俺「しゅかしゅきぃ……」しゅか「よしよし♡」

シェアする

曜-アイキャッチ3
1: 名無しで叶える物語 2017/06/13(火) 22:40:15.27 ID:OhXpTfcH.net
俺「しゅかぁ……しゅかぁ……」ダキッ

しゅか「もう、さとしくんは甘えん坊だなぁ」ナデナデ

俺「しゅかしゅきぃ……」

しゅか「私も好きだよさとしくん」

俺「しゅかぁ」スリスリ

しゅか「さとしくん♡」ナデナデ

元スレ: 俺「しゅかしゅきぃ……」しゅか「よしよし♡」

スポンサーリンク
5: 名無しで叶える物語 2017/06/13(火) 22:44:12.22 ID:OhXpTfcH.net
俺「しゅかぁ、おっぱいぃ」

しゅか「えー? 私ミルクでないよ?」

俺「ミルク……?」ズキッ

????『ミルクでちゃうぅ♡』

しゅか「まあ、今はさとしくんのママみたいなものだけど」クスッ

俺「ママ……?」ズキズキッ

?り??『ママになってあげる♡』

俺「うわあああああああああああ」

しゅか「さとしくん!? 大丈夫!?」
7: 名無しで叶える物語 2017/06/13(火) 22:47:46.77 ID:OhXpTfcH.net
しゅか「また、昔のこと思い出しそうになったの?」

俺「……うん」

しゅか「思い出せた?」

俺「いや、思い出せなかった……」

しゅか「そっか。……思い出せるまでずっとここにいていいからね」

俺「ありがとう、しゅか」

しゅか「っていうか、思い出してもずっといてくれても――」モニョモニョ

俺「ん?」

しゅか「な、なんでもないっ!」
8: 名無しで叶える物語 2017/06/13(火) 22:51:50.23 ID:OhXpTfcH.net
俺(俺は名前以外の記憶がない)

俺(自分の家もわからず途方に暮れていたところをしゅかに救われた)

俺(行き場のない俺に屈託のない笑顔で『じゃあ、うちくる?』って、そう言ってくれた)

俺(しゅかは俺の命の恩人だ)

しゅか「あ、そろそろお風呂はいろっか」

俺「あ、うん。じゃあしゅかが先に」

しゅか「ダメ。またお風呂で思い出しそうになって錯乱したら大変でしょ?」

俺「う、うん」
10: 名無しで叶える物語 2017/06/13(火) 22:55:21.63 ID:OhXpTfcH.net
――

俺(大切な何かを忘れている気がする)

俺(いや、なくした記憶は全て俺にとって大切なものだったんだろうけど、それでも何か一番大切なことを)

しゅか「はいはーい。じゃあわたしが背中を流してあげるねっ!」

俺「いいよ、それくらい自分でできるから」

しゅか「折角一緒に入ってるんだからいいじゃん!」

しゅか「やっぱり男の人は背中おっきいなあ」

しゅか「結構筋肉もあるし何かやってたのかな?」

俺「さぁ、わからない……」

しゅか「あ、ごめんね!」

俺「いやいいよ」
12: 名無しで叶える物語 2017/06/13(火) 22:59:36.53 ID:OhXpTfcH.net
しゅか「じゃあ前の方も――あ♡」

俺「……」

しゅか「おっきくして、さとしくんのえっち♡」

俺「し、仕方ないだろ。俺だって男なんだから」

しゅか「甘えてくる時は赤ちゃんみたいなくせにね」クスクス

しゅか「あむっ♡」

俺「!?」

しゅか「じゅぷ♡ じゅるるっ♡」

俺「しゅ、しゅか、汚いよ」
15: 名無しで叶える物語 2017/06/13(火) 23:02:18.47 ID:OhXpTfcH.net
しゅか「さとしくんに汚いとこなんてないよ?」

しゅか「じゅぽっ♡ じゅるるるっ♡」

俺「しゅか、しゅかぁ♡ もうでちゃうから♡」

しゅか「じゅぷぅっ♡ じゅぽぉっ♡」

俺「しゅかあああああああああああああ♡」ドピュルウウウウウウウ

しゅか「んっ……♡」ゴクッ

しゅか「すっごい量だね、喉妊娠しちゃうかも♡」
18: 名無しで叶える物語 2017/06/13(火) 23:04:24.35 ID:OhXpTfcH.net
しゅか「それにしてもさとしくんってほんと早漏だよね」

