こころ「八月十日は帽子」ここあ「しゅくだい!」にこ「はぁ?自由研究?」

シェアする

にこ-アイキャッチ12
1: 名無しで叶える物語 2017/08/18(金) 19:10:46.41 ID:k5lBBqoBK.net
【矢澤家】

にこ「はぁ?…自由研究?」

こころ「はい」
ここあ「うん」

にこ「そう言われても…自由なんだから自由にやればいいんじゃない?」

ここあ「バステールとうでヘラクレスつかまえるの!」

にこ「無理ね」

こころ「星空先生のお嫁さんになれる方法を…」ポ

にこ「やめなさい」

ここあ「じゆうじゃないじゃん!」ブー

こころ「お姉さま…」クスン

にこ「いや、できる範囲で考えなさいよ…たとえば学校で探すとか、何なら家の中で探してもいいじゃない」

ここあ「がっこうにヘラクレスいないよー?」

こころ「家の中に星空先生はいませんし…」

にこ「そうじゃなくて!身近にある物を研究してみるってことよ。たとえば…お箸の研究」

こころ「お箸はもうやりましたよ」

にこ「じゃあ、お米の研究」

ここあ「きょねんやったよー」

にこ「一度やったのでもいいじゃない。まさか一回ですべてを知り尽くしたなんて思ってないわよね?」

ここあ「ふーん。まえにやったのでもいいんだ」

こころ「じゃあ…星空先生好みのファッションの研究とか」

にこ「星空先生じゃなくていいけど、ファッションはありね」

ここあ「ふぁっしょんって、ドーナツ!?」

にこ「いや、そのファッションじゃなくてね…服とか靴とかあるでしょ?」

ここあ「ぼうし!」

にこ「帽子ね。いいんじゃない?」 VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvvv:1000:512:----: EXT was configured

元スレ: こころ「八月十日は帽子」ここあ「しゅくだい!」にこ「はぁ?自由研究?」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語 2017/08/18(金) 19:15:03.59 ID:k5lBBqoBK.net
ここあ「おねえちゃんは、どんなぼうしがすき?」

にこ「へ?…なんで私?」

ここあ「ここあ、おねえちゃんがいちばんすき!だから、おねえちゃんがすきなぼうしがいい♪」

にこ「あんたの好みで選べばいいじゃない…しょうがないわねー」ナデナデ

ここあ「えへー♪」キャッキャ

にこ「んー。でも帽子って普段あんまり使わないから、パッと思いつかないわね」

ここあ「そうなのー?」

にこ「髪形を目立つようにするためには帽子は無くていいっていうか、無いほうがいいくらいだし」

ここあ「そっかぁ…」

【音ノ木坂】

絵里「…帽子?」

にこ「うん。絵里は金髪だし、色の組み合わせとしても帽子の選び方が私とは全然違うんじゃないかと思って」

絵里「わからなくはないけど…この髪形も被りやすい帽子が限られてくるでしょう。私もどちらかといえばあまり帽子は使わないわ」

にこ「そっか。そうよね…」

絵里「…ごめんね?」ナデナデ

にこ「い、いや別にいいわよ///」

【旧空き教室・コトリのアトリエ】

ことり「帽子?…うん。いいよ♪」

にこ「いいよ?」

ことり「えっと、前みたいな変わった帽子を作ってほしいんだよね?」

『とっとと辞めることね。…フン』

にこ「あ、あれは忘れなさいよ!」

ことり「じゃあ、普通の帽子?」

にこ「いや、依頼に来たわけじゃないって…ことり。あんたがどういう帽子が好きか訊きに来たの」

ことり「えー?…うふふ。心のこもった贈り物なら何でもいいよ♪」

にこ「は?…ああ、あんたの誕生日は九月だっけ…いや、その話でもないわよ!」

ことり「なーんだ…」シュン

にこ「いや、誕生日は誕生日であげるけど!その話は置いといて」

ことり「んー。私もあんまり帽子は使わないかなぁ。トサカが隠れちゃうもん」

にこ「…なるほど」
3: 名無しで叶える物語 2017/08/18(金) 19:18:07.68 ID:k5lBBqoBK.net
【穂むら】

穂乃果「ゆーきほー!お茶!」

雪穂「はいはい…」パタパタ

穂乃果「冷たい物のほうがいい?」

にこ「何でもいいわよ。それより帽子!」

穂乃果「ああ、帽子ね…私もあんまり使わないなぁ」

にこ「やっぱり髪形?」

穂乃果「そうだね。私も髪形以外で個性をアピールするポイントが今ひとつ弱いっていうか…」

にこ「声があるじゃない」

穂乃果「いや、あくまで見た目の話」

にこ「瞳が青い」

穂乃果「それ言うならにこちゃんなんて赤だよ?」

にこ「うちは家族みんな同じよ」

穂乃果「え」

にこ「あんたは違うでしょ」

穂乃果「言われてみれば…なんで私だけ!?」

にこ「知らないわよ。帽子の話に戻りましょ」

穂乃果「う、うん。えーと…何だっけ?」

にこ「帽子を被ると髪形が目立たなくなるって話」

穂乃果「そうそう…帽子の種類によるけど、やっぱり積極的に被るほうじゃないよ。ことりちゃんが作ってくれた衣装に帽子がついてる時くらいだね」

にこ「ああ、あれね。結構似合ってたわよ」

穂乃果「そうかな?えへへ。ありがと♪」

雪穂「お茶どうぞ」コト

にこ「ありがと」

穂乃果「雪穂は髪短いし、帽子も合わせやすいよね」

雪穂「帽子?…まあ、そうだね」
4: 名無しで叶える物語 2017/08/18(金) 19:20:37.75 ID:k5lBBqoBK.net
穂乃果「小っちゃい頃さ、海未ちゃんが帽子すすめてくれても私とことりちゃんは被らなくて…雪穂だけいつも海未ちゃんと一緒に帽子被ってたよね♪」

