合理的な息抜きラブライブ

シェアする

千歌-アイキャッチ15
【千歌「困っちゃうなぁ」】

千歌(曜ちゃんも梨子ちゃんもわたしのこと好きすぎて困っちゃうよ~)ニヤニヤ

曜「はい梨子ちゃん。みかんあげるね?」

梨子「ありがとう曜ちゃん」

曜「あーん♡」

梨子「あ、あーん///」

pixiv: 合理的な息抜きラブライブ by しずく饅頭

スポンサーリンク

千歌「!」ピコーン

千歌「ぱくっ!」

曜「あー!もう、千歌ちゃーん?」ジトー

千歌「えっへへ~曜ちゃんの手から食べるみかん美味しい♡」

梨子「あはは…食いしん坊なんだから…」

千歌「梨子ちゃんはくれないの?」

梨子「仕方ないなぁ…はい、あーん」

千歌「ぱくっ」

梨子「あっ、もう!指ごと食べないの!」

千歌「だって梨子ちゃんの指綺麗なんだもん」

梨子「理由になってないよぉ…」

千歌(ふっふっふ…これで二人が葛藤するのが目に浮かぶよ…)

梨子『千歌ちゃんが咥えた指…』ドキドキ

曜『梨子ちゃんずるい!千歌ちゃん、わたしの指も舐めていいよー?』

梨子『こ、これ舐めたら間接キスに…』

曜『あむっ』

梨子『きゃっ!なんてことするの曜ちゃん!』

曜『ふふふ…梨子ちゃんに千歌ちゃんとの間接キスはまだ早いよ』

梨子『もー!』

千歌『二人とも、そんなに争わないで。間接なんていわず直接…する?』ニヤリ

ようりこ『千歌ちゃん…///』トゥンク

千歌(なんてことになること間違いなしだよ!)

梨子「千歌ちゃんは今日も元気いっぱいだね」フキフキ

曜「じゃあ改めて。梨子ちゃん、あーん」

梨子「あーん…はむっ」

曜「ひゃぅっ!」ビクッ

梨子「あ、ご、ごめん!///」

曜「だ、大丈夫!ちょっとびっくりしただけだから!」

梨子「はい、ティッシュ」

曜「…」

梨子「曜ちゃん?」

曜「へ?」

梨子「どうしたの?ぼーっとして…」

曜「いや、なんか拭くのもったいないような気がして…」

梨子「なっ!?///」

曜「これわたしが舐めたら…梨子ちゃんと間接キス…だよね?」チラッ

梨子「曜ちゃん…何言って…///」カアア

曜「ふふっ梨子ちゃん顔真っ赤だよ?」

梨子「曜ちゃんのせいでしょ!」

曜「冗談だよ。梨子ちゃんが可愛い反応するからつい…ね」

梨子「むぅ…///」

千歌(…あれ?)


【千歌「梨子ちゃんの怖いもの」】

梨子「怖いもの?」

千歌「うん」

梨子「うーん…やっぱり犬かな?」

千歌(だろうな~)

梨子「でも、どうして急に?」

千歌「なんでもないよ!じゃあまた明日!」ダッ

梨子「え?ちょっと千歌ちゃん!帰り道一緒…なんだけど…」ポツーン

曜「あれ?まだいたの?千歌ちゃんと一緒に先帰ってなかった?」

梨子「それが、千歌ちゃんが急に怖いものは何かって聞いてきて」

曜(なるほど…今日のお昼に吹き込んだつり橋効果を試す気だね)

梨子「なんだったのかな?」

曜「さあ?」

曜(怖いと感じるドキドキを恋と錯覚させて気を引く手法…千歌ちゃん、ついに動くんだね!)

