海未「ラン、ララララ~」

シェアする

海未-アイキャッチ55
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/13(木) 16:30:06.50 ID:4bnUD4zSO
穂乃果「という事なんだよね」

海未「なるほど。それは面白いですね」

穂乃果「うん。そうなの。あっ!そう言えば凄く美味しいお菓子があるから持ってくるね」

海未「いえ、お構いなく…行ってしまいましたね…」



海未「なかなか帰ってきませんね…ん?この写真は…あのLIVEの時のですね。この頃はまだ絵里や希が加入する前ですから7人だったのですよね」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1499931006

元スレ: 海未「ラン、ララララ~」

スポンサーリンク
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/13(木) 16:36:45.26 ID:4bnUD4zSO
海未「あれからこの曲は一度も披露してませんが…ラン、ララララ~。まだ体が覚えているのですね。ふふっ、ららら~ら~えーい、ラブアローシュートなんちゃって」

ガチャ

穂乃果母「ちょっと穂乃果ー?」

海未「え?」

穂乃果母「あっ」

海未「…」

穂乃果母「いらっしゃい…。来てたのね」ニコッ

海未「あっ、おじゃましています」

穂乃果母「ゆっくりしていってね?所で穂乃果知らない?」

海未「あの、美味しいお菓子があると下に行きましたけど」

穂乃果母「え?本当に?気がつかなかったわ。海未ちゃんありがとうね」

海未「いえ」

穂乃果母「じゃあ、ごゆっくり~」

海未「はい」

ガチャ

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/13(木) 19:47:03.01 ID:iNQo44px0
海未「…」

ガチャ

穂乃果「ふぅ。お待たせ~いやぁ、お母さんに引き止められちゃってさぁ、待ったよね~ごめんね?」

海未「あっ、いえ…大丈夫ですよ」

穂乃果「そっか。お母さん部屋まで来たんでしょ?穂乃果厨房の方に行ってたからさ。美味しいお菓子って言うのがお父さんの試作中のやつでね」

海未「あの…」

穂乃果「なあに?早く食べたい?」

海未「いえ…穂乃果のお母さんは何か言っていました?」

穂乃果「え?特に何も言ってなかったよ?なんで?」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/13(木) 19:55:15.48 ID:iNQo44px0
海未「い、いえ。何でもないですよ」

穂乃果「え~何それ?まあ、いいや。はい、食べてみて?美味しいよ~」

海未「で、では頂きます」

穂乃果「どうぞ。これね、和菓子なんだけど中身が生クリームを使っててね?」

海未「そうなんですね。とっても美味しいです」

穂乃果「でしょ!お父さんも喜ぶよ。あっ、そう言えば海未ちゃんまた一人でアイドルになりきってたでしょ?お母さん言ってたよ~」

海未「え?」

穂乃果「でね、こっちのはカスタードクリームなの。カスタード大福!食べてみて?」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/13(木) 20:04:38.15 ID:iNQo44px0
海未「あの、穂乃果のお母さんは何と言っていたのですか?」

穂乃果「え?やっぱり大福はカスタードよりあんこの方が良いって言ってたよ?和菓子だからね~こだわりがあるのかな?」

海未「いや、そっちではなくて」

穂乃果「え?生クリームの方?生クリームは意外と良かったみたいでね。穂乃果はどっちも美味しいと思うんだけどなぁ。わかんないよね、うちのお母さんって」

海未「そうじゃありません。その…私の…」

穂乃果「え?海未ちゃんが何?」

海未「見られてしまったのでしょう?私が…その…歌っていた所を」

穂乃果「あ~そっちの話ね?うん、海未ちゃん元気だねって言ってたよ?」

海未「そ、そうですか」カァァァ

穂乃果「うん。でね、このカスタード大福の生地がね」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/13(木) 20:16:21.88 ID:iNQo44px0
海未「あの…」

