:43.75 ID:86fGlPuu0


希「……えりちが」


凛「絵里ちゃんが?」



希「えりちが……にこっちに、告白したんや……」



凛「……え」

真姫「それって……」

437: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/27(土) 03:20:07.16 ID:86fGlPuu0


希「そういうことよ。えりちはにこっちのことが好きなんよ」


凛「そう……なん、だ……」



真姫「…それで、2人はどうなったの?」


希「にこっちが何か言う前にえりちがどっか行ってしまったから、どうにも」



真姫「なるほど、そういうこと……」
438: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/27(土) 03:22:19.98 ID:86fGlPuu0


希「……」


凛「希ちゃん……?」



希「……分からないんよ」


真姫「……希」



希「ウチ、どうしたらいいんか分からない……」ポロッ


希「それが、情けなくて……!」ポロポロ



凛「情けない……?」


真姫「どういうこと?」




希「だって……ウチ……」


439: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/27(土) 03:26:14.25 ID:86fGlPuu0


希「知ってたから……ずっと」


凛「……!」

真姫「知ってたって……貴女」






希「知ってたの……えりちがにこっちのこと好きだって……ずっと前から……」





・16 終わり

449: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/01(木) 03:15:09.83 ID:egjBbrmm0
・17

ピンポーン

亜里沙「はい……あ、皆さん」

穂乃果「久しぶりだね、亜里沙ちゃん」

海未「絵里はいますか?」

亜里沙「います、けど……出てくるかは」
450: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/01(木) 03:15:50.63 ID:egjBbrmm0
花陽「ごめんね、お邪魔します」

亜里沙「え、花陽さん?」

花陽「絵里ちゃんと話してくるね」

海未「あ、花陽!」

穂乃果「花陽ちゃん……?」
451: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/01(木) 03:16:33.94 ID:egjBbrmm0
トントン

絵里「……」

トントン

絵里「……亜里沙?」

ガチャ

花陽「おはよう、絵里ちゃん」

絵里「花陽?どうしてここに……」

花陽「お話に来たんだ」

絵里「話すことなんて……」

花陽「ない、なんてことはないでしょ?」

絵里「……」
452: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/01(木) 03:17:08.25 ID:egjBbrmm0
花陽「私じゃ、ダメかな?」

絵里「花陽……」

花陽「……絵里ちゃん」
453: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/01(木) 03:18:30.95 ID:egjBbrmm0
絵里「にこに」


花陽「……」


絵里「……告白、したの」


花陽「!……そう、なんだ……」
454: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/01(木) 03:19:27.91 ID:egjBbrmm0
絵里「……私ね、花陽。卒業したらロシアに帰るの」


花陽「え?」


絵里「向こうで就職するのよ。来年には日本を発つ」


花陽「そんな……」


絵里「中々言い出せなくて……特ににこと希には。でも」

絵里「ことりの留学の話や穂乃果の修行の話を聞いて、凄く焦ったの」


花陽「……」
455: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/01(木) 03:19:57.87 ID:egjBbrmm0


絵里「私達3人は……穂乃果達のように幼馴染みじゃない。元々は1人ぼっちだった」


絵里「もし離れ離れになったら……もう会えないんじゃないかって。私のことを忘れてしまうんじゃないかって、不安で不安でしょうがなくなったの」


絵里「バカよね……自分で決めといて。でも、そう考え出したら止まらなくなって……」
456: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/01(木) 03:21:15.82 ID:egjBbrmm0


絵里「そしたら、ずっと秘めていた、言うつもりのなかったにこへの想いが抑えきれなくなって……!」


絵里「気がついたら……口に出していたの……!」



花陽「絵里、ちゃん……」




絵里「最低よ、私……もう、2人に会えないわ」



花陽「どうして?」




絵里「こうなることは分かってたから……この気持ちを告げたら、私達は今まで通りの関係には戻れない……」


絵里「3人……バラバラになってしまうって……それなのに、私は……」


花陽「……絵里ちゃん」
457: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/01(木) 03:22:48.27 ID:egjBbrmm0
ギュッ


絵里「!はなよ……」



花陽「……絵里ちゃん。一つ聞いてもいいかな?」


絵里「なに……?」



花陽「2人のこと、どう思ってるの?」




絵里「それは今話して……」
458: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/01(木) 03:23:20.45 ID:egjBbrmm0
花陽「にこちゃんのことだけじゃなくて、にこちゃんと希ちゃん、2人のことだよ」


絵里「……2人のこと……」


花陽「そう。2人のこと」



『絵里ー、これ片付けて』

『えりち、今日何食べる?』



絵里「……にこ、と希は」


絵里「……掛け替えのない、大切な人達……」
459: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/01(木) 03:24:17.11 ID:egjBbrmm0

花陽「でしょ?じゃあ……」



花陽「もっと2人を信じてあげないと」


絵里「信じる……?私は」




花陽「逃げちゃダメだよ絵里ちゃん」



絵里「……!」
460: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/01(木) 03:25:10.55 ID:egjBbrmm0

