2期1話予想SS「ラブライブにようこそ!」

シェアする

サンシャイン!!ロゴ-アイキャッチ
1: 名無しで叶える物語 2017/06/12(月) 20:29:09.11 ID:EjJLprLC.net
 ラブライブ――それは年2回行われるスクールアイドルの祭典

 全国から勝ち上がった選りすぐりのグループが

 アキバドームでその覇を競うのだ!


千歌「まあ私たちは地区予選で負けたんだけどね…」

元スレ: 2期1話予想SS「ラブライブにようこそ!」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語 2017/06/12(月) 20:30:20.40 ID:EjJLprLC.net
よしみ「も、もしかして私たちのせいだったんじゃ…」

梨子「一応大丈夫な場所だったみたいよ」

梨子「そもそも駄目だったらすぐ警備員さんにつまみ出されてたろうし」

むつ「そっか良かった」ホッ

千歌「つまり普通に実力で負けたってことだね! あははは」

千歌「はぁ…」

いつき「で、でも地区大会まで行けただけで立派だよ!」

よしみ「なんせ初出場だったんだし!」

千歌「うん…そうだよね」
4: 名無しで叶える物語 2017/06/12(月) 20:32:04.23 ID:EjJLprLC.net
部室にて

ダイヤ「全員集まりましたわね。それではこれからの方針を協議しますわ」

鞠莉「とりあえず0を1にはできた」

『説明会参加者:5名』

鞠莉「ならその後はどうするのか、よね」

善子「そういう3年生こそどうするのよ」

善子「まさか受験で引退…とか」

果南「私は家業継ぐから大丈夫だよ。卒業さえできればいいや」

鞠莉「私もそのへんは留学中に片づけたからノープロブレム」

善子「あ、そうなの」ホッ
5: 名無しで叶える物語 2017/06/12(月) 20:32:59.23 ID:EjJLprLC.net
曜「おや~? 3年生がいないと寂しいのかな~?」ツンツン

善子「た、ただの戦力的な心配よっ! 別にそこまで仲良くなってないし!」

果南「あはは、これからもっと仲良くしようね」

梨子「となると、ダイヤさんは…」

ダイヤ「………」

ルビィ「あ、あのっ!」

ルビィ「先のこともいいけど、来週はどうするの?」

花丸「何かあったずら?」

ルビィ「アキバドームで行われる、ラブライブ決勝大会…」

ルビィ「みんな見に行かないの!?」
6: 名無しで叶える物語 2017/06/12(月) 20:34:32.87 ID:EjJLprLC.net
曜「え… テレビで見ればいいかなって…」頭ポリポリ

ルビィ「意識が低すぎるよぉ! お姉ちゃん何とか言って!」

ダイヤ「そ、そうですわね。行ける距離なのですし生で見るべきですわね」

千歌「で、でもさ」

千歌「それって観客席から見るだけってことだよね」

千歌(曜ちゃんの飛び込みを遠くから見てただけの、あの頃みたいに)

千歌「ついこの前まではステージ上で輝けてたのに、そんなのって…」
7: 名無しで叶える物語 2017/06/12(月) 20:35:56.55 ID:EjJLprLC.net
ルビィ「それは違うよ千歌さん!」机バン!

千歌「ヒィッすいません!」

ルビィ「見るだけの観客もまた――スクールアイドルの重要な一部!」

千歌「!」


鞠莉「そうねえ。ファンがいてこそのアイドルだもの」

曜「4月から今まで、私たちは自分のことで精一杯だった」

曜「このへんで一度、他のグループを応援するのもいいのかもしれないね」

曜「ね、千歌ちゃん」

千歌「…うん、わかったよ」
10: 名無しで叶える物語 2017/06/12(月) 20:37:22.71 ID:EjJLprLC.net
善子「でも私たち東京行き過ぎじゃない?」

花丸「そろそろお小遣いが…」

千歌「う…ごめんね。私が思いつきで連れてったばかりに」

果南「なら私に任せといてよ。この時期なら東京まで半額で行けるからさ」

鞠莉「OH! 何か庶民の知恵が?」

果南「うるさいよ金持ち」
11: 名無しで叶える物語 2017/06/12(月) 20:38:21.18 ID:EjJLprLC.net
当日朝 沼津駅

果南「青春18きっぷ~」

一同「おーー」(ぱちぱち)

