ことり「おねショタって良いよね……」

シェアする

虎太郎-アイキャッチ1
1: ◆0gNrSCsr7k 2015/08/02(日) 01:23:55.33 ID:JXTRUItYO
にこ「………………」


ことり「………………」


にこ「…………ん?んー……んん?えーと、お、おう。せやな」


ことり「わぁ、にこちゃん急に話振られたからって反応雑ぅ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1438446235

元スレ: ことり「おねショタって良いよね……」

スポンサーリンク
2: ◆0gNrSCsr7k 2015/08/02(日) 01:27:03.44 ID:JXTRUItYO
にこ「いやいや、仕方ないじゃない。なんか日常会話で耳にしないワードが飛び込んできたんだから。……で、何だって?」


ことり「おねショタ。にこちゃん知ってる?」


にこ「まぁ、知識としては。姉弟の恋愛とか……そんな感じでしょ?」


ことり「うーん、20点かな?」


にこ「あら厳しい。じゃあ何なの?」


ことり「そうだなぁ……。とりあえず前置きから話しておこうか?」


にこ「そうね。話の振りが唐突だったからまだ付いて行けてない部分もあるし」


ことり「この間ね?Pixiv見てたの」


にこ「いきなりメタいわね!!」
3: ◆0gNrSCsr7k 2015/08/02(日) 01:29:03.62 ID:JXTRUItYO
ことり「メタ?」


にこ「えっ? あー……んー……?」


ことり「もうっ、にこちゃん、話の腰折っちゃヤダよ?」


にこ「ご、ゴメンゴメン。そうね、別にPixivくらい現代社会なら存在してるわね。私の早とちりだったわ。続けて?」


ことり「うんっ!それでね?私と虎太郎くんのおねショタ漫画が投稿されてたんだけどね?」


にこ「やっぱりメタじゃないのよ!」
4: ◆0gNrSCsr7k 2015/08/02(日) 01:30:57.99 ID:JXTRUItYO
ことり「にこちゃんに内緒で私が虎太郎君を襲っちゃう内容なんだけど、その背徳感たっぷりな感じにキュンキュンきちゃって」


にこ「よくも私の前で話せたわね……」


ことり「やだなぁ、こんな話にこちゃんにしか出来ないよぅ♥」


にこ「私だからしちゃ駄目だと思うんだけど」


ことり「それだけにこちゃんを信頼してるってことだよ?」


にこ「そう?ありがとう。私は今あんたを一生家に入れない決意を固めてるところなんだけど」


ことり「それでね?にこお義姉ちゃん」


にこ「ぶっ飛ばすわよ!?」
5: ◆0gNrSCsr7k 2015/08/02(日) 01:33:30.43 ID:JXTRUItYO
ことり「まぁ、冗談はこれくらいにして……」


にこ「え?何が冗談?どこからが冗談?ヤダなぁ、本気にしちゃったじゃない」


ことり「おねショタについてなんどけどね?」


にこ「どこからが冗談だったのよ!?」


ことり「にこちゃんは姉弟の恋愛って言ったけど、別に実姉じゃなくてもおねショタにはなるの」


にこ「私の質問は受け付けないスタイルな訳ね……。まぁいいわ。で、実姉じゃないって言うと?」


ことり「そうだなぁ……近所のお姉さんとか、習い事の先生とか……」


にこ「ふむふむ」


ことり「姉の友達の女の子とか」


にこ「ねぇ、わざとやってない? わざとやってない?」
11: ◆0gNrSCsr7k 2015/08/02(日) 09:17:46.91 ID:nCqZDOvoO
ことり「おねショタって言うのは男の子と年上の女の人の組み合わせに使われるから、最悪一歳差でも成り立つの」


