学園長「今からみんなに地球を救ってもらいたいの」μ's「え?」

シェアする

ことりママ-アイキャッチ3
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 06:35:17.50 ID:aGHYP5Kh0
ことり「お母さん…?今、なんて…」

学園長「あなた達も知っている通り、悪い魔物たちが私たちの住む地球を侵略している最中です」

絵里「はい…知っています」

穂乃果「私もニュースで見ました」

凛「凛もニュースでました。魔物にやられると石にされちゃうんですよね?」

学園長「えぇ。既にこの学園の生徒…いいえ、人口の半分以上の人間が石になってしまいました」

真姫「…そんなっ!」

にこ「っ…厄介なことになりましたね」


学園長「正直なところ、これはもうラブライブだの廃校だのスクールアイドルどころの騒ぎではありません」


穂乃果「はい…地球が侵略されている最中で人々が魔物に石にされちゃっているなら…それはもうスクールアイドルどころの騒ぎじゃじゃないですね…」

海未「ですね」


学園長「見てください。こうしている間も…窓の外を見れば…」

海未「っ…!運動場にも悪い魔物がこんなにも!」

絵里「このままじゃまずいわね…。私たちも…いいえ。世界中のみんなが悪い魔物の餌食に」

花陽「みんなが石にされちゃうよぉ…」

希「それも時間の問題かもしれんね…」

元スレ: 学園長「今からみんなに地球を救ってもらいたいの」μ's「え?」

スポンサーリンク
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 06:38:37.14 ID:aGHYP5Kh0
花陽「ひぃぃ!怖いよぉ…」

凛「大丈夫!凛が…って、うぅぅ…。凛もさすがに怖いにゃ…」

真姫「で、どうして私たちが世界を救わないといけないんですか?」

学園長「悪い魔物を倒すため色んな機関の人たちが闘ってきました。なんとかベンジャーズとか…なんとかックスメンだとか」


学園長「その辺の人たちから順番が回りに回って音ノ木坂のスクールアイドル…つまりはあなた達μ'sに順番が回ってきたの」


穂乃果「そうですか…回りに回ったら私達にも順番って回ってくるんものなんですね」

海未「不思議なこともあるものですね」

穂乃果「ねー」
真姫「本当ね」

バリィィィィィン!!!

にこ「なんの音!」

学園長「恐らく、魔物達が学園の窓から侵入したのだと思われます。もはやここに来るのも時間の問題…」

ことり「お母さん…」
学園長「ことり…」

学園長「あなた達にこんな事を任せたくはない。だから、嫌ならやらなくてもいいのよ。」

穂乃果「…」

学園長「嫌だというなら1秒でも早くこの場所から逃げて…さもないと…」


穂乃果「いいえ、やります。」

学園長「えっ…」


穂乃果「やろうよ…みんな!」

海未「穂乃果…」
ことり「穂乃果ちゃん…」


穂乃果「この9人で地球を救おう!」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 06:42:21.36 ID:aGHYP5Kh0
にこ「はぁ…仕方ないわね。世界が平和にならないとスーパーアイドルにこちゃんのスーパーライブも開催できないし」

真姫「元々そんな予定ないでしょ?」

にこ「まだ分からないでしょ!」

希「うんっ。うちも賛成や」
絵里「私も断る理由はないわ」

凛「凛も怖いけど…やるにゃ!」

花陽「凛ちゃんだって怖いのに…。私も怖がってるだけじゃ駄目だね!私もやります!」

真姫「そうね。世界平和のためなら仕方ないでしょ?私もやるわ」

海未「はい。やりましょう…みんなで!」

ことり「うん!」

穂乃果「うん、私たちでやろうよ!」


学園長「ありがとうございます。そして、あなた達を巻き込んでしまってごめんなさい…」

ことり「謝らないでお母さん…お母さんは悪くないもん!」

凛「そうにゃ!悪いのは…」

絵里「悪いのは魔物達です」

ことり「うん!みんなでやっつけちゃおうよ!」

学園長「ことり…みんな…」


学園長「いい?くれぐれも気をつけて…」
ことり「うん!」


穂乃果「でも、どうやって平和にすればいいんですか?」

学園長「その事ですが…まずはあなた達の中から伝説の勇者を決めてもらいます」

にこ「なっ!?ゆ、勇者ですか…?」
凛「しかも伝説の?」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 06:49:48.74 ID:aGHYP5Kh0
理事長「えぇ。大昔からなんとなく言い伝えがあります…それがこれよ。この紙にある程度のことが書かれているわ。絢瀬さん…代表して読んでくれない?」

絵里「はい。…えっと、『伝説の剣を引き抜き、伝説の勇者が現れる。その後、なんとなく色々やると…地上に稲妻が走り…魔物たちはすべていなくなる。そしてこの世に平和が訪れるだろう…』と、書いてあるわ」


真姫「(なんとなく色々って何よ…いい加減な言い伝え。バカみたい)」

理事長「そして、伝説の勇者の剣がこれよ」

穂乃果「うわぁ!かっこいい剣だ!」

凛「けど、大きな岩に刺さってるにゃー」

理事長「この剣は伝説の勇者の剣。文字通り、伝説の勇者にしか引き抜くことができない…」

希「そんな剣がなぜこの学校に?」

理事長「体育倉庫をくまなく探したらみつかりました」

穂乃果「体育倉庫をくまなく探したら伝説の剣って見つかるものなんですね」

海未「不思議なこともあるものですね」

穂乃果「ねー」
海未「ですね」


理事長「さて、試しに私が抜いてみます。この通りビクともしません。何故ならそうよ…私は伝説の勇者ではないから」

理事長「そして…その伝説の勇者はあなた達μ'sのメンバーの中にいるわ」

穂乃果「すごい!」

凛「知らなかったにゃ!」

花陽「誰なんだろ…?」

にこ「わ、私じゃないわよ!」

真姫「分かってるわよ。にこちゃんって勇者っぽくないし」

理事長「とにかく1人ずつこの剣を抜き、勇者を見つけ…魔物を倒し地球を救ってください」

ピキピキピキ…


凛「なんの音にゃ?」

穂乃果「あっ…!ことりちゃんのおかあさんが!」

希・花陽「ええっ!」

ことり「おかあさんっ…!」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 06:53:50.57 ID:aGHYP5Kh0
理事長「ごめんね…ことり…私ももうここまでのよう…」

海未「体がどんどん石に…まさか魔物に!!」

理事長「えぇ…先ほどなんとなく魔物にやられていたの…ごめんなさい…」

ことり「おかあさん…おかあさんっ!」

理事長「あとは…任せましたよ……」

ことり「おかあさぁぁん!!!」

真姫「くっ…どうしてこんな…」
希「許せない…」

ことり「お母さんが…おかあさんが!!」

海未「ことり…大丈夫です。必ずや元の姿に戻してみせます」

穂乃果「うん!だって、この中に伝説の勇者がいるんだよ!その勇者がたちまち地球を平和にしてくれるよ!」

凛「間違いないにゃー」

花陽「そのうちここにも魔物が来るよ!早く勇者をみつけないと!」

穂乃果「そうだね。じゃあ絵里ちゃん…お願いっ!」


絵里「…えっ?わ、わたし?」

穂乃果「はい、勇者様お願いします!」

絵里「勇者様って…まるで私が勇者みたいな言い方…」

海未「正直なところ、伝説の勇者は絵里なんじゃないかと思っています。」

真姫「私も絵里だと思うわ」

にこ「さすがの私も伝説の勇者っぽさに関しては絵里に負けてるわ」

希「じゃあまずはエリチに伝説の剣を抜いてもらおうか」

絵里「いいけど…私より穂乃果の方が伝説の勇者っぽいと思うわ」

海未「いいえ。穂乃果には伝説の勇者っぽさはありません。やはりここは絵里からお願いします」

絵里「別にいいけど…じゃあ、私から…」



穂乃果「あー、なんかお腹減ったね」

凛「そういえば減ってきたねー」

花陽「あっ、食べ物はあるけど全部教室だ…」

穂乃果「下手に行動しちゃうと魔物が襲ってくるかもしれないし…」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 07:01:55.76 ID:aGHYP5Kh0
凛「そっか…じゃあ諦めるにゃ…」
花陽「凛ちゃん…」

ことり「あっ、そういえば…。えーっと、あっ、あったよ穂乃果ちゃん凛ちゃん!」

穂乃果「こ…これは!!」


穂乃果・凛「りんごの詰め合わせダンボール1個分!!」




絵里「んっ…!やはり私じゃないみたい…どんなに力を入れてもビクともしないわ」

希「エリチじゃないなら…海未ちゃんかな?」

にこ「そうね。絵里の次に誰が勇者っぽいっかって言われれば海未じゃない?」

真姫「じゃあ頼んだわよ、海未」

海未「分かりました。では…はぁっ!!」



凛「わーいわーい!りんごにゃー」

花陽「あれ?けどどうして美味しそうなりんごがこんなところに?」

ことり「あのね、ファンの子が送ってくれたの」

穂乃果「えっ…私たちのファンの子が?」

ことり「うん!実家がりんご農家をやってる子で是非みなさんで食べてくださいって」

花陽「すごーい!つやつや綺麗なりんご…はぁ、美味しそう…」

ことり「学校宛に送られてきたからお母さんが受け取ったけど、ここに置いておくからいつでも取りに来て食べていいよって言われてたの忘れてちゃってた」

花陽「えっ…じゃあ、私たちが食べてもいいの?」

ことり「うんっ、じゃんじゃん食べちゃおー!」

凛「やったにゃー!」




海未「んっ…!!!ダメです…やはり、ビクともしません」

にこ「海未でもダメなの…」

真姫「じゃあ一体誰なのよ!」



穂乃果「わーいわーい!じゃあ早速食べようよ!」

ことり「うん!…あっ、けど…」

穂乃果「あっ…そっか…りんごの皮が剥けないね…ここにはそんな道具はないし…家庭科室にはあるけど、行く途中で魔物に会っちゃったら…」

ことり「うん…」



凛「ねぇかよちん、うさちゃんにしてね」

花陽「うん。任せて」しゃりしゃりしゃり


穂乃果「このまま嚙っちゃおうかな」
ことり「ふふっ、大胆だね」


絵里「私と海未は伝説の勇者ではなかった…」

真姫「っていうか、そもそも私たちの中に伝説の勇者なんていないんじゃないの?」

にこ「この2人が駄目となるとその線も怪しくなってくるわね」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 07:06:50.37 ID:aGHYP5Kh0
希「あれ?にこっちなら『やっぱり伝説の勇者はにこにこー』とか言うのかなって思ってたんやけど」


にこ「にこはー、伝説の勇者っていうよりー、伝説のお姫様の方が似合うからぁー」


希「なるほど!じゃあ伝説の勇者は真姫ちゃんやね」

真姫「なんでそうなるのよ!別にいいけど…私は違うと思うわよ?じゃあ早速抜いてみ…あれ?」


絵里「なっ!!」

海未「ありません!」


希「伝説の勇者の剣がないやん!」


にこ「なんですって!!」

真姫「ってことは、すでに誰かが引き抜いたってこと?」


絵里「やっぱり穂乃果が…」


穂乃果「ふぇ?はーひー?」

真姫「えっ…り、りんご?」

希「どうしてりんごを丸ごとかじってるん?」


穂乃果「ほははへっふぁっへ」

にこ「何言ってるか分からないわよ!」


ことり「ねぇ、そんなに驚いてるけどどうしたの?何かあったの?」

海未「伝説の勇者の剣がないんです!」

凛「えぇ!ってことは、勝手に消えちゃったのかな…?はい、そんな事よりみんなの分のうさちゃんりんごにゃー」

絵里「あら、可愛いわね」

凛「うん!可愛いかよちんのお手製にゃー」

希「うん、おいしい。このりんごどうしたん?」

穂乃果「私たちのファンの子が送ってくれたんだって」

海未「有難いですね」
真姫「わざわざいいのに…」

にこ「1つずつ噛み締めて頂くのよ。そして、この感謝はステージで返すの!いいわね!」

花陽「そうだね。早くみんなでライブをやりたいね」しゃりしゃりしゃり


穂乃果「私達で地球を平和にしたらすぐにライブをやろう!…けど、今はりんごを食べようよ!」

凛「賛成にゃ!じゃあかよちん!どんどん切っちゃってー」

花陽「任せてー」しゃりしゃりしゃりしゃりしゃり


海未「そういうことなら私も頂き……ん…?」

絵里「えぇ。何かがおかしいわ…」

真姫「そうよ!どうしてうさちゃんりんごがこんなところに…」

にこ「この部屋にりんごが切れそうな道具なんてなかったはず…」

希「ううん、違うよ。1つだけあった…」

絵里「まさか…!」
希「そのまさかやね」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 07:09:15.72 ID:aGHYP5Kh0
凛「かよちんの切ったうさちゃんりんごは8倍美味しいにゃー」

穂乃果「ほんと!すっごくおいしいね!」

花陽「褒めすぎだよぉ…じゃあもっと切っちゃうね」



花陽「ふんふふふんふーん♪」しゃりしゃりしゃり


海未「花陽っ!」

希「花陽ちゃん!」


花陽「へ?」しゃりしゃりしゃり

真姫「えっと…」


花陽「ごめん…やっぱりブサイクだったよね?いつも使ってるやつよりもすごく長いから使いにくくて」


真姫「じゃなくて!!…花陽が手に持ってるもの…それはなぁに?」


花陽「えっ?りんごとフルーツナイ……って、えぇぇぇぇぇぇぇ!!な、なにこれ!」


穂乃果「あれ?花陽ちゃんがリンゴを切ってる道具が伝説の勇者の剣に似てるよ?」

にこ「似てるじゃなくて正真正銘本物の伝説の勇者の剣なのよ!」

花陽「えっ?ってことは…えぇぇぇぇ!!!」

にこ「どーして今の今まで気づかなかったのよ!」

花陽「凛ちゃんにうさちゃんりんごを食べてもらいたい一心で無心に…」

凛「えへへー」

ことり「ってことは…」


凛「そうだよ!地球の平和を守る伝説の勇者はかよちんのことにゃ!!」

花陽「いやぁぁぁぁぁぁ!!!!!」


つづく
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 07:17:43.26 ID:aGHYP5Kh0
前回のラブライブ!


