にこ「μ'sユニット決め」花陽「ドラフト会議です!」

シェアする

にこ-アイキャッチ55
1: ◆SD63rUZ1l95T 2017/07/22(土) 10:21:15.17 ID:whfUQ9yRO

穂乃果「ど、どういうことなのにこちゃん…」


真姫「急にみんなを集めて何を言い出すのよ?」


にこ「なにって? 言葉の通りじゃない」


にこ「μ'sサブユニットのメンバー編成会議をするわよ!」


凛「……?」


海未「はあ……」


絵里「ハラショー、さすがにこね」


絵里「で、どういうことなの? にこ」


希(えりちもわかってないやん…)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1500686475

元スレ: にこ「μ'sユニット決め」花陽「ドラフト会議です!」

スポンサーリンク
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/22(土) 10:23:00.28 ID:whfUQ9yRO

にこ「私たちμ'sは9人になって、順調に曲を出し、ライブやイベントも積み重ねてきたわ」


にこ「けれど、一流のアイドルとしては、まだ足りないものがあるのよ!」


ことり「そうかなぁ?」


にこ「そうよ、……それは、サブユニットよ!」


穂乃果「サブユニット?」


にこ「そう、9人のμ'sを、さらに、小メンバーからなるいくつかのグループに分けて、」


にこ「今度からは、小グループでもアイドルとして活動するのよ」


真姫「なにそれ、意味わかんな――」花陽「な、なななな……」


花陽「なるほど!!」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/22(土) 10:23:33.41 ID:whfUQ9yRO

花陽「さすが、アイドルを知り尽くしたにこちゃん!」


花陽「……いえ、どうして今まで気づかなかったんでしょう。そっちの方が不思議です」


花陽「ある程度のメンバーを抱えるアイドルに、サブユニットは必須!」


花陽「お米を炊く時には、加熱の前に十分な給水時間が必須なのと同じくらい必須です!!」


凛「かよちん、目の色が変わったにゃー…」


海未「これまでのやり方で、μ'sはうまくいっていますし、本当にそんなものが必要なのでしょうか?」


希「うちも、μ'sは9人そろってμ'sやと思うけど…」


花陽「甘い甘い甘い、……酵素の働きででんぷんが糖に変わった炊き立てのお米より甘いです!」
4: ◆SD63rUZ1l95T 2017/07/22(土) 10:24:54.92 ID:whfUQ9yRO

花陽「いいですか、アイドルグループにとってサブユニットの役割とは!」


花陽「ざっくりと、マンネリズムの防止新たな組み合わせによるメンバーの魅力の再確認競争の活性化…」


花陽「…グループにあった今までにない雰囲気の曲ができるし、それに、CDリリース枚数が稼げます!」


花陽「まさに、アイドルにとってもお客さんにとってもいいことづくめなんです!」


絵里「ハラショー…」


ことり「すごい気迫…」


凛「凛はこっちのかよちんも好きだよ!」


にこ「花陽、よく言ったわ」


にこ「穂乃果、…今日は練習に取りかかるまえに、ユニットのメンバー編成会議をするわよ!」
5: ◆SD63rUZ1l95T 2017/07/22(土) 10:25:38.64 ID:whfUQ9yRO