花陽「ちゃんと2人と向き合わなきゃダメ。逃げて、自分から関係を終わらせるなんてことは一番やっちゃいけない事だよ」


絵里「花陽……」


花陽「それに……まだ言えてないことがあるんじゃないかな?」


絵里「!」


花陽「それが何なのか私には分からないけど……でも、大切なことならちゃんと言わないと。言わなきゃ、伝わらないし3人とも辛い思いをして終わるだけだよ」


絵里「……」
461: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/01(木) 03:25:50.21 ID:egjBbrmm0
花陽「大丈夫だよ。絵里ちゃん達なら絶対」

花陽「もしかしたら……今までとは違う関係になるかもしれない。けど……」


スクッ


花陽「!」


絵里「……分かったわ、花陽」


花陽「絵里ちゃん!」


絵里「にこと希と話してくるわ」


花陽「……うん!」
462: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/01(木) 03:26:26.27 ID:egjBbrmm0
穂乃果「絵里ちゃん」

絵里「!穂乃果……」

海未「すみません、全部聞かせてもらいました」

ことり「私たちのせい、でもあるのかな?」

絵里「……いいえ、これは紛れもなく私のせいよ」
463: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/01(木) 03:27:00.41 ID:egjBbrmm0
穂乃果「……絵里ちゃん、携帯」

絵里「え?」

穂乃果「にこちゃんに連絡してあげて。私が連絡するまでずっと探し回ってたから」

絵里「分かったわ。希は?」

穂乃果「ちょっと待ってね」
464: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/01(木) 03:27:39.20 ID:egjBbrmm0
絵里「……花陽」


花陽「はいっ」



絵里「ありがとう。行ってくるわ」



花陽「うん!」
465: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/01(木) 03:28:22.36 ID:egjBbrmm0
ーーー


ザァァァ


希「……うぅ……ひぐっ……」



凛「……希ちゃん……」


希「……私、ね…………もしかしたら……」


希「2人にとって……邪魔なんじゃ、ないかって……ずっと……」


凛「そんなことあるわけないでしょ!!」


真姫「そうよ!にこちゃんと絵里がそんな思いで貴女と一緒にいたと思ってるの!?」
466: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/01(木) 03:28:56.29 ID:egjBbrmm0
希「でも……だって!!そう思うのも仕方ないでしょ!」

凛「希ちゃん!」

希「!」

凛「希ちゃんは2人のこと信じてないの!?」


希「なっ……」


凛「どうなの?」
467: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/01(木) 03:29:48.72 ID:egjBbrmm0
希「……してる!してるに決まってるやん!」


真姫「だったら直接話してきなさい。逃げてんじゃないわよ」


希「でも……」


真姫「逃げても何も始まらないわ。むしろこのまま終わっちゃうわよ。それでもいいの?」


希「……嫌だ」


凛「じゃあ……行かないと、希ちゃん」
468: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/01(木) 03:32:30.43 ID:egjBbrmm0
希「……」


凛「……凛も」


希「!」


凛「このまま3人が、バラバラになるなんて嫌だよ」


希「凛ちゃん……」


真姫「私も嫌よ。勘弁してちょうだい」


希「真姫ちゃん……うん」
469: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/01(木) 03:32:56.78 ID:egjBbrmm0
~♪

真姫「もしもし……ああ、穂乃果」

真姫「ええ……ええ、分かったわ」

真姫「うん、じゃあ」

ピッ

真姫「希、2人に連絡を取りなさい」

希「……分かった」

凛「言いたい事、ちゃんと言ってくるんだよ?」
470: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/01(木) 03:33:32.67 ID:egjBbrmm0
希「うん。ありがとう、2人とも」

タタッ

パタン




凛「……」

真姫「……中、入るわよ」

凛「……うん」
471: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/01(木) 03:34:21.86 ID:egjBbrmm0
ーー

にこ「……」


タタッ


にこ「!」


絵里「……にこ」


にこ「絵里」




希「……えりち、にこっち」



絵里「……希……」



にこ「……どこ行ってたのよ、バカ2人」


・17 終わり
481: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 03:47:35.72 ID:cNqjcjNn0

・18

絵里「……えっと、その」


希「……あのね、2人とも」


にこ「待って」


のぞえり「!」


にこ「話をする前に、あんた達私に言うことあるんじゃないの?」


絵里「言うこと?」

希「えっと……この前こっそりプリン食べたのバレてた?」


にこ「初めて聞いたんだけど……いやそうじゃなくて!」


にこ「私昨日眠れなかったんだけど?」

482: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 03:48:20.15 ID:cNqjcjNn0
絵里「……急にいなくなってごめんなさい」

希「心配かけてごめん……」


にこ「ん、よろしい」


絵里「……」

希「……」

483: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 03:48:55.38 ID:cNqjcjNn0

にこ「……それ、で」


絵里「……あのね、希。私……」


希「知ってるよ」


絵里「!聞いてたの……?」



希「聞いてたよ。だけど」

にこ「だけど?」


希「ウチ、ずっと前から知ってた。えりちがにこっちのこと好きやったの」


絵里「……!」

にこ「知ってたって、あんた……」


希「なぁ、えりち」

絵里「なに?」



希「隣同士で住もうって提案した理由はなに?」


絵里「!」


にこ「……!」
484: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 03:49:29.12 ID:cNqjcjNn0