ことり「10歳の男の子となら、30代の女性でも、中学生の女の子でもOKなんだよね」


にこ「ふぅん……」


ことり「それでね?まぁ、年齢の幅は色々あるんだけど……とりあえず今回は、私の好みである高校生と小学生くらいの差の話で進めるね?」


にこ「進めないでよ。着々と虎太郎に標的絞ってきてるじゃない」


ことり「でもにこちゃん、にこちゃんソックリのショタなんて薄い本の餌食になるしか活用法がないよ!」


にこ「活用法とか言うんじゃないわよ!ただでさえ虎太朗は風当たりが強いのに!」


ことり「そんなの気にすることないよ!そんな文句言ってる人だってどうせ、にこちゃんが援交したり、にこちゃんがどこぞの馬の骨に唆される内容の本買ってるよ!」


にこ「なんで私を例に出した!?」
12: ◆0gNrSCsr7k 2015/08/02(日) 09:28:36.94 ID:nCqZDOvoO
にこ「あぁもういいわよ。知らない知らない」


ことり「え。ま、待ってよぅ」


にこ「待たない。この話はお終いよ。はいチュンチュン」


ことり「に、にこちゃんっ!」


にこ「な、何よ」


ことり「ことりは……ことりはね?ただお話を……最近好きになったジャンルについて雑談をしたいだけなのっ」


にこ「む……」


ことり「誤解させちゃったかもしれないけど、虎太郎君をどうこうしたいとかじゃなく、ただイメージとして挙げただけなのっ」


にこ「イメージとして挙げるのもどうかと思うけど」


ことり「こんな話ハノケチャンや……ンミチェァには出来なくて……」


にこ「しっかり発音しなさい」
14: ◆0gNrSCsr7k 2015/08/02(日) 10:41:02.84 ID:sGz4msWQO
ことり「にこちゃんなら、ちゃんと聞いてくれるし、返してもくれるって思って……」


にこ「…………」


ことり「駄目……かな?」


にこ「……仕方ないわね。ただし、調子乗ってあんま変な事言うんじゃないわよ?」


ことり「うんっ!ありがとうにこちゃん!やっぱり、ことにこ不仲説なんて嘘だったんだね!」


にこ「……不仲だったらわざわざこうやって衣装作り手伝いに来ないわよ。ったく」


ことり「えへへー、にこちゃんは優しいね」


にこ「う、うるさいわね。話したいんでしょ?さっさとしなさいよ」
17: ◆0gNrSCsr7k 2015/08/02(日) 11:56:01.93 ID:sGz4msWQO
ことり「そうだね。……でも、何からどう話そうかなぁ」


にこ「とりあえず、あんたの感じてる魅力がイマイチ伝わらないのよね。私ってば、どっちかと言えば歳上好きだし」


ことり「あー……そっかぁ。にこちゃん2014年の6位だもんね?」


にこ「誰が援交の話をした」


ことり「にこちゃんはパパの愛に飢えて同じ位の年齢の人をパパ♥って……」


にこ「凄いところ抉っていくわね!?話止めるわよ!?」


ことり「ご、ゴメンゴメン!そうだよね、にこちゃんの好みは本当は歳下のツンデレ赤髪だよね!」


にこ「ピンポイントね!違うわよ!」


ことり「え……じゃあ、歳下の脳トロボイス?」


にこ「百合から離れなさい。だいたい、あんたも同じ穴のムジナでしょうが7位!」


ことり「えへへ。そうだね、お揃いだね!」


にこ「嬉しくないわよ」
19: ◆0gNrSCsr7k 2015/08/02(日) 15:29:12.47 ID:TiLtQMQbO
>>18
にこ「納得いかねぇ」
20: ◆0gNrSCsr7k 2015/08/02(日) 15:45:15.42 ID:TiLtQMQbO
にこ「……そういや、最近好きになったジャンルって事は、別にあんた自身がショタ萌えになった訳じゃないのよね?」


ことり「うーん、そだね。まぁショタも嫌いじゃないけど……私が好きなのはあくまでショタ×お姉さんってシチュだから」


にこ「例えばどんな?」


ことり「変な雰囲気になって歯止めが効かなくなるってパターンが萌えるなぁ。ちょっとからかうだけのつもりだったのに、虎太朗くんの反応があまりに可愛くてもう少し、もう少し……って」