~~部室~~


花陽「というわけで、……第一回、μ'sユニット決めドラフト会議を開会します!」


穂乃果凛「いえーい!」


真姫「……早く済ませちゃいましょ」


絵里「ドラフト会議……?」


希「メンバー決めの方法やね。プロ野球で、新入団選手を振り分けるときとかに使う方法なんよ」


海未「くじで決めれば早いと思うのですが、……なぜそんな面倒な方法を?」


花陽「甘いです、海未ちゃん!」


花陽「メンバー編成はユニットの命!」
6: ◆SD63rUZ1l95T 2017/07/22(土) 10:26:26.13 ID:whfUQ9yRO

花陽「あまり共通点がないメンバーが出来上がってしまっては、ユニットの魅力を打ち出すことは難しい」


花陽「かと言って、お馴染みのメンバーが集まるようでも、目新しさに欠けて困ります」


花陽「それに、グループ間で大きな戦力差がついてしまうのもまずいです」


穂乃果「考えることが多すぎてパンクしちゃうよ~」


花陽「そこで、ドラフト会議方式です!」


花陽「μ'sの9人という人数を考えると、ユニットの規模は3人×3グループが最適です」


花陽「なので、まずはくじ引きで9人の中から、グループのオーナー役の3名を選出します」


希「ほおー」
7: ◆SD63rUZ1l95T 2017/07/22(土) 10:27:30.35 ID:whfUQ9yRO

花陽「その選ばれた三名が、責任をもって、」


花陽「自分のグループに必要だと思われるメンバー、一緒に活動したいメンバーを、」


花陽「第一希望、第二希望…、と順々に挙げていくんです」


真姫「ちょっと待った! ……希望がかぶった場合はどうするのよ?」


ことり「残りのメンバーは6人しかいないし…」


にこ「人気のあるメンバーは争奪戦になっちゃうかも、……たとえば、にこにーとか☆」


真姫「それはないわね」


にこ「こら!」
8: ◆SD63rUZ1l95T 2017/07/22(土) 10:28:30.14 ID:whfUQ9yRO

花陽「希望順が同じで、メンバーが被った場合は、……恨みっこなしです」


花陽「じゃんけんで勝ったほうがそのメンバーを獲得します」


海未「なるほど、……少し厳しいですが、仕方がないルールですね」


花陽「頑張って考えました! ……これで、いいユニットができるといいんだけど」


凛「きっと大丈夫だよ、かよちん」


真姫「で? 時間の無駄だし、さっさと始めちゃいましょうよ」


穂乃果「これがくじ引き? ……先ひいちゃうね!」


絵里「誰がオーナーになるか、……それも大事な要素ね」


希「うちのラッキーパワー見せたるよ!」
9: ◆SD63rUZ1l95T 2017/07/22(土) 10:29:24.90 ID:whfUQ9yRO

花陽「くじ引きの結果、オーナーは、右から順に……、」


花陽「穂乃果ちゃん、絵里ちゃん、凛ちゃんということになりました!」


花陽「そして、司会進行は私小泉花陽が務めさせていただきます! せいいっぱい頑張ります!」


ことり「かよちゃん頑張れー!」


花陽「そして、解説は……、」


真姫「……」


花陽「真姫ちゃん、自己紹介自己紹介」


真姫「なんで私が解説役なのよ!」


花陽「くじ引きで決まっちゃったから仕方ないよ」


真姫「……っっ//」
10: ◆SD63rUZ1l95T 2017/07/22(土) 10:29:52.82 ID:whfUQ9yRO

真姫「…解説役の西木野真姫よ」


ことり「真姫ちゃんかわいいー!」


真姫「……何よ!」


花陽「それでは、オーナーの皆さんに、開始前のインタビューです!」


花陽「スタジオリポーターの園田さん!」


海未「はい……、」


凛「緊張するにゃー…」


絵里「凛、落ち着きなさい」


穂乃果「私、何も考えられないよー!」


海未「皆さん、とても緊張しているみたいです。……スタジオは張りつめた空気です」
11: ◆SD63rUZ1l95T 2017/07/22(土) 10:30:23.93 ID:whfUQ9yRO


ことり「みんながんばってー!」


穂乃果「ありがとうことりちゃん!」


穂乃果「って、ちょっと、アップで撮らないでよ希ちゃん」


希「ふふっ、穂乃果ちゃんのスマイル、きっちり収めましたー」


海未「あのー……」


花陽「どうしました? リポーターの海未ちゃん」


海未「この役目、必要ですか?」


花陽「……」


花陽「どう思われます? 解説の西木野さん」


真姫「私にフらないでよ!」
12: ◆SD63rUZ1l95T 2017/07/22(土) 10:30:52.20 ID:whfUQ9yRO

にこ「あんたたちは役割があるだけいいじゃない!」


にこ「にこだけ、くじに何も書いてなかったんだけど!?」


海未「メンバーの数だけ仕事がある、というものでもありませんから……」


にこ「合わせようと思えばできたでしょ!」


花陽「そろそろ時間も押してきましたので、ドラフト会議、開会とさせていただきますっ!」


ことり「きゃー」


花陽「オーナーの皆さん、フリップボードの準備はいいですか?」


ことり「たーのーしーみー!」


ことり(……)


ことり(くじにに書いてあったことりの役目は「ガヤ担当」でした…)
13: ◆SD63rUZ1l95T 2017/07/22(土) 10:31:45.62 ID:whfUQ9yRO

~~第一順~~


花陽「それでは、第一順ですっ」


花陽「みんな、どんなメンバーを選んでくるのでしょうか」


真姫「……そうね」


真姫「ユニット編成という趣旨に立ち戻って考えると、」


真姫「オーナーである自分と相性がよく、……かと言って『いつメン』すぎない選択が大事」


ことり「ふむふむ」


真姫「そういうドンピシャのメンバーを選ぶのは、簡単に見えて、意外と難しいわ」


真姫「言っちゃ悪いけど、それを考えると……」


花陽「オーナーの面子には不安がのこると……?」


真姫「そうね」
14: ◆SD63rUZ1l95T 2017/07/22(土) 10:32:14.17 ID:whfUQ9yRO

真姫「絵里はともかく、」


真姫「穂乃果や凛は、その辺のバランス感覚をもった人選ができるかしら」


花陽「な、なるほど……!」


花陽(さっきまでイヤがってたとは思えないほど、深い状況理解と考察だよ真姫ちゃん…)


