海藤「今日斉木の家でラブライブ観ようぜ!」燃堂「お?だったら後で相棒の家集合な!」

シェアする

斉木-アイキャッチ1
1: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/27(月) 20:05:34.48 ID:ATCSEUWR.net
斉木(なんでわざわざ僕の家で・・・貴重な休みを潰されてたまるか)

海藤「この間親戚からコーヒーゼリー貰ったから持って行くぜ!」

斉木(まぁ・・・たまには良いだろう)

元スレ: 海藤「今日斉木の家でラブライブ観ようぜ!」燃堂「お?だったら後で相棒の家集合な!」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/27(月) 20:08:11.82 ID:ATCSEUWR.net
斉木宅

海藤「おじゃまします」
燃堂「おう!じゃまするぜー!」

斉木父「やぁ、海藤君と燃堂君!いらっしゃい!」

海堂「はい!今日はラブライブを一緒に見るんです!」キラキラ

斉木父「おぉ!ラブライブか!おじさんも知ってるよ!」

海藤「え!?そうなんですか!だ、誰推しですかっ!?」パアァァ

斉木父「やっぱり絵里ちゃんかな・・・良いよねぇ・・・気丈に振舞ってる感じがおじさんにはたまらないよ・・・」

斉木(最近やたらとハラショーハラショーって言ってたしな)

斉木父「けど・・・ママの方が可愛いけどね・・・///」

斉木母「まぁ・・・パパったら・・・///」

斉木(一生やっててくれ)
5: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/27(月) 20:12:05.24 ID:ATCSEUWR.net
斉木の部屋

燃堂「よぉし、じゃあ早速そのラブアイブっての観ようぜ!」

海藤「燃堂!お前タイトル間違ってるんじゃねーよ!」

燃堂「お?そうなのか?」

海藤「いいかぁ・・・ラブライブってのはなぁ・・・『電撃G's magazine』、アニメ制作会社サンライズ、音楽会社ランティスの三者による合同プロジェクトで、
ファーストシングルこそオリコンランキング上位100位圏外であったが、μ'sメンバーの精力的な活動がやがて結実して人気を確実に伸ばし、
2013年4月のテレビアニメ化後は女性ファンも多数付くほどの人気となり、単独ライブも5thライブでさいたまスーパーアリーナのスタジアムモードを超満員にするほどに至ったすごい作品なんだぞ!」

斉木(まるでwikiを見たかのような説明口調だな)

海藤(wiki見てて良かったぁ~!)

斉木(見てたのか)
8: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/27(月) 20:14:49.89 ID:ATCSEUWR.net
海藤「燃堂、お前まさかラブライブを知らないのか!?」

燃堂「オレっちを舐めんじゃねぇ!!凛って娘が良いよな!」

海藤「おぉ・・・凛ちゃんか。やるじゃねぇか・・・」

燃堂「あぁ・・・愛想は無いけど、中途半端が嫌いな所とか好きだぜ・・・」ヘヘッ・・・

斉木(それは違う凛ちゃんじゃないのか)

海藤「燃堂ですら知ってるという事はやっぱりすごい認知度なんだぁ」ウルウル

斉木(いや多分燃堂知らないぞ)
10: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/27(月) 20:17:28.17 ID:ATCSEUWR.net
斉木(まぁ、燃堂は例外だが確かにラブライブの認知度は相当のものだろう)

斉木(もちろん僕も知っている)

斉木(僕自身はこの作品を見たことはないのだが、この作品が放送されていた当時のテレパシーの内容はほとんどラブライブだったしな)
11: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/27(月) 20:21:15.01 ID:ATCSEUWR.net
------------------

亜蓮(ラブライブ面白ぇ!海未って娘・・・激マブだぜ!)

鳥束(はぁ・・・ラブライブの希ちゃんのおっぱいワシワシしてぇッス・・・)

灰呂(僕もラブライブの穂乃果ちゃんの様に前向きに熱く生きるんだ!)

才虎(ラブライブの真姫、君ならなら俺と釣り合うだろうな・・・)

夢原(はぁ、海堂君と一緒にラブライブ見たいなぁ)

高橋(1期後半の展開は無いな・・・ラブライブ出場を掛けたライブで倒れる穂乃果。それによにライブは中止になり、ラブライブのエントリーを辞退するなんて。
1期3話の講堂ライブで一人も観客が入らないところでは可能性感じたのになぁ・・・2期では割とあっさり優勝するし。あ、ちなみに俺の推しは)

------------------
13: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/27(月) 20:25:59.88 ID:ATCSEUWR.net
斉木(と、言う具合に見てない作品にも関わらずネタバレを食らっているので内容はある程度しっている)

斉木(なので、あまり見る気はしないのだがコーヒーゼリーの為だ、背に腹はかえられない)
15: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/27(月) 20:32:14.64 ID:ATCSEUWR.net
海藤「今日は1期と2期のBDとライブのBDも持ってきたぜ!今夜は寝かさねぇぞ!」キラキラ

燃堂「おめぇこそ寝るんじゃねぇぞ!この間泊まりに来たとき9時には寝てたじゃねぇか!」

海藤「い、いやあの時はだな・・・」

斉木(お前ら仲良いのな)

海堂「と、取り合えず見ようぜ!」ウィーン ガチャ
18: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/27(月) 20:45:08.69 ID:ATCSEUWR.net
ダッテ~♪カノウセイカンジタンダ~♪


燃堂「おぉ!スゲェ華麗に車をかわしてやがるぜ!」

燃堂「おぉ!スゲェうんこだ!カッコイイぜ!」

燃堂「お?バレーってこんなんだったか?」

燃堂「お?コイツ最初素人にしか見えないとか言ってなかったか?」

燃堂「うぅ・・・ヒック・・・良い・・・話だぜ」ウルウル

斉木(1個だけツッコミが鋭いな)

海藤「やっぱり何度見ても良いよなぁ・・・ほら見ろよ斉木、燃堂も何回も見てるはずなのにあんなに号泣してるぜ」ズズッ

斉木(いや多分燃堂初めて見たと思うぞ)

斉木(でもまあ確かに面白かった。嫌いじゃない)ジーン
21: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/27(月) 21:05:04.18 ID:ATCSEUWR.net
海藤「よし!アニメも一通り見終わった事だし、ライブ見ようぜ!」

燃堂「お?踊るのか?」

海藤「フッフッフ・・・盛り上がる事請け合いだぜ?」ウィーン ガチャ
23: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/27(月) 21:17:05.19 ID:ATCSEUWR.net
ウェールカムソ-ヒトツニナルココロ-♪

海藤「FOOOOOO!ハイッハイッ!」

斉木(すごいノリノリだな海藤)

燃堂「お?なんだこりゃ?一緒に踊るのか?」スッ

燃堂「ヘイ!ヘイ!お?」フリフリ

海藤「おい!人の家なのに騒ぐなよ!」

斉木(お前もな)

燃堂「ヘヘ・・・悪ぃ悪ぃ!興奮しちまったぜ」

燃堂「お?」ズルッ

斉木(へ?)

ドンガラガッシャーン
25: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/27(月) 21:24:00.31 ID:ATCSEUWR.net
燃堂「相棒・・・悪ぃ、足滑らしちまったぜ」

海藤「何やってるんだよ!大丈夫か?斉木?」

斉木(大丈夫だ、問題な・・・)

斉木「!」

斉木(制御装置が・・・壊れてる・・・!)ボロッ

斉木(まずい・・・このままじゃ超能力の制御が効かない・・・)

斉木(抑えろ・・・抑えろ・・・)
26: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/27(月) 21:27:36.92 ID:ATCSEUWR.net
ガタガタガタッ

海藤「ひぃッ!?本棚が勝手に動いている!?ポ、ポルターガイスト!?」

燃堂「お?相棒の部屋の本棚はバイブ機能でもついてんのか?」

海藤「た、た、た、助けt・・・」ブクブクブク

燃堂「海堂のヤツ気絶しちまったぜ!情けねぇn・・・」ゴズッ

燃堂「」ドサッ

斉木(本が当たって燃堂も気を失ってしまった・・・)

斉木(どうすれば・・・)

斉木「!」ズキッ

斉木(頭が・・・痛い・・・意識が遠くなって・・・い・・・く)

スゥー・・・
30: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/27(月) 22:49:27.75 ID:ATCSEUWR.net
・・・きろ!・・・きろ!

斉木(・・・きろ?)

海藤「起きろ!斉木ッ!」

斉木「!」ムクッ

海藤「ほっ、良かった・・・」

燃堂「お?相棒!起きたのか!心配したぜ~」

斉木(ここはどこだ?僕達は部屋でライブ映像を見てたはず・・・)

燃堂「いやぁ~まいったぜ!ライブ見てたら急に外に飛ばされてるだもんなぁ」

海藤「まさか・・・俺の力が暴走を・・・?」ドキドキ

斉木(それはない)
31: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/27(月) 22:53:56.90 ID:ATCSEUWR.net
斉木(おそらく制御装置が壊されて何かしらの超能力が発動したのだろう)

斉木(しかし、辺りは特に変わりはないし、日本で間違いは無いようだが)

斉木(テレポートの類か?)

燃堂「しっかしココどこなんだろうな~」

海藤「んなぁるぅぅ~~ほどっ・・・!」

斉木(それまだ流行ってるの?)

