曜「……」カリカリ千歌「よーちゃん!よーうちゃーん!よ・う・ちゃ・ん!」

シェアする

千歌-アイキャッチ10
1: 名無しで叶える物語 2017/08/16(水) 07:10:09.19 ID:LobUeKKy.net
千歌「えへへ、3人いると思った?」

元スレ: 曜「……」カリカリ千歌「よーちゃん!よーうちゃーん!よ・う・ちゃ・ん!」

スポンサーリンク
5: 名無しで叶える物語 2017/08/16(水) 07:17:48.82 ID:4iclCkvH.net
曜「……」カリカリ

千歌「ようちゃーん、勉強なんてしてないでさー千歌とキャッチボールしよう!」

千歌「キャッチボール!」

千歌「キャッチボール!」

千歌「キャッ……」

千歌「チボール!」

千歌「チボール、千歌のボールだからチボール……っておーい!」

千歌「違うよね~」クネクネ

曜「……」カリカリ

千歌「もうー! 一緒に遊ぼうよー!」

こういうことか
23: 名無しで叶える物語 2017/08/16(水) 09:26:06.58 ID:4luRKBmN.net
千歌「どしたのよーちゃん、チボールは千歌のボールって意味じゃないよね~」

千歌「ね~!」

千歌「よーちゃん、今日の千歌はだいたいこんな感じだよ?」

千歌「ね? キャッチボールしよ?」

千歌「宿題なんてね、5秒でいいんだよ!」

千歌「千歌とキャッチボールしながらもう一つのキャッチボールもしよう!」

千歌「……言葉のね!」

千歌「上手い! この上手さラブライブ本戦級!」

千歌「山田くーん! 千歌に座布団を食べさせてください」
24: 名無しで叶える物語 2017/08/16(水) 09:29:43.43 ID:4luRKBmN.net
千歌「あ、あぁ……」モグモグ

千歌「座布団の綿が、綿が唾を吸う……」

千歌「っておーい! 聞いてよー!」

千歌「もう喉カラカラだよー!」

千歌「聞いて? からからから! からからから!」

千歌「カラカラ虫! カラカラ虫! カラカラ虫の横移動!」ハイツクバリ

千歌「おーい! いないよ! そんっなむっしいっないっよ♪ へーい!」

千歌「もう~、キャッチボールしようよ~!」
25: 名無しで叶える物語 2017/08/16(水) 09:35:37.52 ID:4luRKBmN.net
千歌「キャッチボールしようってば~! 今だったら~前よりも速い球投げられるから~!」

千歌「これが千歌の新投法! 五人分身魔球だよ!」

千歌「いち!」シュッ ブォン

千歌「に!」シュッ ブォン

千歌「さん!」シュッ ブォン

千歌「よん!」シュッ ブォン

千歌「五人目はハンバーグ職人!」ネッチャネッチャ

千歌「これ手ごね! 手ごねでねっちゃ、ねっちゃ、ねっちゃ……」

千歌「……ちょっぷ! ちょっぷ! ちょっぷ! ちょっぷ!」ブン ブン ブン ブン

千歌「チョップ軍隊! チョップ軍隊!」

千歌「チョップ軍隊はチョップだけで戦う軍隊! だから攻撃範囲が手の間合い」
26: 名無しで叶える物語 2017/08/16(水) 09:41:39.68 ID:4luRKBmN.net
千歌「ちょっぷ! ちょっぷ! ちょっぷ! ちょっぷ!」

千歌「ああ! よーちゃんに当たっちゃう!」ビシッ

千歌「うわあああ! 手血だ!」ブシャアアア

千歌「よーちゃん、千歌の手から手血が、手血が毎秒6リットルで放出中なのだ!」
28: 名無しで叶える物語 2017/08/16(水) 09:59:54.40 ID:Ipz4KpV/.net
千歌「だ、誰か……誰か輸血をば……!」

