曜「千歌ちゃんを諦めて善子ちゃんに告白したらとんでもない事になった」

シェアする

曜-アイキャッチ2
1: 名無しで叶える物語 2017/08/14(月) 20:58:07.08 ID:n8cVKRgr.net
曜「はぁ…なんで私千歌ちゃんと話す時だけこんなに緊張するんだろ…」

曜「千歌ちゃんと付き合いたいけど…もし…もし振られて今の関係が崩れるぐらいなら諦めた方がいいのかなぁ…
もう…善子ちゃんでいいかな」

曜「うん、善子ちゃんでいいや
善子ちゃんに告白しよ」

プルルル

善子「もしもし?」

曜「あ、善子ちゃん?」

善子「な、なによ?なんか用?」

曜「あーうん…善子ちゃんってさ、好きな人いる?」

善子「は、はぁ?い、いないけど!?」

曜「そっかぁー、もしさー
…私が善子ちゃんの事好きだって言ったらどうする?」

元スレ: 曜「千歌ちゃんを諦めて善子ちゃんに告白したらとんでもない事になった」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語 2017/08/14(月) 20:59:45.71 ID:n8cVKRgr.net
善子「な、何言ってるのよ!///
からかってるなら怒るわよ!」

曜「からかってないよー」

善子「え?本気?」

曜「本気だよー」

善子「そ、その…本気なら…」

曜 (お?)

善子「よろしく…で、いいの?」

曜「うん!これからよろしくね!」

善子「う…///」

曜「じゃあまた明日!」
4: 名無しで叶える物語 2017/08/14(月) 21:02:13.37 ID:n8cVKRgr.net
曜「意外とすんなりいけちゃった」

曜「今日から私もリア充だ♪」

次の日

曜「あ、善子ちゃんおはよ♪」

善子「お、お、お、おはよ!」

曜「どうしたの?」

善子「ど、どうしたもこうもないわよ!
昨日の今日で意識しないわけないでしょ!」

曜「そうかなぁ?
私は普通だよ?」

善子「うぅ…///」
6: 名無しで叶える物語 2017/08/14(月) 21:04:53.76 ID:n8cVKRgr.net
善子「そ、それにしても…なんで私なのよ」

曜「え?だって善子ちゃん可愛いじゃん」

曜 (千歌ちゃんの代わりで、なんて口が裂けても言えないよね)

善子「なっ…///」

曜「顔真っ赤だよ?」

善子「うっさい!///」

曜「あはは♪」

プシュー

曜「あれ、千歌ちゃん」

千歌「おはよー!今日も2人で登校してきたんだ?」

曜「う、うん!」
7: 名無しで叶える物語 2017/08/14(月) 21:06:48.99 ID:n8cVKRgr.net
千歌「いいなぁ」

曜「へ?」

千歌「…バス通学って」

曜「あ、あー!そっちね!」

千歌「ん?あ、そうだ曜ちゃん
今日の練習のあとちょっといいかな?」

曜「だ、大丈夫だけど…」

千歌「ホント?じゃあ教室に来てくれる?」

曜「う、うん」

千歌「じゃあ私ダイヤさんに用事があるから先いくね!」
9: 名無しで叶える物語 2017/08/14(月) 21:08:07.13 ID:n8cVKRgr.net
善子「…ねぇ」

曜「ん?」

善子「私たちが付き合ってることまだ誰も知らないのよね?」

曜「うん、善子ちゃんが誰にも言ってなければ」

善子「そう…なるほどね」

曜「?」

善子「なんでもない、私達も行きましょ」
10: 名無しで叶える物語 2017/08/14(月) 21:11:07.27 ID:n8cVKRgr.net
そして練習後