花陽「ひょんなことから世界の平和を守るために魔物と戦うことになったμ's」


ことり『お母さん!!』

理事長『こと…り…』

花陽「魔物にやられて石になってしまった理事長。理事長を含め、世界中の人を助けるには伝説の勇者を見つけなければならない。」

絵里『私たちの中に伝説の勇者が…』

花陽「伝説の勇者の条件…それは、伝説の勇者の剣を引き抜くことができる者」


凛『凛は勇者より魔法使いになりたいかなー』
穂乃果『えっ?どうして?』

凛『だって、お腹が減ったら魔法でいつどんな時でもおいしいラーメンをだせるんだよ!』

穂乃果『おぉー、じゃあ私も魔法使いになる!』

花陽「勇者よりは魔法使いになりたい凛と穂乃果」


花陽「そして…遂に伝説の勇者が見つかった」


花陽『えっ…わ、私?いやぁぁぁぁぁぁ!!!!!』


花陽「世界の平和を守るため、伝説の勇者花陽が魔物と戦うことになった」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 07:19:05.53 ID:aGHYP5Kh0
花陽「無理だよ!うっ…うぅ…ひっく…」


穂乃果「あぁ…泣かないで花陽ちゃん」

花陽「だっ…だってぇ…ううっ…ダレカタスケテェェェェェ!!!」


真姫「まさか伝説の勇者が花陽だったなんて…」

にこ「よりによってμ'sの中でも群を抜いて勇者っぽくない花陽が…」


花陽「そうだよ!私なんか勇者っぽくないよ!勇者よりも魔物に誘拐されちゃう村人の方が向いてるよぉ…」

希「自分で言っちゃうんや」

花陽「だって!…うぅ…ぐすぐす」

絵里「花陽の気持ちも分かるわ。けれど、地球の平和を守れるのは伝説の勇者であるあなたしかいないの」

花陽「うぅぅっ…」

ことり「花陽ちゃん…」
凛「かよちん…」

花陽「けど、ううっ」

凛「分かったよかよちん!じゃあ凛がやるにゃ!」

花陽「えっ…」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 07:20:47.21 ID:aGHYP5Kh0
凛「こんな剣、誰にだって持てるはず…んんっ!!!!!!」


凛「んんーっ!!んんんんんんっー!!!」


海未「伝説の勇者ではない私たちには剣を持ち上げることすらできません」

凛「む…無理にゃ…重くてとても持てそうにない…ごめんかよちん…」

花陽「ううん。謝らないで凛ちゃん…」

にこ「腹をくくりなさい。これは、花陽にしかできないことなのよ」

花陽「け、けどぉ…」

ことり「花陽ちゃん…ごめんね。けど、私はお母さんを助けたいの!!」


花陽「ことりちゃん…」


バリィィィィィン!!!

絵里「なんの音!?」
希「まさか…」

ガラガラガラー!ガシャン!!!

『ウガァァァァァァ!!!!!!』


穂乃果「魔物だっ!」
ことり「きゃあっ!」

海未「遂にここまで…」

真姫「凛っ!」

凛「えっ?」

にこ「早く逃げなさい!」

凛「えっ…」
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 07:22:38.37 ID:aGHYP5Kh0
ウガァァァァァァ!!!

穂乃果「凛ちゃんっ!」
絵里「凛っ、危ないわっ!!」

海未「このままでは凛が魔物にやられてしまいます!」

ことり「凛ちゃんっ!」

凛「あ…足が動かない…うぅ…」

穂乃果「凛ちゃん!」

絵里「待っていて!すぐ助けて…」


ガァァァァァァァ!!!!!


凛「っ…!」

花陽「凛ちゃんっ!!」


--ガシッ!


花陽「ピャアッ!!!」

--スラァァッシュ!!


ウガァァァァァァ!!!


凛「あっ…あぁっ…」

花陽「凛ちゃん!大丈夫!凛ちゃんっ!」


凛「か…かよちん!!怖かったよぉ…」

花陽「よかった…凛ちゃん…」


穂乃果「花陽ちゃんが剣で魔物を倒した…」

にこ「本当に伝説の勇者だったのね…」


花陽「凛ちゃんがピンチだーって思ったら体が勝手に動いてたんだ」

凛「かよちん…ありがとうにゃー!かよちんのお陰にゃ!かよちんが伝説の勇者でよかったにゃー」


花陽「伝説の勇者…」


花陽「そうだ…私は伝説の勇者なんだもん。ことりちゃんのお母さんやみんなを助けるために頑張らないと!」

海未「花陽…」
凛「怖くないの…?」


花陽「うん…もちろん!怖くないよ」


凛「(かよちん…また指を合わせてる…)」


にこ「…」
真姫「花陽…」
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 07:25:19.07 ID:aGHYP5Kh0
花陽「言い伝えによると、何かいろいろやれば雷が落ちて魔物がいなくなるんだよね?外に出れば雷が落ちるのかな…一度、外に出てみるね」

希「じゃあうち達も一緒に…」

花陽「ううん。危険だからみんなはここにいて…私なら大丈夫だから」

凛「かよちん…」

花陽「じゃあ…行ってくるね。外に出て何か色々やってくるよ」


穂乃果「待って!たとえ花陽ちゃんが伝説の勇者だとしても1人で戦うなんて無茶だよ!」


凛「そうだよ!魔物にやられちゃったらかよちんが石にされちゃう…」

絵里「けれど、私達にはなんの力もない…」

穂乃果「それは…そうだけど…」

海未「悔しいですが…かえって足手まといにになるだけです」


花陽「私なら…大丈夫だから」

真姫「花陽…」
凛「かよちん…」


ことり「結局、私達には何もできないんだね…」


凛「…」


真姫「なにがμ'sに地球の平和を救ってもらう…よ。これじゃあ、花陽1人に押し付けただけじゃない!」


花陽「真姫ちゃん…私なら大丈夫だから…」


希「花陽ちゃん…」

にこ「…どーして……どーして花陽だけなのよ!!」



凛「…違う」


にこ「えっ…」
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/30(金) 07:27:27.83 ID:aGHYP5Kh0
凛「かよちんだけじゃない!!」


凛「かよちんだけが勇者じゃない!」


絵里「凛…」


凛「勇ましい者と書いて勇者にゃ。みんなの平和の為に…大好きな人を守るために闘えばみんな勇者にゃ!」


花陽「凛ちゃん…」


穂乃果「そうだよ凛ちゃん!アベなんとかンジャーズとか、えっくすなんとかメンから順番が回りに回ってμ'sに来たんだよ!選ばれたのは花陽ちゃんだけじゃない…μ'sなんだよ!」

花陽「穂乃果ちゃん…!」


穂乃果「だからこの際…みーんな、勇者だよ!」


花陽「えっ…みんなが勇者?」


凛「そうにゃ!世界を守るために選ばれたのはμ'sにゃ!!」

真姫「そうね。危なっかしくて花陽にだけ任せられないわ」

にこ「本当よ。それに、花陽にだけおいしいとこ持ってかれるのはシャクだし?」

絵里「そうよ…私達はみんなでひとつ」

海未「間違っていました…。たとえ力が無くとも花陽の役に立てることがあるはずです!」

ことり「花陽ちゃんにだけ押し付けるなんてできない…私も戦う!」

希「うん。全員同じ気持ちやね。さぁ、どうする…勇者さま?」


花陽「みんな…」


穂乃果「いこう…みんな!」

花陽「…うんっ!!」


つづく
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/04(水) 00:16:20.32 ID:4HHLtJcc0
前回のラブライブ!

絵里「伝説の勇者の剣を引き抜いた花陽は事実を受け入れられないでいた」


花陽『無理だよぉ…ひーん、ぐすぐす…勇者より村人だもん…それっぽい事を教えてくれる村人Bがお似合いだもん…うぅ』

凛『かよちん…』

絵里「そんな時、魔物が凛に襲いかかってきた。」

凛『怖くて動けない…』

花陽『凛ちゃん…!はぁぁぁぁ…ピャア!!』


にこまき『花陽っ!』


絵里「凛を助けたい一心で魔物に立ち向かった花陽」


凛『ありがとう!かよちんは勇者にゃー』


花陽『そうだ、私は勇者なんだ…。なら、闘わないと!』


絵里「徐々に心境が変わり、勇者として1人で戦うことを決意した。」

凛『けど…かよちん1人だけに任せるなんてできないにゃ!』

穂乃果『うん!なら、みーんな勇者だよ!」


絵里「私たちはみんなでひとつ。全員が勇者にとなり、魔物と闘うことを決意したμ's!」


凛『けど、やっぱりラーメンが出せる魔法使いの方が魅力的にゃー』

穂乃果『だよねだよね!』

絵里「勇者より魔法使いになりたい凛と穂乃果」

穂乃果『みんな…行くよ!』


絵里「こうして、私たちの戦いがはじまった」
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/04(水) 00:22:00.39 ID:4HHLtJcc0
穂乃果「みんな…いくよ!」

「はいっ!」

ウガァァァァァァ!!!

花陽「うぅぅ…やっぱり外に出ると魔物がたくさんいるよ…けど、負けない!!」


花陽「いきます!伝説の勇者…小泉花陽!!」

ウガァァァァァァ!!!

花陽「ピャア!!」

--スラァァッシュ!!

花陽「この伝説の剣であなた達をやっつけてみせます!」

凛「次は凛にゃ!」

凛「伝説の勇者の幼馴染の勇者…星空凛!!」

ウガァァァァァァ!


花陽「たぁゃ!!」

--スラァァッシュ!!!


花陽「ふぅ…」

凛「はい、お茶にゃー」

花陽「わぁ、ありがとう」

凛「幼馴染らしく、かよちんをそばでサポートにゃ!」
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/04(水) 00:32:56.80 ID:4HHLtJcc0
ことり「次は私!」

ことり「お母さんを石にさせた魔物を許さない…復習に燃える勇者!南ことり!」

ウガァァァァァァ!!!

ことり「悪いことするなら許さない!ことりのおやつにしちゃうぞぉー!」


ウガァァ…ウガァッ……アアッ♪

花陽「ピャアっ!」


--スラァァッシュ!!!


ことり「魔物の気をそらすよ!」

花陽「ことりちゃん!ありがとう!」


希「次はうちやね」


希「スピリチュアルの勇者!東條希!」

ウガァァァァァァ!!!


希「待って」

う、うがぁぁ?

希「すこし時間ある?うちが占ってあげるね」

うがぁ、うがうがぁぁぁ


希「今や!花陽ちゃん!」

花陽「ちゃぁっ!!」


--スラァァッシュ!!!

希「うちも魔物の気をそらすよ」

花陽「ありがとう、希ちゃん!」


ウガァァァァァァ!!


凛「かよちんっ後ろにゃ!」

花陽「えっ…」

ことのぞ「あぶない!!」

ウガァァァァァァ!!!
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/04(水) 00:36:29.08 ID:4HHLtJcc0
--ビュンッ!グサッ


ウッ…!!

海未「今です…花陽!!」


花陽「海未ちゃん…ありがとう!…てぃやぁ!!」


--スラァァッシュ!!

海未「少し離れた場所からこの弓で応戦します!」


海未「ラブアローの勇者…園田海未!!」


花陽「はぁはぁ…」

凛「かよちん…大丈夫?」

花陽「…んっ、だいじょうぶ…はぁはぁ」

凛「かよちん…」


絵里「次は私ね」

ウガァァァァァァ!


絵里「賢い可愛い勇者…絢瀬絵里!!」


花陽「はぁはぁ…っ…頑張らないと…」


絵里「ほら花陽…私の背中に」
花陽「えっ…」

絵里「伝説の剣を持つことはできないけれど…伝説の剣を持つ花陽をおぶる事ならできるわ」


花陽「絵里ちゃん…うんっ!」


希「さすがエリチ!」

絵里「さぁ花陽…私に指示をだして!」

ウガァァァァァァ!!

花陽「ありがとう…絵里ちゃん!じゃあ…右に向かって!」

絵里「分かったわ!」
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/04(水) 00:42:13.59 ID:4HHLtJcc0
花陽「やぁぁ!!」

--グサリ

ウガァァァァァァ!!

絵里「やったわ!」
花陽「うんっ!絵里ちゃん、ありがとう!」

凛「絵里ちゃんも疲れたら言ってね!次は凛がかよちんをおんぶするにゃ!」

ことり「私も!」
希「うちも!」

花陽「みんな…ありがとうね!」


にこ「ちょっと!私だっているのよ!」

にこ「みんなのアイドル!ラブリーにこにこー。ラブリーにこにこの勇者!矢澤にこ!」

ウガァァァァァァ!!

