梨子「満員電車で痴漢するのって最高♡」

シェアする

梨子-アイキャッチ1
1: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2017/06/21(水) 23:46:52.60 ID:WuTz4DHs.net
梨子「あのギュウギュウ詰めの中で獲物を弄ぶ優越感」

梨子「叫ばれてバレるかもしれないスリル」

梨子「でも私は女だから疑われる事はないし一方的に触ることが出来る♡」

梨子「さて、今日は誰を獲物にしようかしら」

チラチラ

チラチラ

梨子「きーめた♡あの綺麗なOLにするわ」

元スレ: 梨子「満員電車で痴漢するのって最高♡」

スポンサーリンク
9: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2017/06/21(水) 23:52:03.77 ID:WuTz4DHs.net
ガタンゴトン
ガタンゴトン

梨子(ゆっくり近づいてー・・・)

梨子(後ろに立ってー・・・)

サワ

(!?)チラチラ

(だ、誰?)

梨子(ふふっ、慌ててる、慌ててる♡)

梨子(この人もまさか私が痴漢してるなんて思わないはずよ♡)

梨子(降りるまでの間この恐怖を楽しんでね、お姉さん♡)
11: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2017/06/21(水) 23:55:55.16 ID:WuTz4DHs.net
(んっ、、あぁっ///)ハア

梨子(んふっ♡ちょっと手を突っ込んでみよ♡)

クチュクチュ

(ひっ♡)ヌルッ

(だ、誰?人が多くて身動きが取れないわ)

梨子(犯人は誰かな~?)

クチュクチュ

(~~っっ♡)ハアハア
12: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2017/06/22(木) 00:02:05.27 ID:BWmq/+ae.net
(だ、だめよっ♡)

梨子「お姉さん大丈夫ですか?顔色が悪いですよ?」

「えぇ、ちょっとね///」

「貴女女性なのね。ちょうど良かったわ」

「誰かが私の下半身を触ってくるの」

「もし出来るなら犯人を探してくれないかしら?」

梨子「本当ですか?すぐ特定するんで待っててください」

梨子(ふふっ♡その犯人は私ですよ、わ、た、し、♡)

サワサワ

(あんっ♡また///)
14: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/06/22(木) 00:08:04.23 ID:1RhMuuB9.net
ツギハ◯◯駅ー
ツギハ◯◯駅ー

梨子「いました!扉の近くに行こうとしてます」

「ほんと?ありがとう?」

「ちょうど次の駅で降りるから良かったわ」

梨子「私も一緒におりますよ、一人よりも二人の方がいいですよね?なんなら捕まえて証人になります」

「ありがとう、心強いわ。何がなんでも捕まえてやるわ」

梨子「えぇ、必ず捕まえてやりましょうね」

梨子(なーんてね♡このままトイレに連れ込んで快楽堕ちさせてあげる♡)
18: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/06/22(木) 00:12:28.43 ID:1RhMuuB9.net
ID変わったけど>>1です

~発車します、ドアにご注意ください~

梨子「あ、あっち!です!トイレのほうに!」

「ありがとう!」

「居ないわね・・・」

「うっ」ゲホゲホ

梨子「犯人は・・・って、大丈夫ですか?」

「ちょ、ちょっと気分が・・・」

梨子「このまま戻したら大変です。とりあえずそこのトイレに入りましょう?」

「え、えぇ」

梨子(さあ、クライマックスの始まり♡)

(ふふっ♡)ニヤリ
20: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/06/22(木) 00:18:08.71 ID:1RhMuuB9.net
「はぁ、はぁ」

梨子「すみません、犯人を逃してしまって」

「気にしないで、あの人混みで捕まえるのが無理だったのよ」

梨子「お姉さん美人ですから次からは気をつけた方が良さそうですね」

「あら、ありがとう」

「でも、貴女もすごく美人ね♡」ドンッ

梨子「!?」

「貴女が犯人だって知ってるのよ?」アゴクイ

梨子(何これ///)

「バレてないとでも思った?」クチュッ

梨子「きゃっ♡」
21: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/06/22(木) 00:22:54.62 ID:1RhMuuB9.net
「あの満員電車の中であそこまで触られたのは生まれて初めてよ」

「周りにバレるかもしれないスリルも案外悪くなかったわ♡」クチュクチュクチュ

梨子「ひゃんっ♡」

「どうしたの?もしかしてされるのは初めてかしら?」

梨子「ひゃ、ひゃい♡初めてです♡」

「そう、ならこの気持ちよさ体にしっかり刻み込まないとね♡」クチュクチュクチュ

梨子「あぁぁっ♡♡♡」
24: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/06/22(木) 00:28:37.30 ID:1RhMuuB9.net
「ほらほら、我慢しなくていいのよ?早く気持ちよくなりたいでしょう?」クチュクチュクチュ

