曜「やった…!千歌ちゃんのマ○毛だ…!」

シェアする

曜-アイキャッチ3
1: 名無しで叶える物語 2017/09/04(月) 22:18:02.12 ID:n/U4e/i5.net
曜「このみかん色の縮れ毛…間違いないよ!」

曜「一人で暇だったからおもむろに掃除してたらまさかこんなお宝を発見するなんて…!」

曜「みんなタイミングよくいなくてよかった…神よ感謝します」ウルウル

曜「これどうしよう…額縁に入れて家宝にしようか…みじん切りにしてハンバーグに混ぜようか…」

曜「ふへへ…ふへ…何やっても素晴らしいヨーソローなぁ…」ニヤニヤ

曜「とりあえず大事にしまっとこ」サッ

千歌「よーちゃん!遅れてごめんね!練習いこ!」ガチャッ

曜「あ、うん!行こっか!」ルンルン

千歌「どしたの?なんかいいことあった?」

曜「ふふ~ん♪ちょっとね~」

元スレ: 曜「やった…!千歌ちゃんのマ○毛だ…!」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語 2017/09/04(月) 22:19:35.72 ID:n/U4e/i5.net
曜「ただいまー!」ガチャッ

曜ママ「あらおかえり、いいところに帰ってきたわね」

曜ママ「もうすぐご飯できるからカバン置いてきて」

曜「はーい!」ダダダッ

曜ママ「…なんかいいことあったのかしら」ウフフ
4: 名無しで叶える物語 2017/09/04(月) 22:21:16.89 ID:n/U4e/i5.net
曜「さて…モノは…」ゴソゴソ

曜「あった!!!」

曜「へへ…ずっと部室に落ちてたんだもんね…あとで一緒にお風呂入ろっか」ニヤニヤ

曜「…いや、洗わない方がいいか、いろいろ染み込んでたらもったいないし」

ヨウーゴハンヨー

曜「はーい!」
6: 名無しで叶える物語 2017/09/04(月) 22:22:48.64 ID:n/U4e/i5.net
曜「わぁ!おいしそう!」

曜ママ「このサラダのきゅうり、うちの庭で育てたのよ」

曜「へぇ、いつの間に庭に畑なんて作ってたんだ」

曜ママ「採れたてだから美味しいわよ」

曜「採れたてかぁ!いい響きだね!いただきまー……ん?」

曜「……これだ!!!!!」ガタッ

曜ママ「…よ、曜?」

曜「はんへもはいほ(なんでもないよ!)」バクバクガツガツ

曜「ごちそうさまーー!!」ダダダッ

曜ママ「…ホントになんなのかしら?」
7: 名無しで叶える物語 2017/09/04(月) 22:24:12.07 ID:n/U4e/i5.net
曜「なんでもっと早く気づかなかったんだ!」

曜「千歌ちゃんのマン毛…これを畑に植えればきっと千歌ちゃんが生えてくる!」

曜「飾るんでもハンバーグのタネにするんでもない…!」

曜「植えよう!!!!」
14: 名無しで叶える物語 2017/09/04(月) 22:32:21.57 ID:n/U4e/i5.net
曜「まずは庭の土を掘り返して…」ザクッザクッ

曜「このくらい掘ればいいかな、30センチは掘ったかな」

曜「それではいよいよ…」ニヤニヤ

曜「元気な千歌ちゃんが実りますように…!」ポイッ

曜「土を戻して…」

曜「あとは水と肥料か…水はあるとして問題は肥料だね」

曜「千歌ちゃんは人間だし、植物用の肥料じゃ死んじゃうかもしれない…」

曜「…あ!あるじゃん!肥料!」

曜「3日間オナ禁してるからきっと特濃が出るはず…」ムクムクッ

曜「はぁ…♡はぁ、っ♡ちかちゃ…♡」シコシコシコシコ

曜「ヴッ♡」ドブッ!ドビュッ!ドビュルルウッッ!

