曜「千歌ちゃんの体にも飽きちゃったし、安価で新しいひとでも探そう」

シェアする

曜-アイキャッチ22
1: 名無しで叶える物語 2017/09/05(火) 17:36:59.04 ID:fohrVX8+.net
曜「>>2とかいいよね」

元スレ: 曜「千歌ちゃんの体にも飽きちゃったし、安価で新しいひとでも探そう」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語 2017/09/05(火) 17:38:09.45 ID:9rnrz4iF.net
千歌ちゃん
3: 名無しで叶える物語 2017/09/05(火) 17:40:53.59 ID:fohrVX8+.net
曜「うーん、そうだ! 果南ちゃんとかいいよね」

曜「よし、早速千歌ちゃんを振ってこよう」

曜「千歌ちゃん!」

千歌「あ、曜ちゃん♡」

曜「もう千歌ちゃんには飽きた。別れて」

千歌「……>>5
5: 名無しで叶える物語 2017/09/05(火) 17:41:50.22 ID:DXIGv7Fw.net
付き合ってるとむしろ思ってたの?
私たちはしょせんセフレだよ
愛なんてないよ~?
7: 名無しで叶える物語 2017/09/05(火) 17:48:39.94 ID:fohrVX8+.net
千歌「付き合ってるとむしろ思ってたの?
私たちはしょせんセフレだよ
愛なんてないよ~?」

曜「えっ」

千歌「だから千歌に気にせず他のひととやってもいいよ。あ、でも関係は続けようね♡」

曜「……」
13: 名無しで叶える物語 2017/09/05(火) 18:34:31.09 ID:z/Uqt5aF.net
十千万前

曜「千歌ちゃん・・・ん?向こうから声がする、行ってみよう」

コソコソ...

曜(あれは、千歌ちゃんと>>14?)

曜「あんな千歌ちゃんの笑顔、シてる時さえ見たことないよ・・・」

千歌「それでねそれでね、~が、ね?~でぇ♡」

曜「・・・」

曜「ぐすん、帰ろう」



誰か続きかけ曜
14: 名無しで叶える物語 2017/09/05(火) 18:36:37.14 ID:VeBwFjCA.net
ダイヤ
17: 名無しで叶える物語 2017/09/05(火) 18:54:19.78 ID:z/Uqt5aF.net
曜「はあ、はあ・・・っ」クチュクチュ

ビクン

曜「ふぅーっ、ふ、ん・・・千歌ちゃん、千歌ちゃ・・・んっ♡」ビクンビクン

曜「はぁ、はぁ~」

曜「・・・」フキフキ

曜「いいもん、千歌ちゃんがそういうつもりなら、私だって>>18さんと体も心も仲良くしちゃうんだから!!」



ssは書いたこと無い曜だれかはよはよ
18: 名無しで叶える物語 2017/09/05(火) 18:59:22.02 ID:mTH1X5nF.net
鞠莉
19: 名無しで叶える物語 2017/09/05(火) 19:14:52.09 ID:z/Uqt5aF.net
翌日
理事長室前

曜「・・・なんか、やっぱいけない気がしてきた」

曜「ええい、今更何言ってるのさ私!渡辺曜、黄金の海へ向かって発進するであります!!」

曜「スウー(深呼吸)」

コンコン

曜「し、しつれいしまーす」ガチャ

鞠莉「あら曜? こっちが返事をする前に開けるのはマナー悪いわよ♪」

曜「うえ!? ご、ごめんなさい!」

ダイヤ「まったくですわよ、曜さん。仮にもここは理事長室、聞かれてはいけないこともたくさんありますのに・・・」

曜「げっ・・・だ、ダイヤ、さん・・・」

ダイヤ「げとはなんですの、げとは!?」




書けない曜だれかはよはよ
20: 名無しで叶える物語 2017/09/05(火) 19:28:49.90 ID:z/Uqt5aF.net
曜「い、いやー・・・あははは、鞠莉さんにちょっとプライベートな用事がありまして」

ダイヤ「・・・」ジッ

曜「べ、別に悪いことしたとか、ダイヤさんが嫌いとかじゃないんですよ!変な意味も何もないです!!」

ダイヤ「何も別に聞いてないでしょう・・・曜さん、変なのはあなたよ」ハァ

曜「あ、あはは(まずい、ダイヤさんがいるなんて考えてなかった!!)」

曜(どうしよう!?)

1.このまま鞠莉をくどく
2.二人は何をしていたか聞く
21: 名無しで叶える物語 2017/09/05(火) 19:29:31.86 ID:z/Uqt5aF.net
安価下で
22: 名無しで叶える物語 2017/09/05(火) 19:29:53.75 ID:fohrVX8+.net
1
27: 名無しで叶える物語 2017/09/05(火) 19:44:55.30 ID:MtPfGked.net
曜(・・・ダイヤさんがなんだ!昨日千歌ちゃんと十千万の外で人目気にせずいちゃこらしてたじゃん!
スクールアイドルなのに色恋沙汰にうつつ抜かしちゃってさ!
・・・そう思ったらなんか勇気と怒りが沸いてきたよ
私だってダイヤさんの前で鞠莉さんに告白したって問題はないはずだよ!)

曜「鞠莉さん!」バンッ

鞠莉「ほ、ほわっつ!? な、なにかしらん?」

曜「好きです!今日は鞠莉さんに告白しにました!!私とお付き合いしてください!!」

ダイヤ「な! 曜さん!?>>28

鞠莉「>>29(返事)」

家一定の場所通るとたまになぜかid変わるのでちょっとそこに長くいたせいでID変わってるかもです
28: 名無しで叶える物語 2017/09/05(火) 19:47:34.47 ID:mBaIuBnH.net
(突然のラブシーンに気絶)
29: 名無しで叶える物語 2017/09/05(火) 19:47:39.22 ID:phoXyyow.net
あ、私梨子さんとデートの約束があるので失礼します
34: 名無しで叶える物語 2017/09/05(火) 20:01:22.26 ID:MtPfGked.net
ダイヤ「|c||^.-^||いけませんわ、いけませんわぁっ///」バターン

鞠莉「ワォ、ダイヤ、だいじょーぶ?」

曜「え、絵顔で気絶してる・・・」

曜(でも言葉は否定的、いいの?だめなの?)」

曜「ってそれどころじゃない、鞠莉さん!おおお、お返事・・・どう、で、しょう、か///」

鞠莉「ごめんね~?今日はこれから梨子とでーとなの♡」

曜「」

鞠莉「だから貴女の想いには応えてあげられないわ」

曜「そ、そんなぁ~」ガックリ

鞠莉「ふふ、ほんとごめんなさいね♪ あ、そうだ・・・ねぇ曜?」

曜「な、何かな、鞠莉さん?」

鞠莉「えっちなことは手慣れてるのに、好きって言うだけの告白で真っ赤になるなんて・・・随分と心は可愛いのね♡」

曜「ぅええ!? な、ななな何を言って!?
ちょ、ちょっと待って!! ねえ、何を知ってるの鞠莉さん!?」

鞠莉「くすくす、そこに転がってる宝石に聞いてみたら? じゃあねん♪チャオー」ノシ

バタン

曜「」
36: 名無しで叶える物語 2017/09/05(火) 20:20:20.66 ID:MtPfGked.net
曜「どうしよう、せっかく告白したのに・・・こんな・・・」ズーン

ダイヤ「|c||^.-^||」

曜「そういえばダイヤさんがなにか知ってるって鞠莉さんが・・・」

ダイヤ「|c||^.-^||」

曜「よっ、と・・・ ダイヤさん、起きてください!!」バシバシ

ダイヤ「ハッ・・・わたくし、何を? あ、よ、曜さん?」

曜「鞠莉さんがダイヤさんに聞けって!っていうか、なんで知って!? まさか千歌ちゃんがなにか!?」ユサユサ

ダイヤ「ビギャ!?よよよ曜さんななななんのことですの!? お、落ち着いて!! う、あぅーん・・・」パタリ

ダイヤ「」

曜「は!?ま、また気絶しちゃった! だ、ダイヤさん起きてー!!」
38: 名無しで叶える物語 2017/09/05(火) 20:35:16.00 ID:MtPfGked.net
少し経って

ダイヤ「まったく、なんてことをしてくれますの! 髪は乱れるしもう!!」プンプン

曜「ご、ごめんなさい!気が動転してて」

ダイヤ「はぁ、動転したのはこっちです。いきなり鞠莉さんにに告白するわ、私のほっぺた叩いて起こすわ、力一杯乱暴に揺さぶるわ・・・」ムッスー

曜「ょ、ょぅそろ・・・面目次第もございません」

ダイヤ「はあ、もうよろしいです。それで、何をわたくしに聞きたいのですか?」

曜「あ、はい、えっとですね・・・」

曜「・・・・・・」

ダイヤ「曜さん?」

曜(ななな、なんて聞けば良いの・・・っ///)

曜(どうして鞠莉さんは私がエッチなことに慣れてるの知ってるんですか?なんて聞けない、聞けないよ!!)

曜(またまたどうしよう!?>>39)
39: 名無しで叶える物語 2017/09/05(火) 20:35:55.00 ID:jsgEGmwp.net
千歌ちゃんとの関係をきく
40: 名無しで叶える物語 2017/09/05(火) 20:51:25.34 ID:MtPfGked.net
曜(そ、そうだよ、私のことなんかより千歌ちゃんのことの方をダイヤさんに聞かなくちゃ)

曜「・・・千歌ちゃん」

ダイヤ「!」

曜「千歌ちゃんとダイヤさんの関係って、なんなんですか?」

ダイヤ「そ、それは・・・」

曜「十千万でこの前話しているのを、見ました。あんな笑顔の千歌ちゃん、私・・・みたことない」

ダイヤ「み、見られていましたの!?」

曜「千歌ちゃんと今付き合ってるのは私なのに、なんであんな・・・!
誤魔化しは無しに教えてください!千歌ちゃんとあなたはいったいなんなんですか、ダイヤさん!!」

ダイヤ「・・・仲間ですわ」

曜「・・・え?」

ダイヤ「千歌さんとわたくしは、仲間です。心を欲しがった仲間・・・」

曜「ど、どういう意味・・・」

ダイヤ「わたくしも、>>41さんと体だけの関係なのです」

曜「!?」
41: 名無しで叶える物語 2017/09/05(火) 20:53:13.77 ID:O+PuVgqS.net
ルビィさん
43: 名無しで叶える物語 2017/09/05(火) 21:08:22.64 ID:MtPfGked.net
曜「だ、ダイヤさんがルビィちゃんの、せ、セフレ!?」