真姫「このドラフト、……ひょっとしたら、最悪の結末を迎えるかもしれないわ」


花陽「最悪の……、結末……!?」海未「――花陽!」


海未「オーナーの皆さんの準備が整った模様です」


花陽「は、ハイ…っ! それでは、フリップを……、えーと…」


絵里「一斉に見せればいいの?」


穂乃果「それとも、順番?」
15: ◆SD63rUZ1l95T 2017/07/22(土) 10:32:41.51 ID:whfUQ9yRO

希「一人ずつ開いていった方がハラハラ感があってええんとちゃう?」


にこ「ハラハラ感って必要?」


海未「段取りを詰め切れていませんでしたね」


ことり「まーだー?」


凛「もう、なんだっていいにゃー!」


真姫「花陽!」


花陽「は、ハヒッ! ……で、では、右手の穂乃果ちゃんから順に、フリップ、どんです!」


穂乃果「じゃあ、いくよ」


穂乃果「私の第一希望は……」
16: ◆SD63rUZ1l95T 2017/07/22(土) 10:33:08.98 ID:whfUQ9yRO

穂乃果「ことりちゃんだよっ!」ドーン


ことり「わあ!」


花陽「一巡目、穂乃果ちゃんの指名は、二年生のことりちゃんです!」


ことり「パチパチパチー」


海未「……」


花陽「どうしたの海未ちゃん」


海未「はい…?」


花陽「い、インタビューを」


海未「……」


花陽「穂乃果ちゃんに、指名の理由とか、感想を……、海未ちゃんの仕事だよ…?」


海未「…はい、わかっています」
17: ◆SD63rUZ1l95T 2017/07/22(土) 10:33:35.47 ID:whfUQ9yRO

穂乃果「う、海未ちゃん」


海未「……」


穂乃果「どうして、無言でマイクを?」


海未「言いたいことがあるなら、言ってください」


穂乃果「え、えーとぉ……」


穂乃果「やっぱりことりちゃんは、私とは幼馴染で、息はぴったりだしぃ…」


海未「そうですね。"ことりは"穂乃果とは幼馴染で、息はぴったりですもんね」


希「海未ちゃん落ち着いて!」


穂乃果「あと、のんびりな性格とか、共通点はおおいかな、って……」


海未「へえ、」


にこ「海未! これはあくまでユニット決めよ! 大きな意味はないわ!」
18: ◆SD63rUZ1l95T 2017/07/22(土) 10:34:20.32 ID:whfUQ9yRO

真姫「……」


花陽「ど、どうでしょうか、解説のま、……西木野さん」


真姫「そうね…」


真姫「ことりと穂乃果はμ'sが始まる前から同学年の仲良しだし、相性という点では申し分ないわ」


真姫「意外性には欠けるけど、それはもう一人のメンバー次第でどうとでもなる」


真姫「ユニットメンバー3人が、たとえば『仲良しふたり+意外なひとり』になれば、」


真姫「バランスのとれた組み合わせになるんじゃないかしら


花陽「なるほど…」


真姫「けど、……問題は、」


花陽「問題は?」
19: ◆SD63rUZ1l95T 2017/07/22(土) 10:34:47.21 ID:whfUQ9yRO

真姫「いえ、……何でもないわ」


真姫「とりあえず、様子を見ましょう」


花陽「い、意味深なこと言わないでよ真姫ちゃん…」


真姫(花陽、あなたの考えた「ドラフト会議」)


真姫(ひょっとしたら、メンバーのあいだに、……小さくはない溝を生んでしまうかも)


絵里「次は私ね」


真姫(絵里の選択次第では、あるいは……)


希「えりち、カメラの前にフリップを掲げるんよ」


絵里「わかってるわ。私の第一希望は……」
20: ◆SD63rUZ1l95T 2017/07/22(土) 10:35:15.45 ID:whfUQ9yRO

絵里「――東條希よ!」ドーン!