にこ「固有名詞を出すな。……ていうか、それは普通の恋愛とは違うの?」


ことり「違うよぉ。じゃあ……虎太郎くん×凛ちゃんで考えてみよっか」


にこ「もう虎太郎にはつっこまないけど……なんで凛?言っちゃ悪いけど、お姉さんからは一番遠いんじゃない?」


ことり「そういうタイプが逆にいいのです。では今回、虎太郎くんは小学5年生。凛ちゃんとはよくサッカーして遊ぶ仲とします」


にこ「あー、なんかありそう」


ことり「ある日虎太郎くんは友達と河原で遊んでいる時にえっちな本を見つけ、読んでしまいます」


にこ「読んでしまいます、じゃないわよ」
23: ◆0gNrSCsr7k 2015/08/02(日) 18:03:31.30 ID:AC75Z00zO
ことり「えっちな本をこっそり服の中にしまって帰宅すると、凛ちゃんが家に遊びに来ていました。こころちゃん、ここあちゃんは部活でまだ帰っていません」


にこ「なんて都合のいいシチュエーションなのかしら」


ことり「仕事で帰りが遅くなるにこちゃんやお母さんの代わりに、よく遊びに来る凛ちゃんがご飯を作ってくれることは偶にあることでした」


にこ「ねぇ、なんか胸が痛いんだけど」


ことり「凛は、この本に書いてる事……したことある?そう言われて戸惑ってしまう凛ちゃん。
した事は……無い。無いけれど、ここでそう正直に答えてしまうのは負けた気がする。この子は、虎太朗は自分を年上の女性と、自分の知らない世界を知る人だと考えて聞いているのだ。
「あ、あるよ。当然にゃ!」
少し鼻息が荒くなる。顔が熱くなっているのがわかる。頬は紅くなっていないだろうか、嘘がバレていないだろうかと不安に駆られる。
「へ、へぇ……そうなんだ」
「……興味、あるの?」
「っ!」
何を口走っているのか。
この子の視線に、服の下を見透かそうとしているかの如く開かれた目に浮かされてしまったのか。自分を見つめる目が、緊張で乾く唇を舐める舌を追うように動く……」


にこ「何!?何が始まったの!?」
28: ◆0gNrSCsr7k 2015/08/02(日) 21:07:06.77 ID:AC75Z00zO
ことり「

「触って……みる?」

「う、うん……」

ごくり。生唾を飲む音が聞こえた。虎太朗の頬は紅潮し、こちらへ伸ばしてくる手は震えている。その小さな手が、不安そうに眉を下げるその顔が、堪らなく愛おしく感じた。

(可愛い……)

頬が緩む。少しだけ緊張の解けた凛は、自分の胸の手前で固まっている手を掴み、クイっと自分側に引きつけた。

「あっ……」

「んっ……」

触ってしまった。触らせてしまった。
その衝撃に2人は同時に小さく声を漏らした。
信じられないくらい大きく高鳴る凛の心臓。
その音は押し付けられたこの手のひらから、どうしていいか分からず小刻みに揺れ動くこの手から、きっと虎太朗にも伝わっている。

「ど、どうにゃ……?」

何を期待して聞いたのか。幼い、拙い感想を聞きたかったのか。少しだけ自慢気に尋ね、虎太朗を見る。
しかし、彼の表情は違った。何故かキョトンと、首を傾げている。

「あ、あれ?ど、どうし――」

「……なんか、思ってたより硬い?」

「は、はぁっ!? そんなこと……! あ、ブラ! ブラ着けてるからだよ! 待って、今脱ぐから!」

「え、えぇっ!? い、いいよ別に!」

「良くない! 凛硬くないもん! 柔らかいし貧乳でもにこちゃんよりはあるもん!」

そう言って凛は自分の服を捲り上げてわっふるわっふる」


にこ「…………」


ことり「…………」


にこ「……え!?続きは!?」
30: ◆0gNrSCsr7k 2015/08/02(日) 23:18:22.81 ID:YdE1h2e20
ことり「お、にこちゃんハマった?」


