曜「……今ここで千歌ちゃんのおっぱい触ったらどうなるんだろう……?」

シェアする

曜-アイキャッチ22
1: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/15(木) 20:54:23.96 ID:7XIUwIjz.net
ワンツースリーフォー!

曜(……)

曜(ぐへへ……)

曜(練習中の千歌ちゃんのおっぱい……)

曜(最高だなぁ……)

曜(ぐへへ……)ジーッ

曜(立体的すぎてぼいんぼいんするたび10m離れてても目の前に迫ってきそうな気迫を感じる……)

元スレ: 曜「……今ここで千歌ちゃんのおっぱい触ったらどうなるんだろう……?」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/15(木) 20:55:14.56 ID:7XIUwIjz.net
ダイヤ「……ちょっと曜さん!」

曜「……ん?」

曜「あ、胸がナイヤさん」

ダイヤ「は?」

曜「どうしたの?」

ダイヤ「どうしたのじゃ有りませんわ」
3: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/15(木) 20:55:43.60 ID:7XIUwIjz.net
ダイヤ「なんなんですの、さっきから千歌さんばかり見て……?」

曜「え、いや、あの、胸が……」

ダイヤ「む、胸……?」

曜「あ、いや、胸に刻んだ友情を感じてたって言うか……その……」

ダイヤ「は、はぁ……」

曜「と、とにかく何でもない!うるさい!練習に集中してよ!」
4: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/15(木) 20:56:43.12 ID:7XIUwIjz.net
ダイヤ「……ご、ごめんなさい……」

曜「……」

曜(ふぅ、危ないところだった……)

曜(ダイヤさんちょろいなぁ)

曜(告白したら即付き合えそう)

曜(さて、邪魔者も去ったところで)

曜(練習しつつおっぱいウォッチングだ……ぐへへ……)
6: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/15(木) 20:57:11.08 ID:7XIUwIjz.net
―――――――――――――――
7: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/15(木) 20:58:53.74 ID:7XIUwIjz.net
オツカレー

オツカレサマー

千歌「あー疲れた!」

千歌「あれ?曜ちゃん目が充血してるよ?」

曜「え?本当?」

曜(やばい、千歌ちゃんの卑猥を凝視してたせいだ……)
8: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/15(木) 20:59:30.01 ID:7XIUwIjz.net
曜(な、なんとか話題を変えないと……)

曜「そ、それより千歌ちゃん、自分の胸を誰かに触らせようとか思った事ない?」

千歌「へ?何で?」

曜「……」

千歌「……」
9: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/15(木) 21:00:00.53 ID:7XIUwIjz.net
曜「……わかんない」

千歌「……え」

曜(間違えた……)

千歌「ど、どうしたの曜ちゃん……」

曜「どうしたんだろうね……」
10: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/15(木) 21:00:28.29 ID:7XIUwIjz.net
千歌「えぇ……」

曜「……」

曜「うん」

千歌「ん?」

曜「おかしいのは私じゃない」

千歌「えっ」
11: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/15(木) 21:00:56.43 ID:7XIUwIjz.net
曜「全部千歌ちゃんが悪い」

千歌「……!?」

千歌「何が!?」

曜「……」ジーッ

千歌「……」

曜「千歌ちゃんのスケべ、エッチ、変態」
12: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/15(木) 21:02:07.09 ID:7XIUwIjz.net
千歌「……曜ちゃん今自分のナイフで自分を刺してるんだよ?」

曜「私はスケべでもエッチでも変態でも無いから」

千歌「……」

千歌「……うん、そうだね……」

ブロロロロ……
13: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/15(木) 21:02:47.27 ID:7XIUwIjz.net
―――――――――――――――
14: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/15(木) 21:03:26.88 ID:7XIUwIjz.net
曜(……)

ザァァァ

曜(雨のせいでバスが遅れるなんて……)

曜(いつもなら間に合うはずなのに)

曜(付いてない)
15: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/15(木) 21:03:58.83 ID:7XIUwIjz.net
曜(……)

曜(あと1分……)

ダッ

曜「はっ……はっ……」

タッタッタッ

曜(急がないと……)
16: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/15(木) 21:04:30.30 ID:7XIUwIjz.net
千歌「おーい!」

曜「……!」

曜「千歌ちゃん!」

曜(校門で待っててくれたんだ)

曜(こんな天気の中)
17: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/15(木) 21:04:57.87 ID:7XIUwIjz.net
千歌「あと30秒でチャイムなっちゃうよー!」

千歌「早く坂登ってきてー!」

曜「……う、うん!わかってる!」

曜「はぁ……はぁ……」

曜(ついた!)
18: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/15(木) 21:05:25.60 ID:7XIUwIjz.net
曜「おまたせ千歌ちゃん!」

千歌「もう!おまたせじゃ無いよー!」

千歌「急いで急いで!」

曜「うん」

曜「……」

バチャバチャ
19: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/15(木) 21:05:53.64 ID:7XIUwIjz.net
曜(千歌ちゃんの透けたブラ……)

曜(走って揺れるおっぱい……)

曜(……)

曜(ぐへへ……触りたいなぁ……)

曜(今ここで触ったら……)

曜(千歌ちゃん……怒るんだろうなぁ……)
20: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/15(木) 21:06:24.88 ID:7XIUwIjz.net
曜(……)

モニュン

千歌「ひぇっ!?」

千歌「っと……うわっ!?」ズルッ

曜「……へ?うわっ!?」

ズデン

曜(ヤバっ!無意識の内に揉みに行っちゃった……!)

ガンッ
21: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/15(木) 21:06:59.78 ID:7XIUwIjz.net
曜「いっ!」

千歌「痛っ!?」

曜「もう……いきなり引っ張らないでよ……」

千歌(……お?)

千歌(おっぱい揉みに行ったとはバレてないっ……ぽい……?)

曜「いてて……制服がびちょびちょだよ……」
22: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/15(木) 21:07:36.16 ID:7XIUwIjz.net
千歌「それより大丈夫?頭ぶつかっちゃったけど……」

曜「うん……大丈夫……」

千歌「そ、そっか……良かった……」

千歌(この感じっ!バレてない!やったっ!)

千歌(ノーリスクで揉んだぞ!)
23: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/15(木) 21:08:04.92 ID:7XIUwIjz.net
キーンコーン

ようちか「「……あ」」

千歌「は、始まっちゃった……」

曜「うん……あとそろそろどいて欲しいな……」

千歌「あ、ごめん」
24: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/15(木) 21:09:51.96 ID:7XIUwIjz.net
千歌「……ん?」

千歌「……え?」

曜「……?」

曜「どうした……の……あれ?」

千歌「な、何で私が目の前に居るの……?」
26: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/15(木) 21:10:44.04 ID:7XIUwIjz.net
曜「……そ、そっちこそ……」

千歌「……いやいや……そんな……」

千歌「……」

曜「……」
27: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/15(木) 21:11:22.70 ID:7XIUwIjz.net
千歌「……千歌……ちゃんだよね……?」

曜「……うん……」

千歌「……」

千歌「私達……もしかしてさ……」
28: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/15(木) 21:11:56.22 ID:7XIUwIjz.net
―――――――――――――――
48: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/06/16(金) 21:18:05.73 ID:Qwi0qZ4R.net
キーンコーン

曜(……)

曜(……曜ちゃん爆笑しながらどっか言っちゃったけど大丈夫かな……)

曜(私の身体で風邪ひかれても困るしなぁ……)

曜(そもそも元に戻れるのかなぁこれ……)

曜(……)

曜(曜ちゃんの事だから……千歌の身体に変な事されてそう……)