希「……3人で、並んで住まなくても良かったんやない?だって……」


希「えりちは、にこっちが好きなんやから」

にこ「希!あんた」

希「だってそうやん!ウチなんておったら邪魔で」



絵里「違うの!」



希「……何か違うの?」


絵里「違うの……そうじゃないの」


希「だから何が……」

485: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 03:50:06.06 ID:cNqjcjNn0

絵里「……捨てきれなかったから」


絵里「確かに……私は、にこのことが好きよ」


にこ「……っ」


絵里「高校を卒業したとき……にこに告白しようと思ったわ」


希「……」


絵里「にこと出会ってから秘めていた想いを告げることに……私は感じたことのない高翌揚感を覚えていたわ。もし、ダメでもそれはそれでいい思い出に変わるって思ってた」



絵里「高校生活のケジメをつけるつもりでいたんだけど……気づいたのよ」


にこ「……何に?」


486: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 03:50:38.88 ID:cNqjcjNn0



絵里「自分の中に、にこへの想いより大きな感情があることに」



希「恋心より?」


絵里「ええ……私は」




絵里「にこ、希。貴女達3人と一緒にいる時間が一番楽しいの」




希「……!」



にこ「絵里……」

487: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 03:51:19.53 ID:cNqjcjNn0

絵里「それに気づいたら…………告白なんてする気が失せたわ」



希「……でも」


絵里「!」


希「でもそれなら…………一緒に住んだりすれば良かったんじゃ」



絵里「……怖かったの」


希「怖かった……?」

488: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 03:52:13.89 ID:cNqjcjNn0

絵里「ええ……にこへの想いが消えたわけじゃないから……一つ屋根の下に一緒に住んだら、もしかしら我慢出来なくなってしまうかもしれない」



絵里「そうなった時……この、3人の関係が崩れるかもしれない」


絵里「でも、2人の近くにいたかったから……隣同士で住もうって言ったの」


にこ「……そういうこと……」


絵里「……この、隣同士に住むっていうのは……私が、自分の想いを捨てきれず……欲張った中途半端な距離…………」


絵里「自分の部屋を確保したのは、もし何かあった時に逃げ帰る場所を確保するため……」

489: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 03:52:46.27 ID:cNqjcjNn0


絵里「……最低、よね。こんな、こんな自分勝手な理由で、2人を、巻き込んで……」ポロッ


絵里「挙句……勝手に焦って、自分から関係を崩して……もう、本当にどうしようもないわ………」ポロポロ


絵里「私はバカよ……救いようのない……!」


にこ「絵里……」

490: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 03:53:59.92 ID:cNqjcjNn0

希「……にそれ」


絵里「希……?」




希「なにそれ!!」



にこえり「!!!」ビクッ




希「なにそれ!!バッカみたい!!!」



にこ「の、希?」


491: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 03:54:30.83 ID:cNqjcjNn0

希「私も大概だと思ってたけど、えりちも相当自分勝手じゃん!!」


絵里「ごめんなさい、私、」


希「もういい!もう謝らんで!!聞きたくない!」


絵里「希……」


492: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 03:55:46.93 ID:cNqjcjNn0
希「……私も」


希「私もにこっちとえりちといるのが楽しくて楽しくてたまらないに決まってるでしょ!!」


絵里「……!」

にこ「……」



希「ずっと邪魔だと思ってた……誘ってくれたのは情けだと思ってた!」ポロポロ


希「でもそれでも!にこっちとえりちと馬鹿みたいに騒ぐのが楽しくて……いつか離れようと思ってたけど結局離れられなくて……どうしたらいいか分かんなくなってた」


希「就活し始めて……これを機に離れようかなって思ってたら」


希「えりちロシアに帰るっていうし」


絵里「それは……」


希「しかもにこっちに告白するし」


絵里「……」


希「もう、ホントわけわからんよ……」


絵里「ごめんなさい……」


希「謝らんでって……」


にこ「……」

493: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 03:56:34.91 ID:cNqjcjNn0
希「…………ウチ」


希「ウチ、邪魔じゃ…………無かったんよね?」


絵里「……!」


希「一緒にいて……良かったんだよね?」


絵里「…言うまでもないわ……!貴女がいたから、こんなにも楽しい日々が遅れたのよ……!」


希「よかった……ホントに……!ずっと……心配だったの…………!」


絵里「ごめんなさい……!貴女に、そんな思いをさせて」

494: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 03:57:13.82 ID:cNqjcjNn0
パンパン



にこ「ちょっと、二人で盛り上がらないでよ」



希「にこっち……」


絵里「……にこ、貴女にも」


にこ「あーもーいいわよ。今散々聞いたから」


絵里「にこ……」


にこ「……一回しか言わいないからよく聞きなさい」


絵里「!……」




にこ「私も、あんた達と一緒にいるのが一番楽しいわ」



絵里「……!」


希「にこっち……」
495: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 03:57:40.44 ID:cNqjcjNn0
にこ「絵里、希。どっちかが、どっちもいないなんて考えられないくらい」


にこ「あんた達といるのが、一緒に騒ぐのが本当に楽しいわ」


絵里「に……こ」

496: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 03:58:10.59 ID:cNqjcjNn0


にこ「絵里」


絵里「!」


にこ「希」


希「ん?」



にこ「私と、友達でいてくれてありがとう」



絵里「……!」ポロッ


希「うん……」ポロポロ


497: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 03:58:52.10 ID:cNqjcjNn0
にこ「それと……絵里」スッ