しゅか「YO早漏! なんちゃって♡」

俺「っ!」ズキッ

ふり??『もう、早漏おちんぽなんだから♡』

俺「うわあああああああああああああああ」

しゅか「さとしくん!?」

俺「はぁ……。はぁ……」

しゅか「また、思い出しそうになったの?」

俺「……」コクン
22: 名無しで叶える物語 2017/06/13(火) 23:08:09.33 ID:OhXpTfcH.net
しゅか「大丈夫、大丈夫だよ。さとしくん。私がいるから」ギュッ

ふりり?『大丈夫、大丈夫だからさとしくん』ナデナデ

俺「……ふりりん?」

しゅか「え?」

ふりりん『ふふ、ママもさとしくん好きだよ?』

ふりりん『さとしくんのえっち♡』

俺「ふりりん……! なんで俺はふりりんのことを忘れてたんだ!」

しゅか「え? え?」
26: 名無しで叶える物語 2017/06/13(火) 23:12:11.35 ID:OhXpTfcH.net
俺「行かなくちゃ……」スッ

しゅか「さ、さとしくんどこに行くの……?」

俺「俺、思い出したんだ」

しゅか「っ!」

俺「俺には大切な人がいて、俺の帰りを待っていてくれてるんだ」

しゅか「やだっ!」ギュッ

俺「しゅか……?」
31: 名無しで叶える物語 2017/06/13(火) 23:17:27.69 ID:OhXpTfcH.net
しゅか「やだよ、さとしくん。いっちゃやだ!」

しゅか「私さとしくんのこと好きだもん!」

しゅか「私のところにいてよ!」

俺「……しゅかには感謝してるよ。言葉じゃ伝えきれないくらい感謝してる」

俺「でも、俺はそれ以上に俺はふりりんが好きなんだ」

俺「ふりりんが、愛が、ママのことがっ!」

しゅか「ま、ママ……?」
33: 名無しで叶える物語 2017/06/13(火) 23:22:37.63 ID:OhXpTfcH.net
しゅか「……でもそっか。そんなに大切な人なんだね」

俺「あぁ」

しゅか「私に勝ち目はないか」

しゅか「じゃあね、さとしくん」スッ

俺「本当に今までありがとう!」ダッ

しゅか「……」

しゅか「さとしくん……」ポロポロ

しゅか「うわあああああああああん」
35: 名無しで叶える物語 2017/06/13(火) 23:27:21.18 ID:OhXpTfcH.net
――

ふりりん「さとしくん、どこにいっちゃったんだろう」

ふりりん「連絡が取れなくなって1ヶ月……」

ふりりん「私捨てられちゃったのかな……?」

俺「愛っ!」バァン

ふりりん「っ! さとしくんっ!」

ふりりん「……。っ!」パァン

俺「……っ!!」
37: 名無しで叶える物語 2017/06/13(火) 23:30:22.02 ID:OhXpTfcH.net
ふりりん「連絡もしないでどこ行ってたの!?」

俺「ごめん、俺――」

ふりりん「心配、したんだから」ギュッ

ふりりん「捨てられちゃったかと思ったんだから……!」ギュゥッ

俺「ごめん、愛」

ふりりん「もうどこにもいかないでね」

俺「……絶対どこにもいかないよ」
39: 名無しで叶える物語 2017/06/13(火) 23:33:33.13 ID:OhXpTfcH.net
――

ふりりん「んっ♡ あっ♡」

俺「愛、愛っ!」パンパンパンパン

ふりりん「さとしくんの、久しぶりで、すごくいいよぉ♡」

俺「愛ぃ、愛ぃっ!」パンパンパンパン

ふりりん「んぅっ♡ さとしくん、あのね♡」

俺「なに?」パンパンパンパン

ふりりん「久しぶりにママって呼んで♡」

俺「っ! ママ、ママっ♡」パンパンパン

ふりりん「さとしくんっ♡」
41: 名無しで叶える物語 2017/06/13(火) 23:36:47.28 ID:OhXpTfcH.net
俺「ちゅぅっ♡ ちゅぱっ♡」パンパンパンパン

ふりりん「おっぱい吸いながらは♡ らめぇ♡」

俺「ママのおっぱいおいしいよぉ♡」パンパンパンパン

ふりりん「あっ♡ んぅっ♡ ミルクでちゃううぅ♡」

俺「僕も、僕もでちゃうぅ♡」パンパンパンパン

俺「ママっ……!」ドピュッビュルゥゥ

ふりりん「んんうぅぅぅぅぅううう♡♡♡♡」
42: 名無しで叶える物語 2017/06/13(火) 23:38:56.19 ID:OhXpTfcH.net
俺「はぁ、はぁ……」

