まはき「えを!にぬサロ!?」

シェアする

穂乃果-アイキャッチ1
(部室)


まはき「えむつゅーあ‼︎」


さなる「ちせこと〜〜‼︎」


海未「穂乃果!ことり!二人とも話し方が変ですよ‼︎何があったのですか」


まはき「えを〜あ、まはきぬやをきりにうら〜〜‼︎」


さなる「にあなきすとら、えむつゅーあ‼︎」


海未「うう…何と言っているのか全く分かりません、どこかの国の言葉なのでしょうか」

pixiv: まはき「えを!にぬサロ!?」 by アカツキ☆

スポンサーリンク


海未「意思の疎通が図れないことには仕方ありません、穂乃果たちの言葉を解読するために色々試してみましょう」


海未「穂乃果」


まはき「にぬ?」


海未「まず、自分の名前を言ってみて下さい」


まはき「さえしきまはき!」


海未「”高坂穂乃果”と言おうとすると”さえしきまはき”になるのですね…それなら」


海未「ことり、”スクールアイドル”と言ってみて下さい」


さなる「セケーレイウナ゛レ!」


海未「うん?ちょっと待って下さい、今本来”ル”と言うべき所を2つとも”レ”と言ってましたね」


海未「つまり今のことり達にとって”ル”は”レ”になるということでしょうか…………はっ!まさか‼︎」


まはき「えむつゅあ、にぬきをきっちは⁉︎」


海未「穂乃果、試しに”えてねかごおお゛きあを”と言ってみて下さい‼︎」


まはき「おとのきざかがくいん」


海未「キターーー\(^o^)/ーーー‼︎」


まはき「な゛、な゛えうえさな⁉︎」


海未「完ッ全にフルハウ…じゃなくて、完ッ全に謎が解けました!穂乃果達の話し方にはある法則性があるんですよ」


さなる「まえたけそう?」


海未「今のあなた達は、喋りたい文字の1つ下の文字を喋ってしまっているんです」


海未「五十音でいくと、”ほ”の下は”ま”、”の”の下は”は”、”か”の下は”き”ですよね?」


海未「この法則でいくと”ほのか”は”まはき”、”ことり”は”さなる”になるんですよ‼︎」

※ただし「っ」と「ー」はそのままの表記です


まはき「かかっ!せざうらえむつゅあ‼︎」


さなる「しせぎえむつゅあぢの‼︎」


海未「分かります分かります、今なら2人が私を褒めてくれていることが分かります‼︎」


さなる「ぢこな゛えむつゅあ、な゛えゆっちりをちすちつやなぬやな゛ろれは?」


海未「…………」

















海未「ですよね……解読は出来ても元に戻れなきゃ意味ないですよね…」ズーン


海未「この程度でドヤっていた私が恥ずかしいです…」


まはき「ををっ‼︎くんかなしにうどえむつゅあ‼︎」


さなる「たえぢらえむつゅあ‼︎きうな゛けどくちぢこどやずょえべあせざうら‼︎」


海未「はぁ…どうしましょう、情けないですが他のメンバーに相談してみましょうか」


ガチャ


ひにら「せむみそあ、かけろみすち!」


るあ「しい、ぎあびっとろあすょえせれぬもー‼︎」


みく「みっちけ…ひすゅぐせぐら、るあ」


海未「」


ガチャ


おる「かみちそ、そうなきうはすざなぎにぎぶうつゅっと…」


はだむ「ちうほあゆっちのぉ」


ぬさ「をちすぎとてぢっといごちあぢきり、きあすゅすにしうらの」


海未「」





海未「」







海未「」















海未「まったく!この異常事態にどうしてあなた達はそう呑気でいられるのですか!」


ひにら「みぃ、をちすちつやひずもひブッケルすちこな゛…」


おる「ヘテーぬかちぎうはうっとれさなひるきうどくれす」


ぬさ「やあぢうにうあずゅにう?」


海未「問題大アリです!こんなんじゃマトモに歌も歌えないではありませんか‼︎」


みく「ほうくら、をちすちつそあらえはきすキーナ゛んてけっちきり」


海未「専用の歌詞カードですって?」ペラッ


「 Rmnv gzkzshnm 」

ひさがぞぬあほねかめた せよおよひっつかそまそあ

てきぶちとかすちねあれお゛てかむかわますりね

のざむつづんっそてかおよ ゆおをなころぎ けけれねLdkncx

てむよるとあてほよとあ と・ず

てでくつすちとこなの とほうわちくゆいお Rmnv gzkzshnm

えめあお゛おことりほづ ほつじなきもさあくでしかっつざゃをざゅい

ばぬちねとお そむよっつめぞむぞぬ

てばけみやいかなこをすあ ほめときRszqs!