花丸「こ、これが2370円でどこまでも行けるという…」

果南「始発ならぎりぎり大分まで行けるよ」

花丸「みみ未来ずら~」

果南「いや生まれる前から売ってるけどね」
12: 名無しで叶える物語 2017/06/12(月) 20:39:47.40 ID:EjJLprLC.net
プァーン

花丸「見に行くだけと思うと気楽でいいずら」

千歌「私たちどこを応援したらいいのかな?」

善子「フフッ…堕天使に応援されたら不幸になるかもしれないわね」

梨子「やっぱり地区予選で勝ち抜いたところかな。私たちの代表なわけだし」

ルビィ「あと知り合いの…セイントスノーさんとか…」

曜「あの人たち、私たちが応援しても喜ばなさそう」

果南「ダイヤはどう?」

ダイヤ「え? あ…」つ単語帳⊂

果南「あ、今から勉強?」

ダイヤ「え、ええ。私のことは気になさらず、続けてくださいな」

ルビィ(………)
13: 名無しで叶える物語 2017/06/12(月) 20:40:41.36 ID:EjJLprLC.net
回想

黒澤父『また東京だと? 受験生の自覚はあるのか?』

ダイヤ『お、遅れる分はすぐに取り戻しますわ』

黒澤父『ダイヤよ、いい加減に現実を見なさい』

黒澤父『誰も来ないと思っていた説明会に5人来た。なるほど大したものだろう』

黒澤父『だがそれが焼け石に水でしかないことも理解しているはずだ』

ダイヤ『……はい……』

黒澤父『浦女が垂れ流す赤字の額を聞いたら、我々も続けてくれとはとても言えん』

黒澤父『地方が生き残るには、切り捨てるべきは捨てるしかないのだ』

黒澤父『お前には多くの者が期待している。遊んでいる暇などないのだぞ』

ダイヤ『…重々、承知しております』

ルビィ(お姉ちゃん…)
14: 名無しで叶える物語 2017/06/12(月) 20:41:44.55 ID:EjJLprLC.net
花丸「…ビィちゃん、ルビィちゃん!」

ルビィ「は、はひっ」

花丸「何か心配ごとずら?」

ルビィ「う、ううん、何でもないよー」

千歌「ねーねー、優勝しそうなのはどこなの?」

ルビィ「え、えっと…圧倒的に強いところはないかな。前回優勝校は予選で負けちゃったし」

鞠莉「群雄割拠ってワケね。いい時代じゃないの」

ルビィ「でも上位の人気グループはやっぱりずば抜けてて…」

ルビィ「そのうちの1つが――音ノ木坂学院」

梨子「!」
18: 名無しで叶える物語 2017/06/12(月) 20:45:45.74 ID:EjJLprLC.net
曜「へー。やっぱり強いんだ」

千歌「私も動画見たよ! すごかったよ!」

ルビィ「でもここ最近は優勝できないでいるから、ネットで批判されたりもしてます」

果南「優勝できないだけで叩かれるんだ…」

善子「先輩が偉大だと苦労するわね」

鞠莉「あの子もいたりするのかしら? ほら、校門前で会った」

ルビィ「見た感じではいなかったかなぁ」

梨子「補欠かもしれないわね。アイドル研究部は50人近くいたから」

千歌「そうなんだー」

千歌「………」

千歌「ん?」

梨子「あ」
19: 名無しで叶える物語 2017/06/12(月) 20:47:43.88 ID:EjJLprLC.net
千歌「やっぱりスクールアイドルのこと知ってたんじゃん!」

梨子「あ、あはは…ごめんなさい」

千歌「おかしいと思ったよ! もー!」

曜「でもどうして?」

梨子「音ノ木坂は猫も杓子もスクールアイドルで…」

梨子「クラシックなんて誰も見向きもしてくれなかった」

梨子「私が迷走していた間も、アイドル研究部はキラキラ輝いてて、みんなから誉められてたの」

梨子「その状況の差に耐えられなくて…」

梨子「いつしか彼女たちを視界に入れないように、意識から消すようにしてた」

梨子「まあ、逆恨みだったんだけどね」

果南「そうだったんだ…」
20: 名無しで叶える物語 2017/06/12(月) 20:48:47.91 ID:EjJLprLC.net
梨子「だから転校早々勧誘された時は、内心ぶち切れてたわ」