燃堂「お?オメェ何かわかったのか?」

海藤「完璧に分かったぜ・・・!斉木、皆を集めてくれ」

斉木(皆って誰だよ)
32: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/27(月) 22:58:25.91 ID:ATCSEUWR.net
海藤「よし、皆集まったな」

斉木(皆もなにも3人しかいないのだが)

燃堂「早く教えろよぉ~!魔眼探偵さんよぉ~!」

海藤「フッフッフまあ焦るなよ、燃堂巡査」

海藤「この立て札を見てくれ」スッ

斉木(なんの変哲も無いただの看板だな)

海藤「立て札に書かれている文字を見てくれ!」

斉木(日本語で書いてあるな)

海藤「そう日本語で書かれている・・・!つまりここは日本なんだ!」バーン

斉木(うん、そこまではとっくに分かってるよ探偵さん)
35: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/27(月) 23:04:56.56 ID:ATCSEUWR.net
燃堂「・・・?・・・!おぉ~っ!なるほど!お前スゲェな!」

斉木(ゴメン分かってなかったみたい)

海藤「フッ、俺にかかれば容易い事件だ・・・」

海藤「さぁ、燃堂巡査よ!すれ違う人たちにこの場所がどこか聞き込みするのだ!」

燃堂「おうっ!」

斉木(お前はいかないのか)

燃堂「おーい!」タッタッタ

モブA「はい?」クルッ

モブA「・・・!キャアアアアアアア!」ダッダッダッ

燃堂「んだよぉ~人の顔見た途端叫んで逃げるなんて失礼なヤツだな~」

斉木(完璧に人選ミスだな)
36: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/27(月) 23:07:47.91 ID:ATCSEUWR.net
-----
--------
------------

海藤「・・・アッ、ハイ・・・ア、アリガトウゴザイマス」

海藤「フッフッフ!皆!ここがどこか分かったぜ!」

燃堂「お?ここはどこだったんだ?」

海藤「実はな・・・ここ秋葉原らしいんだよ!」パアァァァァ

斉木(都内なのか・・・それなら帰れそうだな)

燃堂「お?なんかラブライブでも秋なんとかがどうとか言ってたような・・・」

斉木(お前さっきまで見てただろ)

海藤「そう!ラブライブの舞台なんだよ!でな、せっかくだから聖地巡礼ないか?」ワクワク

燃堂「オレっちは別に構わねーぜ!」

斉木(まあ、家から近いし問題ないか)
37: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/27(月) 23:12:45.32 ID:ATCSEUWR.net
斉木(しかし、1つ気になる事がある)

斉木(テレポートをする前に制御装置は壊れていたはずだが)

斉木(今は何事も無かったように頭に装着されている・・・)

斉木(そのおかげで今能力が暴走する事は無いが・・・何か嫌な予感が・・・)

海藤「おーい斉木!ここのメイド喫茶、コーヒーゼリーが絶品らしいぜ!」

斉木(まあ、大丈夫だろう)
38: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/27(月) 23:15:53.20 ID:ATCSEUWR.net
海藤「いやーなんかこう、聖地を歩いているとその作品の中に入ったみたいだな!」ソワソワ

燃堂「そうか?俺は特になにも感じねーなぁ」

海藤「ナニソレ!イミワカンナイッ!」

燃堂「お?」

斉木(多分通じてないぞ)

海藤「ん?あそこに学校があるぞ!もしかして音ノ木坂学院のモデルの学校じゃねーか!?」

斉木(へぇ、学校にもモデルがあったのか)

海藤「行ってみようぜ!」スッタッタッ
39: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/27(月) 23:19:23.90 ID:ATCSEUWR.net
海藤「ふー着いた。しかし近くで見るとホントに似てるなぁ~」

燃堂「お?この学校なんか見覚えがあるぜ」

斉木(本当に瓜二つだな。この学校の名前はなんなんだ)


-国立音ノ木坂学院-


斉木(へ?)
50: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/28(火) 20:33:11.67 ID:x9JF1YnH.net
斉木(コクリツオトノキザカガクイン?)

斉木(いや・・・なにかの見間違いだろう)

斉木(きっと疲れてるんだ)

海藤「えええええぇぇぇ!?音乃木坂学院ッ!?」

斉木(・・・どうやら見間違いじゃないようだ)

海藤「え?え?なんで?は?どういう事だ!?え?えー!?」

斉木(落ち着け)

燃堂「なんか聞いたことある学校だなー」

斉木(お前はいつまでそうしているんだ)
51: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/28(火) 20:36:01.52 ID:x9JF1YnH.net
海藤「・・・確かに外に飛ばされてから異様に女性比が高かったり、μ'sじゃなくてA-RISEや知らないアイドルの垂れ幕が下ってたり、他の人たちが俺たちより妙に作画がキレイだったりしたが・・・」

斉木(もうそれ答えでてないか?)

海藤「まさか・・・俺とかよちんの愛の力が奇跡を・・・!?」ドキドキ

斉木(あ、それは違う)

斉木(ふむ、コーヒーゼリーの余韻に浸ってしまっていて僕も見落としていたが、僕らのいた世界と妙に違う点があるのは確かだ)

斉木(確証はないが、超能力の暴走で違う世界に来てしまったのかもしれない)
52: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/28(火) 20:38:34.76 ID:x9JF1YnH.net
斉木(しかし、そうだとするとどうしたものか)

斉木(以前僕の能力が暴走して20年前の世界に来た時は一緒にきた家を復元し、帰ることが出来たが)

斉木(今回は僕と燃堂と海藤の人間のみ・・・加えて全く違う世界だ。)

斉木(仮に家ごと来てたとしても帰れる保証はない)

海藤「あっ!だれか来るぞ!」

斉木「!」

???「じゃーね!ヒデコ♪」タッタッタ
53: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/28(火) 20:41:07.88 ID:x9JF1YnH.net
補足「復元能力」について
斉木が持つ超能力のひとつ。
時間を巻き戻して壊れた物を直す能力。周辺にある物の時間も一緒に巻き戻り、人間に使うと一日前の体に戻る。
同じ対象には一日一回しか使ず、死者を生き返らすことはできない。
55: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/28(火) 20:47:19.92 ID:x9JF1YnH.net
海藤「おい!早く隠れるぞ!」ガサゴソ

燃堂「お?かくれんぼか?オレもやるぜ!」

海藤「斉木も早くこの木の裏に隠れるんだ!」コソコソ

斉木(それ逆に怪しくないか?)

斉木(まあ隠れなくても大丈夫だろう、彼女は僕達のいる方向の反対に行くようだ・・・)

斉木「!」

斉木(あの・・・後ろ姿は・・・!)

タッタッタ・・・

穂乃果「ん・・・?」クルッ
56: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/28(火) 20:50:41.30 ID:x9JF1YnH.net
斉木(高坂穂乃果・・・!)

斉木(間違いない・・・という事はやはり僕たちは違う世界に来てしまったのか)

穂乃果「・・・」ジー

穂乃果「・・・」クルッ

穂乃果「・・・」タッタッタ

斉木(どうやら、行ったようだな)ホッ

海藤「ほ、ほっ穂乃果ちゃん可愛ぇー・・・!」

海藤「俺・・・穂乃果ちゃん推しになりそう」ドキドキ

斉木(かよちんとの愛の力はどうした)
57: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/28(火) 20:53:39.95 ID:x9JF1YnH.net
海藤「と、取り合えず場所を変えないか?」ガサガサ

斉木(そうだな、ここじゃ人目に付き過ぎる)

燃堂「お?今度はかけっこか?オレっちに勝てるかな?」ダッダッダ

斉木(うんもうそれでいいよ)
58: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/28(火) 22:09:39.00 ID:x9JF1YnH.net
-----
--------
------------

近所の公園

斉木(ふむ、この辺りはあまり人気がないな)

斉木(しかし、まさか不安が的中するとはな)

海藤「・・・違う世界に来たというのは間違いないようだな」フッ

海藤「生粋のラブライバーである俺の右目の魔眼はごまかせない、あれは確実に高坂穂乃果だ・・・!」キリッ

斉木(右腕押さえながら言ってるけど右腕に眼でもあるの?)

海藤(穂乃果ちゃん本当に可愛かったなー・・・いやっ、だめだ!俺にはかよちんという心に決めた人が・・・)

斉木(お前はなにと闘っているんだ)
59: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/28(火) 22:12:43.61 ID:x9JF1YnH.net
海藤「ひ、非常に魅力的な世界に来たのは分かるが・・・」

海藤「どうやって元の世界に帰るんだ・・・?」ボソッ

斉木(そう、問題はそこだ)

斉木(復元をする元の世界の物がない以上、復元は使えない)

斉木(一体どうしたものか・・・)

燃堂「お?二人ともなに黙ってるんだ?」

燃堂「・・・分かったぜ!腹減ったんだな!ラーメン食い行くか?お?」

海藤「はぁ!?何でラーメンなんだよ!?何を食いにいくかじゃなくてこれからどうやって帰ろうかって話だっつーの!!あぁん!?」

海藤「・・・あのなぁ・・・俺達斉木の家でライブ映像を見てるときに外に飛ばされただろ?実はその時に違う世界に飛んじまったみたいなんだよ!」

燃堂「・・・?何言ってんだオメェ・・・?」

海藤「だ・か・ら~ッッ!!」
60: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/28(火) 22:16:51.59 ID:x9JF1YnH.net
------------
--------
-----


1時間後

燃堂「!?っつー事は俺達は今違う世界にいるって事か!?」

斉木(ふぅ・・・やっと理解したみたいだな)

燃堂「じゃあどうやって元の世界に帰るんだよッ!?」

海藤「だからその話をさっきしてたんだろッ!!」

斉木(・・・これでやっと話を進めれるな)

燃堂「なるほどなぁ・・・っつー訳でよォ、ラーメン食い行こうぜ?」

斉木(何故そうなる)
63: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/28(火) 22:20:07.92 ID:x9JF1YnH.net
海藤「はぁ!?だからなんでラーメ・・・」グゥゥ・・・

燃堂「ほら言うじゃねえか?腹がなんとかでなんとかだってよ」

斉木(全然言えてないぞ)

斉木(確かに昼以降ご飯も食べていないし、一旦休憩するのも悪くないか)

燃堂「よし!オレっちの一押しのラーメン屋に連れてってやるぜ!」

斉木(おまえ本当に今の状況理解してる?)
64: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/28(火) 22:22:05.84 ID:x9JF1YnH.net
------------
--------
-----

ラーメン ひのき

燃堂「おォー!ここだここだ!」

燃堂「ここのラーメンがまたうめェんだよなー」

斉木(偶然かどうかは分からないがこの世界にも燃堂の一押しのラーメン屋があったようだな)

海藤「いいか燃堂?同じ店かもしれんが、別の世界の店だ。変なことして目立つなよ」

燃堂「分かってるってよォ」ガララッ

燃堂「うーっす!店長!いつもの頼むぜッ!」

斉木(おい)
65: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/28(火) 22:26:28.36 ID:x9JF1YnH.net
店長「えっ・・・あの、どなたでしょうか?」

海藤「いゃ~すいません。コイツいつも行ってる店と間違っちゃって」アセアセ

店長「は、はぁ・・・」

海藤「ほらっ、席着くぞ!」

燃堂「お?おう」

斉木(ふう・・・なんとか事なきを得たか)

???「やっぱりここのラーメンはおいしいにゃ~」

???「もう凛ちゃん食べすぎだよ~」

???「あ!かよちん口にごはんつぶついてるよ~」

斉木(ん?)
66: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/28(火) 22:32:28.85 ID:x9JF1YnH.net
凛「はいっ!取れたよっ!」

花陽「ありがとう、凛ちゃん・・・!」

凛「えへへ・・・」

斉木(この娘達は・・・!間違いない・・・)

斉木(μ'sの星空凛と小泉花陽・・・!)

