花丸「ルビィちゃんのお見合い相手を見つけたずら」

シェアする

シーラカンス-アイキャッチ1
1: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/07/26(水) 22:38:59.62 ID:/WMjDbvE.net
ルビィ「えっ……ル、ルビィのお見合い相手?」

花丸「うん!とってもよさそうな方なんだぁ!」

ルビィ「そ、そうなんだ……でもね、マルちゃん……」

ルビィ「ルビィ……結婚とかはまだ早いと思うよぉ…………」

花丸「そんなことないよ?ルビィちゃん、今年中には16歳!」

ルビィ「それはそうだけど…………で、でも……ルビィ、男の人苦手だし……」

花丸「かっこよくて、優しそうだから大丈夫!とにかく会ってみようよ?」

ルビィ「で、でも…………」

花丸「そうだ!相手の方の写真が、マルのカバンの中にあるんだぁ!ええと――――」ゴソゴソ

花丸「あっ、これだよ!見てみて、ルビィちゃん」

ルビィ「えっと、どんな人なの…………?」



ルビィ「!?」

ルビィ「あ、あのっ……………マルちゃん、これシーラカンスだよ!?」

元スレ: 花丸「ルビィちゃんのお見合い相手を見つけたずら」

スポンサーリンク
4: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/07/26(水) 22:43:00.19 ID:/WMjDbvE.net
花丸「やさしそうな方だよね?」

ルビィ「いやいや!シーラカンスだよね?」

花丸「ほらぁ!見て見て、二枚目さんだよ!?」

ルビィ「わ、わかんないよ!?」

花丸「そして、ここ!がっしりした体つきだよね?ルビィちゃんを守るのにふさわしいずら!」

ルビィ「マルちゃん……お魚の胸ビレ指さしながら、なに言ってるのぉ……」

花丸「どうかなルビィちゃん。会ってみる気になった?」

ルビィ「ならないかな……」
7: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/07/26(水) 22:44:51.39 ID:/WMjDbvE.net
花丸「………………そっか。会う気にならないずらね……」

ルビィ「うん、ごめんね……マルちゃんがお見合い相手を探してくれたのは嬉しいけど――」

花丸「わかった。写真だけ見せられてもわかんないもんね?」

花丸「マルがもう少し……この方ついてお話しするずら」

ルビィ「あ、あの……そうことじゃなくてね、これお魚だから……」

花丸「まずはこの方のお名前は、ええと、ちょっと待ってね」

花丸「オラのカバンのなかに、プロフィールカードが――あった!」
11: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/07/26(水) 22:47:49.79 ID:/WMjDbvE.net
花丸「名前は、しーしーさん!」

ルビィ「………………」

花丸「ステキな名前ずら」

ルビィ「なんだかパンダみたいな名前だけど、キレイじゃない音拾っちゃたよ!?」



花丸「それでね、住んでいるのは――」

花丸「ええと……南アフリカ、コモロ諸島、タンザニア、インドネシアに生息しています」

ルビィ「ま、まって!その説明、図鑑かなにかそのまま読んでない……?」

花丸「しーしーさんのプロフィールに、こう書いてあるよ?」

ルビィ「えぇぇ…………」
14: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/07/26(水) 22:51:39.07 ID:/WMjDbvE.net
花丸「それで、趣味が――――水泳!」

花丸「ウワサによると、曜ちゃんより早く、果南ちゃんより長く泳げるらしいずら」

ルビィ「深海魚だもんね?」

花丸「特技は逆立ち!」

花丸「逆立ちのまま、サバやイカを食べる。これが最近のブームらしいずら」

ルビィ「深海魚だもんね!?」
19: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/07/26(水) 22:53:43.85 ID:/WMjDbvE.net
花丸「どうかなルビィちゃん?しーしーさんの魅力、伝わったかな?」

ルビィ「うーん…………」

花丸「一度会ってみよう?そしたらもっと気に入ると思うよ?」

ルビイ「……あ、あの……ご、ごめん、お見合いはいいかな……」

ルビィ「……その……きっといい方なんだろうけど――」

ルビィ「ルビィ、まだ高校生だし……それに、釣り合わないというか…………」

花丸「釣り合わないように感じてるの?そっかぁ!もうちょっと親しみやすさが欲しいってこと?」

ルビィ「そ、そうではなくて…………」
23: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/07/26(水) 22:57:07.84 ID:/WMjDbvE.net
花丸「親しみやすさと言えば、この写真!」

