穂乃果「今日は穂乃果の――」

シェアする

穂乃果-アイキャッチ17
1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/08/03(日) 21:42:35.95 ID:vFr4NGb8.net
穂乃果「すぴ~・・・・すこ~・・・」

穂乃果「す~・・・んごっ・・・!」

穂乃果「はっ!!今日は穂乃果の!」ガバッ




穂乃果「おかーさん、おっはよー!」

穂乃果ママ「あら、穂乃果。今日はめずらしく早起きなのねぇ、遠足のとき以来じゃない」クスクス

穂乃果「もうっ、おかーさん!穂乃果だって早起きすることぐらいあるよぅ!」

穂乃果「そんなことより!今日は何の日か知ってる!?」ワクワク

穂乃果ママ「今日はたしか・・・8月3日だったかしら・・・。」

穂乃果「うんうん!それでそれでっ!?」ウズウズ

元スレ: 穂乃果「今日は穂乃果の――」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/08/03(日) 21:43:43.93 ID:vFr4NGb8.net
穂乃果ママ「お母さん何か予定入れてないか、カレンダー見てくるわねっ」ニコッ

穂乃果「おかーさん!わざと言ってるでしょー!!今日は穂乃果の誕生日だよー!!」

穂乃果ママ「冗談よ、穂乃果。誕生日、おめでとう!ちゃーんと予定入ってるわよ~、お母さんの心のカレンダーに♪」

穂乃果「穂乃果、忘れられてるかと思ってドキドキしちゃったよ!もうっ、いじわるなんだからっ!」

穂乃果ママ「ごめんごめんっ、今日も学校で海未ちゃんたちと練習があるんでしょう?早く支度しちゃいなさい」

穂乃果「はーいっ!♪」
4: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/08/03(日) 21:45:07.95 ID:vFr4NGb8.net
雪穂「あっ、おねーちゃんおはよ~」

穂乃果「おっはよう!雪穂!」

穂乃果「ねぇねぇ雪穂!今日は何の日か知ってる~?」ニヤニヤ

雪穂「知ってるよぉ、おねーちゃんの誕生日でしょ?さっきお母さんと話してたの丸聞こえだったし」

穂乃果「はぁ~♪雪穂のプレゼント、楽しみだなぁ~!」

雪穂「って、人の話聞いてないしっ」

雪穂「もぅ、おねぇちゃんっていっつも誕生日になるとプレゼントの話ばっかりするんだから」ハァ

穂乃果「だって楽しみでしょうがないんだもん!」

雪穂「そんなにプレゼントのことばかり言ってると、みんなプレゼントくれないよ?」

穂乃果「えぇ!?それは困るよ!わかった!今日の練習では黙っておくよ!」キリッ

雪穂「調子いいんだから・・・」

穂乃果「今日も練習がんばるぞー!そして、今日もパンがうまいっ!」モグモグ
10: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/08/03(日) 21:54:34.84 ID:vFr4NGb8.net
――通学路――

穂乃果「ら~んらら~んらら~ん♪くーるくるくるくるくる~♪」

穂乃果「こっとりちゃ~ん!う~みちゃ~ん!おっはよう!」

海未「穂乃果、おはようございます」

ことり「おはよう、穂乃果ちゃん♪今日も元気だねっ!」

穂乃果「もっちろん!なんたって今日は穂乃果の誕生日!嬉しくもなるよ~!」

海未「自分から言い出すなんて、さすが穂乃果ですね」クスッ

穂乃果「海未ちゃん!からかってないで穂乃果のことお祝いしてよ~!」プンプン

海未「わかっています、穂乃果、お誕生日おめでとう」ニコッ

ことり「穂乃果ちゃん、お誕生日おめでとう♪ことりもお祝いしたくてうずうずしてたよ~!」

穂乃果「ありがとう!二人とも!今日は素敵な一日になるといいなぁ~!」
11: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/08/03(日) 21:58:31.37 ID:vFr4NGb8.net
穂乃果「あぁ~、思えば今まで、友達で誕生日をちゃんと祝ってくれるのは海未ちゃんとことりちゃんだけだったよ・・・!」

ことり「穂乃果ちゃんの誕生日には学校も、夏休みに入っちゃってるもんね・・・」アハハ・・・

海未「そうですね、私もことりも、毎年この時期が来ると穂乃果のことで頭がいっぱいでした」

穂乃果「あれっ?海未ちゃん、穂乃果のことで頭がいっぱいって、そんなに穂乃果のこと考えてくれてたの~?」ニヤニヤ

穂乃果「嬉しいなぁ~、海未ちゃんだ~いすきっ!」モッギュー

海未「ちょ、穂乃果ぁ!?こんなところで急に抱き着くのはっ////」

穂乃果「だって嬉しいんだもんっ♪」

穂乃果「よ~しっ!ことりちゃんもぎゅ~ってしちゃうぞ~!」モッギュー

ことり「穂乃果ちゃ~ん、苦しいよ~」ウキウキ

穂乃果「今年もたくさんプレ・・・っ!じゃなかった!練習がんばらなきゃ!」

海未「もぅ・・・プレゼントを楽しみにしてるのがバレバレですね・・・」ヒソヒソ

ことり「そうだねっ、がんばって準備した甲斐があるね海未ちゃん!」ヒソヒソ
15: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/08/03(日) 22:20:36.03 ID:vFr4NGb8.net
――部室――

