花陽「触りたい」善子「触りたい」

シェアする

善子-アイキャッチ25
花陽「……」ウズウズ

凛「かよちん、どうしたの?」ツンツン

花陽「ぴゃあ!?」

花陽「凛ちゃんかぁ、びっくりしたぁ……」

花陽「なんでもないよ……?」

凛「そう言いながら手を合わせてるニャ。確か、あっちの方を見てたけど――」チラッ

花陽「あっ! ダメ、凛ちゃん!」

善子「……」ウシロデウデクミー

凛「善子ちゃんを見てたの?」

花陽「っ!」ビクゥ

pixiv: 花陽「触りたい」善子「触りたい」 by しゆう

スポンサーリンク

凛「まあ、かよちんの気持ちもわかるニャ」

花陽「だ、だよね!?」

凛「うん、気になる」

花陽「うんうん、触りたいって言うか――」

凛「え?」ヒキッ

花陽「え?」

凛「り、凛は気にはなるけど別に触りたくは……」

花陽「えぇっ!?」

花陽「……。やっぱり花陽変なのかな……」シュン

凛「っ! そんなことないよ! きっと触りたいって思ってるのはかよちんだけじゃないニャ!」アセアセ

花陽「でもさっき凛ちゃん引いてたし……」

凛「ちょ、ちょっとびっくりしただけニャ!」

凛「あ、そうだ! あそこに真姫ちゃんもいるし聞いてみよう!」

花陽「……真姫ちゃんにも引かれたらどうしよう」

凛「きっと大丈夫! かよちんが怖いなら凛が聞いてきてあげるから!」

凛「真姫ちゃーん!」ダッ

花陽「あっちょっと凛ちゃん!?」

花陽「行っちゃった……」

――

善子「……」ウズウズ

ルビィ「よっちゃん、どうしたの?」

善子「あぁ、ルビィ。なんでもないわ」

ルビィ「なんだかうずうずしてたみたいだけど」

善子「だからなんでもないってば」

ルビィ「視線の先は――花陽ちゃん?」

善子「っ!」ビクゥ

ルビィ「花陽ちゃんかわいいもんね! ふわふわでおっとりしてて――」

善子「確かにかわいいとは思うけど、そうじゃなくてちょっと気になったのよ」

ルビィ「気になった?」

善子「ほら、あれ。触りたいじゃない?」

ルビィ「触りたい? 花陽ちゃんの……?」キョトン

善子「揉んだら柔らかくて気持ちよさそうじゃない?」

ルビィ「揉んだら柔らかい……っ!?」ハッ

ルビィ「だ、ダメだよよっちゃん! いや、女の子同士だから絶対ダメって言うことはないけど!」

善子「まあ、本人も気にしてるみたいだしね」

善子「昨日もマリーが触ったら『ぴゃあ!?』って驚いてたし」

ルビィ「あぁ、確かに鞠莉ちゃんは普通に触りそう……」

善子「一回でいいから触りたい……」

ルビィ「よっちゃん……」

花丸「何話してるの?」ヒョコッ

ルビィ「あ、マルちゃん。えっとね、よっちゃんが花陽ちゃんのを触りたいって」

花丸「花陽ちゃんの……? あぁ、マル前触らせてもらったずら!」

善子「はあ!?」

ルビィ「えぇっ!?」

――

凛「――」

真姫「っ!?」ヒキッ

凛「っ!!」アセアセ

花陽「やっぱり真姫ちゃんも引いてる……」シュン

穂乃果「どうしたのかよちゃん?」

花陽「穂乃果ちゃん……」

穂乃果「なんだか元気ないみたいだけど」

花陽「実は花陽、変なんだ……」

穂乃果「変?」

花陽「ヨハネちゃんのあれ、触りたいって思っちゃうの」

穂乃果「善子ちゃんの? なに?」

花陽「頭のお団子……」

穂乃果「あぁ! あれ!」

穂乃果「あれ触ってみたいよねぇ。ふわふわなのか硬いのかも気になるし」

花陽「っ! 穂乃果ちゃんは引かないの!?」

穂乃果「穂乃果も前々から触ってみたいなって思ってたもん」

花陽「だよね!? よかったぁ、凛ちゃんも真姫ちゃんもわかってくれなくて……」

穂乃果「よし! 善子ちゃんに頼んでみよう!」

花陽「え?」

穂乃果「善子ちゃんもきっと触りたいって言えば触らせてくれるよ!」

花陽「で、でも……」

穂乃果「行くよ、かよちゃん!」グイッ

花陽「ぴゃあ!?」

真姫「ちょっと待って!」バッ

凛「待つニャ!」バッ

ほのぱな「「!?」」

真姫「急に触らせてなんて失礼よ!」

凛「そうニャ! デリケートな部分なんだから!」

花陽「確かにデリケートな部分だよね……」

花陽「穂乃果ちゃん、やっぱりやめよう?」

穂乃果「かよちゃん! いいの、それで!?」

花陽「女の子の髪は命って言うし……」

まきりん「「髪ぃ!?」」

――

ルビィ「さ、触らせてもらったって、本当!?」

花丸「うん。すごく気になってたから」

善子「ど、どうだった……?」ドキドキ

花丸「すごかったずら!」

花丸「カチカチでね!」

ルビィ「カチカチ!? あんなに柔らかそうなのに!?」ピギィ

花丸「柔らかい?」

善子「意外と筋肉質なのかしら」

花丸「筋肉質?」

花丸「ルビィちゃんと善子ちゃんは何の話をしてるの?」

善子「何って、ねえ?」

ルビィ「花陽ちゃんのお、おっぱい……」カアアアアアアアア

善子「は? ルビィそんな話してたの?」