絵里「これは……?」


にこ「ローダンセの花のアクセサリーよ」


絵里「……そういうこと、ね」


にこ「……ええ。この花の言葉を、告白の返事にさせてもらうわ」




絵里「……『終わりなき友情』」




にこ「悪いけど……あんたの気持ちには答えられない……けど」




にこ「私と……ずっと友達でいてくれる?」




絵里「ええ……もちろんよ」


にこ「ごめん……フッといて勝手なこと言って」


絵里「いいの。勝手なことをしたのは私のほうだから……」

498: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 03:59:28.53 ID:cNqjcjNn0
にこ「希」

希「!」


にこ「あんたにも、はい」


希「……ありがとう」



にこ「……私たち、ずっと親友よ?」


絵里「もちろんよ」


希「うん!」


499: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 03:59:58.90 ID:cNqjcjNn0
にこ「……」ポロッ


絵里「!にこ」


希「にこっち……」



にこ「……黙って、遠くにいかないでよ」ポロポロ


にこ「わたしを……一人にしないでよぉ……!」ポロポロ


絵里「にこ……」


にこ「わたじ…………どうじたらいいか…………」ポロポロ

500: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 04:00:51.09 ID:cNqjcjNn0
ギュッ



にこ「!」


希「大丈夫、にこっち。離れても」


にこ「のぞみ……」


希「ウチらは……絶対にバラバラにならないから」




絵里「……必ず」


にこ「!……」


絵里「必ず、帰ってくるから!また2人の元へ!」


にこ「えり……」



希「ウチも。約束する!」


にこ「……ぜったいよ?」


絵里「ええ!」


にこ「破ったら許さないわよ?」


希「うん!」

501: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 04:01:31.09 ID:cNqjcjNn0
にこ「……分かった。夕飯作って待ってるから」


絵里「それは絶対帰ってこないといけないわね」


希「にこっちのご飯はどんな料理よりも美味しいからね」


にこ「……じゃあ、帰るわよ」


のぞにこ「はーい!」






にこ「ところであんた達」

希「ん?」

絵里「なに?」
502: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/02(金) 04:01:56.52 ID:cNqjcjNn0
にこ「風呂入ってないでしょ。臭うわよ」

のぞえり「えっ」

にこ「帰ったら速攻シャワー浴びなさい。それまでうちに入るんじゃないわよ」

希「えー……」

絵里「そんなっ」

にこ「文句あんの?」

のぞえり「ないです」
507: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/05(月) 01:53:00.37 ID:UAhGYog60
・18

穂乃果「ほぇー……」

凛「はぇー……」

にこ「間抜けな顔になってるわよ」

穂乃果「いやー飛行機ってホントに飛ぶんだなぁって」

凛「何であんなのが飛べるんだろうねー」

絵里「いや乗ったことあるでしょう?今更何言ってるのよ」

凛「今はそんな話してしないよ」

絵里「えぇ……?」
508: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/05(月) 01:53:47.30 ID:UAhGYog60
花陽「でも実際どうやって飛んでるんだろうね」

希「スピリチュアルパワーよ、スピリチュアル」

海未「何でもスピリチュアルで済まそうとしないてください」

ことり「そうだよ~希ちゃん。マカロンパワーかもしれないよ?」

希「それは美味しそうやねぇ」

穂乃果「マカロン?どこどこ?」

凛「食べたい食べたい!」
509: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/05(月) 01:55:21.54 ID:UAhGYog60
にこ「さっきお昼ご飯食べたばっかでしょうが」

穂乃果「甘いものは別腹だよ」

凛「豚バラだよ」

希「豚バラにはビールやね。生一つ!」

ほのりん「はい喜んでー!」

絵里「ね、ね、ビール買ってきていい?」

海未「ダメに決まってるでしょう」

真姫「うるさいし恥ずかしいからいい加減黙ってくれる?全員」
510: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/05(月) 01:55:49.53 ID:UAhGYog60

『国際線、14時30分発〇〇行きーー』

海未「ことり、そろそろ……」

ことり「うん」

凛「ことりちゃん、ホントに行っちゃうのー?」

ことり「うふっ、一緒に行く?凛ちゃん」

凛「行く!」

真姫「何いってんのよバカ」ビシッ

凛「あてっ」
511: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/05(月) 01:57:33.85 ID:UAhGYog60
花陽「……」

ことり「はーなよちゃん♪」ギュッ

花陽「わっ」

ことり「ちゃんとLINEするね」

花陽「うん……」

ことり「向こうの美味しい食べ物、送るからね」

花陽「うん」

ことり「日本に帰ってきたらまた一緒にご飯食べようね」

花陽「うんっ」

ことり「花陽ちゃんもこっちに遊びに来てね?」

花陽「うん!」
512: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/05(月) 01:58:02.02 ID:UAhGYog60
ことり「また会えるから……だから泣かないで」

花陽「……うんっ」ポロポロ

ことり「うふふ、もう花陽ちゃんったら」

花陽「だってぇ……だって、勝手に……!」ポロポロ

ことり「……ありがとう、花陽ちゃん」ナデナデ

花陽「……ことり、ちゃん……!」ギュッ
513: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/05(月) 01:59:34.12 ID:UAhGYog60
真姫「ほら、花陽。ことりが行けないでしょ」

