ダイヤ「黒澤9姉妹の日常」千歌「五女なのだ!」

シェアする

千歌-アイキャッチ1
1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/06/29(木) 21:58:13.31 ID:Zqr/IXX8.net
千歌(アンバーは今日ダイヤねえに恩返しをします!)

千歌(厳しいけど、とっても優しいダイヤねえ――)

千歌(小さい頃からいつか大きくなったら恩返しするんだ、って思ってたの)

千歌(だから、今日はアンバーが今までしてもらったことを恩返しするね!)

千歌「待っててね、ダイヤねえ!」

ダイヤ「呼びました?」

千歌「うわっ……!?」

※ 前作記事へのリンクです(管理人)

ダイヤ「黒澤9姉妹の日常」曜「四女!」

元スレ: ダイヤ「黒澤9姉妹の日常」千歌「五女なのだ!」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/06/29(木) 22:01:21.06 ID:Zqr/IXX8.net
千歌「え、えっとダイヤねえはなんでここに?」

ダイヤ「お風呂をいただこうと思いまして」

千歌「っ!」

千歌(これはグッドタイミングだよ! まずはお風呂で恩返ししよう!)

ダイヤ「では、わたくしはお風呂をいただきますわね」

千歌「うん、ごゆっくり!」
6: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/06/29(木) 22:05:56.23 ID:Zqr/IXX8.net
ダイヤ「ふんふーん♪」ヌギヌギ

千歌(鼻歌歌いながら脱衣するダイヤねえかわいい)

ダイヤ「」ガチャッ

千歌「お、ダイヤねえ入ったかな?」

千歌「じゃあアンバーも――」ヌギヌギ

ダイヤ「……誰かいますの?」

千歌「アンバーでーす」

ダイヤ「あぁ、アンバーですの」

ダイヤ「……なんでいますの?」
7: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/06/29(木) 22:08:22.84 ID:Zqr/IXX8.net
千歌「じゃあ失礼しまーす」

ダイヤ「っ!? な、なぜ入ってきますの!?」

千歌「まあまあ、背中流すからあっち向いてて」

ダイヤ「な、なんですの、急に――」

千歌「今日のアンバーはダイヤねえに恩返しするのだ!」

千歌「まずはダイヤねえの身体を洗ってあげるね」

ダイヤ「自分で洗えますわよ!」
9: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/06/29(木) 22:12:19.28 ID:Zqr/IXX8.net
千歌「でもダイヤねえ昔アンバーの身体洗ってくれたでしょ?」

ダイヤ「まあ、アンバーが小さい頃には」

千歌「だからその恩返しなの!」

千歌「ほら、あっち向いてて」

ダイヤ「で、ですから!」

千歌「えいっ」セナカツーッ

ダイヤ「ひゃうっ!?」ビクッ

千歌「恩返しするんだからじっとしてて!」
10: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/06/29(木) 22:16:33.63 ID:Zqr/IXX8.net
千歌「うわぁ、ダイヤねえ肌白い」

ダイヤ「あ、あまりじろじろ見ないでくださる?」

千歌「えー、いいじゃん姉妹なんだしー!」

ダイヤ「姉妹でも恥ずかしいものは恥ずかしいですわ!」

千歌「あ、ダイヤねえの白い肌傷つけないように手で洗うね」

ダイヤ「へ?」

千歌「うりゃー」ヌチャァ

ダイヤ「ひゃあっ!?」
11: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/06/29(木) 22:19:45.35 ID:Zqr/IXX8.net
千歌「どう? ダイヤねえ」

ダイヤ「くすぐったいですわ……!」プルプル

千歌「ダイヤねえの肌すべすべで気持ちいい」

ダイヤ「んぅっ。本当にくすぐったいですわ……」

千歌「あ、ダイヤねえ色っぽい声出してる」クスクス

ダイヤ「だって、声が勝手にぃ、あぁっ♡」

千歌「前の方も洗ってあげるね」

ダイヤ「ま、前は結構ですから! んんぅっ♡」
13: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/06/29(木) 22:23:56.18 ID:Zqr/IXX8.net
――

ダイヤ「はあ、ひどい目にあいましたわ……」

千歌「えー、アンバー頑張ったのに」

ダイヤ「いえ、気持ちは嬉しかったんだけれど――」ガチャッ

ダイヤ「ふふっ」ペリッ

千歌「あ、ダイヤねえプリン食べるの?」

ダイヤ「えぇ、お風呂上りに食べようと取っておきましたの」パクッ

ダイヤ「んんぅ♡ おいしいですわ♡」
14: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/06/29(木) 22:26:30.67 ID:Zqr/IXX8.net
千歌(こ、これはダイヤねえにあーんできるチャンス……!)

