ダイヤ「ただいま帰りました…」鞠莉「あ、お帰りダイヤ」

シェアする

鞠莉-アイキャッチ7
1: 鶯団子 2017/07/09(日) 22:39:18.07 ID:Y1tGqMWYO
ダイまりです、

前作→鞠莉「今日は絶対ご飯!」ダイヤ「絶対パンですわ!!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498225953/

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1499607558

※ タイトルがクリック出来るものは当サイト内記事へのリンクです(管理人)

元スレ: ダイヤ「ただいま帰りました…」鞠莉「あ、お帰りダイヤ」

スポンサーリンク
2: 鶯団子 2017/07/09(日) 22:42:08.56 ID:Y1tGqMWYO

ダイヤ「…」ガチャガチャ

ダイヤ「はぁ…」ガチャリ

ダイヤ「もう誰もいないのも慣れましたわね。」バタン

ダイヤ「とりあえず買ってきたものを冷蔵庫に…と。」

ダイヤ「ただいま帰りました…」

ダイヤ「フッ、…なんて言っても誰もい「あ、お帰りダイヤ。」

ダイヤ「!?……嘘でしょう?その騒がしい声…!!」
3: 鶯団子 2017/07/09(日) 22:46:31.82 ID:Y1tGqMWYO
鞠莉「あら失礼しちゃう、この綺麗なブロンドと整った顔がマリー以外の人に見えるかしら?」

ダイヤ「見間違えようもないですけれど…って違いますわ!!なぜ鞠莉さんがここにいるんですの!!」

鞠莉「なぜって…ダイヤは生きてるかなーーって?」

ダイヤ「どんな理由で!まったく靴を隠してまで驚かせて…!!連絡の一つでも寄越してからにしてくださいな!!」

鞠莉「え?靴は靴箱に…、あ!ダイヤってば、靴脱ぎっぱなしにするようになったんだぁ??」

ダイヤ「なっ…!?うるさいですわ!!」

鞠莉「一人暮らしになったらズボラしちゃって可愛いんだから~♪j

ダイヤ「誰もいない時ぐらいはいいじゃありませんか!!」

鞠莉「まぁ私がいるとは思わないわね~?」フフッ

ダイヤ「だって…鞠莉さんはあの時…あの時…!!」ウルッ

鞠莉「はいはいちょっと前のお涙頂戴な思い出話はノンノンよ?ダイヤ、お決まりだけど…」
4: 鶯団子 2017/07/09(日) 22:49:56.64 ID:Y1tGqMWYO
鞠莉「お帰りなさいダイヤ。ご飯にする?お風呂にする?それとも…ふふっ、あたしにする??」

ダイヤ「え…、あ…、夕飯にするつもりでしたけど。」

鞠莉「もう!つれないんだからぁ~!ま、いいわ!ご飯にしましょう!!」

ダイヤ「まだ全然状況が飲み込めていないのですけれど…」

鞠莉「その買い物袋から見るに今日はお味噌汁かしら?ならマリーが作ってあげるから、ダイヤはゆっくりしてて!」

ダイヤ「鞠莉さんがお味噌汁を…?作れるのですか…?」

鞠莉「舐めてもらっちゃ困るわね!ほぉら!手洗ったらゆっくりしなさい!!」
5: 鶯団子 2017/07/09(日) 22:54:35.37 ID:Y1tGqMWYO
______________________________________