穂乃果「みんなおっはよー!」ガチャ

花陽「あ、穂乃果ちゃんおはよっ」

凛「おはようだニャー、穂乃果ちゃん」

真姫「いつものことだけど、相変わらず朝から元気ね、穂乃果は」

穂乃果「真姫ちゃんもおっはよう!」

真姫「はいはい、おはよう穂乃果」

にこ「あんたたち遅いわよ!さっさと練習始めないと日差しが強くなってきちゃうでしょ!?」

にこ「アイドルにとって真夏の紫外線は天敵なのよ!?」

穂乃果「えぇ~!?穂乃果今日はめずらしく早起きしてきたのに!?」

海未「早起きしても家を出るのはいつもと同じじゃないですか?」

穂乃果「あれ、そうだっけ?全然気づかなかった・・あはははは・・・」
16: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/08/03(日) 22:23:32.92 ID:vFr4NGb8.net
穂乃果「そういえば、希ちゃんと絵里ちゃんは?」

ことり「あっ!希ちゃんと絵里ちゃんはたぶん生徒会のお手伝いじゃないかな・・・」アセアセ

穂乃果「そうなんだ!朝から大変だねぇ~、じゃあ穂乃果が生徒会室まで行って呼んできてあげるよ!もうすぐ練習始まるし!」ガタッ

花陽「いやっ、穂乃果ちゃんが行くことないよ!!私が行ってくるよ!!」アタフタ

凛「そうニャ!そうニャ!穂乃果ちゃんが行くぐらいなら、り、凛が走って呼んでくるよ!」アタフタ

真姫「そうよ!穂乃果は今来たところなんだし、ちょっと涼んでいなさい」アタフタ

穂乃果「そう・・・かな?なら、凛ちゃんたちにお願いしようかなっ♪」

凛「う、うん!そうしたほうがいいに決まってるニャ!」

凛「じゃあ、ちょっと行ってくるニャ!」ガチャ、ダダダダダッ・・・・

穂乃果「じゃあ3人が帰ってくるまで、順位が上がってないか見とこうかな!」ポチポチ

海未(ふ、ふぅ・・・危ないところでした・・・ナイスです凛!花陽!)

にこ(穂乃果は天然すぎて何をしでかすかわかったもんじゃないわね・・・サプライズなんだから見つからないようにうまく隠しておかないと・・・)

ことり(うまくごまかせてよかったぁ・・・こういうとき穂乃果ちゃんが鈍感で良かったって思っちゃう♪)
18: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/08/03(日) 22:43:55.64 ID:vFr4NGb8.net
―――数分後―――

絵里「遅くなってごめんなさい、おはよう穂乃果」ガチャ

希「おはようさん、穂乃果ちゃん」

真姫「みんな集まったことだし、そろそろ練習始めようじゃない」

絵里「そうね、今日も気合入れていきましょう!」

希「望むところやん!」

穂乃果「よ~し、がんばるぞ~!」

穂乃果(おかしいな・・・海未ちゃんとことりちゃん以外、誰も穂乃果の誕生日祝ってくれてない・・・)

穂乃果(もしかして忘れてるとか!いやいや、きっとたっくさんプレゼント用意してくれるよ!)





希「凛ちゃんが教えに来てくれてほんま助かったなぁ、エリち、もう準備はばっちりやんな?」ヒソヒソ

絵里「ええ、完璧よ。あとはどれだけ穂乃果に気付かれないようにするかが問題ね、練習後が楽しみだわ」ヒソヒソ
20: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/08/03(日) 22:59:53.50 ID:vFr4NGb8.net
――屋上――

海未「ワン!ツー!スリー!フォー!ファイブ!シックス!セブン!エイト!」タンッタンッタンッタンッ

海未「凛!ちょっと早いですよ!真姫はもっと大きく動く!」

凛「わかったニャ!」

真姫「はいっ!」

海未「にこ!昨日言ったステップまだ間違ってます!花陽はちょっと遅いです!」タンッタンッタンッタンッ

花陽「は、はいっ!」

にこ「わかってるわ!」

海未「希は今の移動をスムーズに!絵里はポーズが甘いです!」タンッタンッタンッタンッ

希「任せといて!」

絵里「了解よっ!」

海未「ことり!穂乃果!疲れてきた!?」タンッタンッタンッタンッ

ことり「いけるよ!」

穂乃果「まだまだっ!」

海未「ラスト―ー!!」

穂乃果(海未ちゃん、今日はいつにも増して気合が入ってる・・・・)

穂乃果(穂乃果も負けられないっ・・・!)
21: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/08/03(日) 23:03:27.69 ID:vFr4NGb8.net
穂乃果「うぅぅ・・・疲れたよぉ~」グッタリ

にこ「もう足が動かな~い」クタクタ

海未「ちょっと厳しすぎましたかね、絵里?」

絵里「まあたまにはこれくらいハードな練習も必要かもねっ・・・」

絵里「でも、さすがに私も疲れたわ・・・海未ってば、ほんと練習の鬼ね・・・」

海未「絵里の考えた練習メニューですよ!しっかりしてください・・」

絵里「それもそうだったわね・・・反省しないとねっ♪」

凛「かよちん、お水取って欲しいニャー」

花陽「はい、どうぞっ、凛ちゃん」ニコッ

凛「ありがとー!!」
23: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/08/03(日) 23:04:36.42 ID:vFr4NGb8.net
真姫(さすがにこれぐらい練習がきついと・・・穂乃果も誕生日のことが頭から離れてるんじゃないかしら・・・・)

真姫(ふふっ、穂乃果の驚いた顔が楽しみね・・)

にこ「あれ~?真姫ちゃん何にやついてるの~?もしかして~穂乃果の寝顔がかわいいとか考えてるぅ~??」ジー

真姫「ヴぇええ!?そ、そんなんじゃないわよ!////」

ことり「でもぉ、にこちゃんも踊ってるとき穂乃果ちゃんのことよく見てた気がするなぁ~」

にこ「み、見てないわ!ほんとよ!ことりもいい加減なこと言うのやめてよね~」アセアセ

にこ(穂乃果のプレゼント、部室の机の引き出しに入れてたの忘れてたわ・・・!早く回収しなきゃ・・・!)

