曜「鞠莉ちゃんお味噌汁理論」

シェアする

鞠莉-アイキャッチ12
1: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 12:45:23.69 ID:/GTTNoMq.net
曜「いただきまーす」

鞠莉「召し上がれー」

曜「どれどれ…」ズズ…

鞠莉「…」ドキドキ

曜「うん、美味しい!」

鞠莉「…!ほんとに?」

曜「ほんとほんと。また腕を上げたね!」

元スレ: 曜「鞠莉ちゃんお味噌汁理論」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 12:46:41.37 ID:/GTTNoMq.net
鞠莉「ふふ、よかった」ニコ

鞠莉「じゃあ私も、いただきまーす」

曜「召し上がれー。うーん、本当に美味しい。これなら我が家のお味噌汁担当大臣に任命できるね!」

鞠莉「大袈裟ね、どんな大臣よ」クス

鞠莉「でも、私の仕事と言ったら最後に味噌を溶かすだけで。具材や出汁の加減は曜にやってもらってるから…」
3: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 12:47:26.50 ID:/GTTNoMq.net
曜「いやいや、何事も仕上げが肝心だからね。美味しく出来たのは鞠莉ちゃんのおかげだよ。大臣の素質、充分にアリだね!」

鞠莉「まぁ。曜もおだてが上手になって」クス

曜「おだててなんかないって。いい塩梅でとっても美味しいもん。毎日飲みたいくらいだよ」

鞠莉「…ふふ。それ、決め台詞としては随分と古典的じゃないかしら?」

曜「でも事実だし…あれ、ひょっとして鞠莉ちゃん、照れてる?」

鞠莉「そ、そんなんじゃないわ」

曜「頬が緩んでるよ?」

鞠莉「えっ」パッ

曜「かかったね。やっぱり照れてたんだ」ニヤ

鞠莉「えっ?あっ…!」

曜「これは『一本取った』ってやつかなー」ニマニマ

鞠莉「…んもぅ!からかうようなこと言ってないで、冷めないうちに食べる!」マッカ

曜「ふふ、はーい」ニコニコ
4: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 12:48:11.91 ID:/GTTNoMq.net
鞠莉「それにしても、デミグラスソースのハンバーグにお味噌汁って、よく考えると不思議よね」

曜「あ、スープの方がよかった?」

鞠莉「そうじゃなくて。洋風のデミグラスに、お味噌汁が不思議とマッチしてるってことよ」

曜「ああ、言われてみれば確かに。セットメニューとして定着してるもんね」

鞠莉「そうそう」

曜「鞠莉ちゃんがいつか言ってた、和と洋の融合ってやつじゃないかな。なんだっけ、ハイグリッド?」

鞠莉「惜しい、ハイブリッドよ」

曜「あーそれそれ。懐かしいね、鞠莉ちゃんたらこスパ理論」

鞠莉「なにそれ、どんな理論よ」クスクス

曜「和と洋のハーフである、鞠莉ちゃん自身がたらこスパって理論」

鞠莉「待って、流石にそれは意味がわからないわ」
5: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 12:49:07.24 ID:/GTTNoMq.net
曜「言われてみれば、お味噌汁ってどんな食材も使えるし、それでいて何にでも合うよねー」

鞠莉「待って待って、私をたらこスパにしたまま話を進めないで」

曜「和食は当然だけれども、ハンバーグにもカレーにも、ホイコーローにも合う」ムムム

鞠莉「曜、よーう?」オーイ

曜「どんな具材でも包み込む調和性と、相手を選ばずグローバルに活躍する適応性…もしかして、鞠莉ちゃんたらこスパ理論改め、鞠莉ちゃんお味噌汁理論なのでは!?」ヨーソロー

鞠莉「曜、今日のあなたは一体どこに向かっているの?」
6: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 12:49:47.29 ID:/GTTNoMq.net
曜「…とまぁ、慣れないボケはこのくらいにしてっと」

鞠莉「話を収める前に、私としてはたらこスパ理論の修正をお願いしたいんだけど」

曜「もう、鞠莉ちゃんのボケ殺し。もっとしっかり突っ込んでよー」モグモグ

鞠莉(今日の曜、ちょっとテンション高めじゃない?)