斉木(まさか・・・こんな所で会うとは)

海藤「・・・!・・・え?え?なんで?は?まさか!?え?えー!?」ガタッ

斉木(目立つなよ)

燃堂「おーい!店長!このひのきラーメン頼むぜ!アブラカタブラで!」
67: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/28(火) 22:37:37.66 ID:x9JF1YnH.net
燃堂「お?オメェ・・・」

斉木(さすがの燃堂でも気づいたか)

燃堂「オメェ!そのラメーンすげぇうまそうじゃねェか!」クワッ

凛「えっ・・・」ビクッ

斉木(スマン燃堂だったな)
68: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/28(火) 22:40:18.96 ID:x9JF1YnH.net
凛「は、はい。特製ひのきラーメンって言って期間限定のラーメン・・・です」メオヨギー

燃堂「なんだって!」ダンッ

凛「!」ビクッ

燃堂「ありがとな!嬢ちゃん!」

燃堂「店長ー!スマネェー!注文変えていいかー?」

斉木(すごい怖がられてるぞ)
70: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/28(火) 23:33:52.31 ID:x9JF1YnH.net
海藤「あっ・・・あ、あ、あの、その、も、もしかしてμ'sのこ、小泉、花陽さん・・・ですか?」

斉木(落ち着け)

花陽「え・・・?は、はい、みゅ、みゅ、みゅーずの小泉、花陽・・・です・・・」

斉木(落ち着こう?)

海藤「あ、あの俺ッ!ずっと前からファンでした・・・!サイン・・・頂けますかっ!?」

花陽「ハッ、ハイ・・・!私なんかで良いなら・・・」
71: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/28(火) 23:35:49.02 ID:x9JF1YnH.net
海藤「えっと、なにか無いかな・・・」ガサゴゾ

海藤「な・・・なんも持ってない・・・!・・・ハッ・・・!」シュルシュル

海藤「こ・・・この巻いてた包帯に書いてもらえますか?」ボロッ

斉木(いやダメだろ)

花陽「はい、良いですよ」ニコッ

斉木(天使かこの娘)
72: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/28(火) 23:37:34.51 ID:x9JF1YnH.net
花陽「はい、どうぞ」

海藤「あ、ありがとうございます!この包帯、何があろうと一生外しません!」パアァ

斉木(一言余計だな)

燃堂「おう!それでよォ!」

斉木(ん?)
73: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/28(火) 23:40:37.28 ID:x9JF1YnH.net
凛「えー!それでそれで!?」

燃堂「イカダを作ってよぉ!なんとか無人島から脱出できたんだよ!」

凛「わーすごいですね!!」

斉木(なに打ち解けてるんだこの二人は)

海藤「ね、燃堂ッ!お前・・・なに親しげに話してるんだよ!」

燃堂「お?いやこの嬢ちゃんがラーメン好きでよォ」

燃堂「真のラーメン好き同士なら目を合わせたときからマブダチってやつだよ!」

斉木(最初めっちゃ怖がってたぞ?)
74: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/28(火) 23:43:56.51 ID:x9JF1YnH.net
燃堂「なァ?嬢ちゃん?」

凛「うん!最初はこわい人かと思ったけど、このおじさん面白い人だにゃ」

斉木(ナチュラルに毒吐くなこの娘)

燃堂「お?オメェ腕のそれなんだよ?」

海藤「ん?あぁ、これか?フッフッフ・・・これはサインだよ。書いてもらったんだ」チラッチラッ

燃堂「カッケェなソレ!なあ、オレっちにも書いてくれねぇか!?」

凛「うん、いいよ!」

燃堂「えーっと、何かネェかな・・・」ガサゴソ

燃堂「おっ!いいのあるじゃねーか!」

燃堂「嬢ちゃん!この丼に書いてくれや!」ゴトッ

斉木(いやダメだろ)
75: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/28(火) 23:46:37.83 ID:x9JF1YnH.net
凛「それはお店のだから・・・他のありませんか?」

燃堂「お?そっかぁ・・・うーん」

燃堂「じゃあこの上着に書いてくれよ!」

斉木(それ制服だぞ?)

凛「本当に良いの?」

燃堂「構わねーぜ!カッコ良く書いてくれよな!」

斉木(まあ本人がそれで良いなら良いか)
76: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/28(火) 23:48:27.11 ID:x9JF1YnH.net
凛「はいっ!できたにゃ!」

燃堂「サンキューな!嬢ちゃん!」

燃堂「おぉ・・・イカスぜ!」

燃堂「ところでよぉ・・・サインとか書いてるって事は嬢ちゃん達何かやってんのか?」

斉木(知らないでサイン貰ったのか)
77: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/28(火) 23:50:11.27 ID:x9JF1YnH.net
凛「うん!凛達μ'sってグループでスクールアイドルをやってるのにゃ!」

花陽「私と凛ちゃんと後7人のメンバーがいて、合わせて9人のユニットを組んでるの」

燃堂「おぉー!頑張ってるんだなー!オレっちも応援してるぜ!」

凛「今ラブライブってスクールアイドルの大会に出場する為にいっぱいライブしてるの!」

燃堂「お?じゃあ次はいつライブするんだ?」

凛「えっとぉー・・・か、かよちん?」

花陽「次は学園祭でのライブだよ!凛ちゃん」

凛「はっ・・・そうだった・・・」
78: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 00:01:28.26 ID:vDJNq84Y.net
花陽「そう、ウチの学校の学園祭は男の人は入れないの・・・」

花陽「だから次のライブ・・・は見に来れないです・・・ね・・・・」

花陽「ごめんなさい」シュン

凛「残念だにゃ~・・・」

燃堂「まあ仕方ねぇよ!ライブはそれだけじゃないんだろ?いつかズェッテー見に行くぜ!」グッ

花陽「・・・はい!」

凛「待ってるにゃ!」

斉木(なるほど)
81: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 00:04:26.45 ID:vDJNq84Y.net
斉木(この世界はアニメで言う1期の後半あたりの世界なのか)

斉木(まあ、分かった所で帰れる訳ではないが、1つ収穫ではあるな)

海藤「あ、あのっ!お、俺も絶対、見に行きますんで!」

花陽「うん!海藤君も待ってるね」ニコッ

海藤「は、はい!」パアァァァ

斉木(フ・・・良かったな海藤)


花陽「では、私達はそろそろ帰りますね」

凛「またね!」ブンブン

ガララッ

燃堂「おう、じゃあな~!」

海藤「俺達も食べ終わったし、そろそろ出るか」
83: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 00:10:03.42 ID:vDJNq84Y.net
ラーメン ひのき前

斉木(ふぅ・・・さてこれからどうするか・・・)

海藤「・・・なぁ、皆これからどうする?」

燃堂「とりあえず相棒の家帰ろうぜ!」

斉木(帰るためにどうしようって話なんだけどな)

海藤「そこで1つ考えがあるんだが・・・」

斉木(ほう・・・)

海藤「これだけμ'sメンバーに会えるんだ」

海藤「神田明神に・・・行ってみないか?」

斉木(なるほど)

斉木(μ'sきってのスピリチュアルガール東條希)

斉木(なにもかも見透かしたような彼女ならもしかしたら僕達が帰る方法が分かるかもしれない)

燃堂「お?おみくじでも引きに行くのか?」

斉木(吉とでるか凶とでるかは分からないが、行く価値は・・・あるな)
98: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 20:38:39.32 ID:vDJNq84Y.net
------------
--------
-----

神田明神 男坂前

斉木(やっと着いたぞ・・・思ったより入り組んだ所にあるんだな・・・)

斉木(おかげ途中で燃堂が迷子になって大変だったぞ)

海藤「おぉ~!これが神田明神かぁー・・・!」パアァァ

斉木(気持ちは分かるが、舞い上がりすぎだぞ海藤)

斉木(ここに来た目的を忘れるなよ)

燃堂「なんだ?この階段えれェ急だなぁ」

海藤「そうだぜ!ここでμ'sのみんなが練習したり、時には勝負し、お互いの友情を深めていったんだ!」キラキラ

燃堂「お?じゃあ俺っちとオメェとでどっちか先に階段上りきるか勝負すっか?」

海藤「おぉ!?穂乃果ちゃんとにこちゃんの対決の再現か?」

斉木(そんなむさ苦しい再現は見たくない)
99: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 20:43:05.00 ID:vDJNq84Y.net
燃堂「お?じゃあやろうぜ!」

海藤「ぜってー負けねぞっ!」キラキラ

斉木(お前ホントに目的忘れてない?)

海藤「掛け声は俺がするからな!」スッ

燃堂「おぅ、分かったぜ!」スッ

海藤「位置について~・・・」

海藤「ヨドンッ!」ダッ

斉木(ヨドンッ!?)
100: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 20:45:31.35 ID:vDJNq84Y.net
燃堂「あぁっ!?お前ズリーぞっ!」・・・ダッ

海藤「ハッハッハ!我が策略に手も脚も出ないようだなっ!」ダッダッダ

斉木(あの対決でもフライングスタートしてたがアレ以上にひどいぞ)

海藤(真っ向勝負してあの筋肉バカに勝てるかよッ・・・)

斉木(まあ確かにそれはそうだが)
101: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 20:47:29.23 ID:vDJNq84Y.net
海藤「ハッ・・・ハッ・・・ハッ・・・」ダッダッダ

海藤「ハァッ・・・ハァッ・・・ハァッ・・・」ダッダッダ・・・

海藤「ゼイッ・・・ゼイッ・・・」タッ・・・タッ・・・タ・・・

海藤「コヒュー・・・コヒュー・・・」ヨロッ・・・ヨロッ・・・

斉木(体力無さすぎだろ)
102: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 20:49:30.73 ID:vDJNq84Y.net
燃堂「ホッ・・・ホッ・・・」ダッダッダ

斉木(ホント走り方はただただキモイな)

スィー

斉木(あっさり海藤を追い抜いたな)

燃堂「ホッ・・・ホッ・・・おっしゃー1番乗りだぜぇ!」ダッ

海藤「ゼイッ・・・くそっ・・・俺の・・・ゼイッ完璧な・・・・・計算が・・・ゼイッ・・・」ヨロッ・・・ヨロッ・・・

斉木(お前の計算ガバガバすぎるだろ)
103: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 20:51:12.56 ID:vDJNq84Y.net
------------
--------
-----

海藤「やっと・・・ゼイッ・・・着い・・・た・・・ゼイッ」

燃堂「おう!おせーぞぉ!」

海藤「うる・・・せぇ・・・ゼイッ・・・ゼイッ・・・ゼイッ」

???「そんな息切れしてどうしたん?」

斉木「!」
106: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 21:49:12.74 ID:vDJNq84Y.net
斉木(東條希・・・幸い今日神社のアルバイトをしていたようだな)

斉木(取り合えず目的の1つは達成だ)

斉木(後は彼女にどうこの件を伝えるか・・・)

海藤「あぁ、いや・・・コイツと・・・」

海藤「・・・!・・・え?え?は?まさか!?本物!?え?えー!?」ズルッ!ゴロゴロゴロゴロ・・・ドンッ!

