穂乃果「にこちゃんは!」絵里「こっちのものよ!」

シェアする

ほのえり-アイキャッチ7
穂乃果「」ゴゴゴゴゴゴゴ

花陽「」ズモモモモモモモ

真姫「」ツーン


絵里「」チカァ

海未「」ザワ…ザワ…

凛「」フシャアアアアアアア



ことり「」ペラッ

希「」ウトウト…


穂乃果「第7回!にこちゃんは誰のもの決定戦ー!」

『うおおおおおおおお!』

pixiv: 穂乃果「にこちゃんは!」絵里「こっちのものよ!」 by しずく饅頭

スポンサーリンク


穂乃果「前回は妹組に持ってかれたけど!今回こそは我ら恋人組がにこちゃんとの甘甘ライフを満喫してやるー!」

まきぱな『おー!』

絵里「せいぜいほざいてるがいいわ!今回もわたしたち妹組がにこに甘えるのよ!」

うみりん『おー!』


ことり「あ、この服可愛い」ペラッ

希「…zzZ」


穂乃果「先攻はもらうよ!まずは真姫ちゃんから!」

真姫「任せなさい。一発でとってきてやるわ」カミノケクルクル


──
───

にこ「ん?真姫ちゃんだけ?」

真姫「ええ、そうみたい。皆から連絡来てた?」

にこ「んー…なにも来てないわね」

真姫「そう」

にこ「ね、真姫ちゃん」

真姫「なによ?」

にこ「今なら、二人きりね」ズイッ

真姫「ちょ、なによいきなり!///」

にこ「えー?真姫ちゃんってばいつも冷たいから~たまにはこうして親睦を深めようかな~て思ってぇ~」

真姫「親睦なんて言葉知ってたのね。見直したわにこちゃん」

にこ「バカにしてんの!?」

真姫「だったらなによ」

にこ「そういうことばっかり言ってるから真姫ちゃんは真姫ちゃんなのよ」

真姫「なによそれ、イミワカンナイ」プイッ

にこ「…たまには素直になりなさいよ」クイッ

真姫「あっ…」

にこ「ほら、にこの目を見て…ね?」

真姫「うん…♡」ポー

にこ「そうやってれば、可愛いのに」フフッ

真姫「にこちゃん…///」

にこ「何?物欲しそうにしちゃって」

真姫「お願い…焦らさないで…///」

にこ「」スッ

真姫「んっ…」

チュッ

真姫「…へ?」

にこ「なぁに?まさか唇にしてもらえるなんて思ってたの?」

真姫「こ、こんなのって…!んんっ!?」

にこ「んっ…むっ…」チュゥ

にこ「ぷぁっ」

真姫「あ…ふぁ…」トローン

にこ「そうそう、その顔が見たかったの」

真姫「にこちゃ…」ハァハァ

にこ「ごちそうさま♡」クスッ

───
──


海未「は、破廉恥です!にこはそんな淫乱ではありません!///」

真姫「恋人ならこれくらい当然よね」ドヤァ

穂乃果「ふふっ…海未ちゃんには刺激が強すぎたようだね」

絵里「ふっ…まだ甘いわね」

真姫「なんですって!」

絵里「確かにSっ気あるにこの破壊力は凄まじいわ。でも、妄想は妄想!見せてあげなさい凛!」

凛「にこちゃんが皆の姉であることを証明してやるにゃ」


──
───

凛「お腹すいたにゃー」ダラダラ

にこ「ちょっと凛?部室でゴロゴロされてると邪魔なんだけど」カタカタ

凛「ゴロゴロじゃなくて、凛はダラダラしてるんだよー」

にこ「たいして変わらないじゃない」ハァ

凛「ねーにこちゃん」

にこ「ん?」

凛「お腹空いたー」

にこ「ったくもう、仕方ないわねー」ゴソゴソ

凛「なにかくれるの!?」パアア

にこ「はい、クッキーよ」

凛「やったにゃー!」モグモグ

にこ「それ食べたら大人しくしてなさいよね」

凛「これすごく美味しいね。買ったやつ?」

にこ「作ってきたのよ。みんなに配ろうと思って」

凛「絵里ちゃんあたりがさすがにこねって言うこと間違いなしだにゃ」モグモグ

にこ「あんたの分は今食べたから無しよ」

凛「えええええ!そんな!?」

にこ「……ぷっ」

凛「あ、にこちゃん笑ったにゃ!」

にこ「だって、あんた今この世のおわりみたいに一瞬で青ざめて…くくっ」

凛「むー」プクー

にこ「悪かったわよ。ちゃんと後で食べる分もあるわ。拗ねないの」ナデナデ

凛「…うん」ニヘラ

にこ「なんて顔してるのよ」

凛「にこちゃん大好きにゃー!」モッギュー

にこ「はぁ…甘えん坊なんだから。大きい妹が増えたみたいね」ナデナデ

凛「~♪」

───
──


花陽「カハッ!」ガクッ

真姫「花陽!しっかり!気をしっかり持つのよ!」ガクガク

海未「ふっ…真姫、あなたも膝が笑っていますよ」

絵里「凛の持つμ's一の妹力とにこの姉力が合わされば、それは化学反応を起こし、凄まじい精神破壊兵器へと昇華するのよ」

穂乃果「くっ!恋人派の穂乃果たちでさえもこのダメージ…」

穂乃果「特に凛ちゃんとにこちゃん、二人ともラブな花陽ちゃんは再起不能寸前…!なのに、どうして妹派の二人がダメージを受けていないの…?」

絵里「答えは簡単よ」

海未「わたしたち二人は先程の凛のシチュエーションに自己投影が難しいからです」

真姫「なんですって…」

絵里「それはあなたたちとわたしと海未の二人の、妹力の差よ」

真姫「そうか!二人とも積極的に人に甘える性格ではない…故に自分がにこちゃんに同じシチュエーションで甘える姿の想像がしづらい!それが僅かな萎えを産み、萌えの破壊力を抑えたのね!」

海未「さすがは真姫ですね。瞬時にそれを理解できるとは」

花陽「こちらは…全員がにこちゃんより年下…クールが売りのソルゲ組とはいえ真姫ちゃんは一年生…まだまだ甘えたい欲求も潜んでる…だから、わたしに次いでダメージが大きかった…」フラフラ