千歌「あ、あははははー」(汗

梨子「でもそんな私がAqoursに入って、こうして決勝大会へ向かってる」

梨子「それにさっきのルビィちゃんの話だと、彼女たちも大変だったのかなって」

梨子「今なら素直に応援できるんじゃないかな」

千歌(梨子ちゃん…)

花丸「人生いろいろなんだなぁ」
22: 名無しで叶える物語 2017/06/12(月) 20:54:26.91 ID:EjJLprLC.net
アキバドーム到着

鞠莉「ワオ、広いわね! 淡島ほどじゃないけどね」

善子「何その対抗意識」

果南「お客さん多いね。固まって座るのは無理かな」

ダイヤ「ひとまず分かれましょうか」


善子(…って何で私、ダイヤと一緒になっちゃったの)

ダイヤ「いいですか善子さん、ここは全国からファンが集まるところです」

ダイヤ「静岡県民として恥ずかしくない態度を…くどくどくどくど」

隣客A「こんにちはー。どこから来たの?」
23: 名無しで叶える物語 2017/06/12(月) 20:56:57.34 ID:EjJLprLC.net
善子「こ、コンニチハ」

ダイヤ「静岡県は沼津市のスクールアイドル、Aqoursと申しますわ」

隣客A「沼津っていうと…」

隣客B「港とかあるとこだっけ?」

ダイヤ「そう! その通りです!」パァァ

ダイヤ「善子さん! もしかして沼津って有名なのでは!?」肩ガクガク

善子(やめてこの典型的な田舎者)カァァ

隣客B「私たちは埼玉の行田から来たんだけど、知ってるかな?」

ダイヤ「………」

善子「………」(汗

ダイヤ「誠に申し訳ございません…」ドゲザ

隣客A「い、いーよいーよ! 古墳くらいしかないし!」

善子(帰りたい…)
24: 名無しで叶える物語 2017/06/12(月) 20:59:42.87 ID:EjJLprLC.net
レポーター「みんなー! はっちゃけてるかーい!」

観客『ウオオオオオオオオオ』

レポーター「今年もスクールアイドルの燃える夏がやってきた!」

レポーター「暑さに負けずに盛り上がってくぞー!」

観客『オオオオオオオオオオ』

レポーター「まず最初のグループは!」


千歌「あわわ、始まっちゃったよ! とととにかくこの光る棒を」

花丸「ままマルはどうしたらいいずら!?」

鞠莉「別にその場のノリでいいんじゃないの」

千歌「ダメだよ鞠莉さん! コールとか守らないと警察が来るんだよ!」

鞠莉「クレイジーなところねぇ」
25: 名無しで叶える物語 2017/06/12(月) 21:01:53.09 ID:EjJLprLC.net
果南「ほら梨子ちゃんも、かしこまってないで立って立って」

梨子「は、はい。でも前から思ってたんですけど」

梨子「こうやって騒ぎながら聞くのってどうなんでしょう」

果南「えっ」

梨子「練習してきた成果を発表する場なんだから、きちんと清聴すべきだと思うんです」

果南(そういや梨子ちゃんてコンクールで賞取るような子だっけ)(汗

果南「ま、まあ郷に入ればって言うじゃない」

梨子「むむむ…わかりました」
26: 名無しで叶える物語 2017/06/12(月) 21:03:14.06 ID:EjJLprLC.net
『ありがとうございました!』

ルビィ「わああああ」パチパチパチパチ

曜「いやー、見るだけってのも結構楽しいね」

ルビィ「でしょでしょ。エヘヘ」

曜(とはいえやっぱり自分で体動かしたくなるけど)

曜(ルビィちゃんが嬉しそうだから黙っておこう)
27: 名無しで叶える物語 2017/06/12(月) 21:05:34.84 ID:EjJLprLC.net
レポーター「続きましては尾張名古屋は城でもつ! 東海地区覇者の登場だぁー!」