ダイヤ「そうですわ、あなたと千歌さん、わたくしとルビィは『おんなじ』関係ですわ・・・」

曜「うぅっ・・・その言い方、つまりは・・・」

ダイヤ「全部千歌さんから聞いて知っています、曜さん、あなたが千歌さんに言ったことも。
あなたは千歌さんの彼女なんかではないでしょう・・・」

曜「ち、違うよ」

ダイヤ「ほう、体に飽きたと言って別れ話を持ち出したくせに違う、と?」

曜「そうですよ、だって、だって私に彼女だと思ってたの?って言ったのは千歌ちゃんだもの!!わたしは、わたしは・・・」

ダイヤ「彼女だと思っていた、と?そして飽きたから別れようと?」

曜「そ、それは・・・」
45: 名無しで叶える物語 2017/09/05(火) 21:51:29.61 ID:MtPfGked.net
ダイヤ「青春まっさかり、色恋沙汰も多く移り気なこともありましょう、しかし、そんなことを言われて悲しくない女の子なんていないはずですわ」

曜「じゃあ、どうして千歌ちゃんはあのとき、あんなことを・・・」

ダイヤ「重荷」

曜「え?」

ダイヤ「貴女の重荷になりたくなかったからとは考えませんの?」

曜「そんな!」

ダイヤ「ああ言えばあなたは安心して新しい恋を始められる、きっと千歌さんはそう思っていたに違いありませんわ」

ダイヤ「わたくしも、そうだから」

曜「えっ・・・?」

ダイヤ「姉妹の間のえっちなお遊び、そこに愛なんて無く、求めてるのは快楽だけ
・・・そうルビィに思わせることで、あの子は私に気にすること無く他の人と恋をはじめてほしいって、わたくしが想ってるから」

曜「ダイヤさん・・・」

その頃の千歌>>46
46: 名無しで叶える物語 2017/09/05(火) 21:52:16.14 ID:mBaIuBnH.net
部屋に引きこもり
47: 名無しで叶える物語 2017/09/05(火) 22:26:26.01 ID:MtPfGked.net
千歌「」シュン

千歌「・・・」チラッ

アハハ,マリサン,モーヤメテッテバー
ノンノン♡,アナタガマリーッテイウマデコウシチャウワヨ!

千歌「いいなぁ・・・」ポソリ

千歌(最初は体だけでも好いてくれれば良かった)

千歌(いつか心も千歌のことを好きにしてあげられればって、思ってたの)

千歌(だのに・・・幼馴染みゆえか普段の過ごす日々はもう何も変えられなくて・・・
えっちなことは何でもさせてあげたけど、どんどん飽きられて)

千歌(もう・・・どうしたらいいかわかんなくなっちゃった)

千歌(ダイヤさんがいなかったら、どうなってただろうな)

千歌(居なかったら・・・曜ちゃんに別れ話をされたあの日におかしくなっちゃった、かな?)

千歌(最後の抵抗もできなかったと思う)

千歌(そう、あの台詞は本当は精一杯のお願いと意地悪
「それでも曜ちゃんとの関係を終わらせたくない、このままでいいから千歌とも居て?」ってメッセージ)

千歌(にぶちんなうえ千歌に飽きた曜ちゃんに伝わるはず無いけど、それでも、離したくなかったの・・・)

千歌(回りくどいってわかってる、でも、でも!)

千歌「本当に捨てられちゃったら千歌は・・・壊れちゃうよ」ポロポロ

千歌(だから、笑ってそのあと誤魔化した
ダイヤさんの前で、おもいっきり・・・)

千歌(自分が思える最高の笑顔をつくって笑い飛ばして、まだ大丈夫、曜ちゃんとはセフレでも関係が繋がってるよって)

千歌(別の人の恋の邪魔はしたくない、でも別れたくない)

千歌「こんなに好きで・・・ごめんね、ごめんね曜ちゃん」

ウ,ウウ,ウウウゥー



鞠莉「・・・」チラッ

梨子「マ、マリー・・・!」ボソリ

鞠莉「・・・」

梨子「ま、鞠莉さん?」

鞠莉「ん? ゴメーン、聞こえなかったからもう一回おねがぁい♪」テヘペロ

梨子「も、もーっ!!」
50: 名無しで叶える物語 2017/09/05(火) 22:37:32.34 ID:MtPfGked.net
曜「・・・」

ダイヤ「そろそろ下校時刻ですわね、曜さん、帰りましょう」

曜「・・・」

ダイヤ「ほら、鍵閉めますわよ。」

曜「・・・わたしは、なんて言い方を」

ダイヤ「はぁ、自責の念に駈られるのはけっこうですが・・・」

ダイヤ「それ、愛情ゆえですの?それとも、友情や自己のためですの?」

曜「そ、それは!! それは・・・」

ダイヤ「後悔する前にまず自分の気持ちをはっきりしなさいな」
51: 名無しで叶える物語 2017/09/05(火) 22:57:14.63 ID:MtPfGked.net
曜「そんなこと言われたって・・・」

ダイヤ「イラッ ・・・泣きたいのはきっと千歌さんでしょうに」

曜(・・・正直、千歌ちゃんとの関係に私は飽いている)

曜(普段と変わらない日々にエッチがついただけ)

曜(単にエッチもする幼馴染み、こんな生活が恋人との関係なんてとても思えないよ)

曜(恋がしたいのに、全然ときめかない)

曜(あれ?待って・・・
じゃあ私は新しい人をみつけてどうしたいの?
恋人らしい時間と思いでをつくりたいの?)

曜(それは千歌ちゃんじゃない人で、良いのかな・・・)

曜(千歌ちゃんを捨ててまで、したいことなの?)

曜(でも千歌ちゃんとして、ドキドキするかなあ)

曜(うー、それにダイヤさんはああ言うけれど千歌ちゃん自信も本当はどう思ってるかなんて・・・)

曜「」モンモン ウジウジ

ダイヤ「だー、もう!」

曜「!?」

ダイヤ「ブッブーですわ!!」バッチィン

曜「ぁ痛あっ!?」
52: 名無しで叶える物語 2017/09/05(火) 23:08:30.05 ID:MtPfGked.net
ダイヤ「あなた、考えて答え出せるほど経験や知識が豊富ですの!?」

曜「なっ、だ、ダイヤさんはじゃあ正解がわかるんてすか!?」

ダイヤ「わかるわけありませんでしょう!!」バッチィン

曜(え、えぇ~!?)

ダイヤ「ふん、人の頬を叩いて起こしたお返しですわ」

曜「さ、さっきもういいって言ったのに・・・」ヒリヒリ

ダイヤ「でしたら、これは私の大切な千歌さんを苦しめている罰ですわ
本当、相手に伝わらないの・・・辛いんですのよ」

曜「ダイヤさん・・・」

ダイヤ「わたくしのことより、ほらほら、自分のこと考えて帰りなさい
バスがなくなりますわよ」

曜「うん・・・」
55: 名無しで叶える物語 2017/09/05(火) 23:15:32.91 ID:MtPfGked.net
バス停

ブロロロロー...

曜「よく考えてら理不尽だよーそろー・・・」

曜(自分の気持ちに答え出せって言ったのダイヤさんじゃん!)

曜「なのに考えるなとか、意味わかんないよ全く」

?「じゃあ考えて答えは出たの?」

曜「いやぁ、それが全くって、えっ?
なんでここにいるの>>56!?」

既存でも未登場でも可
56: 名無しで叶える物語 2017/09/05(火) 23:16:45.23 ID:FddmVFhk.net
ルビィ
58: 名無しで叶える物語 2017/09/05(火) 23:26:29.26 ID:MtPfGked.net
曜「ル、ルビィちゃん!?」

ルビィ「えへへ、隣いいですか曜さん」

曜「い、いいけどなんでここに?」

ルビィ「さあ?」

曜「さあって・・・」

ルビィ「アジがおしえてくれまして」

曜「あ、アジ!?」

ルビィ「嘘です」

曜「ちょ、もうなんなの! 真剣に人が悩んでる時に怒るよ!」

ルビィ「ルビィも、真剣ですよ?曜さん・・・」

曜「え・・・」

ルビィ「答え、見つかったんですか?」

曜「!? そ、そうだよ! なんで・・・知って・・・」
59: 名無しで叶える物語 2017/09/05(火) 23:34:35.02 ID:MtPfGked.net
ルビィ「お姉ちゃんを迎えに来たら、聞いちゃいましたから」

曜「え・・・ど、どこから・・・?」

ルビィ「えへへ、それは秘密かなぁ」

曜「」

ルビィ「大事な大事なルビィのお姉ちゃんにビンタしたときはどうしてやろうかと思いましたけど」

曜「ほぼ最初っからじゃ・・・!」

曜(ん? つまり、それって・・・)

ルビィ「ルビィは、答えを出したよ?曜さん」

曜「・・・!」

指疲れてきた
今コインランドリーで洗濯と乾燥中だけど帰ったらpcで書きます
60: 名無しで叶える物語 2017/09/05(火) 23:45:23.16 ID:MtPfGked.net
曜「答えって・・・?」

ルビィ「えへへ、知りたい?」

曜「そ、そりゃあもちろん」

ルビィ「どうして?」

曜「どうしてってーーー」

ルビィ「お姉ちゃんは、同じだ、仲間だって言うけどね?」

ルビィ「千歌ちゃんとお姉ちゃんは、同じ人間じゃあ・・・ないよ?」

曜「う・・・」

ルビィ「ルビィとお姉ちゃんを参考にして答えを出すのは、多分100点満点の答えにはならないんじゃないかな」
61: 庭>>60 2017/09/06(水) 00:30:33.61 ID:SFep/zK/.net
ルビィちゃん曜ちゃんに呼称どっちだっけ; 今回はちゃんで 訂正

曜「じゃ、じゃあルビィちゃんは何しにここに来たの!! か、からかいならよそでやってよもう!!」

ルビィ「…ごめんね、ちょっと羨ましいから意地悪しちゃった。」

曜「えっ?」

ルビィ「ルビィもお姉ちゃんもやっぱり、千歌ちゃんとも曜ちゃんともやっぱ違うから、ね?」

曜「………」

ルビィ「まぁ、ルビィたちの話は良いの」

ルビィ「ここに来た理由はね、曜ちゃんにいじわると…ちょっとだけ、アドバイスしに来たんだ」

ルビィ「ねぇ、曜ちゃん…考えるの、やめよう?」

曜「やめる!…じゃない、やめない!やめないよ!!」
67: 名無しで叶える物語 2017/09/06(水) 09:52:10.04 ID:UI5LOBgB.net
ルビィ「ううん、やめよう?」

曜「だ、だってそんなことしたら…」

ルビィ「や・め・て・?」ニッコリ

曜「は、はいぃ!? (ダ、ダイヤさんみたいな威圧感が…一体さっきの間にルビィちゃんに何が)」

曜「で、でもじゃあ…どうするの?」

ルビィ「簡単だよ 曜ちゃんは考えないで、動けばいいと思うんだ」

曜「動くって言われても…」

ルビィ「お姉ちゃんに叩かれる前、考えてたこと…してってみようよ?」

曜「えぇ…!? そ、そんなこと…千歌ちゃんに悪い」

ルビィ「え、千歌ちゃんになにをするつもりなの…?」
68: 名無しで叶える物語 2017/09/06(水) 10:07:55.52 ID:UI5LOBgB.net
曜「だってこんなお試しみたいな…」

ルビィ「お試し…?」

曜「千歌ちゃんとの関係に飽いてるから…さ? その…気持ち確かめるためにとりあえず…ね?」

ルビィ「うんうん?」

曜「だから、お試しでとりあえず…で、デートとかしてみたら、千歌ちゃんへの本当の気持ちとか、解るかなぁ…って」

ルビィ「曜ちゃん…」

曜「うん…?」

ルビィ「バカなの?」

曜「ひどい!! どうしてさ!?」

ルビィ「今までデートとか、したことなかったの…?」

曜「う…だって普段や休日は練習だし、そのあと火照った体は千歌ちゃんちゃんとその…発散してたし///」

ルビィ「…」

曜「そしたら疲れちゃって…」

ルビィ「歯ぁ食いしばるビィ」アジィ!

