善子「堕天使ぶって検索してはいけない言葉を検索してみた」

シェアする

善子-アイキャッチ18
†堕天使ヨハネ†さんが動画を投稿しました


「再生」カチッ

pixiv: 善子「堕天使ぶって検索してはいけない言葉を検索してみた」 by 矢部野たかひろ

スポンサーリンク


大天使ツシマエル「視聴者たちよ・・・私の声が聞こえますか・・・?」

ツシマエル「私は今、貴方たちの心に直接語りかけています・・・」

ツシマエル「この動画は、検索してはいけない言葉を検索するという、極めて邪悪な内容です・・・決して見てはいけません、今すぐ引き返すのです・・・」




善子「・・・などということを、天使だったら言うんでしょうね」

善子「ふふふふふ・・・こんばんは 愚かな人間たち・・・私は堕天使ヨハネ・・・」

善子「世の中には、決して手を出してはいけないものがある・・・それは現代のインターネット環境においても同様!」

善子「日々、人間が利用しているネットワーク・・・大抵のことは瞬時に知ることが出来る、知識の大海!」

善子「しかし! 中には軽い気持ちで手を出してはならない禁忌の領域が存在する・・・それこそが! 『検索してはいけない言葉』!」

善子「それはまさにパンドラの箱・・・今から私が、その検索してはいけない言葉を検索して、貴方たち人間を恐怖のどん底へ叩き落としてあげるわ! 覚悟しなさい!」

善子「今日の為に、検索してはいけないキーワードを予めリストにしておいたわ」

善子「この中から私が適当に選んで検索して、貴方たちに見せつけて、嫌な気分にしてやるのよ!」

善子「・・・私は堕天使だから? 怖いのとか全っ然平気なのだけど? もし万が一でも私が驚いたり怯えたりしたら・・・この貯金箱に100円ずつ貯金していくわ」

善子「まぁこの貯金箱は終始空っぽのままなんだけどね!」

善子「さぁ、では早速一つめの言葉を検索しましょう」

善子「ぐるぐるぐる、ドーン!」


ウォーリーを探さないで

※ 各検索ワードはGoogle検索結果へのリンクとなっています。(管理人)


善子「記念すべき最初のワードはこれよ!」

善子「ウォーリーを探せ! 懐かしいわね・・・小さい頃絵本でめっちゃ探したわ・・・」

善子「全然見つけられな・・・あ、いや、あっという間に見つけたし? もう、ページを開いた瞬間見つけたし?」

善子「・・・でも、探さないでってどういうこと? 難しすぎてどうせ全然見つけられないから探すなってこと?」

善子「バカにしないでよね! 早速検索よ」カタカタカタッ

善子「・・・あった これね! フラッシュなのね・・・さぁ始めるわよ! 私の万能さに震えるがいいわ!」

善子「スタート!」ポチッ

♪~♪~♪

善子「おっ 楽しげな音楽! さぁウォーリーはどこかしら~?」

♪~・・・♪・・・・・・

善子「あれ・・・音楽終わっちゃった」

善子「え・・・何? 何? ねぇ無音になると・・・怖・・・あぁいや! 全然怖くなんかないし! むしろ静かになって探すのに集中出来るし!」

善子「えっ・・・てかこれ・・・いる? 全然見つからないんだけど・・・どこ? えー・・・?」





「ダアアアアアアアアアアアアアアアァァァァァァァァァァァァァァ!!!!!!!!!!!!!!!」





善子「ぶあああぁぁぁぁーーーーーっ!!!!!!!」びょんっ!