みく「さはなかるぬえちおび、ちぢすうひてかあぬにれをら」


海未「確かに音を1つ下げれば正しい発音になるでしょうけど!でもダメでしょやっぱり!こんなのおかしいです‼︎」


みく「にあどら、ウムヲキアニウ‼︎」


ぬさ「みっちけ、えむひくぬすせぐにはら!ひゆけにろにしうら」


ぬさ「しと…くもマ゜ーゼはろあすょえどやすらえきすり」


ぬさ「ぬっさぬっさぬー‼︎いにちはヒーナぬぬさぬさぬー☆おぎかなな゛これゆじをぬさぬさ!ぬさぬーっとかま゛おとリベぬさ☆」


海未「やめさない‼︎」


るあ「るあくでうつゅっち、うみにりすやノチうっとやをきりにうらの‼︎」


はだむ「かかっ!るあつゅあとあしうゆあ」


るあ「かつあつあ!」


はだむ「かみあさ!」


るあ「ソーーーッケセ‼︎」


海未「破廉恥です‼︎黙りなさい‼︎」///


海未「ああもう!次のライブまであと4日しかないのに…いったいどうすれば」


まはき「みしきリウベんゆせめをこぬやうきにうす…」


海未「最悪このままの状態で出るしかないですね…仕方ありません、さっき真姫が作っていたような専用の歌詞カードを作ることにしましょう」カキカキ















☆ライブ当日☆


海未「皆さん、今日は私たちのライブに来て頂きありがとうございます!」


ワァァァァァァ…


海未( 結局穂乃果たちは元に戻りませんでしたが…私が作った専用歌詞カードの通りに歌えば正しい歌詞を歌えるハズです )


海未「それでは聴いてください、”僕たちはひとつの光”!」


チャララララ〜♪


まはき「うー、みひくぬー♪りくいくるふぜむれ♪」


客「⁉︎」


スタッフ「⁉︎⁉︎」


海未「⁉︎⁉︎⁉︎」


はざむ「うー、ひぢめぐー♪」


るあ「みせぢるくさな♪」


海未( ばっ…馬鹿な!何故ヘンな歌詞になるのです⁉︎ちゃんと穂乃果たちが1つ下の音を発音してしまう事を考慮して、歌詞カードには正しい歌詞の1つ下の文字を………… )


海未( …………あ゛‼︎しまった、発音するときに1つ下がるなら歌詞カードには逆に1つ上の文字を書かなきゃいけなかったんでした… )


ひにら「ふぬあすくたろ♪」


客「おい何だよコレ…ふざけてんのか?」


客「マジガッカリだわ、帰ろ帰ろ」


ザワザワ…


スタッフ「い、一旦曲止めて‼︎ちょっと君たち、何してんの‼︎」


海未「違うんですふざけてるワケじゃないんです‼︎コレには深いReasonが…」アセアセ


まはき「たえどせ!をちすちつへじことにあとうみそあ‼︎」


るあ「うてどやミズモぬゅー‼︎」


スタッフ「完全にふざけてるだろ!もう帰れ‼︎2度と来んな‼︎」


海未「違うんですぅぅぅぅぅぅぅ‼︎」


ぬさ「み゛こつてふへにと〜♪」


海未「もう歌うな‼︎」





時を巻き戻してみるかい?

No no no これで廃校♪





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ひとまず本編はここで終了です。
ここからは答え合わせ!穂乃果達がなんと言っていたのか、これを見れば丸分かりです。



(部室)


穂乃果「海未ちゃーん‼︎」


ことり「たすけて〜〜‼︎」


海未「穂乃果!ことり!二人とも話し方が変ですよ‼︎何があったのですか」


穂乃果「うわ〜ん、穂乃果にも分からないよ〜〜‼︎」


ことり「何とかしてよ、海未ちゃーん‼︎」


海未「うう…何と言っているのか全く分かりません、どこかの国の言葉なのでしょうか」


海未「意思の疎通が図れないことには仕方ありません、穂乃果たちの言葉を解読するために色々試してみましょう」


海未「穂乃果」


穂乃果「なに?」


海未「まず、自分の名前を言ってみて下さい」


穂乃果「高坂穂乃果!」


海未「”高坂穂乃果”と言おうとすると”さえしきまはき”になるのですね…それなら」


海未「ことり、”スクールアイドル”と言ってみて下さい」


ことり「スクールアイドル!」


海未「うん?ちょっと待って下さい、今本来”ル”と言うべき所を2つとも”レ”と言ってましたね」


海未「つまり今のことり達にとって”ル”は”レ”になるということでしょうか…………はっ!まさか‼︎」


穂乃果「海未ちゃん、何か分かったの⁉︎」


[中略]


