【ラブライブ!サ!!】梨子「よっちゃんのせいで血が足りない」ダイヤ「迷惑です」

シェアする

梨子-アイキャッチ4
1: ◆6cZRMaO/G6 2017/09/03(日) 19:29:25.92 ID:S9tCHdN5O
よしりこ
ゆるい百合

以上のことが大丈夫な方はぜひお付き合いください。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1504434565

元スレ: 【ラブライブ!サ!!】梨子「よっちゃんのせいで血が足りない」ダイヤ「迷惑です」

スポンサーリンク
2: ◆6cZRMaO/G6 2017/09/03(日) 19:34:36.85 ID:S9tCHdN5O
ダイヤ「梨子さん」

梨子「はい」

ダイヤ「善子さんと仲がよろしいのはいいことです。メンバーの仲がいいことに喜ばれるファンの方もいらっしゃいますからね」

梨子「……はい」

ダイヤ「けれどーー」




ダイヤ「事ある毎に!」

ダイヤ「鼻血を出して倒れるのを止めてください!!」




梨子「………………う」
3: ◆6cZRMaO/G6 2017/09/03(日) 19:45:24.78 ID:S9tCHdN5O
ダイヤ「やれ梨子さんが鼻血を出した」

ダイヤ「やれ梨子さんが倒れた」

ダイヤ「その度に、輸血を求められるわたくしの身にもなってください!!」

梨子「…………そ、それは」

ダイヤ「まったく! 輸血の翌日のお弁当がほうれん草やチンゲン菜になる気持ちが分かりますか!」

梨子「……わかりーー」

ダイヤ「分かりますわよね!? 梨子さんにも差し入れしていますから!!」

梨子「……いつもお世話になってます……」



ダイヤ「はぁぁぁ」

ダイヤ「Aqoursのメンバーの中では、梨子さんはまとも……」

ダイヤ「そう思っていた時期がありましたわ」トオイメ

梨子「………………」

ダイヤ「そもそもですねーー」



梨子「………………すか」ボソッ



ダイヤ「……はい?」

梨子「…………ないじゃないですか」

ダイヤ「……梨子さーー」




梨子「しょうがないじゃないですか!!」バンッ

ダイヤ「ひっ!?」




梨子「よっちゃんが可愛すぎるんですから!!!」バンッバンッ




ダイヤ「ひぃぃぃっ!?」ビクッ
5: ◆6cZRMaO/G6 2017/09/03(日) 19:52:52.11 ID:S9tCHdN5O

ダイヤ「梨子さん……落ち着いてくださーー」

梨子「可愛いんですよっ!?」ハンギレ

ダイヤ「ピギャッ……!?」


梨子「笑顔が! 行動が! 態度が!」

梨子「お団子が! 腋が!!」

梨子「そもそも存在がっ!!」



梨子「あーーーーーっ!! もうっ!!!」バンッ

ダイヤ「っ」ビクッ



梨子「………………ふぅ」

ダイヤ「…………っ」ビクビク

梨子「…………わかりました」

ダイヤ「……は、はい?」

梨子「ダイヤにも、よっちゃんの可愛さが理解できるように、お話ししますね」ニコリ

ダイヤ「わ、わたくしは別にーー」




梨子「お話ししますね」ニコリ

ダイヤ「……お願いしますわ」


6: ◆6cZRMaO/G6 2017/09/03(日) 20:00:13.50 ID:S9tCHdN5O
ーーーーーー



そう。
あれはよっちゃんが加入したばかりの時のことです。



ーーーーーー




ーー ガチャッ ーー



梨子「おまたせ……って、あれ?」

善子「……あっ」

梨子「善子ちゃん」

善子「こ、こんにちは」ペコリ


梨子「えっと……善子ちゃんだけ?」

善子「は、はい……」

梨子「…………えっと……」

善子「……///」

梨子「…………?」

善子「……」ソワソワ

梨子「……もしかして」




梨子「緊張してる?」

