りんぱな「にこちゃんは!」えりまき「私たちのものよ!」

シェアする

にこ-アイキャッチ5
にこ「ふぅっ…」

希「ため息なんてついてどうしたん?にこっち」

にこ「なんだか最近メンバーの雰囲気が悪い気がするのよね」

希「μ'sのみんなが?」

にこ「や、全員じゃなくて一部のメンバーなんだけど…」

希「あ~、もしかして凛ちゃん達と…」

にこ「そう、凛と花陽が絵里と真姫と言い合いしてるっぽいのよね」

希「原因は知らないん?」

にこ「聞いてもはぐらかされちゃって…どうしたものか…」

希「よし、じゃあここはウチに任しとき!」


-----

pixiv: りんぱな「にこちゃんは!」えりまき「私たちのものよ!」 by TAKEZO

スポンサーリンク


希「と言う事で四人に集まってもらったワケだけど、呼ばれた理由はわかるよね?」

絵里「えぇ、わかってるわ」

真姫「私たちが凛と花陽と揉めてる件でしょ?」

希「その通り、それで一体どんな理由で揉m」

凛「その件に関して凛たちは一歩も譲る気は無いにゃ!」

絵里「何よ、私たちだって譲る気なんてさらさら無いわ!」

希「盛り上がってるところ申し訳無いんやけど、その前に理由を教えていただけないでしょうか…」

花陽「希ちゃん、実は私たちはここ最近お互いに一歩も引けない戦いをしていたのです!」

希「うん、だからその理由を、ね」

真姫「そこまで知りたいなら教えてあげるわ」

希「…!」ゴクッ

絵里「私たちが争っている理由、それは…にこよ!」


-----


希「え、にこっちのこと嫌いなん?」

凛「逆にゃ、にこちゃんがどっちのものかという争いをしているにゃ!」

花陽「つまり私たち"にこりんぱな"なのか、それとも…」

真姫「私たち"BiBi"なのか、って事ね」

希「しょーもなっ!」(なるほどそんな理由が…)

えりまきりんぱな「はぁっ!?」

希「口が滑りました、続けてどうぞ」


-----


絵里「やっぱりにこは華やかモデル系ユニットであるBiBiにいるべき、それ以外は認められないわ」」

絵里「確かににこはモデル系というにはスタイルがちょっと物足りないと思うかもしれない」

絵里「しかし近年は背の高いモデルばかりではなく小柄なモデルの人もたくさんいるわ」

絵里「それにスタイルはさておきにこの美しさはBiBiでこそ輝くと思うわ」

真姫「イミワカル!」

希「なるほど、そう言われてみると確かにBiBiにぴったりやね」

凛「ちょっと待つにゃー!」


-----


凛「にこちゃんはやっぱりにこりんぱなにこそ必要だよ!」

凛「見た目も仲良し三人組っぽくていい感じだし!」

凛「それに歌も好評だし、なによりラジオもすっごく聴かれてるんだよ!」

凛「三人でニコ生にお邪魔した時も評判良かったし、この三人が最高の組み合わせにゃ!」

花陽「その通り、流石は凛ちゃん!にこりんぱなの良さがわかってるね!」

希「確かに"ことほのまき"や"ファイトクラブ"にゲストで来た回は面白かったな~、ウチも毎回楽しみにしてるわ」

真姫「イミワカンナイ!」


-----


真姫「にこちゃんはBiBiにこそ相応しいと思うわ」

真姫「振付は絵里が担当、そして作曲は私が担当している」

真姫「そこにアイドル好きのにこちゃんの意見が加わる事で曲もダンスもより最高のものに昇華されるのよ」

真姫「どこぞのぽわぽわユニットや昭和ユニットとは違う、最もアイドルに近いユニットがこのこのBiBi!」

真姫「となると、どこまでもアイドルを求めるにこちゃんに相応しいユニットは私たちのBiBiという事になるわ」

希「おぉ、ウチ的には今までで一番説得力がある意見が来たって感じやね」

花陽「ダレカタスケテー!」


-----


花陽「…じゃなくて、チョットマッテ!」

花陽「アイドルを求めるならBiBi?そんな事はありません!」

花陽「自他ともに認めるアイドル好きである私と一緒にいた方がよりアイドルらしさを出していけると思います!」

花陽「お互いに意見を出し合い、時には反発しあい、そうやって出た案をより良いものへと変えていけるのは私たちにこりんぱなです!」

凛「その感じだと凛は置いてけぼりになっちゃうけど、凛はこっちのかよちんも好きにゃー!」

希「確かに二人なら意見がぶつかっても鍔迫り合いじゃなくて刃と砥石のような関係で、より良い意見になりそうやね」


-----


絵里「ちょっと希、どの意見にも納得してたら決まらないじゃない」

真姫「そうよ、遠慮しないで言っていいのよ?にこちゃんはBiBiにこそ相応しいって」

花陽「は?何言ってるの?にこりんぱなの方が良いに決まってるよ!」クワッ

凛「り、凛はこっちのかよちんも…」

希「おぉぉ、凛ちゃんも軽く引いとるやん…」

絵里「そんな事はどうでもいいわ、希はどう思うの?」

希「っていうかウチが決めるん!?」

真姫「そうじゃなかったら何のために今まで話を聞いてたの?」

希「いや、皆が勝手に話を始めただけやん…」

希(マズい、これはピンチや…ダレカタスケテー!)


ガチャッ バァーン!


のぞえりまきりんぱな「!?」


-----


にこ「ごめん希、やっぱり改めて自分で聞く事にしたわ…だって部長だもの!」

希「にこっち…カッコいい登場のところ申し訳ないんやけど、ウチもう聞いちゃった」

にこ「え、あ、そう…」ショボン

希「うん、なんかごめん」

にこ「そ、それで!四人が揉めてる原因はなんだったの?」

希「言いにくいんやけど…原因はにこっちや」

にこ「へ?私?」

希「そして揉めてるというか四人でにこっちについて言い合ってたというか…」

にこ「四人で私について…?」

えりまきりんぱな「///」

にこ「なるほど…私に対する愚痴を言い合ってたって事ね」ウルッ

えりまきりんぱな「!?」

絵里「にこ?それは誤解よ?」アセアセ

にこ「気を遣わなくたっていいわ、本人には言いにくい事もあるわよね…」グスッ

凛「ちょ、ちが…」

にこ「ふがいない部長でごめんねー!」ダッシュ

花陽「にこちゃん!?待ってー!」

真姫「本当に誤解なんだってばー!」



希「…帰ろ」





おわり

にこっち、ハッピーバースデー(遅)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『りんぱな「にこちゃんは!」えりまき「私たちのものよ!」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。