曜(……うーん)

曜(……いろいろ心配だなぁ……)
49: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/06/16(金) 21:18:35.08 ID:Qwi0qZ4R.net
―――――――――――――――
50: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/06/16(金) 21:19:03.89 ID:Qwi0qZ4R.net
ザァァァ

千歌「うおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!!!!」

千歌「やったぞぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!」

千歌「神様のお恵みだよ!」

千歌「すごい!千歌ちゃんの身体で何でもできちゃう!!!」
51: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/06/16(金) 21:20:55.20 ID:Qwi0qZ4R.net
千歌「今千歌ちゃんの身体でゴキブリウォークしてまーす!!!」カサカサカサ

千歌「Foooooooooooooooooo!!!!!」

千歌「……」

千歌「はぁ……はぁ……」

千歌「ち、ちちちち千歌ちゃんのおっぱい……」

千歌「私の胸についてるよぉ……」
52: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/06/16(金) 21:21:26.36 ID:Qwi0qZ4R.net
千歌「はぁ……はぁ……」

千歌「ふへへ……ふへ、ふふ……」

千歌「……」

千歌「……いや、まだ早い」

千歌「メインディッシュは取っておかないと」
53: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/06/16(金) 21:21:54.15 ID:Qwi0qZ4R.net
千歌「……」

千歌「あああああああああああああああああああああああああああああああ耐えられない!!!!!!!!!!!」

千歌「ちちっちぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!」モニュモニュモニュモニュ

千歌「あはぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」ゴロゴロゴロゴロ

一般通過レズ(あの子こんな所で何やってるんだろう……)
54: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/06/16(金) 21:22:28.33 ID:Qwi0qZ4R.net
千歌「ああああとりあえず携帯で裸体の写真を撮ろう……」

千歌「……あ」

千歌「そっか、私の携帯は今私の身体が持ってるのか……」

千歌「……とりあえず帰って」

千歌「千歌ちゃんの身体であんな事やこんな事しよう」

千歌「……うん」
55: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/06/16(金) 21:24:08.06 ID:Qwi0qZ4R.net
ダイヤ「ちょっと千歌さん!」

千歌「ほえ?」

ダイヤ「何やってるんですの!こんな所で」

千歌「ナイヤさん!」

ダイヤ「あ"あ"?」
56: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/06/16(金) 21:24:36.20 ID:Qwi0qZ4R.net
千歌「今は学校じゃあ……」

ダイヤ「こっちのセリフですわ!」

ダイヤ「校庭から奇声が聞こえたと思って窓の外を見てみれば!」

ダイヤ「ブリッジしながら学校を出る千歌さんとドン引きする曜さんが見えるんですもの!」

千歌(やばっ、見られてたんだ)
57: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/06/16(金) 21:25:10.79 ID:Qwi0qZ4R.net
ダイヤ「生徒会長として、あなたを連れ戻すように先生に言われてきたんです!」

千歌「は、はーい……」

千歌(こ、このままじゃお楽しみができなくなる……)

千歌(なんとかしないと……)

ダイヤ「ほら、傘に入りなさい、風邪引きますわ」
58: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/06/16(金) 21:25:44.02 ID:Qwi0qZ4R.net
千歌「う、うん」

ダイヤ「もう、千歌さんがあんな事するとは思いませんでしたわ」

ダイヤ「少しは浦ノ星女学院の生徒として……」

千歌「……」

千歌(そうだ!)
59: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/06/16(金) 21:26:12.29 ID:Qwi0qZ4R.net
ダイヤ「もっと自覚を持った行動を……」

千歌「でもさ」

ダイヤ「……?」

千歌「ダイヤさんおっぱいちっちゃいじゃん」

ダイヤ「!?」

ダイヤ「な、何を言って……!?」
60: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/06/16(金) 21:26:40.69 ID:Qwi0qZ4R.net
千歌「私よりおっぱい小さい癖に私に説教してるの?」

ダイヤ「今は胸の大きさは関係……」

千歌「関係ないと思ってるのはダイヤさんだけだよ!」

ダイヤ「で、でも私は生徒会長……」

千歌「生徒会長でも胸は小さいよね?」
61: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/06/16(金) 21:27:09.74 ID:Qwi0qZ4R.net
千歌「80しかないもんね?」

ダイヤ「ち、違っ」

千歌「違う?嘘つこうとしたの?小さい上に嘘つくの?」

ダイヤ「そ、そうじゃなくて……」

千歌「いい?世の中では胸が大きい人ほど偉いんだよ?」

千歌「なのに私に説教するのはおかしいよね?」
62: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/06/16(金) 21:27:50.27 ID:Qwi0qZ4R.net
ダイヤ「そ、そんな……」

千歌「分かったら巨乳になるまで私に文句を言わない事!」

ダイヤ「うぅ……」

千歌「返事は?」
63: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/06/16(金) 21:28:54.33 ID:Qwi0qZ4R.net
ダイヤ「それでも私は生徒会長だから……」

千歌「胸の小さいね」

ダイヤ「せ、生徒会長ですの……」

千歌「だからそれは……」

ダイヤ「うるさいうるさい!」
64: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/06/16(金) 21:29:37.08 ID:Qwi0qZ4R.net
ダイヤ「私はかしこいかわいい生徒会長ですのぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!」

ダッ

バチャバチャ

千歌「あっ」

千歌「どっか言っちゃった……」

千歌「……」

千歌「ちょろいなぁ」

千歌「明日適当に慰めておこう」

千歌「さて、帰ってお楽しみだ!」
65: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/06/16(金) 21:30:21.27 ID:Qwi0qZ4R.net
―――――――――――――――
74: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/06/17(土) 20:30:57.12 ID:CzrRRJuI.net
千歌「ふぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!」

千歌「す、凄い!千歌ちゃんのここってこんなふうになってるんだ……」

千歌「え!?ここまでこうなんて……」

千歌「う、嘘!?こっちも!?」

千歌「それどころか……あんな……」
75: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/06/17(土) 20:31:56.22 ID:CzrRRJuI.net
千歌「うわぁ……やばい……」

ピンポーン

千歌「えぇ……凄く卑猥だ……」

千歌「まるで卑猥界のスティーブン・セガール……」

ピンポンピンポ-ン
76: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/06/17(土) 20:32:43.04 ID:CzrRRJuI.net
千歌「このままでは千歌ちゃんの卑猥で内浦が……」

ピンポーン!

千歌「……」イラッ

千歌「もう!誰!?」

千歌「私が千歌ちゃんの卑猥に卑猥をしてる時に!」
77: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/06/17(土) 20:33:22.48 ID:CzrRRJuI.net
千歌「うるさいなぁ!」

ピンポーン

千歌「はいはい!」

ガチャ

果南「……千歌?」

千歌「げ、果南ちゃん」
78: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/06/17(土) 20:34:10.51 ID:CzrRRJuI.net
果南「奇声を上げて謎の動きで学校から出ていった千歌を呼びに行ったダイヤが『誰がなんと言おうと私は生徒会長ですのぉ!』って号泣しながら帰ってきたんだけど?」

千歌「それはダイヤさんの胸が小さいから……」

果南「関係ないでしょそれは」

果南「今は学校にいる時間なんだから戻ってきなよ」

果南「あと胸揉むのやめて」
79: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/06/17(土) 20:34:36.10 ID:CzrRRJuI.net
千歌「い、いやいや、風邪ひいちゃってさ」