ダイヤ「結局押し切られてくつろいでますが…落ち着きませんわね…」


<シンジテルー♪ コトバノマホー♪


ダイヤ「AZALEAをチョイスして…」

ダイヤ「あの様子じゃ生存確認しに来たわけではないでしょうし…一体本当は何をしに来たんでしょう?」

鞠莉「ダイヤー?出来たけどもう食べられるかな?」

ダイヤ「ええ、運ぶのくらいは手伝いますわ。」
6: 鶯団子 2017/07/09(日) 22:59:29.31 ID:Y1tGqMWYO
~~~

「「いただきます!!」」

ダイヤ「やっぱり鞠莉さんの分もあるんですのね…、お椀までしっかりと…」

鞠莉「勿論よ!洗ったら食器棚に置いとくつもりよ♪ダイヤのお椀の隣♪」

ダイヤ「住む気なんですの…?」

鞠莉「どうしようか?住んでほしい??」

ダイヤ「食器を洗い次第帰ってもらいます。」

鞠莉「や~んイケズ~!」

ダイヤ「お黙りなさい…。大体私の家の場所をどこで知ってどう入ってきたんですの?」

鞠莉「うーん…秘密♪」
7: 鶯団子 2017/07/09(日) 23:05:22.86 ID:Y1tGqMWYO

ダイヤ「でしょうね…、鞠莉さん自身はいつまでいるつもりなんです?」

鞠莉「来た目的を果たすまでかな?どうせダイヤのことだから生存確認は嘘だって分かってるんでしょ?」

ダイヤ「あら話が早い…、ならその目的を…「美味しい??」

ダイヤ「…はぁ?」

鞠莉「お味噌汁とありもので作った肉じゃがちゃん、美味しい?」

ダイヤ「……美味しいですわ。久しぶりに他人の手料理を頂きましたね…。」

鞠莉「えへへ、よかったわ♪」

ダイヤ「鞠莉さん…なんだか丸くなりましたわね。」

鞠莉「え?レディの体型に口出ししちゃダメでしょ…気にしてるのに。」
8: 鶯団子 2017/07/09(日) 23:11:59.24 ID:Y1tGqMWYO

ダイヤ「違います!性格ですわ!どこか浦女にいた時より柔らかくなったというか…。」

鞠莉「そうかしら?ダイヤが言うんならそうかもね…。ダイヤはなんか疲れてるわよね。」

ダイヤ「それこそ違うと思いますけれど…、大学の生活もなかなか充実してるとは思いますわ。」

鞠莉「ふーん?例えば?」

ダイヤ「……例えばって…」

鞠莉「やっぱりいいわ!お風呂に入りましょ!!一緒に!たまにはいいでしょ?」
9: 鶯団子 2017/07/09(日) 23:16:42.70 ID:Y1tGqMWYO
ダイヤ「また急に…構いませんけれど…、うちは自動給湯ではありませんので蛇口をひねって十数分待ってくださいな。」

鞠莉「過去ずら…」

ダイヤ「花丸さんで遊ばない!」

鞠莉「ゴメンゴメン♪じゃあそっちはよく分かんないから任せるわね?私は食器洗ってるよ。」

ダイヤ「お願いしてもいいですか?ガスを使うなら同時に使ってしまいたいですし…」

鞠莉「けちくさいわね…。」

ダイヤ「さっさと動く!!」

鞠莉「はーい♪」スタコラ


ダイヤ「…なんだか騒がしいのも久しぶりですわね。」クスッ
10: 鶯団子 2017/07/09(日) 23:21:47.58 ID:ytmsn4/1O
______________________________________


カポーン

鞠莉「…大きく…なってないわね。ご愁傷様。」

ダイヤ「溺死したいんですの?」

鞠莉「It's joke!石頭も変わらないんだから~♪」クスクス