ガラッ

曜「千歌ちゃ~ん?」

千歌「あ、曜ちゃん」

曜「どうしたの?」

千歌「んとね、ちょっとね」

曜「練習のこと?
それとも…衣装のことかな?」

千歌「ううん、違うの」

曜「ん~…」

千歌「ねぇ曜ちゃん?」

曜「ん?」

千歌「曜ちゃんってさ、好きな人とか…いるのかな」

曜「なっ…///い、いないけど!」

曜 (あっ…嘘ついちゃった…)

千歌「そっかぁ…んー
善子ちゃんとはただのトモダチ?」

曜「う、うん!友達だよ!」

千歌「そっかぁ…」
13: 名無しで叶える物語 2017/08/14(月) 21:13:01.33 ID:n8cVKRgr.net
曜「ち、千歌ちゃんはさ!」

千歌「?」

曜「す、好きな人いる…のかな…みたいな…///」

千歌「私?いるよ」

曜「そ、そうなんだぁー」

曜 (告白しなくてよかったぁ…振られるの確実だもん)

千歌「誰?とか聞かないの?」

曜「え、いや、だって
千歌ちゃん言いたくないでしょ?」

曜 (聞きたくないし…)

千歌「ううん、言えるよ」
14: 名無しで叶える物語 2017/08/14(月) 21:17:09.35 ID:n8cVKRgr.net
曜「あー、でもさ!
もしその子と千歌ちゃんが話してるの見たら顔に出ちゃうかもしれないからさ!
だから言わなくていいよ!うん!」

千歌「……そっか」

曜「は、話はそれだけかな?」

千歌「もう一個あるんだけど…」

曜「?」

千歌「曜ちゃんにプレゼントがあるの、驚かせたいから目をつぶってくれる?」

曜「えー?なんか怖いなぁ」

千歌「ダイジョブだよー、怖くないから」
16: 名無しで叶える物語 2017/08/14(月) 21:20:34.38 ID:n8cVKRgr.net
曜「千歌ちゃんがそういうなら…」ギューッ

千歌「………」

曜「も、もういい?」

千歌「……うん、いいよ」

曜「それでプレゼントって…あれ?千歌ちゃん顔ちか…」

チュッ

曜「!?///」

千歌「………///」

曜「え、え、えっ?」

千歌「だいすき…曜ちゃん」
17: 名無しで叶える物語 2017/08/14(月) 21:24:00.80 ID:n8cVKRgr.net
曜「ち、ち、千歌ちゃんの好きな人って…///」

千歌「曜ちゃん…だよ///」

曜「えぇーっ!?///」

曜「か、からかうのはやめてよ?」

千歌「からかってないよ
ずーっと昔から好きだったのに曜ちゃん全然気付いてくれなかったもん…」

曜「う、嘘だ!嘘だよ!」

千歌「嘘じゃないよ…///」

曜 (どうしようどうしよう
昨日の今日で善子ちゃんに別れようなんて言えないし…
でも千歌ちゃんに告白されるなんて二度とないし…)

千歌「答えを…聞かせて欲しいな…」
18: 名無しで叶える物語 2017/08/14(月) 21:26:54.60 ID:n8cVKRgr.net
曜 (と、とりあえず千歌ちゃんと付き合ってバレないようにすれば大丈夫なはず…うん、そうしよう!)

曜「ほ、ほんとに私でいいの?」

千歌「うん…曜ちゃんがいい…」

曜「私にはもったいないけど…千歌ちゃん…よろしく…っ!」

千歌「…大好きっ」ギューッ

曜「っ…///」

千歌「ねぇ」

曜「?」

千歌「チューしよ?」

曜「……///」コクッ

チュッ

??「オゥ♪」ガサガサ
21: 名無しで叶える物語 2017/08/14(月) 21:30:07.36 ID:n8cVKRgr.net
千歌「ねぇ、付き合い始めたこと梨子ちゃんに言っていい?」

曜「え!?」

千歌「あのね、曜ちゃんに告白するまで梨子ちゃんに相談乗ってもらってたの…それで…結果教えてねって…」

曜 (梨子ちゃんなら口固そうだし大丈夫かな…)

