ルビィ「ねえねえ善子ちゃん、遊ぼうよ!」善子「しつこいわねえ…(あーはいはい)」

シェアする

ルビィ-アイキャッチ15
2: 2017/09/23(土) 12:33:50.83 ID:PM3mbs/9.net
ルビィ「えっ」

善子「? なによ」

ルビィ「今しつこいって」

善子「……ぁー、そっちが声に出てたのかあ…」

ルビィ「ねえ、しつこいってなに?」

善子「いや、そのままの意味でしょ」

元スレ: ルビィ「ねえねえ善子ちゃん、遊ぼうよ!」善子「しつこいわねえ…(あーはいはい)」

スポンサーリンク
3: 2017/09/23(土) 12:34:56.74 ID:PM3mbs/9.net
ルビィ「善子ちゃん、ルビィと遊んでくれないの?」

善子「あのねえ、連日押しかけられても困るんだけど」

ルビィ「そうだよね、まずは挨拶しなくちゃダメだよね」

善子「そういうことじゃなくて……」

ルビィ「お邪魔しまーす」トテトテ

善子「人の話聞きなさいよっ! というか勝手に入るな!」ガシッ

ルビィ「そんなぁ…彼女なのに……」シュン

善子「初耳なんだけど」
4: 2017/09/23(土) 12:35:46.01 ID:PM3mbs/9.net
─善子の部屋


善子「─で? なんでまた私の家に来たわけよ」

ルビィ「善子ちゃんと遊びたいから」

善子「私以外にも相手してくれる人なんて沢山いるでしょ」

ルビィ「善子ちゃんがいいの」

善子「……そんなこと言われても」

ルビィ「彼女だもん」

善子「ねえそれ何時どこで決められたの? 全く身に覚えがないんだけど!?」
5: 2017/09/23(土) 12:36:44.24 ID:PM3mbs/9.net
ルビィ「この前のルビィのお誕生日のときに」

善子「私そんなこと言ってないし」

ルビィ「ルビィが先に言ったの、善子ちゃんともっと仲良くなりたいって」

善子「あーそれは聞いたわね」

ルビィ「それで善子ちゃんは私もよって言ってくれたよね?」

善子「……言ったわね」

ルビィ「そういうわけです」

善子「なにが?」
8: 2017/09/23(土) 12:38:32.30 ID:PM3mbs/9.net
善子「えっ、今の会話だとどう考えても友達と仲良くなりたい的なあれじゃないの?」

ルビィ「ううん、それじゃなくて」

善子「じゃあどれよ」

ルビィ「だって、もうその時点でルビィと善子ちゃんは十分に仲が良かったもん」

ルビィ「善子ちゃんだって、ルビィは私の最高のリトルデーモンよって言ってくれたし」

善子「……」

ルビィ「だからそれより仲良くなりたいってことは、それ以上の関係になりたいってことで」

善子「……」
9: 2017/09/23(土) 12:39:48.68 ID:PM3mbs/9.net
ルビィ「だからね、お誕生日のときにルビィは勇気を出して善子ちゃんに告白したんだぁ」