にこ「ハマってないわよ!?うちの弟が今まさに襲われかけてんのよ!?どうなるのよ!」


ことり「ひとまずこのお話はこれでチュンチュンなのです」


にこ「チュンチュンて!」


ことり「ちなみに、このようにお互いが余り知識のないままイケナイ関係になることを『おねショタ無知ックス』と言います」


にこ「『無知ックス』!?この後虎太朗をどうするつもりなのよ!?続き教えなさいよ!」


ことり「……正直これから先は濡れ場になる妄想しか出来ないし、流石にそれを私の口から垂れ流すのは恥ずかしいなぁ」


にこ「今更?今更恥じらいを持ってんの?」


ことり「私×虎太朗くんによる、歳上主導のパターンも話したいんだけど、歳上主導だとどう妄想してもえっちなシーンになっちゃうんだよねぇ」


にこ「なっちゃうんだよねぇ、じゃないわよ」


ことり「まったく、虎太朗くんには困ったものだね」


にこ「人の弟犯しといて凄まじい言い掛かりね……」
31: ◆0gNrSCsr7k 2015/08/02(日) 23:22:18.07 ID:YdE1h2e20
ことり「で、どう?にこちゃん。ドキドキした?おねショタ萌えた?」


にこ「…………正直おねショタ以前に、女に目覚めた凛にドギマギしたわ」


ことり「やっぱりクソレズかぁ」


にこ「クソレズ!?ていうかそれアンタが言う!?」


ことり「にこちゃん。それはそれ、これはこれ、だよ」


にこ「な、何一つ弁明になってない……!」


ことり「うーん……やっぱりにこちゃんを引きずりこむのは難しいかぁ」


にこ「ていうか、実弟がいる以上、私とか1番おねショタハマったらいけない人物じゃない」


ことり「それはそうなんだけどぉ……」


にこ「ん?」


ことり「だって……あのね?にこちゃんがハマってくれたら……その、もっとにこちゃんと色々お話出来るかなって……」


にこ「ことり……な、なによ急にしおらしくなっちゃって」
32: ◆0gNrSCsr7k 2015/08/02(日) 23:34:41.72 ID:YdE1h2e20
ピンポーン


<ただいまー


ことり「あ、虎太郎くん帰ってきたね」


にこ「ホントだ。……あれ?私、手伝いに『来て』たんじゃ……?」


ことり「やだなぁ。ここは初めからにこちゃんの家だよ?」


にこ「でも確かに>>14の書き方だと」


ことり「にこちゃん!!


にこ「は、はいっ!」


ことり「過去は振り返っちゃダメ!今起こっていることを大事にしなきゃ!」


にこ「……そ、そうね」


ことり「人は……間違いを犯すものなんだから」


にこ「あ。やっぱミスなんだ。……あれ?でも何で誤魔化してまで私の家設定にして……」


ことり「虎太郎くん、お帰りーっ♥」


にこ「ん?なんか声甘ったるくなってない?」
33: ◆0gNrSCsr7k 2015/08/02(日) 23:41:33.30 ID:YdE1h2e20
虎太郎「あ。ことりー、ただいまー」


にこ「虎太郎?お姉ちゃんにただいまは?」


ことり「虎太郎くん。んっ♥」


虎太朗「んー」


にこ「なんでナチュラルに膝に座るのよ。いつの間に仲良くなってんのよ」


ことり「ちょっと前からだよねー?」


虎太朗「ねー」


にこ「……ねぇ、本当にアンタはショタコンじゃないのよね?さっきまでの話は妄想でいいのよね!?」


ことり「さっきまでのは妄想だよぉ」


にこ「ショタコンも否定しなさいよ!……違うわよね?」


ことり「ヒ・ミ・ツ♥」


にこ「かっ……帰れぇえええぇえええっ!!」




おしまい(・8・)
34: ◆0gNrSCsr7k 2015/08/02(日) 23:47:56.58 ID:YdE1h2e20
おねショタとことにこにハマったから書いたけどこれ……ことにこではないなぁ……
読んでくれてありがとうございました


にこ「真姫が私の事好きすぎて生きるのが辛い」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1406565662/

にこ「printempsって、性欲強そうよね」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1423197561/

希「のぞにこ」にこ「乙女式お悩み相談室っ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1432742769/

※ タイトルがクリックできる物は当サイト内記事へのリンクです(管理人)

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
ことり「おねショタって良いよね……」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『ことり「おねショタって良いよね……」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。