善子「ぬぬぬ…我らを蹴落とした怨敵め」

♪~~

『ありがとうございましたー!』

ダイヤ「相変わらずレベルが高いですわね。次回の予選で勝てるのでしょうか…」

善子「はっ、全然大したことないし? 次は私たちの前にひれ伏させちゃうんだから」

隣客A「え、あなた達ってそんなに強いの?」

隣客B「すごーい!」

善子「え… その…」

善子「ダ、ダイヤ~」ナミダメ

ダイヤ「とんだ内弁慶ですわね…」
28: 名無しで叶える物語 2017/06/12(月) 21:07:30.99 ID:EjJLprLC.net
レポーター「さてお次は!」

曜(うーん、どこも素晴らしいのは分かるけど)

曜(さすがに10組も見続けると飽きてきたぞ)

ルビィ「ハーイハーイハイハイハイハイ!」

曜(でもそんなこと言ったらまた意識低いって言われそう…)

曜「あのさルビィちゃん。これって休憩タイムはいつなの?」

ルビィ「へ? そんなものないですよ」

ルビィ「学生は明るいうちに帰さなきゃなのでスケジュールは詰め詰めです」

曜「え… ぶっ続けで30組も…?」

ルビィ「一瞬たりとも目が離せませんよね!」キラキラ

曜「そ、そうだねー…」(死んだ目
29: 名無しで叶える物語 2017/06/12(月) 21:10:09.94 ID:EjJLprLC.net
レポーター「どんどんいくよー! 試される北の大地から、セイントスノー!」

善子「あ、出た」

ダイヤ「出たってオバケみたいに」

ダンスなうダンスなう

梨子「うーん…以前のイベントでは驚いたけど、この場では少々見劣りするのは否めないかな。B評価というところですね」

果南「梨子ちゃん割と容赦ないね…」

梨子「だ、だって最後に投票するっていうし、ちゃんと評価しなきゃって」アセアセ
30: 名無しで叶える物語 2017/06/12(月) 21:12:52.41 ID:EjJLprLC.net
曜「そ、そろそろお腹すかない? 何か買ってこようか!」

ルビィ「え… 次のグループも素敵なのに…」ウユユ

曜「そ、そっかー! じゃあ見ないといけないかなー!」

ルビィ「こんなこともあろうかとのっぽパン持ってきました」

曜「用意いいね…」

花丸「ドーム名物のカレーを食べるずら」

千歌「私は焼きそばかなー」

曜(そこの2人助けてー…)
31: 名無しで叶える物語 2017/06/12(月) 21:17:40.78 ID:EjJLprLC.net
レポーター「さあ皆さんお待ちかね。今回で10連続全国出場!」

レポーター「音ノ木坂学院だー!」

観客『ワアアアアアアアア!!』

果南「やっぱり人気あるねえ」

梨子「そうですね」

果南(かつての同級生がスポットライトを浴びるのを、客席から見る梨子ちゃんの内心はいかばかりか…)

梨子「なるほど…こういう演出もあるのね」メモメモ

果南(割と強メンタルだ!)
32: 名無しで叶える物語 2017/06/12(月) 21:18:55.69 ID:EjJLprLC.net
『ありがとうございましたー!』

千歌「ううう…素晴らしかったよう」涙ボロボロ

UTX生A「おのれ音ノ木坂め…」

UTX生B「次こそは必ず…」

千歌「あ、UTXだ」

鞠莉「あんな有名な学校も予選で負けちゃうんだものねえ」

花丸「東京は恐ろしいところずら」

千歌「私たちが地区予選まで行けたのって、やっぱり田舎だからなのかな…」

鞠莉「まあ聞く人も東京の方が多いんだから、一長一短でしょうよ」
33: 名無しで叶える物語 2017/06/12(月) 21:20:35.08 ID:EjJLprLC.net
レポーター「いよいよ残り3校だー!」

善子(よ、ようやく終わりが見えてきたわ)

隣客A「そういやあなたたちも活動してるんでしょ? どういう路線?」

ダイヤ「改めて聞かれると悩みますわね。オーソドックス系…でしょうか?」

善子「我が名は堕天使ヨハネ! あなたも堕天させてあげる!」

ダイヤ「………」アチャー

善子(や、やってしまったあ、初対面の相手に)