穂乃果「え?今度は何?」

海未「弁明はしてくれては…いないですよね?」

穂乃果「弁明?何の?」

海未「いや、ですから…私が…その…一人で…」

穂乃果「あ~しといた方が良かった?」

海未「当たり前です。だって…恥ずかしいじゃないですか」

穂乃果「別に平気だと思うけど…海未ちゃんの事なんてちっちゃい頃から知ってるんだしさ。何とも思ってないよ」

海未「そうですか?」

穂乃果「うん。そうだよ。海未ちゃん気にし過ぎなんだって」

海未「そ、そうですね」

穂乃果「うんうん。そうだよ。だいたい今更だしね?うちのお父さんもお母さんも何回か目撃してるしね!雪穂に至っては部屋まで海未ちゃんの声聞こえてるし今更だ!でね?このカスタード大福の生地が…」

海未「あの…え?高坂家の全員に目撃されているのですか?」

穂乃果「いや」

海未「ですよね?今のは私の聞き間違いですよね?」

穂乃果「花陽ちゃんにも見られてるから高坂家プラス花陽ちゃんだよ!」

海未「…」

穂乃果「多分ことりちゃん家も皆んな知ってるから今更だって!気にしない方がいいよ。でね、このカスタードの方が…ねえ?聞いてる?」

海未「はい…」



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/13(木) 21:44:24.85 ID:iNQo44px0
「間違い電話」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/13(木) 21:55:41.19 ID:iNQo44px0
プルルルル

『ただ今電話に出る事が出来ません。ピーッと言う発信音の後にメッセージをどうぞ』

ピー

希「もしもーし。お母さん?希だよ?今週末こっちに来るんだよね?私ね、凄っごく楽しみにしてるよ?お土産は美味しいのがいいなぁ。こっちにはいつまでいるのかな?帰ってきたら話したい事が沢山あるの!だから早く来てね!待ってます」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/13(木) 22:02:57.70 ID:iNQo44px0
ガチャ

希「あれ?まだ皆んな揃ってないやん」

にこ「なによ?あんた一人だけ?」

凛「今日皆んななんか遅いの」

真姫「どうせ二年生組はまたなんか変な事してるんじゃないの?」

花陽「変な事って真姫ちゃん…たぶん生徒会じゃないかな?」

希「ふ~ん。じゃあ、ずっと一年生組四人やったんや」

凛「そうなの。もうこの四人飽きたにゃ~」

にこ「ちょっと待ちなさい。誰が一年生組よ!誰が!」

希「ごめん。うっかりやった。まだにこっちは中学生やもんな?」

にこ「なんでよ!あんたと同い年でしょうが」

希「ごめん。にこっちがあんまりにも小さいから間違えちゃった」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/13(木) 22:12:05.11 ID:iNQo44px0
にこ「はあ?」

希「おやおや~?なんならウチが確かめてあげようか?ワシワシやよ~」

にこ「ヒイッ」

真姫「また始まった…もう二人の漫才は飽きたわよ」

にこ「誰が漫才よ」

希「そうやそうや。心外や」

凛「え~凛は希ちゃんとにこちゃんの漫才好きだけどなぁ」

真姫「どうでも良いわよ。それにしても本当に遅いわね。絵里も来ないし」

花陽「そうだね。ちょっと電話してみようか?」

真姫「そうね」

花陽「…。あれ?留守電が入ってる…。希ちゃんから?」

希「へ?」

ピッ

『もしもーし。お母さん?希だよ?今週末こっちに来るんだよね?私ね、凄っごく楽しみにしてるよ?お土産は美味しいのがいいなぁ。こっちにはいつまでいるのかな?帰ってきたら話したい事が沢山あるの!だから早く来てね!待ってます』
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/13(木) 22:17:46.32 ID:iNQo44px0
希「…」

花陽「あっ…」

凛「…」

真姫「…」

にこ「ふっ…」

希「…」

花陽「あの…ごめんなさい」

希「な、何が?」

凛「希ちゃんって普段はあんな感じなの?」

希「え?…何の話や?何の話なんやか分からへん?」

真姫「いや、そんな関西弁使っても誤魔化すのは無理があるわよ」

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/13(木) 22:30:15.61 ID:iNQo44px0
希「え?何?ウチは普段はもっとどぎつい関西弁やけど?ミナミの帝王のモデルはウチやって噂になる程やで?」

