絢瀬部長「はぁ、いったい何度同じことを言わせるの」

シェアする

絵里-アイキャッチ42
1: 名無しで叶える物語 2017/09/03(日) 21:36:57.87 ID:tO0atYxT.net
新人男(はぁ…今日もまた怒られたな、俺はなにやっても駄目なのかも)

にこ「なに死人見たいな顔してんのよ、ちょっとくらい怒られたからってへこんでんじゃないわよ」

新人男「でも俺いつも失敗して、案も全然採用されないし、できればプロジェクトから外して貰いたいです」

にこ「あんたが自分からこのプロジェクトに参加したいって言ったんでしょ!男だったら一度決めたことはやりとげないと…違う!?」

新人男「でも俺…」

にこ「はぁっ、分かったわだったらやめなさい。皆真剣に取り組んでるの、あんたみたいな人がいると士気が下がるわ!私だって…分かるでしょ!?」

新人男「・・・・」

にこ「ったく、せっかくこの私が励ましてやろうと思ったのに、とんだ時間の無駄になったわね・・・・コーヒー置いとくわよ、どーせ私は飲まないし…ホント無駄な時間とお金を使っちゃったわ」バタンッ

新人男(矢澤先輩…俺すみません、嫌われたかな、んっ?コーヒーの下に何かある矢澤先輩の写真?なんか書いてある)

【これやるから、もう一度しっかり考えて結論出しなさい】

元スレ: 絢瀬部長「はぁ、いったい何度同じことを言わせるの」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語 2017/09/03(日) 21:38:43.27 ID:tO0atYxT.net
コンコン
希「失礼するよっ、ちょっとええ?」

新人男「東城先輩、はい」

希「ずいぶん絢瀬部長に怒られたみたいやね」

新人「はい、もうやめようかと思ってたんですけど…」

希「けど?」

新人男「矢澤先輩がこれを…」

希「なるほどなぁ、それでもうちょっと頑張ってみようと思ってるわけやね」

新人男「はい」

希「うん、ええんとちゃう?絢瀬部長もにこちゃんも、もちろんうちも期待しとんやでしっかりしーや」

新人男「はい」

希「ほな、うちは行くね」
3: 名無しで叶える物語 2017/09/03(日) 21:42:51.25 ID:tO0atYxT.net
希「んっ?にこっちどうしたん?」

にこ「どうだった?」

希「どうだったって何が?」

にこ「新人男よ!」

希「ずいぶん気にかけとるみたいやね、まさか惚れてるとかぁ」

にこ「そそそんなんじゃないわよ、いいからどうだったのよ!」

希「うん、大丈夫やないかな?でもにこっち30前のおばさんの写真渡して頑張れはないんとちゃうwwwww」

にこ「うっさいわね!いいでしょ別に…フン」
6: 名無しで叶える物語 2017/09/03(日) 22:12:40.53 ID:wKKYXW+i.net
新人男(♀)
7: 名無しで叶える物語 2017/09/03(日) 22:13:26.76 ID:tO0atYxT.net
やっぱレズがいいかこの際新人男♀でもいいか
9: 名無しで叶える物語 2017/09/03(日) 22:22:57.21 ID:tO0atYxT.net
新人男♀(よし、もう少し頑張ってみよう)

~3日後~

新人男♀「ど、どうでしょうか?」

絵里「ええ、これなら問題ないわ大丈夫よ」

新人男♀(ホッ)

絵里「というか・・・ハラショー!素晴らしい案よ。早速上にも提出してみるわ、よく頑張ったわね」

新人男♀「は、はいっありがとうございます。それでは失礼します」

新人男♀(早く、早く矢澤先輩に報告しなきゃ)
10: 名無しで叶える物語 2017/09/03(日) 22:23:43.13 ID:tO0atYxT.net
希「おっ!その顔はいい結果やったみたいやね」