ことり「わあ!」


花陽「絵里ちゃんの第一希望は、三年生の希ちゃんです!」


希「アカンてえりち」


にこ「……」


真姫「このドラフト会議、ダメかも…」


絵里「よかった、穂乃果とは競合しなかったわね」


絵里「これで凛とも競合しなければバンザイね」


希「なにもバンザイちがうわ!」


希「あかんてえりち!」
21: ◆SD63rUZ1l95T 2017/07/22(土) 10:35:43.81 ID:whfUQ9yRO

海未「絵里、このユニット決めの趣旨を思い出してください」


海未「穂乃果がことりと、あなたが希と一緒になってしまっては、いつもと同じになってしまいます」


にこ「あーあ、またこのふたり? ってファンの声が聞こえるようね…」


絵里「ちょ、ちょっと待ってみんな」


絵里「確かに、わたしが希を選んだことに、新規性はないわ」


絵里「やりやすい人と一緒に、って甘えてしまっている選択だったかもしれない」


絵里「でも、ユニット全員が意外な面子である必要はないわ。……大事なのは3人目」


絵里「真姫もそう言っていたでしょう?」


花陽「真姫ちゃん…?」


真姫「絵里のいう通りよ」


真姫「ただし、オーナーみんなが同じことを考える、んじゃなかったらね」
22: ◆SD63rUZ1l95T 2017/07/22(土) 10:36:11.66 ID:whfUQ9yRO

穂乃果「あ……!」


真姫「3つのユニット全体のバランスを考えないといけないわ」


真姫「3ユニット全部が、(いつもの学年組から2名)+(いがメン1人)だったら、意外性も何もないでしょ」


絵里「なるほど……、私の読みが浅かったってわけね」


絵里(いえ、……もっと悪いわ)


絵里(そうなることにうすうす気づいていながら、希を選んでしまったのは)


絵里(私の勇気がたりなかったことの証拠…?)


真姫「次の凛は、花陽、間違いなくあなたを指名するわよ」


花陽「ぴやぇっ!?」


真姫「こんなこと自分で言いたくはないけど、私か花陽だったら、凛は花陽を選ぶ」
23: ◆SD63rUZ1l95T 2017/07/22(土) 10:36:40.41 ID:whfUQ9yRO

真姫「残酷だけど、私とよりも、花陽のほうが凛とは長い付き合いだもの」


真姫「いくらμ'sが9人のアイドルだといっても、たがいに向けている矢印の太さは、みんなちがうの」


真姫「その事実を、……いままで私たちはなんとなく流して来たけど、」


真姫「このドラフト会議は、それを私たちにつきつけているのよ!」


ことり「そ、そんなぁ!」


にこ「お、大げさじゃない! たかがユニット編成よ」


真姫「そう、大げさよ」


真姫「ここで、花陽と私、凛にとってどっちが大事かがわかったとしても」


真姫「普段の私たちの関係はきっと変わらないわ」


真姫「けれど……」
24: ◆SD63rUZ1l95T 2017/07/22(土) 10:37:23.46 ID:whfUQ9yRO

海未「明るみに出たという事実は残ってしまう」


海未「選んだ方も選ばれた方も選ばれなかった方も、そのショックは確実に心のなかに残っていくでしょう」


にこ「そして、いつかどこかで……」


穂乃果「そ、そんな!」


穂乃果「私、そんなことを考えて選んだわけじゃないよ! 海未ちゃん」


海未「いえ、……もう遅いのです」


花陽「序列があるという事実は、他愛もないことだけど、確実で重大……」


にこ「私や真姫はまだいいわ。……残り二人の仲がもともといいってのは周知の事実だしね」


希「にこっち、考えすぎやって」


にこ「けど、ここで一番ショックなのは……」


ことり「海未ちゃん……、ごめん」
25: ◆SD63rUZ1l95T 2017/07/22(土) 10:37:50.13 ID:whfUQ9yRO

海未「いいんです。……誰も悪くはありません、……仕方のないことなんです」


穂乃果「私のせいだ……、私が周りも顧みず、突っ走ったから」


穂乃果「私が、私しか見えていなかったから……」


真姫「どうする?」


真姫「続ける? ドラフト会議?」


花陽「見えてしまった事実はもう、覆い隠すことはできない…」


絵里「けど、傷が浅いうちにやめにすることはできる、わね」


真姫「これ以上の序列が発覚してしまう前に……」


真姫「どうする、花陽?」


花陽「う、うう……」
26: ◆SD63rUZ1l95T 2017/07/22(土) 10:38:18.59 ID:whfUQ9yRO

花陽(き、決められないよぉ…)


花陽(そ、そうだ)