穂乃果「すぴ~・・・・」

花陽「って、穂乃果ちゃん本当に寝てるぅ!?」

海未「今朝は早起きしたとか言ってましたから・・・・ほら、穂乃果、こんなところで寝るといくら夏だからって風邪を引きますよ」ユサユサ

穂乃果「うわ!穂乃果いつのまに寝てた!?はぁ~・・日かげで寝転がってるとつい気持ちよくて・・・・」ウトウト
24: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/08/03(日) 23:06:37.21 ID:vFr4NGb8.net
にこ「シートの上陣取るのやめなさい!」ビシッ

穂乃果「いたたっ!もうにこちゃんひどいよぉ~」

希「そろそろ練習再開する?結構ハードなのこなした気がするんやけど、どうするん海未ちゃん?」

海未「そうですね・・・もうお昼も近いことですし、日も照ってきましたから、今日はこのくらいにしておきましょうか」

希「おっ、さすが海未ちゃん!ウチもそう思ってたん!」

希(早く着替えて、生徒会室で穂乃果ちゃんたちを待ち伏せや!)

穂乃果「あ~、海未ちゃん暑いよ~」バタバタ

海未「夏ですから、暑いのは当然です」

穂乃果「こんな日はプールで水浴びとかしたいなぁ~・・・・」

穂乃果「・・・・そうだ!みんなで水浴びしようよ!!」

ことり「ほ、穂乃果ちゃん!?」

海未「急に何を言い出すんですか!?このあと穂乃果のっ――」

真姫「だ、ダメよ!海未!」ムギュ

穂乃果「?穂乃果がどうしたの?」
25: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/08/03(日) 23:07:59.17 ID:vFr4NGb8.net
真姫「せっかく穂乃果が自分の誕生日を忘れてるんだからっ!」ヒソヒソ

海未「す、すみません・・・もう少しで口走ってしまうところでした」ヒソヒソ

絵里「水浴びって・・・・どこでするつもりなの?」

穂乃果「もちろん学校だよ!こないだ真姫ちゃん家の別荘に行ったとき、みんなで海に行ったでしょ?」

穂乃果「そのときことりちゃんが持ってきてた水鉄砲で遊ぼうよっ!」

ことり「たしかに・・・部室に置いてあるけど・・・・」

花陽(校内を歩き回ったら穂乃果ちゃんがうっかり生徒会室に入っちゃう可能性も・・・っ!)

凛「まずいニャ、かよちん!どうしよう・・・!」ヒソヒソ

花陽「ええっと・・・・」アセアセ
26: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/08/03(日) 23:09:49.39 ID:vFr4NGb8.net
にこ「いくらなんでも校内でやるのはちょっとまずいんじゃないの?」

絵里「にこぉ!なんでやること前提になってるのよ!」

にこ「うぐっ・・・!あ、あまりに暑いからつい口から出ちゃっただけで・・・」

穂乃果「えぇ~!やろうよやろうよ~!水遊び~!!」バタバタ

海未「こうなってしまっては・・・・」

ことり「何を言っても聞きそうにないね・・・穂乃果ちゃん・・・」アハハ・・・

穂乃果「絵里ちゃん!お願いします!!」

絵里「し、しょうがないわねぇ・・・////す、少しだけよ?」

穂乃果「やったー!さっすが絵里ちゃん!!」モッギュー

絵里「ほ、穂乃果ぁ!?////」

希(エリちも穂乃果ちゃんには弱いなぁ・・・・)クスクス

真姫(こうなったら・・・意地でも穂乃果を生徒会室から遠ざけないと・・・)

凛「そ、それなら凛も思いっきり遊ぶニャー!」

花陽「り、凛ちゃん!?」

凛「凛に任せるニャ!水鉄砲なら昔から得意なんだニャ!」

穂乃果「よぉ~し!!みんな部室へ急げ―!!」

にこ(しまった!早くあれを回収しなきゃ・・・!)

にこ「どきなさい!穂乃果!部室にはまず部長から入るのよ!!」ダダダダダッ

穂乃果「おお!にこちゃん負けないよ!!部室まで競争だよ!」

にこ「なんでそうなるのよー!!」
27: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/08/03(日) 23:19:40.01 ID:vFr4NGb8.net
――部室前――

穂乃果「ということで!第一回!μ's水遊び大会~!!」パチパチパチパチ

海未「結局こうなりましたか・・・・」

希「エリち、学校の許可取ってたりする・・・?」ヒソヒソ

絵里「とってるわけないでしょ・・・・これが終わったら2人で掃除するしかないじゃない・・・」ヒソヒソ

希「だよね・・・・うぅ・・・これはさすがにウチでもどうしようもないやん・・」ガックリ

絵里「まぁ・・・せっかくだから楽しみましょ、穂乃果の誕生日なんだしっ」

希「まあそうやね、本人に楽しんでもらうのが一番やね!」

真姫「予想外の事態だけど・・・・」カミノケクルクル

ことり「穂乃果ちゃん、一度言い出したら聞かないし・・・」アハハ・・・
28: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/08/03(日) 23:24:28.86 ID:vFr4NGb8.net
にこ「まっ、やるだけやってさっさと終わらせましょ」