海未「キターーー\(^o^)/ーーー‼︎」


穂乃果「ど、どういうこと⁉︎」


海未「完ッ全にフルハウ…じゃなくて、完ッ全に謎が解けました!穂乃果達の話し方にはある法則性があるんですよ」


ことり「法則性?」


海未「今のあなた達は、喋りたい文字の1つ下の文字を喋ってしまっているんです」


海未「五十音でいくと、”ほ”の下は”ま”、”の”の下は”は”、”か”の下は”き”ですよね?」


海未「この法則でいくと”ほのか”は”まはき”、”ことり”は”さなる”になるんですよ‼︎」

※ただし「っ」と「ー」はそのままの表記です


穂乃果「おおっ!すごいよ海未ちゃん‼︎」


ことり「さすが海未ちゃんだね‼︎」


海未「分かります分かります、今なら2人が私を褒めてくれていることが分かります‼︎」


ことり「だけど海未ちゃん、どうやったら私たち元に戻れるの?」


海未「…………」

















海未「ですよね……解読は出来ても元に戻れなきゃ意味ないですよね…」ズーン


海未「この程度でドヤっていた私が恥ずかしいです…」


穂乃果「わわっ‼︎気を落とさないで海未ちゃん‼︎」


ことり「そうだよ海未ちゃん‼︎解読できただけでもじゅうぶん凄いよ‼︎」


海未「はぁ…どうしましょう、情けないですが他のメンバーに相談してみましょうか」


ガチャ


花陽「すみません、遅れました!」


凛「さあ、頑張って練習するにゃー‼︎」


真姫「全く…はしゃぎすぎよ、凛」


海未「」


ガチャ


絵里「お待たせ、生徒会の仕事が長引いちゃって…」


希「大変やったねぇ」


にこ「私が手伝ってあげたんだから、感謝しなさいよね」


海未「」





海未「」







海未「」















海未「まったく!この異常事態にどうしてあなた達はそう呑気でいられるのですか!」


花陽「まぁ、私たちも始めはビックリしたけど…」


絵里「フツーにお互いの言ってることは理解できるし」


にこ「問題ないんじゃない?」


海未「問題大アリです!こんなんじゃマトモに歌も歌えないではありませんか‼︎」


真姫「平気よ、私たち専用の歌詞カードを作ったから」


海未「専用の歌詞カードですって?」ペラッ


「 Snow halation 」


[歌詞は省略]


真姫「この通りに歌えば、正しい発音になるわよ」


海未「確かに音を1つ下げれば正しい発音になるでしょうけど!でもダメでしょやっぱり!こんなのおかしいです‼︎」


真姫「なんでよ、イミワカンナイ‼︎」


にこ「全く、海未は気にしすぎなのよ!早く慣れなさいよ」


にこ「さて…決めポーズの練習でもしようかしら」


ぬさ「にっこにっこにー‼︎あなたのハートににこにこにー☆笑顔届ける矢澤にこにこ!にこにーって覚えてラブにこ☆」


海未「やめさない‼︎」


凛「凛気づいちゃった、今なら下ネタ言っても分からないよね‼︎」


希「おおっ!凛ちゃん天才やん」


凛「お○ん○ん!」


希「お○んこ!」


凛「セーーーッ○ス‼︎」


海未「破廉恥です‼︎黙りなさい‼︎」///


海未「ああもう!次のライブまであと4日しかないのに…いったいどうすれば」


穂乃果「まさかライブを休むわけにもいかないし…」


海未「最悪このままの状態で出るしかないですね…仕方ありません、さっき真姫が作っていたような専用の歌詞カードを作ることにしましょう」カキカキ















☆ライブ当日☆


海未「皆さん、今日は私たちのライブに来て頂きありがとうございます!」


ワァァァァァァ…


海未( 結局穂乃果たちは元に戻りませんでしたが…私が作った専用歌詞カードの通りに歌えば正しい歌詞を歌えるハズです )


海未「それでは聴いてください、”僕たちはひとつの光”!」


チャララララ〜♪



[中略]



客「おい何だよコレ…ふざけてんのか?」


客「マジガッカリだわ、帰ろ帰ろ」


ザワザワ…


スタッフ「い、一旦曲止めて‼︎ちょっと君たち、何してんの‼︎」


海未「違うんですふざけてるワケじゃないんです‼︎コレには深いReasonが…」アセアセ


穂乃果「そうです!私たちふざけてなんていません‼︎」


凛「いつでもマジメにゃー‼︎」


スタッフ「完全にふざけてるだろ!もう帰れ‼︎2度と来んな‼︎」


海未「違うんですぅぅぅぅぅぅぅ‼︎」



[中略]



時を巻き戻してみるかい?

No no no これで廃校♪
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『まはき「えを!にぬサロ!?」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。