果南「風邪ひいた人がブリッジしたまま学校から出ていかないでしょ」

果南「あと胸揉むのやめて」

千歌「えっとそれは……風邪のせいでそういう行動取っちゃったっていうか……」
80: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/06/17(土) 20:35:04.12 ID:CzrRRJuI.net
果南「わけわからない事言わないの」

果南「さっさと学校行くよ」

果南「あと胸揉むのやめて」

千歌(チッ、胸の大きい子は手強いなぁ……)

千歌(ただまあ今は千歌ちゃんの身体だからどんなに揉んでも怒られるのは千歌ちゃんだけだよね)
81: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/06/17(土) 20:35:47.42 ID:CzrRRJuI.net
千歌(らっきー)

バギィ

千歌「!?」

千歌「痛あああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!」

果南「ほら!いい加減学校来ないとアイドル続けられなくなっちゃうよ?」

果南「ね?行こ?みんな待ってるよ?」

千歌「は、はぃ……」ビクビク
82: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2017/06/17(土) 20:36:15.71 ID:CzrRRJuI.net
―――――――――――――――
90: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/18(日) 20:51:42.91 ID:6df/4TUs.net
キーンコーン

千歌「……」ガラガラ

梨子「あっ」

曜「曜ちゃ……千歌ちゃんお帰り……」

曜「って何そのあざ!?」
91: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/18(日) 20:53:12.46 ID:6df/4TUs.net
千歌「うぅ……果南ちゃんにやられた……」

千歌「何で私より胸が小さい癖に私の言う事聞かないんだって言われた……」

千歌「胸が大きい方が偉いんだぞって……」

千歌「うぅ……」

曜「えぇ…… 」
92: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/18(日) 20:53:43.30 ID:6df/4TUs.net
梨子「だ、大丈夫……?」

千歌「大丈夫じゃない」

梨子「と、とりあえず体育当番だから先行くね……?」

千歌「次体育なんだ……」

曜「うん……」
93: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/18(日) 20:54:10.85 ID:6df/4TUs.net
千歌「こんな天気の中……?」

梨子「今日は体育館だって!」

梨子「じゃあまた後で!」

タッタッタッ

曜「……」

千歌「……」
94: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/18(日) 20:54:38.46 ID:6df/4TUs.net
曜「千歌の身体に変な事して無いよね……?」

千歌「して無いよ?」

曜「どうだった?」

千歌「柔らかかった」

曜「ちょっとぉ!」
95: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/18(日) 20:55:06.05 ID:6df/4TUs.net
千歌「ごめんなさい」

千歌「どうしても耐えられなくて……」

曜「今日一旦うちからカメラ類撤去するね」

千歌「待って!なんで!まだ1枚も撮って無いのに!」

曜「だからだよ……」
96: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/18(日) 20:56:03.55 ID:6df/4TUs.net
千歌「鬼畜ぅ!千歌ちゃん!」

千歌「私の夢が……」

曜「勝手にひとの身体触りまくるほうが鬼畜だよ……」

千歌「そんなぁ……」

曜「もう、果南ちゃん呼ぶよ?」

千歌「はい……」
97: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/18(日) 20:57:31.15 ID:6df/4TUs.net
―――――――――――――――
98: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/18(日) 21:01:26.47 ID:6df/4TUs.net
体育館

イッチニーサーンシー

ゴーロークナーナハーチ

千歌(ぐへへ……皆の体操着おっぱい……)

千歌(千歌ちゃんの身体で触ったら怒られないよね……)

千歌(グヘグヘヘ……)
99: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/18(日) 21:01:54.00 ID:6df/4TUs.net
曜(また嫌らしい事考えてる……)

曜(千歌の身体であんなヤバイ目つきしないでよぉ……)

曜(はぁ……)

レズ教師「よし、準備体操終わり」

レズ教師「今日はこれから50m走をします」
100: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/18(日) 21:02:33.40 ID:6df/4TUs.net
千歌「やった!得意種目だ!」

梨子「あれ?千歌ちゃん得意だったっけ?」

千歌「あ……いやまあ……うん」

梨子「前に苦手って言ってたような……」

千歌「あ、あれから練習したんだよ……」
101: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/18(日) 21:03:01.04 ID:6df/4TUs.net
曜「……」

梨子「そうなんだ、凄いね!」

梨子「走るとき応援するからね!」

千歌「あ、ありがとう」

千歌(うーん、意外とボロ出さないのって大変そうだなぁ……)
102: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/18(日) 21:03:32.77 ID:6df/4TUs.net
千歌(だからと言って正直に言っても誰も信じてくれないと思うけど)

レズ教師「よし、じゃあ適当なやつから走っていいぞ」

レズ教師「誰から行く?」

曜「……じゃあ私から行こうかな」
103: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/18(日) 21:04:00.74 ID:6df/4TUs.net
千歌「頑張ってね」

曜「うん」

レズ教師「位置について」

レズ教師「よーい」

レズ教師「ドン!」

千歌(……)
104: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/18(日) 21:04:28.85 ID:6df/4TUs.net
千歌(千歌ちゃん早いなぁ……)

千歌(やっぱり私の身体を使ってる分早くなってるのかな)

千歌(明らかにいつもより早い……)

千歌(……)

千歌(……私のおっぱいが揺れてる……)
105: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/18(日) 21:05:06.99 ID:6df/4TUs.net
千歌(すごい……私っていつもあんなに揺れてるんだ……)

千歌(……)

千歌(いや、今は……)

千歌(千歌ちゃんについてる……)

千歌(……)
106: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/18(日) 21:05:37.39 ID:6df/4TUs.net
千歌(私のおっぱいが千歌ちゃんについてる……)

千歌(……つまり私が私のおっぱいを揉むだけで私は千歌ちゃんのおっぱいを揉める……)

千歌(……)

千歌(自分でも何を言ってるんだかわからなくなってきた……)

スクッ

ツカツカツカ
108: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/18(日) 21:06:04.58 ID:6df/4TUs.net
曜「あ、曜……千歌ちゃん」

千歌「お疲れ」

曜「私の走りっぷりどうだっ……」

モミモミモミモミ

モニュンモニュン
109: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/18(日) 21:06:32.53 ID:6df/4TUs.net
モニュモニュモニュモニュ

モニュニュニュニュン

曜「……」

千歌「……」モミモミモミモミ

曜「……何やってるの?」
110: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/18(日) 21:07:08.66 ID:6df/4TUs.net
千歌「自分のおっぱいを」

曜「うん」

千歌「自分で揉んでいるだけ」

ガンッ

千歌「何で!何で殴るの!」
111: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/18(日) 21:07:37.16 ID:6df/4TUs.net
千歌「自分で自分のおっぱい揉んでるだけじゃん!」

曜「周りの目があるでしょ!?」

千歌「あ」

曜「まるで千歌が曜ちゃんの胸揉んでるみたいじゃん!」

千歌「……」
112: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/18(日) 21:08:05.11 ID:6df/4TUs.net
曜「そうでしょ?」

千歌「……」

千歌「走ってきます」

曜「……」

曜「……うん」
113: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/18(日) 21:08:52.93 ID:6df/4TUs.net
レズ教師「位置について」

千歌(千歌ちゃんの身体だからどれくらい動くかは分からないけど……)

千歌(ここでいいタイムだしたら自分のおっぱい触る許可貰えるかも……)

レズ教師「よーい」

千歌「……」グッ

千歌(……ん?なんか違和感……)
114: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/18(日) 21:09:21.08 ID:6df/4TUs.net
レズ教師「ドン!」

ガクッ

千歌「……へ?」

曜「……」

千歌「ち、力が……」

バタン
115: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/18(日) 21:09:48.22 ID:6df/4TUs.net
レズ教師「……大丈夫か?」

千歌「は、はい」

レズ教師「じゃあもっかい行くぞ」

レズ教師「よーい」

レズ教師「ドン!」

ダッ
116: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/18(日) 21:10:47.53 ID:6df/4TUs.net
千歌(今度は何とかこけなかったけど……)

千歌(……うまく力が入らない……)

千歌(身体がいつもと違うせいかな)

千歌(いざ本気で動こうとすると感覚が全然違う)

千歌(やばいな……)
118: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/18(日) 21:11:28.20 ID:6df/4TUs.net
千歌(このままじゃあおっぱい触る許可が貰えない……)

千歌(自分のおっぱいなのに……悔しい……)

千歌(悔しいよ……!)