善子「…………」

ルビィ「そうしたらね、善子ちゃん…私もよって返事してくれて……」

善子「…………」

ルビィ「嬉しかったなぁ…///」

善子「まって」
10: 2017/09/23(土) 12:40:44.48 ID:PM3mbs/9.net
ルビィ「え?」

善子「え? はこっちの台詞なんだけど、いやいやホントにちょっと待って」

善子「私はそういう意味で返事をしたわけじゃないんだけど」

ルビィ「……そうなの?」

善子「ああっやめて! そんな顔しないでお願いだから! だってそんなの分かるわけないじゃない!」

善子「大体それならちゃんと好きって「言ったよ」

善子「……え?」

ルビィ「言ったよ?」




善子「…………うそぉ…」

ルビィ「ほんとほんと」
11: 2017/09/23(土) 12:41:48.68 ID:PM3mbs/9.net
善子「……本当に好きだって?」

ルビィ「うん」

善子「いつよ」

ルビィ「だから昨日の誕生日だってば」

善子「………いや……ぇー…」

ルビィ「善子ちゃん、あのときのルビィの言葉…思い出してみて」

善子「思い出せって言われてもねえ……」
12: 2017/09/23(土) 12:42:32.22 ID:PM3mbs/9.net



『『『ルビィちゃん、誕生日おめでとうーーっ!!』』』

『ありがとうございます!』

『ルビィ』

『あっ、善子ちゃん!』

『誕生日おめでと、はいこれ』

『これは?』

『髪飾りよ、本当はもっと悪魔的なやつにしようかと思ったけどこっちの方があんたに似合いそうだったから』
13: 2017/09/23(土) 12:43:29.05 ID:PM3mbs/9.net
『善子ちゃん……ありがとう、大事にするね』

『……まあ、うん…』

『えへへっ、ルビィね…善子ちゃんのこと大好きだよ』

『あーはいはい…そうねー』

『善子ちゃん照れてるずら』

『うっさいわね!』

『……ねえ善子ちゃん、ルビィ…これからもっともっと善子ちゃんと仲良くなりたいの』
14: 2017/09/23(土) 12:45:31.83 ID:PM3mbs/9.net
『…なによ急に』

『だって善子ちゃんが好きだから……だから…ルビィね……』

『……』

『……そうね、私もよ』

『…え?』

『私もそうなりたいのは同じだって言ったの…だからそんな顔しないの』

『本当に?』

『嘘ついてどうするのよ…ほら、分かったならちゃんと笑いなさい』

『ルビィはそっちのほうがいいんだから』

『うん、ありがとう善子ちゃん……』


15: 2017/09/23(土) 12:46:24.66 ID:PM3mbs/9.net
善子「…………」

ルビィ「善子ちゃん?」

善子(ヤバい、今までのやり取りの後にこうして振り返ると……)

善子(思い当たる節がありすぎる……)

ルビィ「どうしたの? なんか顔が赤いけど」

善子「いや、ちょっと……ね……うん」

善子「……言ってたわ、確かに…私がさらっと流してただけで」

ルビィ「どうして流したの?」

善子「だってあんたがしょっちゅう好きだって言うから……」
16: 2017/09/23(土) 12:51:37.11 ID:PM3mbs/9.net
善子「……あれ、ちょっとまって…もしかしてそれも?」

ルビィ「そうだけど」

善子「ああああぁぁぁ……///」

ルビィ「どうしたの? うずくまって」

善子「知らなきゃよかった…そんなに前からだったなんて」

ルビィ「……」
17: 2017/09/23(土) 12:53:53.35 ID:PM3mbs/9.net
ルビィ「ねえ善子ちゃん」

善子「……なによ」

ルビィ「遊ぼう? ゲームしようよ」

善子「今この状況でそれ言うの!?」

ルビィ「うん、善子ちゃんが勝ったら今のルビィの話…なかったことにしていいよ」

ルビィ「でもルビィが勝ったら、彼女になってもらいます」

善子「えっなにそれ、そんなのルビィが勝てるわけないじゃない」

善子「なんだってそんなこと…」
18: 2017/09/23(土) 12:54:25.73 ID:PM3mbs/9.net
ルビィ「じゃあやるよね? だって善子ちゃん勝てるんでしょ?」

善子「……いいじゃない、やってやるわ」

ルビィ「えへへっ、やった……じゃあこれにする」

善子(ルビィの考えはよく分からないけど、まあ要は私が勝てばいいのよね)