花丸「ルビィちゃん不潔ずら……」ヒキッ

ルビィ「え? ち、違うの!?」

善子「ほっぺよほっぺ。凛とか希とかニコ辺りがよく触ってるじゃない」

ルビィ「あぁ……。柔らかい、揉みたいってそっち……」

善子「ずら丸はなんだと思ったの?」

花丸「マルは炊飯器かなって。ボタン一つでご飯が炊けるなんて未来ずら!」

善子「あぁ、そりゃあカチカチね……」

ルビィ「っていうか花陽ちゃんのほっぺだったらルビィも触りたい!」

ルビィ「絶対ぷにぷにしてて気持ちいいもん!」

花丸「ルビィちゃんもぷにぷにだよ?」プニッ

ルビィ「ぴぎぃっ!?」

――

真姫「凛、聞いてた話と違うんだけど」

凛「え、だってかよちんが気になるって!」

花陽「ヨハネちゃんのお団子、気になるでしょ?」

穂乃果「凛ちゃんと真姫ちゃんは何の話してたの?」

真姫「私は凛に騙されただけよ!」

凛「凛だってかよちんに騙されたニャ!」

凛「善子ちゃんで気になるって言ったら普通腋だと思うもん!」

花陽「わ、腋ぃ!?」パナァ

花陽「花陽、腋を触りたいなんて思わないよ!」アセアセ

穂乃果「あぁ、でも確かに善子ちゃんって常に腋出してるもんね」

花陽「……確かに言われたら気になってきました」ムムム

花陽「けど触りたいとは思わないかな」

真姫「だって、凛。よかったわね」

凛「かよちんが普通でよかった……」ウルウル

凛「そういうことなら頼みに行こう!」グイッ

花陽「あっ! ちょっと凛ちゃん! 心の準備が!」

穂乃果「穂乃果もいくー!」

真姫「……はあ、花陽が変態思考持ってるのかと思って焦って損した」カミノケクルクル

――

凛「善子ちゃん!」

ルビィ「ぴぎぃ!?」

善子「なんであんたが驚いてるのよ……」

凛「ほら、かよちん。善子ちゃんに言いたいことあるんでしょ?」グイグイ

花陽「だから、心の準備がぁ……」

花丸「ちょうどよかったずら。善子ちゃんからもお話があるずら」グイグイ

善子「ちょ、こっちも心の準備が!」

花陽「……」ドキドキ

善子「……」ドキドキ

花陽「あ、あのねヨハネちゃん」

善子「なによ?」

花陽「花陽、ずっと気になってて、だから触らせて……?」

善子「触らせるってどこ――」

善子(そ、そういえばさっきあっちから腋とか聞こえてきた気がする!)

善子「む、無理に決まってるじゃない!」ワキカクシッ

花陽「そっか……」シュン

善子「……そんなに触りたいの?」

花陽「うん、ずっと触りたいって思ってて――」

善子「……じゃあ交換条件ね。私も花陽の揉みたかったから、揉ませて?」

花陽「揉む……?」

花陽(揉む、って胸のことだよね……!?)

花陽「よ、ヨハネちゃんの不潔っ!」ムネカクシッ

善子「ふ、不潔!?」ガーン

花丸「あー、これ絶対勘違いしてるずら」

凛「ほら、やっぱりあの言い方だと腋だと思うもん!」

花陽「勘違い……?」

善子「腋じゃないの!?」

花陽「花陽はヨハネちゃんのお団子を触らせて欲しくて……」

善子「お団子!?」

善子「ヨハネはその、ほっぺを揉ませて欲しくて」

花陽「ほっぺ……?」

善子「お団子くらいいいわよ、別に」

花陽「花陽も、少し恥ずかしいけどほっぺくらいなら」

善子「いいの? 気にしてたみたいだったし、頼みづらかったんだけど」

花陽「うん、ヨハネちゃんは大切なお友達だし」

善子「じゃあ、触るわよ……!」ドキドキ

花陽「は、花陽も触るねっ!」ドキドキ

善子「えいっ!」フニッ

花陽「えいっ!」ワシッ

善子「ふわぁ……。やわらかぁい……」トロン

花陽「このサイズ、手に収まって、程よくふわふわで……」ニギニギ

よしぱな「「ずっと触ってたい……」」

凛「よかったね、かよちん……」ウルウル

花丸「善子ちゃんが気持ちよさそうでよかったずら」

穂乃果「あ、あのー。穂乃果も善子ちゃんのお団子触りたいなあ」

ルビィ「る、ルビィも花陽ちゃんのほっぺ触りたいなあって」

善子「ダメ! このほっぺヨハネのにする!」ムニムニ

花陽「このお団子は花陽のです!」フンス

ほのルビ「「えぇー……」」

――

絵里「で、合同練習になったのね」

ダイヤ「善子さん、花陽さんから離れなさい!」

善子「もうちょっとぉ……」ムニムニ

海未「花陽も、練習できないでしょう!?」

花陽「ごめんなさい、もうちょっとだけだから……!」ニギニギ

このあと2時間後に離れた

おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『花陽「触りたい」善子「触りたい」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
ゲストでの投稿も可能ですがアカウントの登録を推奨しています。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。