善子「……なっ///」



7: ◆6cZRMaO/G6 2017/09/03(日) 20:08:22.31 ID:S9tCHdN5O

梨子「ふふっ、図星かな?」

善子「そ、そんなわけないでしょっ///」バンッ

梨子「……ふふっ」

善子「なによっ!!」



梨子「……そっちの方がヨハネちゃんらしい、かな」クスッ

善子「~~~~っ、もう!」マッカ



梨子「あ、馬鹿にした訳じゃないの。せっかく善子ちゃんも仲間になったんだもの。善子ちゃんだけ、遠慮したままじゃ嫌でしょ?」ニコッ

善子「…………」

梨子「少なくとも、私は普通に接してほしいと思うんだ」

善子「…………」

梨子「ね? だから、善子ちゃんも緊張しなくていいんだよ」

善子「…………ヨハネよ」

梨子「え?」



善子「ヨハネ!!」

梨子「あっ……ふふっ、そうだね」



8: ◆6cZRMaO/G6 2017/09/03(日) 20:13:43.56 ID:S9tCHdN5O

善子「……っ」プイッ

梨子「……あ、それで、なんで善子ちゃんは一人でここに?」

善子「だから、ヨハネ…………もういいわ」ハァ

梨子「千歌ちゃんたちは?」

善子「先に屋上に行ったけど……?」

梨子「え、じゃあ、なんで?」

善子「……なんでって……」




善子「一人で置いていったら可哀想だと思って……待ってたの」

善子「…………梨子……さんを///」プイッ




梨子「善子ちゃん……っ」トゥンク
9: ◆6cZRMaO/G6 2017/09/03(日) 20:15:36.85 ID:S9tCHdN5O
ーーーーーー
10: ◆6cZRMaO/G6 2017/09/03(日) 20:22:37.47 ID:S9tCHdN5O



梨子「かわいいっ!!」ギランッ



ダイヤ「!?」



梨子「私の気持ちに答えてくれようと、慣れない名前呼びをしてくれるよっちゃん!」

梨子「照れてるのを誤魔化すためにそっぽを向くよっちゃん!」

梨子「でも、耳まで真っ赤だからすぐに分かるよっちゃん!」

梨子「そしてなにより、私のことを一人待っててくれたよっちゃんんんんっ!!!」




梨子「うっ!!!」

ダイヤ「!?」




梨子「…………ふぅ」

梨子「危なかったです。もう少しで鼻血が出るかと思いました」

梨子「もし、よっちゃんがそこから壁をーー」



ダイヤ「……梨子さん」



梨子「はい?」




ダイヤ「帰っても?」

梨子「ダメです」


11: ◆6cZRMaO/G6 2017/09/03(日) 20:24:37.56 ID:S9tCHdN5O

ダイヤ「なぜですか!」

梨子「話し足りないからです!!」

ダイヤ「!?!?」

梨子「……帰りたがるということは、まだダイヤさんには分かってもらえてないみたいですね」

梨子「……では、次のエピソードを……」
12: ◆6cZRMaO/G6 2017/09/03(日) 20:33:00.81 ID:S9tCHdN5O
ーーーーーー



そう。
あれはGuilty kissでの練習の時のことです。



ーーーーーー




鞠莉「一旦break timeにしましょ!」



善子「ふぅぅぅ……つかれたぁぁ」ダラァ

梨子「お疲れ様、善子ちゃん」

善子「……フッ、この程度、ヨハネが経験したあの天界大戦と比べたらーー」ダテン

梨子「そーだねぇ」

善子「流さないでっ!!」



鞠莉「あ、ワタシ、drink買ってくるわね!」

梨子「え!? 私も行きますよ!」

鞠莉「大丈夫デース! 二人の好みは知ってるから~♪」

梨子「そ、そうじゃなくて…………って、行っちゃった」
14: ◆6cZRMaO/G6 2017/09/03(日) 20:49:37.31 ID:S9tCHdN5O
善子「…………」グデ-