にこ「花陽!ここで頑張ったらご褒美に配布開始から瞬殺だったツバサのオリジナルクリアファイルに触らせてあげるわ!」


花陽「ピャァァァァァァ!!!」

絵里「花陽のテンションが分かりやすいくらい上がっているわ…さすがにこね!」

ことり「くれるとは言ってないのに…」
希「触るだけでいいんやね」

凛「かよちんは魔物と闘ってるんだよ!プレゼントしてくれたっていいのに…にこちゃんケチすぎにゃー」

にこ「魔物を倒したぐらいでプレゼントできる代物じゃないのよ」


花陽「あのクリアファイルに触れるなんて…ピャァァァァァァ!!!」

絵里「ちょっ、花陽あまり暴れないで……もうっ…アイドルのことになるとこれなんだから…」

凛「けど、凛はこっちのかよちんも好きにゃー」


花陽「ていやっ!はぁぁ!」

--グサリ


花陽「うん!頑張る!」

ウガァァァァァァ!!

花陽「っ…はぁはぁ…」

絵里「大丈夫…?疲れているみたいだけど…」
ことり「少し休憩する?」
希「うん。無理したらダメやろ?

花陽「はぁはぁ…ううんっ、大丈夫…はぁ」


凛「かよちん…」
24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/04(水) 00:47:26.65 ID:4HHLtJcc0
穂乃果「花陽ちゃんナイスだよ!はい、疲れた時には甘いものだよ!」

花陽「わぁ美味しそう!穂乃果ちゃん、ありがとう」


穂乃果「疲れた時に甘いものを差し出す…和菓子屋の娘の勇者!高坂穂乃果!」


ウガァァァァァァ!!


穂乃果「ここで和菓子屋の娘あるあるをひとつ!」

う…うぅがぁぁぁ?


穂乃果「えーっと…意外とケーキも食べる…なんちゃって」


ウガあぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!

穂乃果「あぁぁ!なんか怒ってるみたい!!」

ことり「穂乃果ちゃんあぶないっ!」


--ビシュン!グサッ!

グジャァッ!!


海未「くだらない事言ってないで魔物から離れてください!」

穂乃果「助けてくれてありがとう、海未ちゃん!」


ウガァァァァァァ!!!

花陽「絵里ちゃん…!魔物に近づいて!」
絵里「任せて!」

花陽「ピャアっ!!」

--スラッシュ!!

花陽「はぁはぁ…いきました」

絵里「はぁはぁ…」

凛「絵里ちゃんも疲れたでしょ?次は凛が変わるにゃ」

絵里「えぇ、ありがとう。では…」

凛「ギィィィン!!かよちんと合体にゃ!」

希「花陽ちゃん、魔物もあと少しや!がんばって!」

花陽「うん!がんばる!!」
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/04(水) 00:56:58.35 ID:4HHLtJcc0
真姫「花陽、がんばりなさい!」

ことり「真姫ちゃん!」


真姫「μ's最後の勇者!西木野の勇者…西木野真姫!!」

ウガァァァァァァ!!!

真姫「って!どうして私だけ名字なのよ!」

穂乃果「えぇー、だってトマトの勇者も、お父さんがお医者さんの勇者も、お母さんがどうみても17歳の勇者とか全部嫌だって言ったから」

真姫「だって全部ロクな勇者じゃないでしょ!」

にこ「じゃあ逆にどんな勇者が良かったの?賢い系は絵里と被るから駄目よ」

凛「えーっと…じゃあ、つり目の勇者とか?」

真姫「嫌よそんな勇者!」

穂乃果「じゃあ…プチトマトの勇者は?」

真姫「それだったらトマトの勇者で事足りてるじゃない!トマトの勇者が嫌なの!」


ことり「じゃあ…」

希「作曲の勇者…とか?」

真姫「それよ!」

真姫「μ's最後の勇者はこれよ!作曲の勇者!西木野真姫!」

ウガァァァァァァ!!!

真姫「うん!決まったわ!」

ウガァァァァァァ!!

にこ「で、作曲の勇者は何をしてくれるの?」
穂乃果「もしかして、作曲あるある?」

真姫「私は…そうね、作り貯めてある曲の一部を聴かせてあげるわ」

ウガァァァァァァ!!

真姫「このイヤホン高いんだから汚さないでよね」

う、うがぁぁぁ

真姫「ほら、どう?いい曲でしょ?」

凛「……」うずうずうず
花陽「凛ちゃん、どうかしたの?」

凛「魔物の人ずるい…凛も聴きたい…」うずうずうず

花陽「クスクス…凛ちゃん…」


うが!うがうが!うがぁぁぁ!

穂乃果「なんか喜んでるみたいだよ!」
真姫「当たり前でしょ?私が作った曲なんだから」

真姫「今よ…花陽っ!」

花陽「凛ちゃん!!」

凛「いくにやぁぁぁ!!!」

花陽「ってぃやー!!」

--スラァァッシュ!!

ウガァァァァァァ!!!

--バッコォォォン!!!

穂乃果「やった!校内や運動場にいる魔物を全て倒すことができたよ!」
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/04(水) 01:01:46.04 ID:4HHLtJcc0
花陽「はぁはぁ…やったぁ…はぁはぁ…」

凛「かよちんお疲れ様。大丈夫…?怪我はない?」


花陽「うんっ、平気」

凛「はい、お茶」
花陽「わぁ、ありがとう」

穂乃果「お腹が減ったら言ってね!さっき教室に寄ったから食べ物もたくさんあるよ!ほら、お父さん新作のお饅頭!」

ことり「チーズケーキもあるよ」

真姫「プチトマトもあるわよ」


にこ「トマト持参ならトマトの勇者で良かったんじゃないの?」

真姫「トマトの勇者は嫌なの!」


海未「みんな無事ですかっ!」

ことり「海未ちゃん!うん、みんなは無事だよ。海未ちゃんも怪我はない?」

海未「はい、私は無事ですが…花陽は大丈夫ですか?」

花陽「うん。大丈夫だよ」

凛「はい、かよちんのママお手製のおにぎりにゃ」

にこ「それと、約束したツバサのクリアファイルよ」


花陽「ピャァァァァァァ!!!」

にこ「触るだけよ!触るだけだからね!」

花陽「ふんっ!ふがふがっ!ふがっ!」


海未「元気そうで安心しました。弓で応戦できますが…これでは魔物を倒すことはできず気をそらす事しかできません…正直、花陽の役に立っているかどうか…」

真姫「心配しないで。何があっても和菓子屋の娘あるあるよりはマシよ」

穂乃果「たまたまハマらなかっただけだよ!他にもあるし…ご飯の代わりにあんこがでてくるとか…それは嘘だけど」

希「嘘なんや…」

にこ「嘘ならあるあるじゃないわよ」
穂乃果「あっ、そだねー」
にこ「軽いわねっ!」

絵里「花陽やみんなの協力もあって学校にいる魔物を全て倒すことができたわ。けれど…この魔物が世界規模でいるのよね」

ことり「そんなの一生かかっても倒せないよぉ…」

海未「困りましたね…」
希「うん…あっ、そうだ!言い伝え!」

凛「そうだよ!伝説の勇者が見つかってなんとなく色々やったら雷が落ちるはずにゃ!」

ことり「なんとなく色々ってなんのことなんだろ…」

穂乃果「今もなんとなく色々やったけど、あれじゃあなかったんだね」

にこ「それに、魔物がいるくらいなんだから魔王だっているんじゃない?」

花陽「魔王も倒すの!?うぅぅ…聞いてないよぉ…」

絵里「一体何をすれば…」

海未「正直、手詰まりですね…」
27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/04(水) 01:03:54.12 ID:4HHLtJcc0
真姫「肝心なことが書いてないのよ。いい加減な言い伝えね」


花陽「どうすれば雷が落ちてくるのかな…」


ことり「あっ!もしかして、王子様とのキス…とか?」

りんぱな「えぇぇぇっ!!」


ことり「物語とかだとそういうストーリーじゃないかな?勇者がお姫様とキスをするとすごいことが起こったりするよね?だからキスじゃないかなって…」


穂乃果「花陽ちゃんは女の子だから王子様からのキスかな?」

花陽「き…きす!!」ブルブルブル

にこ「とにかく、世界平和のためよ!1秒でも早く花陽の王子様を探すわよ!

おー!


花陽「うぇぇ…?」

凛「かよちんの王子様…ぷんっ」むすっ


つづく
29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/01(水) 21:44:47.14 ID:2lTAGTkw0
前回のラブライブ!


真姫「全員が勇者となり魔物と闘った私達μ's」

真姫『プチトマトの勇者…西木野真姫!』

凛『わぁ!決まってるにゃー』
穂乃果『ばっちり決まってたね!』

にこ『やっぱこっちの方がしっくりくるんじゃないの?』

真姫『プチトマトの勇者は嫌なの!』

花陽『ピャア!!』

--スラァァッシュ!!

ウガァァァァァァ!!!

穂乃果『やったぁ!全部魔物を倒したよ!』

真姫「見事、学校内にいた全ての魔物を倒すことができた。しかし…」

絵里『私たちが倒した魔物は氷山の一角。世界にはまだまだたくさんの魔物がいるわ』

ことり『これじゃあ一生かかっても倒せないよぉ…』

希『そうだ…言い伝え!』

真姫「なんとなく色々やると全ての魔物を倒すことができるという言い伝えはあるが…そのなんとなく色々が分からないでいた。」


ことり『そうだ…王子様からのキスじゃないかな?王子様が花陽ちゃんにキスをすると雷が落ちてくるんだよっ』

穂乃果『なるほど!白雪姫だって王子様のキスで目覚めたもんね!』

希『りんごの伏線はここやったんやね』
絵里『それは考えすぎじゃないかしら…』

にこ『じゃあ今から花陽の王子様を探しにいくわよ!』

凛『ふんっ!』

真姫「μ'sは地球を救うことができるのだろうか」
30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/01(水) 21:47:59.31 ID:2lTAGTkw0
穂乃果「花陽ちゃんの王子様いませんかー」


花陽「声が大きいよぉ…」


にこ「かっわいい後輩、花陽ちゃんの王子様はいっまてぇんくぁー」

花陽「や…やめて!」

絵里「花陽です!花陽の王子様です!」

真姫「いませんか?花陽の王子様はいませんか!」

ことり「花陽ちゃんの王子様ー!いませんかー?」

花陽「いやぁぁぁぁぁ!!!」


海未「は、花陽のお…王子…お、おおお」

花陽「あれ?海未ちゃんどうかしたの?」

海未「べ、別にどうもしません…」


希「やっぱり海未ちゃんには少し早かったかな」

穂乃果「王子様って言うのが恥ずかしいの?それとも街中で大声を出すのが…」

海未「ち、違います!恥ずかしくなんて…うぅっ」

絵里「けれど、肝心の王子様がどこにもいないわね」


ことり「うん…」

真姫「っていうか、人にも会わないじゃない?もしかして…ほとんどの人が石にされてる何てことも…」

にこ「確かに誰もいないわね…これは困ったわ」

穂乃果「ってことは、穂乃果たちの家族も石に…」
31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/01(水) 22:19:07.29 ID:2lTAGTkw0
海未「だとすれば1秒でも早く魔物を倒さなければ」

ことり「うん!けど…私たちしかいないならどうやって花陽ちゃんの王子様を探せばいいんだろ…」

穂乃果「あーあ、花陽ちゃんの王子様…どこにいるんだろう」

花陽「そんなの元々いないんだよぉ…」


凛「…やっぱりよくないよ!」


花陽「えっ…凛ちゃん?どうかしたの?」

凛「だって…かよちんの王子様を見つけて…しかもかよちんとキスするなんて…」

花陽「あれ?凛ちゃんもしかして…少し怒ってる?」

凛「…」

穂乃果「あー」ニヤニヤ
希「あれやね」ニヤニヤ
ことり「あれだね」にこにこ

凛「ち、ちがうにゃ!かよちんの王子様は凛だよ!ってことを言いたいんじゃないの!」

にこ「じゃあ何て言いたいのよ」


凛「もし、探し続けてかよちんの王子様がみつかったとするでしょ?」

花陽「だから私の王子様なんていないよ…」

凛「たとえ見つかったとしてもすぐキスするのはNGにゃ」

花陽「えっ?」
真姫「はぁ?」
32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/01(水) 23:03:59.29 ID:2lTAGTkw0
凛「凛の大切なかよちんとキスするんだよ?ちゃんとした相応しい相手じゃないと認めたくないにゃ!!」


花陽「えぇぇぇぇ!!!」

希「花陽ちゃんとキスする人は凛ちゃんの許可がいるんや」

凛「うん!凛の許可がいるの!」

希「いるんや」
穂乃果「ほぇー、びっくりだねー」

真姫「花陽の許可なら分かるけど…どうして凛の許可がいるわけ?」

凛「すぐ出会っただけじゃその人がどう言う人かとわからないでしょ?浮気癖があったり、小さなことですぐ怒ったりする人かもしれないし…もしかしたら暴力をふるう人かも」ブルブル

