ツバサ「μ'sのライブに行くわ!」

シェアする

ツバサ-アイキャッチ1
ツバサ「というわけで出かけてくる!」


あんじゅ「そうは言っても外は猛吹雪よぉ」


英玲奈「そもそも本当にやるのか?中止か延期だろう」


ツバサ「二人とも来ないならいいわ、私だけで行くから」ダダダダダダ……



あんじゅ「行っちゃったわぁ」



英玲奈「考えるより先に身体が動くやつだ、あいつは」

pixiv: ツバサ「μ'sのライブに行くわ!」 by Cupola

スポンサーリンク



ツバサ「と言っても、電車は動かないわね……」


ツバサ「タクシーも……車が走れそうにないかな」


ツバサ「走って行くしかないか」





ーーUTX前ーー





絵里「私はもうダメ。希、私を置いて先に行って」


希「何言っとるん、絵里ち、こんな都会で」


希「絵里ち一人置いていける訳ないやろ!」


絵里「私もう眠いわ……」


希「なぁ、絵里ちロシア育ちなのになんでそんな寒さに弱いん?」


絵里「ロシア育ちでも……寒いものは寒いのよ……」


希「絵里ち?寝るな、寝たら死ぬでぇぇえ、絵里ちぃぃいい!」



ツバサ「意気込んで出てきたけれど……」


ツバサ「寒いわ……私もあの人達のように凍えてしまうのかしら……」


ツバサ「あぁ、穂乃果さん、会いたかった……」




「諦めるな、ツバサ!こいつを受け取れ!」




ツバサ「!? これは私のエレキギター!英玲奈、あんじゅ、来てくれたのね!」


あんじゅ「ツバサ一人じゃ安心して送り出せないもの」


英玲奈「ワレワレハヒトツ!」


ツバサ「行くわよ!英玲奈、あんじゅ!私達のライブ、見せてあげる!」


ヒフミ「設営はできました!」


ツバサ「We can do it!」



〜 private wars 〜



ギターボーカル:綺羅ツバサ
ドラム:統堂英玲奈
ベース:優木あんじゅ


イントロ♪〜

♪〜

希「あれは、A-RISE!?」


Aメロ♪〜

♪〜

希「あれ、どっかいってもうた。助けてくれるんちゃうんかい」


Bメロ♪〜

♪〜

ツバサ「英玲奈!あんじゅ!」
英玲奈「了解」
あんじゅ「分かったわぁ」


サビ♪〜

希「ツバサさんが松明持って来たで」


♪〜

希「頰っぺた膨らませとる」


♪〜

希「溜めてぇ……」


♪〜

希「火ぃ吹いたぁ!?」

絵里「あっつ!」


♪〜

……make it,baby! \Dooooon!/


ツバサ「Yeah」ガシッ
あんじゅ「Foooo!」ガシッ
英玲奈「最高のGrooveだった」グッグッ



希「な、なんやのん……」


絵里「あら、A-RISEの方々じゃない」



英玲奈「なんだ、μ'sの東條希と絢瀬絵里ではないか」


英玲奈「こんなところで何をしている?ライブはやはり延期か?」



絵里「そうだわ、今日はμ'sのライブじゃない、急がなきゃ。行くわよ希!」


希「あ、絵里ち、元気になったのはええけどちょっと待ってぇな〜」



ツバサ「さぁ、私達も会場に向かうわ!」



ナニヤッテンノエレナ!
チョットマテ、ドラムハアトガタイヘンナンダ




ーー公園内ーー




ワーワー キャッキャッ

花陽「あぁ〜みんな待ってぇ〜」


凛「保育園の先生にお手伝い頼まれちゃったけど、なかなかまとまってくれないにゃー」


真姫「だから私は引き受けない方がいいって言ったデショー」


花陽「どうしよう、これからライブなのに……」ダレカタスケテー




チョットマッテテー




凛「ん、どっかから声が……」


ツバサ「待たせたわね!」


花陽「あ、A-RISEのツバサさんっ!?それに英玲奈さんもあんじゅさんも!」


凛「次の担当の人かにゃー?」


英玲奈「いや、違うが」


凛「何しに来たにゃ」


花陽「ちょっと、凛ちゃん!」



ツバサ「もちろん、ライブよ!」


ヒフミ「ステージの準備出来ました!」


ツバサ「英玲奈、あんじゅ、用意はいい?」


あんじゅ「もちろん」


英玲奈「完璧だ」


ツバサ「We can do it!」



〜Shocking Party〜