曜「姉妹揃っていいパンチ!?」
70: 名無しで叶える物語 2017/09/06(水) 10:31:00.65 ID:UI5LOBgB.net
ルビィ「はぁ…心配して損した」

曜「ぐ、ぐーは流石に痛いよ…ルビィちゃん」ヒリヒリ

ルビィ「まぁ体だけの関係みたいだったもんね…そりゃデートもしたことなんてあるわけないよね」

曜「」グサッ

ルビィ「そんなんで恋人なのにみたいな感じのこと、お姉ちゃんによく言えたね…」

曜「」グサグサッ

ルビィ「曜ちゃん…自分勝手さんすぎるよぉ」
73: ドラマCD回し聞きしてるけどルビィちゃん喋り方が安定しない 2017/09/06(水) 10:54:12.62 ID:UI5LOBgB.net
ルビィ「やってみたらいいのに」

曜「え?」

ルビィ「だから、デート」

曜「デート?」

ルビィ「そう、千歌ちゃんとデート、したらいいとルビィは思うな」

曜「で、でもだからそれはぁ…」

ルビィ「「でも」でもだよぉ…千歌ちゃん、ずっとそういうことしたかったんじゃないのかなぁ」

ルビィ「というか… ぅゅ、セフレさん止まりなのに別れようとしてる曜ちゃんにこんなこと言いたくないけど」

曜「うん…な、なにかな?」

ルビィ「もし千歌ちゃんが曜ちゃんを本当に好きなら、ね?」

曜「うん」

ルビィ「好きにされても何も言わないだろうから、好きにしたらいいんじゃない…かな?」

曜「ええぇーっ!?」
74: 今更だけどまたIDかわってる 2017/09/06(水) 11:12:51.10 ID:UI5LOBgB.net
ルビィ「ここはもう開き直って頑張ルビィ、だよ」

曜「そそそそそそんな、ダメ、ダメだよ!! そんなこと」

ルビィ「もう、どうしてえっちは平気なのにダメなの」

曜「こ、これ以上千歌ちゃん、悲しませたくないよ…せめて、誰か他の人とするとか」

ルビィ「曜ちゃん…他の誰かって えぇ…」

曜「あ、も、もちろんそんなことしないよ!! す、するわけないじゃーん、あはは…」

ルビィ「ルビィは今のままとか、別の人と付き合ってみる方がずっと、ずーっと悲しませると思うけどなぁ」

曜「うー…うーん…どうしよう、どうしよう」

ルビィ「一度思いっきり好き勝手して、自分の気持ちを見つけて、その後ぜーんぶごめんなさいってするのは…ダメなの?」

曜「…」

ルビィ「もう十分ひどいことしてるんだから、あとすこし悪いことしても、そんなに変わらない…よ」

曜「そうかなぁ」

ルビィ「多分」

曜(多分なんだ)
75: 名無しで叶える物語 2017/09/06(水) 11:24:16.48 ID:UI5LOBgB.net
曜「…わかった、怖いけど私頑張ってみる」

曜「千歌ちゃんと向き合って、このままの関係を変えてみるよ 恋を探すのも、どうするのかも、全部そのあと…」

ルビィ「原因はほとんど曜ちゃんなんだから…あたりまえだよぉ」

曜「…おっしゃる通りです」

ルビィ「でもでも、よかった。それじゃあルビィは帰ります 曜ちゃん頑張ってね」

曜「うん、ありがとルビィちゃん わたし…頑張ルビィ、だよ!!」

ルビィ「ううん、そっちもだけどそうじゃなくて」

曜「ん?」

ルビィ「もうバス…ないよ?」

曜「え…あ! ああーーーーっ!?そうだよ、さっき、私…バス乗ってない! ここ、バス停だよ!!」

ルビィ「ふふ、ばいばーい」アジーヴェデルチ

曜「ま、待ってぇ~!!」
76: 名無しで叶える物語 2017/09/06(水) 11:31:32.55 ID:UI5LOBgB.net
曜「どうしよーそろー…」

曜「と、とにかく…自転車もなしじゃ流石に帰れないし」

曜「だ、誰かの家に泊まれないかな…」

曜「>>77の家とか」

>>77善子以外のメンバー
77: 名無しで叶える物語 2017/09/06(水) 11:32:58.69 ID:+kUkwMW+.net
ルビィの家
83: 安価は絶対や 成否ともかく行くとこまで実行 2017/09/06(水) 22:37:48.49 ID:UI5LOBgB.net
黒澤家
ダイヤ「」
ルビィ「」

曜「よ、ようそろ...こ、こんばんわ
えっと、今日泊めて貰えないでしょうか? か、帰れなくなっちゃって」

ダイヤ「ルビィ、自転車を貸してあげてお帰りいただいてください」

曜「補助輪つきの自転車はちょっと...」

ルビィ「そんなのついてないよぉ!!」

ダイヤ「わたくし、もう今日は自分のことでいっぱいいっぱいです...」

曜「うっ」

ルビィ「ルビィも...うーん、どうしよう?」チラッ

ダイヤ「...本当になんのもてなしも出来ませんがそれでもよければ客間をお貸ししましょう」

曜「! じゃ、じゃあ>>83!!」

1.お世話になります
2.自転車で帰ります
3.他のところへ行きます
84: 名無しで叶える物語 2017/09/06(水) 22:38:30.50 ID:UI5LOBgB.net
すまん>>85
85: 名無しで叶える物語 2017/09/06(水) 22:41:26.48 ID:7Ek7bCQh.net
1
86: 名無しで叶える物語 2017/09/06(水) 23:13:45.40 ID:UI5LOBgB.net
曜「お世話になります!
ゆ、夕飯はコンビニで買ったのあるしお菓子もあるしなにも要りません!!
あ、あとこれ二人につまらないものですが…」

ルビィ「プリンだぁ?v
(断ってたら他のみんなに渡すつもりだったのかなぁ? )

ダイヤ「はぁ、解りましたわ」

曜「あ、ありがーーー」

ダイヤ「で・す・が!」

曜「わ」ビクッ

ダイヤ「条件があります」

曜「えっ、な、なんでありましょうか?」

ダイヤ「明日はお休み、曜さん。 あなた、千歌さんをデートに誘いなさい!」

曜「え、ええぇーー!?」
87: 名無しで叶える物語 2017/09/06(水) 23:29:33.76 ID:UI5LOBgB.net
曜「そ、そんないきなり」

ダイヤ「人の家にいきなりこられるくせに何をおっしゃいますの?」

?「そうよそうよ、そんなこともできないほどヘタレなの?」

曜「え?」

ダイヤ「鞠莉さん!? 貴女、いったいどこから…」

鞠莉「どこって、玄関から、普通に?歩いて♡」

ルビィ「い、いつも車とかヘリの音がするから気づかなかった…」

曜(ヘリコプターって…何処に停めるんだろう? 庭? 大変なことになりそうだけど)

鞠莉「ぐどあふたぬ~ん♡ こんばんわダイヤ、ルビィ」

鞠莉「ダイヤがあの後どうなったかなって気になってきてみたんだけど…」

曜「...」ペコリ

鞠莉「どうして曜がここに? 次はダイヤかルビィに告白? それとも、姉妹丼?」

ルビィ「ピギィ!? ん…次?」

ダイヤ「し、ししし姉妹丼///!?」

ダイヤ「|c||^.-^||イケマセンワイケマセンワ!!」

曜「わ、ダイヤさんまた気絶しちゃった!?」
(ダイヤさん肉体経験あるのになんでこんなにこういう話題弱いんだろう)

ルビィ「お、おねいちゃあーーー!?」
89: 名無しで叶える物語 2017/09/07(木) 00:02:39.14 ID:HdmLpqkh.net
かくかくしかじか
マルマル ノcノ,,・~・,,ノレ ウマウマ

鞠莉「はー、なるほどねぇ」

曜「そういうわけなんで、変なことしに来た訳じゃあないんです」

ルビイ「曜さん…すでに鞠莉さんにしてたなんて」ジージー

曜「うぅ、そんな目で見ないでルビィちゃん」チクチク

鞠莉「うーん、そうだ! ピポパっと…」

曜「? 鞠莉さん、何処に電話してるの?」

鞠莉「もしもし? 今日ダイヤの家に泊まるから♡ 迎えは結構よ うん、それじゃよろしくー」

ようるび「!?」

鞠莉「そんなわけで、私も泊まるわよ!」

ルビィ「でもでも!お姉ちゃんの許可とらないと…!!」ピギピギ

鞠莉「でもダイヤこんなだし」

ダイヤ「|c||^.-^||」

鞠莉「というわけだからルビィ、ダイヤに代わって貴女が私に許可をあげてちょうだい?」

曜「すっごい言い方!」

ルビィ「ぇ、うゅ、ええ~!?」

鞠莉「ほらほら、ダイヤはこんなだし今日はもうベッドにはこんで寝かせちゃいましょ♪」ズルズル

ダイヤ「|c||^.-^||」

ルビィ「え、あ、ちょっとまだ許可してないよぅ!! 鞠莉さん、まってぇ~!!」

曜「………」ポカーン
90: ダイヤはルビィから曜の決意聞いたこと書くの忘れてた 2017/09/07(木) 00:30:38.90 ID:HdmLpqkh.net
曜「はぁ…疲れたぁ~」ポフ

曜「いい布団の臭い、今日はもうこのまま寝てしまいたい…」

鞠莉「駄目デース!!」スッパァン

曜「うわぁ! ま、鞠莉さん!?」

鞠莉「おフロ、おフロ行くわよ曜! 明日そんな汚いからだのままで千歌に会いに行くつもりデスカ?」ガシッ

ズルズル

曜「わ、行く、行きますから待って、待って~!! か、鞄に替えの下着とかタオルが…てか、襟でく、首!首がぁ~!!」

鞠莉「どうせダイヤはfall asleep、今日はこの家は他にルビィしかいないみたいだし、あがった後裸でも大丈夫大丈~夫♡」

曜「」チーン

ズルズルズル...
91: 名無しで叶える物語 2017/09/07(木) 00:48:57.97 ID:HdmLpqkh.net
脱衣所

鞠莉「さて、曜をつれてきたのはいいけど」

曜「」

鞠莉「気絶しちゃったままね☆」テヘペロ

鞠莉「どうしちゃおっか?」

>>92
92: 名無しで叶える物語 2017/09/07(木) 00:53:48.57 ID:OCpJX8bK.net
脱がして執拗にクンニ
98: 名無しで叶える物語 2017/09/07(木) 20:52:02.88 ID:HdmLpqkh.net
ピチャ...ピチャピチャ

曜「ん、ぁ、あぇ? 私…何を」

ヂュルルルルッ

曜「い、ひ…! ひぁああっ!?」ビクンビクン

曜(な、なにこれ!? お、お股が…熱い!!)