梨子「あんっ♡で、でも声が響いちゃいます♡」

「なら私が口を塞いでであげるわ♡」

チュッ

梨子(だ、だめっ♡もう、むり♡♡)

プシャ-

梨子(ん~っ♡♡♡♡)

ピクピク

「ふふっ♡すごい量ね♡今まで見てきた中で一番よ、貴女♡」

梨子「あぁ♡あぁ♡気持ちいい♡」ピクピク
26: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/06/22(木) 00:31:21.27 ID:1RhMuuB9.net
「一つ聞きたいのだけど、高校生かしら?」

梨子「は、はひぃ♡♡」トロ-ン

「へぇ、そう・・・」ニヤリ

「ねぇ、私と取引しない?」

梨子「と、取引れすか?」

「そう、取引」
31: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/06/22(木) 00:38:14.06 ID:1RhMuuB9.net
「貴女の周りのいる可愛い子の情報を私に渡すの」

梨子「情報、をですか・・・?」

「えぇ、そうよ、簡単でしょ?」

「もしちゃんと私に情報提供できたらご褒美にー・・・」

「また、こうやって気持ちよくしてあげるわ♡」

梨子(また、こんな風に・・・♡)

梨子「分かりました♡是非お任せを♡」

「ふふっ♡いい子ね♡そんな良い子にはサービスをしてあげないとね♡」チュッ

梨子「きゃっ♡」

「イきたかったら何時でもイっていいのよ」グチュグチュグチュ

梨子(くぅっ♡何これぇ♡さっきよりも数倍気持ちいい♡♡頭おかしくなりそう♡♡)
33: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/06/22(木) 00:46:10.81 ID:1RhMuuB9.net
「どう?気持ちいい?」グチュグチュグチュ

梨子「きもひよくてぇ♡♡頭がおかしくなりそうですぅ♡♡」

「そう言ってくれると嬉しいわ♡」

「今ここも責めたらどうなるかしらー?」チューッ 

梨子「やんっ♡♡乳首は、はぁ♡だ、だめです♡」

「ここ弱いのね♡でもここも感じながらイくのきっと最高に気持ちいいわよ?」

梨子「そ、そこもやれたら♡♡わ、私ぃ♡♡」

「ふふっ♡ほらほら、私以外見てないから恥ずかしがる必要ないのよ?」グチュグチュクチュ

梨子「くぅっ~~っ♡♡♡」
34: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/06/22(木) 00:47:18.19 ID:1RhMuuB9.net
~~~~

梨子「あぁ♡あぁ♡」ガクガク

「お疲れ様♡それじゃよろしくね♡」チュッ

梨子「は、はひぃ♡」
35: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/06/22(木) 00:54:02.98 ID:1RhMuuB9.net
数週間後

花丸「ここであってるか不安ずら」

ブ-ブ-

花丸「ん?梨子ちゃんからメール?」

[花丸ちゃんごめんなさい(ノ_<)急用で1時間ほど遅れます。]

花丸「梨子ちゃん遅れる・・・こまったずら」

花丸「何も持ってきてないずら・・・」

ガクッ

花丸「!?」

「はぁ、はぁ・・・」

花丸「だ、大丈夫ずら?」

「えぇ、なんとかね・・・」

「手を貸してもらえないかしら?トイレに行きたいんだけど力が思うように入らなくて・・・」
36: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/06/22(木) 00:57:06.00 ID:1RhMuuB9.net
花丸「お安い御用ずら!」

「ありがとう、助かるわ♡」

花丸「ここでいいずら?」

「えぇ、大丈夫よ。ありがとう」

ガシッ

花丸(ずらっ!?)
125: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/06/22(木) 01:22:05.78 ID:1RhMuuB9.net
~~~~

「これがご褒美よー♡」ズポズポ 

梨子「あんっ♡お尻に指入れられるの最高ですぅ♡」

「まさかプレイ内容を指定されるなんて思わなかったわ」

「でも、あのずらずらいう子、中々良かったわよー♡」

梨子「喜んでもらえて何よりですぅ♡♡」

「ふふっ♡ほんとにいい子ね♡」ズポズポ

梨子「きゃあっ♡♡♡」プシャ-

「これからも頼んだわよ、私の可愛い可愛い下僕ちゃん♡」

梨子「は、はいぃ♡」ガクガク

おしまい
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『梨子「満員電車で痴漢するのって最高♡」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。