梨子「…………」

善子「…………」

梨子「…………」

善子「……梨子さん」

梨子「ん? なに?」

善子「その…………さっきのとこ、大丈夫?」チラッ

梨子「さっきのところって…………あぁ、大丈夫だよ?」

善子「でも、わたしがぶつかっちゃったせいで……」

梨子「ううん。ビックリして倒れちゃったけど、大したことなかったから」ニコリ

善子「でも……」

梨子「大丈夫! 自分でも倒れたときにぶつけたところ見たけど、なんともなかったから」

善子「…………」

梨子「ね?」

善子「…………」

梨子「だからーー」



善子「…………」ススッ

梨子「? 善子ちゃん?」

善子「ちょっと、ごめん……」サスッ



ーー ナデナデ ーー



梨子「ヒャッ/// よ、よしこちゃん!?」

善子「…………」ナデナデ

梨子「そ、そんなところ急に……ッ」

善子「…………」ナデナデ




善子「痛いの痛いのとんでけ///」ボソッ




梨子「メノ^ノ。^リ」


善子「これで、大丈夫よ……っ!」

梨子「はっ!! え、えっと……善子ちゃん……?」

善子「ヨハネがとっておきの魔術をかけてあげたからっ!」

梨子「……魔術って」




善子「…………ごめんね、梨子さん」シュン

梨子「善子ちゃんっ」トゥンク




ーーーーーー
15: ◆6cZRMaO/G6 2017/09/03(日) 20:54:41.85 ID:S9tCHdN5O



梨子「かわいいよぉ」

梨子「かわいいよぉぉぉ」




ダイヤ「ッ!?」ビクッ



梨子「責任感を感じてるよっちゃん」

梨子「痛いの痛いのとんでけを恥ずかしがりながらやるよっちゃん」

梨子「それを誤魔化すために魔術とか言っちゃうよっちゃん」



梨子「魔術?」

梨子「えぇ、かかりました!」




梨子「恋の魔術にね!!」ババン




ダイヤ「!?!?!?」
16: ◆6cZRMaO/G6 2017/09/03(日) 20:59:05.09 ID:S9tCHdN5O

ダイヤ「梨子さん」

梨子「はい?」



ダイヤ「帰ってーー」

梨子「ーーダメです」



ダイヤ「知ってました」

梨子「次も聞きます?」

ダイヤ「…………」

梨子「聞きましょう」

ダイヤ「…………」

梨子「分かりました。話しましょう」

ダイヤ「…………梨子さん」

梨子「なんでしょう?」



ダイヤ「……善子さんが一番可愛かったというエピソードを聞きたいですわ」

梨子「!!!」



梨子「っ、遂に! 分かってくれたんですね!」

ダイヤ「ソウデスワネ」

梨子「分かりました! とっておきのエピソードをーー」
17: ◆6cZRMaO/G6 2017/09/03(日) 21:08:29.81 ID:S9tCHdN5O
ーーーーーー