穂乃果「花陽ちゃん!」

花陽「しかし、恋人としての関係が生む甘甘空間はそれすらも凌駕するということを教えてあげます!」

真姫「花陽、いけるのね?」

花陽「うん!想像してみて…にこちゃんと付き合って数年経ったと…」


ことり「マカロン持ってきてたんだった」ゴソゴソ

希「…zzZ」スヤァ


──
───

花陽「~♪」

にこ「ご機嫌ね、花陽」

花陽「うん!だって今日はにこちゃんとデートだもん!」

にこ「デートって…ま、まあ、間違いじゃないけど…」

花陽「えへへ。こうして二人きりで出掛けるのって、最近なかったから…」

にこ「そうだったわね。ここ最近はお互いに仕事仕事で忙しかったし…」

花陽「だから、今日は目一杯にこちゃんとイチャイチャするんだって思ってたの!」

にこ「あ、あんたはまたそういうことを大声で…///」

花陽「あ、にこちゃん照れてる」ツンツン

にこ「こ、こら!やめなさい!」

花陽「だってにこちゃん可愛いんだもん♪」

にこ「なにいってんのよ。あんただって可愛いじゃない。ほれほれ」ホッペムニムニ

花陽「ひゃぁぁぁやめふぇ~」

にこ「うわ、なにこれめっちゃ柔らかい。花陽は最高の癒し系ね」

花陽「もう!いつまで触ってるの!?」プンスカ

にこ「ふふっ…ごめんごめん」

花陽「今日はどんなプランなの?当日まで秘密ってことだったけど…」

にこ「歩きながら話すわ。さ、行くわよ」スッ

花陽「う、うん///」ウデクミ

・・・

にこ「ねえ花陽…わたしたち付き合い出してからもう結構たつわよね」

花陽「うん、そうだね」

にこ「わたしね、今度仕事の関係で海外に行かなきゃならないの」

花陽「えっ…?」

にこ「会いに来ることは、簡単にはできないわ」

花陽「そ、そんな…」

にこ「…」

花陽「仕方無いよね…お、お仕事…だもん…わたしがわがまま言っちゃったら…ダメっ…なのに…!」グスッ

にこ「花陽」ギュッ…

花陽「う…うあああん!やだよ…わたしは会いたいよ!にこちゃんと遠い場所にいたくないよ…!」

にこ「花陽、顔をあげて?」スッ

花陽「にこ…ちゃ…っ!んっ!」

チュッ

にこ「わたしだって同じよ。このまま一生あなたを離したくない。あなたと共に、これからを歩みたい」

花陽「…っ!に、にこちゃん…」

にこ「花陽」スッ…

にこ「結婚しましょう」

花陽「は…うっ…ぐすっ…はい!喜んで!」

───
──


絵里「ゴフッ…」ドサッ

海未「絵里…がはっ!」ガクッ

凛「」チーン

穂乃果「ふはははは!これが恋人だからこそ実現する女子の憧れ!プロポーズ!」

真姫「3人であらゆる意見を出し合い、にこちゃんのイケメン度を高めつつお互いの萌え死ぬ寸前を攻めた今回のシチュエーション…いかがかしら?」

花陽「話し手にさえ萌え死ぬ危険を秘めた諸刃の剣…しかし破壊力は抜群です!」

穂乃果「大人な女の子であるぅ絵里ちゃんなら、にこちゃんを姉と慕いつつも何度か妄想したことくらいあったんじゃない?」

真姫「キスさえ恥ずかしがる海未だけど、ここまでストレートな純愛は誤魔化し様がなかったみたいね」

花陽「結婚…凛ちゃんにはこの単語だけで十分な威力だったはずだよ」

穂乃果「これはもう勝ちはもらったかな?」

海未「まだ…です!」

真姫「なっ…!」

海未「にこがイケメンたりえることに異論はありません…しかし、あなたたちはもうひとつ、にこの持つ魅力である姉力を甘く見ている!」

絵里「その…通りよ…!」ググッ

花陽「まさか、まだ立てるなんて!」

海未「たとえこの身果てようとも…姉力の先にあるもの、それをあなた方に思い知らせてあげましょう!」


──
───

海未「にこ」

にこ「うん?どうしたの?」

海未「いえ、特に用というわけではないのですが…」