曜「う、うん!大丈夫だよ!」

曜 (一応口止めしといた方がいいのかな…)

ポチポチ

千歌「梨子ちゃん下駄箱で待ってるみたい♪
一緒に行こ?」


曜「あー…ごめん!この後水泳部の集まりがあってさ…」

千歌「……そっか、それならしょうがないね」

曜「ご、ごめん!
じゃあまた明日!」
22: 名無しで叶える物語 2017/08/14(月) 21:32:09.80 ID:n8cVKRgr.net
曜 (とんでもない事になってしまった…
自分から告白したし善子ちゃんに別れようなんて言えないし…
千歌ちゃんと別れるなんて考えられないし…)

曜 (相談しようにも梨子ちゃんは千歌ちゃん側だし…
果南ちゃんに相談…かなぁ)
23: 名無しで叶える物語 2017/08/14(月) 21:38:19.30 ID:n8cVKRgr.net
果南「…そろそろ店閉めようかなぁ」

ガラガラ

果南「ん?あっ、すみません今日の影響は…あれ?曜」

曜「果南ちゃん」

果南「どうしたの?」

曜「ちょっと…相談が…」

果南「船出す?」

曜「ううん、大丈夫」

果南「そっか、じゃあ店閉めちゃうからちょっと待ってて」

曜「うん」
24: 名無しで叶える物語 2017/08/14(月) 21:40:58.93 ID:n8cVKRgr.net
果南「それでどうしたの?」

曜「この話は誰にも言って欲しくないんだけど…」

果南「うん」

曜「その…昨日さ、善子ちゃんと付き合うことになったんだよね」

果南「へぇ~、おめでと」

曜「う、うん…」

果南「?」

曜「そ、それで今日…千歌ちゃんと付き合う事になったんだけど…」

果南「はぁ!?」

曜「ち、ちょっと声が大きいって!」

果南「そ、そりゃ声も大きくなるよ!
だってそれ…二股じゃん」

曜「う、うん…」

果南「なんでまた二股なんか」
25: 名無しで叶える物語 2017/08/14(月) 21:43:58.73 ID:n8cVKRgr.net
曜「わ、わざとじゃないんだって!
その…千歌ちゃんの事が好きだったんだけど…諦めて善子ちゃんに告白してOK貰ったんだ。」

果南「や、その時点でおかしいでしょ…」

曜「それで今日…千歌ちゃんに告白されて…」

果南「断ればいいんじゃないの?」

曜「で、出来るわけないよ!
だって千歌ちゃんの事好きだし!」

果南「それなら最初から千歌に告白すればよかったじゃん」

曜「出来ないから善子ちゃんに告白したんだって!」

果南「……」

曜「……悪いと思ってるよ…」
28: 名無しで叶える物語 2017/08/14(月) 21:46:13.07 ID:n8cVKRgr.net
果南「はぁ…とりあえず言えることは
どっちも悲しませない方法なんてないってこと」

曜「そ、そんなぁ…」

果南「曜が千歌や善子の立場だったらどう思う?」

曜「…………そう…だね」

果南「まぁ…バレないように付き合ってどっちからか別れを告げられるのを待つしかないんじゃない?」

曜「……そっかぁ」
29: 名無しで叶える物語 2017/08/14(月) 21:49:49.81 ID:n8cVKRgr.net
果南「ま、私に言えるのはこれぐらいかな
…もう日も沈むから早く帰りな?」

曜「…ん…」



曜「ただいまー…」

ボフッ

曜「はぁ…昨日今日で色々ありすぎたよ……」
34: 名無しで叶える物語 2017/08/14(月) 21:55:17.21 ID:n8cVKRgr.net
ピコン