レズ教師「タイム10秒02」

千歌「おっそ!」
119: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/18(日) 21:12:31.74 ID:6df/4TUs.net
―――――――――――――――
120: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/18(日) 21:12:59.44 ID:6df/4TUs.net
キーンコーン

千歌「終わったあああああ」

千歌「やっと家に帰ってお楽しみができるよ……」

曜「ねえねえ」

千歌「ん?」
121: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/18(日) 21:13:28.67 ID:6df/4TUs.net
曜「ちょっとどこか人の居ない所……雨もやんだし屋上にでも行かない?」

千歌「へ?」

千歌(ついに告白かな?)

千歌「喜んで」
122: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/18(日) 21:14:31.14 ID:6df/4TUs.net
―――――――――――――――
123: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/18(日) 21:16:10.58 ID:6df/4TUs.net
屋上

曜「もう!曜ちゃん千歌の身体でめちゃめちゃやり過ぎだよ!」

千歌「ご、ごめん」

曜「許可なく千歌の身体を触るの禁止!」

千歌「そんなぁ……」
124: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/18(日) 21:16:37.89 ID:6df/4TUs.net
曜「お風呂も目つむって入ってね」

千歌「む、無理だよ……」

曜「無理じゃない!」

曜「あとよだれ垂らして嫌らしい目をするのも禁止」

千歌「そ、そんなことして無いよ!」
125: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/18(日) 21:17:05.83 ID:6df/4TUs.net
千歌「そ、そんなことして無いよ!」

曜「してるよ!さっきも!」

千歌「えー!」

曜「曜ちゃんのエッチ!」

千歌「酷い!」
126: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/18(日) 21:17:40.16 ID:6df/4TUs.net
曜「それと」

曜「どうやって千歌達が元に戻れるのか考えないと」

千歌「戻らなくて良いんじゃない?」

曜「戻るの!」

曜「このままじゃ曜ちゃんにされるかわかんないもん!」
127: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/18(日) 21:18:18.71 ID:6df/4TUs.net
千歌「たしかに」

千歌「そんなこと言ってもどうするの?」

千歌「こうなっちゃった理由も良く分からないのに」

曜「うーん」
128: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/18(日) 21:18:46.08 ID:6df/4TUs.net
千歌「それに誰に言ったって信じて貰えないよ?」

千歌「やっぱり戻れないし戻る必要も無いんじゃ……」

曜「戻るの!」

曜「次雨が降ったら同じ場所で同じ事をやってみるよ!」

千歌「本当にそんなので戻れるのー?」

曜「やってみるしか無いじゃん!」
129: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/18(日) 21:19:13.93 ID:6df/4TUs.net
曜「それまで自然に振る舞っててね」

曜「元に戻ったときに問題が起きないように」

千歌「……はーい」

千歌「……じゃあさ、明日一緒にみとしー行こうって話は?」

曜「それは多分問題ないと思うよ」
130: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/18(日) 21:19:57.08 ID:6df/4TUs.net
千歌「そっか、良かった」

曜「じゃあそういう事で!」

曜「また明日ね」

千歌「うん、じゃあね!」

千歌(ああは言われたけど帰っていろいろしちゃおう……)

曜「ダメ!」

千歌「ギクッ」
131: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/18(日) 21:20:25.36 ID:6df/4TUs.net
―――――――――――――――
137: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 02:44:29.68 ID:KRtkwYyi.net
伊豆水津シーパラダイス入口

千歌「千歌ちゃーん!おまたせ!」

曜「曜ちゃん!」

曜「昨日本当に変な事しなかった?」

千歌「全くして無いよ、紳士だから」
138: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 02:45:12.12 ID:KRtkwYyi.net
曜「カメラいくらした?」

千歌「4万3千」

曜「後で壊しに行くね」

千歌「だめ、私の家宝にするの」

曜「縁切るよ」
139: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 02:45:48.44 ID:KRtkwYyi.net
千歌「違うの!千歌ちゃんへの愛故に……」

曜「えぇ……本当……?」

千歌「本当だよ、愛してる」

曜「おっぱい見てよだれ垂らしながら言われても……」

千歌「はっ!こ、これは違うの!」

曜「もう、いいから行くよ」

曜「本当に違うんです」
140: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 02:46:31.17 ID:KRtkwYyi.net
―――――――――――――――
141: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 02:47:05.89 ID:KRtkwYyi.net
伊豆水津シーパラダイス ベンチ

曜「曜ちゃんとここに来るのも久しぶりだねぇ」

千歌「小さい頃に比べて、お互い段々忙しくなってきたからね」

曜「……」

曜「いつかこのまま大人になってもっと忙しくなったら」

曜「千歌達どうなっちゃうんだろう」
143: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 02:47:31.20 ID:KRtkwYyi.net
千歌「うーん……」

千歌「……何だかんだAqoursの皆は一生友達だろうから」

千歌「想像つかないなぁ」

曜「……そっか」

千歌「……でもまあ」

千歌「どんなに忙しくなっても、私は千歌ちゃんから離れないけどね」
144: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 02:55:17.56 ID:KRtkwYyi.net
曜「……」

曜「曜ちゃん……」

曜「……」

曜「どれだけ遠くに行っても?」

千歌「うん」
145: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 02:55:54.34 ID:KRtkwYyi.net
曜「……千歌ちゃんが曜ちゃんから逃げても?」

千歌「逃さない」

曜「千歌が死んじゃったら?」

千歌「あの世まで行ってこっちに連れ戻してくる」

曜「……」

千歌「……」
146: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 02:56:21.71 ID:KRtkwYyi.net
千歌「……千歌ちゃん」

曜「……ん?」

千歌「愛してるよ」

曜「……」

曜「さっきも聞いたよ」

千歌「……そうだね」
147: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 02:57:53.06 ID:KRtkwYyi.net
曜「……さっきも聞いたけど……」

曜「今度は目を観て言ってくれるんだね」

千歌「……うん」

曜「……」

千歌「……だからさ、千歌ちゃん」

千歌「だから私と……」
148: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 02:58:20.89 ID:KRtkwYyi.net
曜「ダメだよ」

千歌「……」

曜「……この前も言ったとおり」

曜「私には……時間が無いから……」

千歌「……」
149: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 02:58:49.91 ID:KRtkwYyi.net
千歌「私、何回振られるんだろうね?」

曜「……それは曜ちゃんが私に告白してくる数だけだよ」

千歌「……そっか」

千歌「……悲しいなぁ……」

曜「……ごめんね」
150: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 03:00:11.23 ID:KRtkwYyi.net
千歌「うん……」

曜「……」

千歌「……」

千歌「じゃあ、そろそろ帰ろうか」

曜「……うん」
151: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 03:00:44.43 ID:KRtkwYyi.net
千歌「よっと……」

