梨子「がんばリリー!…やっぱなし!」

シェアする

梨子-アイキャッチ2
部室

鞠莉「え?やっぱなしこ?自虐?」

梨子「そこ!うるさい!」

ルビィ「が、がんばルビィ…」ニガワライ

pixiv: 梨子「がんばリリー!…やっぱなし!」 by 鷹南。

スポンサーリンク

梨子「やめてルビィちゃん…!これ以上私を堕天させないで…。よっちゃんになっちゃう…」

善子「ちょっとリリー!?それどういうことか説明しなs」

ダイヤ「今はそんな話どうでもよいでしょう!これはAqoursの今後にも関わりますわ!」

善子「無視すんなー!」

果南「はーい!善子、よしよーしこ!」ナデナデ

善子「子ども扱いするな!撫でるな!変に母性出すな!私はヨハネ~~~!!!」ジタバタ

花丸「まあ善子ちゃんはほっといて…」

善子「だかr「よしよしよーしこ!」ナデナデ

梨子「とにかく~~~!!!」


全員「とっとと千歌(ちゃん/さん)と曜(ちゃん/さん)をくっつける!!!」


花丸「早いとこあの二人なんとかするずら!見てるこっちがイライラするずら!」

ルビィ「は、花丸ちゃん落ち着いて…」アセアセ

鞠莉「嫉妬ファイヤーの曜…可愛かったな~」

ダイヤ「千歌さんもただうるさい方が楽だった気がします…」

善子「ていうか、気付くでしょう!普通!お互いにあれだけ好き好きオーラ出してるくせに!…ってか果南なにしてんの?」

果南「ん?ああ、善子の髪いじってた」カガミスッ

ツインテ善子「何よこれぇ!?//」

ルビィ「あ!セイントスノーの…」

花丸「ルビィちゃんストップずらぁ!!」

ルビィ「ピギャアアアアア!!?」ビクッ

梨子「みんなはいいよね?練習ぐらいしかあの二人の光景見なくていいからさ!」

梨子「何よあれ!縫い針に糸がなかなか通らないくらいにイライラするんだけど!?」

鞠莉「リリー…口悪くなったね~…」

ダイヤ「はじめの頃は…」


梨子『はわわわわ///む、無理だよ、そんな格好!き、キス!?//カメラに向かって…?………無理無理無理無理無理ぃぃぃぃぃ!!!///』


ダイヤ「…な乙女な方でしたのに」トオイメ

梨子「そんな日もありましたね…ふっ、成長したのね私も」

ギルキス以外「(絶対影響受けてる…)」

鞠莉「たぶん、私と善子の影響がおおいに出てるわね!シャイニー☆」

ギルキス以外「言っちゃったよ…」

善子「この前のジャケット撮影とか…リリーが一番ノリノリだったしね?表情が…なに?女優かよっ!って感じだったし…」

梨子「もう!よっちゃんってば~!女優みたいなんて~!そんなこと………あるけど♡」

鞠莉「よっ!リリー!」

ダブル団子善子「最高にギルティーよ!」

果南「ギルキス怖い…」

花丸「マル、AZALEAで…果南さんとダイヤさんと一緒で心底良かったよ…」

ダイヤ「ありがとうございます…」

ルビィ「(ユニットでルビィが問題の二人といることについてはみんな聞いてこない…辛い)」

梨子「見てなさい!来週中にあの二人をくっつけてやるわ!」

鞠莉「さっすがリリー!」

善子「見事な堕天っぷりね!」

梨子「あれ………やろっか?」スッ

よしまり「!」

よしまり「いいわよ!」スッ

ギルキス「………」

ギルキス「愛こそ全て…!」ギランッ

ギルキス「………」