斉木(今日はホント大変だなお前)
107: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 21:52:42.66 ID:vDJNq84Y.net
------------
--------
-----

神田明神

希「はい、これでよし!」バンソウコペター

海藤「あっ・・・あ、ありがとうございますっ・・・」

海藤「す、すいませんっ・・・勝手に階段から落ちたのに・・・ち、治療までしてもらって・・・」

希「ええんよぉー、ウチが驚かせちゃったみたいやしね」

海藤「それで・・・あのっ・・・つかぬ事をお伺いしますが・・・」

希「ん?」

海藤「μ'sの・・・東條希さん・・・でしょうか?」

希「そうやけど、ウチの事知ってるん?」

海藤「は、はい・・・μ'sの・・・ファン・・・なんで」

斉木(本人で間違いはないようだな)
108: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 21:55:34.28 ID:vDJNq84Y.net
燃堂「んんッ!?μ'sってーとあの嬢ちゃんのいるグループかっ!?」

希「嬢ちゃんって?」

海藤「り、凛さんの事だと・・・思います・・・さっき、偶然会ったので・・・」

希「あぁ、凛ちゃんかぁ」

希「うん。そうやで、あの嬢ちゃんと同じμ'sってグループで活動してるの」

燃堂「おぉ!そうなのか!よしっ・・・!」ダッダッダ

斉木(どこに行く)

斉木(まあ良い、燃堂は放っておこう)

斉木(どう・・・伝える・・・)
109: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 21:58:19.68 ID:vDJNq84Y.net
海藤「ええええーっとですね、ぼぼぼ僕達は貴方に会いに来たんですっ」アセアセ

希「?・・・ウチに?」

海藤「ぼぼぼく達、ち、違う世界、来て、こ、ここ違う、か、帰りたい」

希「?」

斉木(カタコトが過ぎるだろ)

斉木(まったく、外国に来た訳でもあるまいし・・・)

斉木(しかし・・・海藤がキョドるのも無理も無い)

斉木(東條希・・・実際会ってみるとすごい色気だ)

斉木(もし鳥束がこの場にいたら間髪いれずにルパンダイブをしていた事だろう)

斉木(仕方ない・・・虫の知らせを使うか)
110: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 21:59:56.33 ID:vDJNq84Y.net
補足「虫の知らせ」について
斉木が持つ超能力のひとつであるテレパシー(思考受信)をつかい擬似的な「虫の知らせ」を相手に送り、助けを呼んだりアドバイスをしたりする。
113: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 23:31:10.75 ID:vDJNq84Y.net
斉木()キュイーン

希「ん?」

(僕達は別の世界から来た・・・原因は不明・・・だが、元の世界に帰りたい・・・助けが・・・欲しい・・・)

海藤「だだだから、こここにっ・・・キタッ!」

希「・・・なるほどねぇ」

海藤「わ、分かってもらえましたかっ!」パアァァ

斉木(お前の説明は意味不明だけどな)
114: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 23:32:23.39 ID:vDJNq84Y.net
希「でも・・・すごい話やねぇ」

海藤「し、信じて貰えない・・・ですよね・・・」

希「んーん、信じるよ?」

海藤「!」

希「ウチを信じて来てくれたんやろ?・・・やったらウチも信じるよ」ウフッ

海藤「」ズキューン

斉木(もうその流れは良いよ)
115: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 23:34:46.81 ID:vDJNq84Y.net
希「でもなぁ、その元の世界に帰る方法ってのはウチにも分からないんよ」

希「だから・・・」

海藤(ま、まさか!?希パワーたぁっぷり注入ッ!?)

斉木(頂けないと思う)

希「占ってあげる・・・!」ペラッ

斉木(タロットカードか・・・)
116: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 23:38:02.84 ID:vDJNq84Y.net
希「スゥ-・・・」

ペラッ

斉木(・・・正位置の・・・愚者・・・)

海藤「正位置の愚者・・・キーワードは新たなスタート、先入観を捨てる、自分を信じる・・・」

海藤「メインイメージは・・・0からのスタート・・・!」

斉木(お前すごいな)

海藤「0・・・始まり・・・事の発端の場所・・・ハッ!・・・つまり、斉木の家ッ!?」

斉木(海藤の中二知識がこんな所で役に立つとはな)
117: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 23:41:14.76 ID:vDJNq84Y.net
斉木(ふむ・・・燃堂の一押しのラーメン屋がこの世界にもあったことから、この世界にも僕の家がある可能性はある)

斉木(僕の家に行って何が起こるかは分からないが)

斉木(他に手立ては無いんだ、行ってみるしかないだろう)

希「どう?手がかりはあった?」

海藤「はっ、はい!ありがとうございます!」

希「ふふっ、ええんよぉ~」

燃堂「おーい!」ダッダッダ

希「ん?」
120: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 23:46:41.09 ID:vDJNq84Y.net
斉木(燃堂か・・・コイツは一体ドコに行ってたんだ?)

燃堂「なァ、ネエチャンもμ'sのメンバーなんだろ?」

燃堂「だったらよぉ!オレっちにサイン書いてくれよっ!」

希「ええよ~」

海藤「お前何も持ってなかっただろ!?一体何に書いて・・・」

燃堂「おう!この絵馬に頼むぜ!そこで買ってきたんだよ!」

斉木(珍しく賢いな燃堂)

海藤「なーっ!?お前ッ、ず、ずるいぞ!」

燃堂「お?オメェの分もあるぜ、ほらよっ」ポイッ

海藤「燃堂・・・!お、お前・・・」

斉木(なにこのキレイな燃堂?きこりの泉にでも落ちてきたの?)
121: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 23:49:29.26 ID:vDJNq84Y.net
希「はいっ」

燃堂「おう!サンキューなっ!」

希「はいっ」

海藤「あ、ありがとうございますっ!一生大事・・・いや、か、家宝にします!」パアァァ

斉木(うん一言余計だな)

燃堂「お?なに言ってんだオメェ?絵馬っつったら神社に飾るもんだろ?」

海藤「え?」

燃堂「だから絵馬は神社に飾るんだって」ソデツカミ

海藤「は?お前なに言って・・・」

燃堂「ほら行くぞー」

海藤「は、はなせえぇぇぇぇ!」ズルズルズル

斉木(・・・いつもの燃堂・・・だったな・・・)
122: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 23:53:29.36 ID:vDJNq84Y.net
------------
--------
-----

---------------------

海藤「あっ!この絵馬掛け下の方ほとんど掛ける所がねぇ!」

燃堂「ったくチビはしょうがねぇなあッ・・・ほらよッ」グイツ

海藤「え?肩車?ちょ!やめ・・・怖い!高いの怖いって!」

燃堂「早く掛けろよぉ~」

---------------------

希「賑やかな人達やね」

斉木(賑やかなものか、毎度振り回されるコッチの身にもなってみろ)

希「・・・でも、嫌いやないんやろ?」

斉木(・・・!僕の心をっ・・・?)

希「本当に何と無くなんやけど、もし君一人だけこの世界に来とったら・・・もっと早く帰れるんと違う?」

希「なのに・・・なのにそれをしないのは」

希「あの二人を本当は大切に思ってるから・・・」

斉木(・・・)

希「なーんて♪」

燃堂「お~い相棒ッ!行こうぜ~」

海藤「斉木の家に行くぞ~!」

斉木(フ・・・)

希「お友達が呼んでるで?」

斉木(あぁ・・・)

希「ふふっ、ほなね」
137: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 01:51:02.53 ID:+/xZHIUQ.net
------------
--------
-----

斉木?宅付近

斉木(もうすぐ僕の家につくな)

斉木(まあ、別の世界だから僕の家じゃない可能性もあるが)

海藤「なぁ・・・斉木、ここまで来てこんな事言うのもなんだが・・・」

海藤「本当に斉木の家に行って大丈夫なのか・・・?」

斉木(ん・・・?それは一体どう言う事だ?)
138: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 01:53:13.28 ID:+/xZHIUQ.net
海藤「あ、いやな、良く言うじゃないか」

海藤「同じ世界に同じ人間は存在できないって」

海藤「もし同じ人間が二人存在してしまったら・・・矛盾が生じないように片方の人間は消えしてしまう・・・とか」

海藤「だから、もしこの世界の斉木と会っちまったら・・・!」

斉木(ああ、そのことか)
139: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 01:56:30.25 ID:+/xZHIUQ.net
斉木(それに関しては恐らく大丈夫だろう)

斉木(実は以前、僕は並行世界で僕自身と会っている)

斉木(・・・あのときは、僕が犬を助けない選択をした世界・・・だったか)

斉木(確かに、あの並行世界での僕は1つの世界に同じ人間は存在できないと言っていた)

斉木(しかし、その定義がこの別の世界でも適用されているならこの世界に来た時点で僕は消滅しているはず)

斉木(なのに現時点で僕が消滅していないと言う事は・・・)

斉木(この世界に元々いた斉木楠雄が消滅しているか・・・あるいは、全く別の世界なので2人共存在できるか・・・だ)

斉木(どちらにしても、僕が消滅する可能性は低いだろう)

斉木(さて・・・)

ザッ

斉木(着いたぞ・・・!)
140: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 01:59:59.42 ID:+/xZHIUQ.net
斉木?宅前

斉木(東條希・・・僕達を信じてくれた彼女を信じるなら、ここに元の世界に帰る手がかりがあるはずだ)

海藤「表札は・・・"斉木"・・・!」

燃堂「おっ?相棒の家着いたじゃねェか!」ダッ

海藤「お、おい!待てって!」グイッ

燃堂「ん?何だよ早く入ってライブの続き見ようぜ?」

海藤「だからここは別の世界の斉木の家なんだって!」

燃堂「おぉ、そうだった・・・」

燃堂「ん?でもよォ、だったら何しにここに来たんだよ?」

海藤「それは帰る手がかりを探しにだな・・・」

斉木(ふむ・・・着いたはいいがどうしたものか・・・)

???(人の家の前でなにをしている?)ジャララッ

海藤「あ、いやここの斉木って家の人に用があって・・・」
141: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 02:05:09.58 ID:+/xZHIUQ.net
サイキ(斉木なら僕だが?)ジャララッ

斉木()

海藤「」

燃堂「お?」

海藤(・・・顔が同じだし、この世界の斉木なのは間違いないんだろうけど・・・)

海藤(こ、この世界の斉木・・・)

海藤(ジャライバーなんだ・・・)

斉木(言うな)
142: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 02:08:28.84 ID:+/xZHIUQ.net
燃堂「おぉー!相棒にソックリだなオメェ?ジャラジャラしててカッケェな!」

燃堂「これが流行りの装飾系男子ってヤツか!?」

斉木(間違ってるけど間違ってないな)

サイキ(勝手に触るな・・・!・・・こいつ・・・思考が読めない・・・!)

サイキ(・・・怪しいヤツらだな・・・!)

斉木(それお前が言う?)