曜「うん、おいし♪お味噌汁、お代わりしよっと」

鞠莉「あ、私がやるから座ってて」ガタ

曜「いいの?えへへ、お願いします」

鞠莉「はーい、待っててね」スッ

鞠莉(…ん?大好物のハンバーグにしては、珍しく箸が進んでないわね。お味噌汁は2杯目なのに)
7: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 12:50:51.70 ID:/GTTNoMq.net
鞠莉「よっ、と。残りが少ないと、具が偏っちゃうなぁ」

鞠莉「…」チラ

曜「~♪」

鞠莉(なんだかご機嫌ね、嬉しいことでもあったのかな)クス

鞠莉「はい、お待たせ」

曜「ありがと!」パァァ

鞠莉「ふふ、どういたしまして♪」
8: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 12:51:50.05 ID:/GTTNoMq.net
曜「んー、お代わりも美味しいな~♪あっ、さっきの話に戻るんだけどさ」

鞠莉「戻っちゃうんだ。どこまで戻るの?」

曜「お味噌汁はどんな具でも合うってところだよ。聞いた話だけどね、ブロッコリーを入れたり、トマト入れたりするご家庭もあるんだって」

鞠莉「それは流石にオーソドックスとは言えない気がするけど」

曜「お店でも見かけないしねー、でもトマトはおでんになるくらいだしなぁ…」ムー

曜「そうだ!せっかくだし今度試してみようよ」

鞠莉「えぇ…トマト、ねぇ。うーん…それ自体は良くても、相手を選ぶお味噌汁になっちゃいそうだけどなぁ」

曜「大丈夫だよ、お味噌汁の力を信じてヨーソローしてみよう」

鞠莉「その信頼度は一体どこから来るのよ」
9: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 12:52:45.12 ID:/GTTNoMq.net
曜「ところで、明日は戻りは5時半くらいだよね?」

鞠莉「ん、そのくらいだと思う」

曜「実は、冷蔵庫が空っぽで。よければ買い物手伝ってもらいたいんだ。学校終わりで疲れてるところ悪いんだけど…」

鞠莉「学校があるのは曜も同じでしょ。私じゃ荷物運びくらいしか役に立てないと思うけど、そのくらいは手伝わせて」

曜「いいの?ありがと!じゃあ、明日は駅で待ち合わせだよ」

鞠莉「駅ね。わかったわ、遅れないようにするわね」

曜「うん!ああ、お味噌汁幸せ~♪」パァァ

鞠莉(どんないいことがあったのかわからないけど、今日の曜はしっぽ振って喜ぶワンちゃんモードね)クス
10: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 12:53:47.23 ID:/GTTNoMq.net
○翌日・駅

ガヤガヤ

鞠莉「ただいま17時29分。予定通りって感じね」

鞠莉「えっと、曜はどこかな…」

曜 キョロキョロ

鞠莉「あ、いたいた。ようー」

曜「あっ、鞠莉ちゃーん!」ブンブンブン

鞠莉「あらあら」

鞠莉(あんなに振ったら、手が千切れちゃうわよ)クスクス
11: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 12:54:32.68 ID:/GTTNoMq.net
曜「おかえりっ!なに笑ってるの?」

鞠莉「ん、やっぱり曜は可愛いなって思ってね」ニコニコ

曜「えー、いつも通りのつもりだけど、急にどうしたの?」

鞠莉「さぁね、私がそう感じたってこと♪」

曜「むー、なんかよくわからないけど、まぁいっか!今日はお付き合いの程、よろしくお願いします」

鞠莉「こちらこそ、色々教えてね。手、繋ごう」スッ

曜「うん!えへへ…」ギュ
12: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 12:55:16.70 ID:/GTTNoMq.net
曜「今日はね、駅の向こう側のスーパーに行くんだ」

鞠莉「いつも行ってる、あのお店じゃないのね」

曜「うん。家からは少し遠くなっちゃうけど、今日行く所の方が安いし、品数も豊富で面白いんだ」

鞠莉「なるほど。でもそっちに行くと荷物が多くなっちゃうし、距離もあって大変ってわけね」

曜「ご明察です。ま、こうやって悪いことばかりじゃないね。ふふっ」ニコニコ

鞠莉「んー?」
14: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 12:56:13.00 ID:/GTTNoMq.net
◯スーパー・レジ前

曜「空いてそうなレジは…あ、あそこにしよう」

鞠莉「賑わってるだけあって、レジも混んでるわね」

曜「そだねー。あ、しまった。とろけるチーズを取り忘れちゃった」

鞠莉「私が行くわ。曜はこのまま並んでて」

曜「乳製品コーナーの端っこの方にあったと思うから、お願いできる?」

鞠莉「任せて。行って来るわね」スタスタ

曜(…)

曜(ふふっ、昨日は鞠莉ちゃんのお味噌汁。今日は一緒にお買い物)

曜(なんか、嬉しいな)ニコニコ
15: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 12:57:07.34 ID:/GTTNoMq.net
鞠莉「ようー」スタスタ

曜「あっ。ありがと…あれ、無かった?」

鞠莉「うん、探したけど無いみたい」

曜(そんなはずはないと思う…)