曜「はぁ…はぁ…これで水と肥料、一気に解決だね」ハァハァ
23: 名無しで叶える物語 2017/09/04(月) 22:42:15.12 ID:n/U4e/i5.net
次の朝

曜「うーん…まだ芽は出てないかぁ…」

曜「肥料がダメなのかな、サプリメントでも買おうかな」

曜「しかも昨日賢者になって気づいたけど、これ一人で毎日3回とかやらないといけないとなると…」

曜「死ぬなぁ…」

曜ママ「曜ー?なにやってるのー?」

曜「あ、あぁ!なんでもないよ!行ってきまーす!」

曜ママ「いってらっしゃ~い…ん?なんか生臭い…どこから…」
24: 名無しで叶える物語 2017/09/04(月) 22:44:00.20 ID:n/U4e/i5.net
学校

曜「果南ちゃん!お願いがあるであります!」

果南「ん?おはよう、どうしたの?」

曜「実は…」カクカクシカジカ

果南「へぇ、曜もガーデニングなんてするんだね!」

曜「そうなの!でも今大事なのはそこじゃなくて、さっき言った肥料が絶望的に足らないの!」

曜「だから絶倫女王と名高い果南ちゃんに手伝ってもらいたくて…」

果南「いいよ!面白そうだし!私も最近ご無沙汰で溜まってるんだ~」

曜「いいの!?ありがとう!じゃあ放課後うちに来て!」
29: 名無しで叶える物語 2017/09/04(月) 22:52:25.49 ID:n/U4e/i5.net
曜宅

曜「うーん…朝から変化なしかぁ」

果南「日当たりもいいと思うけどね」

曜「土がダメなのかなぁ…」

果南「まあとにかく水やりしようよ」ボロンッッ!!

曜「うひゃー…相変わらずおっきいね…」

果南「そうでもないって…いいから曜も早く水やりする!」

曜「わかってるって!」シコシコシコシコ

曜「ちかちゃん…ちかちゃ、んぅ…♡」シコシコシコシコ

果南「…………」シコシコシコシコシコシコシコシコ

曜「ヴッ♡」ドビュッ!ピュッ

曜「あー…昨日あんだけ出したから今日はちょっとしか…」

果南「覇ァッ!!!!」ドブッ!!!ドブリュルルウゥウゥッッ!!!ベチャッ!ドチャッ

曜「な、なんて量…」
39: 名無しで叶える物語 2017/09/04(月) 23:04:44.41 ID:n/U4e/i5.net
果南「結局8発も射精(だ)しちゃったよ」

曜「もう土がぐっちょぐちょだね…」

曜(ふふ…これできっとザーメンまみれの千歌ちゃんが発芽するはず…へへ…)ニヤニヤ

曜(しかもこれだけ精液を浴びせてればきっと性欲旺盛…植えた者を主として尽くしてくれるはず…)

果南「曜…すごい顔してるよ」

曜「へ?」

果南「あはは、じゃ、バス行っちゃうから今日は帰るね!また困ったら言ってよ!」

曜「うん!ホントにありがとう!じゃあね!」
46: 名無しで叶える物語 2017/09/04(月) 23:13:41.64 ID:n/U4e/i5.net
1週間後、朝

曜「はぁ…果南ちゃんと土にぶっかけまくって1週間…そろそろなんの変化もなければやめようかな…」

曜「お母さんにも庭が生臭いけどなんか知らない?って言われるし」

曜「マン毛の1本や2本また拝借できるよね、親友だもん」

曜「さすがに芽くらいは出ててほしいんだけど…んん!?こ、これは…」

曜「千歌ちゃんのアホ毛…!!」

曜「もしかしてこれが…!」

曜「果南ちゃんに報告しなきゃ!」
47: 名無しで叶える物語 2017/09/04(月) 23:14:39.53 ID:n/U4e/i5.net
果南「えっ!アホ毛が!?」

曜「そう!間違いないよ!千歌ちゃんの芽だよ!」

果南「よかったじゃん、あとは見守ってればきっと千歌が実るよ」

曜「うん!ホントにありがとう!実ったら果南ちゃんにも会わせてあげるね!」
49: 名無しで叶える物語 2017/09/04(月) 23:31:26.60 ID:n/U4e/i5.net
8日目、朝

千歌『えへへ…♡ちかのなかによーちゃんの栄養いっぱい…ちょーだい…♡』

曜『っ…!ち、千歌ちゃん!!』ガバッ

曜「千歌ちゃん!!」バッ

曜「…夢かぁ、ん?」ベチョ

曜「うわ、これフェアリーってやつだよね…肥料無駄にしちゃった…」

曜「とりあえず千歌ちゃんの様子を…」

曜「な、なにこれ…」

曜「これ…実なのかな…?人間大のみかんにしか見えないけど…ヘタの部分からアホ毛出てるし…」

曜「みかんって土から生えないよね…なんか怖くなってきた…まさかうまくいくなんて…」

曜「とりあえず部屋に持ってかないと…よいしょっ、と」

曜「このまま学校行くの心配だな…」
50: 名無しで叶える物語 2017/09/04(月) 23:33:34.47 ID:n/U4e/i5.net
果南「え?人間大のみかん?」

曜「何言ってるかわからないだろうけど、朝起きたら昨日のアホ毛が人間大のみかんになってたの…」

果南「ホントにそんなことあるんだね…これでもしホントに千歌だったらノーベル賞総ナメだよ」

ギャーーーー!!!