花陽「うぇぇ?」

凛「かよちんが…うぅっ…そんな王子様とキスするのはかわいそうにゃ!!」

穂乃果「本当だ…花陽ちゃんが可哀想だよ!」

凛「だから凛が見極めてあげないと!」

花陽「王子様なんていないから見極めなくていいよぉ…」

絵里「そうね…花陽の王子様をみつけるのには少し時間がかかりそうだわ。」

凛「うん!」

花陽「私の話聞いてよ…必要ないに…」

希「うん。10年くらいはかかりそうやね」

花陽「!!」

真姫「花陽を傷つける人間を花陽の王子様になんてさせない!」

海未「当たり前です!花陽の幸せがあってこそですよ!」
ことり「うん!そんな王子様は私たちが認めないんだから!」


にこ「じゃあどうすんのよ?時間がないんでしょ?」

海未「そうですね…何かいい案があればいいのですが」
33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/01(水) 23:07:23.17 ID:2lTAGTkw0
花陽「みんなが私の王子様のことを真剣に考えてくれるのはすごく嬉しいよ。けどね、そもそも魔物を倒す言い伝えが王子様のキスだって言う保証もないんだしそんなに真剣に考えなくても…」


希「もういっそのこと、うち達の中からみつよっか」

花陽「へ?」

希「花陽ちゃん王子様」

花陽「えぇっ!!」


凛「それにゃ!!」

花陽「えぇぇぇぇ!!!」


凛「みんななら性格だってよく分かってるし、かよちんのことを傷つけたりしないにゃー。うん!この中からかよちんの王子様を決めるにゃー!」

花陽「ドウシテソウナウナッチャッタノォォ!!?」

海未「そうです!どうしてそうなるんですかっ!」

希「仕方ないやん?」
海未「どこが仕方ないんですか!」

真姫「そうよ!どうして私が花陽とキスなんて…」

にこ「キスするのは花陽の王子様。まだ真姫ちゃんが花陽の王子様って決まったわけじゃないんですけどー」

真姫「っゔぇぇ」

穂乃果「そうだよ!それに花陽ちゃんの王子様には凛ちゃんと言う強敵がいるんだよ!」

凛「まったくにゃ。そういうことはこの凛を倒してから言って欲しいにゃ!」

絵里「凛の壁は高そうね…」


凛「さぁかよちん!凛たちの中から王子様を選んで!そしてチューするにゃ!」

穂乃果「ねぇ花陽ちゃん、王子様はだーれ?穂乃果かな?」

ことり「それとも私?」
にこ「私が花陽の王子様って言うんならキスしてあげてもいいわよー」

海未「花陽!私ではありませんよね?そうですよね!」

真姫「私じゃないわよね?そうよね!」


花陽「はうぅぅ…」
34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/01(水) 23:24:37.68 ID:2lTAGTkw0
絵里「ちょっと2人とも、花陽が怖がっているじゃない」

希「花陽ちゃん、誰が王子様だと思う?」

花陽「えっと…急に言われても…」

にこ「なに?イメージが湧かない?」
花陽「いや、そうじゃなくて…」

希「じゃあ1人ずつ王子様っぽく花陽ちゃんを誘ってみようか」

ほのりん「それだ!」

花陽「うぇぇ!?」
海未「どれですか!」

凛「じゃあ凛から!王子様らしくかよちんをダンスにお誘いするにゃー!」


凛「かーよちん!王子様の凛と一緒に踊りませんかー?」

花陽「へっ?」
凛「手を繋いでくるくる踊るにゃー」

花陽「ふふっ、もう凛ちゃんっ」


穂乃果「じゃあ次は穂乃果が!…花陽ちゃん」

花陽「へっ?」
穂乃果「とてもお綺麗ですね。まるで伝説の勇者のよう…」

花陽「へ?」

穂乃果「さぁ、王子様と踊りませんか?」

にこ「はぁ…2点ね」
穂乃果「えぇ!!結構気合い入れてかっこつけてみたんだよ?」

にこ「どこがよ!まぁ見てなさい。次は私よ!」

パッカパッカパッカパッカパッカ…

にこ「ヒヒーン!」
花陽「!!」

にこ「ドードードー…」

花陽「(馬に乗ってる…)」


絵里「さすがにこね…白馬にまたがっている姿が見えてくるわ」

凛「凛にも白馬が見えたよ!すごい!すごいにゃ!」

穂乃果「王子様だ…にこちゃんは王子様だ!!」

にこ「ふっ…当然ね!みてなさい…にこの完璧な絶対王子様の振る舞いを!」

花陽「絶対王子様…?ってなんだろ」
にこ「花陽様…」

花陽「へっ!?」

凛「さすが王子様!かよちんを花陽様呼びにゃ!!」

にこ「もしよろしければ…王子様の私と踊りまちぇんか?」

花陽「へ?…ちぇんか?」

凛「ちぇんか…?」
真姫「ちぇんか…」

にこ「…」


穂乃果「あれ…にこちゃんもしかして噛んだ?」

にこ「はぁ?この私がか…噛むわけないでしょ!ほら次!」

凛「ちぇんか?」
にこ「うっさい!さぁ次は誰なの!」
35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/01(水) 23:39:35.30 ID:2lTAGTkw0
ことり「次は私だよっ!花陽ちゃん!王子様と一緒に踊りませんか?」

花陽「え、えっと…」

穂乃果「ことりちゃん王子様はすごく可愛いなぁ…」

絵里「じゃあ、次は私よ。花陽…」

にこ「片ひざついた!」
凛「あ…あれは王子様にゃ!」


絵里「今宵は一緒に踊りませんか?」

花陽「ひゃぁぁ!」

穂乃果「さすが絵里ちゃん…ヒヒーンとか言わなくても背後にうっすら白馬が見えるよ!」

ことり「さすが絵里ちゃんだね!」

にこ「たまたま調子が悪かっただけで本気を出せば白馬くらい120頭呼び寄せることだってできたんだけど!」

凛「そもそも白馬を呼び寄せる人って王子様なのかにゃ?」

穂乃果「それに、噛んだらダメだよね」
凛「ちぇんか」

にこ「うるさいわね!ちゃっちゃと進めるわよ!次っ!」


希「次はうちやね。はーなよちゃん」

花陽「は、はい!」

希「うちと…王子様と一緒に踊りませんか?」

穂乃果「シンプルだけどそこが!そこがいい!」

凛「さすが希ちゃんにゃー!」
穂乃果「うんっ!じゃあ次は…」

うみまき「…」

穂乃果「どっちからいく?」

真姫「どっちからって…私たちは花陽の王子様じゃないわよ!」

海未「そうです!穂乃果たちのなかから探せばいいじゃないですか!」

希「じゃあ花陽ちゃん本人から聞いてみようか。今やった人達の中に王子様いた?」


花陽「えっ…ううん。いなかったけど…」

希「はい、じゃあ真姫ちゃんから」

花陽「待って!その…みんなの事を王子様として見れないって言うだけで…」

真姫「分かったわよ!言っとくけど、地球の平和を守るために言うんだからね!」

花陽「へっ?う、うん…」


真姫「ほ、ほら花陽…その…わ、私と…王子様と一緒に踊らない?…ほら、言ったわよ!これでいいでしょ?」

凛「うん!上出来にゃー。じゃあ次は、海未ちゃん」
36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/02(木) 00:15:23.06 ID:bY+Qvovn0
海未「あっ…あぁ、あっ…」

ことり「がんばれ!海未ちゃん!」
絵里「頑張るのよ海未!」

海未「い、一度しか言いませんからね!」


海未「花陽っ…いいえ、ここは……ひ、姫っ!」

花陽「ピヤァ!!?」

海未「今宵は私と踊りませんか?」


穂乃果「おぉぉぉぉ!!片膝ついてるよ!」
ことり「本物の王子様みたい!」

凛「白馬どころか舞踏会の様子がうっすらみえたにゃ!」

穂乃果「みえたみえた!海未ちゃん…王子様だったよ!」

海未「ほ、ほめすぎです!それに褒められても嬉しくありません!」

穂乃果「またまたー、花陽ちゃんのことをお姫様~なんて呼んじゃって」

海未「えっ」

絵里「たしかに、花陽のことをお姫様と言い切ったのは海未…あなただけだったわよ」

海未「!!」
希「結構乗り気やったんやない?」

海未「誤解です!私は別に…うぅ」

にこ「じゃ、この中で花陽の王子様を決めるわよ。ほら、誰が王子様だった?ちゃっちゃと答えちゃいなさい」

花陽「う、うぇぇ?」

ことり「私たちは違うから…真姫ちゃんと海未ちゃんの2人から選んでね」

花陽「やっ…えーっと」

凛「どっちの名前を呼んでも恨みっこなしだにゃー!ねぇ、どーっち?」

花陽「あのね…」
凛「うん」

花陽「みんな王子様じゃないかなーって…」

絵里「なんですって」

花陽「あのね、悪い意味じゃなくて、みんなのことを王子様として見れないっていうか…だって、私にとってみんなは仲間だか…」

ことり「花陽ちゃん…」

花陽「大切な…仲間だから…」

凛「かよちん…」


穂乃果「じゃあ、みーんなが王子様って事でみんなで花陽ちゃんにキスしちゃう?」


花陽「!」


絵里「さすが穂乃果、いい案ね」

花陽「!!」


花陽「えっ…嘘…どうしてそうなっちゃったんだろ…」
37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/02(木) 00:16:24.20 ID:bY+Qvovn0
ことり「そうだよ!みんなが勇者ならみんなが王子様だよ!」

花陽「!!!」

希「うん。うち達みーんな花陽ちゃんの王子様や」


花陽「ドウシテソウナッチャウノォォォ!?」

凛「そうにゃ!間違いないにゃ!」

花陽「えぇぇぇぇ!!ち、違うよ!間違いだらけだよ」

にこ「うるさいわねー。違うかなんて一度やってみないと分からないでしょ?」

花陽「分かるよ!」

海未「そうです!分かります!どうしてそうなるんですか!絶対に私はキスなんてしな…あれ?」

真姫「どうかしたの?」

海未「はい…伝説の勇者の剣が…」

花陽「あれ?」


絵里「光り輝いているわ!」

凛「本当だ!」

希「剣が反応してるってことは…」

穂乃果「うん!間違いないよ…。言い伝えは王子様とのキス…すなわち、私たち全員とのキスなんだよ!」

花陽「いやぁぁぁぁぁ!!!!!」


つづく
39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/15(水) 01:27:48.06 ID:llK2AhsJ0
前回のラブライブ!

ことり「魔物を倒すため、花陽ちゃんの王子様を見つけることにした私たちμ's」

穂乃果『おうじさまー!』

ことり『おうじさまー!花陽ちゃんのおうじさまー』

花陽『やめてぇぇ!!』

海未『そうです!やめてください!』

絵里『どうして海未が恥ずかしそうにしているの?』

海未『そ、それは…』


ことり「そんな中、1人王子様を探すのに否定的だった凛が口を開いた」


凛『いい?まずは王子様と出会うでしょ?そこから付き合って3ヶ月?いや、1年ぐらいじっくり付き合ってもらってかよちんとキスする王子様にふさわしいか凛が見極めるにゃ』


穂乃果『そっかー、見極めの時間が大事だよね』

凛『本音を言えば最低でも10年は欲しい!』

にこ『婚期逃すわね』
希『ドンマイ』
花陽『!!』

ことり「けれど、そんなに時間をかけてしまえば魔物たちに地球が侵略されてしまう」

希『うちたちの中から王子様を決めてキスすればいいんやない?』

凛『それにゃ!』

花陽『うそだ!』
海未『うそです!』
真姫『うそよ!』

ことり「しかし、花陽にμ'sの中から王子様を選ぶことはできなかった。』


穂乃果『そうだ!じゃあさ、この際みんなが王子様ってことにしてみんなで花陽ちゃんにキスしちゃおう!』

凛『それにゃ!』

花陽『いやぁぁぁ!!!』

ことり「その時、伝説の勇者の剣が光を放った」
40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/15(水) 01:30:14.21 ID:llK2AhsJ0
穂乃果「光ってるよ!剣が光っちゃってるよ!」


希「うち達が正しい方向に突き進んだから、伝説の勇者の剣が答えてくれてるんやない?」

花陽「たまたまじゃないかな?うん。たまたまだよ」

にこ「これはもう確定ね!みんなで花陽にキスするわよ」


花陽「!」


海未「これも世界平和の為…わがままは言ってられませんね。私も腹をくくります!」


花陽「!!」


真姫「そうよ…パパやママを助ける為…私も頑張る!やってやるんだから!」

穂乃果「そうだよ!」


ことり「一生懸命花陽ちゃんにキスしちゃう!」


花陽「!!!」


穂乃果「じゃあ誰からキスする?」


絵里「そうね…あいうえお順?それとも背の高い順?それともくじ引きか何かで…」

穂乃果「じゃあこんなのはどうかな?胸の大きい順とか!」

花陽「!」

凛「えぇー…最初と最後は凛がいい!」

ことり「ふふっ、凛ちゃんは2回キスするんだね」

凛「うん!凛はかよちんと2回キスするにゃ」
41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/15(水) 01:31:40.82 ID:llK2AhsJ0
にこ「じゃあ始めと最後は凛で決まりね。2番目は誰がやるの?」