鞠莉「あ、曜…起きた?」ペロッ

曜「ま、鞠莉さん!? な、な何してるの!!」

鞠莉「見ての通りだけど?」カプッ

レロッ…ツプッ、ヂュルル

曜「み、見ての、んっ♡ と、通りってぇ…♡」

鞠莉「ふふふ、かわいい声出すのね」

ちゅ♡ ちゅっちゅっ♡

曜「や、や…はぁ♡ そ、そんなついばんじゃ…ダメぇっ…///」

鞠莉「じゃあ噛んじゃう♪」ハミハミ…カリッ

曜「~~~!?」ビクンビクン

プシャアアァァァ...
99: 名無しで叶える物語 2017/09/07(木) 21:13:52.51 ID:HdmLpqkh.net
曜「はぁ、はぁ…はっ あ!? あああぁっ♡」

鞠莉「ダメよ、曜 1回イったくらいでくたびれちゃ」

クリクリクリ

曜「し…舌でぇ、そこ…」///

レロレロ

曜「転がさないで、 や、やだぁ♡やだぁ……♡♡」ゾクゾクッ

鞠莉「んふ♡ どこかしら?」フーッ

曜「はぅ…ん♡」ビク

曜「な、なんで、なんでぇ♡ …鞠莉さん、こんな…! はぁん♡」///

鞠莉「えー、別に良いじゃない♡ 理由なんて今は♪ 楽しみましょう♡♡♡」グリグリ

曜「んんんっ♡ …押すのも、だめ、だめぇ……だめだめだめぇ♡ あ…ぁ…♡ あぁあっ!!」ガクガクガク

鞠莉「だからぁど・こ・を?」グッ...

曜「あうっ!?……な、なんでぇ♡ どうしてぇ♡ 鞠莉さん、鞠莉さんっ!! りこ…ちゃ…居るのにい♡♡ こんな…こんなぁ♡ 鞠莉さん♡ …鞠莉さぁんっ♡♡♡」ビクンッ

チョロ...チョロロロロロ♡

曜「あ!? あぁあ♡ やだ、見ないで!! 見ちゃやだ! おしっこ見ないでえ♡!!♡!♡♡」ジョロロロロ

鞠莉「あはっ♡ か~わいい、曜♪」
100: 名無しで叶える物語 2017/09/07(木) 21:47:42.95 ID:HdmLpqkh.net
曜「あぁ…はぁ♡ はぁ、はあっ♡♡」くてっ

鞠莉「ふぅ、脱いでお風呂でシてて良かったわ…ちょっとかかっちゃった」クンクン

曜「うぅ」///

曜「鞠莉ひゃ…ど、どうして?」

鞠莉「んもう!しつこい!! そうねぇ、強いていうなら…練習かしら?」

曜「ぇ…」

鞠莉「梨子にしてあげたとき、気持ち良くしてあげるための練習♡」

曜「そ、そんな」

鞠莉「何よー、曜だって、今はまだ千歌っちと体だけの関係なんでしょ」

鞠莉「だったら、私としたって良いじゃない♡」

曜「あ、あぁ…」
101: 名無しで叶える物語 2017/09/07(木) 22:09:38.02 ID:HdmLpqkh.net
曜(知らなかった…体だけ求められるのってこんなに恐いことなんだ)

曜(私の発散とか鞠莉さんの練習とか…どんな理由でも愛されないで好き放題されることがこんなに心が苦しいなんて)

曜(気持ちいいから良いなんてもんじゃないよ)

曜(千歌ちゃん、もしかしたらずっと、こんな気持ちのまま…私に体を預けていてくれたの?)

曜(そんな…そんなのって)ウル...

鞠莉「ねぇ?曜…」

曜「はっ…!ま、鞠莉、さん?」

鞠莉「なに考えてるのかしらないけど…」

鞠莉「3回戦、はじめよっか♡」
103: 長文の「」の最適解がわからない 2017/09/07(木) 22:47:48.49 ID:HdmLpqkh.net
曜「や、やだっ もうやだ…ぁっん♡」

ペロペロ

鞠莉「ノンノン、まだまだつきあってもらうわよ?
それに…曜も明日の千歌っちとのデートの前に性欲は空っぽにできて、良いでしょ?」

曜「そ、そんなわけ、な、ひゃ…ないよぉ…」///

曜(でも、体の火照りが収まらない…恐いのに、嫌なのになんで…!)

くぱぁ

曜「…っ!!」///

鞠莉「ふは、つぎはこっち♡」

曜「や、やだやだやだ! 鞠莉さんそこはやだぁ!!」///

鞠莉「だぁ~め…って、あら?」ピタッ

曜「……?」

鞠莉「ねえ、曜? 貴女…もしかして」

鞠莉「処女?」
104: 名無しで叶える物語 2017/09/07(木) 23:39:04.87 ID:HdmLpqkh.net
曜「う…あ…///う、うん」

鞠莉「なんか本当に順序がメチャクチャな子ね?こんなにきれいなままなんて」

ツツー…

曜「ひっ…ぁん♡」

鞠莉「本当に小さくきれいな入り口のね…千歌っちにさせて、あげなかったの?」ツンツン

曜「う…うん まだ、誰にも/// じ、自分のも…怖くて」

鞠莉「……ねえ曜?」

曜「な、何…鞠莉さん」ハァハァ

鞠莉「貰っちゃっても、良い?」

曜「え…」

鞠莉「曜のはじめて 梨子の練習に」

曜「そ、そんな…!!」

鞠莉「優しく、痛くしないから、ね?」サスサス

どうする曜?orどうなる曜?>>105
105: 名無しで叶える物語 2017/09/07(木) 23:42:01.87 ID:zzj8b5VJ.net
断固拒否して突き飛ばす
106: 名無しで叶える物語 2017/09/07(木) 23:55:02.40 ID:HdmLpqkh.net
曜「…っ! そ、それだけは…ぜったい、ぜったい駄目だから!!」ドンッ

鞠莉「きゃあっ!? …痛っぅ~」

曜「こ、ここだけは、駄目!」ハァハァ

曜「確かに私は、鞠莉さんが今しようとしたことを千歌ちゃんにしたし…人にしたことをされるのは嫌なんて、我が儘かもしれないけど…!!」

曜「ここだけは…私をどきどきさせて、好きで居てくれる人じゃなきゃ嫌だから…… ごめん、鞠莉さん…いくら鞠莉さんでもさせてあげられないよ」
118: 今日は庭 2017/09/08(金) 19:31:08.18 ID:YrxgRyvd.net
鞠莉「あ痛たた、なにも蹴っ飛ばさなくたって良いじゃない、もう!」

曜「ご、ごめんなさい…! でもさっきまでの鞠莉さん、すごい怖くて……」

鞠莉「お嫁にいけなくなるとこだったわ!!」

曜「ま、鞠莉さんが私にそうしようとしてたくせに!!」

鞠莉「…そうね、Sorry ごめんなさい 曜はもうとっくに千歌っちとヤりまくってると思って」

鞠莉「ちょっとくらいならさせてくれるかなって思っちゃって…そしたら、止まらなくなっちゃった♡」

曜「いくら鞠莉さんでも…そこだけは駄目だってば」

鞠莉「そうね、そこだけはダメよね?」

曜「うん…うん?」

鞠莉「じゃあ、他は良いよね 次はおっぱいだけでイかせてみたいなって…んふふふ♡」ワキワキ

曜「え…だ、駄目だよ!!だめだからね」ググッ

曜(こ、腰が!)

鞠莉「ふふ、立てない?それじゃあ…介抱が必要よね♡ 」

ジリ...ジリ......

曜「ひ、ひええぇ こ、こないでぇ!!」

シャイニー☆
ヨ,ヨーソロー///
119: 今日は庭 2017/09/08(金) 19:45:35.66 ID:YrxgRyvd.net
客間

ルビィ「もう…! 二人ともなにやってたのぉ!」

鞠莉「うぅ、のぼせた…」クタッ

曜「り、梨子ちゃんに…言いつけてやるぅ」ハテッ

鞠莉「そ、それだけは…やめて……」ガクリ

曜「…ふんだ」

曜「ルビィちゃん、ごめんね? そしてありがと」

ルビィ「いえいえ、ではルビイも今日はこれにて おやすみなさぁい、曜ちゃん、鞠莉さん」

曜「うん、おやすみ…はぁ」

曜(なんか、忘れてるような…)

鞠莉「千歌っち…まだ明日の予定聞いてデートに誘ってないわよ……」

曜「!!」
120: 名無しで叶える物語 2017/09/08(金) 19:52:25.78 ID:YrxgRyvd.net
曜「そそそ、そうだよ…何も言ってない!」

曜「どうやって伝えよう!?」

>>121
メールとか電話とか
121: 名無しで叶える物語 2017/09/08(金) 19:57:48.73 ID:PTlABjPD.net
SMS
122: 名無しで叶える物語 2017/09/08(金) 20:13:28.73 ID:YrxgRyvd.net
曜「ら、ライン…じゃ気づかないかもしれないし、逆にすぐ反応してなにか言われたら怖い」

曜「じゃあ…で、電話…? でも鞠莉さんの声とか入っちゃったら誤解させちゃうかもしれないし…」

曜「し、SMSなら気づいてもすぐには返事しないんじゃないかな…」

鞠莉(ラインと何が違うのかしら スタンプとか無理だからふざけ具合くらい?)

曜「えと、文章は…」

>>123
1.へたれた文章
2.いつものように
3.まだに見栄をはって
124: 名無しで叶える物語 2017/09/08(金) 20:19:13.42 ID:YrxgRyvd.net
再安価>>125
125: 名無しで叶える物語 2017/09/08(金) 20:27:23.28 ID:IjAkE8eY.net
126: 名無しで叶える物語 2017/09/08(金) 20:59:10.07 ID:YrxgRyvd.net
『千歌ちゃん!明日ヤりたいから時間開けといてほしいであります!』

ピッ

曜「送信、これでよし」

曜「………」

曜「全っ然良くないよ!! なにやってんの私!! いつも通りってそうじゃないよ!?」ゴロゴロ

ゴロゴロゴロ…ガン!