真姫「だから無理があるわよ」

花陽「あの…本当にごめんなさい」

希「いや、花陽ちゃん?本当に謝らないで?その言葉が一番傷つくから」

花陽「す、すいません」

にこ「ぷっ…普段飄々としてる癖に親の前ではあんな感じなのね」

希「おー、そうです、そうです。もうええわ。開き直りました!ウチは親の前ではあんな感じですー。めっちゃ甘えます。だって仕方ないやん…なかなか会えないんやから」

にこ「わ、悪かったわよ」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/13(木) 22:34:19.94 ID:iNQo44px0
真姫「そ、そうよね?別に恥ずかしがる事じゃないわよね?」

希「もういいよ。どうせこの四人にしかバレてないもん。そうです。ウチは凄く甘えたいんです。甘え倒したいんです」

ガチャ

穂乃果「あっ…」

海未「…」

ことり「…」

絵里「ハラショー」

希「なっ…あっ…」

凛「希ちゃん良かったね?これから心置き無く皆んなに甘えられるね!」
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/13(木) 22:36:09.68 ID:4bnUD4zSO
「丈」
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/13(木) 22:41:55.40 ID:4bnUD4zSO
海未「皆んな遅いですね」

真姫「そうね」

海未「最近読んだ本が面白かったのですが」

真姫「そうね」

海未「どうすればああ言った話を思いつくのでしょうか?」

真姫「そうね」

海未「同じ作者の他の物も読んで見たら面白いでしょうか?」

真姫「そうね」

絵里「え?会話成立してるの?」

海未「え?何かおかしいですか?」

真姫「そうね」

絵里「いや…絶対に空返事でしょ?」

真姫「そうね」
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/13(木) 22:52:32.48 ID:4bnUD4zSO
絵里「今ので確信したわ」

真姫「そうね」

海未「あの…真姫…あなたスカートが少し短か過ぎるのではないですか?」

真姫「そんな事ないわよ」

絵里「そこはそうねじゃないのね。でも、確かにそんな事ないわよね?海未も大して変わらない様な気がするけど」

海未「いえ、真姫の方が短いですよ」

絵里「え?そう?全然同じくらいに見えるわよ?」

海未「いえいえ、真姫の方が短いですよ。私達は高校生なんですよ?高校生にふさわしい格好と言うものがあると思うんです」
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/13(木) 23:07:30.57 ID:4bnUD4zSO
絵里「じゃあ、海未の言う高校生らしいスカートの長さってどれくらいなのよ?」

海未「ですから…私くらいなら」

絵里「だから海未も真姫も大して変わらないじゃない。違ったとしてミリの世界よ?」

海未「なにを言ってるのですか?1センチは違いますよ。1センチも短いのですよ?短いスカートが可愛いとされてるこのご時世ですよ?」

絵里「だから何よ?って言うかあなたスカート事情に詳しいじゃない。本当は短くしたいんじゃないの?」

海未「そんな事ありません。これ以上短くしたら見えちゃいます」

絵里「これ以上短くしたら見えちゃうんじゃあなたのスカート丈もギリギリなんじゃない。ねえ、真姫?」

真姫「どうでもいい」

絵里「あっ…そう」
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/14(金) 21:45:53.01 ID:Rz8wfB3w0
「行きつけの店」
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/14(金) 21:51:53.96 ID:Rz8wfB3w0
凛「あ~お腹すいたにゃ~」

花陽「そうだねぇ」

絵里「ふふっ、もうちょっとだから。凄く美味しいラーメンのお店なのよ?」

凛「へ~そうなんだ。絵里ちゃんよく行くの?」

絵里「そうね。私って亜里沙とこっちで二人暮らしでしょ?だから外食する事も多くってね。ラーメン好きの凛も気に入ると思うわ」

凛「それは楽しみにゃ~」

花陽「馴染みのお店って感じなのかな?」

絵里「そうね。通い始めて長いものね」

凛「へ~行きつけのお店があるってなんか大人っぽいにゃ~」

絵里「ふふっ。なによそれ。あっ、ここよ?」
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/14(金) 21:55:22.75 ID:Rz8wfB3w0
ガラガラ