ふりりん「はっ♡ はっ♡」

ふりりん「……あのねさとしくん」

俺「どうした?」

ふりりん「おかえり♡」チュッ

俺「……ただいま、ママ」

ふりりん「そこは愛にしてよ!?」

俺「あ、ごめんママ」

ふりりん「もう……」クスクス
45: 名無しで叶える物語 2017/06/13(火) 23:42:02.52 ID:OhXpTfcH.net
ふりりん「いいよ、今日はいっぱい甘えてくれて♡」

俺「ママっ!」

ふりりん「よしよし♡ さとしくんは甘えん坊さんなんだから♡」

俺「ママしゅきぃ♡」チューッ

ふりりん「もう、吸っても何も出ないよ?」クスクス

俺「ちゅぱっ♡ ちゅうっ♡」

ふりりん「もう、さとしくんのえっち♡」

おわり
46: 名無しで叶える物語 2017/06/13(火) 23:42:28.96 ID:OhXpTfcH.net
ふりりんが! 好きです!
48: 名無しで叶える物語 2017/06/13(火) 23:46:32.78 ID:Bm/vvT2f.net
さとし、やっぱりお前はさとしだったな、感動したぜ
49: 名無しで叶える物語 2017/06/13(火) 23:47:12.57 ID:zESNc6MT.net
続編待ってる
53: 名無しで叶える物語 2017/06/13(火) 23:59:06.61 ID:p7O4/Cn4.net
神スレage
55: 名無しで叶える物語 2017/06/14(水) 00:01:13.63 ID:l0svpljC.net
だが毎度スレ立て直すのは頂けないね
57: 名無しで叶える物語 2017/06/14(水) 00:06:20.77 ID:wYpXKc6P.net
>>55
それは正直すまんかった
今回で終わりの予定だから許してヒヤシンス
90: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/06/14(水) 17:08:24.60 ID:J2H340f+.net
俺「あ、あれってしゅかしゅー!?」

しゅか「……」

俺「しゅ、しゅかしゅー!」

しゅか「え?」

俺「お、俺しゅかしゅーのファンで、その……」

しゅか「あ、そうなんだ。ありがとう!」

しゅか「…………」

俺「……えっと、何かありました?」

しゅか「……。ううん、なんにも」
91: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/06/14(水) 17:13:49.59 ID:J2H340f+.net
俺「嘘だ、しゅかしゅーはいつも愛嬌があってかわいいのに!」

俺「ヤンジャンの時よりひどい顔してる!」

しゅか「ヤンジャンの時……?」

俺「俺なんかじゃ役に立たないだろうけど、話くらいは聞かせてよ」

俺「吐き出せば少しは楽になるでしょ?」

しゅか「ありがとう、えっと――」

俺「あ、俺しげるって言います!」

しゅか「しげるくん!」ニコッ

俺(かわいい)
93: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/06/14(水) 17:18:23.81 ID:J2H340f+.net
――
しゅか「私ね、振られたんだ」

俺「えぇっ!?」

しゅか「私のファンでいてくれてるしげるくんに言うことじゃないけど、本当に好きな人がいてね」

俺「い、いやいいよ。俺が話してって言ったんだし」

俺(しゅかしゅー好きな人いたんだ……)

しゅか「さとしくんって言うんだけど、記憶がなくてね」

俺「は?」

しゅか「嘘みたいな話だけど嘘じゃないんだ」
94: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/06/14(水) 17:22:37.83 ID:J2H340f+.net
しゅか「行くあてもないって言うからうちにきてって言って、昨日まで一緒にいたの」

しゅか「でも、昨日全部思い出しちゃったみたいで、好きな人のところに戻っちゃったの」

俺「くそ、さとし許せねえ」

しゅか「さとしくんを恨まないであげて!」

しゅか「さとしくんは一途で、すごくいい人なんだよ」

しゅか「一目散に好きな人のところに戻ったんだから――」ウルッ

俺「しゅかしゅー……」
96: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/06/14(水) 17:27:05.09 ID:J2H340f+.net
しゅか「なんで、私じゃなかったんだろう」ポロポロ

俺「しゅかしゅー!」ダキッ

しゅか「え……?」

俺「ごめん、一ファンの俺なんかがしゅかしゅーを抱きしめて」

俺「でも俺、しゅかしゅーが泣いてるところなんて見たくないから!」

俺「しゅかしゅーには笑顔でいてほしいから!」

しゅか「しげるくん……」
98: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/06/14(水) 17:32:41.84 ID:J2H340f+.net
しゅか「優しいんだね、しげるくん」