ようまり「痛っ!」

鞠莉「もう、なによ曜! 私もう寝てたのに!!」

曜「うぅ、鞠莉さぁん! どうしようこれ…!!」スッ

鞠莉「…良いんじゃない?」

曜「そ、そんなわけ…!」

ピロン

『はいはい、わかりましたよー』

曜「」

鞠莉「ほらね?」

鞠莉「千歌っちは寂しそうだったし、こうなるわよ」

曜「え、なんでそんなこと知ってるの!?」

鞠莉「…梨子の家から今日見たからね 泣いてたわよ?」

曜「泣いて……」

鞠莉「だから、サプラーイズよ!」
127: 名無しで叶える物語 2017/09/08(金) 21:00:17.46 ID:YrxgRyvd.net
曜「さ、さぷらいず?」

鞠莉「そうSurprise!! デートなんておもってないわよきっと♡ しっかり今のうちにプラン練って…千歌っちを喜ばせましょ♡♡」

曜「そっか、うん、そうだよね!! どうしたらいいかなぁ」ウーンウーン

鞠莉(ふふ♡ 曜、貴女気づいてるのかしら?)

アーデモナイコーデモナイ

鞠莉(自分の気持ちのためだったのに、千歌のためにデートプラン考えちゃって♡ 今の貴女の姿…)

鞠莉(恋人の笑顔を求めてる彼女そのものよ?)

鞠莉「なのに、まったくどうして今まで気づかなかったのかしらね♪」

曜「え? 鞠莉さんなんか言った?」

鞠莉「んーん、なんでも♪ それじゃあ私は寝るから、おやすみー」

曜「えぇー…いっしょに考えてよ~」

鞠莉「本日の営業は終了しました☆」

曜「梨子ちゃんに言いつけーー」ボソリ

鞠莉「全力で支援させていただくわん!!」シュバッ

曜「早っ!!」
128: 作者は内浦にあるものがわかりません 2017/09/08(金) 21:44:38.24 ID:YrxgRyvd.net
鞠莉「だから梨子に黙っていてくれるなら一晩で遊園地すら作るわよ! 自由に言ってね!!」

曜「どこ見ていってるの…鞠莉さん?」

鞠莉「気にしなーい、気にしなーい♡」

鞠莉「そうねぇ…最後は曜なんだし船の上がいいとおもうけど…」

鞠莉「まずは>>129なんてどうかしら?」

曜「うん、いいかも…じゃあそのあと>>130>>131して」

鞠莉「そのあとは、船で気持ちに決着ね…」

曜「気持ち…あ そっか、そうだったね……」

鞠莉「もう…忘れるくらい没頭できてたみたいだけど、それはときめきやドキドキにはなってないのかしら?」

曜「…わかんないや だから明日、確かめてきます」

鞠莉「うんうん、頑張ってね曜 じゃ、明日は準備もあるし…寝ましょう?」
>>129-130 場所
>>131 行動
129: 名無しで叶える物語 2017/09/08(金) 21:54:10.18 ID:QE80bSxS.net
船内に特設した船上ラブホ
130: 名無しで叶える物語 2017/09/08(金) 21:55:30.96 ID:KKMzHEn5.net
淡島ホテル
131: 名無しで叶える物語 2017/09/08(金) 21:56:58.95 ID:FJIindy8.net
ディナー
132: 名無しで叶える物語 2017/09/08(金) 22:34:33.67 ID:YrxgRyvd.net
その頃の千歌

千歌「はぁ…曜ちゃんってば、今日の今日でこんなこと言うなんて」

千歌「……誰かと、うまくいかなかったのかな」

千歌「えへへ、そうなら嬉しいな♡」

千歌「まだ、関係が繋がってるんだもんね」グス

千歌「うう、曜ちゃん 早く明日にならないかな」

千歌「切ないよ」
139: 名無しで叶える物語 2017/09/09(土) 19:03:46.38 ID:NDqbE8MT.net
翌日~渡辺家

曜「ふう、ちょっとだけお洒落して…うんいい感じ」クルッ

曜「アクセは…ヘアピンくらいしかないや」

曜(考えてみれば私は千歌ちゃんとアクセサリーのプレゼントしあいっことかもしてなかったなぁ)

曜(というかそんな感じのこと自体子供の頃したっきりか…)

曜「デートはまだ時間あるし、何か買っていこうかな?」

曜「ちょっと街にいってこよう♪」
140: 名無しで叶える物語 2017/09/09(土) 19:16:54.15 ID:NDqbE8MT.net
曜「んー、といっても行き慣れたとこじゃ似た感じのしかないし…おや?」

曜「露店?こんなところに珍しい…えっ、アクセサリーを作っては色んな所をめぐってるんですか?」

曜(じゃあ今日しかここで買うチャンスはないかも?)

曜「んー…あ、店員さん!これ、これください!!」

曜「うん…?失敗作? 全然いいです、むしろ、これがぴったり!」
142: idかわってるかも 2017/09/09(土) 20:21:03.75 ID:f0EtUdL5.net
曜「よし、これでだいぶデートらしいことができそうかな…」

曜「千歌ちゃんと、ドキドキ、できるかな?」

曜(……できたら、いいな♡)

曜「よし、それじゃ時間だし! 千歌ちゃん迎えにいこう! ヨーソロー!!」
143: 名無しで叶える物語 2017/09/09(土) 20:45:15.28 ID:f0EtUdL5.net
十千万前

曜「千歌ちゃーん、おまたせー」

千歌「あ、曜ちゃーー…うぇえ!?」

曜「ん?どうかしたの…?」

千歌「ん…んと、ね? なんかお洒落してここにくる曜ちゃんなんて見るの…初めて見た気がするから」

千歌「えへへ、かわいい…ね?」

曜「…っ!!」///

曜(あれ?なんでこんなに嬉しいんだろ…衣装で誉められるのと全然違う)

千歌「もう、こんなので赤くなっちゃって…そんなんじゃ彼女さんなんてできないよー?」

曜(…っ)ズキン

曜(千歌ちゃんの笑顔ってこんなんだったっけ…すごく、辛そう)

千歌「それじゃ、おしゃれしてきてあれだけど…部屋、行く?」

曜「ううん、いかないよ?」

千歌「…はえ?」

曜「今日は千歌ちゃんと出掛けるからね!! ほら…海を見て? 来たよ!」

ボー

千歌「……なにあれ? あんな船この辺にあったっけ?」

ギュッ

千歌「!」

千歌(曜ちゃん、手…!)

曜「さ、千歌ちゃん! 行くよ!!」
144: 名無しで叶える物語 2017/09/09(土) 21:06:36.15 ID:f0EtUdL5.net
千歌「え、ま、まって!曜ちゃん!! 千歌、お洒落してないよ!」

曜「いいの!」

千歌「よ、曜ちゃんがよくても千歌がよくないよ! あ、あんなキラキラしてそうな所に行くなんて~!」

曜「いいの!!」

千歌「曜ちゃぁ~ん…!」
146: 名無しで叶える物語 2017/09/09(土) 22:02:58.42 ID:f0EtUdL5.net
船上ホテルォゥォゥマイコー

千歌(何この名前)

曜「ふー、すごい部屋だね!」

千歌「むすーっ」プクー

曜「あ、あれ? なんか怒ってる?」

千歌「はぁ…期待した千歌がバカだったのかな」

曜「え、な、なんで!?」

千歌「だって曜ちゃんがお洒落して船に連れ出すからてっきり…」

曜「てっきり?」

千歌「……てっきりデートかなって思ったのに」///

曜「デートだよ?」

千歌「え? だ、だって、この部屋…今ここでするんじゃないの!?」

曜「しないよ?」

千歌「えぇっ!?」

曜「………!」ピコーン

曜「もしかして、ふふふ…期待した?デートに? それともえっちに?」

千歌「~~~?vポカポカ

曜「あたっ、いたっ…痛いよ千歌ちゃん!!」
148: 名無しで叶える物語 2017/09/09(土) 23:11:18.90 ID:f0EtUdL5.net
曜(こんなかわいい反応するなんて、やっぱり千歌ちゃん…私のこと好きなのかな?)

~!!

曜(かわいい?私今千歌ちゃんをかわいいって思ってるの?)

...チャン!!

曜(それってーーー)

千歌「曜ちゃん!!」

曜「わぁ!?」

千歌「急に黙ってどうしたの!?」

曜「え、あ、ごめん…何?」

千歌「もう! ここでえっちしないなら何しに来たのって何回も何回もきいてるのにっ!!」

曜「え、あ!そっか、ごめんごめん!!」

曜「んー、そうだね…船の上じゃショッピングって訳にもいかないし」

千歌「まさか、なんにも考えてなかったの?」ジトー

曜「そ、そんなことないであります!! …あ! そうだ千歌ちゃん」

千歌(今 あ、そうだって言った…ふふ)

曜「ベランダに行こう!!」

千歌「え、ベランダ?」
149: 名無しで叶える物語 2017/09/10(日) 00:19:10.44 ID:2D5w6Z9x.net
ベランダ

千歌「青空と海~…いつも見える風景だね」

曜「うん、いつも二人でよく見るけしきだね……」

ポフン

千歌「よ、曜ちゃん!?」

曜「ふふ…」

千歌「な、なにを……」ニギッ

千歌「!!?!?」///

曜「このいつも通りの世界で…なにもしないで千歌ちゃんに寄りかかって手を握って……」

千歌「………」ドキドキ

曜「ただ、こうしてるだけ…とかもたまにはどうかな」

千歌「千歌は…曜ちゃんの彼女じゃ、な
、ないんだけど……」

曜「…嫌だった?」

千歌「………」

ニギ...

千歌「………」///

曜「…ありがとうね」
151: 名無しで叶える物語 2017/09/10(日) 00:29:52.28 ID:2D5w6Z9x.net
曜(心地いい…)

曜(心が落ち着く…千歌ちゃんにもたれかかって……)

フワ...

曜(いい匂い…大好きな千歌ちゃんの匂い)

曜(千歌ちゃんも、今同じことを思っててくれてるかな?)

曜(……ここ…誰にも渡したくないな)

曜(なんだか…ねむく…ねむ、くーーー)

曜「すぅ…」スヤスヤ

千歌「曜ちゃん、寝ちゃった…」

千歌「そんなに…千歌に寄りかかるのが良かったの?」

ナデナデ

曜「ん……」

千歌「それとも、寝不足とか、疲れてただけ?」

ナデ...

