曜「名前で呼んで」

シェアする

ようりこ-アイキャッチ1
1: 名無しで叶える物語 2017/09/09(土) 12:30:00.27 ID:rUV0crjd.net
千歌「これで私たちもμ'sに近づく第一歩を踏み出したんだね――」ギュー

曜「ぐえーっ」

曜「梨子ちゃん、たすけてーっ」

梨子「!」

きゅっ

曜「///」

梨子「よ、よろしくね」

曜「こ、こちらこそ」

元スレ: 曜「名前で呼んで」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語 2017/09/09(土) 12:32:56.96 ID:rUV0crjd.net
千歌「それじゃチカ、果南ちゃんに報告してくる!」シュバッ

曜「あ、ちょ、千歌――」

梨子「ふふ、千歌ちゃんって本当に果南さんが好きなのね」

曜「果南ちゃんは昔から私達のお姉さんだからね。それより――」

曜「手を……」

梨子「あっ……ごめんなさい!」

曜「ううん! なんか照れくさくて……」

曜「わ、私も果南ちゃんの所行ってくる!!」シュババッ

梨子「……」

梨子(そうだよね……いきなり手なんか握られたら驚いちゃうよね……)

梨子(うぅ……何してるのよ私――)

――
3: 名無しで叶える物語 2017/09/09(土) 12:35:29.38 ID:rUV0crjd.net
――

タッタッタ

曜(どうしてだろう……)

曜(ただ手を握られただけなのに)

曜(こんなにドキドキするなんて――)

曜(うぅ……どうしちゃったの私~~!!)

<ロウカヲハシルナー

<ゴメンナサイー!

――
4: 名無しで叶える物語 2017/09/09(土) 12:37:50.34 ID:rUV0crjd.net
次の日

果南「ワンツー、スリーフォー」

曜「よっ、ほっ」

果南「ここでターン!」

曜「ターン!」

曜・果南「ドヤッ」ビシッ

千歌・梨子「おー」パチパチ

千歌「すごいすごいすごーーい!」

千歌「二人とも本当にすごいよー!!」
7: 名無しで叶える物語 2017/09/09(土) 12:40:40.25 ID:rUV0crjd.net
果南「すごいすごいって」

果南「千歌達もこれやるんだよ?」

千歌「だ、だよねー! あはは」

果南「あははーじゃなくて、はい立って。ワン、ツー」

千歌「果南ちゃんの鬼教官~~!」


梨子「う……また転びそう……」

曜「大丈夫だよ梨子ちゃん」

曜「私がちゃんと教えてあげるからね!」

梨子「うん……お願い」
8: 名無しで叶える物語 2017/09/09(土) 12:43:52.12 ID:rUV0crjd.net
曜「いっくよー!」

曜「ワンツー」

梨子「ワンツー……」

曜「スリーフォー」

梨子「スリーフォーあわわ」

曜「ここでターン!」

梨子「タターン!」ズリッ

梨子「あーっ!!」

ギュッ

曜「もう、梨子ちゃん力みすぎだよー」

梨子「あ……ありがとう」
13: 名無しで叶える物語 2017/09/09(土) 12:46:57.60 ID:rUV0crjd.net
曜(いい匂い……)

梨子「あの……渡辺さん?」

曜「……」

梨子「もう大丈夫だから離してもらえると――」

曜「……あっ、ごめん! 梨子ちゃんが余りにもいい匂いだから――って何言ってるんだ私!!」

梨子「に、匂い!?」

曜「いや、その! どんなシャンプー使ってるのかなーなんて!?」

梨子「あ、なら私が使ってるトリートメントあげようか?」

曜「へ?」
14: 名無しで叶える物語 2017/09/09(土) 12:49:47.78 ID:rUV0crjd.net
梨子「この匂い好きなんでしょ?」

曜「う……うん。好き」

曜(なんか恥ずかしい!)

