千歌「いろいろ果南ちゃん」

シェアする

果南-アイキャッチ10
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/22(火) 01:38:58.77 ID:W8R05icK0
【部室】

千歌「……」

千歌「暇だ…」

千歌「1年生はまだ授業中だし…曜ちゃんは水泳部のミーティング、梨子ちゃんは係の仕事で遅れてくるし…」

千歌「3年生の方も鞠莉さんは理事長の仕事、ダイヤさんは生徒会の仕事で果南ちゃんはその手伝いで遅れてくるし…」

千歌「う~暇だ~~」

千歌「……そうだ」

千歌「せっかく誰もいないんだし妄想でもしちゃおうかな」

千歌「テーマは…そうだ」

元スレ: 千歌「いろいろ果南ちゃん」

スポンサーリンク
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/22(火) 01:40:44.97 ID:W8R05icK0
千歌「いろいろな果南ちゃん!!」

千歌「いろいろなキャラクターの果南ちゃんを妄想してみようっと!」

千歌「じゃあまずは手始めに『デレデレな果南ちゃん』を妄想してみよっと!」

千歌「れっつ妄想タイム!」

千歌「むむむ…」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/22(火) 01:41:28.49 ID:W8R05icK0
果南『千~歌♪』ギュッ

千歌『わわっ!果南ちゃんどうしたの?』

果南『えへへ~。ただ千歌にハグしたくなっただけだよ~♪』

千歌『え、えー?///』

果南『ん~千歌の肌スベスベ~~♪』スリスリ

千歌『は、恥ずかしいよ果南ちゃん…///』

果南『だって千歌がこんなにかわいくて愛おしいんだもん!仕方ないでしょ?』

千歌『か、かわっ!?そ、そんなこと言ったって…』

果南『えへへ。千歌だーいすき♪』ギュウウ

千歌『~~~!!///』
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/22(火) 01:42:08.45 ID:W8R05icK0
千歌「ふわーーーー!!///」バタバタ

千歌「いい…。これは素晴らしいよ…。尊すぎるよ…」

千歌「チカにためらわずスキンシップをとる果南ちゃん…いい」

千歌「よーしなんだか盛り上がってきたー!」

千歌「じゃあ次は…」

千歌「『泣き虫果南ちゃん』!いってみよー!!」

千歌「むむむ…」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/22(火) 01:42:56.97 ID:W8R05icK0
果南『千歌~』

千歌『……』(音楽聴いてるので気づいてない)

果南『千歌?千歌ってば~』

千歌『……』

果南「ねぇ千歌?」

千歌『……』

果南『千歌っ…』グスッ
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/22(火) 01:43:45.43 ID:W8R05icK0
ーーーーーーーーーーー

千歌『うーんいつ聴いてもいい曲だな~』(イヤホン外す)

千歌『そういや後ろで声が聞こえたような…』クルッ

果南『』ボロボロ

千歌『ってえええええええ!!?!果南ちゃん何で泣いてるの!?』

果南『ぐすっ、だって…私がいくら呼んでも、ひっく、返事してくれないから…えぐっ、嫌われたかと思ってぇ…』ボロボロ

千歌『ち、違うよ!音楽聴いてたから聞こえなかっただけだよ!果南ちゃんのこと全然嫌ってないから!!(というか肩とか叩けばよかったんじゃ)』

果南『ぐすっ…ほんと?』ウルウル

千歌『ほんとだよ!!むしろ果南ちゃんのこと大好きだから!!』

果南『…』グスッ

果南『えへへ…私も大好きだよ♪』

千歌(かわいい)
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/22(火) 01:45:15.07 ID:W8R05icK0
千歌「うーん実にいい。泣き虫果南ちゃんめんどくさかわいい」

千歌「ずっと側にいてあげたくなるかわいさだね」

千歌「さーてじゃあお次は…」

千歌「『小悪魔果南ちゃん』!れっつごー!」

千歌「むむむ…」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/22(火) 01:46:07.29 ID:W8R05icK0
千歌『~♪』

果南『…』ソーッ

果南『ふーっ』

千歌『ひゃあああああ!?///』

千歌『って果南ちゃん!?いきなり何するの!?///』

果南『別に~?ちょーっといたずらしたくなっただけ♪』クスクス

千歌『なっ、もう!果南ちゃんのいじわる!!///』プイッ

果南『ふふふ。千歌ってば拗ねちゃってかわいい♪』
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/22(火) 01:46:41.89 ID:W8R05icK0
千歌『っ…///そ、そんなこと言ったって騙されないんだから!』

果南『全く素直じゃないんだから』クスクス

果南『でも千歌のそんなところが…』

千歌『え…なに…?』

果南『す・き』ボソッ

千歌『~~~~~!?!?///』

千歌『そ、そそそうやって千歌の反応楽しんでるだけなんでしょ!?もう知らない!///』

果南『じゃあ証拠見せてあげる』
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/22(火) 01:47:16.40 ID:W8R05icK0
千歌『へ?』

果南『千歌…目瞑って?』

千歌『こ、こう?』ギュッ

果南『そう。そのまま動かないで』

千歌(ちょ、ちょっと待って。これってまさか)