新人男♀「あっ東城先輩!ありがとうございます!おかげで部長にも褒めてもらいました。ところで矢澤先輩見かけませんでしたか?」

希「そっかそら頑張ったね、にこちゃんなら屋上におったよ」

新人男♀「ありがとうございます、俺急ぐんで!」

希「はいはい、ほなね」
11: 名無しで叶える物語 2017/09/03(日) 22:25:17.77 ID:tO0atYxT.net
にこ(はぁ~大丈夫かしら、不安だわ)

新人男♀「矢澤先輩!有難うございました。俺やりました!これも皆矢澤先輩のおかげです!」

にこ「そう、良かったじゃないこれで私がやったことも無駄にならなかったってことね」

新人男♀「あのあともくじけそうになったけど矢澤先輩にもらったコレみて勇気をもらいました、ホントに矢澤先輩のおかげです!」

にこ「ふぅ、あったりまえでしょ!いったい誰が檄を入れたと思ってるのよ!宇宙ナンバーワンOLにこにーにこちゃん!よ」


新人男♀「えっ?なんですかそれ?」

にこ「うっさいわね!あたしのお陰なんだからご飯でもご馳走しなさいよ!」

新人男♀「もちろんです!何が食べたいですか?」

にこ「店は私が知ってるとこでいいわ、今晩でいい?」

新人男♀「はい!では19時に迎え行きます」
12: 名無しで叶える物語 2017/09/03(日) 22:26:16.58 ID:tO0atYxT.net
にこ「おまたせ、待たせた?」

新人男♀「いえ、全然待ってないです」

にこ「ならいきましょ」

新人男♀「はい!どこに行くんですか楽しみです」

にこ「いいからついてきなさい」
15: 名無しで叶える物語 2017/09/03(日) 22:39:27.24 ID:tO0atYxT.net
にこ「ついたわよ」

新人男♀「えっ?ここって定食屋?」

にこ「なによ不満?」

新人男♀「いえとんでもないです」

にこ「なら入るわよ、早くしなさい」

ガラガラ
にこ「女将席空いてる?」

花陽「あっにこちゃんいらっしゃ~い久しぶりだね」

にこ「今日は後輩をつれてきたの、ほらあんたも挨拶くらいしなさいよ」

新人男♀「あっあの初めまして、矢澤先輩の後輩の新人男♀と言います、いつもお世話になってます」

花陽「男?♀?…こちらこそにこちゃんがいつもお世話になってます」

にこ「私の高校時代の後輩なのよ、花陽の炊く白米は凄く美味しいから覚悟しなさい」

花陽「へへっ、私白米にはちょっとうるさいんですよ。これでも全日本白米連合会の会長もしてるんですよ。あっそうだにこちゃん絵里ちゃんと希ちゃんも来てるよ」
16: 名無しで叶える物語 2017/09/03(日) 22:40:42.23 ID:tO0atYxT.net
希「あっにこっち~にこっち達もきてたんやねー」

にこ「げっ、希それに絢瀬部長」

絵里「もぅ、外ではその呼び方はやめてよ。」

新人男♀「お、お、お疲れ様です」

絵里「もう、ほら新人男♀君もそんな緊張しないでここは会社じゃないんだから、よかったら一緒に食べない」

希「こうやって三人そろって食事するなんていついらいやろね」

新人男♀「あの3人は元々知り合いなんですか?」

にこ「同じ高校だったのよ」

絵里「そう、同じ高校の同じ夢を目指した仲間だったの、そこにいる花陽もね」
17: 名無しで叶える物語 2017/09/03(日) 22:42:43.38 ID:tO0atYxT.net
新人男♀「夢ですか?なにをしてたか聞いてもいいですか?」

絵里「私達はねスクールアイドルをやっていたの、実は私達の高校は廃校になる予定だったのよ、その中で学校の為に皆の為に限られた時間の中で精一杯輝こうとするスクールアイドルがすきで仲間と同じ夢を見たのよ」

希「えりちが新人男♀君に厳しかったのもそのせいやね」

新人男♀「それって…」

絵里「えぇ、一生懸命やって志をもっていても夢中半で諦めた子叶わなかった子を私はたくさん見てきた…だから途中で諦めてほしくなかった。それで少し厳しい態度をとってしまったのよ、ごめんなさい」