ギターボーカル:綺羅ツバサ
ドラム:統堂英玲奈
ベース:優木あんじゅ
キーボード:西木野真姫


イントロ♪〜

凛「急に踊りだしたにゃ」


♪〜

子供「わーA-RISEだー」キャッキャッ


花陽「すごい……子供達が一緒に踊りはじめてる……」


Aメロ♪〜

子供A「なんだよ俺が先だぞ」


子供B「僕が先なの!」


花陽「喧嘩はダメだよぉ〜」


♪〜

ツバサ「No,no,no. ダンスに後も先もないわ」


あんじゅ「大切なのは 一つのTiming」


英玲奈「せーのでノるぜ 俺たちのGrooving!」


Bメロ♪〜

一般人A「なんだ?路上ライブか?」


一般人B「あら可愛い。お遊戯会の練習かしら」


♪〜

ツバサ「さて、アレ、やるわよ!」
英玲奈「OK!」
あんじゅ「任せなさぁい」


サビ♪〜

ヒデコ「スポットライト点火!」


花陽「踊りでみんなが一つになった!」


♪〜

……Shocking Party!! \Baaaaan!/



ツバサ「Hey!」パァン
あんじゅ「Yahoooo!」パァン
英玲奈「これ以上ないPlayingだ」ガッガッ



保育士「はぁ、はぁ、ごめんなさい!大雪で車が止まっちゃって」


保育士「あなたたち、この後ライブでしょ?あとのことは任せて、早く行きなさい」


花陽「ありがとうございます!」


真姫「そうね、ここはお言葉に甘えましょ」


凛「いっくにゃー!>ω</」



ツバサ「そろそろ時間も厳しくなってきたわね。私達も先を急ぎましょ!」



エレナ、オレトカイッテタワネ
カッコツケタワネ
ウルサイッ//




ーー橋周辺ーー




にこ「そんな……私はこんなところで止まってしまうの?」


にこ「凍てつくような寒さも、私の歌で乗り越えてきた」


にこ「子供達だって、私のダンスで魅了したわ」


にこ「でも、こんなのって!あぁ、私一人でどうしろっていうの!?」




ツバサ「協力するわ!」




にこ「あれは……ツバサ!?それに、英玲奈!あんじゅも!?」


ツバサ「にこさん、どうしたの?って、ギャー生首!」


にこ「誰が生首よ!」


にこ「歩いてライブ会場に向かってたら、上から雪が落ちてきて埋もれちゃったのよ」


英玲奈「あぁ、あの屋根の上からか」


あんじゅ「にしても、綺麗に胴体まで埋もれたわねぇ。ツインテールで歩いて来たのかしらぁ?」


にこ「くっ……ツバサだって背は私と変わらないんだからね!」


英玲奈「それより、私達の力が必要なのだろう?」


ツバサ「にこさん、今回は貴方がメインよ!」


あんじゅ「私達をバックバンドに使えること、光栄に思いなさぁい」



ヒフミ「舞台セット出来ました!」


にこ「ありがとう!それじゃあいくわよ!」


にこ「We can do it!」



〜まほうつかいはじめました!〜



ボーカル:矢澤にこ
ギター:綺羅ツバサ
ドラム:統堂英玲奈
ベース:優木あんじゅ


Aメロ♪〜

♪〜

にこ「いくわよ!」
Fill in! ダダダダダダダッ!


♪〜

♪〜

にこ「せーの!」
Unison! ダダダッダンダダダッダンダダン!


Bメロ♪〜

にこ「よし!大音量の振動で雪に隙間ができた!」


♪〜

Jump!
にこ「出られたわ!」


にこ「ここからは、にこにーの独壇場よ!」


ツバサ「演奏は」
あんじゅ「私達に」
英玲奈「任せろ!」


サビ♪〜

にこにーファンA「あれ、にこにーじゃない?」


にこにーファンB「本当だ、にこにーだ!」


♪〜

にこ「みんな、笑顔になれぇー!」


にこにーファンA「にこっ」


にこにーファンB「にこっ」


♪〜

♪〜

にこ「にこっ!」\Nicoooo!/



ツバサ「Bravo!」パシッ
あんじゅ「Wooo Yeahhh!」パシッ
英玲奈「まさにBestなライブだった」バッバッ
にこ「ありがとうA-RISE!」グッ
ツバサ「こちらこそ」グッ



にこ「ライブ会場に急がなきゃ!A-RISEの皆さんも一緒に、招待するわ!」



トクベツニ、ニコニーノブロマイドアゲルワ!
イヤ、ソレハベツニ
イラナイワ
ヌワンデヨ!