『ぼうし、すきですか?』

『すきー♪』

雪穂「あったっけ?そんなこと」

穂乃果「あったよー♪」

にこ「どんな帽子が好きなの?」

雪穂「夏はやっぱり麦わら帽子とか…かなぁ」

にこ「なるほどね。麦わら…」

穂乃果「でもなんで麦わらなんだろうね?稲わらじゃダメなんでしょうか?」

雪穂「二位みたいに言わないでよ。知らないよ。そんなこと…生産者に訊いてよ」

にこ(帽子を合わせやすい髪形か。となると…やっぱり)

【星空家】

凛ママ「にこちゃん!久しぶりー♪」ギュー

にこ「お、お邪魔します///」

にこ(星空先生っていつまでも若いっていうか、いまだに卒業生を小学生扱いしてるっていうか…まあいいけどね)

凛「帽子?」

にこ「凛なら髪短いし、どんな帽子も合わせやすいでしょ?」

凛「んー。でも帽子被るのって野球と水泳くらいじゃないかにゃ」

にこ「へ?…ああ、スポーツの話?」

凛「そう。せっかく髪を短くして軽くて動きやすいのに、帽子被ったら意味なくない?」

にこ「それが理由で髪短くしてんの?」

凛「基本的にそんな感じ。邪魔にならないし、洗って乾かすのも楽だし」

にこ「なるほど。凛の場合スクールアイドル始めるまでスポーツ中心の生活だったのね」

凛「今でも好きだよ♪バスケやサッカー、陸上とか帽子被らない競技が多いけど」

にこ(短くて帽子が合わせやすくても、もともと髪形の目的が目的だから結局あまり帽子は使わない。か…)
5: 名無しで叶える物語 2017/08/18(金) 19:23:15.38 ID:k5lBBqoBK.net
凛ママ「凛。これ持ってってくれる?」

凛「師匠のところ?」

凛ママ「そうよ」

凛「はーい。行こ、にこちゃん」

にこ「師匠って?」

凛「凛のラーメン道の師匠♪」

【小泉家】

花陽ママ「あらあら、今日は凛ちゃんの彼女さんも一緒?」

にこ「え!?」

凛「ちがうよー。カノジョじゃなくて先輩!μ'sの矢澤にこちゃん」

花陽ママ「にこちゃん…矢澤先生のところの?大きくなったわねー♪」ナデナデ

にこ「は、はあ。どうも///」

にこ(師匠って小泉先生か…そういえばラーメン好きだって言ってたっけ。娘の花陽はラーメンよりごはんが好きみたいだけど)

『でもなんで麦わらなんだろうね?稲わらじゃダメなんでしょうか?』

にこ(花陽に訊いてみるか…)

花陽「ふっふっふ。私にその質問を持ってくるとは…」

にこ「な、なによ?」

花陽「あるんですよ。稲わら帽子」

にこ「マジ!?」

花陽「麦と稲では、当たり前だけど藁も材質が違うでしょ。麦わらのほうがより加工しやすく、身につける物に適した素材なの。綿と麻の違いで例えればわかりやすいかなぁ?それに近い感じ」

にこ「へー」

花陽「だけど今は加工技術も進歩してるから、稲わら帽子も作られてるし、入手もそんなに難しくないよ。これがその稲わら帽子」

凛「なんか面白い形の帽子だねー♪」

にこ「麦わら帽子みたいな普通のはないの?」

花陽「あるけど…同じ帽子を作るんだったら、やっぱり麦わらのほうが素材として優秀だから。稲わらの欠点を補ったり、特色を活かすように新しい帽子が作られてるんだよ」

にこ「花陽がそこまで帽子に詳しいなんて思わなかったわ…」

凛「かよちん、すごいにゃ♪」

花陽「何でも詳しいわけじゃなくて、藁関連だけだよ。食糧生産の副産物だから…エヘヘ」
6: 名無しで叶える物語 2017/08/18(金) 19:30:40.84 ID:k5lBBqoBK.net
にこ「じゃあ、花陽が好きな帽子はやっぱり稲わら帽子?」

花陽「稲わらも麦わらも好きだよ。そんなにいつも被るわけじゃないけど、やっぱりシンプルで可愛い帽子がいいな♪」

凛「シンプルならスイムキャップが一番にゃ!」キュッ

花陽「それは泳ぐときしか使わないし…あんまり可愛くないっていうか」

凛「じゃあ野球の帽子は?」サッ

花陽「私は野球しないから…」

凛「結構機能的なんだけどにゃ。夏用はメッシュになってたりするし」

にこ(昔から仲良しの凛と花陽でさえ帽子だけでもこんなに考え方が違うもんなのね)