にこ「ちょっとどころじゃないわよ!私がいなきゃもう少しで新人潰しの嫌な部長よ」

絵里「ふふっ、そうかも感謝してるわ」
21: 名無しで叶える物語 2017/09/03(日) 23:14:36.52 ID:tO0atYxT.net
新人男♀「スクールアイドルってあの高坂穂乃果がやっていたっていうあれですか?」

希「そう穂乃果ちゃんも一緒のグループやったんよ。」

にこ「まぁ今の落ち着いた女性じゃなくて慌てん坊でおっちょこちょいな私がいないと駄目な子だったけどね」

新人男♀「そ、そうだったんですか。その頃から面倒見が良かったんですね!」

にこ「あ、あったりまえでしょ!」

絵里「まぁそういうことにしておくわ」

希「せやね、後輩の前やしカッコつけさしといてあげるわ」

新人男♀(たぶんだけどにこにーにこちゃんとかやってたあれが本来な姿な気がするけど触れないでおこう)
23: 名無しで叶える物語 2017/09/03(日) 23:15:11.76 ID:tO0atYxT.net
絵里「他の皆は今頃なにやってるのしらね?花陽なにか知ってる?」

花陽「うん!凛ちゃんは去年ダンススクールをオープンして未来のスクールアイドルを育てるにゃーって張り切ってたよ。真姫ちゃんは西木野医院継ぐのに猛勉強中みたいで凄く頑張ってるよ」

新人男♀「西木野ってあの大きな病院のですか?」

花陽「うんそうだよ」

新人男♀「なんかすごいメンバーだったんですね」

にこ「そうよ!その中で常に一番人気があって中心にいたのが私なんだから」

新人男♀「他には、他にはどんな人がいたんですか!?」

にこ(ス、スルーされた!?)
25: 名無しで叶える物語 2017/09/03(日) 23:30:00.87 ID:tO0atYxT.net
希「そやね、この街に日本舞踊の道場あるの知ってる?あそこの当主も同じメンバーだったんよ。」

新人男♀「日本舞踊の方がスクールアイドルをやってたんですか?なんかイメージがわかないというか」

絵里「まぁそうかも知れないわね、でもとてもかわいくて芯の通った子でメンバーにはいなくてはならない存在だったわ」

にこ「それで?ことりはなにやってるのよ?」

希「そういえばうちもことりちゃんは全然知らへんな、えりちはなにか知ってる?」

絵里「私も何も聞いてないわ。花陽は?」

花陽「ご、ごめん私もことりちゃんのことはなにも…」

新人男♀「ことりって、あの南ことりですか!?」

絵里「ええ、ことりのこと知ってるの?」

新人男♀「知ってるもなにも秋葉じゃ超有名ですよ!十年間ほど前にいたカリスマメイド、伝説の存在ですよ。何度か秋葉で見たって情報がありましたけど、最近は全く聞かなくなりましたね」

にこ「結局分かんないんじゃない」

新人男♀「すみません」

絵里「誰も知らないとなると少し心配ね、なにもないとは思うけど」

希「そやね理事長はまだおるやろし今度見に行ってみようか」

TV
【穂乃果「皆さんこんばんわ!高坂穂乃果です!今日は皆さんに大事なお知らせがあります!この度私高坂穂乃果は新たにユニットを組むことになりました!今日はそのメンバーを紹介したいと思います!
一人目は私が学生時代憧れそしてライバルとして共に歩んだ綺羅ツバサさんです!」】

【ツバサ「皆さん初めましてよろしく」】

【穂乃果「そしてもう一人、私には同じ学年に親友と呼べる人が二人いました!一人は家をついで日本舞踊の家元として頑張っています!今回はそのもう一人の親友を紹介したいと思います!」】

【ことり「皆さん初めまして、穂乃果たちゃんの親友の南ことりですっ。ちよっとお話いいですか?」】

終わりです
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『絢瀬部長「はぁ、いったい何度同じことを言わせるの」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。