千歌「急にこんなことして……ねえ、曜ちゃん…今日のデートって、さ?」

千歌「ーーー誰かとするための練習、なの?」
152: 名無しで叶える物語 2017/09/10(日) 00:40:54.30 ID:2D5w6Z9x.net
千歌「褒められたら照れるくせにこんな大胆なことしてきて…」

千歌「人の気も知らないでさ」

千歌「曜ちゃん、曜ちゃんが今日何をしたいのか千歌にはわかんないよ…?」

ギュッ

千歌「しかも千歌を放って寝ちゃうなんて、怒るよ?」

ギュウゥ

千歌「ねえ、早く…突然デートなんて言った理由、教えてよ……?」

千歌(嬉しいのに、不安がつきまとって…期待するのがどんどん怖くなってくんだよ? つらい、つらいよ曜ちゃん) ホロリ

曜「くぅ…すぅ…」zzz


ボー...
154: 名無しで叶える物語 2017/09/10(日) 07:33:30.27 ID:JglEXpkF.net

……
………

千歌「曜ちゃん、よーちゃーん!」

曜「んぁ…あ、あれ?」

千歌「船、どこかに着いたみたいだけど?」

曜「え、あ、ごめん千歌ちゃん…わ、わたし寝ちゃってた!?」

千歌「それはもう、ぐっすりとかわいい寝顔で」クス

曜「う、ぁ、ごめんなさい…/// っていうか、これ……」

曜「ひ、膝枕?」

千歌「曜ちゃんがしたかったことした、そのお返しだよー?」

曜「ぅ…」///

千歌「ふふ、いい顔だよ 曜ちゃん♪」ニマニマ

曜「か、からかわないでよ」クルッ

千歌「!!」///

千歌「ちょ、ちょっと曜ちゃん! う、うつ伏せはダメ!!」

曜「ひらふぁい!!」

千歌「ぅ、ぁん…うつ伏せで話さないでよぉ!!」

曜(恥ずかしい…! うー…ドキドキなのこれ? それとも単なる羞恥心!? もう裸さえ見られてるのに……やっぱりこれは……!?)フスーッフスーッ

千歌「い、いきかけるのもダメだってばぁ…♡」///
155: スクフェスとかする度wi_fiにするからIDがー 2017/09/10(日) 09:39:40.02 ID:5no5aknP.net
淡島ホテル

曜「うぅ、痛いよ千歌ちゃん」ヒリヒリ

千歌「ふんだ」

曜「っていうか、私昼からどれだけ寝てたの…もう夕方だよ」

千歌「ぐっすりだったからね!」

曜「ご、ごめんてば~!そんなちくちくした言い方しないでよ~」

千歌「むうぅ」

曜「うぅ、お詫びに何かするから、さ? 機嫌なおして~!」

千歌「何かって…ここはホテル以外だと神社ばっかり…水族館とかも、もう散々行ってるし」

曜「うっ…」

曜(ど、どうしよう…本当にノープランだ、まだお店の予約した時間まではまだあるし…)

曜(>>156とか…どうかな?)
156: 名無しで叶える物語 2017/09/10(日) 11:05:48.69 ID:vL9pr+VQ.net
一つ何でも命令聞く
157: 名無しで叶える物語 2017/09/10(日) 14:43:26.32 ID:5no5aknP.net
曜「じゃ、じゃあ、まだ次にいきたいところまで時間あるし! 千歌ちゃんの言うこと…なんでもいっこかなえてあげる!!」

千歌「!」

曜「あ、でもできる範囲でお願いしたいな!」

曜「あと、できれば…帰してってのも やめてほしいな」

千歌「……なんで?」

曜「今日は、確かめたいことがあるからってのもあるけど……」

曜「なんとなく、さっきからどんどん千歌ちゃんと一緒にいたくなってきてるから…ダメ……」

千歌「…っ」///

千歌「千歌と一緒が、いいの?」

曜「う、うん…」

千歌「なんで、って聞いてもいい?」

曜「そ、それは」

千歌「いっこ叶えてくれるんでしょ?」

千歌「答えて、曜ちゃんーー」

千歌「今日はどうして急にデートなんてしてるの? 千歌の体よりデートなんて、嬉しいけど…曜ちゃんらしくないじゃん」
159: 名無しで叶える物語 2017/09/10(日) 15:18:38.02 ID:5no5aknP.net
曜「だ、だからーーー」

千歌「うそは…いやなの」ボソリ

曜「え、なんて? …千歌ちゃん?」

千歌「曜ちゃん、昨日言ったよね? 他の子を探してたんじゃなかったの?」

曜「あ…」

千歌「だから、他の人と行くために…千歌で練習してるんじゃないの?」

千歌「今みたいなこと言ってるけど、本当は千歌なら頼みやすいから帰って欲しくない、そうでしょ!?」

曜「ち、ちが…」

千歌「いいんだよ? だって千歌達、セフレ…つまり友達だもんね?」ホロリ…

曜「!」

千歌「それなのにデートさせてもらってるんだよ!? 代わりでも何でも…楽しまなきゃダメだよね…!!」ポロポロ

千歌「あは…わたし、何を聞いてるんだろう……? デートの理由なんてなんでもいいじゃんね? なのに…千歌、なんかおかしくなっちゃって…… ごめん、ごめんね曜ちゃん」

曜「違うもん!!!!」

千歌「ひっ」ビク

曜「千歌ちゃんを、千歌ちゃんを本当に好きか確かめたかったんだもん!」
160: 名無しで叶える物語 2017/09/10(日) 15:59:08.19 ID:5no5aknP.net
千歌「……何それ ぐす、もう意味わかんないよ」

曜「千歌ちゃん…」

千歌「本当に好きかって、なに? 私たちは、セフレのはずじゃん… 愛なんてない、ないんだよ……」

曜「ちがうよ、そう思ってたのは千歌ちゃんだけだよ!」

千歌「………」

曜「確かに、関係で見たらえっちしかしてなかったし、千歌ちゃんに私の気持ちは伝わってなかったのかもしれないよ…」

千歌「曜ちゃんの気持ちなんて、あったの? あったとしても、別れ話をしてきたのも曜ちゃんじゃん……!」

曜「そう、そうだけど…」

千歌「体に飽きたからって、そういって千歌を捨てようとしたのも曜ちゃんだよ!?」

曜「うぅ…そうだよ!わたしが千歌ちゃんにひどいことを言ったんだ!! でもね? あの後、その…色々あったの!」

曜「色々あって、考えさせられて…私、恋愛がしたいのにそれが無いからあんなこと言って千歌ちゃんから離れようとしたんだって気づかされたの!」

千歌「じゃ、じゃあやっぱりこれは…だれかとの恋愛の練習……」

曜「違うって言ってるじゃん!!」
161: 名無しで叶える物語 2017/09/10(日) 16:17:00.58 ID:5no5aknP.net
曜「練習じゃないんだよ…! 私、千歌ちゃんともそういうこと一度もしてないから、だから今日こうしてるの!」

曜「千歌ちゃんと恋愛がしたいのかもしれないから、確かめてるの!!」

千歌「!!」

曜「傲慢で無茶苦茶だって解ってる! わがままで最低だってのも解ってる!」

曜「だけど、後悔したくなかったんだ!
昨日までのわたしが、恋愛のために離れたいんじゃなくて…本当は

曜「本当は千歌ちゃんと恋愛をしたいのにって思ってたかもしれないから!!」

曜「だから…だからぁ…!」

曜「今日、千歌ちゃんをデートに誘って…自分でも目茶苦茶でわからないこの気持ちを今、一つ一つ確かめてるんだよ………」
168: 名無しで叶える物語 2017/09/11(月) 19:26:05.79 ID:B8M6lEfW.net
千歌「曜ちゃん…」

曜「ごめん、ごめんね千歌ちゃん…本当は全部終わってから話そうと思ってたけど、そんなに不安にさせてたなんて」

曜「やっぱり私、バカ曜だね……」

千歌「………」

千歌「そうだよ、バカ曜ちゃんだよ!」

曜「!」

千歌「しかも最低だよ! 何?千歌と恋愛してみたいか確かめるって…何様なの!」

千歌「デートってそういうものじゃないじゃん! 一緒にしたいことしたりドキドキするのがデートでしょ!!」

千歌「なんかちがう、なんかちがうよ…うまく言えないけど曜ちゃんのデート、逆になってるよ!」

千歌「それにそんなに確かめなきゃ、気持ちや千歌としたいこと、わかんないの!?」

曜「わかんないよ!」

千歌「…っ」ズキン

曜「だって私たち幼馴染みなんだもん!!」
169: 名無しで叶える物語 2017/09/11(月) 19:48:15.56 ID:B8M6lEfW.net
曜「近すぎるんだよわたしたち…近すぎて全然普段の生活じゃドキドキしないし、付き合ってる感覚なのかただの幼馴染みなのかもわかんない」

曜「多分、キスしようってなっても気楽にしちゃうと思う」

曜「もしかしたら…自惚れてるかもだけど千歌ちゃんはそれで良いかもしれないよ」

千歌「な…」

曜「でもそんなのじゃダメ!」

曜「そんなの恋愛じゃない、付き合ってるのとも違う…」

曜「千歌ちゃんに対して失礼だよ…きっとずっとその先、千歌ちゃんの心を傷つけちゃう」

曜「だから、確かめる必要はあるんだよ千歌ちゃん!」

千歌「………」
170: 名無しで叶える物語 2017/09/11(月) 20:00:44.84 ID:B8M6lEfW.net
千歌「じゃ、じゃあ…曜ちゃんは、さ……」

曜「うん…?」

千歌「今日、ドキドキしなかったら…千歌と、わ…別れるつもり……なの?」

曜「……そうだね」

千歌「!」

曜「そうなったら、もう不誠実なおつきあいなんて、無理」

曜「千歌ちゃんとは体の関係もおしまい」

曜「そうおもってたよ」

千歌「え…?」

曜「なんでかな、まだ寄りかかったのと、ひざ枕くらいしか…したりされたりしてないのに」

曜「すごくドキドキして、心地よくて……」

曜「千歌ちゃんを手放したく、ないんだ」
171: 名無しで叶える物語 2017/09/11(月) 20:07:06.77 ID:B8M6lEfW.net
千歌「それって…」

曜「………」

千歌「千歌の、こと…好きって思ってくれてるの?」

曜「………多分」

千歌「た、多分なの?」

曜「独占欲なだけなのかもって…考えちゃって」

曜「まだ、愛してるって…言って良いのかわかんないや」
172: 名無しで叶える物語 2017/09/11(月) 20:10:39.75 ID:B8M6lEfW.net
千歌「どうしたら、わかるのかな…」

曜「おそらくだけど…」

曜「千歌ちゃんのしてほしいことをしてあげたいって、思えたらかな?」

千歌「……そうなんだ」

くすっ

曜「千歌ちゃん?」

千歌「あは、あはは…曜ちゃんは、本当に……」

千歌「ーーーバカ曜ちゃんだね」
173: 名無しで叶える物語 2017/09/11(月) 20:26:22.12 ID:B8M6lEfW.net
曜「な、ひどいよ…真剣に話してるんだよ」