ことり「真姫ちゃんも元気でね」

真姫「ふん、私より自分の心配しなさいよ」

ことり「うふふっ。真姫ちゃんならすぐにこっちに来れるんじゃない?」

真姫「まあね。気が向いたら行くわ…………3人で」

ことり「うんっ!」
514: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/05(月) 02:00:10.16 ID:UAhGYog60
絵里「ことり」

ことり「絵里ちゃん」

絵里「ごめんなさい。貴女の送別会を台無しにして……」

ことり「ううん。私は3人がちゃんと本音を言い合えてホントに良かった思ってるから」

希「でも、ウチらのせいで迷惑かけたのには違いないし、何かお詫びさせてくれる?」

ことり「え~、別にいいのにぃ」

にこ「私らの気が済まないのよ」

ことり「うーん……」

希「あ、にこっちを巨乳にするとか不可能なことはちょっと勘弁な?」

にこ「はっ倒すわよ!!」
515: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/05(月) 02:00:38.30 ID:UAhGYog60
ことり「えっとねぇ……じゃあ」




ことり「これからも変わりなく3人一緒にいることっ!」




絵里「ことり……」

希「……ふふ」
516: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/05(月) 02:01:41.72 ID:UAhGYog60
にこ「なにクサイこと言ってんのよ。もっと違うものにしなさい。ほら、ヴィトンのバッグが欲しいとか」

ことり「そんながめつくないよ、私」

絵里「でも、本当にそんなのでいいの?ことり」

ことり「そんなのじゃないよ。大事なことだよ絵里ちゃん」

絵里「……そうね、とても大事なことだわ」
517: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/05(月) 02:02:30.98 ID:UAhGYog60
希「あははっ、ことりちゃんらしいというか何というか」

にこ「はぁ~全く…………あんたには敵わないわ」

ことり「うふふ、ちゃんと守ってね?」

絵里「ええ、言われなくとも」

希「ウチらは仲良しこよしやからね~」

にこ「肩組むな恥ずかしい!ほら、ことり」

ことり「ん?」

にこ「あの二人のところに早く行ってあげなさい」

ことり「……うん。にこちゃん」

にこ「なに?」

ことり「ネックレス、ありがとう。大切にするね」

にこ「ええ、無くしたら許さないわよ」

ことり「うんっ」

にこ「ほら、早く行きなさいよ」

ことり「うん!」タタッ
518: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/05(月) 02:03:04.24 ID:UAhGYog60
海未「ことり」



穂乃果「ことりちゃん」



ことり「海未ちゃん、穂乃果ちゃん……」



穂乃果「……あは、何言えばいいのかわからないや」



海未「……私もです。色々考えていたのですが……」



ことり「……」
519: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/05(月) 02:03:36.02 ID:UAhGYog60



ガバッ



穂乃果「!」


海未「ことり……」


ことり「……すこしだけ、ままで……」


穂乃果「……」ギュッ


海未「……はい」ギュッ




520: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/05(月) 02:04:14.68 ID:UAhGYog60
希「にこっちって意外と乙女やね~」

にこ「意外って何よ意外って」

絵里「……『固い絆』、だったかしら。朝顔の花言葉の一つ」

にこ「ええ」

希「あの3人にぴったりやね。デザインも綺麗やし」

にこ「ま、この私が選んだんだから当たり前でしょ?」

希「はいはいすごいすごい」

にこ「はぁ?」

絵里「喧嘩しないの」
521: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/05(月) 02:04:41.94 ID:UAhGYog60
にこ「ふん……行くわよ」

希「あら、最後まで見届けんの?」

にこ「3人だけにしてやりなさい。私たちがいたら邪魔になるでしょ」

絵里「……そうね」

希「ふふっ、それもそうやね」

にこ「凛、真姫、花陽。行くわよ」
522: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/05(月) 02:05:13.87 ID:UAhGYog60
凛「はぁい。いこ、かよちん」

花陽「うん」

真姫「……ねぇ、ご飯食べて帰らない?」

凛「え、どうしたの?珍しい」

真姫「な、何となくよ。いいじゃない別に」

凛「ふ~ん」ニヤニヤ

真姫「何よその顔!」

凛「べっつにー?」

真姫「凛!」

花陽「2人ともしーっ……」
523: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/05(月) 02:08:12.40 ID:UAhGYog60
希「……ウチらもたまには飲んで帰る?」

絵里「いいわねー」

にこ「たまにはじゃないわよ、いつもでしょうが」

希「何がいい?ウチ焼肉」

絵里「私焼き鳥がいいわ」

にこ「串カツ」

にこのぞえり「……」
524: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/05(月) 02:09:10.72 ID:UAhGYog60
希「……じゃーんけん」

にこのぞえり「ぽん!」

にこ「希!後出しよ!」

希「してへんよ!っていうかえりちの手何なんそれ!?」

絵里「虎の印よ!火遁の術で全てを焼き払う究極の手よ!」

にこ「ジャンケンで火遁術使ってどうするのよ!!」
530: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/07(水) 01:28:29.22 ID:PgzXJ+stO
ーーー