斉木(さて・・・この世界の僕に会えたのは良いが、これは完全に想定外だったな・・・)

海藤(にこ推しなんだ・・・)

斉木(言うな)
143: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 02:10:44.50 ID:+/xZHIUQ.net
海藤「あのっ、俺達怪しい者じゃないんだ・・・!話を聞いてくれないか?」

斉木(それ結局怪しまれるヤツが言う弁解だぞ)

サイキ(・・・・僕は忙しいんだ)

サイキ(こんな怪しい奴らの話に構っている暇は・・・!僕が・・・いる・・・!?)

斉木(やれやれ・・・やっと気づいたか)

海藤「話を聞いてもらえるか・・・?」

サイキ(・・・入ってくれ)
144: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 02:13:11.23 ID:+/xZHIUQ.net
------------
--------
-----

サイキ宅


サイキ(なるほどな・・・)

海藤「信じてもらえるか?」

サイキ(俄には信じがたい・・・が、君達が知っているμ'sの情報は確かなものだし・・・)

サイキ(もう1人のボクもいる)

斉木(その言い方やめてくれない?)

サイキ(協力しよう・・・!)ジャラッ

斉木(締まらないな)
145: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 02:14:26.77 ID:+/xZHIUQ.net
サイキ(とは言ったものの、僕の力じゃ君達を元の世界に戻す事は出来ない・・・)

斉木(ふむ・・・)

サイキ(僕の持っている超能力は君とほぼ一緒で別の世界を行き来する能力は無いからな)

斉木(・・・となると)

サイキ(あぁ・・・)

斉木(出来れば頼りたくはないが・・・アイツに頼るしかない・・・か)
146: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 02:16:38.54 ID:+/xZHIUQ.net
------------
--------
-----

ブゥーン・・・

空助「やあッ・・・!楠雄の方から連絡してくるなんて珍しいじゃないかッ・・・!」パアァァ

空助「・・・って、えぇッ!?楠雄が・・・2人ッ!?」

斉木(あぁ・・・これには事情が・・・)

空助「あー!待って!当てるから!」

空助「・・・うーん・・・ダメだ!やっぱり分かんないや!」

空助「もしかしたら今とは別の世界にいて、そこからひょんな事でこの世界に来てしまい
帰る方法を探して方々を探索した結果、楠雄の家に手がかりがあると言う事が分かり、この世界の楠雄と会って事情を話して
僕なら帰る方法が分かるかもしれないと思って連絡をしてきた・・・と、思ったけどやっぱ違うよね~・・・」

斉木(君、預言者か何か?)
147: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 02:18:54.44 ID:+/xZHIUQ.net
斉木(まったく・・・どの世界の兄貴も変わらないのか・・・)

空助「やっぱり!いつもの楠雄と雰囲気違ったしそうだと思ったよ!」

斉木(まあ・・・これなら話しは早い・・・今度はこっちの話を聞く番だぞ)

空助「ん?キミの腕に書いてあるそれ・・・μ'sのメンバーのサインじゃないかい!?」

斉木(聞けよ)

海藤「あっ・・・そうです。俺達の世界にもμ'sはいるんですけど・・・映像作品としての存在で・・・」

空助「へぇ!それは興味深い話だね!詳しく聞かせてくれないかい?」

海藤「はい、えぇ~っと・・・」
148: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 02:21:19.26 ID:+/xZHIUQ.net
------------
--------
-----

空助「へぇ~君達の世界でのμ'sはそういう風になっているのかぁ~」

斉木(ふぅ・・・やっと話が終わったか・・・)

斉木(本題に入らせてもらうぞ)

空助「で、元の世界に帰る方法だっけ?」

斉木(そうだ・・・なにか手立ては・・・)

空助「うん、あるよ」

斉木(へ?)
149: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 02:23:17.36 ID:+/xZHIUQ.net
空助「この前、僕が発明した次元転送装置を使えば帰れると思うよ」

斉木(なんの為にそんな物発明したの!?)

空助「ん?いやさぁ~・・・あまりにも楠雄に勝てないからさぁ~・・・」

空助「もしかしたら別の世界の楠雄になら勝てるんじゃないか?って思って作ったんだよ」

空助「でも、だめだったよ~どの世界の楠雄にもボコボコに負けちゃって・・・」

斉木(別の世界の僕も大変だな・・・)

空助「別の世界の楠雄も凄かったなぁ~・・・アヘヘ・・・ウフフ・・・」

斉木(人前でドMっぷりを披露するな)
150: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 02:26:11.32 ID:+/xZHIUQ.net
空助「とまあ、コレを使えば元の世界に戻れると思うよ」

海藤「やっと・・・・帰れる・・・」

斉木(そうだな・・・コレを使えば・・・)

空助「ただし、条件がある!」

海藤「条件・・・ですか・・・!?」
151: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 02:29:02.99 ID:+/xZHIUQ.net
空助「そう・・・何を隠そう僕はμ'sの大ファンでね!」

空助「お友達の話によればμ'sは学園祭のライブが失敗し、ラブライブ出場を断念したらしいじゃないか!」

空助「もし僕達の世界でもそうなると思うと・・・忍びなくて・・・忍びなくて・・・」ヨヨヨ・・・

海藤「その気持ち・・・分かりますッ・・・」ウルッ

空助「うん、だからね、学園祭を成功させてμ'sをラブライブに出場させてくれよ!」

空助「それが条件!あ、ちなみに楠雄1人じゃなくてお友達と3人で協力してやってね~!」ニコッ

斉木(コイツ・・・まさか・・・)

サイキ(そうだ、兄貴はμ'sは知っていてもファンではない・・・)

斉木(君が言うと説得力があるな・・・)

サイキ(条件というのは建前で、君に勝負を仕掛けてきたのだろう)

斉木(やはりな・・・しかし、他の方法が無い以上受けるしかないな・・・)
152: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 02:31:24.08 ID:+/xZHIUQ.net
海藤「お兄さんッ!俺ッ!やります・・・!」

空助「うん頑張ってね~!」

海藤「それで・・・学園祭はいつ開催されるんですか?」

空助「ん?明日だよ?」

海藤「え?」

斉木(は?)

燃堂「お?」

空助「だから明日だって。それじゃあ頑張ってぇ~」

ブゥーン・・・

海藤「えええええぇぇぇ!?」
161: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 01:08:46.62 ID:KYACW4Rg.net
サイキ(まあ・・・なんだ、頑張れ・・・)

斉木(気にするな。兄貴の事だ・・・タダでは帰してはくれないと思ったが・・・)

海藤「えええええぇぇぇ!?」

斉木(まさか学園祭が明日とは・・・)

海藤「えええええぇぇぇ!?」

斉木(さっきから動揺しすぎだろ)

燃堂「お?なんだ?なんかすンのか?」

斉木(お前は少しは動揺しろ)
162: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 01:10:18.35 ID:KYACW4Rg.net
------------
--------
-----

10分後

斉木(やっと・・・落ち着いたな)

斉木(しかし、学園祭が明日開催とすると今日の内に何かしら手を打っておくしかない)

海藤「やっぱり・・・穂乃果ちゃんの・・・あの雨の日のランニングを止めるべきじゃないか?」

斉木(やはりそれしか無いか・・・)

斉木(それ以前からも彼女の疲労は貯まっているようだったが、やはり決め手はそれだろう)

斉木(だが、僕は彼女に校門で顔を見られている・・・)

斉木(僕が接触して変に怪しまれてもマズイ・・・)

斉木(かと言って隠れていた燃堂も・・・)

燃堂「やっぱ相棒のニーチャンって変わってっよな~」

斉木(この有様だ・・・あとお前と良い勝負だからな)

斉木(と、なると・・・)
163: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 01:11:47.91 ID:KYACW4Rg.net
海藤「お、俺かッ・・・!?」

斉木(それしかないだろ)

海藤「い、いやッ、俺は、えーっと・・・」

海藤「そう!さっきから封印していた右腕が疼いていてだな・・・」

海藤「このまま俺が彼女話し掛けてしまうと、右腕の力が暴走し・・・彼女は返り血に染まってしまう・・・!」

斉木(お前の返り血なのか・・・)

海藤(だって穂乃果ちゃん見ただけであんなに可愛いかったんだぞ・・・!)

海藤(もし話なんかしたら、本当に穂乃果ちゃん推しになっちゃうかもしれないじゃないかーッ・・・!)

斉木(葛藤するなら右腕の力としろよ)

海藤(俺は・・・かよちんを裏切る訳にはいかないんだ・・・!)

斉木(しかし彼女を止めない訳にもいかない、諦めろ・・・)
164: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 01:12:44.86 ID:KYACW4Rg.net
斉木(おっと・・・もう夜か・・・急がないとマズイな)

燃堂「なんだよ?今からどっか行くのか?」

斉木(そうだ、早く行くぞ)

燃堂「オレっち疲れちまったよぉ、取り合えず風呂はいろうぜ?」

斉木(ココ一応僕の家だからな?)

斉木(・・・良いから早く着いて来い)
165: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 01:16:08.59 ID:KYACW4Rg.net
------------
--------
-----

穂むら付近

斉木(彼女の家はこの辺りだな・・・)

海藤「ついに来てしまったか・・・」コソコソ

斉木(ああ・・・作品の通りなら彼女はこの日ランニングをするはずだ)

燃堂「お?なんだ?今度は探偵ゴッコか?」コソコソ

斉木(ああそうだ、だからお前は動くなよ)

燃堂「で、俺は何すりゃァいいんだ?」

海藤「あぁん・・・?お前はここに待機してろ!」

斉木(よし良いぞ海藤)

斉木(あとは・・・)

ポツ・・・ポツ・・・ザー・・・
166: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 01:17:39.99 ID:KYACW4Rg.net
燃堂「うぉ!なんだ?雨降ってきたじゃねェか!」

燃堂「・・・しゃあねぇッ!こうなったら上着で雨を防ぐしかねェな・・・!」バサッ

斉木(外回り中のサラリーマンか)

斉木(まったく・・・普通に僕の傘に入って来ればいいものの・・・)

ガララッ

斉木「!」

穂乃果「うわ~っ・・・雨~・・・?」
167: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 01:18:54.52 ID:KYACW4Rg.net
海藤(き、来てしまった~~~ッ!)

海藤(で、でも・・・斉木達の前でカッコ悪い所を見せる訳にはいかねぇ・・・!)

斉木(お前のカッコ悪い所は見飽きてるぞ)

海藤「くっ・・・!」ダッ

海藤「・・・いや、待て」スッ・・・

海藤「・・・よしっ・・・!」ダッ

海藤「・・・あっ、やっぱちょっと・・・」スッ・・・

斉木(見飽きてる)

斉木(まったく・・・海藤がこうじゃランニングを止められないな・・・)

斉木(僕が・・・行くか・・・?)
168: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 01:20:26.13 ID:KYACW4Rg.net
燃堂「お?なんだソレ?食い気味なひな壇芸人のリアクションか?」

斉木(その例え分かりにくいな)

燃堂「そっちになんかあんのか?」

燃堂「・・・!オォォォォォイ!!!!!」ダッダッダッ

斉木(おい)
169: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 01:21:51.60 ID:KYACW4Rg.net
海藤「あッ!おい!待ってってッ!あのバカ!」

斉木(マズイな・・・迫ってくるアイツの顔をみたら誰だって逃げだずぞ・・・)

燃堂「オォォォォォォォォイ!!!!!」ダッダッダッ

穂乃果「!」ビクッ

穂乃果(・・・!・・・凛ちゃんの・・・サイン・・・?)