穂乃果「じゃあ凛ちゃん抜きの背の順?」

ことり「あいうえお順?」

希「それともバストの大きい順?」


にこ「どれでもいいから早く決めちゃいなさいよ」

穂乃果「にこちゃんがつれない」

凛「どの順番でもにこちゃんの順番は変わらないからないにゃー」


にこ「うっさい!!ほらちゃっちゃと決めるわよ!」


絵里「そうね…ねぇ花陽は何順がいい?」


花陽「ええっ!!!」

絵里「花陽に合わせるわよ」
ことり「うん!遠慮なく言ってみて!」


花陽「…私とみんながキスする順番を私が決めるの?」

希「確かにそれも変な話やね」
絵里「そうね。じゃあここは…」


穂乃果「バストの大きい順?」

花陽「よりによってそっち!!」

絵里「そうね。時間もないことだし…ではバストの大きい順で…」


花陽「あ…あいうえお順!私、あいうえお順がいいなーって」

絵里「そ、そう?花陽が言うならあいうえお順で…」

穂乃果「ちなみにバスト順の1番ってやっぱり…」
凛「うん!やっぱり…」


ほのりん「…」

希「ん?うちの顔に何かついてる…?」

凛「な、なんでもないにゃ!」
希「そう?」

穂乃果「さ!ちゃっちゃと花陽ちゃんにキスしちゃおう!えーっと、あいうえお順なら1番は…」
42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/15(水) 01:33:28.70 ID:llK2AhsJ0
ことり「絵里ちゃん?」

絵里「私ね」
凛「違う!1番最初は凛!」

希「あっ、そうやったね」

凛「じゃあかーよちん!」

花陽「恥ずかしいよぉ…」

凛「大丈夫!じゃあ…いくよ?まずは…1番手!あいうえお順特別枠の星空凛…いきます!」

ちゅっ

凛「あっ、唇にしちゃった」

穂乃果「ふぅぅぅぅ!!!」
真姫「ちょっ、うるさいわよ」

花陽「ぴゃあ!」

凛「かよちん可愛いにゃー!」ぎゅーっ

花陽「ふふっ、凛ちゃーん」

ぼわーん

ことり「あれ…?」
真姫「伝説の勇者の剣が黄色く光ってる!」

花陽「本当だ…」

凛「黄色…って、凛の色だよ!」

花陽「う、うん…しかもあったかい!伝説の勇者の剣に力が溜まってる感じがする!」

凛「えっ…」

希「伝説の勇者の剣が凛ちゃんの力をたくわえた…ってことやね」

にこ「つまり…言い伝えは花陽にキスをするで確定ってことね!」

ことり「うん!ってことで、じゃんじゃんいっちゃおー!」

穂乃果「おー!次は…」

絵里「私よ。花陽…いいわね?」
花陽「う、うん…」ドキドキ

絵里「女同士でしょ?そんなに緊張することないわ」にこっ

花陽「う、うん…分かってるけど緊張しちゃうよぉ…」どきどき


絵里「2番手、μ'sあいうえお順1番絢瀬絵里…いくわね?」

ちゅっ

花陽「ぴゃあ!」

ジュワーン


真姫「今度は水色に光ってる!」

希「水色はエリチのイメージカラー…伝説の勇者の剣がエリチの力をたくわえた証拠!」


絵里「さぁ、次は…」
43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/15(水) 01:36:01.32 ID:llK2AhsJ0
希「花陽ちゃん?」
ことり「は、抜かして次は…」

にこ「かきくけこの小泉の次は…」

穂乃果「高坂のこ!つまりは穂乃果だよ!」

ことり「穂乃果ちゃん!」

穂乃果「なんか大変なことになっちゃったね。けど…必ず魔物を倒そうよ!そして、倒したら必ずみんなでライブをしようね!」

花陽「うん!」

穂乃果「3番手!μ'sあいうえお順花陽ちゃんを抜いて2番!高坂穂乃果…いきます!」

ちゅっ

花陽「はぅっ!」

穂乃果「わぁ♪花陽ちゃんの唇ぷにぷに」

ジュワーン

希「オレンジ色に光った…」

凛「勿論!オレンジ色は穂乃果ちゃんのイメージカラーにゃー」

にこ「ほら!どんどんいくわよ!次っ!」
ことり「あれ?次は誰だろ…」

にこ「かきくけこの次はさしすせそでしょ?」
絵里「さ行は…」


海未「わ、私です!」

ことほの「おぉぉ!!!」

ことり「頑張って海未ちゃん!」
44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/15(水) 01:38:23.40 ID:llK2AhsJ0
海未「これも世界平和のため…世界平和のため!世界平和の…あぁぁぁぁぁぁ!!!」


穂乃果「大丈夫!こういうのは勢いだよ、海未ちゃん!」

海未「勢い…ですか?なるほど…一理ありますね」

がしっ

花陽「ひぃぃっ!」
海未「勢いですね…勢い!」

花陽「あっ…あぁ」

絵里「海未はキスするつもりなのよね?」
希「うん」

海未「勢い…!!」

花陽「あっ…うぅ」ぶるぶる

のぞえり「怯えてる…」

真姫「ちょっと海未!」
凛「かよちんを怖がらせてどーするつもりにゃ!」

海未「4番手!μ'sあいうえお順花陽抜きの3番園田海未…いきます!」

どこっ!

花陽「はうっ!」

真姫「花陽!」
凛「かよちん!」

海未「ふぅ…やり遂げました」

ことり「えっと…」

穂乃果「ねぇことりちゃん、あれはチューなの?」
ことり「うーんと」

にこ「唇にしたとは思えないほどありえない音がしたわね」

ことり「キスっていうより…海未ちゃんが花陽ちゃんにぶつかった?」


絵里「あれが世間でいうところの事故チューなの?」
希「うん。ある意味事故チューやね…」

凛「大丈夫?痛くない?」
花陽「うん。大丈夫だよー」

ジュワーン

凛「あっ!」

真姫「またよ!やっぱり青色に光った!」


ラブアローシュート

花陽「へっ?」

穂乃果「あれ?伝説の勇者の剣がなんか言ったよ!」

凛「うん!伝説の勇者の剣が海未ちゃんみたいな事言ってた!」

にの「私たちの力が加わり…伝説の勇者の剣が海未っぽい事を喋った…無い話ではないわね」

絵里「えぇ、一理あるわね」
ことり「あるねっ」
凛「うん!あるにゃー」

花陽「あるのかなぁ…」
にこ「考えたら負けよ!」
45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/15(水) 01:40:10.39 ID:llK2AhsJ0
穂乃果「じゃあ次は…」

希「うちやねっ!」

凛「まだ た行なの?凛の順番の は行まで遠いにゃー」

真姫「って、あいうえお順でも花陽とするつもりなの?」

凛「なの!」

絵里「まったく…」
穂乃果「凛ちゃんの花陽ちゃん好きには困っちゃうねー」

希「それなら、凛ちゃんのためにも早くチューしてあげないとね。花陽ちゃん」

花陽「へっ?」

希「5番手!μ'sあいうえお順花陽ちゃん抜きの4番目東條希」

ちゅーっ

花陽「あっ…」
希「花陽ちゃんの唇…奪っちゃった」

花陽「恥ずかしいよぉ」
希「ふふっ、ごめんね」なでなで

じゅわーん

海未「今度は紫色に光りました!」

マクラナゲドーン!マキチャンナニスルノー?

凛「またなんか言ったにゃ!」

絵里「今度は希みたいな事ではなく…希が実際に言った言葉を伝説の勇者の剣が言ったわ!」

海未「私はてっきりスピリチュアル寄りの発言をするのかと思っていました」

ことり「私も…」


希「うちもびっくりやね」

にこ「いい?サクサク進みなさい!」

凛「えっと、たちつてとのた行が終わって次は…」


真姫「わ、私よ!」

凛「次はな行の真姫ちゃんにゃ!」
46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/15(水) 01:42:26.29 ID:llK2AhsJ0
真姫「いい?これは世界平和のためよ?分かってる?」

花陽「うん。ちゃんと分かってるよ」


真姫「一回だけよ?いい?」

花陽「うんっ」

真姫「6番手!μ'sあいうえお順花陽抜きの5番目 西木野真姫…いくわよ!」

花陽「う、うん!」

ちゅっ

真姫「世界平和のためよ!忘れないで!」

花陽「うん。大丈夫!分かってるけどやっぱり恥ずかしいよぉ」

じゅわーん

穂乃果「赤色に光ったね!次はどんな事を言うのかな」わくわく

ことり「ちょっと楽しみになってきちゃうね」わくわく


穂乃果「なんて言うのかなー?」


……ひでぶ


穂乃果「あれ?」

希「ひでぶ…って言ったね」


穂乃果「真姫ちゃんってひでぶとか言う人だったっけ?」

真姫「言わないわよ!なんで私だけひでぶとか言うの?イミワカンナイ!」


ドヤァァ


真姫「はぁ?ナニヨソレ?」

にこ「まさか…真姫ちゃんっぽいことを真姫ちゃんに言わせたの?」

真姫「えっ?」

希「伝説の勇者の剣が真姫ちゃんっぽい発言を真姫ちゃん本人に言わせた…力が強くなってかなり高度なフリをするようになったね」

真姫「ヴェェェ…?」
穂乃果「ちゃっちゃといこう!えーっと次は…」

凛「はい!はいはーい!凛ちゃんにゃー」

花陽「2回目だよ?」

凛「2回でも100回でもしたいの!」

花陽「もう…凛ちゃんってば」
47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/15(水) 01:46:19.76 ID:llK2AhsJ0
凛「えーっと…1番手でもある7番手、μ'sあいうえお順かよちん抜き6番目!星空凛…いっくにゃぁー!」

ちゅっ!

凛「あともう1回しちゃうからね!」
花陽「ふふっ、うんっ」

ジュワーン

海未「また黄色に光りました!」


ワンッ!


穂乃果「あれ…?」

ことり「今ワンっていったよね?」

希「凛ちゃんやからてっきり「にゃー」かと思ってたんやけど」


…アッ

ことほの「!!」

真姫「「あっ」って言った!今、伝説の勇者の剣が「あっ」って言った!」


絵里「まさかとは思うけど…伝説の勇者の剣が言い間違え…ううん、動物間違えを…?」

にこ「力が強くなりすぎた結果、伝説の勇者の剣が動物間違いを犯した…そういうことなの!?」

希「そうやね」
穂乃果「そうなんだ…」
ことり「そんなこともあるんだね」

凛「びっくりにゃー」

絵里「動物間違いしてもかまわないわ。たっぷり力を蓄えて魔物を倒してもらう事の方が大事よ。さてと、次は…」

穂乃果「あかさたなは…までいったから次は…」

ことり「私だよ!」
凛「ま行のことりちゃんにゃー」

ことり「花陽ちゃん…」
花陽「なぁに?」

ことり「ごめんね…こんな事に巻き込んじゃって」

花陽「どうしてことりちゃんが謝るの?悪いのはことりちゃんでも理事長でもないよ。だから…みんなで頑張ろう!」

ことり「花陽ちゃん…うんっ!」
48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/15(水) 01:47:44.77 ID:llK2AhsJ0
ことり「8番手!μ'sあいうえお順花陽ちゃん抜き7番目!南ことり…いきます!」

ちゅっー

ことり「やんっ♪」
花陽「やー♪」

ジュワーン

穂乃果「白に光ったよ!」
凛「次はなんて言うのかにゃー」

希「おやつにされるんやない?」
ほのりん「そうくるかー」


犬は動物。と、いうこともあり大きなくくりでいえば犬も猫も一緒のはずです。

なので先ほどの私が発言した「ワン」ですが、ほぼ「にゃー」であり言い間違えてしまった訳ではないのであります。


絵里「!!」

穂乃果「な、なんか言い訳してるよ!」

海未「しています…伝説の勇者の剣が先ほどの言い間違いの言い訳をしています!」

真姫「しかもかなり見苦し言い訳よ!」

凛「伝説の勇者の剣のくせに!!見苦しいにもほどがあるにゃ!」


希「力が強くなり見苦しい言い訳を…以下略やね」

ことり「うん!じゃあ次は…」

にこ「私よ!」

凛「にこちゃんにゃ!」

にこ「さくさくいくわよ!花陽…!」
花陽「はい!」

にこ「9番手!μ'sあいうえお順…花陽抜き8番目矢澤にこ!」

穂乃果「ちなみに花陽ちゃんを入れても9番目だよ!」
凛「背の高い順でも最後にゃ!」
希「バストの大きい順でも最後やね」

にこ「余計なこと言わなくていいのよ!…じゃあいくわよ!」

ちゅっー

にこ「ふんっ!」

花陽「はぁぁ…お、おわったぁ」

ジュワーン

真姫「今度はピンクに色に!」

穂乃果「そして今度は何を…!」

……

にこ「ってなんかいいなさいよ!」

絵里「まったく…重要なのはそこじゃないでしょ?」

海未「はい。重要なのはこれで全員終わったということです」

凛「ちょっと!まだ最後の凛のチューが残ってる!」

花陽「本当にまたするの?」
凛「するの!」

ちゅーっ

花陽「ぴゃあ!」

凛「ふぅ…これで終わりにゃ!」
49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/15(水) 01:49:14.94 ID:llK2AhsJ0
希「言い伝えの『なんとなく色々やる』の部分が終わったね!」


絵里「えぇ。これで地上に稲妻が落ち…魔物を全て倒してくれるはず!」


真姫「けど、8色に光り輝くだけでなにも起こらないじゃない?」

ことり「本当だ…やっぱり違ったのかな…」

にこ「ってことは、なんとなく色々の部分が間違ってってこと!?」

穂乃果「そんなことないよ!花陽ちゃんにキスする部分は合ってるんだよ。多分…」

絵里「じゃあ何故魔物を倒してくれないの…」

ことり「間違ってないってことは…なんとなく色々やる部分の何かがまだ足らないのかな?」

花陽「足らない…?」

海未「だとすれば一体なにが足らないのでしょうか…」


凛「分かった…」

花陽「へ?」

凛「凛たちはかよちんにキスをした…けど、まだかよちんがかよちんにキスしてない!!」

花陽「え?」


絵里「それだわ!」


花陽「!!」


花陽「ど…どれなの?」
50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/15(水) 01:51:55.49 ID:llK2AhsJ0
絵里「私たちは9人でひとつ…けれど、伝説の勇者の剣に蓄えた力は8つだけ」

穂乃果「そう!まだ緑色に輝いてないよ!」

海未「なるほど!」
真姫「そういうことなのね!」

花陽「えっ…えぇ?どういうことなの…」

にこ「つまり。花陽が自分で自分にキスすればいいってことでしょ?」

花陽「それが分からないんだよ!」

希「けど、自分に自分でキスってどうやってやるん?」

穂乃果「確かに…どうやってやるんだろ。」

ことり「鏡に映った自分にキスするっていうのは?」

絵里「それだと花陽が自分にキスするという表現より花陽が鏡にキスをした…という表現の方がしっくりくるわね」

ことり「そっか…」
海未「まさか…こんなところでつまずくなんて」

凛「凛がかよちんにあと100回キスしたらかよちんが自分にキスしたことにならないかにゃ?」

にこ「逆に聞くけどどうしてなると思ったの?」

真姫「一体どうすれば…」

穂乃果「分かった…間接キッスだ…」

ことり「えっ…穂乃果ちゃん?」


穂乃果「間接キッスだよ!」

真姫「つまり?」


穂乃果「つまり…花陽ちゃんとキスをした穂乃果達の唇に花陽ちゃんがキスをしてくれれば…」

花陽「…はぇ?」


凛「それは間接キッス…つまり、かよちんがかよちんにキスしたも同然にゃ!」


花陽「!!!」


ジュフゥゥゥワァァァァァ!!!!!!