店員「へい、らっしゃい」

絵里「3名なんですけど入れますか?」

店員「はい、どうぞ」

絵里「じゃあ、座りましょう?」

凛「うん」

花陽「美味しそうな匂いがするねぇ」

凛「ね!」

絵里「ふふっ。凛がラーメン好きって聞いてずっと連れてきてあげたいって思ってたのよ」

凛「そうなんだ、絵里ちゃんありがとう」

花陽「良かったね凛ちゃん」

凛「うん」
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/14(金) 22:09:12.95 ID:Rz8wfB3w0
花陽「何食べようかなぁ」

絵里「ここのお店はね、塩ラーメンがオススメなのよ?」

凛「へ~凛塩ラーメンってあんまり食べた事ないかも」

絵里「そうなの?じゃあいい機会ね」

凛「うん」

花陽「楽しみだね」

店員「お決まりですか?」

絵里「はい!塩ラーメン3つで!」

店員「はい!塩ラーメン3つ!」

凛「ん?」

花陽「どうしたの、凛ちゃん?」

凛「さっきから気になってたんだけど…あちらこちらに豚骨ラーメンのお品書きが書いてあるなって」

店員「ウチは一応博多ラーメンだからね」

絵里「え?」
24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/14(金) 22:16:24.45 ID:Rz8wfB3w0
凛「あれ?塩ラーメンがオススメって…」

絵里「あっ…」

店員「でも、ウチは塩ラーメンも美味しいから」

凛「そうなんだ!」

客「すいません!注文いいですか?」

店員「はい!今行きます」

客「豚骨ラーメン一つ」

絵里「あの…ね、私はいつも塩で…」

凛「そっか!絵里ちゃんがオススメって言うんだから凛は楽しみにゃ」

花陽「そ、そうだよ。私も早く塩ラーメン食べたいなぁ」
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/14(金) 22:28:07.99 ID:Rz8wfB3w0
絵里「あっ、でね?ここのお店はね食べる時にルールがあってねスープを先に飲んでから麺を食べるのよ?」

凛「へえ、そうなんだ」

花陽「なんか本場って感じがするね?」

絵里「そうでしょ?」

花陽「うん」

店員「塩ラーメンお待ち」

花陽「わ~美味しそうだね」

店員「お客さん達はウチの店初めてだよね?」

絵里「え?いや…」

店員「ウチのラーメンを食べる時はルールがあって先ずはスープから飲んでもらって麺はその後に食べてもらいます」

絵里「あっはい」
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/14(金) 22:32:51.86 ID:Rz8wfB3w0
凛「絵里ちゃん…来た事あるんだよね?」

絵里「え、ええ…」

凛「へえ」

絵里「え?あ、あるわよ?本当にあるわよ?」

凛「え?うん。別に疑ってないよ?ね?」

花陽「え?私?う、うん」

絵里「そ、そう?」

凛「うん。常連さんなんだもんね?」

絵里「ま、まあ…」
27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/14(金) 22:38:31.78 ID:Rz8wfB3w0
凛「ん?」

店員「初来店のお客さんに杏仁豆腐のサービスしてるんで良かったら食べてください」

絵里「え?」

凛「あっ!ありがとうございます」

花陽「わ~美味しそう。ありがとうございます」

絵里「ありがとうございます…」

凛「きっと…凛とかよちんが初来店だからだよ?」

絵里「え?な、何が?」

凛「だって絵里ちゃん常連さんなんだもん。だからきっとそうだよ」
28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/14(金) 22:45:07.80 ID:Rz8wfB3w0
絵里「う、うん。そうね…」

花陽「あっ、あ~美味しかっなぁ。絵里ちゃん、連れてきてくれてありがとうね?」

絵里「え、ええ!そう言って貰えると私も嬉しいわ。良かったわ。さあもう行きましょうか?」

凛「うん」

店員「お会計2400円です」

絵里「これで」

店員「はい。ありがとうございます」

絵里「いつもご馳走様です」

店員「いつも?……はい、いつもありがとうございます」

絵里「……」

花陽「あっ、絵里ちゃん」

凛「かよちん、もうフォローするのは返って傷つけると思うよ」
32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/16(日) 22:27:06.61 ID:O/tvOjHn0
「回し飲み」
33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/16(日) 22:32:27.58 ID:O/tvOjHn0
ミーンミンミンミン