そう。
あれはつい先日、よっちゃんを家に読んだ時のことです。



ーーーーーー




善子「ねぇ、リリー」

梨子「なに? よっちゃん?」




善子「リリーの持ってる同人誌を読んでみたいんだけど」

梨子「ぶっっ!?」




善子「ちょっ!? 大丈夫!?」

梨子「……ご、ごめんね、お茶かかってない?」

善子「それは大丈夫だけど……あっ」ゴソゴソ

梨子「?」

善子「拭いてあげるわね」スッ

梨子「え……?」



ーー フキフキ ーー



善子「……よし、いいわよ」

梨子「」タラー

善子「ちょっ!? 鼻血!!」

梨子「!!!」

梨子「っ…………ふぅ」

善子「大丈夫……?」

梨子「うん。ちょっとよっちゃんのハンカチがいい匂いすぎてーー」

善子「え?」

梨子「あ、ううん。なんでもないの」ニッコリ

善子「?」
18: ◆6cZRMaO/G6 2017/09/03(日) 21:09:51.74 ID:S9tCHdN5O
ーーーーーー



そう。
あれはつい先日、よっちゃんを家に呼んだ時のことです。



ーーーーーー




善子「ねぇ、リリー」

梨子「なに? よっちゃん?」




善子「リリーの持ってる同人誌を読んでみたいんだけど」

梨子「ぶっっ!?」




善子「ちょっ!? 大丈夫!?」

梨子「……ご、ごめんね、お茶かかってない?」

善子「それは大丈夫だけど……あっ」ゴソゴソ

梨子「?」

善子「拭いてあげるわね」スッ

梨子「え……?」



ーー フキフキ ーー



善子「……よし、いいわよ」

梨子「」タラー

善子「ちょっ!? 鼻血!!」

梨子「!!!」

梨子「っ…………ふぅ」

善子「大丈夫……?」

梨子「うん。ちょっとよっちゃんのハンカチがいい匂いすぎてーー」

善子「え?」

梨子「あ、ううん。なんでもないの」ニッコリ

善子「?」
19: ◆6cZRMaO/G6 2017/09/03(日) 21:18:47.22 ID:S9tCHdN5O

梨子「それで……えっと……」

善子「あ、そう! リリーの同人誌よ!」

梨子「うっ……」

善子「読んでみたいなって」

梨子「……な、なんでそんな……」




善子「ほら、好きな人(※)の趣味は知っておきたいじゃない///」ボソッ



※類義語:友達




梨子「!!!」

善子「だ…………だからーー」

梨子「よ、よっちゃん!!」

善子「な、なに?」

梨子「もう一回言って!!」

善子「え……?」

梨子「もう一回!」

善子「………………」

梨子「………………」




善子「好きな人(※)の趣味くらい知りたいのよ!!」ハヤクチ



※類義語:友達




梨子「…………メノ^ノ。^リ」
20: ◆6cZRMaO/G6 2017/09/03(日) 21:30:51.86 ID:S9tCHdN5O
梨子「……ふふっ」

善子「っ、なによッ///」

梨子「そっか……よっちゃんは私の趣味を知ってくれるんだね」

善子「…………///」

梨子「…………よっちゃん」




善子「……うん」コクッ



梨子「……ねぇ、よっちゃん」

善子「……うん」



梨子「ほんとに、いいの? 私の趣味……」


「ーー身をもってーー」ボソッ


梨子「……知ってくれるの?」




善子「だから! そういってるでしょっ///」

梨子「…………そう……っ!」

善子「ほら、リリーの趣味ってきっと他の人にはあんまり言えないでしょ!」

梨子「…………」

善子「でも、ほら、わたしならそういうのもそんなに抵抗ないし……?」

梨子「…………」

善子「だからーー」

善子「…………って、リリー聞いて……」





梨子「」ハナヂダクダク




善子「って、ちょっ!? え、えぇ!?」

梨子「……そ、そうね……まずは……この入門編……『堕天使な後輩を壁に追い詰めてみたら』から読んでもらおうかしら……」

善子「しゃ、喋らないで!? 今、ダイヤさんに!!」

梨子「い、いえ……やっぱり『快楽堕天 ~私とあなたの失楽園~』の方が……」




梨子「ガクッ」




善子「リリーィィィィィ!!!」




ーーーーーー
21: ◆6cZRMaO/G6 2017/09/03(日) 21:36:33.07 ID:S9tCHdN5O



梨子「言質をとりました」ニッコリ




ダイヤ「…………」

梨子「まぁ、その日は言質をとったことで何をしようか妄そーー思案したせいでできませんでしたけど……」

ダイヤ「…………」

梨子「ふふっ、これで私は合法的にーー」

ダイヤ「梨子さん」

梨子「はい? なんでしょう? よっちゃんかわいいですよね?」

ダイヤ「…………貴女、もしかして」




ダイヤ「ヘタレ、ですか?」




梨子「!?!?!?」
22: ◆6cZRMaO/G6 2017/09/03(日) 21:43:08.81 ID:S9tCHdN5O

梨子「な、ななな、なにを……!?」

ダイヤ「いえ、肝心なところで鼻血を出して倒れているので……」

梨子「そ、そそそ、そんなことはーー」

ダイヤ「ほら、この前も音楽室で倒れましたわよね? その時も善子さんに迫られたという話を聞きましたけれど」

梨子「!?」

ダイヤ「今回の話も、行動に移す前に鼻血を出してしまっていますし……」




ダイヤ「やはり、ヘタレーー」

梨子「ーー違います!!」




ダイヤ「……ですが……」



梨子「っ、分かりました! そこまで言うなら、今からよっちゃんのところへ行って、堕としてみせます」



善子「………………」ソーッ

ダイヤ「……えっ、あっ」

善子「…………」シーッ!

ダイヤ「………………」

梨子「ふふっ、見せてあげます! ダイヤさん! 破廉恥ですと言っても遅いんですからーー」

23: ◆6cZRMaO/G6 2017/09/03(日) 21:45:35.41 ID:S9tCHdN5O
ーーーーーー




「堕天使ヨハネにイタズラしようとしている悪いリトルデーモンは……」

「だーれだ?」

「そんなリトルデーモンにはお仕置きよ♪」




ーー カプッ ーー




ーーーーーー
24: ◆6cZRMaO/G6 2017/09/03(日) 21:48:55.96 ID:S9tCHdN5O




梨子「」ハナヂダクダク




善子「って、ちょ!? リリー!?」

ダイヤ「……あぁ、また……」

梨子「耳、カプは……」




梨子「ガクッ」




善子「リリーィィィィィ!!!」

ダイヤ「本当に、迷惑ですわ……」ハァ




ーーーーーー




梨子はダイヤに輸血をしてもらい一命を取り留めた。
同時に、ヘタレの称号も得た。




ーーーーーー fin ーーーーーー
25: ◆6cZRMaO/G6 2017/09/03(日) 21:56:51.10 ID:S9tCHdN5O
以上で終了です。
またかっとなって書いた。
よしりこ好きです。

かっとなって書いた前作です。
千歌「曜ちゃんのわからず屋!」善子「落ち着いて」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1500277621/

過去作もよろしければどうぞ。
にこ「さぁ、お前の罪を数えろ!」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1500978922/
ことり「小さくなった花陽ちゃん」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1436011982/

今度はちゃんとした百合を書きます、きっと。
では、また。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『【ラブライブ!サ!!】梨子「よっちゃんのせいで血が足りない」ダイヤ「迷惑です」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。