ダイヤ「まったく…、そういえば、Aqoursの皆さん…今頃はどうしているのでしょうね?」

鞠莉「あれ?ダイヤも知らないの?ついでに聞こうかと思ってたのに…」

ダイヤ「私なら知っていると思っていたんですか?」

鞠莉「ほら、ルビィはまだ内浦に残ってるし…Aqoursのメンバーもあまり遠くに行く人は少ないからルビィから何か聞いてないのかなーって。」

ダイヤ「申し訳ありませんわ。なかなか時間が確保できずにルビィと話もできなくて…こちらに来たいと言っていたので明日明後日には会うでしょうし、その時に皆さんの近況を聞かせてもらう予定ですの。」
11: 鶯団子 2017/07/09(日) 23:23:48.44 ID:ytmsn4/1O
鞠莉「そっか…、じゃあその時までいようかな?」

ダイヤ「帰りなさい。」

鞠莉「はーい!じゃあねダイヤ!」ザバァ

ダイヤ「えっもう上がるんですか!?まさか本当に帰る…」

鞠莉「寂しい?」

ダイヤ「」ビクッ

ダイヤ「そんなことはありませんわ!…少し驚いただけです。」

鞠莉「大丈夫よダイヤ。先に上がって待ってるから。ゆっくりあったまってね?」

ダイヤ「……はい…。」

鞠莉「帰らないわよ…貴女の笑顔を見なきゃいけないんだから。」ボソッ
12: 鶯団子 2017/07/09(日) 23:26:49.71 ID:ytmsn4/1O

______________________________________


ダイヤ「いいお湯でしたわ。鞠莉さんは…?」

鞠莉「…♪」ニヤニヤ

ダイヤ「何を私の部屋でニヤニヤと…って!!」

ダイヤ「鞠莉さん見ましたわねっ!!?」バッ

鞠莉「ダイヤって乙女よねぇ…」ニヤニヤ

ダイヤ「あ…ああぁ……」ワナワナ

鞠莉「私がドローンで送った私のフィギュア、まだ飾ってくれてるのね♪それにAqoursの寝そべりも9人コンプしてるし…♪」

ダイヤ「忘れてください…!忘れてくださいまし……!!!」カーーッ
13: 鶯団子 2017/07/09(日) 23:29:41.68 ID:ytmsn4/1O
鞠莉「なんでよぉ、ダイヤがAqoursのこと、マリーのこと、ダイスキなんだなって伝わって嬉しいわよ♪」

鞠莉「それに…寂しいから、最っ高にシャイニーだった私たちから元気をもらってるんでしょ?」

ダイヤ「あ…」

鞠莉「図星ね♪ねぇダイヤ。膝枕したげるわよ?」

ダイヤ「はぁ!?な、何を言うんですの!?」

鞠莉「どうしたの?今はお姉ちゃんでいなくていいのよ?」

ダイヤ「…!」

鞠莉「私たち…パンかごはんかで下らない喧嘩もした…恋人なんだからさ。マリーお姉さんも頼ってよね。」

ダイヤ「まだそう思ってくれていたのですか…」
14: 鶯団子 2017/07/09(日) 23:32:17.91 ID:ytmsn4/1O

鞠莉「?確かに疎遠になっちゃってたけど…別れたわけじゃないでしょ?それとも嫌いになった?」

ダイヤ「そんなこと!今だって大好きですわ!」

鞠莉「ありがと♪私もダイスキよ、お互い好き同士なんだから恋人に決まってるじゃない!」

ダイヤ「ふふっ…、むちゃくちゃな理論ですわね…」

鞠莉「やっと表情がソフトになってきたわね♪さぁ、おいで?」トントン

ダイヤ「はぁ…特別、ですわ。」
15: 鶯団子 2017/07/09(日) 23:36:16.25 ID:ytmsn4/1O