凛「でもにこちゃんもかなり乗り気だったニャー」

にこ「うっさいわね!仕方ないでしょ?本音が出ちゃったんだから・・・」

凛「あ~、開き直ったニャー」クスクス

にこ「あとで覚えときなさいよ~」ゴゴゴゴゴゴ

花陽「にこちゃんからすごく・・・気迫が伝わってきます・・・」アワワ

凛「うん・・・うんっ・・・」アワワ
29: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/08/03(日) 23:25:22.77 ID:vFr4NGb8.net
穂乃果「ルールは簡単!水鉄砲でメンバーを見つけたら射撃!!濡れちゃった人は脱落だよ!」エヘン

穂乃果「最後に残った人が優勝ってことでどうかな!?」

希「範囲はこの学校内ってことでええんやろか」

穂乃果「もちろん!学校のなかだったらどこでも大丈夫!」

花陽「ちょっと広すぎるような・・・」

穂乃果「大丈夫大丈夫!水鉄砲って、結構遠くまで届いちゃうし!」

ことり「それはちょっと理由になってないような・・・」アハハ・・・

穂乃果「じゃあ10分後にスタートだよ!レッツゴー!」

一同「オーッ!」

にこ「って!結局あんたら全員乗り気じゃない!?」




海未「穂乃果のサプライズパーティまで、本当にうまくいくでしょうか・・・。心配です・・・・」ボソッ・・・

ことり「アハハ・・・まぁでも、大丈夫じゃないかな?」
38: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/08/03(日) 23:48:12.67 ID:vFr4NGb8.net
――2年生教室前――

穂乃果「みんなどこに隠れちゃったんだろう」キョロキョロ

穂乃果(あっ!凛ちゃん発見!)


穂乃果「凛ちゃん!見~つけた!それ!!」プシュー

凛「ニャニャ!?穂乃果ちゃん!そう簡単には当たらないニャ!!」サッ

凛「今度はこっちからいくニャー!キュートスプラ~ッシュ!!☆」プシュー

穂乃果「うわわっ!もうちょっとで当たるところだったよ!凛ちゃんはすばしっこいよ!とにかく隠れなきゃ・・・!」

凛「今にゃ!かよちん!」

花陽「わかったよ、凛ちゃん!えいっ!」プシュー

穂乃果「花陽ちゃんが味方なの!?ず~る~い~!」

凛「えっへへ♪穂乃果ちゃん、チームを組んじゃダメとは言ってないニャ!それそれ~!」プシュー

穂乃果「こ、このままじゃ穂乃果負けちゃうよ・・・!」アセアセ
39: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/08/03(日) 23:49:21.81 ID:vFr4NGb8.net
海未(あれは・・・・穂乃果でしょうか?)

海未(相手は凛と花陽?なるほど、穂乃果はチームを組んではいけないとまでは言ってませんでしたね・・・・ならばっ!)

穂乃果「うぅ・・・・」チラッ

凛「それそれ~!」プシュー

穂乃果「おおっと!こっちから攻撃できないよ~!」サッ


海未「穂乃果!伏せてください!!」ダダダダダッ

穂乃果「あ!海未ちゃん!」キラキラ

海未「いきますよー!!ラブアローシュートー!!!」プシュープシュー

花陽「うぅ・・・冷たいよぉ・・・」ビッショリ

凛「う~、あと一歩だったニャー・・・・海未ちゃんには敵わないニャー・・・」ビッショリ

海未「ふぅ、大丈夫ですか?穂乃果?」

穂乃果「海未ちゃん!すごかったよ!でもさっきのラブアローなんとかって――」

海未「必死だったのでつい・・・って、穂乃果ぁ!それ以上言ってはいけません!!////」

穂乃果「うわ~ん!海未ちゃんの鬼ー!」
42: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/08/04(月) 00:07:36.12 ID:+uo3qFMu.net
――1年生教室前――

絵里「のぞみぃいいいいいいいいいいい!」

希「エリち・・・ごめんなぁ、やられてしもうた・・・」ビッショリ

真姫「ナイスよ!にこちゃん!!」

にこ「ふんっ!当然でしょう!?私を誰だと思ってるの?」フフン

ことり「それっ!スキありぃ!!♪」プシュー

にこ「ぶふぉ!?」ビッショリ

真姫「にこちゃああああああん!ことり!今までどこに!?」

ことり「えへへ・・・さっきから真姫ちゃんたちのスキをうかがってたの♪」

絵里「なんですって・・・・」

にこ「こ・・・心なしか、ことりの水鉄砲だけやけに大きく見えるんだけどぉ?」

希「エリち!ウチの水鉄砲を!」

絵里「ええ!任せて希!もらったわことり!」ププシュー

ことり「ひゃん!うぅ・・・・負けちゃったよぅ・・・・」ビッショリ
43: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/08/04(月) 00:08:05.34 ID:+uo3qFMu.net
海未「穂乃果!見てください!あそこに他のみんなが!」

穂乃果「よし!海未ちゃん!頼んだよ!!」

海未「穂乃果も真面目にやってくださいよ!」

穂乃果「わかってるよぅ!」

絵里「あれは・・・!穂乃果と海未!生き残ってたのね・・・」

絵里「真姫・・・・相手は海未と穂乃果よ、ここは協力したほうがいいんじゃないかしら?」

真姫「そ、そうね・・・やるしかないわね」

絵里「いくわよ!穂乃果!海未!」プシュー

真姫「負けないんだからっ!」プシュー

穂乃果「えいえい!」プシュー

海未「穂乃果は私が守ります!」プシュー
44: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/08/04(月) 00:08:57.12 ID:+uo3qFMu.net
――――――――――――
――――――――
――――