隣客A「あー、そっちの方向かー」

隣客B「最近流行りだよね」

善子「え、ち、ちょっと待って」

善子「私の唯一無二のアイデンティティ…」

隣客A「え、中二系でしょ? 埼玉だけで5人は見たけど」

善子「ガーンガーンガーン…」

ダイヤ「全国は広いですわね…」
34: 名無しで叶える物語 2017/06/12(月) 21:21:36.31 ID:EjJLprLC.net
『みんなありがとぉー!』

レポーター「これで全てのステージが終わりました!」

レポーター「今から投票に移ります! スマホか携帯から票を入れてね!」

曜「私トイレ!」

ルビィ「投票忘れないでくださいねー!」

ダダダダダダ

曜「うわあああ、めっちゃ並んでる…」
35: 名無しで叶える物語 2017/06/12(月) 21:23:35.30 ID:EjJLprLC.net
鞠莉「どこに入れる?」

花丸「マルにはどこも雲の上すぎて、逆に選べないずら…」

千歌「私は音ノ木坂に入れるよ!」

鞠莉「いいのー? 義理人情で投票してなぁい?」

千歌「ち、違うもん! 正直な評価だもん!」

鞠莉「アハハ、ジョークジョーク。私は沖縄の学校が好みだったかなー」

花丸「うーんうーん」

鞠莉「花丸もフィーリングでちゃちゃっと入れちゃいなさいな」

花丸「そもそも御仏の教えに従うなら人に優劣をつけてはいけないのです。みんな違ってみんないいのです」ペカー

鞠莉「そういう趣旨の大会じゃないから!」
36: 名無しで叶える物語 2017/06/12(月) 21:24:51.55 ID:EjJLprLC.net
レポーター「皆さんお待たせしました! 優勝は――」

ダララララララララ(ドラム音

レポーター「大阪○○高校!」

観客『ワアアアアアア!』

大阪「おおきに! 皆さんおおきにー!」

ルビィ「やっぱり今のトレンドは技術よりエンタメ性なのかなぁ」

曜「せやね」スッキリ

曜「でも実際面白かったよね。私もあそこに入れたよ」

ルビィ「そうですね…」

曜「なんか結果に不服がありそう」

ルビィ「いえ、その、ル、ルビィ的にはアイドルは夢や憧れであってほしいので、漫才みたいなのはちょっとっていうか」

ルビィ「でででも笑いだけじゃなく歌やダンスも優秀でしたし別に不服とかじゃなくてっ」

曜「一生懸命なルビィちゃん可愛いな~」アハハ

ルビィ「あうぅ~」
37: 名無しで叶える物語 2017/06/12(月) 21:26:11.95 ID:EjJLprLC.net
レポーター「それじゃみんな、これを歌ってお別れしよう!」

レポーター「このドーム大会を実現させた、全てのスクールアイドルを祝福する歌…」

会場全員『Sunny Day Song!』

♪~~


千歌「自分から手を伸ばしたら、か…」

果南「いやー堪能した堪能した」

善子「メ、メルアド交換しちゃった。これってリア充?」

ダイヤ「失礼のないようお相手するのですわよ」


通りすがりの論客A「音ノ木坂は5位か。前回から1つ落としたな」

論客B「頑張っているのは分かるが、こちらの目も慣れてきてるからな」

梨子「………」
38: 名無しで叶える物語 2017/06/12(月) 21:27:47.86 ID:EjJLprLC.net
梨子「わ、私ちょっと会ってくる!」

千歌「あ、梨子ちゃん! 私も行くよー!」

鞠莉「先に外で待ってるわねー」


善子「…梨子、昔の友達とどんな話するのかしら」

花丸「というか話ができるのが羨ましいずら。こんなに大勢の人がいるのにマル達は孤独ずら」

曜「あはは、誰か知り合いでもいればいいんだけどね」

理亞「あ」バッタリ

曜「あ」
39: 名無しで叶える物語 2017/06/12(月) 21:29:10.37 ID:EjJLprLC.net
聖良「………」

果南「お、お疲れさま~」

理亞「何よ! 私たちを笑いに来たの!?」

理亞「どうせ下から数えた方が早い順位だったわよ!」

ダイヤ「い、いえいえ、出場している時点で私たちより上ですので…」

聖良「やめなさい理亞。見苦しいですよ」

理亞「ううっ… グスッ…」

ルビィ「あ、あの、ダンスのキレは前よりずっと増してました!」

ルビィ「きっとすごく練習したんだろうなって…」

聖良「ありがとう。でも全国では全く通用しなかった」

聖良「北海道に戻って戦略の練り直しです」

花丸「大変ですね…」
40: 名無しで叶える物語 2017/06/12(月) 21:30:44.97 ID:EjJLprLC.net
聖良「…あなた方は、すっかり観客の顔ですね」