ギルキス「Yeah!!!」ハイタッチ

鞠莉「さんはいっ☆」

ギルキス「Guilty Eyesで恋に落ちて~♪」

ガヤガヤ…♪

ギルキス以外「(ギルキス怖い…)」

ーーーーー

翌週



梨子「(現在午前7時を少し回ったところ。この時間のバスに曜ちゃんは乗ってきて、千歌ちゃんのお家に…)」

ピンポーン♪

曜「お、おはようございまーす…」

梨子「(…ではなく、私のウチに来ます)」

梨子ママ「あら、曜ちゃん!おはよ!」

曜「おはようございます!梨子ちゃんは…」

梨子「おはよ!曜ちゃん!」ヒョコッ

曜「あ、おはヨーソロー!梨子ちゃん!」

梨子ママ「今日もいつも通りね?遅刻しないように気を付けるのよ?」

ようりこ「はーい」

梨子ママ「じゃ、私は少し出掛けてくるわね」

梨子「いってらっしゃい♪」

ガチャンッ

曜「………」ソワソワ

梨子「はいはい!じゃ、リビング行こ♪」

曜「よ、ヨーソロー…」

………

曜「それで昨日千歌ちゃんなんか言ってた?」

梨子「昨日は特に何も…」

曜「そっかぁ…」

梨子「(曜ちゃん、もとい、このヘタレがウチに朝来るようになったのは私がピアノコンクールを終えた後、『想いよひとつになれ』で予選通過したあたりかな?)」

梨子「(その時ウチに来て私に言ったのが…)」


曜『ど、どうしよう梨子ちゃん!//私、千歌ちゃんのことやっぱり大好きみたい!///』


梨子「(あの時、心の底から『はあ?』って言ったわね。ヘタレは全然耳に入ってなかったみたいだけど…)」

曜「にしても…千歌ちゃん可愛いよねー」

梨子「(それ以降、このヘタレはウチに来て千歌ちゃんがああだ、こうだしゃべるし…)」

曜「最近は千歌ちゃんともなんとか目を見て、また喋れるようになったし…!そろそろ突撃ヨーソロー!………なんて//」

梨子「(曜ちゃんパパ…、あなたの娘さんは泥舟の船長さんみたいです)」グスンッ

梨子「(やはり、リリーさん限界です…!)」ギラッ

曜「あれ?梨子ちゃん?」

梨子「………曜ちゃん!!!」クワッ

曜「ひゃいっ!」ビクッ

梨子「私はもう……ほんっっっっっとにウンザリなの!いつまでもいつまでもいつまでも千歌ちゃん千歌ちゃん千歌ちゃん!」

曜「え、あの、梨子ちゃん?キャラが…」アセアセ

梨子「だいたい何?『私、千歌ちゃんのことやっぱり大好きみたい///』」クネクネ

曜「へっ!?//」

梨子「んな事、会った時からずっと知ってるわよ、このヘタレ!!!」

曜「へ、ヘタレ!?」

梨子「それに千歌ちゃんとちょっと会話が詰まったくらいでヨーソロー連発しないでくれないかな?見苦しいよ!」

曜「よ、よーそろ…………あっ」

梨子「ほらまた言ったー!自分の個性を良いように逃げ道に使ってるじゃない!」

梨子「だいたいヨーソローって問題なしって意味でしょ?問題大有りじゃない!もはや問題しかないわよ!」

曜「え、えと…」

梨子「それにもう言っちゃうけど二人以外のAqoursのみんな、全員曜ちゃんが千歌ちゃん好きだって気付いてるからね?」

曜「う、嘘!?///」

梨子「(両想いだと言うことはふせよう…)」

梨子「練習中の二人の雰囲気が……もう、とにかく、こう……ああ!」