にこ「それにしても、あんたたちよくそれだけ動ける体力が残ってたわね・・・・」

にこ「で、結局誰が勝ったの?」

穂乃果「あはは・・・・それが、途中からわかんなくなっちゃって」

ことり「結局みんなビッショリ濡れちゃってるね」

希「最後はみんなで水をかけあってたもんね」クスクス

穂乃果「だってだって!暑いのに水浴びなかったら楽しくないもん!」

花陽「なら最初から普通に水鉄砲使わずに水浴びをすれば・・・・・」

凛「まあ凛は楽しかったから平気だニャー」

絵里「さあ冷えないうちに早く着替えましょう」

一同「は~い」

絵里「いよいよね・・・」

真姫「ここまでの道のりは長かったけど・・・・」ハァ
53: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/08/04(月) 12:35:49.48 ID:+uo3qFMu.net
――部室――

にこ「穂乃果たちのおかげですっかりびしょ濡れね・・・・」

絵里「ま、まぁそれなりに楽しかったから結果オーライってことにしましょう?」

希「エリち、片づけのこと忘れてない?」

絵里「そうだったわ・・・あまり考えたくないわね・・・・」

にこ「それくらい私も手伝ってあげるわよ」

絵里「にこ・・・」ジーン

穂乃果「はぁ~!楽しかったね~!穂乃果、なんだかお腹空いてきちゃった」

花陽「たしかにお昼ごはんも食べずに始めちゃったから・・私もお腹が・・・」

海未「今日は外もかなり暑いので、部室でお昼にしましょうか」

凛「賛成だニャ!凛も動きまわってへとへとだニャー・・・・」

ことり「早く着替えてご飯食べよう♪」

真姫「そうね」カミノケクルクル
54: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/08/04(月) 12:36:24.68 ID:+uo3qFMu.net
――昼食後――

穂乃果「いやぁ~、今日もいっぱい練習したねー!」

海未「いえ、今日は水遊びもしたじゃないですか」

穂乃果「そうだったね・・・またやりたいなぁ」

ことり「今度はみんなでプールに行きたいね♪」

穂乃果「いい!それいいよ!ことりちゃん!」

穂乃果「夏休みはすることがたくさんあって夜も眠れないよ!」

にこ「あんたはどうせいつも爆睡してるでしょうが・・・」

穂乃果「あはは・・・、よ~し、それじゃあそろそろ帰ってのんびりしようかな~・・」
55: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/08/04(月) 12:37:26.86 ID:+uo3qFMu.net
希「エリち、そろそろ」

絵里「そうね、真姫!頼んだわよ!」

真姫「わ、私が!?・・・・・わかったわよ!花陽と凛も手伝って!」

凛「わかったニャ!穂乃果ちゃんおとなしくするんだニャ!」ガシッ

花陽「ごめんね穂乃果ちゃん・・でも!これも穂乃果ちゃんのためだからっ、えいっ!」ゴソゴソ

穂乃果「ほぇ?どうしたのみんな!?・・・・うわわわっ!」バサッ

穂乃果「何にも見えないよぉ~!真姫ちゃんもなにするのぉ!?」

真姫「穂乃果、私の手を握って、ついてくるのよ!もし、その目隠しを取ったら承知しないからね!?」

穂乃果「わ、わかり・・・・ました・・・・」

希「さぁ、みんな移動しよう♪」
56: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/08/04(月) 12:38:25.97 ID:+uo3qFMu.net
――生徒会室――

穂乃果「真姫ちゃんまだ~?」

真姫「もう少しよ、我慢しなさい」



真姫「・・・・着いたわ」

真姫「みんな準備はいいかしら?」

ことり「ばっちりだよ♪」

花陽「はい!いつでも大丈夫です!」

穂乃果「??なになに???何が始まるの!?穂乃果にも教えてよ~!」

にこ「いくわよ?せ~の!」

穂乃果「ぷはっ!やっと解放され―――」バサッ

一同「穂乃果ちゃん!お誕生日おめでとう!!!」
57: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/08/04(月) 12:40:34.98 ID:+uo3qFMu.net
穂乃果「え・・・・みんな・・・・」

穂乃果「これ・・・・穂乃果のために・・・・・」

海未「そうですよ、みんな穂乃果の誕生日のためにいろいろ準備していたんです」

穂乃果「ありがとう・・・みんな・・ほんとにありがとう!!」ウルウル

ことり「穂乃果ちゃんお誕生日サプライズ大成功~♪」

絵里「まだ始まったばかりよ?さぁみんなで穂乃果のために歌いましょう!」

一同「ハッピバースデートゥーユー!ハッピバースデートゥーユー!ハッピバースデーディア穂乃果ちゃ~ん!」

一同「ハッピバースデートゥーユー!!!」パチパチパチパチ

穂乃果「うぅ・・・うれじいよぉ・・・穂乃果、ごんなにだくさんの人に誕生日祝ってもらったの、初めでだよぅ・・・」グスッ

希「うふふっ、良かった!喜んでもらえて♪」

にこ「あんた・・・喜ぶ前に鼻水どうにかしなさい・・・・」

穂乃果「うぅ・・・!う゛ん!!」ジュル
58: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/08/04(月) 12:42:18.94 ID:+uo3qFMu.net
凛「穂乃果ちゃん!さっそくこのケーキの火を消すんだニャー!」