千歌「だ、だってさ…」

千歌「今、本音で答えてくれたことが…さ?」

千歌「泣いてたわたしをどうにかしたくて、してくれたことなんじゃないの?」

曜「あ……」

千歌「違った?」

曜「そ、そんなことない!」

千歌「じゃあ、泣いた千歌が可哀想だったから?」

曜「それも違うよ! 千歌ちゃんが泣いちゃった時、胸が苦しくなって、見ていられなくて……」

曜「そんな顔してほしくなくて、笑ってほしくて」

曜「わたしが原因だけど、どうにかしなくちゃって……」

曜「でもでもこれは! …嫌われたくないからかもしれないし」

千歌「曜ちゃん…はぁ」

千歌「なんでこんな面倒な人、千歌は好きなんだろう」

曜「す…好きって、千歌ちゃん!?」///
174: 名無しで叶える物語 2017/09/11(月) 20:34:00.86 ID:B8M6lEfW.net
千歌「なんで曜ちゃんが驚くのー、千歌が好きかもしれないよって自惚れてるって言ったのは曜ちゃんじゃん」

曜「で、でも、そんなこと言われたら…!」///

千歌「ふふ、顔真っ赤だよ曜ちゃん」

曜「うぅ」///

千歌「そんな曜ちゃんに、千歌から質問です」

千歌「今、曜ちゃんの前にはあなたが好きといった子が泣きながら笑っています」

千歌「そんな千歌に、なにかしてあげたいことは…ありませんか……?」

曜「千歌ちゃん……」

千歌「これ以上はもう、千歌からは無理」

千歌「愛して…? って言いたいけど、曜ちゃん…わたしからじゃ納得してくれなさそうだもん」
177: 名無しで叶える物語 2017/09/11(月) 21:58:23.08 ID:B8M6lEfW.net
千歌「曜ちゃん…どうしたい?」

曜「わ、わたしは…」

曜(私が千歌ちゃんにしたいこと…それってーーー)

曜「千歌ちゃん、目…瞑ってくれる?」

千歌「…うん」

スッ

曜「抱き締めて慰めるとか…もっと謝りたいとか、色々あるんだけど」

千歌「うん…」

曜「どれも私の保身に思えることばかりで、違う気がして」

千歌「うん、うん…」

曜「いまは、デートの途中だから私は…こうしたいかな」

曜「もういいよ、目…あけて」

千歌「これって…」
178: 単語で規制くらったったw 2017/09/11(月) 23:30:39.03 ID:B8M6lEfW.net
千歌「首飾り…?」

曜「うん、プレゼント……」

千歌「ぷれぜんと…」

曜「今朝、アクセサリー屋さんで買ってね? 本当は…今日うまくいったら渡そうって思ってたんだけど」

曜「今、渡したいって思えたから…」

千歌「どうして、今なのかな」

曜「謝るのも、抱きしめるのも、なんか見返りや安心が欲しくてする感じがして、愛してるからそうなのかわかんなくなりそうで…」

曜「でも、一方的なおくりものなら、期待するお返しとかないかなって」

曜「だから今、これを渡せたら…千歌ちゃんを……」

曜「愛したくてそうするって…思える気がしたの」

千歌「………」

千歌「もう…おくりものにだって、お返しの方法は色々あると思うよ?」

曜「うぐ、そ、そうかもだけど! 私のなかではそういう風に考えてなかったの!! ぎ、儀式的、儀式的に、そうじゃなかったの?」

曜「だから…できてよかった」///

千歌「曜ちゃん、じゃあ…!」

曜「うん、好きなんだね、私は…千歌ちゃんが」

曜「大好き」

曜「たがら…えっちするだけとか、他の人とじゃなくて」

曜「千歌ちゃんを愛したい…千歌ちゃんと、ドキドキする恋愛がしたいんだ」

曜「ちゃんと、分かって…そう思えてるよ」
180: 名無しで叶える物語 2017/09/12(火) 01:08:21.69 ID:XC3UDRJM.net
千歌「……っ」ぽろぽろ

曜「わ、ち…千歌ちゃん!?」

千歌「う…ひっく、うえぇ……っ!」ぐすぐす

曜「わ、わ、わわわ……!」

ぎゅ

千歌「うぅ……うぅ~」だきっ

曜「あ、えと、えと」///

ぎゅ

曜「ごめん…待たせてたんだよね、きっと」

曜「いろいろ伝わらなくて、ごめん…たくさん気づかなくて、ごめん」

千歌「千歌も…」

千歌「千歌も、待ってただけだから…」

千歌「ごめんね、曜ちゃん……」

曜「うん、うん……」




鞠莉「sorry、現在こちら通行止めデース!」

鞠莉「お急ぎの方は申し訳ありませんが係員の案内にしたがって非常口よりお願いしマース!」

鞠莉(あの子達はホテルのエントランスでなにやってるのよ…もう!)
181: こんな場所なかったらごめん 2017/09/12(火) 01:27:30.37 ID:XC3UDRJM.net
ホテルプールサイドのベンチ

千歌「……♡」ピト

曜「……♡」ピト

千歌「………♡♡」ギュ

曜「………♡♡♡」モッギュー

千歌「えへ♡ なんかすごい不思議」

曜「うん、そうだね…ただ横にいつもみたいに一緒にいるだけなのに」

千歌「……すごくしあわせ」

曜「さっきの時ともまた違う、不思議な感じ」

千歌「……思いがひとつになったからかな?」

曜「……恥ずかしい台詞は禁止であります」///

千歌「えぇ~?」

千歌「そういえばこの首飾り…珍しいね」

曜「でしょ?なんか暗いところで作ったせいで、透明部分に使う色を間違えたんだって 」

千歌「間違い…」

曜「うん、でも私たちにはそれがぴったりかなって」

千歌「みかん色とみず色…そう、だね♡」

曜「たまたま間違えて、たまたまわたしに見つかって、わたしに力をくれた…」

曜「奇跡のペンダントだよね」

千歌「くすっ…曜ちゃんの方が恥ずかしいこといってない?」

曜「はっ…!?」///

千歌「ふふふ」
182: 名無しで叶える物語 2017/09/12(火) 01:37:32.74 ID:XC3UDRJM.net
千歌「ねえ、もう曜ちゃんはさ…千歌のこと、好きなんだよね?」

曜「う、うん…?」

千歌「じゃ、じゃあさ…! もうプレゼントのお返し、あげても変にならないよね?」

曜「あ、うん… ならない!ならないよ?」

千歌「じゃあ、曜ちゃん… 目、目を瞑ってちょうだい」

曜「え、千歌ちゃんも何かあるの?」

千歌「いいから!」

曜「は、はい」パチリ

曜(な、なんだろ? 予想してなかったから全く検討がつかなーーー)

ちゅ

曜「!?」

千歌「えへへ、はじめてしちゃった♡」

曜「ち、ちかちゃ……!?」///

千歌「えっちしてる時も、一度もしたことなかったでしょ?」

千歌「たぶん、曜ちゃんのはじめてももらっちゃったけど…こんなプレゼントは…ダメだったかな?」///
183: 名無しで叶える物語 2017/09/12(火) 01:47:05.79 ID:XC3UDRJM.net
曜「そ、そんなことないよ!」

曜「ち、千歌ちゃんからしてきてくれてすごく…すごくうれしぃょ...」/////

千歌「そっか…♡」

千歌「よかった♡」ニコ

曜(ーーー!? どうしよう、どうしよう!?)///

曜(体だけの関係だったときは向こうよりこっちが主導権みたいな感じのモノ持ってる雰囲気だったのに)

曜(今はなんか、千歌ちゃんの方がそういうの強い気がする…! 可愛すぎるよ…)///

千歌「ねえ、曜ちゃん…これからどうするの?」

曜「あ、そっか…もう予約した時間だ」

千歌「予約?」

曜「うん♪ 千歌ちゃん、ごはん食べに行こう!」
185: 名無しで叶える物語 2017/09/12(火) 08:11:10.11 ID:evCWWMnH.net
千歌「え~、もうちょっと…このままでいようよー」キュッ

曜「わ、私もそうしたいのはやまやまたまけど」

千歌「むぅ…」クイクイ

曜(そ、袖つかみ…こんな恋する女の子みたいなことを千歌ちゃんがしてくるなんて)

曜「で、でもね千歌ちゃん」

千歌「曜ちゃーん」クゥ

曜「…ん?」

千歌「ぁ…や、やっぱり食べに行こう、うん!」

曜「千歌ちゃん?」

千歌「ほらほら、曜ちゃん早く行こうさ、さぁ?v

グゥ~

千歌「………」

曜「今の音……」

千歌「……」///

曜「そうだね、た、食べに行こう千歌ちゃん!」

ニギ

千歌「!」

曜「さあ全速前進!よーそろー!」

千歌「曜ちゃん…ありがと」

千歌(うー、今までお腹の音なんて何回も聞かれているはずなのにぃ…)

千歌(なんかすごく、恥ずかしかった……)

千歌(世界のすべてが変わっちゃったみたい…こ、これこら曜ちゃんの前でちゃんといられるのかなぁ?)
187: 名無しで叶える物語 2017/09/12(火) 09:21:13.06 ID:evCWWMnH.net
臨時レストラン さわやかシャイニー

千歌「」

曜「」

千歌「さ、さわやかが鞠莉さんのホテルにある…」

曜「さ、さすがに予想外」

千歌「予想…外? 曜ちゃんが予約したんじゃないの?」

曜「え、あ、うん…そうだよ、そう!」

千歌「じっ…」

曜「うっ」

千歌「そういえば…曜ちゃん、あの船の時もびっくりしてた、ていうか…」

千歌「冷静に考えたら…あんな船、今バイトしてない私たちのおこづかいだけで乗れるわけが…」

曜「さ、さあ!千歌ちゃん!! お腹すいてるんだよね、入ろ入ろ!」

千歌「にげた!」

千歌「もー! 後で絶対に説明してもらうんだからね!!」
188: 名無しで叶える物語 2017/09/12(火) 09:33:03.67 ID:evCWWMnH.net
千歌「だいたい、なんでさわやかなの!?」

曜「いや、流石にここのホテルにもとからあるディナーまでは両親の呵責が…ホテルみたいな船が貸切状態だけでも内心びっくりだったのに」

千歌「その言い方、やっぱり鞠莉さんがなんかしてるんだ」

曜「はい? あぁっ…!?」

千歌「相談にのってもらってたの…?」

曜「う、うん…そう、相談にね!」

千歌「ふ~ん」

曜(前ならともかく鞠莉さんにヤられちゃったことだけは、もう今の千歌ちゃんにばれたらダメな気がする…!)