千歌(もう少し機を伺おう)ジーッ

ダイヤ「……ん?」

千歌「……」ジーッ

ダイヤ「はぁ、仕方ないですわね」スッ

千歌「え?」

ダイヤ「あーん」

千歌「あ、あーん、ぱくっ」
15: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/06/29(木) 22:34:28.37 ID:Zqr/IXX8.net
ダイヤ「おいしい?」

千歌「うんっ!」

ダイヤ「それはよかったですわ」

千歌「……って、ちがうよ!」

ダイヤ「何が違うんですの?」

千歌「逆だよ逆!」

ダイヤ「逆って? スプーンは逆じゃありませんけど?」
17: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/06/29(木) 22:37:03.97 ID:Zqr/IXX8.net
千歌「じゃなくて逆なの!」

ダイヤ「ですから何が!?」

千歌「アンバーがダイヤねえにあーんするの!」

ダイヤ「……はあ?」

千歌「スプーン貸して」

ダイヤ「いや、自分で食べられますわよ?」

千歌「いいからっ!」
18: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/06/29(木) 22:40:45.32 ID:Zqr/IXX8.net
千歌「ダイヤねえ、あーん」スッ

ダイヤ「いえ、ですから」

千歌「ダイヤねえが食べないんだったらアンバーが全部食べちゃうよ?」

ダイヤ「なっ! プリンを人質に取るなんて……!」

千歌「だから、あーん」

ダイヤ「あ、あーん」パクッ

千歌「ダイヤねえ、おいしい?」

ダイヤ「えぇ、まあ」
19: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/06/29(木) 22:44:07.00 ID:Zqr/IXX8.net
千歌「じゃあもう一口、あーん」

ダイヤ「まだやりますの!?」

千歌「全部食べ終わるまでやるけど?」キョトン

ダイヤ「恥ずかしいんですけど」

千歌「えー、アンバーはダイヤねえに食べさせてもらうといつもよりおいしく感じるのに」

ダイヤ「ま、まあ、それはありますけど……」

千歌「ふふ、じゃああーん」

ダイヤ「あ、あーんですわ」パクッ
21: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/06/29(木) 22:48:21.48 ID:Zqr/IXX8.net
――
ダイヤルーム

ダイヤ「恩返ししてくださるのは嬉しいけど、なんというか恥ずかしいですわ……」

ダイヤ「今日はと言っていましたしもう終わりですわよね」

ダイヤ「さて、そろそろ眠りましょう」

コンコンコン

ダイヤ「? はーい?」

ダイヤ「この時間に尋ねてくるとするとルビィかサファイアかオブシディアンでしょうか……」

千歌「ダイヤねえ! 一緒に寝よう!」ガチャッ

ダイヤ「あ、アンバー!?」
22: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/06/29(木) 22:51:38.53 ID:Zqr/IXX8.net
千歌「えへへ、一緒のベッドで寝るのなんて久しぶりだね、ダイヤねえ?」

ダイヤ「アンバーが小学校入る少し前以来?」

千歌「んーん、最後に寝たのは小学3年生の時」

千歌「アンバーがオブシディアンちゃんと喧嘩したときにダイヤねえがおいでって」

ダイヤ「……そんなこともありましたわね」

千歌「あの時ね、すっごくダイヤねえが温かかったんだ」

千歌「アンバーの話を聞いてくれて、一生懸命考えてくれて」

千歌「おかげで次の日には仲直りできて」エヘヘ
23: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/06/29(木) 22:54:06.00 ID:Zqr/IXX8.net
千歌「あの時のダイヤねえね、こうしてアンバーの頭なでてくれたんだ」ナデナデ

ダイヤ「……よく覚えていますわね」

千歌「だって、すっごく嬉しかったから」

千歌「小学校に入ってからいつもアンバーのこと叱ってダイヤねえはアンバーのこと嫌いになったんだ、って思ってたの」

千歌「けど、本当はアンバーのことすごく思ってくれてるっていうのがわかって」

千歌「ダイヤねえのこともっと大好きになったんだよ」ニコッ

ダイヤ「わたくし、アンバーのことを一度も嫌いだなんて思ったことありませんわよ?」ナデナデ

千歌「ん、ありがとう」
24: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/06/29(木) 22:57:16.08 ID:Zqr/IXX8.net
千歌「ダイヤねえ」

ダイヤ「なんですの?」

千歌「あのね」

ダイヤ「?」

千歌「だいすきっ!」モギュッ

ダイヤ「っ!」

ダイヤ「わたくしも大好きですわよ、アンバー」ナデナデ
25: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/06/29(木) 22:59:43.73 ID:Zqr/IXX8.net
千歌「えへへ、すぅ、すぅ……」

ダイヤ「もう、寝てますの!?」

ダイヤ「寝つきがいいのは昔から変わっていませんわね」クスクス

ダイヤ「少し恥ずかしかったけれど、恩返し嬉しかったですわ」ナデナデ

ダイヤ「あんなに小さかったアンバーがこんなに大きくなりましたのね」ナデナデ

ダイヤ「おやすみなさい、アンバー」
26: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2017/06/29(木) 23:02:48.87 ID:Zqr/IXX8.net
――
翌日

千歌「待てー! アクアマリンちゃん!」ドタドタ

ダイヤ「……なんの騒ぎですの?」

果南「あ、ダイヤ! アンバーが一緒にお風呂に入ろうとしてきて!」

ダイヤ「一緒にお風呂に――あぁ……」

千歌「今日はアクアマリンちゃんに恩返しするのっ!」

ダイヤ「って言ってますわよ?」

果南「でもこの歳で一緒にお風呂は恥ずかしいって!」

千歌「待てー! アクアマリンちゃん!」ドタドタ

ダイヤ「ふふ、あまり家の中で暴れてはいけませんわよー」クスクス

おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『ダイヤ「黒澤9姉妹の日常」千歌「五女なのだ!」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。