穂乃果「凛ちゃん・・・・いくよ!」

穂乃果「ふぅーーーーーっ!」

一同「おめでとーーーーーー!!!」

穂乃果「えへへ・・・穂乃果照れちゃうなぁ////」ニヤニヤ

海未「穂乃果ときたら、今朝誕生日の話をしたのにもう忘れてるんですから私もびっくりしました」

にこ「まぁ、あんたのことだから簡単に忘れてくれて楽だったけどね」クスクス

絵里「そうね・・・とりあえずプレゼントを渡してあげましょう!」

穂乃果「プレゼント!穂乃果すっごく楽しみだよ!!」ワクワク
60: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/08/04(月) 13:23:26.49 ID:+uo3qFMu.net
凛「じゃあまずは凛たちから渡すニャー!穂乃果ちゃん、おめでとう!」

穂乃果「ありがとう凛ちゃん!これは・・・・かわいいリストバンド!しかもしかも!μ'sって書いてあるよ!」

穂乃果「どうやって作ったの!?」

凛「えっへへ~、これだけは穂乃果ちゃんにも秘密だニャ!」

花陽「次は私が渡すね、はいっ、穂乃果ちゃん、おめでとう♪」

穂乃果「花陽ちゃん・・・・これは・・・かわいい・・?」

花陽「あっ、それはね、写真立てだよっ。凛ちゃんと真姫ちゃんについてきてもらって見つけたんだ」ニコッ

花陽「だからあとでみんなの写真撮ろう♪」

穂乃果「写真立てかぁ・・・そういえば穂乃果、μ'sのみんなの写真持ってなかったよ!」

真姫「次は私の番ね、はい、穂乃果。お誕生日おめでとう」

穂乃果「真姫ちゃんありがと!これは・・・CDだよね?De・・a・・r?HONOKAはわかるけど、Dearってどういう意味なの?」
61: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/08/04(月) 13:24:33.05 ID:+uo3qFMu.net
真姫「あなた・・・・本当に2年生なの?Dearは『親愛なるとか、いとしい』って意味よ」

穂乃果「真姫ちゃん・・・穂乃果のこと・・・いとしいって思ってくれてたんだね・・・」ギュッ

真姫「そ、そこは突っ込まなくていいの!////」

真姫「あと、手紙の書き出しのあいさつとかでよく使われるの、まぁ、贈り物するときにもよく使われるのかしら」カミノケクルクル

真姫「さっきのバースデーソングにも『Dear HONOKA』って言ってたでしょう?覚えときなさい」

穂乃果「なるほど・・・勉強になったよ!それで、このCDにはなにが入ってるの?」

真姫「それは・・・・家に帰って聞いてみなさい////」

穂乃果「わかった!大事に持って帰るよ!」

真姫「そうね・・壊したりしたら承知しないわよ?」

穂乃果「うう・・・真姫ちゃん怖いよぉ・・でも、さすがに穂乃果もそこまでドジじゃないから安心して!」キリッ
62: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/08/04(月) 13:25:41.62 ID:+uo3qFMu.net
真姫「あ・・・穂乃果・・・それと・・・////」

穂乃果「ほぇ?まだなにかあるの?」キョトン

凛「えっへへ~、実は!凛たち一年生がお菓子作りに挑戦してみたんだニャ!」エッヘン

花陽「最初に言い出したのは真姫ちゃんでね?私たちも一緒に作ってみたの♪」

穂乃果「真姫ちゃん・・・・」ウルウル

真姫「べ・・・別に!私はCDだけだと物足りないかなって思ったから仕方なく作ってあげたのよ!////」

凛「凛たち知ってるよぉ~?真姫ちゃんがお昼休みとか休憩時間に、めずらしくお菓子作りの本読んでたことっ!」ニヤニヤ

花陽「音楽室でも読んでて・・・真姫ちゃん真剣なんだなって♪」ニコッ

真姫「もう!2人はそこまで言わなくていいの!!////」

真姫「それで、希?私が今朝渡した保冷箱どこかしら?」
64: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/08/04(月) 13:26:26.37 ID:+uo3qFMu.net
希「あぁ、それなら冷蔵庫に入れといたよ♪ちょっと待ってな~」ゴソゴソ

にこ「この部屋・・・・冷蔵庫もあったなんて・・・ちょっと豪華すぎない?」ジー

海未「そもそもよく生徒会室の使用の許可が取れましたね、絵里?」

絵里「そ・れ・は・生徒会長の権限ってやつかしら♪」

絵里(ほんとは許可なんてとってないんだけどね・・理事長に見つかったら大目玉だわ・・・)

希「エリちはたま~に無茶するねんな、でもウチはそういうところも好きなん♪」

絵里「ちょっと!希!?」アセアセ

希「あぁ、ごめんごめん♪はいっ、真姫ちゃんこれであってるよね?」

真姫「それね、はい、穂乃果。開けてみて」

穂乃果「おぉ~・・・・じゃあ、開けるよ・・!」パカッ

穂乃果「お、おぉ・・・・・」

花陽「穂乃果ちゃん・・・・?」
65: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/08/04(月) 13:27:56.05 ID:+uo3qFMu.net
穂乃果「いちごだぁーーーーー!!穂乃果の大好きないちごだよ!!これっていちごのタルトってやつだよね!?」