ガクッ

千歌「ひぇ?」

千歌「わわっ!」

バタン

曜「……っ!」
152: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 03:01:13.27 ID:KRtkwYyi.net
千歌(また力が入らなかった……)

千歌(今度はベンチから立ち上がるとき……)

曜「曜ちゃん大丈夫!?」

千歌「う、うん……」

千歌「ちょっとまだ千歌ちゃんの身体に慣れてなくて上手く力が入れられなかったみたい……」
153: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 03:01:50.62 ID:KRtkwYyi.net
曜「……」

曜「……そ、そっか、手貸すよ?」

千歌「だ、大丈夫、ありがとう」

曜「……」

曜「そっか……」
154: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 03:03:32.70 ID:KRtkwYyi.net
―――――――――――――――
163: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 21:16:56.30 ID:KRtkwYyi.net
高海家 十千万

千歌「……」

カチッ……カチッ……

千歌「……」

カチッ……カチカチッ……
164: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 21:17:50.51 ID:KRtkwYyi.net
千歌(……なんだろう……マウスが……動かしにくい……)

千歌(タイピングも……)

千歌「……」

ッターン

千歌「ふぅ」
165: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 21:18:17.70 ID:KRtkwYyi.net
千歌「あとはカメラをパソコンに繋いでクラウドに送れば……」

千歌「……」

千歌「……あれ?」

千歌「私のカメラ……どこだっけ?」

千歌「ここに置いたんだけどな……」
166: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 21:18:44.72 ID:KRtkwYyi.net
千歌「……小さい頃から貯めてきたお小遣いを全額高画質に捧げたのに……」

千歌「……」ガサゴソ

千歌「……無い」

千歌「無い!無い!無い!」

千歌「絶対ここに置いたはずなのに……」
167: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 21:23:10.59 ID:KRtkwYyi.net
ヒラッ

千歌「……ん?」

千歌「……何か落ちてる……」

千歌「……」

千歌「……手紙?」
168: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 21:23:48.59 ID:KRtkwYyi.net
『曜ちゃんのカメラはこっそり回収しました
千歌達の入れ替わりが終わるまで預かっておくね
もちろんえっちなデータは消しました!』

千歌「……」

千歌「……」

千歌「……」
169: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 21:24:25.61 ID:KRtkwYyi.net
千歌「あああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!」

千歌「な"ん"で"だ"よ"お"お"お"お"お"お"お"お"お"お"お"お"お"お"お"お!!!!!!!!!!」ゴロゴロゴロゴロ

千歌「もうカメラを買えるお金なんて無いんだよ!?」

千歌「神なんて居ない!」

千歌「神なんて居ないんだよぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!」ジタバタジタバタ

千歌「あぁぁぁぁ!」
170: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 21:24:54.60 ID:KRtkwYyi.net
千歌「酷い……酷いよぉ……」ポロポロ

千歌「何で……こんな……」

千歌「……うぅ……」

千歌「……」

千歌「……部屋に戻っておっぱい揉も……」
171: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 21:25:32.55 ID:KRtkwYyi.net
千歌「はぁ……」

フラッ

千歌「!?」

千歌「また力が……」

ガンッ
172: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 21:25:59.11 ID:KRtkwYyi.net
―――――――――――――――
173: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 21:26:47.29 ID:KRtkwYyi.net
千歌「うーん……」

志満「千歌!」

千歌「……志満ねえ?」

千歌「どこここ……」

千歌「……病院?」
174: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 21:27:26.09 ID:KRtkwYyi.net
志満「そうだよ?」

志満「買い物から帰ってきたら千歌が廊下で倒れてたの……」

千歌「……倒れてた……?」

志満「お医者さんは多分どこかに頭をぶつけて倒れたんだろうって……」

志満「……また力が入らなかったんじゃ無いの?」
175: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 21:27:53.74 ID:KRtkwYyi.net
千歌「……あ」

千歌「そうだ……」

千歌「歩いてる時によろけて」

千歌「踏ん張ろうとしたら上手く力が入らなくて……」

志満「……やっぱり……」

千歌「うん……」
176: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 21:29:18.59 ID:KRtkwYyi.net
千歌「……」

千歌「……ん?」

千歌「何で志満ねえがその事……」

千歌(上手く力が入らないのは千歌ちゃんの身体に慣れてないからじゃ……)

志満「へ?何でって……」
178: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 21:30:14.77 ID:KRtkwYyi.net
志満「病院でお医者さんに言われたでしょ?」 

千歌「病院……?」

志満「うん」

千歌「……そ、そうだよね」

千歌「忘れてた……はは」
179: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 21:30:41.53 ID:KRtkwYyi.net
千歌(……)

志満「もう……心配ねぇ……」

志満「とりあえず、意識が戻ったら入院する必要も無いって言われたから」

志満「お医者さん呼んでお家に帰るよ?」

千歌「そっか、良かった……」
180: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 21:31:08.67 ID:KRtkwYyi.net
―――――――――――――――
181: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 21:31:35.94 ID:KRtkwYyi.net
帰り道 車内

ブロロロロ……

志満「……」

千歌「……」

志満「……最近はどう?学校は楽しい?」
182: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 21:32:03.54 ID:KRtkwYyi.net
千歌「うん、Aqoursの皆がいるし楽しいよ」

志満「そう、良かった」

志満「……」

志満「お友達にも……言わないの?」

千歌「……え?」
183: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 21:32:40.90 ID:KRtkwYyi.net
志満「千歌は心配かけられないって言うかもしれないけど……私は伝えたほうがいいと思うよ」

志満「大事な友達なら……尚更……」

千歌「な、なんの事……?」

志満「……」

志満「そっか……」

志満「千歌が言いたくないなら……無理強いはしないけど……」

千歌「……?」
184: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 21:33:26.40 ID:KRtkwYyi.net
―――――――――――――――
193: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/21(水) 20:15:23.34 ID:MT5kChoJ.net
キーンコーン

曜「あ、おはよー」

千歌「お、おはよう」

千歌「……」

千歌「……千歌ちゃん……」
194: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/21(水) 20:15:57.45 ID:MT5kChoJ.net
曜「ん?」

千歌「……」

千歌「何で……勝手に……あんな事……」

千歌「……酷いよ……友達だと思ってたのに……」

曜「……」
195: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/21(水) 20:16:33.23 ID:MT5kChoJ.net
曜「……だって曜ちゃんに言ったら……」

曜「きっと曜ちゃんは……」

千歌「……もちろん」

千歌「何としても止めるよ」

千歌「じゃないと……」
196: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/21(水) 20:17:34.88 ID:MT5kChoJ.net
千歌「二度と千歌ちゃんのおっぱいの写真なんて……取れないから……」

曜「……やっぱり……」

千歌「私のカメラのデータ……勝手に消すなんて……」

曜「良い?今更だけど曜ちゃんのやってる事って犯罪すれすれなんだよ?」

千歌「でも自分で自分に卑猥をしてるだけだし……」
197: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/21(水) 20:18:02.10 ID:MT5kChoJ.net
曜「千歌の身体だから!」

千歌「うぅ……」

曜「何回言ってもやめないんだからぁ」

千歌「ごめんなさい」

曜「もー」
198: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/21(水) 20:18:53.18 ID:MT5kChoJ.net
千歌「……」

千歌「……それはそうと、さ」

曜「……ん?」

千歌「千歌ちゃん……何か隠し事して無い?」

曜「……隠し事?」

曜「なんの事?」
199: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/21(水) 20:19:21.33 ID:MT5kChoJ.net
千歌「……」

