絵里「私、にこがすき」 にこ「…へ?」

シェアする

絵里-アイキャッチ22


絵里「likeじゃなくてloveの方よ」

にこ「!?」

絵里「私にことずっと一緒にー

にこ「」ボフン

バタリ

絵里「にこ!?」



どうやら絵里はにこの事がすきらしい

pixiv: 絵里「私、にこがすき」 にこ「…へ?」 by さんにゅ

スポンサーリンク




にこ「答えが合わないぃ…」グギギ

絵里「そこの式の計算途中で間違ってる」

にこ「えっ」

絵里「2段目」

にこ「あっ本当だ、絵里ありがとう」

絵里「どういたしまして」

希「なぁーえりち、この問題分かる?」

絵里「どれかしら」




絵里は賢い






にこ(政経の授業は眠いわね・・・)

にこ(あ、希たちのクラス体育でサッカーか…)マドチラミ

にこ(あ、希が絵里にパスした…)

にこ(お、いけ…よしっ!はいった…)

先生「ゴホン」

にこ「!」

にこ「っ///」




絵里は運動が出来る






穂乃果「皆でクレープぅーふふふーん」ルンルン

海未「体重増えても知りませんからね」

穂乃果「むぅ。ことりちゃん~」

ことり「海未ちゃん♡」

海未「…今日だけですからね」

希「ウチはストロベリーカスタードにしよ」

にこ「にこはーピーチかなぁ~絵里は?」

希「え?あ、きたきた」

にこ「もーどこ行ってたのよ」

絵里「ごめんなさい、少し声掛けられてて」

希「その名刺は?」

絵里「モデルに興味無いかって渡されたわ」

希「流石えりちやなー」

にこ「何でこの可愛いにこにーにはスカウトかからないのよ!」

希「モデルになるん?」

にこ「なるわけないじゃない、にこはアイドル一筋よ」

希「なら、いいやん。どうせにこっちの体型じゃ…」クスリ

にこ「あによ」

絵里「ふふふ」




絵里はスタイルがいい






にこ「おはよ」

絵里「ん?おはよう、にこ」

にこ「今日も天気いいわね」

絵里「そうね、練習が捗りそうね」

モブ1年「あ、あの絢瀬先輩!」

絵里「なにかしら?」

モブ1年「こっ、これ読んでください!」

絵里「え!?」

モブ1年「わっ、わ、わたしはこれで」ダッ

にこ「あら、行っちゃった」

絵里「ハラショー…」

にこ(ラブレターかしら)

絵里「……いきましょ、にこ」

にこ「う、うん」




絵里はモテる





絵里「ごめんなさい…私今は恋愛の事とか考えられないから」

モブ1年「そうですか…なら、待っててもいいですか?」

絵里「待つ?」

モブ1年「きっと…もしかしたら、いつか先輩が私の事を見てくれる日がくるかもしれないから!」

絵里「…」

絵里「例え私が誰かを好きになる時が来ても…それは貴女ではないわ、絶対」

モブ1年「っ」

絵里「私は貴女を見る日はこないわ、諦めて」

モブ1年「そんなっ…酷い…」ポロポロ

絵里「酷くて結構よ…私行くから」

モブ1年「うぅ…」グスグス

にこ「……」モノカゲ

にこ(ホント馬鹿ね…絵里)

にこ(…って私何やってんだろ)



絵里は優しいけど、不器用





海未「絵里、練習計画について相談したいのですが」

ことり「絵里ちゃん、生徒会のこの案件って去年もあった?」

穂乃果「絵里ちゃーん、海未ちゃんが怒ったー」ウワーン

花陽「絵里ちゃん、あそこのステップ教えてくれないかな…?」

凛「お腹すいたにゃー、あっ!絵里ちゃーんラーメン食べに行こうー」

真姫「絵里、この問題わかる?」カミノケクルル


にこ「絵里って、あんなに頼られてたっけ?」

希「んー穂乃果ちゃんと凛ちゃんは違う気がするけど、基本はしっかりものの真面目ちゃんだからねーえりちは」

にこ「ふぅん」

希「妬けちゃった?」

にこ「は!?誰が誰に?」

希「……呆れた」タメイキ



絵里は頼りになる(らしい)







にこ「おっ重いぃ~」

にこ「日直の日に限ってノート回収を任されるとかついてないわ…」

にこ「よくばってクラス全員分一気に持ってかないで分ければよかったわ」フラフラ

絵里「半分持つわ」ヒョイ

にこ「ふぇ?」

絵里「職員室?」

にこ「そうだけど…いいの?」

絵里「職員室いくつもりだったから、ついでよ」

にこ「ふーん、ありがとう」

絵里「どういたしまして」



絵里は優しい






にこ「ねぇ、絵里」

絵里「なにかしら」

にこ「絵里ってにこに告白したわよね」

絵里「えぇ」

にこ「あの時返事聞かなかったけど、いいの?」

絵里「…」

絵里「ほ

穂乃果「おっはよーー」バーン

絵里「ほ、穂乃果おはよう」ホッ

にこ「…」

にこ「おはよう、穂乃果」




絵里はズルい





=屋上=

絵里「こんな所に呼び出して…どうしたの」

にこ「今朝の続きを言おうと思って」

絵里「やっぱり、ね」

にこ「ちゃんと言わないといけないと思うの」

にこ「絵里に告白されてから、はじめから絵里を見つめ直そうと思ったの」

にこ「って…何泣いてるのよ」

絵里「え?」



絵里は泣き虫





絵里「告白の返事を聞くのってこんなに怖いのね」

にこ「告白した時はなんともなさそうだったのに」

絵里「あら、心臓バクバクだったわよ」

にこ「うそ」

絵里「ホントよ」

にこ「今朝本当は逃げようとしてたじゃない」

絵里「バレてたのね」

にこ「当たり前じゃない」

にこ「今度はちゃんと聞いて貰うわよ」

にこ「だって」





にこは絵里の事がすきだから






スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『絵里「私、にこがすき」 にこ「…へ?」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。