花陽ママ「うふふ。それで実際どうなの?」

にこ「はい?」

花陽ママ「凛ちゃん的には、にこちゃんをお嫁さんにしたら相性も良さそうじゃない?」

凛「そうかもにゃ。にこちゃん、家事は全部やってくれるよねー?」

にこ「いや、あんたも手伝いなさいよ。よっぽど凛の仕事が忙しくて稼ぎがいいならできるだけ私が頑張るけど」

花陽「そ、それって本当に結婚する気があるってこと!?」

にこ「別に…凛だって本気じゃないでしょ?」

凛「えへへ。どうかにゃー?にこちゃんは、凛のお嫁さんになりたい?」

にこ「条件が整えばね。その上で凛が私を選んでくれるんだったら…やっぱり嬉しいし///」

凛「そっか。じゃあ約束♪」ギュ

にこ「…本気?」

凛「にこちゃんが凛のお嫁さんになってくれるなら、凛も頑張るよー♪」

にこ「そ。じゃあ、よろしく///」ギュ

花陽ママ「あらあら♪」

花陽(いいなぁ…)
7: 名無しで叶える物語 2017/08/18(金) 19:32:38.68 ID:k5lBBqoBK.net
【神田明神】

希「うーん。帽子なぁ…」

にこ「希の髪形なら割と使いやすいんじゃない?」

希「まあ邪魔になることは無さそうやけどね。個人的には、あんまり帽子は使わんなぁ」

にこ「もったいないわね。似合いそうなのに」

希「そう?…ウチが帽子被ったら、にこっちもウチに惚れちゃったりするんかな?」

にこ「惚れないわよ」

希「あ、そう…」

にこ「でも神職って帽子がつきものでしょ?なんか日本史に出てくるようなやつ」

希「冠や烏帽子のことかな。冠っていうのは、冠位十二階の冠ね」

にこ「巫女にはないの?」

希「うーん。基本的には男子のための物やないかな?」

にこ「あ、そう」

希「冠は帽子っていうより、頭に乗せて落ちないように固定する感じかな。ファッションアイテムであるやろ?明らかに頭が入らないサイズの帽子」

にこ「ゴシックロリータとか、ことりの衣装でたまにあるようなのとか?」

希「そうそう。冠はあくまで祭礼の正装の一部で、普段使いやないし。実用的やないからファッションという見方もできるけどね」

にこ「烏帽子のほうは?」

希「烏帽子は用途によって種類も様々やな。すっぽり被れるのから乗せるだけの物まで…時代によっても違うかな。武士、貴族、神職の違いもね」

にこ「やっぱり和装のときしか使わないのが普通よね?」

希「まあね。烏帽子自体、個性的で面白いデザインではあるから、こうじゃなきゃいけないってことないとは思うけど」

にこ(冠や烏帽子が珍しくなかった時代…その中でも異端だったり目立つ存在は居て)

にこ「今日の烏帽子は…これかな♪」

にこママ「にこ」

にこ「」ビクッ

にこママ「また男子の装束など真似て…そんな姿でどこへ行くつもり?」

にこ「舞を見に行くの。いいでしょ?この装束のほうが動きやすいし」

にこママ「いけません。貴族の娘が人前に出るときはそれに相応しい装いというものが…」

にこ「行ってきまーす!」タタッ

にこママ「あっ、待ちなさい!にこー!…もう。困った子ね」ハァ

にこ(外に出ちゃえば、こっちのもの…この姿なら、よほど親しき間柄でなければ私だとわからないはず)
9: 名無しで叶える物語 2017/08/18(金) 19:37:09.66 ID:k5lBBqoBK.net
にこ(えーと…こっちの道でいいのよね?都は道が多くて走っているとたまに迷うわ)

ドン

にこ「きゃ」
凛「にゃ><」

にこ「いたた…」

凛「だ、大丈夫?…ごめんにゃ」

にこ「えっ。その声…あなたも女の子?」

凛「そうだよー。凛は源凛(みなもとのりん)っていうの。キミは?」

にこ「藤原穆子(ふじわらのボクっこ)」

凛「ボクっ娘?…そらまる?」

にこ「徳井じゃなくて、にこよ」

凛「にこちゃん。よろしくにゃ♪烏帽子似合うね。可愛いよー♪」

にこ「そ、そう?ありがと(可愛いなんて初めて言われた)…あなたの烏帽子も似合ってて素敵よ」

凛「えへへ。ありがと。お気に入りなんだー♪」

にこ(お互い同じ趣味をもつ者同士、凛さまと私はすぐに打ち解けた)

凛「早く嫁をもらえってお母さんがうるさいんだ」

にこ「そうなの?…私より年下なのに」

凛「にこちゃんが凛のお嫁さんになってくれたらいいのに♪」

にこ「いや、ちょっと待って。源倫子って確か藤原穆子の娘でしょ!?母娘でそれはちょっと…」

凛「凛は倫子じゃなくて凛だからいいの」

にこ「本当にいいのかしら…」

凛「にこちゃんは凛のお嫁さんになりたくないのー?」

にこ「なりたいわよ。当たり前でしょ///」

凛「じゃあ、連れて帰ってお母さんに紹介するにゃ♪乗って!」

アルパカ「メ゙ェェ」

にこ「馬に乗るの?大丈夫かしら…」

凛「大丈夫にゃ!」ギュ

にこ「わ。(…お姫さま抱っこってやつ?)」

凛「ほっ」ヒラリ
10: 名無しで叶える物語 2017/08/18(金) 19:37:52.77 ID:k5lBBqoBK.net
凛「落っこちないように、しっかりつかまっててにゃ。ぎゅーって凛に抱きついてね?」