ーーライブ会場ーー




穂乃果「みんな遅いねぇ。もうライブの時間になっちゃうよー?」


海未「外はかなりの吹雪ですからね。私達はスノハレシステムで到着出来ましたが、ノウハウがない他のメンバーには大変かも知れません」


ことり「とりあえず準備しないとぉ」




ツバサ「待たせたわね!」ドアバーン




海未「あれは、A-RISE!?」


穂乃果「あっ、ツバサさんだー!こんにちはっ!」フリフリ


ツバサ「あぁっ、穂乃果さん可愛い!って、そうじゃなくて……」



にこ「私達もいるわよ!」


絵里「待たせたわ」


希「もー、絵里ちのせいやん」


花陽「あれ、ライブは?あれ、あれれ〜?」


凛「間に合ってよかったにゃ!」


真姫「この真姫ちゃんが遅れるなんてありえないデショー」



英玲奈「どうやら間に合ったようだな」


あんじゅ「安心して客席につけるわぁ」


穂乃果「それじゃあライブ始めよっ!A-RISEの皆さんも一緒に!」



英玲奈「は?」


あんじゅ「あら」


ツバサ「えっ、いいの?」



海未「穂乃果は一度言い出したら聞きませんからね。メンバーがお世話になったようですし、私は構いません」


ことり「A-RISEの皆さんがよろしければ、ですけど……」



ツバサ「穂乃果さんと同じステージに立てるなんて!」フンフフーン


英玲奈「喜んでるし、良いんじゃないか?」


あんじゅ「私は良いわぁ。面白そうだし」


穂乃果「それじゃあ、μ's&A-RISE合同ライブだ!」


ヒフミ「仕込みできたよー!」


ツバサ「We can do it!」



〜 SUNNY DAY SONG〜



ボーカル:μ's&A-RISE
ギター:綺羅ツバサ&矢澤にこ
ドラム:統堂英玲奈&東條希
ベース:優木あんじゅ&絢瀬絵里
キーボード:西木野真姫
マラカス:星空凛
Special thanks:All school idols


♪〜

ツバサ(初めてμ'sを知ったのは動画サイトに上げられたライブ映像だった)


♪〜

ツバサ(踊りも歌も拙い、如何にも駆け出しのスクールアイドルという印象)


♪〜

ツバサ("廃校から救う"というキャッチにはインパクトあったけど、学校が近いという程度の興味本位でしかなかった)


♪〜

穂乃果「いっくよー!せーの!」


♪〜

穂乃果「Hi! Hi!」

観客「Hi! Hi!」


♪〜

子供A「Hi! Hi!」

子供B「Hi! Hi!」


♪〜

一般人A「Hi! Hi!」

一般人B「Hi! Hi!」


♪〜

保育士「Hi! Hi!」


♪〜

にこにーファンA「Hi! Hi!」

にこにーファンB「Hi! Hi!」


♪〜

穂乃果「say, Hooooh!」

観客「Hoooh!」


♪〜

ツバサ「say, Ho,Ho!」

観客「Ho, Ho!」


♪〜

穂乃果「Ho, Ho, Hoooh!」

観客「Ho, Ho, Hoooh!」

全員「Wiiiii!」


♪〜

ツバサ(でも、その時には、いずれ敵わない存在になることは感じていたのかも知れない)


♪〜

あんじゅ「あらぁ、空が」


♪〜

英玲奈「晴れてきた!」


♪〜

ツバサ(だって、ファンになってしまったんですもの!)


♪〜

穂乃果&ツバサ「私達のライブに来ていただいて」


♪〜

μ's&A-RISE「ありがとうございました!」
\Yeaaahhhhhh!/



ーー終わりーー



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『ツバサ「μ'sのライブに行くわ!」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。