絵里「暑いわねぇ」

真姫「夏なんだから当たり前でしょ」

絵里「いや、まあそうなんだけど…どうする?冷房入れちゃう?皆んなが来る前に部室冷やしておく?」

海未「何を言っているのですか?まだ午前中ですよ?」

絵里「まあ、そうね」

真姫「午前中とか午後だからとか関係ないでしょ?暑い時に入れるのが当たり前じゃないの?」

海未「ですからまだ涼しい午前中は我慢して」

真姫「涼しい?どう考えても暑いと思うけど」

海未「そうですか?」

真姫「そうよ」
34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/16(日) 22:41:24.72 ID:O/tvOjHn0
絵里「まあ、でも海未の言う事も一理あるわ。地球の為にもなるべく使わない方がいいものね?」

海未「そうです!時代はエコです!流石絵里」

真姫「それで熱中症にでもなったら大変だけどね」

絵里「ふふっ、そこら辺は冷房を使わなくてもなんとか出来る対策をしましょう?」

真姫「元々冷房入れようって言ったのは絵里だけどね。だいたい対策って何よ」

絵里「えっ…まあ、あれよ…水分と塩分を適度に取って。これ、朝コンビニで買って来たのよね。熱中症対策にも良いみたいなのよ」ゴクゴク

真姫「暑さ対策じゃなくて熱中症対策をするのね…。それ、練習の時に飲む用じゃないの?」

絵里「あっ!このジュース凄く美味しいわ!」

真姫「ふーん。それは良かった」

絵里「いや、本当よ?真姫一口飲んでみる?」

真姫「そんなになの?じゃあ、一口貰うけど」ゴクゴク
35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/16(日) 22:46:20.85 ID:O/tvOjHn0
絵里「どう?」

真姫「んっ、確かに美味しいかも」

絵里「でしょ?海未も一口飲む?」

海未「あっ、大丈夫です」

絵里「え?そう?でも美味しいわよ」

海未「本当に大丈夫ですよ」

絵里「そう…」

真姫「海未はジュースとかあんまり好きじゃないんでしょ?」

絵里「そうなの?」

海未「いえ、そんな事はないですよ?」

絵里「え?じゃあ、なんで?」

海未「だって…絵里の飲み欠けじゃないですか」

絵里「え?嫌?私の後に飲むの嫌なの?」
36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/16(日) 22:50:42.79 ID:O/tvOjHn0
海未「いえ、絵里が嫌とかそう言うのでは」

絵里「え?もしかして真姫?」

真姫「はあ?そんなわけないでしょ?ないわよね?」

海未「はい」

絵里「え?じゃあなんで飲まないの?」

海未「ですから絵里が口をつけたじゃないですか」

絵里「え?なに?だって嫌じゃないんでしょ?」

海未「はい」

絵里「え?じゃあ何なの?なんで飲まないの?」

海未「ですから絵里が口を…」

真姫「それさっきも聞いたわよ。無限ループするつもり?」
37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/16(日) 22:59:24.28 ID:O/tvOjHn0
絵里「あの、分かりやすく言ってくれない?なんで私の後が嫌なのかと言う理由を」

海未「だって間接キッスじゃないですか」

絵里「はあ?え?そう言う話?」

真姫「小学生じゃあるまいし…」

海未「破廉恥です」

絵里「いやね?別に本当にキスするわけじゃないんだから…破廉恥って…だいたい女どうしなんだし」

海未「そう言う問題ではありません」

絵里「なんでよ?なんでそうなるのよ?本当にキスする訳じゃないのよ?物凄く面倒くさいわよ、海未?何?じゃあ相手が男の子ならいい訳?」

海未「それも破廉恥です」

絵里「何なのよ!え?じゃあなんなら良いの?」

海未「ですから喉が渇いたら自分の分を飲むのが当たり前じゃないですか」
38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/16(日) 23:08:52.16 ID:O/tvOjHn0
絵里「そうなるとそもそもの論点がズレるでしょ?私の飲んでるジュースが美味しから飲んでみてって言ってるのよ?」