千歌「特に、幼馴染で千歌のことがだーい好きな人……」

曜「……」カリカリ

千歌「もーう! 無視しないでよ五人の千歌を~!」

千歌「よーし、よーちゃんのノートを血で真っ赤にしてやるもんね!」

千歌「ぶわ~! ぶわ~! 赤紙にしてやる! ぶわ~!」

千歌「あーあ、赤紙になっちゃった」

千歌「ああ、よーちゃんはもう戦争に行かなければならないんだね」

千歌「とーどーかーなーいー、ほーしーだーってー」

千歌「よーちゃーん! 一緒にハッポンに帰ろうー!」

千歌「ハッポンって! ハッポンって! メスチソじゃないんだから!」

千歌「ねー、よーちゃん。ハッポンはないよねー」

千歌「見ーてーよー!」
29: 名無しで叶える物語 2017/08/16(水) 10:06:52.21 ID:Ipz4KpV/.net
千歌「もう! よーちゃん、今日は五人分身魔球返しを教えてあげるから!」

千歌「その名も五人分身バッター!」

千歌「見える……! 見えてきたよ……!」

千歌「かきん!」ブォン

千歌「かきん!」ブォン

千歌「かきん!」ブォン

千歌「かきん!」ブォン

千歌「べちゃあ……」

千歌「あっ、守備もやらなきゃ!」シュタタタタタ

千歌「五人分身ピッチャーだって負けないよ!」

千歌「きゃっち!」ブォン  

千歌「きゃっち!」ブォン

千歌「きゃっち!」ブォン

千歌「きゃっち!」ブォン

千歌「ぴちゃ……ああ、バットとかにこびりついてひき肉がもうほとんど……」

千歌「しかし五人分身審判の判定は全員セーフ!」

千歌「これぞまさしく誤認!」

千歌「上手い! その上手さラブライブ優勝級!」

千歌「奇跡だ! μ'sだ! いや、高坂穂乃果だ!」

千歌「わー、助けてよーちゃん! はがした筈のポスターに意識が乗っ取られていく……」
30: 名無しで叶える物語 2017/08/16(水) 10:22:28.09 ID:Ipz4KpV/.net
千歌「……って見てないし! 見てよー、よーちゃん! 見てよーちゃん!」

千歌「わかったよー、そんなに勉強がしたいなら千歌が教えてあげる!」

千歌「どれどれ……数学か~」

千歌「よし! じゃあ千歌は保健体育を教えてあげる! 保体を!」

千歌「ふむふむ……月経のしくみはこーなってるのかー」

千歌「よーちゃんよく見て……千歌の身体が透けて断面図が見えるくらい……」タクシアゲ

千歌「センターで分かれてるね……」

千歌「これが、オンナだよ♡」

千歌「エローい! エロいなー!」

千歌「あれれ。これでイチコロだと思ったのに……」

千歌「じゃあよーちゃんには第二次性徴のとこをわざわざ恥ずかしい感じで教えてあげる!」

千歌「そんな千歌はただいま第五次性徴中!」

千歌「ああ、チカミカンが張るよぉ~、チカミカンの中のチボールと言う名のしこりが……!」

千歌「ねえよーちゃん、よーちゃんのはどうなってるか見せてよ~! ねえ見せてよ~!」

千歌「きゃあ! さすがはよーちゃん!のヨーソロー!」

千歌「ご立派でいらっしゃる、宇宙的でいらっしゃる。これならきっとコミケ3日目で大活躍間違いなし!」

千歌「うぅ~、エロス!」
31: 名無しで叶える物語 2017/08/16(水) 10:28:52.99 ID:Ipz4KpV/.net
千歌「エロス~、エロス~じゃないやよーちゃーん!」

千歌「なに、また勉強~?」

千歌「じゃあ千歌は歴史を教えてあげる! 教科書貸して!」ヒョイッ

千歌「千歌っち歴史は大得意! っていらないよ教科書なんて!」バサッ

千歌「江戸明治大正昭和ヘイヘイ!」

千歌「鳴くよウグイスヘイヘヘイ!」

千歌「文明開化! 文明開化! 石炭を食う鉄の馬!」

千歌「文明開化! 文明開化! 炭酸を飲むと骨が溶ける!」

千歌「東京裁判♪ 東京裁判♪ いい国作ろうカッ! へーい!」

千歌「鳴かぬなら、鳴かしてしまおう、お前の幼なじみ」

千歌「許さーーーーーん!!!」

千歌「よーちゃんを泣かせるヤツはチカが二の腕を揉み殺してやる」モミモミ
33: 名無しで叶える物語 2017/08/16(水) 10:37:16.54 ID:Ipz4KpV/.net
千歌「どーう? 覚えやすいでしょー!」