善子「・・・ハァ・・・ハァ・・・ハァ・・・」ガタガタガタ・・・

善子「・・・う・・・ぐすっ・・・うぅぅ・・・」ふるふる

善子「なにもぉぉぉーーー!!!(泣)」

善子「うぅ・・・ばか・・・ばかっ!」

チャリンッ

善子「あー・・・はぁ・・・人間たち・・・大丈夫だったかしら? 怖くて気絶してないかしら?」

善子「わ、私は堕天使だから? へっちゃらだったけどぉ?」

善子「・・・1個目からこれって・・・はぁ・・・」

善子「・・・よしっ! じゃあ次いくわよ!」

善子「ぐるぐるぐる、ドーン!」


NNN臨時放送


善子「お次はこれよ! ・・・臨時放送? テレビ番組?」

善子「ちょっと調べるわ」カタカタカタ

善子「・・・あった 動画があるわね」

善子「では・・・再生!」ポチッ


ピーーーーーッ


善子「な、何? 何?」


ピィィィーーーーーッ


善子「なになになに!? 放送事故!?」

パッ

善子「・・・えっ なんか・・・何これ!?」

善子「人の名前? なになになに怖い怖い!」

善子「あっ 嘘! 怖くない、怖くなんかない! こんなの全然大したことないじゃない? ただ文字が流れていってるだけじゃない?」

善子「え・・・何これは・・・この名前の横の数字は・・・年齢なの?」

善子「や、でも139歳って・・・堕天使仲間?」

善子「3719歳! 中国の歴史の半分以上生きてる!」

善子「何なのこれ・・・意味分かんない・・・」


『明日の犠牲者は以上です』


善子「犠牲ぃぃぃーーー!!!」

善子「・・・にー、なったのだぁ~・・・」

善子「何なの!? 死の予告!?」


ピーーーーッ


善子「何!? なんか来るなんか来る!?」


フッ


善子「ひぃっ!! 今なんか映った!!」

善子「やだやだ怖い怖い怖い! ねぇー無理ぃー!」ぶるぶるぶる

善子「あぁぁ~もうやだ~! なんで検索しちゃったのぉ~(泣)」


白い顔「  フッ  」


善子「ぬ"んっっっ!!!!」ビクゥ

善子「・・・あ、この動画は都市伝説を元にしたジョーク?」

善子「な・・・なんだ・・・は、ははーん! 全然大したことないわねー! 人間のみんな大丈夫かしらぁー?」


「ウワァァ~」


善子「うぃっ!!!」ドキィーン!

善子「・・・・・・はぁ・・・」

チャリンチャリンチャリン

善子「あーあ 貯金箱が重くなってくぅ」

善子「・・・次よ次!」

善子「ぐるぐるぐる、ドーン!」


イルカの夢でさようなら


善子「次のワードはこれよ・・・イルカ?」

善子「なんかこういうタイトルのラノベありそうよね」

善子「えーっと・・・はい、出ました」カタカタカタッ


「私を殺してから先に進んでね」


善子「・・・・・・はい?」

善子「・・・何言ってんの・・・?」

クリック

「うぁっ!」バキッ!

善子「あっ あっ ごめん!!」

善子「・・・ごめん・・・・・・」

善子「え・・・まさかこうやって痛めつけていくの・・・? 嘘でしょ?」

「あっ・・・あぁぁ・・・」ドゴッ!

善子「ぐぅぅ・・・えぇー・・・」

善子「・・・可哀想だよぉ・・・」

「ぐ・・あ・・・あ・・・」グシャッ!

善子「ごめんなさい・・・でも途中で止める訳にはいかないの・・・!」

「」ドシュッ!