希「なぁ、にこっちえりち」

にこ「んー?」

絵里「なぁに?」

希「もし明日地球が崩壊するってなったらどうする?」

にこ「なによ急に」

希「いや何となく」

にこ「はぁ?」
531: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/07(水) 01:28:56.32 ID:PgzXJ+stO
絵里「何で崩壊しちゃうの?」

希「『にっこにっこにー』の寒さに地球が耐えられず……」

にこ「……」グイーッ

希「あたたた!禿げる禿げる!」

絵里「急にそんなことになったら困るわねぇ……どうしましょう」

希「にこっちはどうする?豊胸しとく?」

にこ「包丁持ってくるわ」

絵里「にこ、落ち着いて」
532: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/07(水) 01:29:51.77 ID:PgzXJ+stO
にこ「ったく。そういうあんたはどうするのよ」

希「んーそうやねぇ……叙々苑に行こうかな」

にこ「ケチくさっ」

希「にこっちの胸ほどじゃないよ」

にこ「」ガタッ

絵里「どうどう、にこ。希も煽らないの」

希「えりちはどうする?」

絵里「んー……裸で外に出てみるとか」

希「え……」

にこ「ちょっと離れてくれる?」

絵里「冗談だからドン引きしないで」
533: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/07(水) 01:30:33.68 ID:PgzXJ+stO
絵里「でも急にそんなこと言われても、何したらいいかわからないわよ」

希「ま、それもそうやねぇ」

にこ「自分から振っといて……」

希「で、にこっちはどうするん?」

にこ「さぁ……諦める?」

希「およ、これは意外」

絵里「にこなら『笑顔パワーで逆に地球をあっためてやるにこ!!』とか言いそうなのに」

にこ「それ私の真似?腹立つからやめて」

絵里「結構似てると思ったのに」

にこ「微塵も似てないんだけど」
534: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/07(水) 01:31:36.60 ID:PgzXJ+stO
希「なんで諦めちゃうん?何かしたいこと無いの?」

にこ「別に……その段階でジタバタしてもしょうがないでしょ」

絵里「まぁ……そうね」

希「シケてるなぁ……つまらんよ~」

にこ「悪かったわね…………まぁ、強いて言うなら」








にこ「こうして、あんた達とダラダラしてたいかしら」








のぞえり「……!」

にこ「……ぅ」
535: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/07(水) 01:32:20.22 ID:PgzXJ+stO
希「へぇ……」

絵里「にこ……!」

にこ「……やっぱ今のナシ」

希「嬉しなぁ、にこっち。ウチもそう思うよ!」

にこ「ナシ。やめて、忘れなさい」

絵里「にこ!私も最後まで一緒がいいわ!」

にこ「忘れなさいって!!」

希「あれれ~?顔赤いよ~?」

にこ「見んな!向こういけ!」

絵里「にこー恥ずかしがらなくていいのよー」

にこ「だぁぁぁあ!!!うるさーーーーい!!」
539: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/08(木) 01:36:18.24 ID:99ThoMCR0
にこ「……」

希「にこっち、顔上げてー」

絵里「にこ、ごめんなさい。からかいすぎたわ」

にこ「……」

希「あらら、どうしようか」

絵里「にこー……」ユサユサ

にこ「……」
540: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/08(木) 01:36:51.37 ID:99ThoMCR0
希「んーじゃあ……」コチョッ

にこ「!ひゃはっ!」

希「ほーれほれほれほれ」コチョコチョ

にこ「あはははははは!!や、やめっ!」

希「言う事聞かない子はこうだ!」コチョコチョ

にこ「やめっ、のぞみっ!こらははははは!!」

希「ふっふっふ~」
541: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/08(木) 01:37:22.84 ID:99ThoMCR0
にこ「え、えり!!みてないでたすけ」

絵里「えいっ」コチョコチョ

にこ「ひゃあははははははは!!!」

希「お、えりちも参戦~」

絵里「えいえいっ」コチョコチョ

希「そりゃー!」コチョコチョ

にこ「あはははっ!ちょ、このっ!いい加減にしなさぁぁい!!」ガバッ

希「うわっ!反撃してきた!」

にこ「覚悟しなさい!良くもやってくれたわね!!」コチョッ

絵里「ひゃあ!?にこそこはっ」

にこ「そりゃそりゃそりゃーー!」

絵里「あはははっ!や、やめ!」

希「えりちもいい反応するね~」

にこ「あんたもよ希!」

希「おっとと、そうはいかんよ~」

にこ「待ちなさいこら!!」

ヤーンヤメテー! コラマテーー! アハハハハ!
542: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/08(木) 01:37:58.25 ID:99ThoMCR0
にこ「はー……はー……」

希「はぁ……はぁ……疲れた……」

絵里「暴れすぎたわね……」

にこ「苦情こないと良いけど……」

希「まぁ、来てもにこっちの家やし……」

にこ「おいこら」
543: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/08(木) 01:38:34.86 ID:99ThoMCR0
絵里「はぁー……」ゴロン

希「ふふっ……」

絵里「どうしたの?」

希「んーん……やっぱ楽しいなぁって」

にこ「なーにがよ……」

希「3人でこうやってふざけてるのが」

絵里「そうね……楽しい。とても」

にこ「……ふん、いい歳してこんな子供みたいなことではしゃぐなんて」

希「いいやん、別に。楽しいならそれで」

絵里「そうよ」
544: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/08(木) 01:39:34.09 ID:99ThoMCR0
にこ「……馬鹿よ、あんたら」