花陽「凛ちゃんは、どう思う……?」


凛「zzzz」


一同「「……」」


ことり「も、もしかして……、さっきからずっと寝てる、凛ちゃん?」


絵里「ハラショー……」


凛「……?」パチッ


凛「あれ、どうしたのみんな、凛の方を見て……?」


花陽「り、凛ちゃん、……いつから寝て」凛「あー!!」
27: ◆SD63rUZ1l95T 2017/07/22(土) 10:38:45.68 ID:whfUQ9yRO

凛「ってことは凛の番なんだね!」


凛「遅すぎて居眠りしちゃったにゃー」


海未「待ってください凛! フリップを表にするのは――」


凛「凛のいっちばんはー、もー、ちー、ろー、んー」


花陽「やめて凛ちゃん……っ!」



凛「希ちゃんにゃー!」


一同「「「!!!?」」」


希「うち!!?」


真姫「凛……!」


花陽「き、きき、きききき」
28: ◆SD63rUZ1l95T 2017/07/22(土) 10:39:20.11 ID:whfUQ9yRO

花陽「競合ですっっ!!」


花陽「凛ちゃんの一巡目、指名は三年生の東條希ちゃん、――絵里ちゃんと競合です!」


凛「えええええ!? かぶったあああ?」


凛「って、なーんちゃって」


凛「絵里ちゃんと競合するのは織り込み済みだにゃ」


絵里「凛……」


凛「凛は正々堂々、絵里ちゃんに勝って、希ちゃんを手に入れるよ」


にこ「希……」


希「うちが一番びっくりしてるよ…」
29: ◆SD63rUZ1l95T 2017/07/22(土) 10:39:47.43 ID:whfUQ9yRO

りんえり「「じゃーん、けーん、ぽん!」」


凛「グー」絵里「チョキ」


花陽「凛ちゃん、競合を制し、希ちゃんを獲得です!」


凛「やったにゃああ!」


凛「希ちゃんは……、ワタセナイワァ!」


絵里「……、やってくれるわね」


花陽「これで一巡目終了です!」


ことり「絵里ちゃんはどうなるの?」


にこ「普通のドラフト会議だったら、第二希望を無条件で獲得できるけど……、」


花陽「今回のルールでは、獲得メンバーなし、ということで2巡目に突入です!」
30: ◆SD63rUZ1l95T 2017/07/22(土) 10:40:21.69 ID:whfUQ9yRO

絵里「私は一転、窮地に立たされた、ってわけね」


にこ「競合で失敗した時のペナルティが大きいわね」


にこ「2巡目以降は、さらに慎重にメンバーを選ぶ必要があるってわけね」


花陽「それでは、一巡目終了後のスタジオレポートをお願いします」


海未「……では、見事競合を制して希を獲得した、星空凛さん、今のお気持ちは」


凛「最高の気分にゃー!」


海未「どうして希を獲得しようと思ったのですか?」


凛「ええっとね」


凛「希ちゃんはいつも優しいし、面白いし、大好きだったけど」


凛「いままでは一緒のパートを踊ることとかなかったから」
31: ◆SD63rUZ1l95T 2017/07/22(土) 10:41:05.84 ID:whfUQ9yRO

凛「希ちゃんと一緒なら、練習も本番も楽しいだろうな、っておもったの」


希「凛ちゃん……、なんかうち、キュンとしたわ……」


海未「……競合指名された希ちゃんは、今は、どんな気分ですか?」


希「どうっていわれても……、うち、こういう場であまり人気だとは思ってなかったから」


希「あんまり、選ばれるとか選ばれないとか気にしないでカメラ係してたんやけど…」


希「なんか、いざ、選ばれてみると…、」


希「これって、すごく、嬉しいもんなんやね!」


希「いま、とってもいい気分! 幸せです! ありがとう凛ちゃん!」


凛「こちらこそ、ありがとう希ちゃん! 大好きだよ!」


花陽「……」
32: ◆SD63rUZ1l95T 2017/07/22(土) 10:41:39.34 ID:whfUQ9yRO

真姫「海未! 司会の表情が複雑になってきたので、リポートそこまでにして!」


花陽「……き、気を取り直して、2巡目です」


にこ(なんか、希の様子を見ていたら……)


海未(凛のおかげで、空気が和らいで、これは、単なるユニット決めだと思えるようになりましたが)


花陽(希ちゃんがあんなに嬉しそうだと……)


にこ海未花陽(((……この順番で私も選ばれたいっ!)))