梨子「めんどくさいの!いちいち目合う度にお互いに顔真っ赤にして、組を組もうとすればお互いに組まないくせにチラチラチラチラ!」

梨子「そんなに気になるなら組みなさいよ!」

曜「だ、だっt」

梨子「とにかく!!!」ズイッ

曜「ひいっ!」ビクッ

梨子「今週の金曜日までに千歌ちゃんに告白しなさい!Aqours全員からの命令です!」

曜「で、出来なかったら…?」

梨子「なぜ出来ないこと前提に話しているのかな~、ヘタレヨーソロー?」

曜「ヘタレヨーソロー…」グサッ

梨子「ん~、そうね…軽く」

曜「軽く…?」

梨子「学校へ行こうみたいなことしましょ♡」

曜「い、いやそれ分かる人いる?てか、絶対無理無理無理無理!!!///」

梨子「(昔の私を見てるみたい…)」

梨子「最近、復活放送してたし大丈夫♡♡♡」
※屋上から「めっちゃ好っきゃねん!」って叫ぶヤツです。いや違います。

曜「横暴だよ…」

梨子「あ、そうなった場合でもヘタレたら…」

梨子「逃がさないから~♪」キメッ

梨子「だからね?」ニコッ

曜「そんな~!」

梨子「とっとと近未来ハッピーエンドを決めなさい!今日から実行だからね!」

曜「んにゃあああああ!!!」アタマカカエ

梨子「(これで二人に発破はかけたわ…。昨日のがなんか疲れたけど)」
__
____
_______

昨夜

梨子「あ、千歌ちゃんからLINE…げっ」ポンッ

ちか:最近、気付いたんだけどさー

ちか:よーちゃんって梨子ちゃんのことが好きなんじゃないかなー

ちか:最近また話せる曜になったけどよーちゃんすぐに梨子ちゃんに逃げちゃうし

ちか:梨子ちゃんみたいに私キラキラしてないしな~

ちか:でも梨子ちゃんならいいかなーなんて思ったり

ちか:ごめんね、こんなこと言って

梨子「めんどくっさ!てか、どんだけ曜ちゃん好きなの………よ?」ポンッ

ちか:あっ!間違えて話せる曜にって送っちゃってた!恥ずかしい~!

ちか:(*/ω\*)

梨子「………」イラッ

ガララッ

梨子「ちーかーちゃーーーん!!!」

ザワザワヤザワザワ…

千歌「ち、ちょっと梨子ちゃん!?何大声出してんのさ?」アセアセ

美渡「千歌?うっさいんだけ…ど」チラッ

梨子「夜分すみません、美渡さん。ちょっと千歌ちゃんと大事な話がありますので許してくれませんか?」ゴゴゴゴゴ!

美渡「な、なるべく静かにねー…」ササッ

千歌「美渡姉!?」

梨子「こっち向きなさい、熟れミカン!」

千歌「熟れミカン!?」ビクッ

梨子「さっきのLINEはなんですか?」

千歌「あ、いや、梨子ちゃんに恋愛相談してもらってるけど…よーちゃん私のことあんまり好きじゃないんじゃないかって思って…」

梨子「あー!もう!」カミワシャワシャ

千歌「ちょっ!?髪痛んじゃうよ?」アセアセ

梨子「痛いのは髪じゃないわよ!頭が痛いのよ?わかる?」

千歌「ええっ?」

梨子「『ビーチ、スケッチ?』」

千歌「さ、さくらうちー?」

梨子「『今の私の状況?』」

千歌「え?」

梨子「サンドイッチよぉぉぉぉぉ!!!!!」

ザワザワヤザワザワザワワ…!

千歌「り、梨子ちゃん!しーっ!」

志満「ちょっとー?うるさいです……よ?」チラッ

梨子「夜分すみません、志満さん。でも今、千歌ちゃんと大事な話をしているんです。多目に見てくれませんか?」ゴゴゴゴゴ!