曜「で、でも! ほら!! 千歌ちゃんだってダイヤさんに相談してたんでしょ? ほ、ほら…これでおあいこ、ね?」

千歌「曜ちゃん」

千歌「なんでダイヤさんのことまで知ってるの」ギロ

曜「」

千歌「むうぅうぅ~~!」

曜(や、やばい!)

曜「か、かわいい」

千歌「な、ち、千歌は怒ってるんだよ!!!」///
189: 名無しで叶える物語 2017/09/12(火) 09:43:12.65 ID:evCWWMnH.net
曜「あ…ご、ごめん! つい口に…」

千歌「そ、そんなこと言ってごまかされないんだよ! 攻めるよ私!!」///

曜「うぅ…」

千歌「色々あったって、鞠莉さんとダイヤさんだったんだ……」

曜「う、うん」

千歌「…なにをしたの?」

曜「え、ええっ!?」

千歌「なにそのはんのうー」ムス

曜(まずい、どこまで話せば良いの!? かわいいけど、全然怖くないけど!多分すごく気にして怒ってるよねこれ!)

??「私とダイヤが話してたところに恋の相談にきたの♡」

曜「わ、なんでここに!?」

千歌「鞠莉さん!!」

鞠莉「シャイニー☆ ふたりとも、痴話喧嘩は良いけど、そろそろ注文決めてよね!」
190: 名無しで叶える物語 2017/09/12(火) 09:54:41.16 ID:evCWWMnH.net
曜「あ、そっか…忘れてた、ごめんなさい」

千歌「………」

鞠莉「もう、千歌っち、そんな顔しないで♡ 多分、千歌が考えてるようなことはなかったわよ?」

千歌「…本当に?」

鞠莉「イエース! でも、その時は曜は気持ちに決着ついてなかったみたいだけど…」

鞠莉「そんな話をしてるってことは、無事二人は結ばれたのね、良かった良かった♪」

千歌「……」///

曜「う、うん」///

曜(ま、鞠莉さん…ありがとう)

鞠莉(これで、梨子に言う件は本当にチャラにしてね)ウィンク

鞠莉(言ったら昨日のこと全部千歌に言うわよ)ニッコリ

曜(う、わ、わかりました)

曜(恋人にばらすって言われるの、こんなに恐ろしいことなのか)

鞠莉「さ、メニュー早く二人とも決めてよね!」

ようちか「はーい」
191: 名無しで叶える物語 2017/09/12(火) 10:21:54.96 ID:evCWWMnH.net
モグモグ

千歌「おいしい」

曜「うん、なんかいつもと違うね…これ」

鞠莉「お肉は私が仕入れた良いものだからね♪」

曜「なるほど…ってなんで鞠莉さんまだいるの?」

鞠莉「さあ?」

曜「さあって…」

千歌「鞠莉さん♪」

鞠莉「ん? なあに?」

千歌「色々とありがとうって言わなきゃいけないんだと思うけど…今は邪魔しないでほしいな」ニコー

鞠莉「お、おぉう…昨日の今日で随分元気になったわね千歌っち」

千歌「えへん、恋する乙女は強いよ!」

鞠莉「ふふ、そうね♡ じゃあ馬に蹴られる前に退散~」

鞠莉「あ、でもその前に千歌っち?」

鞠莉「ーーー」ボソボソ

千歌「!」

鞠莉「ふふ、良いでしょ?」

曜「え、何…?」

鞠莉「ふふ、もっと美味しく食べられる方法を教えただけよ? じゃあねん☆」
192: 名無しで叶える物語 2017/09/12(火) 10:32:58.17 ID:evCWWMnH.net
曜「もっとって…何?」

千歌「……」モジモジ

曜「千歌ちゃん?」

千歌「………」

ヒョイ... フーッフーッ

千歌「曜ちゃん…」スッ

曜「えっ!」

千歌「あ…あ~ん」///

曜「!?!!?」

千歌「ほら、あ~ん!」///

曜「は、ハンバーグで!?」///

千歌「な、なんだっていいじゃん~、あーーん!! 」///

曜「あ、ぁ、あーん…」

パクリ

千歌「お、おいしい?」

曜(………ドキドキしすぎて味なんてわかんないよ!)/////

曜(うぅー、火が出そう)/////

千歌「じゃあつぎ、はい」アー

曜(え)モグモグ

千歌「曜ちゃんの…ちかにちょーだい♡」///

曜(!?!!?)////////
193: ひらがなになっちゃった かわいいしいいか 2017/09/12(火) 10:46:03.55 ID:evCWWMnH.net
曜「うぅ、は、恥ずかしい」///

ヒョイ

千歌「あついからちゃんと冷ましてね♡」

曜「え…は、はい」///

曜「ふー、ふーっ」

曜「……はい、千歌ちゃん」

曜「あ、あ~ん」スッ

もぐ

千歌「んっ…」モグモグ

曜「お、おいしいかな?」

千歌「よーちゃんのあじがする」

曜「え、えぇえっ!?」

千歌「なんて、冗談だよ♡ 恥ずかしかったけど、 美味しいね!」パァッ

曜(ま、まぶしい かわいい なにこれー!?)

曜(千歌ちゃん、ぐいぐい来すぎだよ! こんなの…わ、私耐えられない~!!)
194: 名無しで叶える物語 2017/09/12(火) 10:57:59.45 ID:evCWWMnH.net
千歌「あー、美味しかった!」

曜「うぅ…」

曜(鞠莉さん、怒って良いのか感謝していいのかわかんないよ…もう)

曜「じゃ、じゃあ…帰ろっか」

千歌「うん、そう…だね」

千歌「…///」テレテレ

曜「千歌ちゃん? あ………」

曜(そっか…忘れてたけどあの船のホテル、外観はどうあれエッチなホテルだった)

千歌「よ、曜ちゃん…し、したい?」

曜「え…」

千歌「千歌は…いいよ?」

曜「………」

曜「>>195

1.したい、かな…

2.今日は、このままで…
195: 名無しで叶える物語 2017/09/12(火) 11:41:21.74 ID:Tob5FulK.net
2
197: 余りに安価してなくて不安感があったもので 2017/09/12(火) 12:10:10.88 ID:evCWWMnH.net
曜「今日はこのままで…」

千歌「そっか、そうだね…」

曜「そういうことは、また仲良くなっていってから私はしたいな」

曜「それでーーーその時、私のはじめて…千歌ちゃんにもらってほしい」

千歌「……うん」

曜「千歌ちゃんのはじめても、そうしてあげられたら良かったのに…ごめんね」

千歌「……いいよ、許してあげる」

曜「…許されちゃった」

千歌「恋人、だもん 悪いことしたり、いけないことはきっと恋人だからこそ怒ると思うけど…」

千歌「甘えさせてあげたいとこは、そうしてあげたいから」

曜「そうだね…私も、千歌ちゃんにそうしてあげたいな」

千歌「えへへ…じゃ、曜ちゃん!帰ろう!!」

曜「うん!!」

ボー...
......
...
198: 名無しで叶える物語 2017/09/12(火) 12:22:30.22 ID:evCWWMnH.net
翌日

ようちか「♡♡♡」イチャイチャ

果南「……なにあれ?」

鞠莉「色々あったのよ」

ルビィ「ぅゆ…よかったぁ」

よしまる「?」

ガチャ

梨子「マリー、お茶持ってきたよ?」

よしまる「まりー…?」

梨子「え、あ…ま、鞠莉さん! はいお茶!!」

鞠莉「オゥ、梨子♪ Thank You~☆」

果南「こっちもか…」
204: 名無しで叶える物語 2017/09/13(水) 10:26:18.61 ID:ziDSUwvL.net
ダイヤ「さぁ、皆さん! そろそろ練習再開しますわよ!!」

8人「は~い」

ダイヤ「ああ、そういえば曜さん、もう大丈夫のようですね」

曜「え、あ…はいっ!」(*> ᴗ •*)ゞ

曜「もう大丈夫です! 千歌ちゃんとのわだかまりも消えました!!」

ダイヤ「ああ、いえ…そちらのことではなく」

曜「はい?」

ダイヤ「ルビィから聞いたのですが…」

曜「?」

ルビィ「!?」

ダイヤ「なんでもーーー」

ダイヤ「鞠莉さんと二人して、かなり強くお風呂でのぼせたと聞きましたから」

ようまり「」

ちかりこ「!?」ガタッ

ダイヤ「まったく、今日の練習にまで引きずられたらどうしようかと思ってましたわ……あら?」

梨子「ふたりで、お風呂?」

千歌「よーちゃん相談って…鞠莉さんも、何もなかったっていったのに」

ちかりこ「「なんで二人で、お風呂に入ってるのかな?」」

曜「よ、ようそろ…ち、違うよ千歌ちゃん! 相談!相談した場所がお風呂だったの!」

鞠莉「そ、そうよ梨子!裸のおつきあい、親身になるために…ね?親身すぎて長く話してのぼせてーーだからぁ」

ようまり「「私たち、やましいことなんてなにもしてないよ!」」
205: 名無しで叶える物語 2017/09/13(水) 10:33:36.33 ID:ziDSUwvL.net
ちかりこ「「わたしたち、やましいことがあったかなんて聞いてないんだけど?」」

ようまり「「あ」」

千歌「ただ、私ともそんなことしたことないのに、とか」

梨子「私なんてまだなのに…とか」

ちかりこ「「ちょっと焼きもちやいただけだったんだけど…?」」

千歌「梨子ちゃん…これは」

梨子「ちょっと、お話をする必要があるかな?あるよね?」ニコォ

千歌「そうだねぇ、恋人に隠し事はないんじゃないかなぁ…ねえ? 曜ちゃん」ギロ

ようまり「「あばばばば…ご、ご……」」

ようまり「「ごめんなさぁ~い!!!」」ダッ

千歌「にげた!」

梨子「やましいことがないなら逃げることないでしょう!?」

ちかりこ「「まて~!!」」ダッ

果南「あーあ…なにやってんだろね」

ルビィ「うゅ、おねいちゃあ…」

ダイヤ「|c||^.-^||………」

ダイヤ「|c||^.-^||?」


おしまい
207: 名無しで叶える物語 2017/09/13(水) 10:49:16.72 ID:2Ymd/YdI.net
長い間お付き合いお疲れ様でした
初めてのちゃんとしたssとはいえ付け焼き刃、誤字やフリックミスによる母音違い、書き方のばらつきなど
読み返すと荒いですが、楽しんでいただけたら幸いです

保守の方ありがとうございました
安価の方も温情ある安価ありがとうございました
突然竜巻旋風客を叩き込むとか安価に書かれたらどうしようかと震えてました

また機会あれば

このss書いてたら百合なようちかもありだなと目覚めそうに…
https://i.imgur.com/XT4Ts7l.jpg
1504600619-レス207-画像
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『曜「千歌ちゃんの体にも飽きちゃったし、安価で新しいひとでも探そう」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。