千歌「本当に?本当に何もない?」

曜「……」

千歌「……」

曜「……早く雨振らないかな?」

千歌「え?」
200: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/21(水) 20:20:44.39 ID:MT5kChoJ.net
千歌「え?」

曜「千歌、今日中には元に戻りたいの」

曜「だから、雨が降って千歌たちの頭をぶつけないと……」

曜「なのにお天気続きなんだもん」

千歌「……」

千歌「……それは質問の答えに……」
201: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/21(水) 20:21:12.27 ID:MT5kChoJ.net
キーンコーン

曜「……チャイム鳴っちゃった」

千歌「千歌ちゃん……」

曜「授業始まっちゃうから席戻ろ?」

千歌「……う、うん……」
202: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/21(水) 20:21:49.18 ID:MT5kChoJ.net
―――――――――――――――
203: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/21(水) 20:22:17.53 ID:MT5kChoJ.net
高海家

千歌「……」

千歌(……結局はぐらかされちゃった……)

千歌(やっぱり何か隠してる)

千歌(何で私にも話してくれないんだろう……)
204: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/21(水) 20:23:04.41 ID:MT5kChoJ.net
千歌(……いや、そもそも千歌ちゃんにとって私はまだ……)

千歌(……)

千歌(何か嫌な予感がする……)

千歌(本当は無理にでも聞き出したいけど……)

コンコン
205: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/21(水) 20:23:32.17 ID:MT5kChoJ.net
志満「千歌?」

千歌「んー?」

志満「そろそろ行くよ?支度してね」

千歌「行く?ってどこに?」

志満「前も言ったでしょ?今日は病院の日だよ?」
206: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/21(水) 20:24:10.03 ID:MT5kChoJ.net
千歌「病院……?」

志満「もう、また忘れちゃったの?」

千歌「あ、あはは、ごめんごめん」

千歌「今支度するから!」

志満「下で待ってるからね」

千歌「うん」
207: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/21(水) 20:25:07.60 ID:MT5kChoJ.net
―――――――――――――――
208: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/21(水) 20:25:34.56 ID:MT5kChoJ.net
病院

医者「……」

医者「病状は進行していますね……」

千歌「へ?」

志満「……そうですか……」
209: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/21(水) 20:26:07.65 ID:MT5kChoJ.net
志満「やっぱりスクールアイドルの活動は……」

医者「……控えたほうが良いです」

千歌「……え?え?どういう事?」

千歌「スクールアイドル控えるって……何でですか?」

千歌「ど、どれくらい控えればいいんですか?しばらく控えたらまた出来るんですよね?」
210: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/21(水) 20:26:34.77 ID:MT5kChoJ.net
千歌「そうですよね?お医者さん」

志満「ち、ちょっと!千歌!」

医者「……」

千歌「……ね?」

医者「高海さん、落ち着いて聞いてください……」
211: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/21(水) 20:26:58.23 ID:MT5kChoJ.net
医者「……これからどんどん筋力が落ちていき、最終的には身動きすら取れなくなるでしょう」

千歌「……え?」

医者「そして、今後筋力が回復していく事は無いでしょう」

医者「できるのは薬やリハビリで筋肉の減少を遅らせるだけ」

医者「ですので今後スクールアイドルは……」
212: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/21(水) 20:27:25.53 ID:MT5kChoJ.net
千歌「え?何それ……」

千歌「……そんな……」

千歌「……」

千歌「で、でも、歌を歌い続けるくらいなら……」

千歌「ダンスができなくても!千歌ちゃんが好きな歌は……」
213: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/21(水) 20:27:52.85 ID:MT5kChoJ.net
医者「……」

医者「いずれ喉の筋肉も衰え、声を出す事も出来なくなります」

千歌「……」

千歌「嘘……」

千歌「嘘……嘘!」

千歌「そんなの絶対嘘!」
214: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/21(水) 20:28:20.05 ID:MT5kChoJ.net
千歌「ありえない!そんなこと!絶対に!」

千歌「何で!?なんでそんな!」

志満「ち、千歌!どうしたの?」

志満「前にも同じ事聞いたでしょ?」

志満「この前はもっと落ち着いてたのに……」
215: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/21(水) 20:28:47.68 ID:MT5kChoJ.net
千歌「千歌ちゃんがスクールアイドルを続けられないなんて!」

千歌「そんなの嘘!間違ってるよ!」

千歌「千歌ちゃんが……」

千歌「そんな……そんなはず……!」

千歌「……」

志満「……」

千歌「……お医者さん」
216: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/21(水) 20:29:17.78 ID:MT5kChoJ.net
医者「……はい」

千歌「……筋肉がどんどん無くなっていって……身動きすら取れなくなったら……」

千歌「……私……どうなっちゃうんですか……?」

志満「……千歌……」

医者「……」

医者「いずれ……あなたは……」

医者「……おそらく……」
217: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/21(水) 20:29:44.98 ID:MT5kChoJ.net
医者「……」

医者「死亡……します……」

千歌「……」ゾクッ

医者「余命は約5年です……」

医者「残念ですが……」

千歌「……絶対に……治りませんか……」
218: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/21(水) 20:30:15.39 ID:MT5kChoJ.net
医者「……今のところは……治療法がまだ分かっておりません……」

千歌「……」

千歌「……千歌ちゃん……」

千歌「……そんな……私……」

千歌「うぅ……うぐっ……」

千歌「そんな……そんなぁ……」

志満「……」

医者「……」
219: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/21(水) 20:30:42.68 ID:MT5kChoJ.net
―――――――――――――――
232: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 17:36:49.62 ID:yrbHvGeK.net
高海家

ザァァァ

千歌(……)

千歌(…………)

千歌(………………)
233: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 17:38:14.29 ID:yrbHvGeK.net
千歌(何で……)

千歌(……私じゃ……)

千歌(私じゃだめなの……?)

千歌(私じゃ……千歌ちゃんの助けにはなれないの……?)

千歌(……)
234: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 17:38:53.04 ID:yrbHvGeK.net
千歌(……それとも……)

千歌(果南ちゃんとか……梨子ちゃんとか……ほかの皆には相談してるのかな……)

千歌(……)

千歌(……違う……違うよ……)

千歌(何で千歌ちゃんがこんな状態なのに……私は嫉妬ばっかりして……)
235: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 17:39:51.78 ID:yrbHvGeK.net
千歌(考える事は……そうじゃないはずなのに……)

千歌(それに……誰にも話してないって事も当たり前にあり得るんだから……)

千歌(……)

千歌(……でも……)

千歌(千歌ちゃんが私に話してくれなかったって……)
236: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 17:40:15.52 ID:yrbHvGeK.net
千歌(……悔しい……)

千歌(……悔しいよ……千歌ちゃん……)

コンコン

志満「千歌?」

千歌「……」
237: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 17:40:55.54 ID:yrbHvGeK.net
志満「……曜ちゃんから電話よ?」

千歌「……!」

千歌「……」

志満「……出れる?それとも……」

千歌「……大丈夫」

千歌「すぐ行くから……」

志満「……うん」
239: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 17:42:27.53 ID:yrbHvGeK.net
>>238
訂正

タッタッタッ

ガチャ

千歌「もしもし、千歌ちゃん?」

曜「もしもし」

曜「ごめんね、曜ちゃん」
240: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 17:43:08.02 ID:yrbHvGeK.net
千歌「……え?」

曜「……」

千歌「……」

曜「今……雨が降ってるね」

千歌「……雨?」
241: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 17:43:36.12 ID:yrbHvGeK.net
ザァァァ

千歌「あ……」

千歌(……千歌ちゃんの事考えてて全然気が付かなかった……)