真姫「そ・・・そうよ・・////結構作るの大変だったんだから・・・・」

穂乃果「だよね!?だよね!?うわぁ~、嬉しいなぁ~!真姫ちゃん、穂乃果がいちご大好きなこと覚えてくれたたんだね!」キラキラ

凛「真姫ちゃんの家で作ったんだ~!」

花陽「うんっ!真姫ちゃんの家の台所、いっぱい道具とかあって私もびっくりしちゃいました・・」

ことり「いいなぁ~!ことりも真姫ちゃんの家でお菓子作りしてみたい!」

真姫「そっ、そこまで言うんだったら、今度、みんなで作ってみるのも・・・いいんじゃない?////」

凛「うんっうんっ!」

凛「それで、穂乃果ちゃんの分は、たっくさんいちごがのっけてあるやつだニャ!」

花陽「みんなの分も作ってみたから食べてっ♪」

穂乃果「おお!じゃあいっただっきまーーーす!!くぅ~!いちごが体にしみるよぉ~~!」キラキラ
66: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/08/04(月) 13:28:58.55 ID:+uo3qFMu.net
にこ「どれどれ・・・・。へ、へぇ・・・結構おいしいじゃない・・・」

絵里「そうね・・!すごくおいしいわ!」

海未「私もひとついただきますね・・・・これは・・絶品ですね!」

ことり「うんっ♪すっごくおいしいよ!きっと、真姫ちゃんたちの愛情がたっくさんつまってる証拠だね♪」ニコッ

希「疲れたあとのお菓子は最高やんな・・・・3人ともありがと!」

穂乃果「うん!穂乃果すっごく幸せだよ!」モグモグ

海未「こらっ、食べながら話すのはやめなさい」

ことり「まぁまぁ、海未ちゃん♪今日は穂乃果ちゃんの誕生日なんだし、大目に見てあげて」ニコッ

海未「それも・・・そうですね・・・すみません、穂乃果」

穂乃果「いいよーいいよー!海未ちゃんも遠慮しなくて!」モグモグ
69: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/08/04(月) 13:56:41.51 ID:+uo3qFMu.net
絵里「それじゃあ次は3年生の私たちからね」

絵里「穂乃果、お誕生日おめでとう」

穂乃果「絵里ちゃん!これは・・・」

絵里「オルゴールね。いろんなお店をまわっている最中に見つけたの、綺麗な音色が心地いいのよ」

穂乃果「ほんとだ・・・・絵里ちゃんの気持ちが伝わってくるよ・・・」♪~♪~

穂乃果「穂乃果・・・オルゴールなんて初めてもらったよ・・絵里ちゃんらしいプレゼントだよ!大事にするね!」

絵里「うん!」

希「じゃあ次はウチから、はいっ、穂乃果ちゃん、おめでとう」ニコッ

穂乃果「希ちゃん!これは・・・ブレスレット?」

希「そうやね、そのブレスレットにはサードオニキスってゆう、8月の誕生石が使われてるんよ、大事にしてな?♪」

希「サードオニキスは恋愛と魔除けの効果があって、とっても人気な石のひとつなん♪」

穂乃果「ほぇ~、穂乃果誕生石なんて知らなかったよ!これで穂乃果の運勢も上がりまくりだね!」

希「うふふっ、似合ってるよ、穂乃果ちゃん」ニコッ
70: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/08/04(月) 13:59:13.29 ID:+uo3qFMu.net
にこ「次は、にこの番かしら?」

にこ「私が用意したのはこれよ!穂乃果、誕生日おめでとう」

穂乃果「ありがとう!にこちゃん!これって・・・」

にこ「ところで、穂乃果は普段化粧水とか使ってるかしら?」

穂乃果「化粧水?いや~、穂乃果はそういうのあんまり使わないんだっ・・・種類もいっぱいあるし、よくわかんないし」アハハ・・・

にこ「甘いわねぇ~、これだから素人は!いい!?アイドルにとって日々のケアはとっても重要なのよ!?」

にこ「だから私がいつも使ってるこの化粧水パックをプレゼントするわ。あとこっちは髪の潤いを保つクリームよ」

穂乃果「これって・・・・もしかして合宿のときにこちゃんが使ってた・・・・・」

にこ「なに!?なんか文句あるわけ?」ジー

絵里「ハ・・・ハラショー・・・・」

凛(凛もびっくりした、あの化粧パックを穂乃果ちゃんも使うのかニャ・・・・)

穂乃果「いやいや!とっっても・・・・嬉しいよにこちゃん!!穂乃果も高校生だし、アイドルなんだから気を付けないとね!」

にこ「そうよ、こういう日々の努力が大事なのよ」エヘン
71: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/08/04(月) 14:00:01.56 ID:+uo3qFMu.net
絵里「あぁ、そうだ、ごめんなさい穂乃果、まさか真姫たちがお菓子作ってるとは思わなくて・・・3年生全体からっていうのは用意できなくて・・・」シュン・・・

真姫「3年生は一番準備が大変だったでしょ?この部屋の装飾もやってくれたのほとんど3年生だし、そんなに気にすることないんじゃない?」

真姫「それに・・・・私が勝手にお菓子を作ろうって言い出したんだから・・・////」

絵里「真姫・・・・ありがとう・・・」ニコッ

希「真姫ちゃんは優しいなぁ、ほんまありがとう♪」

にこ「そうね・・・・たしかに時間はかかったけど、やることはやったつもりよ」

穂乃果「穂乃果はみんなが誕生日祝ってくれることがすっごく嬉しいよ!だから、誰が一番がんばったとかそういうのはなしにしようよ!」

海未「そうですね・・・・穂乃果の言う通りです」
73: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/08/04(月) 15:18:02.29 ID:+uo3qFMu.net
海未「最後に私たちから、穂乃果、誕生日おめでとうございます」