志満「う、うん!あんまりうるさくしないようにね?」ササッ

千歌「志満姉!?」

梨子「こっち向きなさい、完熟ミカン!」

千歌「完熟ミカン!?」ビクッ

梨子「だいたいあなたたちの不毛なやり取りの板挟み、もといサンドイッチになっている私の気持ちが分かる?」

千歌「ええっ?ってか梨子ちゃんキャラ…」

梨子「なんですか?」ニコニコ

千歌「はい!なんでもありません!」

梨子「………はぁ」

千歌「梨子ちゃん?」

梨子「心配しなくても曜ちゃんは私のことなんか好きじゃないわ」

千歌「ほ、ほんとに~?」

梨子「千歌ちゃんだってほんとは気づいてるでしょ?曜ちゃんさ、千歌ちゃんしか見えてないよ、あれは」クスッ

千歌「う、うぅ…///」カァァァ

梨子「それに自分に自信ないって千歌ちゃん言ってるけど、曜ちゃんだってそうだと思うよ」

千歌「う、嘘!よーちゃんは昔から完璧で私の憧れで雲の上の人で…」

梨子「ギルティー!だよ?千歌ちゃん!」ニコッ

梨子「曜ちゃんだって言ってたよ?『千歌ちゃんは私の憧れなんだ!』って」

千歌「よ、よーちゃんが?」

梨子「お互いに憧れ合ってるなんて…おっかしい!」クスクス

千歌「もう!笑わないでよ~!//」

梨子「ふふふ、ごめんごめん♪」

梨子「でも、そんなに通じ合ってるんだもの。千歌ちゃんから告白してみれば?」

千歌「えー?んー?それはー?」

梨子「ん?」

千歌「いや、やっぱりー?私としてはー?告白してほしーなーって?」

梨子「ん??」

千歌「憧れと言いますかー?よーちゃんに迫られたいと言うかー?………ってキャー!//私、何言ってるんだろー!恥ずかしー!///」クネクネ

梨子「」プチン

梨子「表へ出なさい!!!このバカ千歌ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!」クワッ

ザワザワヤザワザワザワワスワワ…!

千歌「り、りりり、梨子ちゃん!?しーっ!しーーーっ!!!」

千歌ママ「ちょっと千歌!お客様に迷惑でしょー……が」チラッ

梨子「………」シュインシュインシュイン…!

千歌ママ「ひいっ!?」ビクッ

梨子「………ねえ?」キッ

高海親子「ひ、ひゃいっ!」ダキッ

梨子「それ以上ふざけたら………」

梨子「サンドイッチの具材にしちゃうよ?」

梨子「熟れ熟れたわわな完熟ミカンたち♡」ニコッ

高海親子「ご、ごめんなさ~い!」

その後、梨子ちゃんの説教は続きました。
かなり。
________
_____
__

梨子「はぁ…」

曜「あ、そろそろ時間じゃん…」

梨子「ほら、出るわよ!」

曜「やだー!」

………

千歌んち前

梨子「………という訳で曜ちゃん」

曜「………」ジーッ

物陰内梨子「玄関の真ん前で千歌ちゃんを待ちなさい!」

しいたけ「わふっ」

物陰内梨子「ひいっ!」ビクッ

曜「………」ソーッ

物陰内梨子「やらなかったら学校へ行こう企画を一日早くしますので」

曜「………」ピタッ

しいたけ「ふわぁーふ…」

ドタドタドタドタ…!