にこ「歯切れ悪いわね。あんたらしくもない」

海未「…」ソワソワ

にこ「…海未、ちょっとこっちきなさい」

海未「は、はい?」ススス

にこ「…」ナデナデ

海未「に、にこ!?いきなり何を…?」

にこ「あんたって器用そうに見せてるけどかなり不器用よね」

海未「な、何の話ですか…?」

にこ「なんか溜めてることあるんでしょ?言ってみなさい」

海未「し、しかし…」

にこ「言いなさい」ワシャワシャ

海未「わ、わかりました!だからやめてくださいー!」

・・・

海未「…とまあ、穂乃果のおかげで退屈しない日々で」

にこ「なるほどねぇ…穂乃果らしいっちゃそうだけど」ナデナデ

海未「あ、あの、にこ?」

にこ「ん?」ナデナデ

海未「その、いつまで撫でているのですか?」

にこ「さっきね、あんたのこと不器用だって言ったでしょ?」

海未「はい」

にこ「甘えたいときは素直にわたしのところに来なさい」

にこ「μ'sが先輩後輩禁止でも、にこはあんたの年上なの。海未が甘える理由はそれだけで十分よ」

海未「…ありがとうございます」

海未「…にこ、お姉ちゃん///」ボソッ

にこ「…ん」ナデナデ

───
──


穂乃果「…」ツー

花陽「穂乃果ちゃあああああん!」

真姫「まずいわ!立ったまま涙を流して気を失ってる!」

絵里「ふふ…長年の付き合いである幼馴染の以外な面とにこの包容力…そのあまりの尊さに身体が持たなかったようね」

海未「言ってしまいました…これだけは秘密にしておきたかったのにぃ…///」プシュー

凛「でもこっちも再起不能寸前にゃ」

花陽「な、なら…こっちだって…うっ」ガクッ

真姫「花陽!そんな…」

絵里「気を失ったわね。凛の話がよほど堪えていたと見えるわ」

真姫「はっ…そういう絵里こそ足が震えてるわよ」

絵里「っ!」

真姫「さっきの花陽の攻撃、さすがの絵里もただじゃすまなかったようね」

絵里「くっ…!でも、まだうちには凛もいる!」

凛「にゃー」フヨフヨ

絵里「いやあああああああああ!」

真姫「凛ならとっくにダウンして幽体離脱してるわよ。無事とはいえないわね」

絵里「花陽の捨て身の攻撃…まさかこれほどとは…」

真姫「穂乃果と花陽が倒れた今、対抗できるのはわたしだけ。正直今のわたしの妄想じゃ…でもやるしか…!」

海未「恥ずかしいですぅ…///にことわたしだけの思い出だったのに///」

絵里「海未は今日はもう無理ね…凛は論外」

凛「にゃー」フヨフヨ

絵里「あとは真姫、あなたを倒して終わりよ!」

穂乃果「まだだよ…」フラフラ

真姫「穂乃果!」

穂乃果「穂乃果の妄想はまだ、語ってない!」ドンッ

絵里「なっ!」ビリビリ

絵里「このプレッシャー…!一体どんな妄想を…!」

穂乃果「もう、ぅ絵里ちゃんを倒すにはこれしかない…」


──
───

穂乃果「んむぅ…」スヤスヤ

にこ「穂乃果ー」

穂乃果「んぁ…?」

にこ「いつまで寝ぼけてるのよ。朝よ朝。起きなさい」

穂乃果「あと5分…」スヤスヤ

にこ「あんたねぇ…毎朝毎朝起こす身にもなりなさいよ」スッ

にこ「起きないと、ちゅーしちゃうわよ」ボソッ

穂乃果「~っ!///」カアア

にこ「あ、起きた」クスクス

穂乃果「ず、ずるいよ!あんなこと耳元で言われちゃったら…!」

にこ「興奮しちゃった…?」ボソッ

穂乃果「あ…う///」

にこ「まったく…昨日あれだけシてあげたのに…えっちな子♡」クイッ

穂乃果「にこちゃ…♡」

チュッ

にこ「ん…」

穂乃果「ん…はぁ♡」

にこ「朝ごはんできてるわよ。さっさと着替えなさい」

ギュッ

穂乃果「…」

にこ「どうしたの?エプロンの裾をつかんだりして」

穂乃果「わかってるくせに…///」

にこ「ダーメ」ピシッ

穂乃果「あいたっ」