海未「そうですけど」

絵里「でしょ?だから飲んでみてって」

海未「大丈夫です」

絵里「なんでよ!なんでそうなるのよ」

海未「ですから間接キスになってらしまうので」

絵里「いいじゃない、別に!間接キスの何がいけないの?」

海未「ですからそう言うのは好きな人とやるべきですしそもそも人前でする事ではありません」

絵里「おかしいわよ。なんで間接よ?別に直接する訳じゃなおんだからね?こんな事で破廉恥だと思っちゃうあなたの方が破廉恥なのよ」

海未「そんな事はありません」

絵里「あのね?良い聞いて?海未はキスの方ばかり気にしてるから破廉恥に感じるのよ。ただペットボトルのジュースを飲むと言う行為をするだけ。たったそれだけなのよ?どこが破廉恥なの?」

海未「ですから…」

絵里「あ~面倒くさい。あなた凄く面倒くさいわよ?もう、真姫も何か言ってよ」

真姫「コップに汲んで飲めばいいじなゃい」

絵里「…え?」

海未「ナイスアイデアです!」
42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/17(月) 21:40:03.44 ID:400jVWYG0
「ファン」
43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/17(月) 21:45:20.88 ID:400jVWYG0
ダイヤ「それでそこの道を曲がれば着くと思いますよ」

男「あっ、そうですか。ありがとうございます」

ダイヤ「いえ」

花丸「あっ、ダイヤさんズラ」

ルビィ「本当だ。お姉ちゃーん」

ダイヤ「あら?あなた達…」

花丸「さっき一緒にいた男の人…」

ダイヤ「ああ、道に…」

花丸「もしかして、ダイヤさんのファンの人ズラか?」

ダイヤ「え?」

ルビィ「本当?お姉ちゃん凄いね」

ダイヤ「えっと…当然ですわ」
44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/17(月) 21:56:14.57 ID:400jVWYG0
ルビィ「ファンの人とどんなお話ししてたの?」

ダイヤ「え?…せ、世間話しを…」

花丸「世間話し?ファンの人と世間話をするんですか?」

ダイヤ「え?ええ、まあ…アイドルたる者ファンとの交流を疎かにしてはいけないので」

花丸「なるほど。流石ダイヤさんズラ。勉強になるズラ」

ルビィ「お姉ちゃん凄いね」

ダイヤ「た、たいした事では…」

花丸「ルビィちゃんだってこないだファンの人に囲まれて大変だったよね?」

ダイヤ「え?そ、そうなの、ルビィ?」

ルビィ「う、うん。少しだけ」

花丸「姉妹揃ってすごいズラ」

ルビィ「でも花丸ちゃんもこないだファンの人にサインねだられてたよね?」

花丸「あ、あの時は凄く緊張したよ~」

ダイヤ「へ、へぇ~二人もファンとの交流を大切にしてるのですね」
45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/17(月) 22:02:07.66 ID:400jVWYG0
ルビィ「うん。まだまだお姉ちゃんみたいにはなれないけど」

花丸「頑張ルビィズラ!」

ダイヤ「そ、その意気ですわ」

鞠莉「お~い!ダイヤ~」

果南「ちょ、ちょっと鞠莉」

ダイヤ「あら?」

花丸「鞠莉さん!」

ルビィ「果南さん!」

ダイヤ「二人ともどうしたんですの?」

果南「まあ…ちょっとね」

鞠莉「ダイヤ~私は全部見てたよ~」

ダイヤ「え?」

果南「だからやめなって言ってるのに」
46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/17(月) 22:21:10.28 ID:400jVWYG0
「ご褒美」
47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/17(月) 22:30:37.72 ID:400jVWYG0
穂乃果「あぁ~やっと終わったぁ」

凛「凄い疲れたにゃ~。凛こんなに勉強したの初めてだよ」

ことり「二人ともお疲れ様」

海未「普段からしっかり勉強していればこうはならないのですよ?二人ともやれば出来るのですから。それでは約束通りご褒美を…」

穂乃果「イェーイ!待ってました!」

凛「この為に頑張ったんだにゃ」

海未「はい。どうぞ」

穂乃果「わーい…え?」

凛「嬉しいにゃ…え?」

海未「どうしました?食べていいですよ?」
48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/17(月) 22:39:58.37 ID:400jVWYG0
穂乃果「え?海未ちゃん…これ…何?」