しゅか「今日はお話聴いてくれてありがとう!」

しゅか「その上慰めてもらっちゃって」

俺「いや、こっちこそ、ごめん。ぐいぐい行っちゃって、それに抱きしめちゃって」

しゅか「もう、そういうのいいの!」

しゅか「私を慰めてくれたんだから!」

しゅか「すっごく元気でたよ、ありがと!」
99: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/06/14(水) 17:36:09.21 ID:J2H340f+.net
しゅか「じゃあ、今日はありがとね」

俺「あ、あの!」

しゅか「ん? なに?」

俺「また落ち込むようなことあったら、いつでも相談してよ」

俺「まぁ、また会えたらだけど……」

しゅか「しげるくん……!」

しゅか「…………。手出して」

俺「え? こう?」

しゅか「握手!」

俺「わ、わっ!」

俺(しゅかしゅーの手やわらけえ……)
101: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/06/14(水) 17:39:55.75 ID:J2H340f+.net
しゅか「じゃあねっ! またねしげるくん!」

俺「う、うん!」

俺「あ、あれ……? 手の中に何か」

『連絡先だよ! また相談に乗ってね!』

俺「しゅかしゅーの連絡先……!?」ゴクリ

俺「れ、連絡しなきゃ……。こっちの連絡先知らないとあっちも相談できないだろうし」

俺「え、えっと。ど、どう書けばいいんだろう……」
102: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/06/14(水) 17:43:07.00 ID:J2H340f+.net
――
1時間後

俺「敬具っと、よし送信」

俺「大分長い文章になっちゃったけど引かれないかな……」

ティローン

俺「うわ、もう返ってきた!?」

しゅか『しげるくんの文章長すぎ笑 今日はありがとねっ!』

俺「うわ、かわいい……」

俺「俺しゅかしゅーの連絡先もらっちゃったんだ……」
104: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/06/14(水) 17:47:44.00 ID:J2H340f+.net
――
数日後

俺「らっしゃーせー」

しゅか「あ、いたいた」

俺「しゅ、しゅかしゅー!?」

しゅか「前にここで働いてるって言ってたから遊びにきちゃった」ニコッ

しゅか「何時あがり?」

俺「も、もう終わりだけど」

しゅか「ってことは間一髪セーフだったんだ! 入れ違いにならなくてよかったぁ」

俺(しゅかしゅーがバイト先まで来てくれるなんて、感動だ……)
105: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/06/14(水) 17:51:01.88 ID:J2H340f+.net
しゅか「じゃあこのあとさ、しげるくんちいっていい?」

俺「え?」

しゅか「バイト終わりなんでしょ?」

俺「ま、まあ」

しゅか「じゃあ終わるまで待ってるから!」

俺(しゅ、しゅかしゅーが俺の家に……?)ドキドキ

俺(うわぁ、もう少し綺麗にして家を出てくるんだった……)
106: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/06/14(水) 17:53:56.18 ID:J2H340f+.net
――
しゅか「ふーん、ここがしげるくんの家かぁ」

俺「ごめんね、ちょっと散らかってて」

しゅか「いいよいいよ。私が急に押しかけたんだし」

しゅか「……さてと」ヌギッ

俺「しゅ、しゅかしゅー!?///」

しゅか「あ、しげるくんも脱いで」

俺「な、なな……///」
107: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/06/14(水) 17:58:12.31 ID:J2H340f+.net
しゅか「しげるくんのこと好きになっちゃったから、その、したいなって///」

しゅか「えっちな子で幻滅した?」

俺「い、いや、むしろありがとうございます!?」

しゅか「ありがとうって」クスクス

しゅか「脱がないなら脱がせてあげる?」

俺「だ、大丈夫、自分で脱げます!」ボロン

しゅか「あ♥ もうおっきくなってるんだ」
108: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/06/14(水) 18:02:19.72 ID:J2H340f+.net
しゅか「しげるくん、いつも相談に乗ってくれてありがとう」

しゅか「しげるくんってすごく頼りになるし優しいし――」

俺「あ、あのさ」

しゅか「なぁに?」

俺「嫌なこと聞くけど、さとしと俺、どっちのが好き?」

しゅか「っ!」

俺「その反応、やっぱり――」

しゅか「ごめんなさい……」
109: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/06/14(水) 18:04:26.66 ID:J2H340f+.net
俺「いや、いいよ。俺はさとしのかわりでも」