花丸「えっ」

聖良「同じ舞台に立とうという気概が全く感じられない」

曜「そ、それは…」

聖良「でもそれで良いのです。前にも言った通り、諦めた方が良いでしょう」

聖良「情熱と青春の全てを費やして、それでも半数は平均以下の結果に終わるのです」

聖良「他人にはとても勧められません」

聖良「帰りましょう、理亞」

理亞「はい、姉さま…」

曜「………」
41: 名無しで叶える物語 2017/06/12(月) 21:32:39.96 ID:EjJLprLC.net
梨子「あ、あのっ」

音木生「え… 桜内さん?」

梨子「お、お久しぶり…」

音木上級生「知り合い?」

音木生「はい、3月まで音ノ木にいた…」

音木上級生「そう、話すなら手短にね。すぐに反省会だから」

音木生「はい」

千歌(反省会… 全国5位なのに…)

音木生「どうしてここに? 見学?」

梨子「あ、私も今、スクールアイドルやってて」

音木生「そうなんだ! 興味ないのかと思ってた」

音木生「それなら勧誘すれば良かったわね」

梨子「あ、あはは…」
42: 名無しで叶える物語 2017/06/12(月) 21:34:37.91 ID:EjJLprLC.net
梨子「この子は私たちのリーダー」つ千歌

千歌「き、今日は本当に素敵だったよ!」

千歌「私1票入れたよ!」

音木生「ありがとう。でも目標には届かなかった」

音木生「応援してくれたのにごめんなさいね」
43: 名無しで叶える物語 2017/06/12(月) 21:36:00.80 ID:EjJLprLC.net
千歌「あ、あのっ」

音木生「もっと素直に楽しむべきなんじゃないか、μ'sはそうしてたんじゃないか」

音木生「なんて話は耳にタコができるほど聞かされてるけど…」

千歌(…い、言わなくて良かった)(汗

音木生「そんなことは承知の上で、それでも私たちは音ノ木に優勝旗を取り戻したい」

音木生「それに現実問題として、頑張らないとまた廃校の危機だしね」

梨子「そうね、スクールアイドルで持ってるようなものだものね…」

梨子(私が音ノ木坂にいた頃に賞を取れてたら少しは貢献できたのかな)

梨子(でも浦の星で賞を取っても何も変わらなかったから関係ないか…)

音木生「それじゃ、縁があったらまた会いましょう」

梨子「ええ、引き留めてごめんなさい」

千歌「さ、さよなら…」
44: 名無しで叶える物語 2017/06/12(月) 21:36:59.70 ID:EjJLprLC.net
千歌「梨子ちゃん、スクールアイドルってどうするのが正しいのかな」

梨子「どうしたの、千歌ちゃんらしくない」

千歌「だって分からなくなっちゃって」

梨子「好きなようにすればいいんじゃないのかな」

梨子「仕事でやってるわけじゃない。結局は部活動だもの」

梨子「彼女たちは好きにしてるんだろうし、私もそうする」

千歌「そっか…そうだね」
45: 名無しで叶える物語 2017/06/12(月) 21:38:01.34 ID:EjJLprLC.net
梨子「お待たせ」

鞠莉「さーて、どこかでご飯食べて帰りましょうか」

ルビィ「そ、それで今日はどうだったかな」

花丸「ルビィちゃん?」

ルビィ「ルビィはね、やっぱりあの全国の舞台に立ちたい」

ルビィ「だってスクールアイドルの憧れだもん」

ルビィ「どれだけ高いハードルだとしても、何度でもチャレンジしたい」

ダイヤ「………」

ルビィ「でもみんながそこまではって思うなら、押し付けるわけには…」
46: 名無しで叶える物語 2017/06/12(月) 21:39:01.70 ID:EjJLprLC.net
花丸「…マルは正直、あの舞台に立つ自分が想像できない」