曜「………!」ドキッ

曜「(ヤバいヤバいヤバいヤバいヤバいヤバいヤバいヤバいヤバいヤバいヤバいヤバいヤバいヤバいヤバい!!!)」

ガララッ

千歌「ごめーん!遅れ………て?///」メトメガ

曜「お、おはヨーソロ…///」アウー♪

梨子「よしっ!」グッ

梨子「(最初からMAXよ!千歌ちゃんは咄嗟のことには対応出来ないけど、曜ちゃんは勢いにさえ乗ればなんとかなるはず!さあ、曜ちゃん!このビッグウェーブに…!)」

千歌「ち、近いね~?千歌だけに~///」キョロキョロ

曜「そ、そうだねー?千歌ちゃんをびっくりさせようと思ってー!曜だけに~///」キョロキョロ

梨子「(乗りなさいよー!何、お互い寒いシャレを言い合ってるのよ!全然面白くないわよ!いや、まだ!まだよ!期待しているわよ!)」

千歌「ん~…あ、ちょっと忘れ物を…」クルッ

曜「あっ!待って!」ガシッ

千歌「よ、よーちゃん!?///」

曜「ごめん//…じゃなくて千歌ちゃん!///」

千歌「は、はい!//」

梨子「(おお!曜ちゃん!私、信じてたよ!曜ちゃんならやってくれるって!ヘタレなんて言ってごめん!さあ、行けぇ曜ちゃん!)」

曜「………が」

千歌「が…?//」ドキドキ

梨子「おお…!」ズイッ

曜「………が!」

千歌「が…?///」ドキドキ

梨子「おお!!!」ズズイッ

曜「が、学校へ行こうって番組知ってる?//」プイーッ

千歌「………ほぇ?」キョトン

梨子「」ズザーッ

千歌「あ、あれ?梨子ちゃん?どしたのー?大丈夫ー?」タタッ

曜「」ガクッ

梨子「(このヘタレヨーソローがぁぁ!!!)」

その後のバス…

曜「(千歌ちゃんの腕…柔らかかったな~)」ニヤニヤ

千歌「(よーちゃんに腕掴まれちゃった!嬉しー!)」キャー

梨子「(…とか考えてるんだろうな~)」ハァ

一日目……失敗!

ーーーーー

放課後

梨子「曜ちゃん!」

曜「は、はい!なんでありましょう?」

梨子「ラブレターを書きなさい!」

曜「ら、ラブレター?//メールで自分で…」

梨子「書かないでしょ、送らないでしょ、まず携帯すら触らないでしょ?」

曜「あ、あぃー…」

梨子「だったらさっさと書きなさい!ほら、手紙!」

曜「えー?ほんとに書くの?」

梨子「誰のせいでこんなまどろっこしい真似しないといけないですか~?」ニコニコ

曜「す、すみません…」

梨子「はぁ…とにかく、昔から大好きなんでしょ?」

曜「う、うん…//」カァァ

梨子「だったらその素直な気持ちを…千歌ちゃんに対する想いを…しっかり連ねていけばいいだけよ?」ニコッ

曜「そうだね…!梨子ちゃん、私頑張るよ!」

梨子「よしっ!その意気だよ!」

曜「全速全進~!」

一時間後…

曜「で、出来た…!」

梨子「ほんと?」

曜「うん!これが私の想い…!」

梨子「自信有りって感じね!どれどれ…」

拝啓、高海千歌様へ
 梅雨入りのニュースが気になるこのごろですが、毎日お元気でご活躍のことと存じます。さて、思えばあなたと出会ってからかれこれ十年と少しが経とうとしております。同じ幼なじみの松浦さんと海で仲良く遊んでいたことを、今でも昨日のことのように感じます。そういえば、あの時あなたが……