にこ「…うん///」ギュー

凛「行っくにゃー!」

アルパカ「メ゙ェー♪」

パカッパカッ

にこ(凛さま…素敵///)ドキドキ

希「おーい、にこっちー?帰ってこーい」

にこ「はっ!?…い、いけない…意識が千年前くらいに飛んでたわ」

希「にこっち、どんな妄想してたん?」ニヤニヤ

にこ「な、なんでもないわよ」

希「ふーん?…凛さま♪」

にこ「ぎくっ」

希「…とか言ってたけど?」ニヤニヤ

にこ「う、うるさいうるさい!それより帽子よ、帽子の話!」

希「烏帽子といえば、カツオノエボシっているやん?」

にこ「鰹節と煮干し?」

希「にこっち…おなか空いてるん?」

にこ「いや、ちょっとボケてみただけよ。それくらい知ってるって。クラゲでしょ?」

希「普通のクラゲとは全く違うんやけどね。カツオノエボシはヒドロ虫の集合体で、海岸に転がってる青いビニールみたいな死んだカツオノエボシでも触ると刺される。しかも人が死ぬレベルの猛毒や」

にこ「そんなにやばいのね…どうしてそんなのが烏帽子って名付けられたのかしら?しかも何がカツオ?」

希「本州の太平洋側でカツオが獲れる初夏に流れ着く厄介なクラゲなん。烏帽子は…物によっては形がちょっと似てるんやない?」

にこ「似てるかしら?…まあいいけど」

希「たくさんついてる触手が最長50メートルくらい伸びるらしいから、近くにいるだけでも刺されやすくて危険なん」

にこ「ごじゅう!?…冗談でしょ?」

希「いや、ホンマやって。とにかく他の生物がうっかり触れて刺されやすいようにできてる厄介なやつや」

にこ「そういう話を聞いてると海に行きたくなくなるわ…」

希「まあ…たぶんアイスランドの海域には出ないんやないかな?」
12: 名無しで叶える物語 2017/08/18(金) 19:42:05.80 ID:k5lBBqoBK.net
【音ノ木坂】

真姫「烏帽子といえば、エボシダイっていう魚もいるわよ」

にこ「烏帽子を被ったような姿の魚?」

真姫「いや、もう烏帽子は関係ないわね。単にカツオノエボシの毒が効かなくてカクレクマノミみたいに共生してるの」

にこ「ああ、そっちのパターンね…どういう魚なの?」

真姫「エボシダイ自体は割と地味な深海魚よ」

にこ「ちょっと待って。カツオノエボシは自力で泳げなくて海面に浮いてるのよね?なんで深海魚が出てくるわけ?」

真姫「エボシダイは幼魚のうちはカツオノエボシの毒に耐性をもってて、カツオノエボシの触手に隠れて海面付近に浮いてるの。大きくなると自立して海底に潜る」

にこ「成長すると生態が変わるのね…」

真姫「そう。一年生の頃はステージの上で笑顔をふりまき、三年生になると狭くて薄暗い部室に引きこもって一人で」
にこ「誰のことよ!?」プンプン

真姫「冗談よ。悪かったわ」ナデナデ

にこ(バカにされてる気がする…)

にこ「それより真姫はどういう帽子が好きなの?」

真姫「夏はキャップ、冬はニット帽かしらね。まあ、基本的に帽子は割と何でも好き」

にこ「ふーん…どれくらい持ってるの?」

真姫「たくさんあるわよ。使ってないのもあるけど…見に来る?」

【西木野邸】

にこ「うわ、何これ…専門店?」

真姫「大袈裟ね。私の趣味じゃない物は置いてないからそんなに種類は多くないはずだけど」

にこ(使わなくてもとりあえず買ってんのかしら…ブルジョワめ)

真姫「あなたは?」

にこ「え?」

真姫「いや、にこちゃんはどういう帽子が好きなのかと思って」

にこ「私は帽子って滅多に使わないのよ。髪形が目立たなくなるし…」

真姫「ふーん…」
13: 名無しで叶える物語 2017/08/18(金) 19:47:30.55 ID:k5lBBqoBK.net
【音ノ木坂・弓道場】

海未「にこ!遅かったじゃないですか」

にこ「え?…何、まさかわざわざ待ってたの?」

海未「にこがメンバーに帽子のことを訊いて回っていると…それなら真っ先に私のところへ来てくれればいいのに」

にこ「あー、そういえばあんたは帽子にこだわりがあるようなこと言ってたわね」

『そ、そうですね…私は、ベレー帽とか…』

海未「もちろんです!帽子は人類にとって欠かせない相棒…いや、愛帽なのですから!」

にこ「よくわかんないけど…で、海未はやっぱりベレー帽?」

海未「夏は麦わら帽子などのほうが良いかもしれませんね」

にこ「じゃあ稲わら帽子は知ってる?」

海未「もちろん知っています!稲わらは麦わらに比べて傷みやすい欠点があり、その質感に反して繊細な帽子なのです」

にこ「なかなかやるわね…」

海未「にこ!あなたも帽子に興味をもってくれて…私は嬉しいです」ウルウル

にこ「いや、まだ私は帽子を被ろうっていう段階じゃないんだけど…」

海未「しかし、どんな帽子が良いか試行錯誤を重ねている段階なのでしょう!?」

にこ「まあ…まだ何も試してないけど、事前にリサーチをね」

海未「それで、気になる帽子はありましたか?やはり通好みの稲わら帽子でしょうか!?」

にこ「烏帽子」

海未「えっ。…烏帽子!?」
14: 名無しで叶える物語 2017/08/18(金) 19:49:50.32 ID:k5lBBqoBK.net
\タタタターン タララーン♪/