にこ(選ばれたい……、なんて単純な話じゃないわ)


花陽(もし、この巡目で競合がなければ……)


海未(選ばれるのは3人、……残ったメンバーは4人)


にこ海未花陽(((……余ったひとりにはなりたくないっ!!)))
33: ◆SD63rUZ1l95T 2017/07/22(土) 10:42:11.58 ID:whfUQ9yRO

花陽(競合敗北者には優先取得権がないってひどいよぉ、余る人が出る可能性があるし……)


花陽(誰が決めたの、こんなルール……)


花陽(あ、花陽でした……。みんな、ごめんね)


にこ(ここは何としてもにこが選ばれなきゃ)


にこ(だって、にこは宇宙スーパーアイドルなんだから)


にこ(ユニット決め程度のことであっても、不人気なんてもってのほかよ!)


にこ(……なにか、アピールした方がいいのかしら)


にこ「に、にっこにっこにー!」


絵里「にこ、気が散るわ」


にこ「ぬわぁんでよ!」
34: ◆SD63rUZ1l95T 2017/07/22(土) 10:42:39.40 ID:whfUQ9yRO

海未(……不安になってきました)


海未(ひょっとしたら、私は人気がないのでしょうか)


海未(冷静になって普段の私の行動を思い返してみると)


海未(練習ではみんなのミスを指摘してばかりだし、口調は堅苦しいとよく言われますし)


海未(ダイエットや成績のことでついつい怒ってしまいます)


海未(……そんな人と、同じユニットになりたいと思う人なんているのでしょうか)


真姫「……」


花陽「……空気が重いよお」


真姫「……花陽」


真姫「ちょっといいかしら?」
35: ◆SD63rUZ1l95T 2017/07/22(土) 10:43:22.50 ID:whfUQ9yRO

真姫「ここで決まったユニットで、曲を歌ったり、イベントに出たりするのよね」


花陽「そ、そうだよ。……どうしたの真姫ちゃん」


真姫「曲はどうするの?」


花陽「え?」


真姫「作曲よ! ユニットごとの曲って、いったい誰が作るの?」


穂乃果「そりゃあ、μ'sの作曲担当は、真姫ちゃん以外に誰も……」


一同「「「「「――っ!!!」」」」」


真姫「……私ね、……私しかいないってことよね」


真姫「いいわ。……それだけ確認したかったの」
36: ◆SD63rUZ1l95T 2017/07/22(土) 10:43:48.74 ID:whfUQ9yRO

花陽「ちょ、ちょっと待ってよ真姫ちゃん!」


海未「卑怯です!」


にこ「いくらユニットが別でも、μ'sの曲は真姫につくってもらわなきゃ――」


真姫「もちろんよ」


真姫「どんな結果になっても、各ユニットの曲は、私が全部作曲するわ、それはそのつもりよ」


真姫「け、けど……、」


真姫「自分のユニットの曲だけ、わざとじゃなくても、とくに気合いが入っちゃったり、なんてことは……」


真姫「あるかないかでいえば、あってもおかしくは、ないわよね……」


真姫「それだけ」


ほのえりりん「「「……っ!!」」」
37: ◆SD63rUZ1l95T 2017/07/22(土) 10:44:18.70 ID:whfUQ9yRO

~~2巡目~~


穂乃果「真姫ちゃん!」


絵里「真姫!」


凛「真姫ちゃん真姫ちゃん真姫ちゃん!!!」


花陽「3人競合です!」


ほのえりりん「じゃーんけーん、ぽん」


絵里「勝ったわ! ハラショー!!」


穂乃果「くぅぅ……」


凛「真姫ちゃん……」


花陽「2巡目、絵里ちゃんが真姫ちゃんを獲得して終了です!」
38: ◆SD63rUZ1l95T 2017/07/22(土) 10:44:45.40 ID:whfUQ9yRO

にこ「あんたね! ずるいとは思わないの!?」


真姫「なによ! 私は私を選ぶメリットをちょっとアピールしただけよ」


真姫「悔しかったら、あなたも自分の魅力を押しだせばいいんじゃない」


にこ「ぐぬぬ……」


にこ「ふん!」


にこ(作曲のできる真姫とは違って、私にしかできないことなんて、……)


真姫「……」


花陽「それでは、ドラフト会議も佳境に差し掛かってきましたっ!」


花陽「3巡目の準備をお願いします」
39: ◆SD63rUZ1l95T 2017/07/22(土) 10:45:16.53 ID:whfUQ9yRO

希「うちと凛ちゃん、えりちと真姫ちゃん、穂乃果ちゃんとことりちゃん」


希「いろいろドタバタしたけど、……なんとなく、どのグループも、うっすらかたちが見えてきてるやん」


ことり「最後のひとりは、相談して決めていいんだよね?」


花陽「うんっ、……最高のユニットにしてね!」


海未(こんな私が選ばれる理由なんて……)