曜「ん…LINEだ」

千歌 ねぇ水泳部の人に聞いたんだけど集まりがあるってウソだよね
なんでウソついたの

曜「ば、バレてる…どうしよう…」

千歌 曜ちゃんの事は大好きだけどウソつくのは好きじゃないよ

曜「ち、千歌ちゃんに嫌われらたら終わりだ…っ!」

曜 そ、その…本当は内緒にしたかったんだけど
付き合い始めた記念にプレゼントを買いに行ってたんだ…
千歌ちゃんの喜ぶ顔が見たくって…でも嘘ついたらダメだよね、ごめん…

千歌 そうだったんだ…
ううん、千歌もごめんね
曜ちゃんがウソつくわけないもんね
昔からウソつく時の癖分かってるもん(笑)
35: 名無しで叶える物語 2017/08/14(月) 21:57:22.01 ID:n8cVKRgr.net
曜 千歌ちゃんには隠し事できないね(笑)

千歌 うん、千歌はなんでも知ってるから


曜「…なんか今日の千歌ちゃん怖い…
早く寝よ…」

プルルル

善子「も、もしもし?
まだ起きてる?」

曜「よ、善子ちゃん…」

善子「その…声が聞きたくなって…」

曜「そ、そうなんだ…」

善子「……」

曜「……」
36: 名無しで叶える物語 2017/08/14(月) 21:59:06.34 ID:n8cVKRgr.net
善子「…ねぇ」

曜「ん?」

善子「……な、何でもない…///」

曜「どうしたの?」

善子「……そ、その…好きって言ってほしい…///」

曜「…善子ちゃん、大好きだよ」

善子「だ、大は付けなくていい…///」

曜「善子ちゃん可愛いなぁ」

善子「もう……///」
37: 名無しで叶える物語 2017/08/14(月) 22:02:04.28 ID:n8cVKRgr.net
曜「あ、あのさ」

善子「?」

曜「あれから私たちが付き合ってること誰かに言った?」

善子「言ってないわよ、勝手に言ったら迷惑かけそうだし」

曜 (グッジョブ!)

曜「そ、そうなんだ!
あ、梨子ちゃんからLINE来ちゃった…ごめんまた明日話そ!」

善子「あっ…切れた…
でも大好き…かぁ…///」

ピッ

「…善子ちゃん、大好きだよ」

善子「……///」
39: 名無しで叶える物語 2017/08/14(月) 22:05:09.06 ID:n8cVKRgr.net
プルルル

梨子「もしもし?曜ちゃん?」

曜「梨子ちゃん」

梨子「千歌ちゃんから聞いたよ、おめでとう」

曜「はは、ありがとう…」

梨子「曜ちゃん」

曜「ん?」

梨子「千歌ちゃんに嘘ついちゃったダメだよ」

曜「はい…」

梨子「千歌ちゃんちょっと怒ってたよ?
曜ちゃんが嘘ついてるかどうかなんてすぐに分かるから…
って」

曜「う、うん…」

曜 (も、もしかして二股もバレてる!?
い、いやそれなら告白してこないはずだし…)
41: 名無しで叶える物語 2017/08/14(月) 22:07:16.45 ID:n8cVKRgr.net
梨子「千歌ちゃん曜ちゃんの事大好きだったみたいだから付き合えて私も嬉しいよ」

曜「ありがとう梨子ちゃん」

梨子「どういたしまして」

梨子「あっ」

曜「?」

梨子「曜ちゃんと通話してるのバレたら怒られちゃうかも
また明日話そう?」

曜「そ、そうだね、それがいいよ…」

梨子「じゃあまたね」

ピッ
42: 名無しで叶える物語 2017/08/14(月) 22:08:56.99 ID:n8cVKRgr.net
曜「梨子ちゃんの口止め出来なかった…ま、まぁ何とかなるよね」

曜「とりあえず今日は寝よう…」


曜「ん…もう朝…?」

チラッ

曜「えぇぇぇ!?LINEの通知が大変なことになってる…
全部千歌ちゃんのだ…!」
44: 名無しで叶える物語 2017/08/14(月) 22:10:29.79 ID:n8cVKRgr.net
千歌 ねぇもう寝てるの?