希「ウチらみーんな馬鹿や」

絵里「みんな馬鹿なら別に問題ないでしょ?」

にこ「何よそれ……」

希「うふふ……」

絵里「……ふふっ」
545: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/08(木) 01:40:52.92 ID:99ThoMCR0
にこ「……ちゃんと」

希「ん?」

にこ「ちゃんと、帰ってきなさいよ?」

絵里「ええ、もちろんよ」

希「うん」

にこ「そしたらまた……一緒にこうやって馬鹿に付き合ってやってもいいわ」

希「……んー」
546: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/08(木) 01:41:34.27 ID:99ThoMCR0
希「……んー」

にこ「?なに」

カバッ

にこ「わっぷ!」

希「にこっちは素直じゃないなー!」

にこ「ちょ、はなっ」

希「よーし今日はこのまま3人一緒に寝ようか!」

にこ「はぁ!?」

絵里「いいわねー賛成!」

希「よーしベッドへゴー!」

絵里「ゴー!」

にこ「ちょ、放しなさいってぇえええ!」ジタバタ
547: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/08(木) 01:42:22.19 ID:99ThoMCR0
ーーーーーーーー

穂乃果「ついに絵里ちゃんも行っちゃうのかー……」

海未「また寂しくなりますね……」

絵里「ちゃんと定期的に帰ってくるから」

凛「絵里ちゃんホントに行っちゃうのー?」

絵里「ふふっ、凛も一緒に来る?」

凛「行く!」

真姫「こーら、アンタはまた」ビシッ

凛「あてっ」
548: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/08(木) 01:42:48.86 ID:99ThoMCR0
花陽「絵里ちゃん」

絵里「花陽……」

花陽「元気でね、絵里ちゃん」

絵里「ええ……ありがとう、花陽。貴女には本当に感謝してる」

花陽「そんな……私は何もしてないよ」

絵里「いいえ。あの時貴女に背中を押されたのは事実よ。本当にありがとう」

花陽「ううん、ホントに……」
550: 修正 2017/06/08(木) 01:47:56.26 ID:99ThoMCR0
>>549

真姫「こんな時くらい謙遜しないの。素直に受け取っておきなさい」

凛「そーだよかよちん!かよちんは絵里ちゃん達が絶交する危機を救ったんだから!」

花陽「大げさだよぉ」

絵里「ふふ……それに、花陽だけじゃないわ。真姫、凛、それに穂乃果と海未、ことり。貴女達が仲間で本当に良かった」

希「今のウチらがあるのは皆のおかげよ」

穂乃果「希ちゃん!」

にこ「感謝してるわ。本当にありがとう」

海未「にこ……」

凛「にこちゃんが素直だーー!!嵐が来るにゃーーー!」

にこ「なんですってぇ!!」

海未「こら、騒いではいけません!」
551: 修正 2017/06/08(木) 01:48:36.67 ID:99ThoMCR0
穂乃果「ほいっ、じゃあ皆。私達は退散しようか」

海未「そうですね」

凛「邪魔者はとっとと消えるにゃー」

絵里「あ、ちょっと皆……」

真姫「私たちのことは気にしなくていいから。早く泣くなりなんなりしなさいよ」

絵里「な、泣かないわよ!」

真姫「はいはい」

絵里「もう、真姫!」
552: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/08(木) 01:49:26.83 ID:99ThoMCR0
花陽「ふふっ、じゃあ元気でね絵里ちゃん」

穂乃果「バイバーイ!日本に戻ってくる時お土産よろしくねー!」

凛「凛のもねー!」

海未「ご達者で、絵里」

真姫「体壊さないようにね」

絵里「皆……もう」

希「ふふっ、気遣ってくれてるんよ」

絵里「分かってるけど……」

にこ「なーによ、私たちじゃ不満なの?」

絵里「そんな事言ってないでしょ」
553: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/08(木) 01:50:18.55 ID:99ThoMCR0
希「……」

絵里「……」

にこ「……なんで黙るのよ」

希「いや……何言ったらいいか分からんくて」

絵里「私も……」

にこ「はん、お手本見せてやるわ。よく見ときなさい」




にこ「絵里ちゅわ~ん♡元気でね~♡らぶにこっ♡」キャルーン




希「えりち……残念ながら……!地球に明日は来ない……!」ポロポロ

絵里「そんなっ……!」ガクッ

にこ「ぶっ飛ばすわよ!!」
554: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/08(木) 01:51:01.15 ID:99ThoMCR0
にこ「なによ、人がせっかく……」

絵里「怒らないで、にこ」

希「そうや~にこっちが寒いのが悪いんやから」

にこ「はぁーん!?」

絵里「もう、喧嘩しないの」

にこ「こいつのせいよ!こいつの!」

希「人をこいつ呼ばわりしないでくださーい」

にこ「あんたそろそろ本気でシバくわよ!」
555: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/08(木) 01:51:35.85 ID:99ThoMCR0