花陽「海未ちゃん……」


花陽「緊張するね」


海未「花陽…」


花陽「海未ちゃんには、作詞って武器があるからいいけど、私には特別なこと、何も……」


海未「作詞は、ことりもやりました」
40: ◆SD63rUZ1l95T 2017/07/22(土) 10:45:47.04 ID:whfUQ9yRO

海未「自分の思いを言葉にするだけですよ。誰にだってできることです」


海未「私がユニットにいなければならない理由など、ありませんよ」


海未「むしろ、私がいることで、マイナスになる面も……」


花陽「そ、そんなこと絶対ないよ! ありえないよ! 海未ちゃん!」


花陽「だって海未ちゃんは――」海未「いいんです」


海未「フォローなんてしてくれずとも、いいんですよ」


海未「これまでの経緯で、私はしっかりと現実を理解しています」


海未「この経験を糧に、努力して改善していかなければいけないのは私の方です」


海未(まずは日々自分に課している鍛錬の量を2倍に……)


花陽「海未ちゃん……」
41: ◆SD63rUZ1l95T 2017/07/22(土) 10:46:13.70 ID:whfUQ9yRO

にこ「あーあ、空気最悪ね」


にこ「こんなんだったら、凛が第一志望を言う前に止めとけばよかったんじゃないの?」


真姫「……」


穂乃果「そんなことないよ!」


絵里「……」


穂乃果「確かに、私だって、最初は自分のことしか考えてなくて」


穂乃果「みんなをすこし傷付けちゃったかもしれない、――けど」


穂乃果「この機会に、みんなが、少しずつみんなのことをわかるようになってきてる」


穂乃果「このドラフト会議が終わったら、μ'sは、もっと一つに、互いを分かり合えるようになっていると思う」


にこ「すごい自信ね。……いったいどこから来るのよ?」
42: ◆SD63rUZ1l95T 2017/07/22(土) 10:46:44.99 ID:whfUQ9yRO

凛「……」


ことり「……」


穂乃果「わかるよ、みんなが。……にこちゃんもわかってるでしょ?」


穂乃果「にこちゃんと花陽ちゃんと海未ちゃん、穂乃果とことりと、絵里ちゃん真姫ちゃんと、凛ちゃん希ちゃん」


穂乃果「組み合わせはひとつしかありえないよ!」


海未(そうでしょうか……)


海未(わかりません。……私が、私の居場所なんて)


海未(私は確信が持てません)


ことり「かよちゃん」


花陽「はい……」


花陽「運命の3巡目、フリップをあげてください!」
43: ◆SD63rUZ1l95T 2017/07/22(土) 10:47:10.34 ID:whfUQ9yRO

穂乃果「花陽ちゃん!」ドーン


絵里「……にこ」トン


凛ちゃん「海未ちゃん!」バン



~~ Printemps ~~


花陽「うっ、……うっ、良かった」


花陽「私、てっきり余っちゃうかと思ったんだもん」


穂乃果「そんなことないよ!」


ことり「穂乃果ちゃんと二人で相談したんだけどね」


穂乃果「花陽ちゃんしかありえない、って!」
44: ◆SD63rUZ1l95T 2017/07/22(土) 10:47:36.43 ID:whfUQ9yRO

花陽「でも、どうして私なんか……」


花陽「私が選ばれる特別な理由なんて、なにも……」


穂乃果「フィーリングだよ!!」


花陽「フィーリング!!?」


ことり「なんとなく、それしかないって思ったの」


花陽「へえええ!?」


穂乃果「なんとなく、が一番大事なんだよ!」


花陽「そ、そうなの、かな……」


ことり「そうだよ! わたし、かよちゃんといっしょがいい! なんとなく」


穂乃果「私も!」


花陽「……うん! 私も!」
45: ◆SD63rUZ1l95T 2017/07/22(土) 10:48:20.33 ID:whfUQ9yRO

穂乃果「なんとなくってすごいんだね!」


ことり「なんとなく! なんとなく!」


花陽「はい、なんとなくです!」


~~ BiBi ~~


にこ「ふん、やっぱりね!」


にこ「あなたたちにはにこがいないとだめ、分かってたわ~、最初から!」


真姫「どうかしら」


絵里「あら、真姫。……にこと一緒がいいって最初に言ってたのは誰だったっけ?」


真姫「それは絵里もでしょ!」


にこ「……」


にこ「……いくわよ。にこが入ったからには、μ'sで一番のユニットを目指すんだから!」
46: ◆SD63rUZ1l95T 2017/07/22(土) 10:48:53.35 ID:whfUQ9yRO