穂乃果「・・・な、なんでしょうか・・・?」

斉木(まじでか)
170: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 01:23:31.41 ID:KYACW4Rg.net
燃堂「嬢ちゃんこんな雨降ってるのにドコに行こうってんだよッ!」

穂乃果「いや~っ・・・えっと・・・ランニング・・・かな~・・・?」

燃堂「バッキャロウッ!!!」

穂乃果「!」

燃堂「女の子がこんな夜遅くに外出歩いちゃ危ねェだろッ!」

燃堂「ヘンな奴に襲われでもしちまったらどうすンだッ!!」

斉木(はたから見たらまさにその状況なんだがな)
171: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 01:25:04.37 ID:KYACW4Rg.net
穂乃果「・・・ありがとうございますっ・・・!」

燃堂「おぅ!分かれば良いって事よ!雨も降ってるし・・・」

穂乃果「でもっ!」

穂乃果「皆の為にも・・・私が頑張らなきゃいけないんですっ!」

燃堂「・・・その皆ってのは誰だ?」

穂乃果「大事な・・・友達です・・・!」

燃堂「その大事な友達ってのはよぉ・・・嬢ちゃんがこんな事をして喜ぶのか?」
172: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 01:26:03.93 ID:KYACW4Rg.net
穂乃果「・・・!・・・それはっ・・・」

燃堂「なあ嬢ちゃんよぉ」

燃堂「ダチってのは、何かを1人でショイ込まれるよりよ・・・」

燃堂「一緒にショイ込みたいもんなンじゃなねェのか?」

穂乃果「・・・」

燃堂「・・・だからよ、本当にソイツらを大事だと思ってンなら・・・帰ェンな」

穂乃果「・・・」

斉木(妙に核心めいた事言う事あるよなコイツ・・・)
173: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 01:27:56.19 ID:KYACW4Rg.net
穂乃果「・・・そう・・・ですよねっ・・・」

穂乃果「・・・あー穂乃果なに考えてたんだろうっ!」

穂乃果「お兄さん、ゴメンナサイっ・・・!私、帰ります!」

燃堂「おぅ!分かれば良いのよ!気をつけて帰ェれよ!」

穂乃果「はい、それじゃ・・・!」タッタッタ
174: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 01:29:26.70 ID:KYACW4Rg.net
斉木(ふぅ・・・一時はどうなる事かと思ったが)

斉木(どうにか丸く収まったようだな・・・)

燃堂「おーぅ!相棒とチビ!待たせちまったな!」スタスタ

海藤「ふ・・・ちゃんと俺の指示通りに動いてくれようだな・・・!」

斉木(お前待機してろって言ってたよな?)

燃堂「お?あーあのヘンな動きって指示だったのか」

燃堂「へへっ・・・すまねェな!ありがとよっ!」グッ

海藤「え?・・・あぁ・・・まぁ・・・その・・・お前の説得も・・・よ、良かったぞ・・・」

燃堂「よせよッ・・・!おめェが教えてくれなきゃ俺っちは気づけなかったンだからよ・・・」

海藤「あぁ・・・いや、その・・・・・・ゴメン・・・」

斉木(海藤の完敗だな)

斉木(まあ、これで彼女は家に帰った)

斉木(僕達も帰るとしよう)







穂乃果「・・・」
183: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 06:11:35.91 ID:gTNj5+6X.net
------------
--------
-----

サイキ宅

斉木(これで取り合えず一息つけるな・・・)

サイキ(どうだった?)

斉木(今日出来るだけの事はした・・・)

斉木(後は・・・当日ライブが成功するかどうかだな)

サイキ(ふむ、そうか・・・)

サイキ(取り合えず今日は遅い・・・泊まるアテも無いのだろう?泊まっていくと良い)

サイキ(偶然にも今は両親が旅行中だからな)

斉木(お約束だな)
184: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 06:13:11.46 ID:gTNj5+6X.net
燃堂「ふぅー・・・!思ったより濡れちまッたなぁ・・・」

燃堂「って訳でよォ、一緒に風呂はいろーぜ?」

斉木(なぜ一緒になるんだ)

燃堂「ンだよォ~・・・ノリ悪ィなー・・・」

斉木(燃堂の燃堂さんを見るのはもうゴメンだ)

燃堂「だったら一番風呂貰ってくぜェ~!」スタスタ

斉木(・・・ふう)

海藤「ふう・・・やっと行ったか・・・」

斉木(ん?)
185: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 06:14:22.31 ID:gTNj5+6X.net
海藤「なあ・・・斉木・・・」

海藤「なんとか穂乃果ちゃんのランニングを阻止は出来たのは良いんだが・・・」

海藤「本当にこれで学園祭が成功するか不安じゃないか・・・?」

斉木(・・・確かに今日のランニングを止めた所で彼女の体に疲労が蓄積されている事には変わりないが)

海藤「そこでだっ・・・!」

海藤「どうにか学園祭に潜り込まないか・・・?」
186: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 06:15:24.44 ID:gTNj5+6X.net
斉木(ふむ・・・しかし僕達が行ったところでどうしようもないと思うが・・・)

海藤「けけ決して別にμ'sの生ライブが見たいからとかじゃなく、これは・・・そう!あくまで彼女達がライブを成功できるか心配なだけで生ライブを見たい訳では決して・・・」

斉木(生ライブが見たい事だけは分かった)

斉木(・・・まあ、せっかくの機会だ・・・ライブを見るのも悪くは無い)

斉木(・・・だが)

海藤「・・・そう。問題は男は入れないって事なんだ・・・」

海藤「だからどうにかして・・・」

燃堂「お?なんだ?オメェらあの学園祭行きてェのか?」

海藤「!」
187: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 06:16:42.96 ID:gTNj5+6X.net
海藤「ね、燃堂ッ!?お前風呂に行ったんじゃないのかよ!?」

燃堂「お?別に普通に入って上がって来ただけだぜ?」

斉木(お前の言い訳が長かったからな・・・)

燃堂「んで、オメェら学園祭に行きてェのか?」

海藤「・・・あぁ・・・!でも・・・あそこは男は入れないから・・・」

燃堂「ンなもん簡単だろ?」

海藤「え?」

燃堂「女装すれば良いじゃねェか!」

斉木(もう一回顔を洗って鏡を見て来い)
188: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 06:17:23.66 ID:gTNj5+6X.net
海藤「はぁ!?お前なに言ってんだよッ!?」

燃堂「お?ダメなのか?」

海藤「ダメに決まってんだろ!なに言って・・・」

斉木(ふむ・・・しかし・・・)

斉木(燃堂にしては良い考えじゃないか)

斉木(その方法でやってみるか・・・!)
189: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 06:18:06.57 ID:gTNj5+6X.net
------------
--------
-----

翌日

海藤「ホ、ホントにこれで大丈夫なのか・・・?斉木」

斉木(ふむ・・・よく似合ってるじゃないか、海藤瞬子ちゃん)

斉木(童顔で背が低いからかは分からんが本当に女の子に見えるな)

海藤「しかしホントにお前斉木か・・・?完全に女の子に見せるぜ」

斉木(あぁ、まぎれもなく僕だ)

斉木(ただし変身能力を使って性別は完全に女になっているがな)
190: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 06:18:40.83 ID:gTNj5+6X.net
補足「変身能力」について
斉木が持つ超能力のひとつ。
自分の身体を何にでも変える能力。所要時間は2時間で実在するモノにはなれない。
人外に変身すると能力の制御が難しくなる。斉木は誕生以前からこの能力を行使しており、誕生時には女児の姿となっていた。
191: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 06:19:28.88 ID:gTNj5+6X.net
燃堂「おーぅ!皆待たせたなッ!」

海藤「おっ!・・・ってオエエエエェェ!な、なんだよその姿ッ!?」

燃堂「お?オレっちの女装結構いけるだろ?」

燃堂「スナックのママと間違えられるかも知れねェな・・・」ヘヘッ

斉木(オカマバーの間違いな)

斉木(しかし、これで良い・・・)

斉木(女装したという建前はできた)
192: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 06:20:18.73 ID:gTNj5+6X.net
------------
--------
-----

音ノ木坂学院


女生徒「どうぞお通り下さい~」

斉木(・・・)スッ

女生徒「どうぞ~」

海藤「・・・」スッ

女生徒「はいどうぞ~」

燃堂「おう!邪魔するぜェ~!」スイー

海藤「・・・マ、マジかよっ・・・!アイツ・・・通れやがった・・・!」

燃堂「だから言っただろ~?オレっちの女装は完璧だからよッ!」

海藤「バッ・・・!大きな声だすなよッ・・・!」

斉木(まあ、海藤の疑問はもっともだ)

斉木(どう見てもも通報されるレベルの燃堂が何故通れたのか)

斉木(そう、催眠を使ったのだ)
193: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 06:20:43.73 ID:gTNj5+6X.net
補足「催眠」について
斉木が持つ超能力のひとつ。
対象者の姿を周囲に別の誰かと思い込ませる能力。斉木本人には使用不可能。
194: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 06:21:42.76 ID:gTNj5+6X.net
斉木(これで燃堂は他の人には女性に見えるようになっている)

燃堂「オレっちがキレイ過ぎて色んな人に詰め寄られちまうかもしれねェな・・・」ヘヘッ

斉木(良かったな、催眠解いたら警察に詰め寄られるぞ)

燃堂「お?おぉ~ッ!食いモン屋沢山あるじゃねェかッ!」

燃堂「出店潰しの燃チャンとはオレっちの事よッ!片っ端から食ったらァ!」ダッダッダ

斉木(・・・どうやら出店回りにに行ってしまったようだな)
195: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 06:22:24.44 ID:gTNj5+6X.net
斉木(しかし、これは好都合・・・燃堂はμ'sのメンバーと面識がある)

斉木(催眠があるので彼女達には燃堂とは分からないが)

斉木(アイツが彼女達に話しかけると面倒だ・・・)

斉木(今のうちに僕達は早く屋上に行くか・・・)

海藤「このドクロの指輪も良いが・・・この十字架のネックレスも中々・・・」ムムム・・・

斉木(何をしている)
196: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 06:23:37.97 ID:gTNj5+6X.net
斉木(・・・お前も普通に学園祭を楽しむな)グイッ

海藤「さ、斉木?・・・あ、あと少しだけ見させてくれッ!」

斉木(良いから早くいくぞ)

------------
--------
-----

音ノ木坂学院 屋上

ザー

斉木(ふう、着いたようだな)

海藤「おおー!こ、ここがμ'sのみんなが練習していた屋上かーッ!」キラキラ

斉木(目立つとマズイからはしゃぎ過ぎるなよ)

海藤「おぉ!本当にフェンスじゃなくて柵だッ・・・!」キラキラ

海藤「そしてッ!これがノーブラのステージかぁ・・・!」キラキラキラ

海藤「・・・ってイカンイカン!目立っちゃダメだ抑えろッ・・・!」クッ

斉木(そうだ、それで良い)

雪穂「亜里沙~」

亜里沙「あっ」

雪穂「良かった・・・間に合った?」

亜里沙「うん、今始まるとこっ!」

斉木(さて・・・)
197: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 06:24:17.44 ID:gTNj5+6X.net
穂乃果(大丈夫・・・)

穂乃果(いける・・・出来る・・・)

穂乃果(今までもそうやって頑張ってきた・・・)

穂乃果(出来ると思えば・・・)

穂乃果(何だってやって来られたっ・・・)

穂乃果(大丈夫・・・!)
199: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 21:10:27.34 ID:6JBs+s8X.net
Oh yeah! Oh yeah! ・・・Oh yeah!