千歌 いつもこんなに早く寝てないよね

千歌 疲れてるの?

千歌 さみしいよ

千歌 曜ちゃんの声が聞きたいな

千歌 曜ちゃんにあと8時間も会えないなんて辛い

千歌 毎秒曜ちゃんと過ごしたい


曜「ち、千歌ちゃんどうしたんだろ…」
46: 名無しで叶える物語 2017/08/14(月) 22:12:32.29 ID:n8cVKRgr.net
曜「と、とりあえず学校行かないと…」

プシュー

曜「あ、善子ちゃんおはよ」

善子「お、おはよう…///」

曜「?」

善子「き、昨日は大好きって何回も言ってくれて…ありがと…///」

曜「何回も?1回しか言ってなくない?」

善子「あっ…あー!こっちの話!こっちの話だから!」
48: 名無しで叶える物語 2017/08/14(月) 22:14:49.94 ID:n8cVKRgr.net
曜「うん?」

善子「そ、そんなことより明日ヒマ?」

曜「明日?多分大丈夫だと思うけど…」

善子「も、もし良かったらさ…買い物に付き合ってくれない?」

曜「いいよ!」

善子「…ありがとう…///」
49: 名無しで叶える物語 2017/08/14(月) 22:17:18.74 ID:n8cVKRgr.net
善子「ねぇ…ば、バスの中だけでいいから…手繋いでもいい…?」

曜「うん、いいよ」ギュッ

善子「……///」

曜「わっ、善子ちゃんの手温かいね~」スリスリ

善子「ちょ、ちょっと…///」

曜「私の手冷たいからちょうどいいね!」

善子「は、恥ずかしいから暑いだけだと思うけど…///」

曜「そうなの?」

善子「……///」
91: 名無しで叶える物語 2017/08/15(火) 20:07:27.99 ID:lGtTMjQp.net
善子「…ねぇ…2人っきりの時はこうしてていい?」

曜「う、うん、いいよ」

曜 (善子ちゃんは千歌ちゃんと違って自慢するようなタイプじゃないから千歌ちゃんだけ気を付ければバレないんじゃないかな)

曜 (というよりうまくいけば誰とも別れないでいけるでしょ♪)

善子「ずっとこのままがいいなぁ…」ボソッ

曜「ん?何か言った?」

善子「な、何でもないわよ!///」
92: 名無しで叶える物語 2017/08/15(火) 20:09:16.73 ID:lGtTMjQp.net
プシュー

善子「…着いちゃった」

曜「降りよっか」

千歌「…仲良さそうだね、2人とも」

曜「ち、千歌ちゃん!?
なんで!?」

千歌「なんでって…かのじ…」

曜「わー!そうだった!忘れてた!
早く行かないと!善子ちゃんまた後でね!」

千歌「ちょっ、曜ちゃん引っ張らないでよ!」

善子「…?何だったのかしら」
95: 名無しで叶える物語 2017/08/15(火) 20:18:26.45 ID:lGtTMjQp.net
花丸「善子ちゃんおはよー」

善子「ずら丸、ルビィおはよ」

ルビィ「おはよー
そういえば善子ちゃん、最近曜ちゃんと仲良くなったよね」

善子「そ、そうかしら?」

花丸「うんうん、マルもそう思うずら」

ルビィ「バス通学で色々と話すの?」

善子「ま、まぁそんな所ね」

花丸「へぇ~」ニヤニヤ

善子「な、なによ」

ルビィ「善子ちゃんも隅に置けないなぁ」

善子「どーゆー意味よ!」

花丸「まぁ立ち話はこれぐらいにして教室に行こ?」
99: 名無しで叶える物語 2017/08/15(火) 20:22:17.39 ID:lGtTMjQp.net
曜 (ここまで来れば大丈夫かな…)