絵里「ん?」

梨子「へ?」

にこ「錯覚?」

曜「え、なに?なに?」

真姫「それでは聞いてください。錯覚CROSSLORDS」

~♪

絵里「だ~れよりも~♪」

真姫「君を~♪」

にこ「知っていると思ってたよ~♪」

真姫「錯覚~してた~♪」

曜「ん?」

梨子「錯覚?」

千歌「それでは聞いてください。決めたよHand in Hand」

千歌「錯覚じゃないはずさ~♪」

遊戯「なぁにこれぇ」



【善子「堕天しよ?」】

梨子「え…やだ…」

善子「ねぇ…堕天しましょう…?」サワサワ

梨子「んっ…」ピクッ

善子「嫌だって言っても身体は正直みたいね…」サワサワ

梨子「あっ…だめ…!」ビクン

善子「ふふ…もうこんなにトロトロにしちゃって…」ネチャァ

果南「残念だったね。それは梨子ちゃんじゃなくてめかぶの化身だよ」

善子「なんですって!」

めかぶ「ひっかかったね」

善子「くっ…!リリーをどこへやったの!」

めかぶ「彼女は今恋になりたいお魚天国でわかめに巻かれているよ」

果南「梨子もじきにわかめに染まる」

善子「させないわ!」ガッ

果南「軽いね。ちゃんとDHA取ってる?」バキッ

善子「きゃあ!」ドサッ

めかぶ「君にはこんぶになってもらうよ」

善子「はあああああ!」バシュウウウウウウウウ

めかぶ「ぎゃあああああ!にんじんになるうううううう!」

にんじん「」コロン

果南「何っ!?」

善子「堕天使を甘く見ないことね」

果南「くっ…畑の者か!」ジリッ

善子「待っててリリー!今助けに行くから!」

~一方そのころ~

梨子「大豆!」ドゴッ

わかめ「おのれ畑の肉め!邪魔をするな!」

梨子「動かないで。動けばあなたの娘を豆腐と一緒に煮込むわ」

わかめ「やめろ!味噌汁だけは!味噌汁だけは!」

梨子「謝るのが少し遅かったわね」ポチャン

わかめ「うわああああ!揚げまで入ってるううううう!大豆3連コンボなんて、お前人間じゃねえ!」

梨子「しょうゆ!」ズバッ

わかめ「」ドサッ

梨子「よっちゃん…はやく助けに来て…!」

こうして善子の梨子を救うための旅が始まった。

ゆけ!堕天使ヨハネの力と共に!



【ダイヤ「硬度10!」】

ルビィ「硬度9!」

花丸「ずら!」

だいまるびぃ『クリップ!』ビシッ

ダイヤ「ふむ…またしても引き分けですか」

ルビィ「なかなか決着つかないね」

花丸「オラはもういいから二人で半分こして食べて欲しいずら…」

ダイヤ「しかし、このプリンは本当に滅多に手に入らないのよ?独り占めしたいと思わない?」

ルビィ「お姉ちゃんプリンのことになると意地汚いね」

ダイヤ「黙りなさい。さあ、続きですわ」

ルビィ「譲れないね」

花丸「仕方ないずら…」

三人『\(`Д´)ゝデュエッ』



【梨子「同人誌を書きたいの」】

花丸「オラもずら」

善子「奇遇ね、わたしもよ」

梨子「三人よればきっといいものができるに違いないわ!」

~5分後~

梨子「はぁ?題材はようちかに決まってるじゃない」

花丸「ダイルビ意外あり得ないずら」

善子「分かってなさすぎね…普通かなまりでしょ?」

梨子「分かってないのはそっちよ。考えてみて?普通コンプレックスを抱える千歌ちゃんが曜ちゃんに好意を寄せて、自分なんかが…と思いながらも好きを抑えきれずに告白するの!」

梨子「曜ちゃんは幼馴染だと思っていた千歌ちゃんからの好意に一瞬困惑する。千歌ちゃんはその一瞬の困惑をネガティブに受け取ってしまいその場から立ち去ろうとする。曜ちゃんは咄嗟に腕をつかんで千歌ちゃんを引き留め、そのまま抱き寄せるの」

梨子「腕のなかで謝りながら泣き出す千歌ちゃん…曜ちゃんはいつからか胸の中にあった想いに気付き、謝罪の言葉を紡ぎ続ける千歌ちゃんの唇を強引に塞ぐの…」ポー

花丸「なるほど…さすが梨子さんずら」

善子「なるほどね…」

花丸「でも、まだまだずら」

梨子「ほう」

花丸「ダイヤさんとルビィちゃん。ふたりは正真正銘の姉妹だけど、中身こそ共通点が多い二人も外見上の共通点は少ないずら」

花丸「そう、実は二人は血の繋がりのない義理の姉妹!」

善子「な、なん…ですって…!」

花丸「歳をとるにつれて薄々とそのことに感づき始める二人。そこで普段から一緒に暮らしている中で意識し始める…お風呂上がりの姿、ご飯を食べる最中のふとした仕草!寝るときには襖一枚を隔てた向こうにいるという状況に夜な夜な想いは募り…やがて…あまりにも脆いその壁は崩れ去る…ずら」

