果南「肩もみする?」

シェアする

果南-アイキャッチ1
(生徒会室)

ダイヤ「はぁ….まだまだ処理しなければならない書類がたくさんありますわね」

ダイヤ「ですが生徒会長たるもの責任を持ってやらなくては、なんとか今日中に終わらせてその後はAZALEAの新曲の制作…」

ダイヤ「やる事が山積みですわね」

pixiv: 果南「肩もみする?」 by アカツキ☆

スポンサーリンク

ガチャ

果南「あ、ダイヤいたいた」

ダイヤ「果南さん、どうしました?」

果南「今度の球技大会の書類提出しに来たんだけど…相変わらず忙しそうだね」

ダイヤ「えぇ、でも大丈……痛た」

果南「肩なんか押さえちゃって…ダイヤ相当疲れてるんじゃないの?」

果南「……よし!ダイヤ、今日は果南お姉さんが労ってあげる♪」スッ

ダイヤ「はい?なぜ私の背後に回るんですの」

果南「肩揉んであげるよ、そしたら少しは楽になるよ?」

ダイヤ「いや悪いですわよそんなの…だいたいまだ書類整理が」

果南「じゃあ肩擦ってくからねー」スッスッ

ダイヤ「聞いてませんね⁉︎」

ダイヤ「………ん?というかいま擦ると言いましたよね?揉むのではないのですか」

果南「いきなり揉んだら肩がびっくりしちゃうんだよ、まずは肩を充分に擦って血行を良くしてあげなきゃ」

果南「凝ってると擦るだけでも気持ちよくならない?」スッスッ

ダイヤ( ん…確かにそうかもしれませんわね、摩擦熱がじんわりと… )

果南「うわー凝ってるねダイヤ…肩ガチガチだよ」スッスッ

ダイヤ「そうでしょうか?」

果南「うん、まさに硬度10ってカンジ?」

ダイヤ「果南さ〜ん?」

果南「睨まないでよ…とにかく任せて、今日はこの硬度を10から0にしてあげるから遠慮しないで揉まれちゃいなよ」

ダイヤ「……言い方はアレですが分かりましたわ、そこまで言ってくださるなら頼みますわ」

果南「オッケー!そろそろ擦るのはよさげだし、軽く揉むよ?痛かったから言ってね」グッ…

ダイヤ「っ……」

果南「あ、痛い?」

ダイヤ「いえ…慣れない刺激だったもので、強さはちょうどいいですわ」

果南「そっか、じゃあこのまま…」

グッ…ググッ………

ダイヤ「んっ……」

ダイヤ( これは…想像以上に…!)

果南「肩はやみくもに揉んでもダメだからね、ツボをしっかり押さえて的確に…」

ギューッ…

ダイヤ( あぁあ……!)

果南「生徒会長は机仕事とか多いでしょ?おまけにダイヤはこんな性格だし、緊張や責任感が肩に伝わっちゃってるんだよ」ギューッ

ダイヤ「んぁっ…」

果南「Aqoursの練習もキツいし、そりゃ肩も凝るわけだ…うんうん」

ダイヤ「Aqoursの…んっ、練習に関しては…果南さんだって、同じではないですかっ……」

果南「声が途切れ途切れだよ?こりゃいい感じに気持ち良くなってもらえてるみたいだね」

果南「気に入ってもらえたみたいだし、首まわりもほぐしちゃおうか♪」

果南「首の根もと、凹んでるあたりを両側からぎゅーっと…」ギュゥゥゥ

ダイヤ( あぁ〜……)

果南( ダイヤ、すごいだらしない顔になってるなぁ )

ダイヤ( 首の力が抜けていきます…刺激が脳に伝わって、頭までスッキリしていくような心地よさですわ… )

果南「首の下から上に向かって優しくツボを指圧して…」グッ

果南「あ、ダイヤここ痛くない?生え際のあたり、ぐりぐりしてる」

ダイヤ「痛たたた…なんでここだけ妙に痛いんですの」

果南「目が疲れてるとここのツボが痛むんだよ、痛がるかなと思ってたけどやっぱりかぁ」

ダイヤ「まぁ最近は書類整理も多かったですし目を使いすぎていたかもしれません…痛たた」

果南「ここのぐりぐりを解消しちゃえば一気に楽になるから、少しの辛抱だよ」グッ…グッ……

果南「ジワーッと気持ちよさが目にくるはずだから」

ダイヤ「確かに…なんだか目のまわりが暖かくなっている気がします」

果南「血行がどんどん良くなってるね、首や肩の凝りは頭痛にも影響しちゃうから、なるべく柔らかくしてあげないと」ググーッ…

ダイヤ「んぁっ…!……気をつけますわ」

ダイヤ( 変な声が出てしまいましたわ…恥ずかしい )

果南「よし…とりあえずこんなもんかな?」

ダイヤ「終わりですか?ありがとうございます果南さん、私のためにわざわざ…」

果南「こらこら、まだまだ凝ってるトコロいっぱいだよー?ほら前向いて」

ダイヤ「はぁ…」

果南「頭皮のマッサージ、ダイヤの賢くて可愛い頭がしっかり働くようにスッキリさせておかなきゃ」

果南「頭皮をずらす感覚で前後にぐいぐいと…」ギュッギュッ

ダイヤ( これもいいですわね… )

ダイヤ「ふぅ………」

果南「眠そうだね、寝てていいよ?」

ダイヤ「ですが寝てしまってはこの後の仕事に影響が…」

果南「疲れた状態でやっても効率悪いよ?休む時は休む!溜め込むのは禁物だよダイヤ」スーッ…

ダイヤ( あ、髪を撫でられてる… )

ダイヤ( 誰かに頭を撫でてもらうなどいつぶりでしょうか )

ダイヤ( 気が抜けたせいか一気に眠気が… )

ダイヤ「すぅ…………」

果南「お、寝ちゃった?」

ガチャ

曜「ヨーソロー!!ダイヤさん球技大会の書類を提出しにき 果南「曜しずかに!!」トゥアア!?」

ダイヤ「zzz…」

曜「珍しい…ダイヤさんが硬度0どころかマイナスのふにゃふにゃ顔で寝てる」

果南「ふふ、しばらくそっとしといてあげようね」

曜「心地よさそうな顔、これはさぞ幸せな夢を見て…」

ダイヤ「むにゃ…ルビィまた私のプリンを…」

曜「……るわけでもないみたいだね」

果南「あはは…」




〜終わり〜
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『果南「肩もみする?」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。