千歌(改めて外を見ると……酷い天気だな……)

曜「……曜ちゃん」

曜「今から学校……これる?」

千歌「……」
242: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 17:44:03.23 ID:yrbHvGeK.net
―――――――――――――――
243: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 17:52:16.63 ID:yrbHvGeK.net
浦ノ星女学院

ザァァァ……

曜「……」

千歌「……」

曜「曜ちゃん……」

曜「傘も持ってこなかったの?」
244: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 17:52:43.99 ID:yrbHvGeK.net
曜「風邪引いちゃうよ?」

千歌「……」

曜「……千歌の傘に入ろ?」

千歌「……千歌ちゃん……」

曜「……」
245: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 17:53:22.28 ID:yrbHvGeK.net
千歌「千歌ちゃん……何で……」

千歌「何で……そんな……」

千歌「私……」

曜「……」

曜「……今日は……病院の日だよね」

千歌「……」
246: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 17:53:54.68 ID:yrbHvGeK.net
曜「ごめんね、曜ちゃん……」

曜「何も……伝えなくて……」

千歌「……」

曜「……」

曜「……曜ちゃん」
247: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 17:54:21.80 ID:yrbHvGeK.net
曜「千歌ね、あと大体5年で死んじゃうんだ」

千歌「……」

曜「それに、死んじゃうより先に身体は動かなくなるし、声も出せなくなっちゃう」

曜「ご飯も食べられなくなっちゃうんだ」

曜「……」

曜「だけど……」
248: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 17:55:21.73 ID:yrbHvGeK.net
曜「……」

曜「千歌の身体が千歌の願いを叶えられる内に……精一杯輝きたかった……」

曜「……だから千歌は……誰にも言わなかったの……」

曜「もし皆に言ったら……皆優しいから、スクールアイドルの活動は控えてって……言われちゃうかもしれないから……」

曜「それに……皆にも心配かけちゃう……」

千歌「……でも……それでも……!」
249: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 17:55:49.86 ID:yrbHvGeK.net
曜「……千歌はね、死んじゃう事も怖いけど……」

曜「もっと怖いのは……曜ちゃんやAqoursの皆がもし千歌の事を忘れちゃったらって……」

曜「今千歌は最高に楽しいけど……この楽しさを感じてるのは千歌だけで、他のみんなにとっては忘れちゃうような思い出だったらって……」

曜「そういう事が一番怖いの」

曜「いつも一人で想像して怖くなっちゃうの……」

曜「だから曜ちゃんの中に入って……曜ちゃんはどんな事考えてるんだろうって覗き込めたらって思ったりした……」

曜「千歌、馬鹿だから……曜ちゃんの中に入っても何も分からなかったけど……」

曜「……」
250: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 17:56:20.64 ID:yrbHvGeK.net
曜「だから……」

千歌「それは……」

千歌「それはみんな同じだよ……」

曜「……」

千歌「お互いの事なんか分からなくて……本当はどんな事考えてるんだろうって不安になる……」
251: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 17:56:57.49 ID:yrbHvGeK.net
千歌「そうやって自暴自棄になって心がぐしゃぐしゃになる……」

千歌「もし相手があんな風に思ってたら、こんな風に思ってたらって……考えちゃう……」

千歌「でもそんなのは勝手な想像でしか無いのに」

千歌「お互いすれ違って」

千歌「実際は同じ気持ちだったなんて……嫌だよ……」
252: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 17:57:33.32 ID:yrbHvGeK.net
曜「……」

千歌「……だからこそ」

千歌「私に聞いてほしかった……」

千歌「聞かなきゃ……相手の気持ちなんか分からないから……」

千歌「……なんて、私が言えるような話じゃないけど……」

千歌「……ううん、もしかしたら私の方が出来てなかったのかも……」

曜「……」
253: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 17:59:22.61 ID:yrbHvGeK.net
曜「……」

曜「……ごめん……」

曜「……ごめんね、曜ちゃん」

曜「……千歌、皆に心配かけないようにって言いながら本当は自分の事ばかり考えすぎてたのかもしれない……」

曜「もし、私が死んじゃうっていう事実が他人にとって何の興味もない事だったら……」

曜「曜ちゃんにとって大したことが無かったらって……」
254: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 17:59:52.02 ID:yrbHvGeK.net
曜「もしそうだったら私どうしようって……逃げてたのかもしれない……」

曜「……本当に……ごめんね……」

千歌「……千歌ちゃん」

千歌「……ううん」

千歌「……これからは、お互い隠しごとなんてやめよう?」

曜「……うん」

千歌「……ありがとう、千歌ちゃん」
255: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 18:00:24.30 ID:yrbHvGeK.net
ザァァァ

千歌「……」

曜「……」

千歌「雨が強いから……校舎の中にでも入ろっか……」

曜「……」

曜「……ううん、まずは元に戻ろう?」
256: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 18:00:55.22 ID:yrbHvGeK.net
千歌「……」

曜「せっかくあの日と同じくらい強く降ってるんだし……」

千歌「……」

曜「……ね?」

千歌「ううん」

千歌「もとには戻らない……」

曜「……え?」
257: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 18:01:24.04 ID:yrbHvGeK.net
曜「……なんで……」

千歌「千歌ちゃんが死ぬ必要なんて……無いから……」

曜「……え、ど、どういう……」

千歌「私が千歌ちゃんの全てを背負って死ぬの」

千歌「千歌ちゃんは生活環境も変わるし……私の身体だから不便もかけるだろうし……」

千歌「突拍子の無い話だけど……きっと千歌ちゃんのお母さんや私のママも二人で真剣に話を伝えれば信じてくれるよ」

千歌「Aqoursの皆だって……」
258: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 18:01:53.39 ID:yrbHvGeK.net
曜「そうじゃ無い……」

曜「そうじゃ無いよ……」

曜「なんで曜ちゃんは……そんなこと簡単に言えちゃうの……?」

千歌「私は千歌ちゃんが好きだから」

千歌「千歌ちゃんだけは死なせちゃいけないんだよ」
259: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 18:02:21.03 ID:yrbHvGeK.net
千歌「私の命より大事だから」

曜「ま、待ってよ!」

曜「千歌だって同じ気持ちで……」

千歌「ううん」

千歌「同じ気持ちじゃないよ」

曜「え……」
260: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 18:03:14.98 ID:yrbHvGeK.net
千歌「だって私千歌ちゃんに何度も告白してフられてるもん」

千歌「だから千歌ちゃんより私の方が……」

曜「ち、違うよ……!」

千歌「ううん」

曜「そんなの嘘!それは私の寿命が……」

千歌「そんなこと無い!」

曜「……」
261: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 18:04:33.59 ID:yrbHvGeK.net
曜「……」

千歌「そんなこと無いよ千歌ちゃん」

千歌「この恋は私の一方的な恋で」

千歌「千歌ちゃんは私の事……」

曜「大好き!!!」

千歌「!?」
262: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 18:05:00.87 ID:yrbHvGeK.net
曜「曜ちゃんの事が大好きだよ!」

曜「この世界でいちばん大好き!愛してる!」

千歌「な、なんで……」

曜「千歌も曜ちゃんのためなら命だって捨てられる!」

曜「曜ちゃんの事が何よりも大事なの!!!」

曜「だから……」
263: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 18:05:28.26 ID:yrbHvGeK.net
曜「だから、曜ちゃんが死んじゃったら……千歌もさっきの曜ちゃんと同じくらい……」