花丸「いくら義理とはいえ世間一般には二人は姉妹。背徳感に苛まれ、親の留守中にしか愛を確かめあうことができないという辛い環境の中で二人はお互いを支えとして生きていくずら…」

梨子「義理の姉妹…」ゴクリ

善子「たしかに、それもありね。でも、かなまりの魅力は前の二つとは違う、そのアダルティな面にあるの!」

梨子「善子ちゃんの口からアダルティって…似合わないわね」

花丸「下手したらAqoursで一番アダルティから程遠いずら」

善子「なんでよ!」

梨子「わたしでさえ善子ちゃんが相手だとR-18展開に結びつけるのに苦労するわ」

善子「もうわたしのことはいいでしょ!かなまりよ!かなまり!」

梨子「聞きましょう」

善子「まあ、なんていうの?えっろいわよねあの二人…」

梨子「…」

花丸「…」

りこまる『わかる』

善子「ね?」

梨子「で、でも!やっぱりここはようちかで…」

花丸「ダイルビずら!」

善子「かなまりよ!」

梨子(でも…)

花丸(本当に…)

善子(書きたいのは…)

(((よしりこなんだよね)))

梨子(でもそんなこと言ったら善子ちゃんのことそういう目で見てるってバレちゃうし…)

花丸(でもそんなこと言ったら二人を見ていつも妄想してるってバレちゃうずら…)

善子(でもそんなこと言ったら梨子さんのこと好きだってバレちゃう…)

(((どうしよう…)))



【ダイヤ「免許とりましたわ!」】

ルビィ「おねぃちゃあすごーい!」

花丸「ずらー!」

ダイヤ「肝心の車は無いからドライブはまだ先ですがね」

千歌「こんなこともあろうかと志満姉から軽トラック借りてきたよ!」

ダイヤ「でかしました!順番にドライブにつれていって差し上げますわ!」

ルビィ「千歌ちゃん、これどうやってここまで運んで…」

千歌「奇跡だよ!」

花丸「完全論破ずら」

ダイヤ「まずはルビィ、あなたからですわ!」

ルビィ「わーい!」

ダイヤ「ちゃんとシートベルトしめるのですよ」

ルビィ「うん」シュッカチッ

ダイヤ「さて…」

ダイヤ(困りましたわね…この軽トラックミッションですわ!オートマの免許しか持っていないわたくしには荷が重い…)

ルビィ「おねぃちゃぁの運転~♪」

ダイヤ(しかし!我が妹のこの期待を裏切るわけには!)

ダイヤ「いきますわよルビィ!」

ルビィ「うん!」

ダイヤ(一応やり方だけは知っていますし、なんとかしてみせますわ!)

ギュイイイイイ

ブウウウウウウウウン

ガックン!

ダイヤ「…」

ルビィ「…」

ダイヤ(エンスト…終わりましたわ)