穂乃果「海未ちゃん・・・・!これは・・・」

海未「いわゆる麦わら帽子、というものですね・・・私も外出するときはよく帽子をかぶるので」

海未「それに穂乃果は日差しが強くても、帽子なんかかぶろうと考えないでしょう?熱中症にでもなったら大変ですから」

穂乃果「そっかぁ・・・・海未ちゃんは穂乃果の体調も心配してくれてるんだね・・・ありがとう!オレンジ色の花飾りが穂乃果にぴったり!」

ことり「それじゃあ・・・ことりも!お誕生日おめでとう穂乃果ちゃん!」

穂乃果「ことりちゃん!これすっごくかわいいよ!!」

ことり「そう?μ'sのみんなをお人形さんにしてみたの!かわいいでしょ~!?♪」

穂乃果「うんうん!すっごくかわいい!!部屋に飾るよ!!」ワクワク

ことり「えへへ~、生地も衣装を作るときと同じ素材を選んでみたの♪だからとってもかわいく出来ちゃって・・・ことりも満足!」

穂乃果「うぅ・・・・・穂乃果、すっごく幸せだよ・・・」ホロリ
74: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/08/04(月) 15:21:59.11 ID:+uo3qFMu.net
穂乃果「今日だけ穂乃果、王様になっちゃったみたいだよ!」

にこ「これだけ至れり尽くせりなら、そう思うのも当然ね」フン

にこ「穂乃果!私たちがこんなにあんたを祝ってるってことは、それだけあんたに賭けてるってことなのよ!?少しは自覚しなさい」

穂乃果「にこちゃん・・・・」

真姫「そうね」ウフフ

真姫「まぁ、普段は言わないけど・・・・穂乃果の笑顔には励まされてるのよ?」

真姫「そのお返しって感じかしら、もうこれ以上お礼を言うことはないかもしれないけど?」カミノケクルクル

絵里「うふふっ、みんなを惹きつける穂乃果の歌、これからもいっぱい聴きたいわ」

希「ウチもμ'sって名前をつけれて本当に良かったって思ってる♪」

希「これも穂乃果ちゃんがスクールアイドル始めたおかげやんな♪」

ことり「私も穂乃果ちゃんにずっとついていくよっ」ニコッ

凛「凛もいつか、穂乃果ちゃんに負けないくらい、い~っぱいステージで目立つんだ~!」

花陽「わ、私も・・・・穂乃果ちゃんのパワーに負けないように精一杯がんばります!」

海未「もちろん、練習は厳しくなりますが」フンス

海未「・・・・穂乃果は、私たちの太陽ですから、あなたはみんなの倍頑張らないと」

穂乃果「そ、そこまで言われると・・・・穂乃果、困っちゃうな・・・・みんなのプレッシャーがすごいよぅ・・・」アハハ・・・

海未「いいえ!今日だけ!あなたを『王様』だと思って、意見させてもらいます!私だって、普段あんなにガミガミ言いたくないんですよ!?」

穂乃果「うわ~ん!海未ちゃんのお説教がまた始まったよ~!誰か助けてよ~!」

ことり「これじゃあ、どっちが王様なのかわかんないね・・・」アハハ・・・

穂乃果「今日は穂乃果の誕生日なのにーーーー!!!」

絵里「うふふっ、さあ!最後にみんなで写真を撮りましょう!」
75: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/08/04(月) 15:23:34.44 ID:+uo3qFMu.net
―――――――――――――――――
―――――――――――――
―――――――



穂乃果「えへへ・・・みんなのプレゼントで両手がいっぱいだよぉ・・・・・」ニヤニヤ

海未「今日の誕生日パーティが成功してほんとによかったです・・・」

ことり「そうだねっ!」

ことり「これからも、かわいいかわいい穂乃果ちゃんでいてねっ♪」

穂乃果「もぅ・・・・ことりちゃん・・・穂乃果をそんなに褒めないでよぅ・・・////」

海未「穂乃果、私はこれからもあなたに振り回されるのが楽しみです・・・・なんて」

ことり「そうね、海未ちゃん♪」

穂乃果「えっ、穂乃果!今の聞いてなかったよ!何て言ったの!?」

海未「二度は言いません!////」

ことり「海未ちゃん照れ屋だからね~♪」

穂乃果「も~!教えて教えて海未ちゃ~ん!」

海未「嫌です!////」

ことり「まぁまぁ二人とも、喧嘩はそこまでしてっ♪」

穂乃果「むぅ・・・・ことりちゃんに免じて許してあげる~!」

海未「ことりは穂乃果に甘すぎです・・・・」
76: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/08/04(月) 15:29:11.71 ID:+uo3qFMu.net
穂乃果「ねぇ、海未ちゃん、ことりちゃん」

穂乃果「やりとげようね、最後まで!」

ことり「うんっ!♪」

海未「もちろんですっ!」



穂乃果「私、μ'sのみんなや2人出会えて良かった・・・」

穂乃果「あの講堂ライブからあきらめずに続けて良かった・・・」

穂乃果「私、スクールアイドル始めて、本当に良かった!!!」



穂乃果「よ~っし!これからも!ラブライブ目指して、がんばるぞ~!!!」
77: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/08/04(月) 15:31:51.94 ID:+uo3qFMu.net
終わりです
最後まで読んでくれた方ありがとうございました・・・
駄作かもしれませんが良ければこちらも見ていってください

希「ウチ!東條希!」ニコッ
http://hope.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1406875026/

※ タイトルがクリックできる物は当サイト内記事へのリンクです(管理人)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「今日は穂乃果の――」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。