~~~

鞠莉「相変わらずの撫で心地ね~♪」ナデナデ

ダイヤ「あまり撫ですぎないでくださいな。髪が崩れます。」ウレシイデスガ

鞠莉「だってなんかネコみたいで可愛くて…、ああネコじゃなかったわね。そういえば。」

ダイヤ「その減らず口と腰両方とも動かなくされたいんですの?」

鞠莉「ヤダ怖いわ~♪ヘタレのダイヤに出来るわけないのに~♪」

ダイヤ「……たまには私からでしたわ。」

鞠莉「たまには、ね♪」

ダイヤ「鞠莉さんといるとほんと調子狂いますわね…」
16: 鶯団子 2017/07/09(日) 23:40:26.43 ID:ytmsn4/1O
鞠莉「たまってるから?」

ダイヤ「誘ってるんですか?さっきから…」

鞠莉「さぁね~、私はダイヤを撫で続けるのみよ♪」

ダイヤ「……まぁ好きに撫でてくださいな。」

鞠莉「ふふ、いいこいいこ~♪」ナデナデ

ダイヤ「からかうのは無しですわ。」

鞠莉「ぶっぶーですわじゃないの?」

ダイヤ「…ぶっぶーですわ。」ボソッ

鞠莉「うん脳内リピート余裕ですありがとうございました♪」

ダイヤ「なにをしているのだか…」
17: 鶯団子 2017/07/09(日) 23:44:59.75 ID:ytmsn4/1O
鞠莉「ねぇダイヤ。」

ダイヤ「なんです?」

鞠莉「今まで…寂しかった?」

ダイヤ「…そうですわね。」

鞠莉「不安だった?」

ダイヤ「不安な時もありましたわね。」

鞠莉「今も、でしょう?」

ダイヤ「ん…」
18: 鶯団子 2017/07/09(日) 23:50:55.66 ID:ytmsn4/1O
鞠莉「なんだかよくわからない。でも心の中でぐるぐるとしてる漠然とした不安。」

鞠莉「このままでいいのかなって。明日は、将来はどうなってるんだろうって。先の見えない怖さ。」

ダイヤ「…」

鞠莉「誰からのかもわからない期待に押しつぶされそうになって、自分の道を見失うんじゃないかって。常に何かの締め切りに迫られてるような気持ち悪さ。」

ダイヤ「…あ…りますわ。」

鞠莉「つらかったわよね。全部…放り投げたくなっちゃうわよね。」

ダイヤ「…っ」ジワッ
19: 鶯団子 2017/07/09(日) 23:54:14.71 ID:ytmsn4/1O
鞠莉「ねぇダイヤ。」

ダイヤ「なんっ…です?」ウルウル

鞠莉「大丈夫よ。大丈夫。」ナデナデ

ダイヤ「…っ!!」

鞠莉「私の前なら強がらないでいいのよ。いつでも強気なダイヤじゃなくていい。」

鞠莉「泣いて…いいよ?」

ダイヤ「…っ!うっ、うぅ…!」グッ

鞠莉「大丈夫よダイヤ。全部吐き出しちゃお?」
20: 鶯団子 2017/07/09(日) 23:57:25.57 ID:ytmsn4/1O
ダイヤ「う”っ…、寂し…かった…!!っつらかったぁ…!!」

鞠莉「うん…」ナデナデ

ダイヤ「いつもの調子でっ…調子でいれば…!気にせずにいら、っれると思っていましたわ…っ!!」グスッ

鞠莉「うんっ…」ナデナデ

ダイヤ「でもっ…!何から何までっ!不安で…!不安でぇ…っ!」

鞠莉「うん…うん…!」ナデナデ

ダイヤ「独りでいるのがつらくてっ…!!ひぐっ、うぁ…!」
21: 鶯団子 2017/07/10(月) 00:00:02.30 ID:1rdDZkJ8O
鞠莉「大丈夫…」サスサス

ダイヤ「けほっ、こうして…泣いてしまったらダメな気がしてっ…!!」

ダイヤ「自分の気持ちにっ、蓋をしたままで…!!」

鞠莉「うんっ…!」ナデナデ

ダイヤ「私が…私でなくなりそうでっ…、怖かったぁ!!!」

鞠莉「大丈夫だよ…、ダイヤはちゃんとダイヤだよ…!」ナデナデ

ダイヤ「うぅっ、うぐっ、あ”ぁぁぁぁぁ!!!」

鞠莉「うん、好きなだけ泣いていい、私はずっとここにいるからね。」ナデナデ
22: 鶯団子 2017/07/10(月) 00:04:31.16 ID:1rdDZkJ8O
______________________________________