俺「俺がしゅかしゅーのこと好きなことにかわりはないから」

しゅか「しげるくん……!」

俺「しゅかしゅー、好きだよ」

しゅか「ごめん、ありがとうしげるくん」

俺「謝らないでいいよ、気にしてないから」
110: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/06/14(水) 18:08:31.02 ID:J2H340f+.net
しゅか「あ、でもね。多分しげるくんは勘違いしてると思う」

俺「え?」

しゅか「ちゅっ♥」

俺「なっ/////」

しゅか「さとしくんのことは確かにまだ好きだけど、しげるくんを好きって言うのも嘘じゃないから――」

しゅか「だから、今日はよろしくね……///」

俺「しゅかしゅーっ……!」

しゅか「きゃっ♥」
111: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/06/14(水) 18:11:18.58 ID:J2H340f+.net
俺「しゅかしゅー、すきだっ」ググッ

しゅか「あっ、もっと上、あ、もう少し下……」

しゅか「しげるくんはじめて?」

俺「ご、ごめん///」

しゅか「んーん。実は私もはじめてだから///」

俺「えっ!」

しゅか「さとしくんとはする前にお別れになっちゃったから」
113: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/06/14(水) 18:14:28.65 ID:J2H340f+.net
俺「ここ?」

しゅか「うん、優しくしてね///」

俺「善処するよ」

俺「ん、っ!」ズプゥ

しゅか「んあっ……♥」

俺「痛くない?」

しゅか「ちょっと痛いけど、平気///」

俺「動いてもいい?」

しゅか「うん、どうぞ……♥」
115: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/06/14(水) 18:18:23.32 ID:J2H340f+.net
俺「しゅかしゅ、しゅかしゅーっ!」カクカク

しゅか「ん、あっ♥」

俺「しゅかしゅーのなか、あつくてとろけそうだよ」カクカク

しゅか「しげるくんのも、あついよぉ♥」

俺「はぁ、はぁ……!」パンパンッ

しゅか「あんっ、あっ♥」

俺「しゅかしゅー、ちゅっ」パンパンパン

しゅか「んっ、れろっ、んちゅっ♥」

俺「れろっ、ちゅぷっ」パンパンパン
116: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/06/14(水) 18:21:55.92 ID:J2H340f+.net
しゅか「しげるくん……。んちゅぅっ、れろっ///」

俺「しゅかしゅーのよだれ、甘くておいしいよ」パンパンパン

しゅか「んっ♥ あっ♥ しげるくんのと私のよだれがまざりあって糸引いてるよ///」

俺「ちゅぷっ、ちゅうっ」パンパンパン

しゅか「キスされながら突かれて♥ あたまへんになりゅう♥」

俺「しゅかしゅー、もうでちゃう」パンパンパン

しゅか「いいよ、なかで///」

俺「で、でも」パンパンパン

しゅか「いいよ///」
117: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/06/14(水) 18:24:08.59 ID:J2H340f+.net
俺「しゅかしゅ、しゅかしゅうううううううううううう!」ドピュウウウウウウウウ

しゅか「よおおおおおおおそろおおおおおおおおおお///」

しゅか「お腹の中、熱いよぉ///」

俺「はぁはぁ……」

しゅか「しげるくん……♥」テヲギュッ

俺「しゅかしゅー……!」
118: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/06/14(水) 18:28:11.01 ID:J2H340f+.net
しゅか「さっきね、しげるくんさとしくんの代わりっていってたでしょ?」

俺「だって、そうでしょ?」

しゅか「はあ……。しげるくんって女心わかってないよね」

俺「え?」

しゅか「さとしくんのかわりに好きになったんじゃないから!」

しゅか「しげるくんだからすきになったんだよ!」

俺「俺だから?」

しゅか「かわりとかじゃないの、言わせないでよ///」

俺「……!」
119: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/06/14(水) 18:29:12.60 ID:J2H340f+.net
俺「しゅかしゅーっ!」

しゅか「え、えぇっ!? もう一回するの?」

俺「ダメ?」

しゅか「……いーよ///」

俺「しゅかしゅー!」

しゅか「あんっ///」

終わり
120: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/06/14(水) 18:29:53.86 ID:J2H340f+.net
さとしに捨てられたしゅかしゅーを救いたかった
たけしもいたし便乗しました!
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『俺「しゅかしゅきぃ……」しゅか「よしよし♡」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。