曜「い、今の!千歌ちゃんの悲鳴!?」

果南「なんかあったんだ!早く行こう!」ダッ!
51: 名無しで叶える物語 2017/09/04(月) 23:34:10.51 ID:n/U4e/i5.net
千歌「あわわわ…わ、私がもう一人…」

千歌「しかもめっっちゃくちゃイカ臭いし…何がどうなってるの…」

曜「千歌ちゃん!どうし…!?」

千歌(?)「あは…よーちゃんだ♡やっと会えたね…♡」ピトッ♡

曜「」

曜(成功…した!?)

千歌「帰ろ♡よーちゃんは今からちかとよーちゃんのおへやでいーっぱいえっちなことするの♡」

曜(性交…する!?)

果南「曜よかったじゃん、千歌には私からうまく説明しとくから早くセックスしてきなよ」

曜「う、うん…」

曜(ダメだ…わけがわからなすぎる…自分で蒔いた種だけど…わけがわからない…)
55: 名無しで叶える物語 2017/09/04(月) 23:46:43.01 ID:n/U4e/i5.net
千歌(?)「よーちゃん♡」ドサッ

曜「っ…!」

千歌(?)「やっと二人っきりになれたね」

千歌(?)「ねえ…いきなりだけどちかもう我慢できないの…」

千歌(?)「えへへ…♡ちかのなかによーちゃんの栄養いっぱい…ちょーだい♡」

曜(デジャヴッッッ!!!)

ヨウーゴハンヨー

曜「ち、ちかちゃん、ご飯できたみたいだし、ご飯食べてからにしない…?」

千歌(?)「も~ヘタレ!ご飯食べたらすぐだよ!」
56: 名無しで叶える物語 2017/09/04(月) 23:47:12.74 ID:n/U4e/i5.net
曜ママ「あら千歌ちゃん、来てたのね、ご飯食べてって」

千歌(?)「ありがとうございます!あの、今日は泊まっていってもいいですか?」

曜ママ「もちろんよ、お母さんには連絡しとくね、今日はうちの庭で採れたきゅうりのサラダとハンバーグよ」

曜「ん?この組み合わせ…前にも…」

千歌(?)「いただきまーす♡んーきゅうりおいひ~♡」

千歌(?)「きゅうり…♡きゅうり…♡」

千歌(?)「きゅうり…♡」フラフラ

曜(きゅうり…?)

千歌(?)「きゅうり…よーちゃんまま…ごちそーさまでした…」

曜(庭の方へ…?一体何をしに…)
63: 名無しで叶える物語 2017/09/05(火) 00:02:47.58 ID:2V5UAMz9.net
千歌(?)「えへへ…きゅうりあった…♡」プチッ

千歌(?)「んっふうぅぅ♡♡♡」ズプッ♡

千歌(?)「下のお口できゅうり食べるの…さいこお…♡」ズップズップ♡

曜「千歌ちゃん…ナニやって…」

千歌(?)「ん?よーちゃんがあんまりヘタレだからきゅうりさんで早く気持ちよくなりたくなっちゃって♡」

千歌(?)「はぁ…っ♡きゅうりさんがあれはもうよーちゃんのおちんぽさん…いらないね♡」

曜「あ、あの…千歌ちゃん?」

千歌(?)「だってよーちゃんのおちんぽさん、きゅうりさんの半分もないんだもん!」

曜「な、なんでそんなこと知って…!」

千歌(?)「だって土の中から見てたもん」

千歌(?)「よーちゃんは大好きだけど、セックスするなら果南ちゃんがよかったなぁ…」

千歌(?)「果南ちゃんに拾って貰えばよかったなぁ」
64: 名無しで叶える物語 2017/09/05(火) 00:03:33.52 ID:2V5UAMz9.net
曜「そ、そんな…なんできゅうりなの?」