曜「ちょっと交代で。見てくるから、並んで待っててね」スッ

鞠莉「はーい」チェンジ

鞠莉(…)

鞠莉(買い物も結構大変なのね…今後のメニューを頭の中で思い描いて、必要な食材を選ばなきゃいけない上に、賞味期限や量、予算といった制約もある)

鞠莉(それに加えて、荷物は自力で持って帰らなきゃいけない。曜はそつなくこなしてるし、辛そうなそぶりは見せなかったけど…知らない所で負担かけちゃってたかな)ウーン
16: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 12:57:54.95 ID:/GTTNoMq.net
曜「まりちゃーん」スタスタ

鞠莉「あら、お疲れさま…あれ、あったの?」

曜「うん、探したらすぐ見つかったよ。売り場のここの、この辺り」ジェスチャー

鞠莉「…私の時はなかったの」プイ

曜「んふふ。見つけられなかったって、素直に言えばいいのに」ニコニコ

鞠莉「面目無いもん…」

曜「ふふっ。あ、順番来たから行くよ」

鞠莉「んー…」
17: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 12:58:45.87 ID:/GTTNoMq.net
…………………

鞠莉「これだけの荷物を、一人で持って歩くのは大変ね」

鞠莉「今は袋の持ち手を片方ずつ持ってるけど、それでも手が少し痛いくらいだし」

曜「そうなんだよね。体力が自慢の私だけど、スポーツの疲れとは違うんだ、こういうのって」

曜「でも、今日は手伝ってくれてありがとね!憧れてたんだ、この袋の持ち方も」ヘヘ

鞠莉「いつも私のためにありがとう。手伝ってハッとしたわ。つい任せっぱなせにして、曜の大変さをわかってあげられなかったのかもしれないなって…」

曜「ん、そう思ってもらえるだけで嬉しいよ!でも、そこは私たち、って言って欲しかったかな」

鞠莉「ふふ、そうね。訂正します。いつも私たちのために、ありがとう」

曜「こちらこそ、一緒に居てくれてありがとう!」ニコッ
18: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 12:59:37.01 ID:/GTTNoMq.net
…………………

曜「というわけで、本日いただくトマト味噌汁がこちらです。スリルを大事にしたかったので、鞠莉ちゃんには味見せず、目測のみで味噌を溶かしてもらったわけですが」

鞠莉「見た目から来る違和感が凄いわね。頭の中の私が『これは違う』って叫んでるみたい」

曜「調べたら、トマトってナスの親戚なんだって。ナスは味噌汁の王道だからきっとイケるよね、うん」

鞠莉「心なしか、昨日はあんなにヨーソローしてた新説への信頼が翳ってるようだけど」

曜「大丈夫、大丈夫だよ。私は鞠莉ちゃん担当大臣と、鞠莉ちゃんお味噌汁理論を信じてる」

鞠莉「その理論に私の名前を使うのやめてほしいんだけど」

曜「そう、信じてるよ…どんな具材であったとしても。お味噌汁は、鞠莉ちゃんみたいに優しく美味しく包み込んでくれるって!」

鞠莉「その例えが…もういいわ」
19: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 13:02:07.56 ID:/GTTNoMq.net
曜「じゃあ…行きますか」

鞠莉「ええ…」

ようまり「いただきます」ズズ…モグ…

曜「!」

鞠莉「あっ、意外」

曜「うん。面白い仕上がりだね、これ」

鞠莉「見た目と酸味が少し気になるけど、美味しい」モグモグ

曜「味噌とトマトが、お互いの美味さを引き立てあってるね」

鞠莉「これなら、とろけるチーズをのせてもいいかもね。チーズと味噌はマッチするし、トマトとチーズもまた相性バツグンだし」

曜「あ、それ美味しそう!2杯目はそうしてみようよ!流石はお味噌汁担当大臣だね!」

鞠莉「ふふ。大臣、これからも頑張ります♪」

曜「そして、驚くべきは鞠莉ちゃんお味噌汁理論だね。従来説を踏襲・発展させた新説とはいえ、チーズトマト味噌汁という新たなポテンシャルを発掘するなんて…!」

曜「提唱者としては名誉な半面、想像以上の万能性…いや、底知れぬ可能性に驚嘆を禁じ得ないよ」

曜「鞠莉ちゃんお味噌汁理論、恐るべし…!」ヨーソロー

鞠莉「それ、もう勘弁してもらえないかなぁ…」


終わり
20: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 13:02:48.18 ID:/GTTNoMq.net
撃ち尽くしました。
ありがとうございました。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『曜「鞠莉ちゃんお味噌汁理論」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。