ルビィ「すごーい!たーのしー!」

ダイヤ「わーい!」

花丸「君はエンストが得意なフレンズなんだね!」

千歌「大丈夫!フレンズによって得意なことは違うから!」

ダイヤ「エンスト祭りですわー!」

※ちゃんと免許に適した車種を運転しましょう



【穂乃果「おかしいよ」】

果南「なにが?」

穂乃果「なんていうか、言い表せないんだけど何かがおかしいよ」

曜「あはは、穂乃果ちゃん疲れてるの?」

穂乃果「うーん…穂乃果の幼馴染って誰だっけ?」

果南「そんなの、わたしと曜に決まってるじゃん」

曜「え、本当に大丈夫?」オロオロ

穂乃果「大丈夫。うん、練習いこ?」

ガチャ

穂乃果「みんな、おっはよー!」

ダイヤ「おはようございます」

善子「おはよう、リトルデーモンたち」

梨子「おはよう」

ルビィ「おはようございます」

花丸「おはよう」

穂乃果「うーん」

梨子「穂乃果ちゃん、どうかしたの?」

穂乃果「いやね、なんか今日は朝から言い表せない違和感を感じてて」

ダイヤ「穂乃果さんが難しい言葉を…果南さんの指導の賜物ですわね」

穂乃果「もう!ダイヤちゃん!穂乃果そんなにおバカじゃないもん!」

曜「まあまあ、穂乃果ちゃん落ち着いて…」

果南「ほらほら、いつまでもふざけてないで練習するよ」

鞠莉「シャイニー☆」ワシッ

果南「こら!鞠莉!///」

梨子(わたしもよっちゃんに…)ジリッ

善子「!?」ゾクッ

花丸「ルビィちゃん、パンツよこすずら」

ルビィ「ピギィッ」

曜「穂乃果ちゃん、はやく着替えて屋上いこ?」

穂乃果「あ、うん」

穂乃果(おかしい…穂乃果にも誰かがキ○ガイみたいに絡んできたはず…)