にこ「伝説の勇者の剣が大きく光り出した!」

絵里「決まりね!さぁ花陽…私達の唇にキスをして!」

ことり「どんな順番でもいいよっ」

希「バストの小さい順と背の低い順?」

にこ「なにその順番。悪意ありすぎなんですけどー」

凛「だめ!最初と最後は凛がいい!にこちゃんには譲らないにゃ」

海未「もう一度キス…ですがこれも世界平和のため。腹をくくります!」

真姫「さぁ花陽…いつでもいいわよ!」

穂乃果「私たちにキスをして…花陽ちゃん!!」

凛「そしたら魔物を全部倒せるにゃ!」


花陽「はぅぅ!!」

つづく
52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/14(日) 23:38:09.99 ID:uPkj3sX70
前回のラブライブ!

凛「みんなが花陽の王子様となって一人一人が順番にキスをすることになったμ'sの面々」

凛『凛はたくさんかよちんとちゅーするからね!』
真姫『分かってるわよ』

にこ『とにかくちゃっちゃとキスしちゃうわよ』

花陽『軽いよぉ…』


凛「予感は的中。花陽にキスする度、伝説の勇者の剣は光り輝いた」



穂乃果『これって正解だよね!やったぁ!地球の平和を守れたよ!』


絵里『けれどおかしいわ…言い伝えによると雷が落ちて魔物を倒してくれるはずなのに…』


海未『何も起こりませんね…』
花陽『そもそも言い伝えのやり方が間違ってるんじゃ…』


凛『分かった!かよちんが凛たちにキスしてないにゃ!』

花陽『ぴゃあ!!』


じゅるわーん

ことり『剣が反応したよ!』


花陽『嘘だよ!』
海未『嘘です!』


穂乃果『じゃあ花陽ちゃん!私たちにキスしちゃってください!』

花陽『はぁぁ!!!』


凛「果たして、地球の平和を守れるのだろうか」
53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/14(日) 23:51:28.33 ID:uPkj3sX70
花陽「はうぅ…緊張したよぉ…」ぐったり

希「お疲れ様」


ことり「花陽ちゃんのチュー可愛かった…」


穂乃果「恥ずかしそうに迫ってくる感じがたまらなく可愛かったね!」

花陽「や、やめて!!」


海未「これは世界平和のためこれは世界平和のためこれは世界平和のため…」ぶつぶつ

にこ「なんて言うか…ご苦労様」

真姫「そうよ!世界平和のためにやっただけよ!」


凛「凛は毎日やってくれても大丈夫だよー」

花陽「もうっ、凛ちゃんってばー」


ことり「けど、言い伝え通りやったはずなのにどうしてなにも起こらないのかな?」


絵里「えぇ、それは私も思っていたことよ。言い伝え通りなんとなく色々やった…もうとっくに雷が起こって全ての魔物を倒しているはずなのに」


にこ「なんとなく色々…難題ね」

希「なんとなくを当てにいく行為がこんなにも難しいやなんて…」

真姫「何度も言うけどなんとなく色々の部分を具体的に書きなさいよ!ほんといい加減な言い伝え」

絵里「どう花陽?伝説の勇者として何か感じることや変わったことはない?」



凛「ねぇかよちん、凛とのキスが1番ドキドキした?」

花陽「そんなこと言えないよぉ…」


凛「そこは是非言ってほしいにゃー」にやにや
花陽「えー、こまっちゃうよー」にこにこ

穂乃果「二人の世界に入っちゃったねー」
絵里「えっと、花陽…?」
54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/15(月) 00:01:25.99 ID:b4uJTTp+0
穂乃果「可愛いなぁ…2人とも抱きしめちゃいたい!海未ちゃんもそう思うでしょ?」


海未「思いません!花陽とキスをしたのは世界平和のためです!断じて花陽に好意があるわけではありせん!」

穂乃果「へ?」

海未「だから花陽のことを抱きしめたいだなんて…」ぶつぶつ

穂乃果「変なスイッチが入っちゃったね」

希「はーなーよーちゃん」
花陽「へ?」

希「エリチが呼んでるよ」

花陽「あっ…ごめんね絵里ちゃん。どうしたの?」

絵里「えっ…えぇ。私たち9人の力がその剣に宿ったわ。何か感じることや変わったことはない?」


花陽「変わったこと?変わったこと…何かあるかな?」

凛「シャンプー!」
絵里「シャンプー?」

花陽「あっ…新しいシャンプーに変えたんだ」

凛「かよちんのシャンプーがいつもと違うにゃ!」
穂乃果「おぉぉ!じゃあ花陽ちゃんのシャンプーが変わった…そういうことだね!」

絵里「えっと…恐らく、そこはまったく関係ない…」

じゅるわーん

ことり「伝説の勇者の剣がまた緑色に光ったよ!」
絵里「なんですって!」

真姫「ってことは…合ってるってわけ?」
にこ「ぬぅわんでよぉ!!」


希「もしかしたら…」
海未「どうかしましたか?」

希「うん。言い伝えの…「なんとなく色々」の部分はうち達が思ってる以上にたくさんのなんとなく色々をやらないといけないんやないかなって…」

花陽「なんとなく色々をたくさんやる…」

にこ「果てしないわね!」
真姫「果てしなくなんとなく色々やれなんて無理よ!」
55: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/15(月) 00:03:30.65 ID:b4uJTTp+0
ことり「みんなで考えてみよう!他にやらなきゃいけないことを」

花陽「うん!そうだね、地球平和を守れるのは私たちしかいないんだから!」

絵里「えぇ、そうね」
穂乃果「うん!じゃあ考えてみよよ!えっと…」

凛「キスだけじゃないってことは…」

海未「!!!」
絵里「まさか…」


穂乃果「鬼ごっこだよ!!」

うみえり「!!!」

にこ「嘘でしょ…どーして鬼ごっこがでてきたのよ!?」

穂乃果「ほら、雷を起こすためになんとなく色々やるんでしょ?」

凛「鬼=雷様にゃ!」

希「鬼と雷様は同じように描かれているだけでまったく違うものやけど…」


ことり「間違ってるかもしれないけど…可能性があるならやってみようよ!」

穂乃果「そうだよ!やってみよう!」

凛「うん!雷様…ううん!鬼っぽいことを手当たり次第やってみるにゃ!」


にこ「そうと決まれば…鬼ごっこするわよ!じゃーんけーん…!!」

ダッダッダッダッダッ…


凛「最後の絵里ちゃんを捕まえたにゃ!」
絵里「捕まってしまったわ」

凛「全員捕まえたにゃー」


穂乃果「鬼が凛ちゃんだと一瞬で終わっちゃうね」

花陽「さすが凛ちゃんっ!私なんてすぐ捕まっちゃった」
凛「かよちんは1番に捕まえたくなっちゃうにゃー」

真姫「けど見て!」

じゅるわーん


海未「また剣が輝き出しました!」
花陽「でもまだ雷は落ちないよ?」

穂乃果「鬼っぽさが足らないんだよ!次!」
にこ「かくれんぼよ!じゃーんけーん!!」
56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/15(月) 00:04:06.28 ID:b4uJTTp+0
ダッダッダッダッダッ

希「はい、にこっちみーつけた」
にこ「くっ!さすが希ね…かくれんぼ界の姫であるこの私を短時間で見つけ出すなんて」

真姫「なんのお姫さまなの?バカっぽい」
にこ「なんですって!」

じゅるわーん

絵里「また光ったわ!」
ことり「言い伝えの通りなんだよ!」

希「みんなが花陽ちゃんにキスをして花陽ちゃんがみんなにキスをして勇者である花陽ちゃんのシャンプーが変わっていて鬼ごっことかくれんぼをする…やね」

真姫「まだ続いてるの?」

ことり「なかなか終わらないね…なんとなく色々の部分が」
穂乃果「言い伝え通りにやるのって難しいね」

花陽「そもそも言い伝えがめちゃくちゃだよぉ…」

凛「考えたら負けだよ!雷が落ちないんだからまだまだ次があるに違いないにゃ!」

海未「まだやるんですか!?」
絵里「次は一体何をやるの?」

にこ「鬼がいる定番の遊びといえば…だるまさんがころんだ?」

凛「それだと鬼よりだるま感の方が強いにゃー」

真姫「だったら次は?」


穂乃果「桃太郎ごっこだよ!!」
にこ「ぬぁんですって!!」
57: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/15(月) 00:06:20.93 ID:b4uJTTp+0
じゅるわーん!!!

にこ「しかも合ってるの!?」
絵里「仕方ないわね…誰が桃太郎役をやる?」

穂乃果「勇者である花陽ちゃんだよー」
花陽「えぇ!?」

凛「とにかく桃太郎ごっこをやるにゃ!!」





絵里おに「やーらーれーたー」ばたん

花陽たろう「やりました!」
凛ひめ「助けられたにゃー」

穂乃果さる「きー!」
にこいぬ「やったにこー」
ことりきじ「ちゅんちゅん」

海未ばぁさん「さすがです、桃太郎役」
真姫じぃさん「よくやったわね!」

花陽「うん!」

希「こうして、桃太郎はみんなと仲良く暮らしましたとさ」

花陽「おしまい!」


にこ「…ねぇ、なんなのこれ」

ことり「ダメだよにこちゃん!たしかに途中から何やってるんだろって思っちゃったけど…それはいっちゃダメ!」

凛「まだ雷が落ちないにゃー」
絵里「次はどうする?」

海未「鬼縛りとなると今度は…」
穂乃果「うーん」


花陽「伝説の勇者の剣の言い伝え…」


花陽「…」ぎゅっ


聞こえるか、勇者よ


花陽「えっ…」

凛「かよちん…どうしたの?」
花陽「えっ…今…」
58: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/15(月) 00:11:34.84 ID:b4uJTTp+0
そなたにしかこの声は届いていない。

花陽「私にしか…」


よく、この複雑な言い伝えをやってのけた。


言い伝えにあるなんとなく色々とはすなわち
勇者たちが勇者にキスをし、勇者が勇者たちにキスをし、勇者がシャンプーを変え
鬼ごっことかくれんぼをしてなんやかんやで桃太郎ごっこをする…だ。

花陽「複雑すぎたよぉ…」


我にそなたたちの力を充分蓄えることができた。

あとは、この力を放つだけだ。


花陽「えっ…」

凛「かよちん?」

花陽「…」ぎゅっ

真姫「花陽?剣を構えてい一体何をするつもりなの?」

さぁ、勇者 小泉花陽!

今こそ我の力を解放し世界中の魔物を倒すのだ!!


花陽「わ、わかりました!」

凛「えっ…」
59: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/15(月) 00:13:55.73 ID:b4uJTTp+0


花陽「みんなのお陰で、やっと剣が答えてくれたみたい!」


絵里「それは本当なの!?」

穂乃果「ってことはついに!」
海未「言い伝えのなんとなく色々の部分を…!」

ことり「全部やったってことだね!」
にこ「じゃあ今まさに雷が落ちて…」

真姫「魔物を倒してくれるのね!」

絵里「花陽…!!」
希「花陽ちゃん!」

凛「かよちんいっくにゃー!!!!!」


花陽「うん!」



花陽「はぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!」


穂乃果「花陽ちゃんの体が9色に光り輝いて…!」

凛「すごい!本当に勇者さんみたい!」


花陽「あぁぁぁぁぁぁ!!!!!!」

穂乃果「がんばれ!花陽ちゃ…」




花陽「…」

凛「にゃ?」
穂乃果「あれ?」


真姫「一体どうしたの?」


花陽「…えっと、この先どうやればいいの?」


ほのことうみえりのぞにこ「分からないんかーい!!」

真姫「って!分からないの?」

花陽「だってぇ…伝説の勇者の剣さんも力の使い方は教えてくれなかったんだもん…」

にこ「ってね!!!」

凛「かよちんは可愛い困った勇者さんにゃー」

つづく
61: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/08(火) 00:50:36.12 ID:yqhJwLEu0
前回のラブライブ!