善子「あーあ・・・首が飛んだぁ・・・」

グジュッ・・・

善子「・・・・・・」げんなり

グチュゥ

善子「あぁ・・・水溜りみたいになっちゃった・・・」

チャララララ~~♪

善子「いや何クリアみたいになってんのよ!?」

善子「・・・女の子死んじゃったんだよ・・・? ・・・なんでなのよ・・・」

善子「・・・はい・・・という訳で・・・イルカの夢でさようなら・・・以上です・・・」

善子「・・・・・・あの・・・あの・・・・・・辛いです・・・・・・」

チャリン

善子「・・・はぁー・・・つらい」

善子「なんか・・・次はもっとこう・・・楽しいのやりたい・・・」

善子「いや、そもそも検索してはいけない言葉なんだからそんなのは無いけどさぁ・・・」


Happy Tree Friends


善子「ハッピーって書いてあるんだから楽しいやつなのよね? 私信じてる」

善子「動画か・・・よし、再生!」

「ラララララララ♪ ラララララララ♪」

善子「あら可愛い♪ 動物さんたち」

善子「海外のアニメなのかしら? これは期待通り大丈夫そうね!」

善子「あら、軍服のクマさんが・・・」


「グオオォォォォ」「ギャアアアアア」グシャアァァァ


善子「い"ぃぃいーーーっ!?」

「グギャアアアアア」グシャグシャドシャアアア

善子「ちょちょちょちょ何が起こってるのぉぉぉお!?!?」

善子「あ、ちょ、これ後で動画編集する時モザイクかけなきゃ」

ゴシャゥッ

善子「わぁーい! 身体が裂けるチーズぅー!」

善子「わぁわぁわぁやばいやばいやばい! グロすぎる!」

グシャグシャドシャバキィゴシャアアア

善子「・・・・・・」ぽかーん

「ラララララララ♪ ラララララララ♪」

善子「・・・ラララじゃないんですけど」



善子「えっと・・・ちょっとまだ動揺が続いてるんだけど・・・どうやらあれは超絶グロいことで人気なアニメなんだそうです」

善子「・・・何考えてんの作ってる人たちは!」

善子「地獄ってあんな感じなのかしら」

善子「・・・あ、いや、堕天使だから私! 地獄めっちゃ知ってるから! そうそう、あんな感じよ うん」

善子「んん、なんか凄かった・・・あそこまでグロテスクと殺戮の限りを尽くされると、逆に関心しちゃう」

善子「むしろ、1個前のイルカの夢で沈んだ気分が、このアニメのおかげで持ち直せた気がする」

チャリンチャリンチャリン

善子「さて・・・次いきましょうか」

善子「ぐるぐるぐる、ドーン!」


ふぁんしーあいらんど


善子「これまた可愛らしいタイトル・・・でも騙されちゃいけない・・・」

善子「・・・あっ、これね ウェブサイトなの? よし、クリック!」

善子「・・・お? 普通じゃない」

善子「あら可愛い ネコミミの美少女がお出迎え」

善子「これだけ見れば本当にファンシー・・・でも、それじゃあ検索してはいけない言葉には入らない・・・」

善子「さぁクリック・・・」


ドォォォォォン・・・


善子「でゅんっ!!」ビクゥッ

善子「・・・ほらね 言った通りでしょ」

善子「えぇー・・・めっちゃ睨んでるぅ・・・怖・・・」

善子「・・・くないっ! 怖いとか言ってない! 今のはあのー・・・あれ・・・」

善子「・・・コワッ・・・クワッ! アヒルの鳴き真似がしたくなっちゃった! クワクワッみたいな!」

善子「・・・え、ここからどうするの? 更にクリック?」カチッ


「ヒッヒッヒッヒッヒッヒッヒ!」


善子「わあぁぁーーっ!!」ドキーン!


「ギャアアアアーーーーー!!!!!」


善子「いやああーー!! やだやだやだやだーっ!」


「ドンドンドンドンドンッ!」


善子「あ"ー! あ"ー!! あ"ー!!!」


「グアアアアアアアアアアア!!!!!!!」


善子「無理無理無理! ギブアップ!」


ブラウザ閉じるボタンカチッ


善子「・・・ぐすっ・・・ひぐぅっ・・・うぇぇ・・・」

善子「・・・何がファンシーよぉ・・・もぉ・・・」

善子「うー・・・うぅー・・・う"ーーー!」

チャリンチャリンチャリン

善子「・・・ちょっと休憩していい? や、休憩します」


カット


善子「ふぅっ! お風呂に入って気分爽快!」

善子「いやぁ・・・それにしても私は怖がる演技が上手いわねー・・・我ながら惚れ惚れしちゃーう!」

コンコン

善子「びゃっ!!!」ビクゥッ!!