果南『んーっ』

千歌(やややややっぱり!!果南ちゃんチカづいてきてる!!あ、今のは千歌と近づけるをかけた…って言ってる場合じゃない!!)
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/22(火) 01:48:55.65 ID:W8R05icK0
千歌(うそ…チカちゅーされちゃうの…?大人の階段登っちゃうの…?)ドキドキ

千歌(ああ…もうそこまできて…)

果南『んっ♪』チュッ

千歌『っ…あれ?」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/22(火) 01:49:45.12 ID:W8R05icK0
千歌『おでこ…?』
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/22(火) 01:50:31.11 ID:W8R05icK0
果南『うん。そうだよ♪おでこのキスには
親愛の意味が込められているからねっ』

千歌『そ、そうなんだ…』

果南『あれ~?千歌なにか不満?』

千歌『へっ!?///』

果南『ひょっとして《おでこじゃないとこ》にされると思った?』クスクス

千歌『そ、それは…///』カァッ

果南『ふふっ。千歌のむっつりさん♪』

千歌『うがー!!///果南ちゃんのばかーーー!!///』
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/22(火) 01:51:08.08 ID:W8R05icK0
千歌「ふわぁ…」

千歌「ついつい長く妄想しちゃったけど…小悪魔果南ちゃんやばい…。本当にやばい…」

千歌「この敵わない感じが逆にいい…」

千歌「よーし次はどうしよっかなー」

千歌「そうだ!『ツンデレ果南ちゃん』!これいってみよー!」

千歌「むむむ…」
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/22(火) 01:51:53.20 ID:W8R05icK0
千歌『果南ちゃ~ん!』ギュッ

果南『ひゃっ!?///ちょっ、千歌!離れて!!』

千歌『えーなんでー?』

果南『なんでじゃないでしょ!いきなりこんなことするなんてバカじゃないの!?///』

千歌『えへへ~。だって果南ちゃんに抱き着くと落ち着くんだもーん♪』

果南『はぁっ!?///なにそれ意味わかんない!』

千歌『だから~このままでいさせて?』
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/22(火) 01:53:43.97 ID:W8R05icK0
果南『だー!///だから離れて!!こっちは迷惑してるんだから!』

千歌『え?迷惑?』バッ

果南『そうだよ!好きでもない人にこんなことされていい気がするわけないんだからねっ』

千歌『そ、そんな…』ウルッ

果南『え、千歌…?』

千歌『チカ…果南ちゃんの気持ちも考えないでこんなことして…』

千歌『自分のことだけ優先して…それで迷惑かけちゃって…ごめん』ウルウル
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/22(火) 01:54:18.65 ID:W8R05icK0
千歌『うぅ…ごめんね…果南ちゃんごめんね…』グスッ

果南『ちょっ!?泣かないでよ!』

果南『さっきのは全部嘘だから!泣き止んでよ!千歌のことはむしろすk』

千歌『なーんちゃって♪』ケロッ

果南『へ?』

千歌『ねーどうだった?チカの演技?』

果南『なっ!だ、騙したな!このー!///』

千歌『えへへ~。あ、そうだ果南ちゃん。今さっきなんて言いかけたの?』

果南『っ!?///い、言えるわけないでしょ!?』

千歌『ねー教えてよ果南ちゃ~ん♪』ギュウウ

果南『あーもう!千歌なんて大嫌いーー!!!///』
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/22(火) 01:54:58.60 ID:W8R05icK0
千歌「あぁ^~」

千歌「これはいい…。素直になれない果南ちゃんすっごくいい…。破壊力がすごいよ」

千歌「じゃあ次は…」

千歌「そうだ!ツンデレときたら次は『ヤンデレ果南ちゃん』!これでいこう!」

千歌「…ヤンデレってどんな感じだろ」

千歌「まーこの前読んだマンガみたいな感じでいけばいいよね」

千歌「むむむ…」
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/22(火) 01:55:46.94 ID:W8R05icK0
曜『じゃーね千歌ちゃん!また明日~!』

千歌『うん!バイバイ曜ちゃん!』

千歌『さーて早いとこ帰ろっと』

果南『…千歌』ヌッ

千歌『うわぁ!?果南ちゃんいつの間に!?』

果南『千歌…私以外の女とは喋っちゃダメって昨日言ったよね…?なんで約束破るの?ねぇ?』

千歌『そ、そんなこと言われたって…』
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/22(火) 01:56:14.79 ID:W8R05icK0
果南『私が誰よりも千歌のことを知っている…誰よりも千歌のことを愛している…それなのになんで千歌はわかってくれないの…?こんなのおかしい…絶対におかしい…』ブツブツ

千歌『か、果南ちゃん?』ゾクッ

果南『…そうだ』スッ

千歌『え…?どこ行くの?』

果南『決まってるでしょ?千歌にまとわりつく悪い女を処分しに行くの』

千歌『え、え…?』

果南『今の千歌は本当の千歌じゃない…周りの女に毒されちゃって変になっちゃってるんだ…』
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/22(火) 01:57:02.83 ID:W8R05icK0
果南『だから邪魔なモノは全部排除して、2人だけの世界を作る。完璧だよね』ニコッ