海未「このまま塔に登りますよ。宝箱はすべて回収しましょう」

凛「テンション上がるにゃー♪」

真姫「めんどくさいわね…」カミノケクルクル

にこ「ま、こんな序盤じゃ大したお宝も無さそうだけど…」

ゲコゲコ…

真姫「フロッガーが出たわ!」

凛「えーい!」ドカッ

にこ「邪魔よ!」ゲシッ

海未「はっ!」ズバー

ヒラヒラ

海未「“じんめんちょう”が出ました!」

凛「蹴散らすにゃ!」グシャ

にこ「叩き落とすわよ!」ベシッ

真姫「メラ」ゴーッ

海未「殲滅します!」スパッ

ドタバタ

凛「行き止まりにゃ」

海未「部屋の真ん中に宝箱が一つだけ…」

真姫「怪しいわね」

にこ「ま、序盤だし罠なんか無いわよ」ガチャ

凛「かわのぼうしが入ってるにゃ」

海未「真姫。装備してください」

真姫「え、私?」

海未「ええ。序盤は後ろを狙って攻撃してくる敵が多いですから…守備力を上げておかないと」

真姫「ふーん…まあいいけど」スポッ
15: 名無しで叶える物語 2017/08/18(金) 19:50:42.26 ID:k5lBBqoBK.net
にこ「でも…かわのぼうしって何の革なのかしらね?」

真姫「安物の合成皮革でしょ?」

海未「ですが、この時代にそんな技術があるでしょうか?」

凛「じゃあ何の革なのー?ヘビ?ワニ?」

にこ「牛革とかもあるんじゃない?」

真姫「馬はよく見かけるけど、牛なんて全然いないわよ」

海未「ワニもいないじゃないですか。ヘビなら居ますけど…」

にこ「ヘビの革ってこんな質感じゃないでしょ?」

凛「じゃあ何の革なのー?」

真姫「この世界に一番たくさんいる生き物は…モンスターね」

海未「モンスターの革で作った帽子なんですか!?」

にこ「それが妥当なところかしらね。…ただ、大量生産の市販品となるとあまり強いモンスターではなさそうだけど」

凛「安物だもんにゃー」

真姫「スライムは論外として、おおがらすは羽毛。いっかくうさぎは毛皮。おおありくい…も違うわよね?」

海未「いえ…待ってください。おおありくいを倒すと、まれに“かわのぼうし”が手に入るんですよ」

にこ「じゃあ、かわのぼうしって…」

凛「おおありくいの皮なのー!?><」

【レーベ】

にこ「…っていう」

絵里「なるほどね…かわのぼうしが何の皮なのか、確かにそこまで考えたことなかったわね」

にこ「まあ、私は武闘家だから帽子は装備できないんだけど…」

絵里「でも、どうしてかしらね?…帽子を被ったくらいでそこまで重くなるとも思えないし、武器を使うより敵に接近して戦う分むしろ武闘家こそ帽子が必要じゃない?」

にこ「多分そこまで考えてないでしょ。単純にゲームバランスとして、守備力の基礎になるすばやさは突出して高いけど防具はろくなもん装備できなくすることで、強くなりすぎないように調整してんのよ」

絵里「そうハッキリ言ってしまうと身も蓋もないけど…まあ、ヘタに最弱防具だけ装備できると持ち物の空きが減って邪魔になるわよね…」

にこ「そうそう。ゲームが進むにつれて余計な道具をたくさん持たなきゃいけないからね。装備と道具欄が完全に分かれてりゃいいのにって思うわ」

絵里「帽子といえば、ここのお店に売ってるターバンは布なのに皮の帽子より強いのよね…誰でもターバンくらい身につけられそうなのにどうして私たちは使えないのかしら?」

にこ「それもわかんないわよね。どこにでもありそうな布が皮より強いんだったら何のための皮よ?おおありくいも浮かばれないわよ」
17: 名無しで叶える物語 2017/08/18(金) 19:58:01.65 ID:k5lBBqoBK.net
絵里「ターバンこそ武闘家が装備できるようにすればよかったのに…」