ずらずらと文字の羅列が続く………

梨子「………」プルプル

曜「いやー!どうかな?結構自信あるんだけどね?」

梨子「………」

曜「あれ?梨子ちゃん?」

梨子「アームジョーーーーー!!!」ビリビリ

曜「ぎゃあああああ!!?」

梨子「ねえ?曜ちゃん?ラブレターって知ってる?知ってるよね?」ズイッ

曜「し、知ってるから書いて…」

梨子「どこが!?」

曜「ひいっ!」ビクッ

梨子「簡潔に!かつスマートに!なによ、あれ!曜ちゃんは結婚式でのお祝いでも言うの!?ダイヤさんより固いわよ!」

曜「け、結婚式!?///」カァァァ

梨子「し、しまった…。じゃなくて!やり直し!」

曜「千歌ちゃんと…結婚式…えへへ///」

梨子「やり直しぃぃぃぃぃぃ!!!」

二日目……失敗。

ーーーーー

昼休み

梨子「やっぱりね、千歌ちゃんからもアプローチした方が曜ちゃんも告白しやすいと思うの」
↑もはや好きだとか隠すのがめんどくさくなったリリーさん。

千歌「えー?そうかなー?でもさー?」

梨子「殴りてぇ…!(もう、千歌ちゃんってば)」

千歌「り、梨子ちゃん!?」

梨子「あ、間違えた」

梨子「ま、いいや。ていっ!」チョップ

千歌「あだっ!?」

梨子「これ以上私をイライラさせないでください、お願いします」

千歌「はい…」ウルッ

クラスメイト「(梨子ちゃん変わったなー)」

千歌「でもさ?アプローチっていったい何すればいいの?」

梨子「色仕掛け」

千歌「あー、色仕掛けねー!うんうん、色仕掛け!……ん?」

千歌「い、色仕掛けー!?///」

梨子「そ。千歌ちゃんが仕掛ければ曜ちゃんなんて、ちょちょいのちょいよーそろ」

千歌「いやいやいやいや!///私に色仕掛けなんて無理だよー!梨子ちゃんみたいに綺麗じゃないしー!」

梨子「」プチン

梨子「千歌ちゃん…?」ニコッ

千歌「あれ?」

梨子「………」

梨子「そんな熟れたミカン二つ抱えて色気がないとか何様のつもりよー!!!」ワシッ

千歌「ちょっ!?梨子ちゃ…んっ///」

梨子「私なんか…私なんかねー!梨子、梨子、なしこ!なしこ!なんて呼ばれてるのよ?分かる?」ワシワシッ

千歌「や、やめっ…///」

梨子「ミカンより梨の方が実は大きいじゃない!なのに…!なのにぃぃぃ!!!」ワシワシッ

千歌「うっ、ぐすっ…」ポロッ

梨子「………あっ」ピタッ

パサッ

曜「………梨子ちゃん?」

梨子「………あっ」ドキッ

千歌「やめてって…い、言ったのに…」グスッ

曜「………」ユラァ

梨子「あ、あああ、あの…これは」アセアセ

梨子「話せば分かる!」

曜「梨子ちゃん?千歌ちゃんはなんで泣いてるのかな?」

曜「ねえ?」

梨子「あ、ああ!あああ!」ビクビクッ

曜「教えてよ?ねえ?」ユラァ

梨子「(グッバイ、マイライフ…)」

曜「千歌ちゃんに…」チラッ

千歌「よ、よーちゃん…」ウルウルッ
↑着崩れた制服、少しチラる下着、涙目

曜「ぶはっ!」ハナヂー

千歌「えっ?よーちゃん!?」

梨子「………」

曜「て、天使…」ニヤニヤ

千歌「よーちゃん!?//」

梨子「どうすればいーのよ…」

三日目……失敗!

ーーーーー

放課後・部室

梨子「」グダー

鞠莉「Oh…」

善子「もはや死体ね」

梨子「殺さないでよ!」ガバッ

善子「うわっ!?」ビクッ

果南「梨子お疲れ様~!ごめんね?私の幼なじみが…」

果南「ハグ………する?」パッ

梨子「かなんさ~ん!」モギュー

果南「よっ…と!偉い偉い♪」ナデナデ

花丸「梨子さんも梨子さんで感情に素直になったずら」

ダイヤ「にしても…梨子さんの頑張りも毎日聞いてはいましたがここまでくっつかないとは…」

鞠莉「ねぇ?あれ?そういえばルビィは?」

花丸「確か、CYaRonの打ち合わせ…」

ガララッ!