千歌(?)「ん?それはね、よーちゃんが私をきゅうりの苗の近くに植えたからだよ」

千歌(?)「よーちゃんのおちんぽさんより、横のきゅうりさん見てる時間の方が長くて、いつかきゅうりさん食べられたらいいなぁって思ってたの」

千歌(?)「それにね、私にとってこれご飯でもあるの」

千歌(?)「愛液のアルカリできゅうりさんくらいならぜーんぶ消化できちゃうんだー♡」

千歌(?)「ふっ、ぅ…♡みて♡ぜんぶ食べちゃった♡」ズプズプズプ

千歌(?)「ごちそうさまでしたああぁぁぁ♡」ズニュン♡

曜(…ダメだ、考えるのやめよ、とりあえずシコってノーベル賞電話してこよう)

曜はノーベル賞を総ナメにした。賞金は全部きゅうり代に消えた。
HAPPY END
65: 名無しで叶える物語 2017/09/05(火) 00:05:24.80 ID:2V5UAMz9.net
>>46から分岐バッド(?)いきまーす

1週間後、朝

曜「はぁ…果南ちゃんと土にぶっかけまくって1週間…そろそろなんの変化もなければやめようかな…」

曜「お母さんにも庭が生臭いけどなんか知らない?って言われるし」

曜「マン毛の1本や2本また拝借できるよね、親友だもん」

曜「さすがに芽くらいは出ててほしいんだけど…んん!?こ、これは…」

曜「千歌ちゃんのアホ毛…!!」

曜「もしかしてこれが…!」

曜「果南ちゃんに報告しなきゃ!」





曜ママ「生臭いわね…」
67: 名無しで叶える物語 2017/09/05(火) 00:10:45.94 ID:2V5UAMz9.net
果南「えっ!アホ毛が!?」

曜「そう!間違いないよ!千歌ちゃんの芽だよ!」

果南「よかったじゃん、っとそういえば最近千歌学校来てないよね」

曜「そうなんだよね…なんの連絡もないから心配だけど…」

果南「曜は今千歌二人分心配しないといけないから大変だね、風邪で寝込んでるだけかもしれないし、私がお見舞いに行ってくるよ」

曜「わ、私も!」

果南「曜は自分ちの千歌のこと心配してあげて、ホラ、旅館の千歌は曜が心配して来たら気負いそうだし」

曜「わかった…じゃあお願いね」
72: 名無しで叶える物語 2017/09/05(火) 00:15:35.25 ID:2V5UAMz9.net
1ヶ月後

曜「うう…芽が出てから変化なし…もうたまっちがすっからかんだよ…」

曜「…千歌ちゃんの玉じゃないからたまっちは違うか…」ハハ

曜「…何言ってんだろ、千歌ちゃんもしばらく学校来てないし…連絡も取れないし…」

曜「それにしてもすごい臭いだなぁ…なんか、精液じゃない臭いのような…」
74: 名無しで叶える物語 2017/09/05(火) 00:24:46.03 ID:2V5UAMz9.net
学校

曜「えっ!?千歌ちゃんが行方不明!?」

果南「そうみたい、もうだいぶ前から行方がわかってないみたいで…」

曜「なんでそんな大事なこと教えてくれなかったの!!」

果南「私だって今日知ったんだよ!千歌のお母さんが、当分は迷惑をかけないように黙ってたらしいんだけど、さすがに口を開いたみたいで…」

曜「…くっ!」ダッ!

果南「……見つかるといいね、千歌」
75: 名無しで叶える物語 2017/09/05(火) 00:25:42.95 ID:2V5UAMz9.net
その頃曜宅

曜ママ「今日はきゅうりのサラダにしようかしら、そろそろ夏野菜の季節も終わりだし」

曜ママ「うっ…何この臭い…って…!これ!」

曜ママ「っ!」ガツガツ

曜ママ「…千歌ちゃん?」
76: 名無しで叶える物語 2017/09/05(火) 00:26:17.73 ID:2V5UAMz9.net
テレビ「えー次のニュースです。静岡県沼津市で行方不明となっている女子高生が昨夜遺体で発見さ」ブツッ

「はーあ、これでまたご無沙汰になっちゃうなぁ」

「かわいい子の死体にぶっかけるのが最高に気持ちよかったのに…」

「…次は誰がいいかなん?」

BAD END
77: 名無しで叶える物語 2017/09/05(火) 00:28:23.11 ID:2V5UAMz9.net
おわり
見切り発車でごめんなさい
1ヶ月前に卒業制作書いてまた書きたくなったから来ました
今度こそ卒業
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『曜「やった…!千歌ちゃんのマ○毛だ…!」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。