にこ「夜まで我慢できたら…にこがご褒美あげちゃうから…ね?」

穂乃果「うん♡」

にこ「じゃあリビングで待ってるわね。わたしの可愛いお姫様♪」

───
──


絵里「」

穂乃果「…」ドサッ

真姫「穂乃果!…ダメだ、死んでる」

絵里「」

真姫「でも、これで絵里はもう…」

絵里「…ぶはっ!」

真姫「!?」

絵里「はぁっ!はぁっ!げほっ!」

真姫「うそでしょ…あれを耐えたの?お泊りを超えた、同棲の朝を!」ガタガタ

絵里「危なかったわ…穂乃果が全力なら少女マンガを読み漁った乙女脳から繰り出されるシチュエーションで一撃で意識を飛ばされていたかもしれない」

絵里「でも、にこはわたしたちの姉!それは譲らない!穂乃果の妄想を超えるのは、わたしの妄想よおおおおお!」


──
───

絵里「にこぉにこぉ」

にこ「よしよし、どうしたの絵里?」

絵里「あのね、今日は希がね?」

にこ「うんうん」ニコニコ

絵里「それでね、今度チョコ食べに行こうって…」ウトウト

にこ「あら、絵里おねむ?じゃあはい、にこお姉ちゃんのお膝でねんねしましょうね」

絵里「わーい…にこお姉ちゃん…」スヤ

───
──


絵里「ってなによこの妄想!」ドサッ

真姫「あまりにダメージを受けすぎてまともに脳が働いてなかったのね…」

真姫「けど、これでわたしたち恋人派の勝利…!けど…あまりに多くを失ったわ…」

穂乃果「」

花陽「」

絵里「」

海未「無理ですぅ///知られちゃいましたぁ///」

凛「にゃー」フヨフヨ

真姫「あっちサイド散々ね」

真姫「なにはともあれ、これでにこちゃんを好きにでき───」

「それはどうかなぁ?」

真姫「なっ!」バッ

ことり「真姫ちゃぁん…おやすみぃ~♡」

真姫「う…あ…」クラッ

ドサッ

ことり「ふふふ♪」

ガチャッ

にこ「おくれてごめ…なによこの状況」

希「んぁ…?あーにこっちー」ポケポケ

ことり「遅かったね」

にこ「進路指導にここまでかかるとは思って無かったわ。ところで、そこのは?」

希「さあ?みんなで遊んでたんとちゃうかな?」

ことり「ことりもさっきまで寝ちゃってたからよくわかんないなぁ」

にこ「あんたたちねぇ…にこがいないからってだらけすぎよ!」

希「まあまあ、にこっちここおいで」ポンポン

ことり「ことりが焼いたマカロンもあるよ~」

にこ「ん…しょーがないわねぇ」

ことり「はい、あーん♡」

にこ「あー…ん…おいしいわね」

ことり「ほんと?やったぁ♡」

希「にこっち、進路指導どんなこと話してたん?」

にこ「もちろん、アイドルよ。けど、それ以外の可能性についても色々説明されちゃって」

ことり「うーん…ちょっと夢はなくなっちゃうけど現実を見るとそうなっちゃうよねぇ」

にこ「まあ、ね…そんなに現実が甘くないのは高校生活で思い知ってるわ。だから真面目に聞いてたのよ」

希「にこっちはえらいなぁ」ナデナデ

にこ「ちょ、やめなさいよ!」

ことり「ことりもにこちゃんをなでなでしちゃいます!」ナデナデ

にこ「も、もう…なんなのよあんたたちってば…///」

希「とかいって、まんざらでもなさそうやん」

ことり「にこちゃん可愛い~♡」

にこ「あ、あたりまえでしょ///」

希(はぁ…やっぱりにこっちは…)

ことり(わたしたちの…)

のぞこと((妹的存在!))

穂乃果「」

花陽「」

真姫「」

絵里「」

海未「うぅ…///」

凛「不本意にゃー」フヨフヨ



おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「にこちゃんは!」絵里「こっちのものよ!」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。