花陽「言い伝えの「なんとなく色々」の部分をするため、とにかくいろんなことに挑戦してみるμ'sの面々」


穂乃果『鬼ごっこだよ!』

凛『凛が鬼にゃー』

ダッダッダッダッダッ…

ぎゅっ

花陽『ぴゃあ!』
凛『はい、かよちん捕まえたにゃー』

花陽『はうぅ…捕まっちゃったよぉ…』
凛『伝説の勇者様でも足は凛の方が早いね!』

花陽『そもそも伝説の勇者じゃないもん…』

凛『謙遜しなくて大丈夫!』

花陽『謙遜じゃないよぉ…』


にこ『いいから早く他の人も捕まえなさいよ!鬼ごっこをなんだと思ってるの!』

希『なんだと思ってるって…鬼ごっこなんやない?』


ことり『けど本当に凛ちゃんは足が速いね』

穂乃果『凛ちゃんが鬼だと鬼ごっこは勝てないよー』


花陽「鬼ごっこでは無双状態の凛」


希『次はかくれんぼやね!鬼はうちがやるね!さっ、数え終えるまでにみんな隠れてね』


はーい


海未『何故この状況でかくれんぼなど…』

海未『けれど、やる以上は本気で取り組みます。早速ですがどこに隠れましょうか…』

海未『ここはあえて…どうでしょうか』ぶつぶつ

希『100!じゃあみんな、いくよー…って、海未ちゃん?』

海未『!!』
希『海未ちゃんみーつっけた』

海未『もう数え終えたのですか!?』
希『うん。っていうか、隠れないと』


花陽「どこに隠れるか考えすぎて結局隠れられなかった海未」
62: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/08(火) 00:55:04.66 ID:yqhJwLEu0
穂乃果『次は桃太郎ごっこだよ!』

真姫『もうめちゃくちゃじゃない!』
にの『いいからやるのよ!』



花陽「けれど、その甲斐あって鬼ごっこ、かくれんぼ、桃太郎ごっこをやった結果…伝説の勇者の剣は全てに応えてくれた」

花陽「そして遂に、言い伝えのなんとなく色々の部分を全てやってのけることができた」


勇者よ…聞こえるか

今こそ我の力を放とう


花陽『伝説の勇者が応えてくれる…今なら何か凄いのがでるはず!』


凛『伝説の勇者の剣が9色に光り輝いてる!』

穂乃果『すごい!あの感じだと剣からすごいビームが出そうだね!』


ことり『これで遂に魔物たちを…』
真姫『私たちの家族を…』

にこ『さぁ花陽…やっちゃいなさい!!』


花陽『…』

絵里『花陽?』
希『花陽ちゃん?』


花陽『この先はどうやるんだろう…』


花陽「しかし、伝説の勇者である花陽は伝説の勇者の剣の力の使い方がわからないでいた。」



花陽「果たして平和は訪れるのか」
63: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/08(火) 01:01:34.84 ID:yqhJwLEu0
にこ「なーんでわからないのよ!!」


花陽「だって分からないんだもん…」


穂乃果「アニメとか戦隊モノだと体と口が勝手に動いたーとか言って新しい技とか出したりするよね?」


凛「なるほど…かよちん!今、かよちんの頭の中で浮かんでる言葉を全て吐き出すんだよ!


花陽「私の頭の中…。今日の晩御飯は何かなーって事くらいかな…」

にこ「ってあんたね!!」


ほのりん「それだよ!!」

にこ「ちがうわよ!!」


絵里「考えるより先に行動!花陽、晩ご飯のことを考えながら伝説の勇者の剣を…そうね、勇者のように天高く掲げてみるというのはどう?」


ことり「わぁ♪勇者様っぽいねっ」

真姫「ぽいって…花陽は本物の伝説の勇者なのよ?」


希「とにかく悩むより先に行動。花陽ちゃん、やってみて」

海未「はい。頑張ってください」


花陽「うん!」

64: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/08(火) 01:04:29.40 ID:yqhJwLEu0
花陽「勇者の剣に宿りし偉大な力…この力を解放してみせる…だから!」


花陽「今日の晩御飯、なにかなー」るんるん


花陽「花陽は白米に合うおかずがいいです!!!」



ぐぅぅ


花陽「あっ」

穂乃果「んん?」
ことり「今の音って…」


花陽「えっと…」


凛「かよちん、晩御飯のこと考えすぎてお腹がなっちゃったんだよね?」

花陽「うんっ。えへっ」


にこ「って、あんたね…!!」

花陽「はうぅっ!」


海未「はぁ…一体どうすれば」

希「力は蓄えたけれど、解放の仕方がわからないんじゃ…ねぇ」
真姫「全部教えてくれればいいのに。本当にいい加減な言い伝えね」


穂乃果「あっ」

ことり「どうしたの穂乃果ちゃん?」


穂乃果「うん…いや、うーん」

にこ「何?言いたいことがあるならはっきり言いなさい」

穂乃果「うん。あのさ、もしかして…」

ウガァァァァ!!
ウヤぁぁぁぁぁ!!!
アァォァァァ!!!!!


穂乃果「私たち、魔物に囲まれてない?」

ことり「あっ」

希「キスとか鬼ごっことかしてたんやし…冷静に考えれば隙だらけやね」

絵里「本当、まったくね」


にこ「言ってることは分かるけど!こんな状況で冷静にならないで!」
65: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/08(火) 01:13:46.16 ID:yqhJwLEu0
海未「ど、どうするんですか!」

真姫「どうするって…」

穂乃果「このままじゃみんな魔物に石にされちゃうよぉぉ!!」


スラァァァッシュ!!


花陽「ぴゃあ!」

凛「かよちん!」


ウガァァァァァ!!

穂乃果「すごい…花陽ちゃんが伝説の勇者の剣を振り回したらビームが出てたよ!」


絵里「これが勇者の力…」

ことり「じゃあこれで地球は平和に…!」

真姫「待って!言いつたえでは雷が落ちて全ての魔物を倒してくれるんでしょ?」

海未「はい。ですが残念ながら…」

花陽「うん!ごめんねみんな…これは魔物達を滅ぼす言い伝えの力ではない…だけど!!」


ウガァァァァ!!

花陽「ぴゃあ!」

スラァァァッシュ!!

ウガァァァァ!!


花陽「今まで通りの力でもみんなを守ることはできるから!」

凛「かよちん…!」


花陽「…はぁ、はぁ、はぁ…!」


凛「かよちん…顔色が悪いよ?大丈夫?」
66: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/08(火) 01:17:02.44 ID:yqhJwLEu0
希「伝説の剣の力が強くなった分、使いこなすために相当な体力を消耗してるんじゃ…」

真姫「じゃあ花陽が言い伝えの力を使いこなすことが出来きたら…」

ことり「花陽ちゃんの体は…」

凛「かよち…」


花陽「ぴゃぁぁぁ!!」

スラァァァッシュ!!

ウガァァァァ!!!

花陽「ここは私に任せて!みんなは安全な場所に!」


ウガァァァァ!!

花陽「はぁぁ!!」

スラァァァッシュ!!

花陽「…はぁ、はぁ、はぁ」

花陽「ぴぁあ!!」

スラァァァッシュ!!!

ウガァァァァィァ!


凛「そんなの…そんなの!!!」


花陽「うっ…はぁ、はぁ」

花陽「(言い伝えの力は蓄えた。あとは力を解放するだけ…なのに、一体どうすれば)」

花陽「もし使えなくても…それでも!絶対に助けるから!」



花陽「たとえ私の体が壊れようとも…みんなだけは必ず…!!」

凛「駄目だよ…そんなの…」



凛「そんなこと絶対にさせないにゃ!」


花陽「えっ…」
67: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/08(火) 01:20:10.95 ID:yqhJwLEu0
凛「みんな!準備はいいね!」

花陽「へっ」


穂乃果「うん!」
ことり「もちろん!」
にこ「仕方ないわね…」
海未「本当です」

絵里「花陽、あなた大事なことを忘れていない?」
希「ほんと、花陽ちゃんはうっかり屋さんやね」


真姫「はぁ…。ねぇ、言ったでしょ?」


凛「かよちんだけじゃない!ここにいるみーんな、勇者にゃ!」


花陽「みんな…」


ことり「復讐に燃える勇者!」

希「スピリチュアルの勇者!」

海未「ラブアローの勇者!」

絵里「賢い可愛い勇者!」

にこ「ラブリーにこにこの勇者にこー」

穂乃果「和菓子屋の娘の勇者!」


真姫「そして私が…」


にこほの「プチトマトの勇者!!」


真姫「作曲の勇者よ!!」
68: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/08(火) 01:30:56.18 ID:yqhJwLEu0
凛「そして凛が伝説の勇者の幼馴染の勇者にゃ。小さい頃からずっと一緒…ううん、これからもずっと一緒にゃ」


花陽「はぁ…はぁ、凛ちゃん…」


凛「そして、かよちんが伝説の勇者。悔しいけど…魔物を倒せる勇者はかよちんだけにゃ」


凛「けど凛たちはずっと一緒。たとえ魔物にやられてもかよちん1人に任せるくらいならやられた方がマシにゃ!」


花陽「凛ちゃん…」

穂乃果「凛ちゃんだけじゃないよ。私を含め、みんな同じ意見」


花陽「みんな…」


にこ「いい?花陽の体力が回復するまでみんなで魔物を引きつけるわよ!」

ことり「うん!」
絵里「分かったわ!」
海未「弓矢の準備はできました」

希「うちも準備も完璧や」
真姫「私も!」

穂乃果「凛ちゃん…花陽ちゃんのことは任せたよ!」


凛「了解にゃ!」

花陽「みんな…」



凛「かよちん大丈夫?痛いところがあったらマッサージしてあげる!それともお腹が減った?さっき和菓子屋の勇者の穂乃果ちゃんからもらった…」

花陽「そう…私は伝説の勇者なんだ。みんなを…ううん、地球の平和を守る勇者に選ばれたんだ!」


凛「かよちん…」

花陽「凛ちゃん…みんな、ありがとう。けど私がみんなを守る…!!」


凛「かよちん…!」

真姫「花陽…」
69: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/08(火) 01:40:02.65 ID:yqhJwLEu0
花陽「言い伝えの力がなくったって…みんなを守りたい…この気持ちだけでがんばる!!」

スラァァァッシュ!!

ウガァァァァ!!!!!!


花陽「…はぁ、はぁ」



凛「ダメだよ!すでにフラフラしてるにゃ!えぇーい、こうなれば力ずくでもかよちんを止めてみせる!みんな、協力して!」

穂乃果「うん!」

花陽「みんな…。ありがとう!その気持ちだけで充分」

花陽「みんなのために…私、やります!」

凛「うぅ…なら、かよちんのために凛も何かやっちゃうにゃ!!」

ことり「待って凛ちゃん!そっちは!」


凛「えっ…」

ウガァァァァァ!!!!!

希「大変…このままじゃ凛ちゃんが魔物にやられてしまう!」

真姫「凛っ!」

にこ「いいから逃げなさい!」
海未「凛っ!!」


ウガァァァァァ!!!!!

凛「あっ…あぁ」

ことほの「凛ちゃんっ!」
絵里「凛っ!!」

凛「あっ…あぁぁ」ぶるぶる


花陽「そんなこと、させない!!!」


凛「かよち…」

ダッダッダッダッダッ…

花陽「凛ちゃんを傷つける悪い人はこの私が許しません!!」


花陽「はぁぁぁぁぁ!」


凛「すごい…本物の勇者みたい」


凛「ううん。違う…かよちんは本物の…そうだ!」


凛「かよちん…いっくにゃぁぁぁぁぁ!!!!!」
70: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/08(火) 02:02:43.01 ID:yqhJwLEu0
ダッダッダッダッダッ…


花陽「はぁぁぁぁぁぁ!!!」


ゴンッ

花陽「あれ?」
凛「あっ!」


穂乃果「あぁ!!」

花陽「ひぎぃゃぁ!!」

ことり「花陽ちゃん!」

絵里「花陽が小石につまずいたわ!」


ドテッ

花陽「はうぅ…」

凛「かよちん!!」ガバッ
花陽「えへへ…転んじゃった」

海未「慌てるからです。大丈夫ですか?」
花陽「うん。大丈夫だよー」


グサリ


絵里「ん…?なんの音かしら」


穂乃果「あれ!なんか伝説の勇者の剣が地面にささってるよ!」


にこ「って!刺さった途端になんか今までにない強い光を発してるじゃない!」

希「なんか…どういうことやろ…」


ことり「あれ…なにか雲行きが怪しくなってきてないかな?」

にこ「確かに…なんか今にも一雨来そうな天気ね」

真姫「一雨どころじゃないんじゃない?嵐かなにかでも来そうな天気よ」

穂乃果「あれ?ってことは…なんか…」

ことほのにこのぞまき「ん?」


凛「かよちん…!なんか膝から血が出てる!凛がフーフーしてあげるにゃ!」

花陽「わー、ありがとう凛ちゃん」

真姫「フーフーなんかしたって治らないわよ!ほら、消毒してあげるから見せて」


花陽「ふふっ、真姫ちゃんもありがとうね」


希「あれ…なんか空から…」

ゴロォォォォォォォォン!!!!!!