ガチャッ

善子ママ「(ピーーッ)? お風呂上がったなら、早めに寝なさいねー」(本名を言ってしまっているのでピー音入れました)

善子「あ、う、うん! 分かった!」

バタン

善子「・・・すいません、お母さんが」

善子「あ! いや、お母さんとか居ない! 堕天使だから! 今のはそう・・・魔王様! 偉大なる冥界の魔王様よ!」

善子「気分転換もしたことだし、次のワードいくわよ」

善子「ぐるぐるぐる、ドーン!」


パナップ


善子「パナップってあれよね? アイスでしょう? なんでそれが検索しちゃいけないの?」

善子「えーと・・・画像検索? それじゃ・・・えいっ!」カチッ

パッ

善子「・・・え・・・うん 画像出たけど・・・これ、パナップ開けたら時々出てくる、アイスが顔になってる『スマイルパナップ』よね?」

善子「・・・どゆこと? ちょっと調べます・・・」



善子「えー、調べたところによると、どうもスマイルパナップのソースが滲んで怖い顔になってることがある、ということらしいわね」

善子「んー・・・まぁそう言われれば・・・怖いかな・・・?」

善子「・・・・・・・・・え?」

善子「え・・・何・・・これだけ?」

善子「これだけのこと? あぁそう・・・そうなんだ・・・ふーん・・・」

善子「なんだ・・・楽勝じゃん」

善子「・・・突然だけど、μ'sの花陽さんって『ぱな』って呼ばれることあるわよね」

善子「・・・パナップを食べる花陽さん・・・」

善子「・・・・・・パナヨップ・・・」

善子「・・・フヒッwww 何言ってんだろ私www」

善子「あーもうよく分かんない! 早く次いこ次!」

善子「ぐるぐるぐる、ドーン!」


あたしはもうお嫁にいけません


善子「タイトルからして不穏なのよね・・・辛い体験談とかだったらどうしよう・・・」

善子「あ、いや、私は堕天使だからね? そういう話も平気なんだけどぉ、見ている貴方たち人間が悲しい気持ちになっちゃうんじゃないかなぁ~って」

善子「・・・これね」カチッ

パッ

善子「・・・わっ!」

善子「あ、え? あぁ、この絵のタイトルがこれなのね」

善子「えー、首が長ーい・・・ろくろ首なの・・・?」

善子「んー・・・確かに、パッと見ると怖い絵ね・・・」

善子「でもこの絵・・・私、好きかも・・・」

善子「・・・堕天使だからね! 怖いもの大好き!」グッ!

チャリン

善子「個人的には好きな絵なんだけど、最初見た時びくっとしたから貯金はするわ」

善子「堕天使は自分から言い出したルールは守るのよ 貴方たち人間なんぞとは違っちゃっちゃっぴゃっぺぅ!(噛んだ)」

善子「さーてと・・・そろそろ時間も時間だし、次で最後にしましょうか・・・」

善子「ぐるぐるぐる、ドーン!」


赤い部屋


善子「最後はこれよ! ・・・赤い部屋? 部屋中が真っ赤なの? それは確かに不気味かも・・・」

善子「検索検索っと・・・」カタカタカタッ

善子「出た! ・・・これもフラッシュ動画? ふーん じゃ、見てみましょう!」カチッ


動画視聴中・・・


善子「消したら死ぬウィンドウ? うわぁ、やだなーそれ」


善子「なんで探そうとするのー!」


善子「ひっ! 出ちゃった・・・」


善子「あっ 消しちゃ駄目! あっ あっ あっ ばかっ! ・・・あーあー・・・」


善子「えっ!? まさか、死んじゃった人たちの名前・・・?」


善子「逃げて! 逃げて! あぁーーー・・・・・・」


善子「・・・はい、という訳で、赤い部屋でした」

善子「消したら死んじゃうポップアップ広告の怪談って感じね」

善子「ぜ、全然怖くなかったけど、まぁよく出来た物語じゃないかしらぁ?」ふるふる

善子「さて、それじゃあそろそろお別れの時間・・・」



「あなたは好きですか?」パッ



善子「・・・・・・」

善子「!?!?!?!?!?」ガタンッ!

