善子「私ね、堕天使辞めようと思うの」曜「ええっ!?」鞠莉「オゥ……」

シェアする

ようよしまり-アイキャッチ1
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/27(火) 00:12:13.23 ID:XYggem0J0
鞠莉「どうしたのよ?急に?」


善子「え…だってよく考えたら高校生にもなって堕天使って…あんまりいないじゃない…」


曜「あんまりっていうかいないね…よく考えなくても分かるよ」


鞠莉「そう……善子の一大決心なのね…」


善子「ヨハネよ」


曜「全く抜け切ってないね!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1498489932

元スレ: 善子「私ね、堕天使辞めようと思うの」曜「ええっ!?」鞠莉「オゥ……」

スポンサーリンク
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/27(火) 00:12:47.60 ID:XYggem0J0
曜「辞めるならもっと頑張ろ!?」


鞠莉「でも、善子がそう言うなら仕方ないわね…」


善子「そうよ、私は一般的な女子高生としてやっていくの…!」


鞠莉「そう……寂しいわね……」


曜「そうだね……」


鞠莉「うん……それはとても寂しいことだわ……」


曜「語彙頑張って」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/27(火) 00:13:17.93 ID:XYggem0J0

鞠莉「善子が寂しい事になるのは分かったわ」


善子「……そんなこと言ってない」


鞠莉「前から胸は寂しいけどね、ぷぷっ」


善子「離して!曜さん!一度こいつしばかせて!」


曜「ダメだよ!仮にも理事長だよ!仮にも!
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/27(火) 00:13:51.35 ID:XYggem0J0

善子「はぁ……はぁ……」


曜「善子ちゃん体力ないね……」


善子「う、うるさい……」


鞠莉「善子ならいつでも組み伏せられる…そう気付いた曜の目はいつもより鋭くなっていた……」


曜「なんでそうも無駄なことを思いつくのか」


鞠莉「じゃあ善子も鎮まったことだし……新しいキャラを考えましょう」


善子「は?」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/27(火) 00:14:18.57 ID:XYggem0J0

善子「え…?なんで…?」


鞠莉「だって、善子は堕天使じゃなくなるんでしょう?新しい個性を見つけないと!」


善子「え、だから普通の女子高生に……」


鞠莉「ノンノン、善子の言う通り『普通の女子高生』ならそれでいいかもしれない…でも、私達はスクールアイドル、『Aqours』」


鞠莉「私達が作った場所に…生半可な気持ちで入るのは…許さない」


善子「……」


曜「(めっちゃ適当言ってるなぁ……)」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/27(火) 00:14:45.97 ID:XYggem0J0

鞠莉「と言うわけで、色々新しい個性考えてみましょ!」


善子「いやよ!絶対嫌な予感しかしないわよ!」


鞠莉「そうね……母乳とかどうかしら」


善子「最悪!最悪よそれ!」


曜「母乳系スクールアイドル闇が深いってレベルじゃないよ……」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/27(火) 00:15:13.12 ID:XYggem0J0

鞠莉「じゃあ何か考えなさいよ!全く!」


善子「ぎ、逆ギレ……」


曜「うーん……善子ちゃんオシャレだし、そういう方向で攻めてみたら?」


鞠莉「ええー……まとも……」


善子「貴女がまともな案を出す気がないのは分かったわ」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/27(火) 00:16:07.18 ID:XYggem0J0

善子「でも、気に入ったわ!スクールアイドル界のオシャレクイーンとなるのよ!」


曜「そこはかとなくダサいね」


善子「いずれ何万ものスクールガールを束ねるクイーン…!いいわね…!」




鞠莉「言い方を変えただけで……そのスクールガールって実質リトルデーモンよね?」


善子「……」


曜「……」


善子「……堕天使でいくわ」


曜「はい」





一旦おわり
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/27(火) 00:16:37.19 ID:XYggem0J0

曜「おはヨーソロー!」


善子「おはよう」


鞠莉「曜、グッドモーニン!」


曜「カラッと晴れて…いい朝だね!」


善子「そうね…六月も毎日こうだといいのに…」


曜「あ、私これからヨーソローって言うのやめるね」


鞠莉「うん、ついさっき言ってたわよね?」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/27(火) 00:17:03.74 ID:XYggem0J0
曜「違うよ…!今から…!今からなんだよ!!」


善子「なんで熱くなってんのよ」


鞠莉「また、どうしたのよ」


曜「いやなんかね?メンバーに対するアンケートを取ったらしいんだけどね」


善子「初耳」


曜「私といえば?の項目でよ、ヨー…ヴゥんが99%占めてて……」


鞠莉「いやそこは言っていいでしょ、ヨーソロー」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/27(火) 00:17:31.15 ID:XYggem0J0

曜「私はもっと!違う魅力を!出したいの!」


善子「時々熱くなるのやめて」


曜「と言うわけで、流石にヨー…ヴゥんだけじゃマズイかな~…と思って…」


善子「なるほどね………」


鞠莉「色々あるじゃない、飛び込みやってたり……飛び込みやってたり……」


曜「もっと理解を深めて」
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/27(火) 00:18:00.20 ID:XYggem0J0