曜「……ううん、曜ちゃんよりも悲しいよ」

千歌「……」

千歌「……千歌ちゃん……なんで……」

千歌「なんで言っちゃうのぉ!」
264: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 18:05:56.81 ID:yrbHvGeK.net
千歌「……そんなこと……言われちゃったら私……」

千歌「私……千歌ちゃんの前で泣いちゃうよぉ……」ポロポロ

千歌「うぅ……ひぐっ……」

曜「大丈夫だよ」

曜「雨で……涙なんか分からないから……」
265: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 18:06:25.17 ID:yrbHvGeK.net
千歌「もう……頭の中ぐちゃぐちゃだよ……」

千歌「うぅ……うあぁ……」

曜「だから……ね?」

曜「私に身体……返して?」
266: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 18:06:59.56 ID:yrbHvGeK.net
千歌「やだ!」

曜「曜ちゃん!」

千歌「絶対やだ!返さない!」ダッ

曜「ちょっ!逃げないで!」ダッ

千歌「来ないで……追いかけてこないでよ千歌ちゃ……」

フラッ

千歌「あっ……」

曜「曜ちゃ……」

ガンッ
267: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 18:15:29.99 ID:yrbHvGeK.net
曜「……いっ……」

千歌「いてて……」

曜「……!?」

千歌「……あ……」

曜「……そんな……」

千歌「元に……戻ってる……!」

曜「嘘……なんで……!」
268: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 18:16:01.94 ID:yrbHvGeK.net
グイッ

千歌「痛っ!引っ張らないで……」

ガンッ

千歌「痛いっ!」

曜「え……何で……?」

千歌「な、何するの曜ちゃ……」
269: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 18:17:05.93 ID:yrbHvGeK.net
ガンッ

千歌「痛っ!」

曜「あ、あのときもこうやって雨の中あたまをぶつけ合ったら入れ替わったんだよね?」

ガンッ

曜「じゃあなんで今度は……」

千歌「曜ちゃん!」
270: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 18:17:34.29 ID:yrbHvGeK.net
ガンッ

曜「何で!」

ガンッ

曜「何で!!」

ガンッ

曜「何で!!!」

千歌「曜ちゃん!!!」バッ
271: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 18:18:03.86 ID:yrbHvGeK.net
曜「っ!」

ドシン

曜「はぁーっ、はぁーっ」

千歌「もうやめて……」

千歌「痛いよ……」

曜「なんで……」

曜「なんで入れ替わらないの……」
272: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 18:18:30.56 ID:yrbHvGeK.net
曜「そんな……このままじゃ……」

曜「千歌ちゃんが……」

千歌「……」

曜「千歌ちゃんが……死んじゃうよ……!」

曜「どうしよう……!どうしよう!!どうしよう!!!」

曜「千歌ちゃんが死んじゃうよ!何で!!」

曜「どうすれば良いの!?私は!!!」

曜「このままじゃ!!!千歌ちゃん!!!」

曜「ねえ千歌ちゃん!私はどうすれば……!!!」
273: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 18:18:59.06 ID:yrbHvGeK.net
千歌「……」

千歌「落ち着いて、曜ちゃん」

千歌「……千歌は死んじゃうけどね、曜ちゃんは生きてるでしょ?」

千歌「だから曜ちゃんには、皆が忘れないように時々千歌を思い出して」

千歌「皆に話してほしいな」

千歌「千歌があんな事してたよね、あほだったよねって」

曜「……っ!」
274: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 18:19:27.05 ID:yrbHvGeK.net
千歌「だからさ、曜ちゃんには生きててほしいの」

千歌「……お願い、できないかな?」

曜「……」

曜「……嫌だよ」

千歌「……え?」

曜「私は……そんなことしたくない……」

千歌「曜ちゃん……」
275: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 18:20:04.93 ID:yrbHvGeK.net
曜「……何で……」

曜「……何で千歌ちゃんは死ぬのが当たり前だと思ってるのさ!」

曜「生きる事を諦めてるじゃん!」

千歌「……!?」

曜「生きる事を諦めて輝こう何て虫が良すぎるよ!」

曜「違うでしょ?生きることを諦めないから輝けるんだよ!」

曜「なのに端から死ぬ前提なんて……間違ってる……」
276: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 18:20:48.02 ID:yrbHvGeK.net
千歌「曜ちゃん……!」

曜「誰に話したって、千歌ちゃんの死が仕方がないなんて思う人は居ないよ!」

曜「だって千歌ちゃんは死んじゃ駄目だから!」

曜「皆が生きてほしいって願ってるから!」

曜「1分1秒でも長く生きてよ!」

曜「1秒後には何があるか分からないんだよ?」

曜「1秒後には人生最高の瞬間が訪れるかもしれない!」

曜「そんな時が来るのを諦めちゃ駄目なんだよ!」

曜「だから!だから……!」

千歌「うぅ……ひぐっ……」ポロポロ
277: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 18:21:15.02 ID:yrbHvGeK.net
曜「……千歌ちゃん!この世の何よりも千歌ちゃんを愛してる!!!」

曜「私の人生が終わるその時まで!ずっと一緒に居てよ!」

曜「これが私の願いなの!」

千歌「……うう……」

千歌「うあぁ……」

千歌「……曜ちゃん……!」
278: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 18:22:04.02 ID:yrbHvGeK.net
千歌「ごめん……曜ちゃん……」

千歌「ありがとう……千歌……!」

千歌「絶対に死なない!」

千歌「曜ちゃんが死ぬその時まで……ずっと隣に居る……!」

千歌「約束するから!」

曜「……本当?」
279: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 18:22:30.59 ID:yrbHvGeK.net
千歌「うん!」

曜「……ありがとう」

千歌「……ありがとう……ありがとう曜ちゃん!!!」

曜「……」

曜「……千歌ちゃん……」
280: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 18:23:02.38 ID:yrbHvGeK.net
ギュウゥッ

チュゥ……

千歌「うぅ……ん……!」

曜「んんっ……」

千歌「ぷぁっ」

曜「千歌ちゃん……」

曜「どんな事があっても幸せにするから……」
281: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 18:23:30.49 ID:yrbHvGeK.net
千歌「ありがとう……」

曜「もう私達、びしょ濡れだね」

千歌「……うん」

千歌「身体は冷えちゃうけど……曜ちゃんが暖かいから……」

曜「……千歌ちゃん」

千歌「ん?」

曜「愛してるよ」

千歌「……」

千歌「……千歌もだよ」

ギュッ
282: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 18:24:03.10 ID:yrbHvGeK.net
―――――――――――――――
283: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 18:24:30.42 ID:yrbHvGeK.net
数年後

千歌「……」

曜「……千歌ちゃん、心配しないで」

曜「声は出せなくても、思いは伝わるからね」

千歌「……」
284: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 18:24:56.90 ID:yrbHvGeK.net
プルルル

曜「あ、ごめん、電話取ってくるね」

ガチャ

曜「はい、渡辺です」

曜「……」
285: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 18:25:26.56 ID:yrbHvGeK.net
曜「……え」

曜「ほ、本当に……?」

曜「……」

曜「……うぅ……うぁ……」ポロポロ

曜「ありがとうございます!ありがとうございます!」

曜「これで千歌ちゃんも……!」

曜「はい……はい……!ではまた!」

ガチャ
286: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 18:26:10.21 ID:yrbHvGeK.net
ダッ

曜「千歌ちゃん!」

千歌「……」

曜「病気の……治療法が確立されたって!」

曜「また私達、昔みたいに……」
287: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 18:26:37.45 ID:yrbHvGeK.net
終わり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『曜「……今ここで千歌ちゃんのおっぱい触ったらどうなるんだろう……?」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。