千歌「はぁ…どうしたのいきなり…」

曜 (ここは何とかして千歌ちゃんを止めないと…)

曜「あのね、千歌ちゃん」

千歌「ん?」

曜「さっき善子ちゃんに私たちが付き合ってることバラそうとしたでしょ?」

千歌「うん、ダメだった?」

曜「ダメっていうか…その…」

千歌「もーっ!はっきり言ってよ!」

曜「その!
その…Aqours内で付き合ったりそういうの言われるとグループ内でよくないと思う!」

千歌「どうして?」

曜「だ、ダイヤさんとか…怒りそうだし…」

千歌「そうかなぁ、応援してくれると思うけど」
100: 名無しで叶える物語 2017/08/15(火) 20:25:06.76 ID:lGtTMjQp.net
曜「そ、それに…」

千歌「そんなに言うけどさ、曜ちゃんは私と付き合ってることがバレたくないの?
それとも後ろめたいことがあるの?」

曜「な、ないよ!ない!」

千歌「…ちゃんと目を見て言ってみて?」

曜「ないから!」

千歌「ふ~ん…わかった、そこまで言うなら内緒にしておくね」

曜「あ、ありがとう…」

千歌「じゃあ…んっ」

曜「?」

千歌「仲直りのちゅーっ、しよ?」

曜「…///」

チュッ
101: 名無しで叶える物語 2017/08/15(火) 20:29:37.43 ID:lGtTMjQp.net
ワイワイガヤガヤ

千歌「ん、ちょっとトイレ行ってくるね」

梨子「行ってらっしゃい」

曜「行ってらっしゃ~い」

梨子「ねぇ、千歌ちゃんとどこまで行ったの?」

曜「なっ…///」

梨子「千歌ちゃん曜ちゃんの事あんまり話してくれないもん…ね、どこまでしたの?」

曜「ち、ちゅー…まで///」

梨子「へぇ~!曜ちゃんから?」

曜「ううん、千歌ちゃんから…///」

梨子「結構大胆なんだ千歌ちゃんって」
102: 名無しで叶える物語 2017/08/15(火) 20:32:24.85 ID:lGtTMjQp.net
ガラッ

千歌「善子ちゃんいる?」

善子「ん、どうしたの?」

千歌「ねぇ、曜ちゃんと付き合ってるの?」

善子「なっ…///」

千歌「曜ちゃんから聞いたんだけど」

善子「そ、そう…付き合ってるわよ」

千歌「へぇ…」

善子「な、なによ…」

千歌「もうちゅーはした?」

善子「ま、まだだけど…///」

千歌「そっかぁ~、聞きたいことはそれだけ!じゃ~ね~!」
108: 名無しで叶える物語 2017/08/15(火) 20:37:01.88 ID:lGtTMjQp.net
善子「何だったのかしら…」

千歌「ただいま~♪」

曜「あ、おかえり~」

梨子「なんだかご機嫌だね」

千歌「ちょっとね~♪」

曜 (何かあったのかなぁ…まぁ、いっか)

千歌「そういえば今日って練習ないんだっけ」

梨子「うん、そうだよ」

千歌「じゃあさ曜ちゃん、今日曜ちゃんの家に行っていい?」

曜「え!?」
111: 名無しで叶える物語 2017/08/15(火) 20:38:56.18 ID:lGtTMjQp.net
曜 (家に来るってことはバスに乗るってことだよね…)