ルビィ「また写真なんだね…………」

花丸「これは、しーしーさんが沼津に遊びに来た時に撮ったんだって」

ルビィ「あの……マルちゃん?これ、沼津深海水族館の展示物だよね?」

花丸「そうそう!水族館で大はしゃぎしてた時の写真ずら!」

ルビィ「大はしゃぎどころか、冷凍されてて動かないよね?というか、剥製だもんね!?」

花丸「きっと、お魚さんが大好きに違いないんだぁ!」

花丸「だからね、海辺住まいの沼津っ子であるルビィちゃんなら――」

花丸「きっと親しみやすいと思うって、マル思うの」
27: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/07/26(水) 23:00:29.96 ID:/WMjDbvE.net
ルビィ「あのね、マルちゃん。この写真はシーラカンスだよね?」

花丸「しーしーさんずら」

ルビィ「う、うん……それでね、マルちゃん」

ルビィ「どちらにせよ……シーラカンスと人間は、お見合いも結婚もできないと思うの……」

花丸「そんなことない!ルビィちゃんなら、何とだって心を通じ合わせられる。オラはそう信じてる!」

ルビィ「信じられても困るよぉ…………」

花丸「マル、この前見たもん!ルビィちゃんが、ワンちゃんに言い寄られているところを!」

花丸「ワンちゃんにも惚れられるなんて、さすがルビィちゃんずら!」

ルビィ「それは、追いかけ回されてただけだよ!?」
33: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/07/26(水) 23:06:15.47 ID:/WMjDbvE.net
花丸「善子ちゃんも、こう言ってくれると思うんだぁ」


『ルビィったら抜け目ないわね!』

『深海のアクマと契約し、無限の魔力を手に入れようというの!?』


花丸「――って!」

ルビィ「まず、アクマじゃないよ……お魚だよ……」

花丸「オラもアクマじゃないと思う。どっちかというと、仏さまみたいだと思うずら」

ルビィ「…………それも違うよぉ」

花丸「きっと、善子ちゃんもお祝いしてくれると思うよ?」


『煉獄のアクマ、シーラカンスの花嫁になるなんて――』

『ルビィ、恐ろしい子!』


花丸「――って!」

ルビィ「それはお祝いなの……?」
39: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/07/26(水) 23:09:21.37 ID:/WMjDbvE.net
花丸「どう?男の人が苦手なルビィちゃんでも、この方なら大丈夫そうだし……」

花丸「きっと有意義なお見合いになる、そう思うの」

ルビィ「…………今回は見送るね」

花丸「どうして?」

ルビィ「どうしてって…………」

花丸「たくましくて優しい、海が好きなステキな方だよ?

ルビィ「えっと……お魚だからかな…………」

花丸「どうして?」

ルビィ「え…………あ、あの……えっと……あっ!」

ルビィ「そう!世界が違うの!世界が!」

花丸「世界……?」
43: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/07/26(水) 23:12:50.32 ID:/WMjDbvE.net
ルビィ「しーしーさんは優しくて、強いのかもしれないけど――」

ルビィ「ルビィとしーしーさんは、住む世界が違うから……」

花丸「どういうこと?」

ルビィ「地上に住むルビィと、深海に住むお魚とは、一緒にいられないよ……」

ルビィ「だってね、ルビィは水の中で息はできないし、しーしーさんは地上では呼吸できないんだよ?」

花丸「大丈夫、お見合いの時に水槽を用意すれば解決だよ?」



ルビィ「お見合いの時はそれでもいいかもしれないけど……でも、そのあとは?」

花丸「そのあと……?」

ルビィ「もし結ばれたとして、ルビィはどうやって海で生活するの?」

花丸「それなら大丈夫ずら」
45: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/07/26(水) 23:15:33.42 ID:/WMjDbvE.net
花丸「マルの調べによると、こんな話があるんだぁ」