にこ「まあそれはゲームバランスの以下同文」

【アッサラーム】

にこ「“きんのかんむり”を持ち逃げは基本よね」

凛「イシスまで行けばロマリアへ戻る必要なんてもうないもんにゃ」

花陽「アハハ。凛ちゃん…」

絵里「ふしぎなぼうしが手に入らない限り、花陽が装備できる最強の帽子は“きんのかんむり”なのよね」

花陽「確かに頑丈そうだけど、これ頭に乗せて戦うのは重いよぉ…」

にこ「でも結局ターバンより弱いってのが何とも…金が鉄より脆そうなのは納得いくとして、布以下はひどくない?」

凛「高く売れたりもしないしゲーム内で金の価値なんてほぼ無いに等しいにゃ」

絵里「でも、ちょっと待って。金が鉄より脆いなら、てつのつめはどうしておうごんのつめより弱いの?」

にこ「それはほら、外せなくはならないけど一応あれも一種の呪われた装備じゃない。呪われた装備は最強って相場が決まってんのよ」

花陽「帽子の話から脱線しちゃってるけど…」

【グリンラッド】

絵里「というわけで、魔法使いのための最強の帽子こと“ふしぎなぼうし”を探しに来たわ!」

凛「ここ、ちょっと寒くないかにゃー?><」フルフル

にこ「ひょうがまじんとスノードラゴンはいいけど、ビッグホーンが地味に邪魔よね。4匹出るし呪文は効きにくいし眠らされるしイライラするわ」

凛「裏技で帽子だけ出しちゃえば戦って集める必要もなくなるにゃ」

真姫「いや、それができるならレベルも簡単に99まで上げられるし帽子どころか魔法使いなんて要らなくなるわよ」

絵里「そうよ。やっぱり地道に集めてこそゲームとしての楽しみが…」

ドドドド

にこ「げっ…早速ビッグホーンが出たわよ」

絵里「ルーラ!」
18: 名無しで叶える物語 2017/08/18(金) 20:00:16.14 ID:k5lBBqoBK.net
【アッサラーム】

ことり「僧侶と賢者は“てつかぶと”があれば帽子いらないよね?」

亜里沙「でも鉄でできてるんですよね?重くないのかな?」

「重いわ!」

ことり「だ、誰!?」

亜里沙「その声…お姉ちゃん?」

絵里「そうよ。勇者は“てっかめん”を装備できるから買ってきたの」

亜里沙「重そうだし顔が完全に隠れちゃうね…」

にこ「もはや帽子っていうよりただの甲冑ね」

絵里「ことりと亜里沙の“てつかぶと”も買っておきましょう」

ことり「まあ…てっかめんよりは軽いよね」

亜里沙「お姉ちゃん…てつかぶと、すごく高いよ!?」

にこ「ここの店は“いいえ”を繰り返して一番安くなるまで値切って買うのよ」

絵里「それでも定価の倍だけどね…」

【バラモス城周辺】

にこ「やっと取れたわ!ふしぎなぼうし!」

真姫「不気味なデザインね…」

海未「これはどういった素材で作られているのでしょうか?」

にこ「さあ?…特殊な効果があるしモンスターしか持ってないんだから人間が普通に使ってる素材じゃないかも」

凛「また何かの皮!?」

真姫「皮っぽくはないわよ。繊維じゃないの?」

にこ「じゃあモンスターが吐き出す糸とか?」

凛「まだらくもいと!」

海未「マミーの包帯とか…」

真姫「ヴェぇ…それはないでしょ?さすがに…」

にこ「帽子を被ってるモンスターなら、あのホウキに乗ったBBAがいるけど」

海未「“まじょ”と“まほうおばば”ですね」

凛「一番人間っぽいモンスターだよねー?」

真姫「それならカンダタなんてただの人間でしょ」

にこ「あれは帽子っつーより覆面?」
21: 名無しで叶える物語 2017/08/18(金) 20:02:46.30 ID:k5lBBqoBK.net
海未「シャーマンやゾンビマスターもお面をつけただけの人間という感じがしますね…」

凛「エビルマージはー?」

にこ「ああ、あれも頭まですっぽり隠れてるわね。中身は人間かしら…」

真姫「だいぶ帽子の話題から脱線したけど…」

海未「あとは呪われた装備くらいしかありませんし、帰りましょう」

【南エスタミル】

にこ「って、ここどこ?」

凛「えへへ。凛たちは盗賊だよー♪」

にこ「今度は凛だけ帽子?」

凛「変わったデザインだけど、これも“かわのぼうし”なんだにゃ」

にこ「何の皮よ?…またモンスター?」

凛「でも敵が持ってるわけじゃないからにゃ」

にこ「じゃあ普通の動物の皮?」

凛「んー。動物は馬と、クリスタルシティにいる猫くらいしか見かけないよー?」

にこ「モンスターのほうが多いのね…大量生産ならやっぱりモンスターの皮かしら?」

凛「リガウ島の恐竜は?大きいし、皮も丈夫そうだよ」

にこ「いや、強すぎて人間なんか踏み潰されるわよ。しかも恐竜の皮なら最弱装備なわけないでしょ」

凛「そっか。じゃあ弱いモンスターの皮なのかにゃ…リザードマン?」

にこ「そのへんが妥当かしらね…あとはバファルタイガーとか」

凛「そーだ!お店で売ってるんだから、お店の人に訊いてみればいいんだにゃ」

【タラール族の村】

ヒデコ「お客さん!弓を買っておくと便利ですよ!」

にこ「いや、今日は弓じゃなくて帽子」

凛「この“かわのぼうし”って何の皮なんですかー?」

ヒデコ「企業秘密です」

にこ「教えなさいよ。モンスターの皮なんじゃないの?」

ヒデコ「弓を買ってくれたらヒントを、アクスを買ってくれたら答えを教えますよ」

にこ「はぁ!?なによそれ。せこい商売するわね」

ヒデコ「ほとんどのプレイヤーがここへたどり着く前にうちは店じまいなんですよ。だから全然儲からなくて…」シクシク
25: 名無しで叶える物語 2017/08/18(金) 20:09:52.06 ID:k5lBBqoBK.net
凛「アクスは高くて使いづらいにゃ。ミスが多いし技もイマイチだし…」