善子「それじゃあ、始めましょうか」
19: 2017/09/23(土) 12:57:08.33 ID:PM3mbs/9.net



善子「あっ、そういえば……」カチカチ

ルビィ「なに?」カチカチ

善子「私が勝ったら、あんたどうするの?」

ルビィ「他の人と遊ぶよ、花丸ちゃんとか千歌さんとか曜さんとか」

ルビィ「善子ちゃんのところにはもう行かないかな」

善子「えっ」ポロッ

ルビィ「あ…やった、ルビィが勝った!」

善子「」
20: 2017/09/23(土) 12:57:44.39 ID:PM3mbs/9.net
ルビィ「善子ちゃん、これでずっと一緒だね」ニコッ

善子(…しまった、はめられた……)

善子「いや、今のは……」

ルビィ「え、ダメ? もう一回やるの?」

善子「……」


善子「ねえ」
21: 2017/09/23(土) 12:58:15.19 ID:PM3mbs/9.net
ルビィ「なに?」

善子「さっきの話さ…」

ルビィ「さっきって?」

善子「だから、私が勝ったらずら丸とかと遊ぶってやつ…あれ本当なの?」

ルビィ「うん、だって善子ちゃんしつこいって言ってたしそっちのほうがいいのかなぁって」

善子「……」
22: 2017/09/23(土) 12:58:53.31 ID:PM3mbs/9.net
ルビィ「それで、もう一回やるの?」

善子「……やらない、多分何回やっても同じよ」

ルビィ「え?」

善子「私の負けだって言ったの、もういいわよ…十分」

ルビィ「いいの?」

善子「ええ、勝てる気がしないもの」

ルビィ「……なんで?」

善子「それは察しなさいよ…」
23: 2017/09/23(土) 12:59:31.48 ID:PM3mbs/9.net
ルビィ「やだ」

善子「なんでよ」

ルビィ「なんでも」

善子「ああもう! どうしてそうなのよあんたは!」

ルビィ「だって聞かないと分からないもん」

善子「……だから! ルビィが他の人と遊びに行くくらいなら負けたほうがマシだって言ってるのよ! これでいいでしょもう!」

ルビィ「ああ~、そういう意味だったんだ」

善子「白々しいっ……!」
24: 2017/09/23(土) 13:00:15.61 ID:PM3mbs/9.net
ルビィ「じゃあ善子ちゃんもルビィと一緒にいたいってことなんだね」

善子「……まあ結果的にはそうなったけど」

ルビィ「よかった」

善子「……」

善子「ねえ、また明日も来るの?」

ルビィ「もちろん、だって─」


ルビィ「彼女だもん」
25: 2017/09/23(土) 13:02:04.16 ID:PM3mbs/9.net
善子「……あーはいはい、そうね」

ルビィ「あっ、認めてくれた」

善子「こうなればヤケよ、彼女でもなんでも好きにすればいいわ」

ルビィ「そっか…でも善子ちゃんが好きなのは本当だよ」

善子「知ってるわよそんなこと、散々聞いてきたんだから」
26: 2017/09/23(土) 13:02:51.75 ID:PM3mbs/9.net
ルビィ「うん、そうだね…ルビィね、善子ちゃんのこと大好きだよ」

善子「はいはい」


善子「……私も、そうだったわ……気付いてなかっただけでね」


ルビィ「ん? なにか言った?」

善子「何でもないから、ほら…次は外に遊びに行くわよ」

ルビィ「はーい!」
27: 2017/09/23(土) 13:04:06.62 ID:PM3mbs/9.net



ルビィ「善子ちゃん、はやくはやく」

善子「分かってるから、落ち着きなさいって…」

善子(……まあ彼女になったといっても、やってることは結局今までと変わらないわけで)

善子「それってつまり……そういうことなのよね」

ルビィ「どうしたのー?」

善子「何でもないってば」


善子「クスッ、けどまあ…それでいいのかもしれないわね」スタスタ
28: 2017/09/23(土) 13:04:36.30 ID:PM3mbs/9.net
終わりです。ありがとうございました
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『ルビィ「ねえねえ善子ちゃん、遊ぼうよ!」善子「しつこいわねえ…(あーはいはい)」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。