千歌『や、やめてよ!!そんなことしないで!おかしいのは果南ちゃんの方
だよ!こんなことしたって幸せになれるわけないよ!』

果南『……』

果南『や……り…す…し………か』ボソッ

千歌『え?なんて言ったの?』

果南『…わかったよ。千歌の言う通りにするよ』ニコッ

千歌『ほっ…。よかった…』

果南『だから…』ドスッ

千歌『かはっ…。え……?』

千歌『果南…ちゃ…?』ドサッ
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/22(火) 01:57:37.02 ID:W8R05icK0
果南『…ふふ』

果南『ふふふふふふ。初めからこうすればよかったんだ』

果南『こうすれば2人で誰にも邪魔されることのない世界に行ける…』

果南『待ってて千歌…。すぐそっちに行くからね…』
24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/22(火) 01:58:08.18 ID:W8R05icK0
千歌「……」ゾワッ

千歌「怖い…果南ちゃん怖すぎるよ…」

千歌「鬼とか悪魔とかそう言う次元じゃないよ…」

千歌「はーっ。なんだか喉乾いてきたなー」

千歌「飲み物買ってこよーっと」クルッ

果南「やっほ。千歌」

千歌「」
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/22(火) 01:59:05.29 ID:W8R05icK0
千歌「か、かかかかか果南ちゃん…いつからそそそそこに…?」ダラダラ

果南「ん?たった今来たところだよ?」

千歌「そ、そう…」

千歌(よかった…。聞かれてなかったみたい。セーーフっ)

果南「あ、そうだ。ねぇ千歌」

千歌「な、なに?」

果南「さっき言ってた私が怖いってどういうこと?」ニコッ

千歌「」
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/22(火) 01:59:49.52 ID:W8R05icK0
果南「ねぇ千歌?詳しく教えて欲しいなー」

千歌(き、聞かれてたーーーーーっ!!!)

千歌(どどどどうしよう!?正直に言う…?いや、絶対言えるわけないし…でも上手い言い訳が思いつかないし…)

千歌(斯くなる上は…!)

千歌「に…」

果南「に?」
27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/22(火) 02:00:17.36 ID:W8R05icK0
千歌「逃げるが勝ち!!」ダッ

果南「あっ!待て!」ガシッ

千歌「わぁ!?」

果南「白状するまで離さないよー!」ギュウウ

千歌「いだだだだ!!」

果南「ほら!さっさと観念しな!」ギュウウ

千歌「わかった!ぎぶあっぷ!ぎぶあっぷ!!正直に言うから~!!」
28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/22(火) 02:01:11.38 ID:W8R05icK0
ーーーーーーーーーーー

果南「色々なキャラの私を妄想してたぁ!?」

千歌「はい…」(正座中)

果南「全くなんでそんなこと…」

千歌「暇だったもので…。ご、ごめんなさい…。思いのほか盛り上がっちゃって…」

果南「ふーん…」

果南「…ねぇ千歌?」

千歌「は、はい!なんでしょう!」
29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/22(火) 02:01:41.39 ID:W8R05icK0
果南「それって…普段の私じゃ物足りないってこと?」

千歌「ほえ?」

果南「私ってほら…サバサバしてる性格でしょ?だからいつもの私じゃあ千歌はなんだか物足りないからそんな妄想したのかなぁって…///」モジモジ

千歌(え、なにこの果南ちゃん。めちゃくちゃかわいいんですけど)

果南「ねぇ千歌。どうなの?」

千歌「そ…」

千歌「そんなわけないよ!!!」バッ
30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/22(火) 02:02:30.14 ID:W8R05icK0
果南「ち、千歌?」

千歌「デレデレな果南ちゃんも!泣き虫な果南ちゃんも!小悪魔な果南ちゃんも!ツンデレな果南ちゃんも!ヤンデレ…は置いといて…どの果南ちゃんもとってもかわいいけど…」

千歌「でもやっぱり…今の果南ちゃんが圧倒的にかわいい!圧倒的に好き!!」

果南「ちょっ、千歌!?///」

千歌「えっ?…あっ!///」

ちかなん「…///」

千歌「そ、その…えっと…」
31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/22(火) 02:03:00.79 ID:W8R05icK0
曜「遅れてごめーん!」ガラッ

ちかなん「!?」ビクッ

曜「あれ?2人ともどうしたの?」

果南「な、なんでもないよ?」

曜「そう?それにしては2人とも顔赤いけど…」

千歌「っ///」

果南「っ!///だからなんでもないってば~!」

曜「えー?教えてよー」
32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/22(火) 02:03:43.19 ID:W8R05icK0
果南「ほ、ほら!そろそろみんな来るでしょ!早く準備しよ!」グイグイ

曜「えー気になるよーー」

果南「だからなんでもないって!」

千歌「……」

千歌(やっぱり…)

千歌(『いつもの果南ちゃん』が1番…だよね!)
33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/22(火) 02:04:43.84 ID:W8R05icK0
おわり

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
千歌「いろいろ果南ちゃん」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『千歌「いろいろ果南ちゃん」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。