絵里「なにか雷の音が聞こえてくる…」

海未「何かということは…まさか…!」
にこ「ってことは!!なんか!」


バシャァァァァァァァァン!!!!!!!


穂乃果「うわぁぁ!なんか空から雷が落ちた!!」
71: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/08(火) 02:03:46.07 ID:yqhJwLEu0
ウガァァァァァァァァァァァァン!!!!!


バッォォォォン!!


にこ「なんか魔物が全ていなくなったわ!」

穂乃果「ええっ!?」

にこ「なに?ってことは、伝説の剣の力を解放する方法はなんとなーく勇者の剣を地面に刺すだけでよかったってこと!?」

絵里「そう…なるのかしら」

にこ「ぬぁんなのよそのオチは!」
希「終わりよければすべてよしってね」

海未「そうですね…」


凛「痛いの痛いの飛んでいけー!フーフー!」

真姫「だからフーフーしても治らないわよ!凛は花陽の体をラーメンか何かと勘違いしてるんじゃない?」

花陽「ふふふっ。大丈夫、嬉しいよ」
凛「にゃー」


穂乃果「花陽ちゃん!」

花陽「ん?なーに穂乃果ちゃん」


穂乃果「なんかね、なんか…」

花陽「うんっ」


穂乃果「なんか…地球の平和をも守ったっぽいよ」

花陽「えぇぇぇぇぇ!!!」

凛「あっ!本当にゃ!なんか魔物がいなくなってる!」

ことり「それってもしかして…」

「そうよ」

ことり「あっ…この声は…」


理事長「ことり…」

ことり「お母さん…お母さんっ!!」


理事長「ことり…」ぎゅっ
ことり「お母さん…」ぎゅっ


真姫「石にされていた人たちが元の姿に戻ったのね」

穂乃果「すごい…すごいよ花陽ちゃん!本当に地球の危機を救っちゃったよ!」

ことり「うん!ありがとう、花陽ちゃん!!」

理事長「ありがとう。伝説の勇者であるあなたなら地球の平和を守ってくれると信じていました」


花陽「そんな…私は別に」
72: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/08(火) 02:10:45.42 ID:yqhJwLEu0
凛「謙遜しちゃダメにゃ!」
海未「そうです。全て花陽のおかげ…」



花陽「ううん。私だけじゃ何もできなかった…だから、みーんなのおかげだよ」にこっ

凛「かよちん!」

花陽「だって、私たちμ'sはみーんな勇者なんだもん」にこっ


穂乃果「花陽ちゃん…」
希「そうやね」にこっ
花陽「うんっ!そうだよ」


凛「終わったね…全部」

花陽「うんっ!」にこっ

キラキラはらー

花陽「(あっ…伝説の勇者の剣が消えていく…)」


『伝説の勇者よ…また出会う日まで』


花陽「ありがとう…剣さん。」


花陽『こうして、私たちμ'sは地球を救いました。』

73: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/08(火) 02:12:31.40 ID:yqhJwLEu0
数日後



穂乃果「大変だったねー」

ことり「うん!大変だったねっ」

海未「一時はどうなるかと思いましたが…」

凛「それもこれも伝説の勇者のかよちんのおかげにゃ!ねっ、かーよちんっ」


花陽「ううん。だからみんなのおかげだよー。みんな勇者なんだもん」


凛「そんなかよちんが大好きにゃー!!」
花陽「やー♪」


穂乃果「で、μ'sのメンバー全員が理事長室に呼ばれたわけだけど…一体どうしたんだろうね」

絵里「検討もつかないわね」
希「そうやね」

希「うん。そうやね」


花陽「そうそう」
凛「そうにゃー」


ガチャ


理事長「遅れてごめんなさいね」
74: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/08(火) 02:23:18.14 ID:yqhJwLEu0
海未「理事長!一体どうかしましたか?」

理事長「えぇ。今日集まってもらったのは他でもない。今からみんなに、宇宙の平和を救ってもらいたいの」

にこまき「!!!」

ことり「えっ…お母さん、今なんて…」


理事長「あなた達も知っている通り、遥か彼方の宇宙の銀河系でこの世の者とは思えない悪い宇宙人が宇宙を侵略している最中です」

海未「はい…なんとなく知っています」

穂乃果「なんとなくそんな感じがしていました」

凛「凛もニュースとかではみてないけど、なんとなく信じられないくらい悪い宇宙人が信じられないくらい悪いことを宇宙でしてるって」


理事長「はい。これはあくまで宇宙の話なのでこの学園の生徒に被害はありませんが…それもあくまで現時点での話」

真姫「そんな…!!」

にこ「厄介なことになりましたね」
75: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/08(火) 02:24:37.38 ID:yqhJwLEu0
理事長「はい。正直なところ…近い未来、ラブライブだの廃校だのスクールアイドルだの騒ぎではなくなる可能性があります」


穂乃果「はい。現時点では遥か彼方の銀河系の話ですが…宇宙が侵略されちゃってそのうち地球にまで危機が及ぶのであればそれはもうスクールアイドルだのの騒ぎじゃないですね…」


海未「ですね」


理事長「もう一度いいます。現時点では学園…いいえ、地球に被害はありませんがこうしている間にも銀河系では…」

海未「とてつもなく悪いことをする悪い宇宙人が…!」


絵里「このままじゃまずいわね…近い未来…数年後…いいえ、宇宙はとてつもなく広い。おそらく、何百年か後には地球にも被害が及んでしまう」

花陽「うぅ…何百年か後に悪い宇宙人が襲ってきちゃうよぉ…」

希「うん。何百年か後に…ね」


花陽「ひぃぃ!怖いよぉ…」

凛「大丈夫!凛が…ってあれ?つい最近おんなじような話しなかったかにゃ?」


花陽「あれ?そうだっけ…」


りんぱな「うーん…」
76: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/08(火) 02:25:57.85 ID:yqhJwLEu0
穂乃果「それはそうと、お腹減ったね」ぐぅぅー

凛「あ!凛もお腹へったにゃ!」ぐぅぅー

花陽「あっ…あぁ」


凛「かよちんどうしたの?」

花陽「わ…私も…」ぐぅぅぅぅ


凛「すごいお腹の音にゃー」
花陽「もう!言わないでー!」ぽかすかぽかすか

凛「にゃー」



理事長「宇宙警察やらなんとかベンジャーズやらスカイなんちゃらウォーカー…」

理事長「その辺の人たちから順番が回りに回り、音ノ木坂のスクールアイドル…つまりはあなた達μ'sに順番が回ってきたの」

穂乃果「そうですか…たとえ宇宙のことでも順番が回りに回ってくるものなんですね」

海未「不思議なこともあるんですね」


穂乃果「ねー」
真姫「本当ね」


理事長「そして、これが宇宙に平和をもたらすと言われている伝説のビームでできたサーベルよ」

理事長「体育倉庫をくまなく探したら見つかりました」

穂乃果「体育倉庫をくまなく探したらビームでできた伝説のサーベルが見つかるものなんですね」


海未「不思議ですね」
77: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/08(火) 02:35:12.67 ID:yqhJwLEu0
理事長「この伝説のビームでできたサーベル…宇宙伝説の勇者にしか使いこなすことができない…」


理事長「私が持ってもこの通り、ビームでできたサーベルもジュワンジュワン的な音もでてきません。」


絵里「見る限りでは持ち手の部分しかない剣ですが、宇宙伝説の勇者がその剣を手にすれば…」


理事長「はい。ビームでできたサーベルがでてきます。そして、μ'sの中に宇宙伝説の勇者がいる…」


絵里「えっ私たちの中に…ですか?」


理事長「えぇそうなの。だから今からあなた達にこの宇宙伝説の勇者のビームでできたサーベルを持って欲しいの」

理事長「宇宙伝説の勇者がこれを手にした途端、ビームなサーベルが飛び出すわ」


理事長「さぁ、説明もここまでです。あとはあなた達に任せます…私はちょっとなんとなく石になりますね」

ぴきぴきぴき

ことり「お、お母さん!!」

穂乃果「理事長がまた石に…」
海未「許せません…宇宙にいる悪い宇宙人…」

真姫「私たちでやっつけてやるんだから!」
絵里「では1人ずつこの宇宙伝説の勇者の剣を手に持ってみましょう。まずは私…うん、やっぱりだめね」

希「次はうちが!」



穂乃果「あー、けどなんかやっぱりお腹へったね」

ことり「そうだね…けどここに食べ物なんて…あっ!そうだ!」

穂乃果「えっ、食べ物あるの!?」
78: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/08(火) 02:37:28.86 ID:yqhJwLEu0
希「うん。やっぱりだめやね」

絵里「そう…」




穂乃果「花陽ちゃん聞いた?理事長室に食べ物があるんだって!」

花陽「えぇ!」
凛「それは朗報だよ!一体何があるにゃ!」

ことり「えっとたしか…あっ、あった!」

ほのりんぱな「そ、それは!!」


真姫「次は私から…んっ!」



ことり「じゃじゃーん」


ほのりんぱな「と、とうもろこし!!」

穂乃果「と、お醤油?」



真姫「ダメ…私も光らない」

海未「私もダメでした」

絵里「次は…」
にこ「私の番ね!まぁみてなさい!」



ことり「うん!そうだよっ、お醤油と採れたてとうもろこしだよ!」


穂乃果「えぇっ!?どうしてこんなところにとうもろこしがあるの?」

花陽「しかも箱いっぱい…」

ことり「うんっ。ファンの子からもらったの。みんなで食べてくださいって届いたから取りに来てってお母さんから言われていたの忘れちゃってた…」

凛「ありがたいね!」
穂乃果「感謝の気持ちを込めて…みんなで食べよー!」

花陽「うん!食べよう食べようっ♪」


凛「あっ…けど、とうもろこしもお醤油もお醤油を塗るハケみたいなのも入ってるのに肝心な火がないにゃ」

穂乃果「これじゃあ焼きとうもろこしが作れない…」

ことり「はうぅ…どうしよう」

花陽「どうしようか…」


ことほのりんぱな「うーん」
79: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/08(火) 02:38:59.56 ID:yqhJwLEu0
花陽「んんっ?なんだろうこれ…着火ライター何かかな?」



にこ「駄目だったわ」

絵里「にこでもないとするとやっぱりここは…」


じゅじゅっ


真姫「…ん?何この香ばしい匂い」

希「食欲をかきたてるいい匂いやね」


絵里「これは…そう!」
海未「お祭りの屋台で定番の…」


花陽「もうすぐ焼けるよー」じゅー

にこ「焼きとうもろこし!!」

凛「お醤油もぬっちゃうにゃー」

穂乃果「ハァァァ!もう美味しそう!みんなで早く食べたいよー」

ことり「もう少しかな?うんつ」

花陽「もうすぐ焼けるからね、凛ちゃんっ」
凛「うん!はぁぁ…早く食べたいにゃー」

海未「なぜこんなところに焼きとうもろこしが?」

ことり「ファンの子から頂いたんだよっ」
絵里「ありがたいわね」

真姫「わざわざいいのに…」
にこ「いい?ファンの方からのご厚意よ!ちゃんと感謝しながらひとつひとつ噛み締めなさい!」


「はいっ!」


希「けど、本当に美味しそうやね!」

真姫「ねぇ…少し思ったんだけど、ここ理事長室でしょ?そもそもこんなところに火なんてあった?」

絵里「本当だわ…!」
希「つまり…」

海未「この展開は…」


花陽「この着火ライター、不思議な火が出るライターだね」


ことり「火というよりはビームみたいだけどね」
凛「ビーム焼きとうもろこしにゃー」

穂乃果「美味しそうだね!」


にこ「やっぱり!」
80: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/08(火) 02:43:14.59 ID:yqhJwLEu0
花陽「ふんふふんふーん♪」じゅじゅじゅー


絵里「花陽!あなた…宇宙伝説の剣からビームなサーベルがでているわよ!」

絵里「しかもそのビームなサーベルで器用にとうもろこしを焼いているわよ!」


花陽「へ?えーっと…あぁっ!?」


海未「この剣を手にし、本来の力を発揮できる者が宇宙伝説の勇者です」

穂乃果「おぉぉ!と、いうことは!」
ことり「そういうことなのかな?」

にこ「やっぱこの展開ね!」
真姫「またなの…?」

希「うん。またやね」
にこ「はぁ…仕方ないわね。ほら、みんなまたやるわよー」


穂乃果「おぉー!」

花陽「まっ…待って!!」
にこ「ん?なに?」


花陽「あっ…あのね!つ、つまりこれはどういうことなのでしょうか…」

絵里「つまり…?そうね。じゃあ凛、説明してあげて」

凛「了解にゃ!そう!かよちんが宇宙を救う宇宙伝説の勇者にゃ!」


花陽「いやぁぁ!ダレカタスケテェェェ!!!」


りんぱな「ちゃんちゃん」

おしまい
81: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/08(火) 02:44:37.85 ID:yqhJwLEu0
誤字脱字や諸々ひどいところがあります。
本当にごめんなさい。
あと長くなってごめんなさい。
理事長の件も本当に申し訳ありませんでした。
おわりです。ありがとうございました。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『学園長「今からみんなに地球を救ってもらいたいの」μ's「え?」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。