曜「ち、千歌ちゃんの家じゃダメ?」

千歌「んとね、今日はダメ」

曜「ど、どうして?」

千歌「どうしても」

曜「……わ、わかったよ」

千歌「ありがと~♪
曜ちゃん大好き!」

曜「……///」
113: 名無しで叶える物語 2017/08/15(火) 20:43:52.26 ID:lGtTMjQp.net
善子「……」

曜「ご、ごめん待った?」

善子「だ、大丈夫よ
今来たところだから」

曜「その…さ、今日なんだけど千歌ちゃんも一緒にいるんだけど大丈夫?」

善子「べ、別にいいけど…」

曜「その…衣装のことで相談があってさ」

善子「そう……」

曜「ま、また埋め合わせするからさ!」

善子「ん…」
116: 名無しで叶える物語 2017/08/15(火) 20:47:32.01 ID:lGtTMjQp.net
曜「千歌ちゃん、大丈夫だって」

千歌「そっか、じゃあ行こ?」

曜「うん」

プシュー

曜「……」

千歌「……」

善子「……」

千歌「なんか喋ろうよ」

曜「な、なんかって言われても…」

善子「そういえば今日…」

千歌「なになに?」

善子「い、いや…そんなに面白くない話だから…話さなくていいかも」

千歌「そっかぁ…」
118: 名無しで叶える物語 2017/08/15(火) 20:49:51.59 ID:lGtTMjQp.net
千歌「暇だなぁ…着いたら起こして…zzz」

善子「…寝ちゃったのね」

曜「そうみたい」

善子「……」ギュッ

曜「ど、どうしたの?」

善子「今だけだから…」

曜「う、うん…」
124: 名無しで叶える物語 2017/08/15(火) 20:53:48.65 ID:lGtTMjQp.net
千歌「ん……」

曜・善子「!」ビクッ

千歌「着いた…?」

曜「も、もう少しかな!」

千歌「そっかぁ…」

善子「……」

曜「……」
125: 名無しで叶える物語 2017/08/15(火) 20:56:23.11 ID:lGtTMjQp.net
曜「あ、着いたよ」

千歌「やっと着いた~
じゃあね善子ちゃん!」

善子「え、えぇ…」

プシュー

千歌「バス見えなくなったねぇ」

曜「う、うんそうだね」

千歌「……」チュッ

曜「ちっ…千歌ちゃ……///」

千歌「ずっとしたかったのに善子ちゃんいたから我慢したんだよ?」

曜「ん…///」

千歌「……もう我慢しなくていいんだよね」

曜「た、たぶん…///」
126: 名無しで叶える物語 2017/08/15(火) 20:59:21.68 ID:lGtTMjQp.net
ガチャ

千歌「よーちゃん♡」

曜「ん?」

千歌「大好き大好き大好き~!」

曜「そ、そんなに言われたら照れるよ…///」

千歌「む~っ…」

曜「?」

千歌「曜ちゃんも言ってよ!」

曜「だ、大好き…だよ///」

千歌「ん~♪」ギューッ

曜「千歌ちゃん…///」
128: 名無しで叶える物語 2017/08/15(火) 21:01:53.03 ID:lGtTMjQp.net
その頃

ギルキスグループ

鞠莉 2人とも知ってた~?

梨子 何がですか?

鞠莉 曜と千歌っちが付き合ってること♡

梨子 知ってますよ、千歌ちゃんから聞いてますし

鞠莉 な~んだ 大スクープだと思ったんだけどなぁ

梨子 あれ?

鞠莉 ん?

梨子 善子ちゃんの分の既読もついてるのに返事がないなぁって…

鞠莉 確かに…ま、どうでもいいって思ったんじゃないかしら?
134: 名無しで叶える物語 2017/08/15(火) 21:06:06.87 ID:lGtTMjQp.net
善子「なにこれ…どういう事よ…」

善子「………」

善子 ねぇ、それって本当なの?

鞠莉 ん~?気になっちゃった?

善子 そういうのいいから、本当なのって聞いてるの

鞠莉 もちろん♪教室でキスしてたわよ?