梨子「私もお気に入りで、買い溜めがあるから一つお試しで――」

千歌「あー!」

千歌「曜ちゃんと梨子ちゃんが練習してないでイチャイチャしてるー!!」

曜・梨子「なっ!」

バッ

果南「二人共年頃なのはわかるけど、もう少し人目を――」

曜・梨子「違うからー!!」

――
15: 名無しで叶える物語 2017/09/09(土) 12:52:16.26 ID:rUV0crjd.net
梨子の部屋

曜「お、お邪魔します」

梨子「好きに掛けていいからね」

曜「すごい……女の子っぽい部屋!」

梨子「へ?」

曜「私や千歌とは大違い……これが都会っ子」

梨子「別に関係ないと思うけど……」

梨子「飲み物とトリートメント持ってくるね」

曜「うん、ありがと――」

バタン
16: 名無しで叶える物語 2017/09/09(土) 12:54:55.42 ID:rUV0crjd.net
曜「……」

曜(梨子ちゃんの部屋……)

曜(いい匂い……)

曜(梨子ちゃんが毎日寝てるベッド……)

ボフッ

スンスン

曜(梨子ちゃんの匂いだ……)

曜(なんだかこうしてると……)

曜(梨子ちゃんに包まれてるみたいで――)

トントン

曜「!?」
17: 名無しで叶える物語 2017/09/09(土) 12:58:14.19 ID:rUV0crjd.net
梨子『渡辺さん? ちょっと開けてもらっていい?』

曜「は、はい!」

ガチャ

梨子「ありがと。麦茶しかなかったけどいいかな?」

曜「……うん、麦茶好き」

曜(良かった……梨子ちゃんの両手が塞がってて……)

曜(もし今の見られてたら……)

梨子「これがそのトリートメントなんだけど」

曜(うぅ……昨日から私おかしい……)

梨子「そんな高い物じゃないから気にしないで」

曜(梨子ちゃんといるとなんか変な気持ちに――)
18: 名無しで叶える物語 2017/09/09(土) 13:01:19.20 ID:rUV0crjd.net
梨子「もし気に入ってくれたら、通販で私がまとめ買いするから言ってね」

曜「う、うん……ありがとう梨子ちゃん」

梨子「どういたしまして♪」

梨子「ふふふ、嬉しいなぁ。この香りの良さをわかってくれる人がいて――」

曜「へ?」

梨子「これね、あまりお店とかじゃ売ってなくて、東京でもずっと通販で買ってたの」

曜「そ、そうなんだ……」

梨子「私と渡辺さんって好みが似てるのかもね」

曜「うん……」
19: 名無しで叶える物語 2017/09/09(土) 13:04:37.63 ID:rUV0crjd.net
梨子「……」

曜「……」

梨子(か、会話が続かない……)

曜(こんなのいつもの私じゃなーい!!)

梨子(家主の私がしっかり振らないと……)

梨子(そうだ、昨日の――)

梨子「わ、渡辺さん」

曜「――?」

梨子「き、昨日はごめんなさい! 急に手なんか握ちゃって……」

梨子「馴れ馴れしかったよね……」

曜「そ、そんなことない!」
20: 名無しで叶える物語 2017/09/09(土) 13:07:20.23 ID:rUV0crjd.net
曜「むしろ、私的にはもっと馴れ馴れしくていいと言うか……呼び方とか――」

梨子「呼び方?」

曜「うん……渡辺じゃなくて――名前で」

梨子「えっと……それじゃ……よ、曜ちゃん?」

曜「……もう一回」

梨子「――曜ちゃん」

曜「――はい! 改めてよろしくであります! 梨子ちゃん!」

梨子「よ、よろしくお願いします」
22: 名無しで叶える物語 2017/09/09(土) 13:10:14.27 ID:rUV0crjd.net
曜「あははっ」

梨子「ふふふっ」

曜「なんか今更って感じ!」

梨子「ね。でも、いつも間に千歌ちゃんがいたから――」

曜「千歌はいつもみんなの中心だからね」

梨子「うん……本当にそう思う」


曜「――ねぇ梨子ちゃん」

梨子「ん?」

曜「ハグ……しない?」

梨子「え……?」
24: 名無しで叶える物語 2017/09/09(土) 13:14:11.94 ID:rUV0crjd.net
曜「か、果南ちゃんがね! ハグは親愛の証だって言うから!」

梨子「果南さんが……確かによくハグしてるような……」

曜「だ、だからね! 私と梨子ちゃんもその――」

梨子「――ど、どうぞ///」スッ

曜「――」

ハ グ ッ ♡




得意の飛び込みで梨子ちゃんの胸にダ~イブ♡
聞こえてきたのは胸の鼓動ともう一つ――?
その正体は――待て次号♡♡♡
25: 名無しで叶える物語 2017/09/09(土) 13:15:24.90 ID:rUV0crjd.net
恋に落ちる音です 次号はないです

千歌「曜ちゃんって私のこと好きだと思う?」梨子「え?」 ようちかりこ

千歌「理想の曜ちゃんと現実の曜ちゃん」 ようちか
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『曜「名前で呼んで」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。