善子「これを期に曜さんもリトルデーモン系になると良いわ!」


曜「それはイヤ」


鞠莉「つまり…新しい個性が欲しいと……」


曜「あっ…」


鞠莉「母乳……」


曜「やめろ!!」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/27(火) 00:18:37.58 ID:XYggem0J0

曜「母乳と!学生は!相容れないの!!」


善子「ほら、熱くなっちゃったじゃない」


鞠莉「熱血系で行く?」


善子「あぁ……」


曜「常に!このテンションは!疲れる…の!!」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/27(火) 00:19:20.29 ID:XYggem0J0

鞠莉「ヨーソロー以外の何かが欲しい、母乳は不可ってことね」


曜「的確だね」


鞠莉「わがままね……」


善子「眼鏡とかどう?この前してたじゃない」


鞠莉「え?曜って眼鏡してたかしら?」


曜「あー…このウチに前泊まりに来た時……」


鞠莉「…………」


曜「あー!分かった!鞠莉ちゃんも誘うから!ね?」


善子「家が近かったから!家が近かっただけだから!」
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/27(火) 00:19:49.37 ID:XYggem0J0

鞠莉「いいのよ…後輩2人が結ばれれば…私は1人で天下獲るわよ…」


曜「何の天下なの……」


善子「あー!もう良いじゃない!ヨーソローだの何だの!」


善子「今までの私達を愛してくれた人に支えられて来て私達はここまで来た…違う?」


鞠莉「善子……」


曜「ヨーソロー……」


善子「いくら何でも早すぎでしょ」
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/27(火) 00:20:30.03 ID:XYggem0J0

曜「そうだね……取り敢えず変わらずに、頑張ってみるよ」


鞠莉「いいわよ曜、シャイニーね!」


善子「リトルデーモン2号として…十分な働きをするのよ…!」





曜「あ、ちなみにアンケート善子ちゃんは堕天使、鞠莉ちゃんはシャイニーで9割だったよ」



鞠莉「……」

善子「……」




一旦おわり
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/27(火) 00:21:20.53 ID:XYggem0J0
鞠莉「曜、善子!シャイニー!」


曜「おはよう、鞠莉ちゃん」


善子「おはよう、いい朝ね」


鞠莉「今日は少し寒かったけど…昼頃には気温も上がるって言ってたわ」


曜「お昼なにする?鬼ごっこ?」


善子「馬鹿ね…缶蹴りに決まってるでしょ」


鞠莉「あ、そうだ私理事長辞めることになったから」


善子「あ、そうなの?」
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/27(火) 00:21:54.70 ID:XYggem0J0

曜「それより鬼ごっこだよ、この間缶蹴りして2秒で終わったじゃん!」


善子「かくれんぼをベースにするからダメなのよ!タッチするルールにすればいいのよ」


鞠莉「……」


善子「……」


曜「……」


善子「えっ……マジなの?」
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/27(火) 00:22:26.84 ID:XYggem0J0

鞠莉「違うわ、ここで最適なのは長縄よ」


善子「この話終わったから!仮に続いてても長縄は無いから!飛ぶ人1人だから!」


曜「鞠莉ちゃん、本当なの?」


鞠莉「……」


善子「まさか……学校辞めたりしないわよね?」


鞠莉「……」


善子「嫌よ…そんなの嫌…」
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/27(火) 00:23:00.08 ID:XYggem0J0

曜「一緒に遊べなくなるの…イヤだよ…」


鞠莉「……」


曜「この前家に泊めた時騒ぎ散らかして私だけお母さんに怒られた時は本気で泊めた事を後悔したけど……そんなことどうでもいい!」


善子「そうよ!また3人でツツジの花吸いまくってダイヤにガチギレされようって言ったじゃい!」


鞠莉「……」
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/27(火) 00:23:54.09 ID:XYggem0J0

善子「ちょっとは感謝してたのよ……何でも遊び方を教えてくれるし、危ない時は注意してくれるし……」


善子「それなのに……それなのに……」


曜「善子ちゃん……」


鞠莉「……」トントン


善子「……?」


鞠莉「……」ペラッ


善子「紙…?」


鞠莉「手紙よ…私の想いを全部込めて書いて来た…」


曜「鞠莉ちゃん…」
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/27(火) 00:24:53.56 ID:XYggem0J0

善子「……」ペラッ






『it's joke☆』






善子「……」


曜「……」


鞠莉「jokeよ、joke!そんな真剣になるなんて…ビックリよ?」


鞠莉「ま、可愛い後輩が私の事を思う気持ちは…伝わったわよ?なーんて!」


善子「……」


曜「……」



鞠莉「え、ちょっと2人とも…顔が怖いわよ……」






鞠莉「痛っ!ちょっ!…あぁん///そこつねっても母乳は出ないから!」


鞠莉「イタタタタタタ!!!!ギブギブギブ!!!ごめんなさい!もうしないから!ごめん!ごめん!」



本当におわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『善子「私ね、堕天使辞めようと思うの」曜「ええっ!?」鞠莉「オゥ……」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。