穂乃果「やっぱりこの世界は間違ってるよ!」

ダイヤ「ほう」

果南「果たして」

鞠莉「間違っているのは」

梨子「世界のほうなのかな」

曜「穂乃果ちゃんは」

善子「自分が正しいと」

花丸「自分が間違ってないって」

ルビィ「本当に言い切れるの?」

穂乃果「あ…あぁ…」

千歌「ようこそAqoursへ」

Aqours「穂 乃 果 さ ん」


【善子「か~め~は~め~…」】

善子「波ぁぁぁぁぁぁぁ!」バッ

善子「違うわね…やっぱりフォームがなってないのかしら。もっとうでの角度に気をつけて…」

善子「か~め~は~め~…」

善子「波ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」バッ

善子「…出ないわね」

チッチッチッチッ…

善子「はっ!あなたは…マリドゥル!」

鞠莉「Yes!I am!」バアアアアアアン

果南「甘いよ鞠莉!ダイヤ!」

クレイジーダイヤさん「ですわ」バキッ

ルビィ「残像だ」

花丸「とでも思っていたずら?」ドスッ

ルビィ「そんな…花丸ちゃん…」ガクッ

ようちか「ふたりはプリキュア!」

鞠莉「いい歳して恥ずかしくないの?」

果南「Aqoursの名前を背負ってるんだから、もう少し自覚もってもらわないとね」

ダイヤ「ルミナスはわたくしがやりますわ」

ようちか「ごめんなさい…」グスッ

ダイヤ「なぜですの!」

梨子「よっちゃあああああん!」

善子「リリー!来てくれたのね!」

梨子「このカオスを打ち砕くにはわたしたちの愛の力しかないよ!」

善子「ええ!愛してるわリリー!」

ズキュウウウウン

ようちか「や、やった!」

ルビまる「わたしたちにできないことを平然とやってのける!」

かなまり「そこに痺れる憧れるぅ!」

ダイヤ「という夢が見たかったですわ」

善子「波ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

バシュウウウウウウウウウウ

Aqours『ぎゃああああああああああ!』


穂乃果「っていう寸劇をやってるスクールアイドルがいたんだけどね」

海未「普通ですね」

穂乃果「かまくらを宿にしようとするのは?」

海未「キ○ガイですね」



【善子「ゲームやりましょうよ」】

ルビィ「わーい!善子ちゃんのおうちー」

花丸「おじゃまします」

梨子「いらっしゃい」

ルビィ「ビビルビィ」

花丸「そういえば今は梨子さんが旅に出ることになった善子ちゃんのお母さんから善子ちゃんを託されてたずら」

梨子「今のわたしはよっちゃんの恋人でありお母さんだから」

善子「毎晩おっぱいを吸ってるわ」

ルビィ「」

花丸「それは普通にえっちしてるのかそういうプレイなのか気になるところずら」

善子「プレイといえばゲームよね。さ、部屋で遊びましょ?」

ルビィ「かえりたい」

花丸「ゲームなんてほとんどやったことないから楽しみずら~」

梨子「わたしはお茶とお菓子の用意してくるね」

善子「お願いね」

花丸「ところで、どんなゲームなの?」

善子「うーん…まあ格ゲーみたいなものよ」

ルビィ「あ、ルビィ結構強いんだよ?いつもおねいちゃを挑発してはおやつ賭けて勝負してボッコボコにして泣かせてるんだぁ」

善子「ルビィの家にゲーム置いてたのね。なんだか家のイメージ的に持ってないと思ってたわ」

ルビィ「あまりたくさんのソフトはないけどね」

花丸「オラもやらせてもらったことあるずら!あれなら少しはできそう!」

善子「よーし、じゃあ起動するわよ。何本かあるからいろいろやりましょ?」

───
──


善子「あっはっはっはっは!」

ユクゾユクゾハッセイッユクゾ

花丸「なにこれ!?オラの人ぽんぽん跳ねてるだけでなにもできないずら!」

善子「ふっふっふ…いくわよ…」

セメテオウギデホウムロウ

ルビィ「手からビームでた!?」

善子「北斗有情破顔拳!」

花丸「ずらああああ!?」

ルビィ「善子ちゃん手加減しようよ…」

───
──


ルビィ「~♪」カチカチ

ガンフレイム!ヴォルカニックヴァイパ!

善子「あっ…やっ…やめてぇ!」ウルウル

ルビィ「~♪」

善子「あー!ピヨった!」カチャカチャカチャカチャカチャ

デストローイ

善子「ああああ!」

ルビィ「善子ちゃんもやりこみがたりないね」

花丸「ルビィちゃんすごすぎずら」

善子「だったらこっちで勝負よ!」

───
──


ルビィ「花丸ちゃん、このキャラでこのボタン押しまくってればいいよ」

善子「ちょっと!ノエルのDずりとか初心者に妙なこと吹き込まないでよ!」

フィニッシュ

花丸「負けちゃったずら…」

ルビィ「見ててね花丸ちゃん!」

善子「ひぃぃ…」ガクブル

花丸(さっきのがトラウマになってるみたいずら…)

マミサーキュラー!ドリームサリー!エアペルシャ!

ルビィ「ルビィね、このキャラ可愛いから好きなんだぁ~♪」

花丸「ルビィちゃんにぴったりだね♪」

善子「うえええええん…わたしのラグナがぁ…」グスッ

花丸(なんかかわいそうに思えてきたずら)

ルビィ「あ」

善子「チャンスー!」カチカチカチ

バカガ!ガントレットハデス!インフェルノディバイダー!

ルビィ「うゅ」

善子「バースト!?」

ルビィ「えいっ!」

善子「あっあっあっ…」

アストラルフィニッシュ

花丸「かっこいいずら~」

ルビィ「えへへ、これがやりたくてわざと落としたの」ニコニコ

善子「うわあああああああん!」

ガチャ

梨子「よっちゃん、どうしたの?」

善子「リリー!」ダキッ

梨子「な、なに?」

花丸「ゲームで負けただけずら」

善子「弄ばれたぁ…」グスグス

梨子「もう…ゲームくらいで…」ナデナデ

ルビィ「楽しかったね!」

花丸「うん!」

善子「最後はこれよ!」

梨子「まだやるの?わたし晩御飯作るからもう行くね。あ、二人とも食べていってね」

ルビまる「はーい」

善子「これならさすがのルビィも少しおとなしくなるはずよ!」

ルビィ「パソコンでやるの?」

善子「ええ」

花丸「ゲームもできるなんて、未来ずら~」

───
──


ルビィ「わ、やられちゃった!」

善子「当然よ!」ドヤァ

善子(このキャラはAIじゃないとまともに扱いきれないはずよ!わたしの黄金の鉄の塊でてきたナイトには敵わないわ!)

花丸「ルビィちゃんでも始めてのゲームじゃ善子ちゃんには勝てないね」

ルビィ「うーん…わかった」

善子「え?」

ルビィ「もっかいやろ!」

善子「え、ええ」

善子(な、何今の?まあ、ぬにの盾ベヒんモスからの黄金運送を破れる設定のキャラなんて用意してないからおそるるにたりないわ!)

ルビィ「えーと…あ、いた!」

善子「!?」

善子(あ、あれ?わたしあのキャラ用意してたのかしら…?)

レディ…ファイト!

善子「あ、コマンドミスっ…」

グワキイイイイイン

ダイヤモンードーカーラー

善子「嘘…」

ルビィ「乙女は強くなくっちゃね!」

花丸「布装備に負けるナイトとか聞いたことないので終わりずら」

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『合理的な息抜きラブライブ』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。