『国際線、15時発ー』


絵里「ん、そろそろね」

希「ごめんなぁ、最後までにこっちが」

にこ「のーぞーみぃぃ……」

希「おー怖い怖い」

絵里「ううん、いつも通りですっごく安心するわ」

希「そう?それなら良かった」

にこ「どーこがいいのよ。あんたも変わってるわね」

絵里「にこに言われたくないわね」

にこ「景気付けにシバかれとく?」

絵里「遠慮するわ」
556: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/08(木) 01:52:02.56 ID:99ThoMCR0
絵里「……2人とも、元気でね」


にこ「ふん、誰に向かって言ってるのよ」


希「えりちもね」


絵里「ええ………あのね、2人とも」


にこ「ごめん、とか言うじゃないでしょうね」


絵里「!」


にこ「こんな時に辛気臭いこと言うじゃないわよ」


希「そーやで、えりち」
557: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/08(木) 01:52:35.53 ID:99ThoMCR0
絵里「……そうね、分かったわ」チャラ


にこ「ん」チャラ

希「ほいっ」チャラ



絵里「このローダンセの花に誓いましょう。遠く離れても私達は親友よ」


にこ「ええ!」


希「うん!」


チャリッ

558: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/08(木) 01:53:09.63 ID:99ThoMCR0
絵里「じゃあ行くわね」


にこ「気をつけて行きなさいよ」


希「またねえりち!」


絵里「Пока、2人とも」





にこ「ぱかー?何言ってんの?」

希「急に頭おかしくなった?」

絵里「パカーよ!ロシア語での別れの挨拶!!」

にこ「急にロシア人ぶられてもねぇ……」

希「気が早いんじゃない?」

絵里「いいじゃない別に!そもそも私クォーターだし!」

にこ「はいはい分かった分かった」

希「さっさといっトイレ~」ヒラヒラ

絵里「雑っ!」


絵里は元気に旅立っていきました


・18 終わり
559: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/08(木) 01:53:48.14 ID:99ThoMCR0
次からエピローグです
かなり短め
560: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/08(木) 01:54:20.82 ID:99ThoMCR0
・19

絵里「はぁ~飲んだわねぇ」

にこ「いや、飲みすぎでしょ……穂乃果以外全員潰れてたわよ」

絵里「だって久しぶりでついつい……」

希「ウチも久しぶりで張り切っちゃった~」

にこ「はぁー、相変わらず意味わからないほど強いわねあんたら」

希「にこっちも全然酔ってないやろ?」

にこ「ベロベロよもう」
561: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/08(木) 01:55:17.97 ID:99ThoMCR0
絵里「またまた嘘ついちゃってー、にこってば」

にこ「面倒臭いわね。絡んでくるんじゃないわよ」

絵里「久しぶりに会ったのにひどーい!」

希「にこっちはここ数年で変わってしまってね……胸以外」

にこ「希、そこに川があるわよ」

希「水浴びにはまだちょっと早いかなぁ」
562: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/08(木) 01:55:53.88 ID:99ThoMCR0
絵里「これからどうする?飲み直す?」

にこ「まだ飲むの?ほんっと呆れるわね」

希「にこっちもまだいけるやろ~?」

にこ「いや……もう居酒屋に行くお金は無いわよ?」

絵里「大丈夫よ。いい所があるから」

にこ「いいとこ?どこ?」

希「それはね~」ガシッ

にこ「へっ」

絵里「よっと」ガシッ

にこ「ちょっ」

のぞえり「れっつごーーーー!」ダダダダダ

にこ「何すんのよぉぉおおお!!」
563: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/08(木) 01:57:48.42 ID:99ThoMCR0
にこ「……」ブッスー

希「ほらほらにこっち。むくれないで」

絵里「飲みましょうよ」

にこ「……なんで私んちなのよ」

希「にこっちの家はウチらの実家だから」

絵里「そうそう。実家だからよ」

にこ「どぅわれの家が実家なのよ!」
564: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/08(木) 01:58:58.75 ID:99ThoMCR0
希「それはー宇宙No.1アイドルー」

絵里「矢澤ー?」

にこ「にこにこ~♡」

希「かぁー!やっぱいくつになってもにこっちは寒いなぁー!」

絵里「にこー熱燗持ってきてー!」

にこ「」プチッ



にこ「出てけこのーーーー!!」グイーッ

のぞえり「痛い痛い痛い痛い!!」
565: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/08(木) 01:59:25.78 ID:99ThoMCR0
にこ「あんたらホテル取ってるんでしょうが!そっち行きなさいよ!」

絵里「やたやだ!にこの家で寝るの!」

希「ウチもウチも!」

にこ「いい歳して何言ってんのよ!」

絵里「今夜は飲み明かすのよ!」

希「いえーーーい!」

にこ「あーーもーーー!」
567: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/08(木) 02:01:20.72 ID:99ThoMCR0









にこ「いい加減に帰りなさい!」のぞえり「やだ!」











・19 終わり
568: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/08(木) 02:03:18.78 ID:99ThoMCR0
終わりです
最後にミス連発ごめんなさい
見てくれた人、レスしてくれ人ありがとう


希「幽霊のんたんと!」にこ「にこの大学生活」


別のところで書いたやつだけど良かったから上のも見てやってください
ではでは

※ タイトルがクリック出来るものは当サイト内記事へのリンクです(管理人)

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
にこ「いい加減に帰りなさい!」のぞえり「やだ!」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『にこ「いい加減に帰りなさい!」のぞえり「やだ!」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。