千歌「他にもまだまだあるからねー。背中借りるよ!」ガシッ

千歌「二二六事件の覚え方」

千歌「ニニロ、大変だ、事件だぞ! 1936年か7年! いえーい! ナイス語呂!」

千歌「……」ギュッ

千歌「あー、こうしてると安心する。意外と背中広いんだね……っておーい!」

千歌「よーちゃーん、よーちゃーん!」
34: 名無しで叶える物語 2017/08/16(水) 10:43:38.25 ID:Ipz4KpV/.net
千歌「よーちゃん、ちなみに今日が何の日か知ってる?」

千歌「よーちゃん、知ってる?」

千歌「むぅ……ぷるる!ぷるる!ぷるる! はい高海千歌!」

千歌「なに~! あと五秒で地球が滅亡だって!?」

千歌「大変だ! それを救うには、よーちゃんが今日は何の日か答えなきゃいけない!? がちゃん!」

千歌「よーちゃん! 早く今日が何の日か答えないとあと五秒で地球が滅亡だって!」

千歌「五! 四! 三! 二! 一!」

千歌「千歌の誕生日!」

千歌「あぶね! あぶね! あぶね!」

千歌「もーよーちゃん! あとコンマ2で地球滅亡してたよ!」

千歌「誕生日イコール命日か! なんちてー!」

千歌「はっぴばーすでーとぅーみー♪」

千歌「千歌ちゃんの! 誕生日! よーちゃん! なんかちょうだい♡」

曜「……」カリカリ

千歌「……って見てないし! 見てよー! 千歌の365日に1度の舞を!」
35: 名無しで叶える物語 2017/08/16(水) 10:51:45.93 ID:Ipz4KpV/.net
千歌「あぁ~、よーちゃんに投げられた悲しみで地に足がつかない……!」フワンフワン

千歌「月の重力! 月の重力!」

千歌「見て見てよーちゃん! アームストロング千歌ちゃんだよ!」

千歌「見てよ~! ……はぁ、疲れちゃったなー」

千歌「よーちゃーん、みかん食べたーい!」

千歌「よーちゃん! みーかーん! よーちゃん! みーかーん!」

千歌「うーんーしゅう! あーりーた! 買ってきて!」

千歌「あーりーた! あーりーた! かっとばせー! あーりーた!」

千歌「九回の裏、千歌ちゃんズの攻撃は、四番、ショート、千歌ちゃん、背番号、皮」

千歌「でんでんでん!でんでんでん!」
36: 名無しで叶える物語 2017/08/16(水) 11:01:45.21 ID:Ipz4KpV/.net
千歌「さあピッチャーの千歌ちゃん投げた!」

ブオン、ブオン、ブオン、

千歌「出たー! 五人分身魔球だー!」ブオン

千歌「五人目はおでん ……あちっ! あちあちっ!」

千歌「さあよーちゃん! 五人分身バッターになって打ち返すんだ! ほら! はやく!」

果南「あれ、曜ちゃん宿題?」

曜「うん、ここがちょっと分かんなくて……」

千歌「よーちゃーん! そっちの幼馴染よりこっちの幼馴染と遊ぼうよー!」

千歌「よーちゃん、キャッチボールしよ? キャッチボールしよ? やだーーー!」

千歌「もう、じゃあいいよ! にらめっこで勝負ね!」

千歌「にーらめっこしーましょ、わーらうーとまーけよ、あっぷっぷーくすくすくす!」

千歌「強ーーーーーい!!!」

千歌「強いな~ さては最近巷で噂のにらめっキングだな!?」

千歌「かまって~! かまってよ~!」クルクルクル

千歌「このままだと千歌の内部が遠心分離されちゃうぞー!」

千歌「……見てない! 悲しい~!」

千歌「うぇーんうぇんうぇん! うぇーんうぇんうぇん!」

千歌「ロボ泣き! ウィーンウィンウィン! ウィーンウィンウィン!」

千歌「かまって! かまってってばー! かまってよー!」

千歌「もういいよ! じゃあねー!」ビューン




果南「……あ、宿題の前にお供えしなきゃね!」

曜「有田と温州みかんある?」

果南「もちろんあるよ!」

曜「よかったー、やっぱりそれじゃないとね!」
37: 名無しで叶える物語 2017/08/16(水) 11:02:09.75 ID:Ipz4KpV/.net
終わり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『曜「……」カリカリ千歌「よーちゃん!よーうちゃーん!よ・う・ちゃ・ん!」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。