μ's「「一進一跳ッ!!!」」海藤

斉木(おい)

斉木(まったく・・・さっきの自制心はどうした)

μ's「「ほらッ負けないよねッ!!」」海藤フリフリ

女生徒「えぇ・・・なにあの娘・・・」

斉木(ほら引かれてるじゃないか)

斉木(って言うかそのサイリウムどっから持ってきたの?)
200: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 21:12:24.60 ID:6JBs+s8X.net
------------
--------
-----

Oh yeah! Oh yeah! Oh yeah~!

海藤「FOOOOO!やっぱりノーブラは完璧な曲だっ・・・!」フリフリ

斉木(お前のコールも完璧だったな)

斉木(ふむ・・・しかし生でのライブは圧巻だったな・・・)

斉木(映像と見るのは大違いだ)

穂乃果「あぁっ・・・」ドサッ

斉木「!」
201: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 21:14:33.45 ID:6JBs+s8X.net
海未「穂乃果!」

ことり「ホノカチャン・・・!」

絵里「穂乃果ァ!・・・大丈夫!?」

海藤「え・・・?お、おい斉木・・・!これって・・・?」

斉木(どういう事だ・・・!?)

斉木(昨日彼女はランニングを止めて家に帰ったはず・・・)

斉木(いや・・・今はそんな事を考えている場合じゃない・・・)

斉木(どうする・・・?復元を使うか・・・?)
202: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 21:15:55.56 ID:6JBs+s8X.net
斉木(いや・・・復元を使う場合、直接触れないといけない・・・)

斉木(今ステージに上がるのは目立ち過ぎる・・・)

斉木(どうする・・・?)

雪穂「お姉ちゃんっ・・・!」ダッ

斉木(高坂・・・雪穂・・・!)

斉木(・・・やむを得ない・・・憑依を使うか・・・!)
203: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 21:17:06.49 ID:6JBs+s8X.net
補足「幽体離脱」について
斉木が持つ超能力のひとつ。
人の魂を肉体から取り出したり、肉体に憑依させる能力。
取り出した魂は44秒以内に肉体に戻すか憑依させないと成仏する。
204: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 21:18:57.33 ID:6JBs+s8X.net
雪穂[斉木](よし・・・これで・・・)キュイーン

穂乃果「・・・んっ・・・」

海未「穂乃果!」

ことり「ホノカチャン・・・!」

穂乃果「・・・?」ムクッ・・・
205: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 21:20:14.25 ID:6JBs+s8X.net
真姫「穂乃果ッ・・・!大丈夫なの!?」

穂乃果「・・・」

穂乃果「・・・い、いやぁ~ゴメンゴメンっ!なんか足滑らせちゃったみたい!」

海未「何を言っているのです!さっきのはどう見ても足を滑らせた様には見えません・・・!」

海未「早く病院に・・・!」

絵里「・・・・・・すみません!」

絵里「メンバーにアクシデントが・・・」

穂乃果「絵里ちゃんっ・・・!」

絵里「穂乃果・・・」
206: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 21:22:33.21 ID:6JBs+s8X.net
穂乃果「私は大丈夫っ・・・!だから・・・ライブを続けよう・・・!」

絵里「でも・・・」

穂乃果「ホラ大丈夫だってっ!」ピョンピョン

海未「ふざけている場合では・・・!」

にこ「穂乃果ッ!!!」

穂乃果「にこ・・・ちゃん・・・?」

にこ「・・・」

穂乃果「・・・」

にこ「いけるのね・・・?」

穂乃果「・・・」

穂乃果「・・・うん!・・・いけるよっ・・・!」

にこ「・・・次の曲の準備するわよ」

海未「にこ!」
207: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 21:25:12.41 ID:6JBs+s8X.net
絵里「・・・そうね・・・!」

海未「絵里までっ・・・!」

ことり「海未チャン!・・・ホノカチャンの事・・・信じてあげてっ!」

海未「ことり・・・」

海未「・・・・・・」

海未「穂乃果!」

穂乃果「は、はいっ・・・!」

海未「終わったら・・・すぐに病院に行きますよ!」

穂乃果「・・・・・・うんっ!」

海未「返事はハイですっ!」

穂乃果「はいは・・・」

海未「ハイは一回ですっ!」

穂乃果「うぅ~・・・はい」

海未(・・・ふふっ)

海未「さあ早く次の曲行きますよ!」
208: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 21:27:11.66 ID:6JBs+s8X.net
海藤「・・・どうやら転んだだけのようだったな」ホッ

海藤「一時はどうなる事かと・・・って斉木ッ!大丈夫かお前ッ!?」

斉木(大丈夫だ。僕もただ転んだだけだ)

海藤「斉木・・・お前・・・まさかッ・・・?」

斉木(・・・!)

海藤「穂乃果ちゃん・・・推しなのか・・・?」

斉木(何故そうなる)
209: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 21:29:06.87 ID:6JBs+s8X.net
海藤「おー!そうだったのか!」パアァァ

海藤「うんうん!穂乃果ちゃん推しならショックで倒れても仕方ないなっ!」

斉木(・・・)

斉木(ここはそういう事にしておくか)

海藤(そうかー斉木は穂乃果ちゃん推しなのかー・・・!)

海藤(ふふっ・・・元の世界に帰ったら推しメン談議でもしてやるか・・・)

斉木(それはしたくない)
210: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 21:31:41.36 ID:6JBs+s8X.net
------------
--------
-----

μ's「本日はありがとうございましたーっ!」

海藤「FOOOOO!」バルログブンブン

斉木(それ何本持ってるんだ)

海藤「いやーノーブラ、夏色、ぼらららと神セトリだったな・・・!」

斉木(お前の合いの手も充分神がかってたぞ)

斉木(おかげで周りから奇異の眼で見られていたが・・・)

斉木(ライブは何とか成功した・・・良しとするか)

斉木(さて・・・後は燃堂と合流して帰るか)
211: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 21:33:08.74 ID:6JBs+s8X.net
------------
--------
-----

音ノ木坂学院 校内

海藤「燃堂のヤツ・・・一体ドコにいるんだ・・・?」トコトコ

斉木(出店を周ると言っていたしこの辺りにいるはずだが・・・)

女生徒「クレープどうですかー!コーヒーゼリーもありまーす!」

斉木(なんだと・・・!)

海藤「あっ、おい斉木待てよ~」ダッダッダ
212: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 21:35:19.03 ID:6JBs+s8X.net
女生徒「いらっしゃいませ~!何にしますか~?」

斉木(コーヒーゼリーをあるだけ頼む)

女生徒「はーい!コーヒーゼリーお願いね~!」

斉木(ふふっ・・・ライブを見た後に優雅にコーヒーブレイク・・・悪くないじゃないか)

燃堂「おーっす!コーヒーゼリーお待ちィ!」コト

斉木()
214: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 21:37:23.13 ID:6JBs+s8X.net
燃堂「おぉ!良く見れば相棒じゃねェか!こんな所で何してるんだ?」

斉木(それはコッチのセリフだ)

海藤「おまっ!何してんだよそんな所でッ!」

燃堂「お?なんかよォ、食いまわってたら途中で金ねェのに気づかなくてよ」

燃堂「払えなかった分こうやって手伝いしてるのよッ!」グッ

斉木(出店潰しの燃チャンの面目丸潰れだな)
215: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 21:40:50.18 ID:6JBs+s8X.net
燃堂「最初は会計と一緒にやってたんだけどよォ」

燃堂「なんか金額が合わねェかなんか言われてよ、作る専門でやってンだ」

斉木(あぁ、コイツ数字はからきしだか料理は出来るんだったな)

燃堂「もうすぐ手伝いも終わるからよォ、どっかで時間潰しててくれねェか?」

斉木(・・・それなら仕方ないな・・・どこかで時間を・・・)

海藤「だったら斉木・・・!講堂に行ってみないか・・・?」

斉木(ふむ・・・ファーストライブの場所・・・か)

燃堂「おぅ!だったら後でオレっちもそっちに向かうぜっ!」
216: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 21:42:10.21 ID:6JBs+s8X.net
------------
--------
-----

講堂

海藤「おぉー!ここが伝説の始まりである伝説のファーストライブが行われた伝説の講堂かぁー!」キラキラ

斉木(それ伝説って言いたいだけだろ)

海藤「略して伝伝伝!な~んちゃって♪」

斉木(ウザッ)

斉木(しかし・・・思ったより広い所だったんだな)

斉木(一学校の施設とは思えないな)
217: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 21:45:17.96 ID:6JBs+s8X.net
海藤「でも、こういうとき何て言えば良いのかな・・・?」

斉木(ん・・・?)

海藤「μ'sファイト!オーッ!」

海藤「それでは運動部みたいですよ」

海藤「だよねェ~・・・」

斉木(なに1人芝居を始めているんだ)
218: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 21:47:12.92 ID:6JBs+s8X.net
海藤「あっ思い出した!番号を言うんだよ!皆で」

海藤「面白そうっ!」

海藤「よぉーし、じゃあいくよォ・・・」

海藤「1・・・」

海藤「・・・」ソワソワ

海藤(2って言うんだぞ斉木・・・)ソワソワ

斉木(言わないよ?)