ダイヤ「ずびばぜん…おみぐるじいところを”…」ズルズル

鞠莉「とりあえず鼻かもうねダイヤ。」
23: 鶯団子 2017/07/10(月) 00:07:40.98 ID:1rdDZkJ8O
~~~

ダイヤ「ふぅ…、ありがとうございます鞠莉さん。だいぶ気分も晴れやかになりましたわ。」

鞠莉「そう?ならよかった♪あんまり肩肘張って生きてるのも大変でしょう?適度に息抜きしないとね。」

ダイヤ「本当にそう思います。鞠莉さんの生き方が羨ましいですもの。」

鞠莉「あら、私は私で結構大変なのよ?」

ダイヤ「鞠莉さんのそんなところ、尊敬していますわ。」

鞠莉「藪からスティックね…?嬉しいけど。」
24: 鶯団子 2017/07/10(月) 00:11:21.04 ID:1rdDZkJ8O
ダイヤ「ふふっ、なんですのその藪からスティックとは…」

鞠莉「トリコリコステッキみたいなもんじゃない?」

ダイヤ「トリコリコステッキはもっと高尚ですわ。」

鞠莉「なにそれ?意味わかんないわね…」クスクス

ダイヤ「真姫さんの真似ですか?似てませんでしたね。」クスクス

鞠莉「あはは、μ'sの台詞は汎用性が高いのよね~♪」

ダイヤ「にわかほどよくそう言いますわね…」クスクス

鞠莉「えへへ♪私はダイヤが笑ってくれればなんだっていいのよ♪」
25: 鶯団子 2017/07/10(月) 00:15:15.16 ID:1rdDZkJ8O


鞠莉「泣いちゃって目は真っ赤だけど…やっぱり笑顔が一番素敵だもん♪」

ダイヤ「ふふっ、貴女という人は…それが目的でしたのね。」

鞠莉「うん!疲れ切ったダイヤを笑顔にする作戦でした!どうだった?」

ダイヤ「どうだったもなにも…」スッ

鞠莉「…?んむっ!?」ビクッ

ダイヤ「…こうですわ♪」ペロリ

鞠莉「ぎ…ギルティな…」
26: 鶯団子 2017/07/10(月) 00:20:04.96 ID:1rdDZkJ8O


ダイヤ「鞠莉さん、今日は折角なので一緒に寝ましょうか。」

鞠莉「えっダイヤ?待って心の準備が…」アセアセ

ダイヤ「私を笑顔にさせに来たんでしょう?もっと悦ばせてくださいな。」ニヤッ

鞠莉「ちょっと…?鼻息がvery hardよ…?」

ダイヤ「朝早く起きて私の寝顔を堪能する権利は与えますわぁ…、ですので…」

ダイヤ「楽しみましょう?」ギラン

鞠莉「へ?ちょ…!Stop!Stop!ダイヤ!ちょ、っともう!!」


……
27: 鶯団子 2017/07/10(月) 00:23:49.01 ID:b+akyuiGO
____________________
___________
_______


(・8・)チュン(^8^)チュン


鞠莉「痛った…、ホントにたまってたのね…」

ダイヤ「くぅ…くぅ…」スヤスヤ

鞠莉「まったくぅ…かわいい顔して寝てるんだから…♪」ツンツン

ダイヤ「やめ…んぅぅ…」スヤスヤ

鞠莉「あぁダメねこれ、変な扉開いちゃうわ。」フルフル

鞠莉「ダイヤにも言ってないけど…、向こうの大学卒業して大学わざわざ合わせたんだしどうせ同棲することになってるから…このままにしといた方がいいわね♪」

鞠莉「愛してるわよ。ダイヤ。」チュ
28: 鶯団子 2017/07/10(月) 00:28:30.80 ID:b+akyuiGO
~~~

ルビィ「おねいちゃあー、入るよ~?」



ルビィ「うゅ…?おねぃちゃあいないの…?」ガチャッ

ルビィ「…ありぇ?」マリチャンダ

ルビィ「……?どうしたの?」

鞠莉「Top secret♪」クスッ


おしまいですわぁ!!
29: 鶯団子 2017/07/10(月) 00:29:16.38 ID:b+akyuiGO
お退屈様でした、HTML化依頼を出してきます。

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
ダイヤ「ただいま帰りました…」鞠莉「あ、お帰りダイヤ」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『ダイヤ「ただいま帰りました…」鞠莉「あ、お帰りダイヤ」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。