ルビィ「はあっ!…はあっ!た、大変!大変だよ!」

ダイヤ「る、ルビィ!?どうしましたの?」

ルビィ「ち、千歌ちゃんと曜ちゃんが…!け、喧嘩を!」

ルビィ以外「ええっ?」

果南「千歌!曜!」ダッ

ダイヤ「私たちも!」

よしまるまりりこ「はい!」ダッ

ルビィ「いや、でも……あれ?みんないない…」

………

空き教室

ガララッ!

果南「千歌!曜!」

千歌「………!」ムナグラツカミ

曜「………!」キッ

鞠莉「ちょっと!二人ともやめなさい!」

ダイヤ「千歌さん!腕を離しなs」

千歌「黙ってて!!!」キッ

よしまる「ひいっ!」ビクッ

梨子「う、嘘…?千歌ちゃんと曜ちゃんが喧嘩…?」

ルビィ「はぁはぁ…あ、あのぉ…みんn」

果南「みんな手を出さないで。あの二人相当キレてる。ヤバくなったら私が止めるからさ」

ダイヤ「わ、わかりましたわ…」

鞠莉「私も手伝うから…!」

果南「ありがと…」チラッ

曜「………何?千歌ちゃん?殴りたきゃ殴ればいいじゃん?でも、私は意見を変えるつもりはないよ?」

千歌「よーちゃんこそどうして分かってくれないの?」

曜「当たり前だよ!これだけは絶対にゆずるつもりなんかないよ!」キッ

千歌「そう…」

千歌「じゃあ、もう一度言わせてもらうよ?」

曜「ふんっ!」プイッ

千歌「むっ!よーちゃんっ!」

梨子「やめて…」

梨子「やめてよ、二人ともぉぉぉ!!!」


千歌「次のCYaRonの曲のセンター!絶対によーちゃんがいいっ!」


CYaRon以外「………」

CYaRon以外「………は?」

曜「ダメだよ!次の曲は元気いっぱいなイメージの曲なんだから千歌ちゃんの方が適任!」

千歌「元気いっぱいならよーちゃんだってそうじゃん!それに前回のライブでも間奏でのよーちゃんのダンスの評価高かったじゃん!」

曜「むーっ!千歌ちゃんの分からず屋ー!」

千歌「そっちこそー!」

ようちか「ぐぬぬぬぬぬ…!」バチバチ

梨子「」

梨子「二人とも………うっ!?」ビクッ

果南「………」ゴゴゴゴゴ!

果南「」ファサッ

果南「ごめん、梨子ちゃん?これ持ってて?」

梨子「あ、はい…(ヘアゴム…?)」

梨子「あれ?梨子『ちゃん』?」

ダイヤ「ぴ、ぴぎゃ、ぴぎゃああ…」アワアワ

鞠莉「ヤバいヤバいヤバいヤバい!」アワアワ

梨子「い、いったいどういう…」

果南「千歌ちゃん?曜ちゃん?」ニコッ

ようちか「むーっ!……なに!……です、か」

果南「正座」ニコッ

ようちか「は、はは、はい」ビクビクッ

果南「今から放課時間まで正座」ニコニコッ

千歌「え!?放課時間ってまだ三時間以上…」

果南「なーに?」ニコッ

千歌「はい!なんでもありません!」

よしまるびぃ「あわわわわわ!」ガクガク

梨子「べ、別人…」

鞠莉「果南ってほんっとにめっったにキレないんだけど、やっぱり仲間に対しては本気で怒るの!私も何回か怒られたな~」

ダイヤ「人を正す時、間違ってるって判断した時、果南さんは本気で怒ってくれるんです。ただ…今回のは完全にお怒りのようですね?」

梨子「名前の呼び方も違いますし…」

鞠莉「ん~、そこらへんは分からないけどポニテ下ろして怒る姿は『妖怪わかめ』とか言われてたりして…!」

ダイヤ「それはあなたが勝手につけたのでしょう?」

鞠莉「そうだっけー?シャイニー☆」

梨子「果南さんは怒らせないようにしよ…」

果南「はい、曜ちゃん?姿勢崩さない」ニコッ

曜「は、はい~」

ルビィ「(る、ルビィ!もうちょっとがんばルビィしなきゃ…!)」

四日目……失敗!?