善子「え、ちょ、ま、な、え、お、これ」

善子「本物ぉ!?!?」

善子「・・・・・・」

善子「え・・・消したら・・・」

ぶるぶるぶる・・・

善子「・・・いや・・・大丈夫・・・ただの作り話・・・そう、あれは作り話!」ガクガクガク

善子「堕天使がぁ・・・人間の作り話なんかにぃ・・・踊らされてぇ・・・」

善子「どうするっ!!」カチッ


「あなたは好きですか?」パッ


善子「・・・・・・・・・・・・」


「あなたは好きですか?」「あなたは好きですか?」「あなたは好きですか?」「あなたは好きですか?」「あなたは好きですか?」



善子「ひっ・・・本当に連続で・・・」



「あなたは赤い部屋が好きですか?」

バッ


善子「ひぃーっ! 本当にあのサイトに飛んじゃったー!」


善子「ごめんなさいごめんなさいごめんなさいぃー!! もうウィンドウ消しませんー! 堕天使とかいって調子に乗ってごめんなさいいぃぃぃーー!!」ガタガタガタ




「アアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」




善子「わああああぁぁぁぁーーーーーっ!!!!!!!!!」




善子「・・・・・・・・・・・・」ぽけー

チャリンチャリンチャリンチャリン

善子「・・・あぁー・・・終わった」

善子「はぁ・・・もう疲れた・・・疲れたよパトラッシュぅ・・・」

善子「ということで、堕天使ヨハネによる検索してはいけない言葉を検索する動画! どうだったかしら」

善子「大分、人間たちに恐怖を与えられたんじゃないかしら?」

善子「私は堕天使だから、ぜーんぜん怖くなんかなかったわよー? むしろ心地いいくらいだったわー!」

善子「・・・はい、嘘です もうやりたくないです」

善子「えー、貯金箱は・・・わぁ重たい! 3000円分くらいは入ってるんじゃないのこれ?」




善子「さて、ここからは検索してもいい言葉を検索しましょう!」

善子「や、自分の為じゃなくて! さっきまでのことで、心が折れそうな人間がいるかもしれないから! そんな人間に対する、堕天使ヨハネ様からの慈悲よ! ありがたく思うことね!」

善子「じゃあ・・・えっと・・・こんな感じで!」

『猫 画像 かわいい』

善子「検索検索ぅ♪」カチリ

善子「んあぁぁ~~~♥ かわいいいぃぃぃ~~~♥」

善子「・・・あ! いや、これは貴方たち人間の為に仕方なく検索してるだけだから! 私は堕天使だから、こんな画像ぜんっぜん楽しくないわ」

善子「あー子猫の画像なんて不愉快だなー! 不愉快だなー!」

善子「・・・保存、保存っと」カチカチッ

善子「ついでに動画も検索しちゃいましょう」カチカチ

善子「あっ! 何これ! かわいい子猫の動画だって!」

「再生」カチッ

善子「堕天使様はねぇ、こんな動物の赤ちゃんなんかに惑わされないのよ」

「みゃあみゃあ・・・」よちよち

善子「そうやってぇ、うるうるした瞳でこっちを見て・・・本当に生意気!」

「みゃぁぁ・・・」キラキラ・・・

善子「・・・なまいきぃ~~♥」でれでれぇ~



善子「では、そろそろ私は魔界に帰らせてもらうわ では、また会いましょう」

善子「愚かな人間どもに不幸あれ! ふふふふふふ・・・あっはっはっはっはっは!」



「動画の再生が終了しました」



おしまい!
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『善子「堕天使ぶって検索してはいけない言葉を検索してみた」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。