花丸「今日出てた人は皆、マルなんかとは住む世界が違うんだって思った」

花丸「観客も大事な役目だし、マルにはそれで十分だと思う」

ルビィ「花丸ちゃん…」

花丸「でもそんなことは大した問題じゃない」

花丸「マルの感想なんかより、ルビィちゃんの夢の方が優先ずら」

花丸「人にどう思われても、ルビィちゃんのためにマルは頑張るよ」

ルビィ「は、花丸ちゃぁん…」
47: 名無しで叶える物語 2017/06/12(月) 21:40:08.83 ID:EjJLprLC.net
果南「まあ若いんだし、夢は大きく持たなきゃね」

果南「私はどうせ来年になれば、嫌でも現実と向き合うんだから」

果南「無謀なことをできるのは今だけ。なら最後まで学生の特権を楽しもうかな」


鞠莉「私はまだ浦の星の存続を諦めてないけど?」

鞠莉「たとえ1%だろうが0.1%だろうが、可能性が高まるなら打てる手は打つわ」

鞠莉「次のラブライブは入学願書の締め切りには間に合わないけど…」

鞠莉「それを目指すことで、何か変わるかもしれないでしょう?」
48: 名無しで叶える物語 2017/06/12(月) 21:41:04.96 ID:EjJLprLC.net
善子「観客やるのもそこそこ楽しかったわよ」

善子「でもやっぱり満足できない。私は数万人の中の誰かなんてイヤよ」

善子「この世にヨハネはただ一人! それを日本中に教えてやるんだから!」


梨子「今日鑑賞して思ったのは、私たちはまだまだ未熟だってこと」

梨子「もっといい曲を作れると思うし、パフォーマンスの質も高められると思う」

梨子「まだ入り口に立ったばかりで、引き返すことなんてできないわ」
49: 名無しで叶える物語 2017/06/12(月) 21:42:04.79 ID:EjJLprLC.net
曜「正直千歌ちゃんの付き合いで始めただけだし、スクールアイドルにそこまでの思い入れはないけど…」

ルビィ&千歌「えっ」

曜「いやもちろん楽しいけどね?」

曜「でも一応アスリートの端くれとしては、さっきのセイントスノーには火をつけられたかも」

曜「ああまで言われて引き下がるのは悔しいかな」

曜「うまく乗せられたのかもしれないけどね」
50: 名無しで叶える物語 2017/06/12(月) 21:43:03.49 ID:EjJLprLC.net
千歌「ほんとはね、ちょっとだけ思ってたんだ」

千歌「次にもっと上へ行ける保証なんかないじゃん、逆に順位下がったらどうしようって…」

千歌「でもそんなこと考えてるから私は凡人なんだよ!」

千歌「後ろ向きになった時点で輝きは消えちゃう」

千歌「だから限界まで走るよ! 輝き続けるために!」
51: 名無しで叶える物語 2017/06/12(月) 21:44:37.96 ID:EjJLprLC.net
ダイヤ「そう… では皆さん、全国制覇を目指すということで」

ダイヤ「目標も決まりましたし、明日からまたビシバシいきますわよ」

ルビィ「お、お姉ちゃん。いいの? お父さんは…」

ダイヤ「あら、遊んでいる暇はないとは言われましたけど」

ダイヤ「わたくし、元より遊びでやってるつもりはありませんもの」

みんな(ニッコリ
52: 名無しで叶える物語 2017/06/12(月) 21:45:16.79 ID:EjJLprLC.net
曜「よーし! じゃあ夕日に向かってダッシュだ!」

果南「いっそ沼津まで走って帰る?」

善子「やめて死んじゃう」

梨子「千歌ちゃーん、行くわよー」

千歌「うんっ」

クルッ

千歌(さよなら、アキバドーム)

千歌(私たちはもう東京には来ない)

千歌(この全国の舞台に、出場者として立つ時までは!)


ちゃーらーらーらーらー(エンディング)
53: 名無しで叶える物語 2017/06/12(月) 21:46:14.19 ID:EjJLprLC.net
おわり

ありがとうございました
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『2期1話予想SS「ラブライブにようこそ!」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。