ーーーーー

そして、結局…

屋上

梨子「あー、あー!マイクテスト、マイクテスト!」

梨子「はーい♪皆さん、こんにちはー!」

生徒「こんにちはー!」

梨子「ビーチ、スケッチー?」

生徒「さくらうちー!」

梨子「好きな食べ物ー?」

生徒「サンドイッチー!」

梨子「ありがとー♪さあ、今日は…」


ダイヤ「ほんとに恥ずかしがってた梨子さんはどこに行ってしまわれたのでしょうか…」

果南「まあ、いいんじゃない?今の梨子、私好きだよ?」

ルビィ「ルビィも梨子さんみたいに変われるかな?」

花丸「あそこまで変わらなくてもいいずら」

果南「ていうか、企画ギルキスに任せちゃったけど大丈夫なのかなー?」

花丸「大丈夫…!たぶん…」

ルビィ「あ!始まるみたいだよ…!」


梨子「はい!じゃあ、曜ちゃん!壇上にどうぞ!」

曜「………」カチコチ

梨子「がんばリリー!曜ちゃん!」

曜「ひ、ひゃい!」


校庭

千歌「なに?なんか回りが騒がしいんだけど!?てか、目隠し取ってよー!」ジタバタ

善子「もう少しだから…」

鞠莉「オーライ、オーライ!ストーップ!」

善子「段差あるから気を付けなさい!」

千歌「だ、段差!?」

鞠莉「はい、一歩ずつ…」

善子「……オッケー!目隠しはずすわよ!」バサッ

千歌「まぶしっ…!外…?」

千歌「………って、え!?」
↑こっちも壇上に、周りは全校生徒。

善子「リリー!いいわよー!」ブンブン


梨子「はーい!」ブンブン

梨子「それでは、お願いします!」

曜「………果南ちゃん」チラッ

果南「…」ニコッ


果南『後は、ぶつかるだけだよ!』
↑正座後


曜「後は、ぶつかる!」

曜「………」スゥーッ

曜「千歌ちゃーーーーーん!!!///」

曜「私、渡辺曜は!!!千歌ちゃんの事がずっと…!!!」

曜「好きでじっ…」ガジッ

曜「ひ、ひたがんじゃったよー…」

ようちか以外「(うわぁ…締まらない…)」

千歌「………」

千歌「よーちゃーーーーーん!!!」

千歌「私も!!!大好きだよーーー!!!///」

曜「ち、千歌ちゃん…!」

千歌「えへへ///」

ウワアアアアアアア!!!


果南「ま、二人らしいかなん?」

花丸「疲れたずら~」

ルビィ「ルビィも~」

ダイヤ「やっと解決ですわ」


鞠莉「んーっ!Congratulations!」

善子「ついにラグナロク閉幕…疲れたー!!」


梨子「まったく……」

梨子「おめでとう!千歌ちゃん、曜ちゃん!幸せにね?」ニコッ


ようちか「えへへ♪」ニコニコッ

パチパチパチパチ…!

五日目……成功!(無理矢理)

ーーーーー

放課後・部室

ようちか以外「」グデー

千歌「ねぇー?よーちゃん?私のことどれくらい好き?」

曜「もう!千歌ちゃんってばー!さっきも言ったじゃーん!」

千歌「でもでも、何回でも聞きたいの!ね?」

曜「しょうがないなー!じゃあ………」ズイッ

曜「愛してる…」ミミモトボソッ

千歌「キャー///」

ようちか以外「」グデー

ようちか以外「(うぜぇ…)」

梨子「(結局私は、厄介事のサンドイッチには変わりないのね?とほほ…)」

リリーの苦難は続く…

おしまい
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『梨子「がんばリリー!…やっぱなし!」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。