穂乃果「あーっ!」タッタッタ

斉木「!」
219: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 21:49:40.58 ID:6JBs+s8X.net
斉木(高坂穂乃果・・・)

ことり「待ってよぉ~ホノカチャァ~ン・・・」タッタッタ

斉木(・・・と、南ことり・・・か)

穂乃果「ライブに来てくれた娘だよねっ!?観に来てくれてありがとうっ!」

ことり「あぁ~本当だっ!サイリウム振ってくれてた娘達だぁ!」

斉木(僕は振ってないけどな)

海藤「あ、あのっμ'sの南・・・ことりさん・・・ですかっ・・・!?」

ことり「はいっ、スクールアイドルμ'sの南ことりですっ♡」ニコッ

海藤(ヤ、ヤバイ・・・!この声・・・反則すぎるだろっ・・・!)

海藤(いや・・・ダメだ海藤瞬子!俺にはかよちんがいるだろっ・・・!)

斉木(そのくだりいる?)
220: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 21:51:37.12 ID:6JBs+s8X.net
ことり「あぁ~っ!カワイィッ♡お名前なんて言うんですか~?」

海藤「かっ、海藤瞬・・・子・・・です・・・」

ことり「名前もカワイィッ♡中学生かなぁ・・・?是非音ノ木坂に入ってねっ♪」

海藤「は、はいっ!絶対・・・絶対入学します!」パアァァ

斉木(いや入れないよ?)

斉木(やれやれ・・・自分が男子高校生であることも忘れるているようだな・・・)
221: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 21:53:16.82 ID:6JBs+s8X.net
穂乃果「本当に来てくれてありがとうっ・・・!」

斉木(・・・)

穂乃果「・・・あの・・・実はね・・・あのライブで倒れたとき・・・」

穂乃果「本当はすっごくキツかったの・・・」

穂乃果「頭が朦朧としてね・・・皆の声がすごく遠くなっていって・・・」

穂乃果「ラブライブ出場の夢も叶わないんじゃないかっ・・・?って思った」

穂乃果「・・・昨日の夜にね、私・・・ランニングに行ったんだ」

斉木「!」
222: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 21:55:33.22 ID:6JBs+s8X.net
穂乃果「その時にね、ある人に言われたんだ」

穂乃果「自分ひとりでしょい込むな、友達と一緒にしょい込め・・・ってね」

穂乃果「でも・・・その後にまたランニングに行っちゃった・・・」

穂乃果「だからすっごく後悔してたの・・・あの時・・・」

穂乃果「はははっ・・・まあ自業自得なんだけどね」

斉木(・・・)
223: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 21:57:06.68 ID:6JBs+s8X.net
穂乃果「それでね・・・そのとき願ったの」

穂乃果「神様っ・・・!私が間違ってました・・・」

穂乃果「お願いします・・・ライブを続けさせて下さい!・・・って」

穂乃果「そしたらねっ!体が急に軽くなって・・・」

穂乃果「信じられないかもしれないけど、踊れるように・・・なったんだ!」

穂乃果「・・・本当に神様がしてくれたのかは分からない」

穂乃果「でも・・・でもねっ・・・」

穂乃果「今度は間違えないっ・・・!迷わないっ・・・!」

穂乃果「行くよっ・・・!ラブライブ!」

斉木(フ・・・)
224: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 21:59:15.52 ID:6JBs+s8X.net
穂乃果「ってなんで私初対面の人にこんな事言ってるんだろう~っ!」

穂乃果「ごめんねっ!何故かあなた・・・初めて会った気がしなくて」

穂乃果「もしかして・・・どこかで会った事・・・ある?」

斉木「!」

斉木(・・・)

穂乃果「・・・」

穂乃果「なぁ~んてっ!そんな訳ないよねぇ~」

海未「穂乃果ッ!」

穂乃果「う、海未ちゃんっ・・・!?」
225: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 22:01:24.72 ID:6JBs+s8X.net
海未「何をしているんですか!?」

穂乃果「いやぁ~・・・ちょっと気分転換に・・・」

海未「ライブが終わったらすぐに病院に行くと言っていたでしょう!」

海未「ことりもです!全く・・・あなたがついていながら・・・」

ことり「ご、ごめん・・・海未チャン・・・」

海未「とにかく!」

海未「ほらっ!早く病院へ向かいますよ!」

穂乃果「はいは・・・」

海未「ハイは一回ですっ!」

穂乃果「・・・海未ちゃんの鬼~っ・・・」
226: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 22:03:22.91 ID:6JBs+s8X.net
海未「・・・それでは私達は失礼しますので。ライブ、観に来て頂いてありがとうございました」

穂乃果「それじゃあまた!ライブでねっ!」

ことり「瞬子ちゃんも待ってるからねぇ~!」

タッタッタッタ

斉木(ちゃんと病院へ向かったようだな)

海藤「・・・」ボー・・・

斉木(ん?どうした海藤?いつもならはいっ!とか言ってパアァァとか効果音を出してるはずだが)

海藤「・・・」ボー・・・

斉木(あぁ・・・声に・・・やられたか・・・)
227: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 22:05:24.70 ID:6JBs+s8X.net
燃堂「おぉ~!待たせちまッたなっ!」ダッダッダ

海藤「・・・」ボー・・・

燃堂「・・・ブフゥーッ!なんだよチビ!その顔ッ!傑作だぜェ~!」

海藤「・・・ハッ!・・・う、うるさいっ!お前には言われたくねぇぞ!」

斉木(やっと正気に戻ったようだな)
228: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 22:07:32.19 ID:6JBs+s8X.net
斉木(・・・高坂穂乃果)

斉木(作中でのあのライブの失敗は彼女を成長へと導く出来事であった)

斉木(だからこのライブが成功する事により、彼女自身の成長の妨げになってしまうのではないかと危惧していたが・・・)

斉木(その心配は無いようだな・・・)

斉木(ラブライブ出場・・・僕も願っているぞ・・・)
229: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 22:09:30.25 ID:6JBs+s8X.net
------------
--------
-----

後日

---------------------------

音ノ木坂学院 アイドル研究部   
     μ's

   RANK 018
---------------------------


海藤「おぉ!やったぞ!ラブライブ出場決定だっ!」

斉木(・・・これでやっと元の世界に帰れるな・・・)

空助「ふ・・・どうやら今回は僕の負けのようだね・・・」スッ

空助(次こそは必ず・・・楠雄を追い詰めて・・・追い詰めて・・・ウフフフフ・・・アヘヘ・・・)

斉木(わざわざテレパスキャンセラーを外すな)
230: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 22:13:03.37 ID:6JBs+s8X.net
空助「約束通り次元転送装置で楠雄達を元の世界に帰すね!」

海藤「色々あったけど・・・いざ帰るってなると名残惜しいな・・・」

斉木(確かにそうだな・・・)

海藤「でも、この思い出は俺達の胸の中で永遠に行き続けるっ・・・!」

燃堂「フッ・・・チビの言う通りだぜっ・・・」

海藤「燃堂・・・」

燃堂「コノオモイデハオレタチノムネノナカデ・・・」

海藤「テメーまた馬鹿にしてんのか!?」

燃堂「ぎゃっはっはっ!早く行くぜェ!」ダッダッダ
231: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 22:14:41.54 ID:6JBs+s8X.net
空助「それじゃあ3人共!この椅子に座ってくれ!」

斉木(どう見ても電気椅子にしか見えないんだけど大丈夫なのかこれ)

空助「ん~?大丈夫大丈夫!多分!」カチッ

斉木(多分!?)

シュイーン・・・
233: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 22:16:20.24 ID:6JBs+s8X.net
------------
--------
-----

シュイーン・・・

海藤「うおっ」ドサッ

燃堂「おっ?」ドサッ

斉木(・・・)スタッ

海藤「イテテテ・・・こ、ここは・・・秋葉原か?」

斉木(男女比は五分五分・・・垂れ幕はμ's・・・!)

海藤「作画も俺達と一緒だっ・・・!という事は・・・」

斉木(ああ・・・)

海藤「か・・・帰ってきたんだっ・・・!俺達ッ・・・!」ウルウル
234: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 22:19:11.75 ID:6JBs+s8X.net
------------
--------
-----

斉木宅

燃堂「やっと相棒の家に帰れンのかぁ~」

海藤「そうだな!」

燃堂「お?ってェー事はライブの続き見れんのか?」

海藤「おう!お前にコールのなんたるかを叩き込んでやるぜ!」

斉木(フ・・・あまりはしゃぎすぎるんじゃないぞ)

ガチャッ

斉木父「ママ・・・今日はとってもハラショーだよ・・・///」

斉木母「パパったら・・・後悔・・・するわよ・・・?///」

斉木()
235: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 22:20:30.07 ID:6JBs+s8X.net
燃堂「お?相棒の母ちゃん!ポニーテール似合ってるじゃねェか!」

斉木父「く、楠雄っ・・・!?お前達どっかに行ったんじゃ・・・!?」アセアセ

斉木母「くーちゃん・・・これは、違うのよ・・・?」アセアセ

斉木父「そうだっ・・・!決してエリチカプレイをしていた訳ではなくてっ・・・あっ・・・」

斉木(何も言うな)

海藤「斉木・・・俺は・・・何も見てないぞ・・・」ポン

斉木(言うな)
236: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 22:23:39.31 ID:6JBs+s8X.net
斉木の部屋

斉木(ふう・・・やっと本当の自分の部屋に辿り着く事ができたぞ)

斉木(向こうでは数日過ごしたが、こちらでは数時間程度の出来事になっているようだな・・・)

燃堂「早くライブの続きを見ようぜェ~・・・!」

斉木(そうだな・・・まずはライブの続きを見るか)ピッ

NO DISC

斉木(ん・・・?おかしいな・・・)ピッ

NO DISC

海藤「・・・ん?・・・あれっ!?ここに置いていた2期のBDが無いぞっ!?」

海藤「1期はあるのに!・・・えっ?一体どこに?え?え!?」ガサゴゾ

斉木(ライブと2期のBDが無く、1期のBDがある・・・?)

斉木(・・・まさか!)ダッ

燃堂「お?なんだ相棒、またアニメでも見んのか?」

斉木(僕の予想が正しければ・・・!)ウィーンガシャ

\こうして私達はラブライブ出場を果たしたのだっ!/

海藤「学園祭のライブが成功・・・?」

海藤「お・・・おい・・・これってまさか・・・」

斉木(僕達があの世界でライブを成功さえた事により・・・)

\でも・・・私達は終わらない・・・/

斉木(僕達の世界での作品にも影響をおよぼしてしまった・・・?)

\私達のライブは・・・これからだっ!/


海藤「お・・・」

燃堂「お?」

斉木(おっふ・・・)


斉木達の戦いはこれからだっ!


おっわり
237: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 22:26:37.26 ID:6JBs+s8X.net
スマン、おわりです。
見てくださった方、ありがとうございました。

ことりの留学は書こうと思っていたけど長くなりそうだったので省略しちゃいました
ごめんなさい
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『海藤「今日斉木の家でラブライブ観ようぜ!」燃堂「お?だったら後で相棒の家集合な!」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。