海未「え?知りませんか?かりんとうですが…」

穂乃果「いや、知ってるけどさ…」

凛「あの…これがご褒美?」

海未「もしかして苦手でした?」

穂乃果「そんな事はないけど…かりんとうって…かりんとうって!!!」

海未「何が不満なんですか」

凛「だって甘いお菓子って穂乃果ちゃんがお願いしてたのに」

海未「甘いでしょ、かりんとうは。凛は食べた事ないのですか?」

凛「あるよ。食べた事はあるけど!」

穂乃果「もっとこう…違うのを期待してたよ!って言うかはっきり言ってケーキとかかなぁって思ったよ!だってことりちゃんいるし」
49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/17(月) 22:47:07.53 ID:400jVWYG0
ことり「ご、ごめんね」

海未「なぜことりが謝るのです」

凛「そうだよ。ことりちゃんは悪くないよ」

海未「誰も悪くないです」

穂乃果「いや、そうだけどさ…かりんとうってさ…かりんとうって…え?発想が古いよ!今時じゃないよ」

凛「今も昔もかりんとうはださいないよ。ご褒美ではださいよ。聞いた事ないもん。ご褒美のかりんとうだよーって聞いた事ある?」

海未「わかりました」

凛「え?」

海未「確か他にも何かあったはずですから」

穂乃果「本当?」

凛「甘い?」

海未「甘いです。ですから大人しく待っていて下さい」
50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/17(月) 23:05:30.91 ID:400jVWYG0
穂乃果「なんだろ?あんだけゴネたからケーキかな?」

凛「かもしれないよね?ね?ことりちゃんもそう思うよね?」

ことり「え?ん~どうだろ?」

穂乃果「ワクワク」

凛「ワクワク」

海未「お待たせしました」

穂乃果「わーい!何かな…え?」

凛「にゃ~…え?」

海未「どうぞ?穂乃果は好きでしょう?」

穂乃果「いや…美味しいけどさ…美味しんだけどさ…ご褒美で鈴カステラってさ!」

凛「凛は何の為に勉強したと思ってるの?」

海未「テストの為でしょう?何が不満なんです」

穂乃果「だってご褒美だよ?特別なんだよ?鈴カステラって…美味しいけどさ。美味しいけど…ことりちゃんならマカロンとか出してくれるよ?ね?」

ことり「え?う、う~ん…」

海未「マカロンも鈴カステラも似たような形をしてるでしょう」
51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/17(月) 23:19:50.29 ID:400jVWYG0
穂乃果「似てないよ。え?海未ちゃんには鈴カステラとマカロンが同じに見えるの?おかしいよ?絶対おかしいから」

凛「そうだにゃ。そうだにゃ~」

ことり「ふ、二人とも言い過ぎじゃ…」

海未「もう、ワガママ言うなら食べなくたって結構です。片付けて来ます」

穂乃果「え?ち、違う。それは違うよ。海未ちゃんごめんってば」

凛「そうだよ。ご褒美を没収されちゃったらただテストの対策と宿題が片付いただけになっちゃうにゃ」

ことり「それはそれでいいような」

海未「だって二人が喜ぶと思って用意したのに…」

穂乃果「え?あっ、ごめん。海未ちゃん本当にごめんってば」

凛「え?海未ちゃん?怒っちゃったの?」

海未「もう知りません」ガチャ

穂乃果「え?ちょっ、待ってよ」

凛「海未ちゃん~」ガチャ

ことり「海未ちゃん久しぶりに拗ねちゃったね…パクっ…かりんとう美味しいのに」

ガチャ

絵里「こ、ことり?な、なに食べてるのよ…」

ことり「え?かりんとうだけど…」
53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/17(月) 23:47:47.12 ID:400jVWYG0

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
海未「ラン、ララララ~」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『海未「ラン、ララララ~」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。