絵里「というか、それが当然じゃない? ……面子を見るかぎりは」


真姫「悪いけど、他のふたつに負ける気はしないかも」


にこ「よ~し、まずは手始めにユニットシングル第一弾、『にこに~にこちゃん』を……」


にこ「……」


にこ「なんか言いたいことあるなら言いなさいよ!」


~~ lily white ~~


海未「凛……」


凛「どうしたの海未ちゃん、顔が泣きそうだよ?」


希「うちらとやるのがそんなに嫌だったん…?」


海未「……そうじゃなくて、てっきり、凛は私と同じグループは嫌なのではないかと」


凛「どうして?」
48: ◆SD63rUZ1l95T 2017/07/22(土) 10:49:20.73 ID:whfUQ9yRO

海未「私は、いつも、メンバーに嫌なことを言ってしまいます。ダイエットをしなさいとか、生徒会の仕事もしなさいとか…」


海未「凛にも、テスト勉強をさせたり、踊りのテンポが狂ってるって何度も何度も言ってしまいました」


海未「そんな人と一緒は、誰だって……」


希「凛ちゃん、言ってやり!」


凛「凛はね、海未ちゃんと一緒にユニットを組んでダンスを踊って、歌を歌いたいよ!」


凛「たしかに、ちょっとうるさいなって思っちゃうことはあるけど、それは誰かがピシッとしなきゃいけないことだし」


希「その役をこなしてくれる海未ちゃんのこと、みんな頼もしく思ってると思うよ」


海未「希……」


希「うちも凛も、最初に思い浮かんだ名前が海未ちゃんだったんよ」


海未「……実は私も」


海未「名前を呼ばれる場所がここだったらうれしいなと思っていたんです、……」
49: ◆SD63rUZ1l95T 2017/07/22(土) 10:50:16.90 ID:whfUQ9yRO

花陽「というわけで、μ'sの新サブユニットが無事決定いたしました」


ことり「わー、ぱちぱちー!」パチパチ


花陽「スタジオリポーターの園田さん、そちらの盛り上がりはいかがでしょうか」


海未「はい…、こちらの様子は…」


穂乃果「やったよー」凛「やったにゃー」


絵里「ハラショーね」


海未「やっぱりこの役目は必要ないんじゃあ……」


にこ「なに言ってるのよ海未!」


にこ「μ'sには、必要とされてないメンバーなんていないわ、……ひとりだって」


凛「にこちゃんなりかけたにゃ~」にこ「うるさい!」
50: ◆SD63rUZ1l95T 2017/07/22(土) 10:50:42.52 ID:whfUQ9yRO

花陽「解説の西木野さん、今回のドラフト会議の総括をお願いします」


真姫「もう終わったんだから解説とかいいじゃない…//!」


真姫「……」


真姫「そうね。…私たちはお互い、違う太さの矢印を向けあっているんだって言ったわ」


真姫「それは真実よ。でも、……その矢印を組み合わせて、みんなで、もっとおおきな、素敵な模様を作ることもできる」


真姫「それがわかったってことは、大きな収穫じゃないかしら」クルッ


絵里「真姫……、」


希「いいこと言うやん」


真姫「ちょ、希、……もしかしていまの、カメラ、…録音!」


真姫「やめて、さっきのセリフなし! なし!」
51: ◆SD63rUZ1l95T 2017/07/22(土) 10:51:24.43 ID:whfUQ9yRO

希「さ、最後にみんなで写真撮ろ!」


絵里「グループごとに、固まって並ぶのよ」


穂乃果「タイマーは10秒だって~! みんな早く~」



希「lily whiteはみんなで同じポーズとろか」


海未「こ、こうですか…」


凛「ちょっと違うけど、……それでいいと思うにゃ!!」



にこ「下の歯の裏に舌をつけるのよ! …そしたら笑顔が自然になるの、…ほら真姫も!」


真姫「うるさい、写真ぐらい勝手に映らせて」


絵里「いいじゃない、にこのこういうテクニックはなかなか効くわよ?」



穂乃果「わあああ、時間忘れちゃった! あと何秒? もう映っちゃう?」


花陽「えええっ、せっかく時間にあわせて笑顔を作ろうと思ったのに! …おしまいです」


ことり「大丈夫だよ、……今からずっとにっこり笑っていればいいんだから、さ、みんなで」


パシャッ
52: ◆SD63rUZ1l95T 2017/07/22(土) 10:53:17.34 ID:whfUQ9yRO
おわり

矢澤にこ先輩誕生日おめでとうございます!

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
にこ「μ'sユニット決め」花陽「ドラフト会議です!」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『にこ「μ'sユニット決め」花陽「ドラフト会議です!」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。