にこ「ったく、しょうがないわねー。じゃあ弓を買うからヒントってやつを教えなさいよ」

ヒデコ「毎度ー♪」

凛「それで、かわのぼうしは何の皮なんですかー?」

ヒデコ「騎士団領にモンスターが出るダンジョンがあるんですけど、そこの宝箱に一つだけ“かわのぼうし”が入ってるんですよ」

にこ「…で?」

ヒデコ「その辺りにいるモンスターの皮かもしれませんね」

凛「行ってみるにゃー」

にこ「また余計な出費ね…アクスよりはマシだけど」

【ミルザブール】

絵里「金、金、金!騎士として恥ずかしくないんですか!?」

理事長「確かに…ですが、そう簡単に兵士が集まらないからこそ、この結果なのです。何か良い方法があるんですか?」

絵里「…」

にこ「絵里がラファエル?…テオドールは誰よ?」

凛「凛は知らないよー」

絵里「私が行きます!」

理事長「思いつきで行動しても簡単に状況は変わりません。騎士団は今いる住民の生活をより良くすることを考えるべきです」

ほの母「私がいるから大丈夫よ♪」

理事長「きぃちゃん…」

穂乃果「絵里ちゃん!私も連れてって!」

絵里「大丈夫よ穂乃果。にこたちも手伝ってくれるから…必ずモンスターを退治して帰ってくるわ」ナデナデ

穂乃果「絵里ちゃん…」ギュ

ほの母「じゃあ行きましょうか♪」

凛「穂乃果ちゃんのお母さんが一緒に来るみたい」

にこ「えぇ…和菓子屋がミルザブールの領主なの?」

穂乃果「お母さんは高校時代から音ノ木坂騎士団のリーダーなんだ♪」
26: 名無しで叶える物語 2017/08/18(金) 20:11:44.99 ID:k5lBBqoBK.net
【モンスター】

にこ「モンスターって。ここは何なのよ?」

ほの母「遺跡みたいな感じじゃないかしら?ちゃんとした名前がついてないくらいだから、放棄された古い砦の跡とか…」

絵里「それがモンスターに占拠されたからモンスター?…なんだか釈然としないけど…」

ほの母「モンスターを駆逐したら入口に穂むらの看板でも掛けちゃおうかしら♪」

凛「お菓子売ってないんだったらやめたほうがいいと思うけどにゃ…」

にこ「そういえば…かわのぼうしって何の皮なのか知ってます?」

ほの母「かわのぼうし?…さあ…私は使わないから知らないわ」

絵里「この辺りの弱いモンスター相手ならブロンズアーマーがあれば充分ですからね」

ほの母「そうね。私はHPも体力も高いから、このブロンズアーマーはあなたたちが使って」ヌギヌギ

にこ「はあ。どうも…(重そう)」

凛「にこちゃんは弓があるから後列でいいよね?凛のほうが体力あるし」

にこ「そーね…じゃあ凛がブロンズアーマー着なさいよ」

凛「わかったにゃ」

絵里「狭い通路にモンスターが…」

ほの母「ここはスライムばっかりね。でもだいたい他の魔物と一緒に出てくるから気をつけて」

えりにこ「はい」
凛「はーい」

プルプル ガシャ

ほの母「思ったとおりね。グリーンスライムとスケルトン、ゾンビ…」

絵里「あの浮いてるのは何ですか?」

にこ「ポルクスよ。エスタミル下水にもいたわ」

凛「グリーンスライムと変わらないにゃ」

ほの母「先制攻撃で片付けるわよ!」

凛「行っくにゃー!」スパッ

ギリギリ…

にこ「当たれっ!」ヒュッ

バシュッ

ほの母「はっ!」バサッ

絵里「ハラショー!」ズバー
27: 名無しで叶える物語 2017/08/18(金) 20:14:22.75 ID:k5lBBqoBK.net
プルプル

凛「にゃぁ!?」ネバー

にこ「ポルクスの粘液ね」

絵里「大丈夫なの…?」

にこ「ほぼ何の効果もないし問題ないわよ」

凛「えーい!><」プス

ほの母「あっという間に片付いたわね。先へ進みましょう」

絵里「このドアは何かしら?」ギィ…

プルプル

絵里「!?」

凛「敵が待ち構えてたにゃ」

にこ「スライムのくせに小賢しいわね」

ほの母「赤いスライムはブラッディウーズよ。私が仕留めるから、あなたたちは先に攻撃して」

凛「フルボッコにゃ!」シャキン

ヒュッ ザクッ

にこ「全然効いてない…?」

絵里「三人がかりで倒せないなんて…」

ほの母「少し上のランクのモンスターが相手だと最初はそんなものよ。術がないと苦労するわね」

バサッ

凛「簡単に倒しちゃったにゃ」

絵里「さすが音ノ木坂騎士団のリーダー…」

ほの母「ふふふ。ここを攻略したらあなたたちも強くなってるはずよ」

にこ「奥に宝箱がある…」

凛「何が入ってるのかにゃー?」ワクワク

絵里「かわのぼうし…」

にこ「ヒデコが言ってたやつね…」

凛「はい、にこちゃん」

にこ「初期装備のハードレザーとあわせて防御力4か…」

凛「でもスライムとゾンビとガイコツ?かわのぼうしの材料になりそうなモンスターなんていなかったよねー?」

ほの母「反対側にもドアがあったわよ。行ってみましょ」
28: 名無しで叶える物語 2017/08/18(金) 20:15:55.83 ID:k5lBBqoBK.net
絵里「また何かいるかもしれないし、慎重に開けましょう…」ギィ…