花丸「太郎さんは海中の建造物のなかで、魚たちと宴会を楽しんだ――」

花丸「って!」

ルビィ「ええっ…………」

花丸「複数の文献で同じ内容が記載されていたから、間違いないずら!」

花丸「ルビィちゃんも、しーしーさんの家で生活はもちろん――」

花丸「宴会を楽しむことだってできるはず!」
48: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/07/26(水) 23:18:52.53 ID:/WMjDbvE.net
ルビィ「まってまって……太郎さんって誰なの?」

花丸「浦島の太郎さんずら」

ルビィ「それ、浦島太郎だよね?」

花丸「そう、浦島さんちの太郎さん」

花丸「海辺の亀と仲良くなった太郎さんは、海底のお城へ招かれてらしいんだぁ」

ルビィ「だから、浦島太郎だよ?昔話だよ?」

花丸「うん、むかしむかーしの話らしいずら……だけど、複数の文献に同じ内容が――」

ルビィ「昔話だもんね!?」
52: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/07/26(水) 23:24:49.91 ID:/WMjDbvE.net
花丸「とにかく、海の中でも生活できるんだよ?」

ルビィ「だから、それは…………」

花丸「会うだけ会ってみよう?」

ルビィ「………………」



ルビィ「わかったよ、マルちゃん……」

花丸「ルビィちゃん!それじゃあ、マルがしーしーさんのほうに――」

ルビィ「でもね……その前に一つだけいい?」

花丸「うん?」

ルビィ「ルビィがしーしーさんと結婚したら、海で生活するんだよね?」

花丸「たぶん、そうなるずら」

ルビィ「そしたら、マルちゃんとは会えなくなっちゃうの?」

花丸「えっ?」
53: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/07/26(水) 23:28:11.81 ID:/WMjDbvE.net
ルビィ「しーしーさんと幸せに暮らすかもしれないよ?」

ルビィ「でもね、海の中だもん。マルちゃんとは、もう――」

花丸「それなら大丈夫!太郎さんも最後には地上に戻った、そう記されていたずら!」

ルビィ「おじいさんになって……だよね?」

花丸「そ、それは………………」
55: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/07/26(水) 23:30:52.42 ID:/WMjDbvE.net
ルビィ「結婚して海中暮らしを始めたら――マルちゃんとは元気なうちに、どれだけ会えるのかな……」

花丸「…………」

ルビィ「もしかしたら、会えなくなっちゃうかも…………」

ルビィ「ルビィ、そんなのイヤだよ…………」

花丸「………………」
56: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/07/26(水) 23:32:33.14 ID:/WMjDbvE.net
ルビィ「まだまだマルちゃんとお話ししたいし――」

ルビィ「一緒にいろんなことしたいもん!」

ルビィ「お別れなんてヤダっ!」

花丸「………………ルビィちゃん」

花丸「マルも……マルも……ひぐっ……ルビィちゃんとお別れはイヤだよ!」

花丸「もっとルビィちゃんと……ぐすっ……一緒にいたい!!」

――――――――
――――――
57: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/07/26(水) 23:35:18.33 ID:/WMjDbvE.net
その後マルちゃんは、お見合いをお断りするね――と言ってくれました

誰に断るのかわからないけど、一件落着見たいです



お見合い………………

ルビィもいつか、誰か知らない人として――

結婚しちゃう日が来るのかな……………

だけどね、それはもっともっと先の話だよ

だって今はまだ、マルちゃんと一緒にいたいもん!

――――――――
――――――
――――
58: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2017/07/26(水) 23:37:49.39 ID:/WMjDbvE.net
花丸「ルビィちゃん!今度こそいいお相手を見つけたずら!」

ルビィ「…………へ?」

花丸「少しダンディンな見た目だけど、面白くて愉快な方らしいんだぁ!」

ルビィ「ま、まって……ルビィ、まだお見合いも結婚もしないって言ったよね?」

花丸「うん。マルと会えなくなっちゃうから――って」

花丸「だけど大丈夫!この、ぺんぺんさんなら問題ないずら!!」

ルビィ「ぺ、ぺんぺんさん…………」

花丸「陸住まいだから安心なんだぁ!それでね、写真がカバンの中に――――」ゴソゴソ

花丸「あっ、これこれ!見てよ、ルビィちゃん!」



ルビィ「マルちゃん、これペンギンだよ…………」

おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『花丸「ルビィちゃんのお見合い相手を見つけたずら」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。