梨子 あ、それ私も聞いたかも
ちゅーまではしたって曜ちゃんも言ってたような…千歌ちゃんからって言ってたけど

善子 そう

鞠莉 善子は知らなかったのね♪
135: 名無しで叶える物語 2017/08/15(火) 21:10:10.84 ID:lGtTMjQp.net
善子「ママ、ちょっと出かけてくる…」

善子ママ「はーい」


千歌「ねぇ、いつも私からちゅーしてるじゃん…曜ちゃんからもちゅーしてよ…」


曜「えぇ…恥ずかしいよ…///」

千歌「…お願い♡」

曜「が、頑張る…!」
140: 名無しで叶える物語 2017/08/15(火) 21:13:41.60 ID:lGtTMjQp.net
善子 (嘘よ…嘘に決まってるわ…みんなして私を騙そうとしてるのよ…)

善子 (…さっきからずっと胸騒ぎがするのよね…う、嘘に決まってるのに!)

善子「はぁ…はぁ…ここね…」

善子「………な、何緊張してるのよ私…嘘に決まってるのに…」


曜「じ、じゃあいくよ…千歌ちゃん…///」
141: 名無しで叶える物語 2017/08/15(火) 21:16:28.56 ID:lGtTMjQp.net
ガチャ

善子「よ、曜…い……る…?」

チュッ

曜「こ、これで…どう…かな///」

千歌「はい、よく出来ました♪」

善子「………」

千歌「あれ?善子ちゃんだ」

曜「え!?」

善子「………曜」

曜「よ、善子ちゃん!こ、これは違うんだよ!」

善子「何が違うのよ」
143: 名無しで叶える物語 2017/08/15(火) 21:18:15.03 ID:lGtTMjQp.net
千歌「そういえば…曜ちゃんと善子ちゃんは付き合ってるんだよね?」

曜「へっ!?」

善子「…曜が…言ったんじゃないの」

曜「い、言ってない…ま、まさか…」

千歌「言ったよ?」

曜「言ってないって!」

千歌「あれ?曜ちゃん忘れちゃった?」

曜「な、なんの事!?」
146: 名無しで叶える物語 2017/08/15(火) 21:23:01.64 ID:lGtTMjQp.net
千歌「曜ちゃんがウソつく時の癖なんてバレバレだもん
元から知ってて告白したんだよ」

善子「な…何言って…」

千歌「ねぇ善子ちゃん
曜ちゃんは二股してるんだよ」

曜「……」

善子「……何が言いたい…のよ…」

千歌「それでも曜ちゃんの事好き?」

善子「……もう…訳が分からないわよ……」

千歌「曜ちゃん」

曜「……なに…?」
148: 名無しで叶える物語 2017/08/15(火) 21:25:30.78 ID:lGtTMjQp.net
千歌「大好きだよ、別れよ?」

曜「え……」

千歌「当たり前じゃない?
二股してる人とは付き合えないよ」

善子「な、何がしたいのよ…さっきから…」

千歌「善子ちゃん」

善子「な、なによ…」

千歌「もう一回聞くね、二股してた曜ちゃんの事好き?」
149: 名無しで叶える物語 2017/08/15(火) 21:28:14.67 ID:lGtTMjQp.net
善子「……嫌い…」

曜「……」

千歌「だよね、だから2人で曜ちゃんと別れよう」

善子「……そうね」

千歌「それじゃあ曜ちゃん、そういう事だから」

善子「……じゃあね」

ガチャ

曜「………最低だ…私……」
152: 名無しで叶える物語 2017/08/15(火) 21:32:23.45 ID:lGtTMjQp.net
千歌「お~い…曜ちゃ~ん」

善子「…まったく、いつまで寝てるのよ」

曜「ん…千歌ちゃ……善子ちゃん……zzz」

千歌「もう!いつまで寝てるの!」

曜「はっ…!ゆ、夢…?」

善子「かなりぐっすり寝てたわね」

曜「な~んだ、夢かぁ…よかったぁ…!」

梨子 (オークションで買った記憶を消すクスリ全員に効果アリ
…いい買い物をしたわ♪)


おしまい
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『曜「千歌ちゃんを諦めて善子ちゃんに告白したらとんでもない事になった」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。