ザワザワ

にこ「うわ、ここは虫ばっかりね」

凛「かわのぼうしの材料は虫なの!?」

絵里「虫の殻って、こんな質感じゃないと思うけど…」

ほの母「来るわよ。気をつけて」

ゴロゴロ…

凛「なんか緑色の硬そうな虫だよー?」

ほの母「スカラベだわ。さっきと同じようにあなたたちが先に攻撃して。私が仕留めるから」

凛「えいっ!」ガッ

にこ「見た目どおり硬いわね」ヒュッ

絵里「小さくて、強そうには見えないけど…」ガキン

ほの母「はっ!」バサッ

にこ「アイアンソードのひと振りで、あれを真っ二つ…」

凛「すごいにゃ!」

ほの母「これくらいのランクでも、もっと強敵が出たりするから…気を引き締めて行きましょ」

絵里「今度は向こうのドアを開けてみましょう…」

にこ「どこを開けてもモンスターだらけね。今度は何が出るのかしら…」

ギィ…

凛「わあっ、妖精?かわいいにゃー♪」

絵里「って、亜里沙!?」

亜里沙「あっ、お姉ちゃん!」タタッ

絵里「な、何してるのよ?そんなかっこうで…服を着なきゃダメよ?」

亜里沙「でも私、モンスターよ。ほら、しっぽもあるし」

凛「アクスを持った金髪の女の子のモンスターにゃ」

にこ「トカゲみたいなしっぽがあるわね」

亜里沙「トカゲじゃないよ。ドラゴン!亜里沙はドラゴニュートなの♪」
29: 名無しで叶える物語 2017/08/18(金) 20:17:37.41 ID:k5lBBqoBK.net
絵里「トカゲでもドラゴンでもいいから服を着て。女の子なんだから…ほら、私のブロンズアーマーを貸すから」ヌギヌギ

亜里沙「はーい…重そう」ガシャ

ほの母「アクスを使えるんだったらブロンズアーマーを着るくらい大丈夫じゃない?」

凛「あの重くて使いにくそうな斧を振り回せるんだったら意外と力持ちなのかにゃ?」

亜里沙「えへへ。だって竜だもん♪」

にこ「まさかとは思うけど…かわのぼうしってドラゴニュートの皮?」

絵里「そ、それはちょっと…かわいそうじゃない?」

亜里沙「しっぽを切ってもトカゲみたいに生えてくるの♪」

にこ「マジ!?」

【神田明神】

希「それで結局、自由研究はどうなったん?」

にこ「ああ、うん…それなんだけど」

【矢澤家】

こころ「ふふふふふんふーふーんふん♪」カキカキ

にこ「こころ。何を描いてるの?」

こころ「新しい帽子のデザインです♪」

にこ「へー。結局こころも帽子にしたのね」

ここあ「いろんなぼうしをつくってみるの!」

にこ「稲わらを編んだりするの?」

ここあ「これだよ♪」オリオリ

にこ「それって…新聞紙の兜?」

ここあ「んー。うまくできないなー」ペラッ

にこ「あ。そういえば…折り紙の専門家がいるじゃない」

こころ「専門家?」
30: 名無しで叶える物語 2017/08/18(金) 20:18:49.96 ID:k5lBBqoBK.net
【小泉家】

ここあ「こいずみせんせー♪」ギュー

花陽ママ「うふふ。いらっしゃい、ここあちゃん。こころちゃんとにこちゃんも」ナデナデ

こころ「お久しぶりです小泉先生。お世話になります」ペコ

花陽「新聞紙だけでも、それなりの強度をもつヘルメットができますよ!」

にこ「へー」

にこ(帽子と言っていいのかわからないけど…まあ、こういうのもありかしらね)

コツコツ

ここあ「かたいよ♪」

花陽「うん。上手にできたね」ナデナデ

ここあ「えへー♪」キャッキャ

こころ「次は何を使って作りましょうか…」

ここあ「ぎゅうにゅうのパックは?」

こころ「それも紙ですよ。もっと変わった材料のほうが…」

花陽「紙以外の材料っていうと…やっぱり稲わら?」

にこ「でも子供には扱いが難しくない?私たちでも簡単じゃないでしょ」

ここあ「かわのぼうし!」

こころ「皮って、何の皮ですか?」

ここあ「えへへ。おうちにある“かわ”でつくるの!」
31: 名無しで叶える物語 2017/08/18(金) 20:19:16.73 ID:k5lBBqoBK.net
【矢澤家】

ペタペタ

ここあ「できた!」

にこ「うわ、なにこれ!?」

ここあ「バナナのかわのぼうし!」

にこ「えぇ…いや、こんなの日保ちしないわよ。夏休みが終わる前に腐っちゃうじゃない」

ここあ「せんせいにみせにいこー!」

こころ「そうですね。夏休みが終わる前に提出してはいけないとは言われていませんし…」

にこ「まあいいけど…じゃあ気をつけて行ってきなさい」

こころ「はい」
ここあ「はーい!」

【小学校】

凛ママ「へー。バナナの皮の帽子なんて初めて見た…」

ここあ「えへへ。すごいでしょ?ここあがつくったの!」

こころ「デザインは私が考えたんです」

凛ママ「ふふふ。面白い自由研究ね。じゃあ、色が変わっちゃう前に写真撮っておこうか…」

こころあ「にっこにっこにー♪」パシャ

こころ(長いようで、あっという間の夏休み…)

ここあ(つぎは、なんのぼうしをつくろうかなー♪)



おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『こころ「八月十日は帽子」ここあ「しゅくだい!」にこ「はぁ?自由研究?」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。